« リスネズミキツネザル? | トップページ | 人命よりも証拠隠滅 »

2005.08.12

PANG

jk
お仕事の関係で、目を通しとかなきゃいけない映画があって、ずいぶん前にDVDを渡されてたんだけど、それがマイナーな最近の邦画で、気分がノラなくて、ずっとアト回しにしてた。それで、もう時間が無いので、ゆうべ、仕方なく観た。観るって言っても、ただ単に観ればいいんじゃなくて、ヘアメークを中心に、カメラワークとかの映像構成とかをシッカリと掴んどかなきゃならないので、お酒を飲みながらのんびりと鑑賞するんじゃなくて、ノートを用意して、何度も何度も画面をストップさせて、メモをとりながらの鑑賞だから、正直、苦行みたいな感じだった(笑)

思いっきりサシサワリがあるので、サスガに映画のタイトルは言えないけど、某ビジュアル系バンドの人が準主役みたいな映画で、セリフは棒読みだし、演技は学芸会レベルだし、ところどころに折り込まれてるギャグみたいなのが痛すぎるし、ホントに観るのがつらかった。最初に1回、ザッと流して観て、2回目にチェキしながら観たんだけど、結局、夜中から明け方までかかった。で、その監督の方向性って言うか、好みがだいたい分かったので、あたしとしては、ソッコーで寝た。

映画って、短いものは1時間ちょっとだし、長いものは3時間も4時間もあるけど、一般的には、2時間前後のものがほとんどだ。これは、人間が、ひとつのストーリーに集中してられる限界が2時間程度だってことから、そうなってるみたいだ。テレビの火スペだって、2時間だから見る人が多いワケで、5時間も6時間も放送してたら、誰も見なくなっちゃうだろう。それに、6時間も犯人捜しをやってたら、最後に断崖の上に立つ船越栄一郎は、クタクタのヨロヨロになっちゃって、事件の謎解きをする前に、足を踏み外して海に落ちちゃうかも知れないと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?(笑)


‥‥そんなワケで、もしも、船越栄一郎が崖から落ちそうになったら、キャタピラなぎさが運転するショベルカーが、サッとアームを伸ばして救出するだろう‥‥なんてことも言ってみつつ、映画とかドラマって、やっぱり、2時間が限界だと思う。でも、それは、自分が面白いと感じる映画に対してであって、ぜんぜん興味の無い映画だったら、たとえ30分でもつらくなる。

だから、娯楽として映画を観るんなら、つまらなそうなものは最初から選ばないワケだし、面白そうだと思って観始めても、ちょっと観てつまんなかったら、観るのをやめる。でも、テレビやDVDの場合は、観るのをやめれば済む話だけど、映画館の場合は、お金がもったいないから、そのうち面白くなることを期待しつつ、ガマンして観続ける。そして、知らないうちに爆睡してて、ハッと気づいた時には、スクリーンにエンドロールが流れてるってパターンだ。

まあ、どっちにしても、娯楽の場合は、つまんない映画は観なくていいワケだし、逆に、つまんない映画なんか観たら娯楽にならないワケだし、どんな映画を観るのかは、自己判断の自己責任で自己中心的に決めればいいワケだ。だけど、お仕事で観る場合は、こんなワガママは絶対に許されない。でも、あたしの場合は、映画を1本マルマル観なきゃならないなんてことはメッタになくて、長年このお仕事をやってるけど、今回で3回目だ。たいていの場合はスチールだし、映像資料の場合でも、ポイントだけが編集されてる10分くらいのVだったりする。だから、ゆうべみたいに苦しむことはほとんど無い。

それに比べて、気の毒だと思うのは、映画の評論家たちだ。どんなに興味の無い映画でも、どんなにつまんない映画でも、どんなに嫌いな俳優が出てる映画でも、居眠りなんか許されないし、必ず最後まで観なくちゃならない。もちろん、映画が好きでその道に入ったんだろうし、お仕事なんだからガマンしなくちゃならないのは当然だけど、役者の経験の無いビジュアル系バンドのメンバーが準主役として登場して、棒読みのセリフや学芸会みたいな演技をし始めちゃったら、映画が好きなら好きなほど、観るのがつらくなって来るだろう。

その上、いくらつまんなくても、思った通りのことなんか書いてたら、ソッコーでお仕事を干されちゃう。あの、毒舌で有名だったオスギでさえ、2年くらい前からは、昔ならボロクソにケナシてたようなクソ映画のCMでも引き受けるようになっちゃって、公開する映画、公開する映画、どれも同じに、「今まで観た映画の中で一番感動しました!」ってコメントするようになった。ようするに、オスギも、年を取ってディフェンスに入ったんだろうけど、昔は、オスギが面白いって言う映画はホントに面白かったし、オスギがボロクソに言う映画はホントにつまんなかったから、あたしは、オスギのコメントをすごくアテにしてたのに、最近は、裏切られっぱなしだ。

‥‥そんなワケで、あたしが、今一番観たいのは、昨日の日記にちょこっと書いた「マダガスカル」だけど、海外アニメの場合は、子供たちが楽しめるように、字幕じゃなくて、ニポン語に吹き替えて公開するのが最近の流行りだ。そして、以前はプロの声優さんたちが吹き替えてたけど、最近は、話題性を重視するようになって来たので、タレントを使うようになって来た。「マダガスカル」では、ライオンのアレックスが玉木宏、シマウマのマーティが柳沢慎吾、キリンのメルマンが岡田義徳、カバのグロリアが高島礼子だそうだ。他の3人は観てみるまで分かんないけど、柳沢慎吾のシマウマだけは、どんな感じなのか何となく想像がつく(笑)

そして、映画「マダガスカル」のもうひとつの楽しみが、ニポンのオリジナルのイメージソングだ。ニポンでのイメージソングは、あたしの大好きな「PANG」って言う女性レゲエシンガーの歌う「風の楽園」て曲なんだけど、これは、レゲエじゃなくて、アフリカっぽいゴキゲンなダンスミュージックだ。今、テレビでやってる映画のCMで、バックに流れてるんだけど、あたしは、この曲が、映画の中でどんなふうに使われるのか、すごく楽しみにしてる。

PANGは、ニポンで活動してるシンガーだけど、在日コリアンだ。髪はドレッドだし、ファッションもルーツロック系だけど、やってる音楽は、ルーツロックにとらわれずに、カリプソ、ロックステディ、ラヴァーズ、スカ、などから、ダンスホールまで、幅広いレゲエの歴史を網羅してる。あたしは、ちょっと前に発売されたファーストアルバム、「PANG」しか持ってないけど、このアルバムには、今までにリリースして来たシングルやミニアルバムの曲がほとんど入ってるし、大好きな「すてきな夜空」って曲は、ちゃんとレゲエバージョンのほうが入ってるし、メッチャ好きな沖縄限定のシングル曲、「トロピカル・アイランド」もシッカリと入ってるし、もう、泣けて来るくらい素晴らしいアルバムだ。ヒトコトで言えば、「荒削りなミーシャ」(笑)って感じのPANGの歌声は、温かくて、力強くて、やさしくて、可愛くて、会った瞬間に抱きしめたくなるほどの愛に満ちている。

‥‥そんなワケで、北朝鮮はともかくとして、韓国や中国もともかくとして、このニポンまでもが、真実にフタをして、国民感情を政治利用するために、嘘の情報や偏った情報を流し続けて、バカで単純な国民を洗脳するようになって来た。ひと昔前なら、ヨソの国が何を言って来ても、このニポンだけは、「平和」の旗を掲げて争うことを避けてたのに、テポドンしんちゃんをはじめとした一部の戦争屋たちが、どんどん国民感情をアオリ続けて来たオカゲで、ニポンの中にも、韓国や中国の国民と同じように、政府に洗脳されたニワカ右翼みたいなのが増殖しちゃって、危険な思想や発言が飛び交うようになって来た。

もちろん、あたしだって、ワケの分かんないことをわめきながら、ニポンに文句ばっかり言ってる韓国人や中国人を見るとムカつく。だけど、それは、それぞれの国の政府に洗脳されてる気の毒な人たちなワケだし、韓国や中国に対して過激なことを言ってるニポン人たちだって、ニポンの政府に洗脳されてる同じレベルの単純な人たちなのだ。北朝鮮の拉致問題に関しては、今も続いてる大犯罪なんだから、何よりも優先して徹底的に解決を急ぐべきだし、場合によっては、ある程度の強行手段も仕方ないと思う。だけど、何十年も前のことで、謝罪も補償もとっくに済んでることで、未だにギャーギャー騒いでる韓国人や中国人たちは、政府に洗脳されてる気の毒な人たちなんだから、こっちまで一緒になってギャーギャー騒ぎ出しちゃったら、あたしたちの感情を政治利用しようとしてる政府の思うツボなのだ。

最近は、韓国や中国をボロクソに叩いてる日記やブログが氾濫してて、あたしは、とっても悲しい気持ちになる。もちろん、個人の日記なんだから、何を書こうと自由だけど、来る日も来る日も隣国の悪口、自分と同じモンゴリアンの悪口を書いてて、虚しくなって来ないのかな?

‥‥そんなワケで、在日コリアンのPANGは、人種の壁を越えて、このニポンで、ニポン語で、精一杯に「愛」を歌ってる。卓球の愛ちゃんは、中国に行って、中国語で、意地悪な司会者に泣かされても、それでも一生懸命に日中友好につとめてる。それなのに、韓国も、中国も、ニポンも、政府に洗脳されてる一部の国民たちは、お互いに憎しみ合っている。結局は、政府による情報操作で、お互いを「敵」だと思い込むように洗脳されちゃった単純な人たちなんだと思うけど、自分の支持率を上げるために、仮想の敵を作り上げ、自分を正義の味方にするって言うのは、コイズミやブッシュの常套手段なんだから、もう、いい加減、こんな子供騙しの猿芝居には騙されないで欲しいと思う。「マダガスカル」の動物たちだって、「憎しみ」からは何も生まれないってことくらい、十分に分かってる今日この頃なんだから‥‥。

|

« リスネズミキツネザル? | トップページ | 人命よりも証拠隠滅 »