« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.30

いよいよ大詰めか?

kokkai
今回のインチキマンション問題で、国会に参考人として呼ばれた厚顔無恥な6人衆だけど、どいつもこいつもテメエの保身しか考えてない人間のクズばかりで、良くもまあ次から次にポンポンと嘘が出て来るもんだって、IQの高い自民党支持者ですら呆れ返ったことだろう。あの中じゃ一番マトモそうに見えるイーホームズの藤田東吾にしたって、あれほどのズサンな検査をしてたクセに、ヒトコトの謝罪も無く、あくまでも、「見抜けなかったのは姉歯の偽造が巧妙だったからで、自分たちはキチンと検査をした」って言う姿勢を変えようとしない。それどころか、「日本ERI株式会社」の名前まで出して、「見落としてたのはイーホームズだけじゃない」ってことを印象づけさせた上に、「日本ERI株式会社はインペイしたけど、うちはちゃんと告発した」って言う形をとった。つまり、悪いことをしたヤツが、自分よりも悪いことをしてるヤツのことをチクッて、自分の罪を軽く見せようって言う小学生の方法論だ。まあ、これはヒョウタンからコマで、「いいぞ!東吾ちゃん!」って感じだったけどね。

それにしても、あの小嶋進って、本物のバカだね。テレビに出て来た時から、支離滅裂なニポン語で何を言ってんのか分かんなかったけど、いくらバックに、あのオナジミの広域ホニャララ団がついてるからって、すでに破綻が目前まで迫ってるヒューザーなんか、もう何の魅力も無いんだから、助けてくれるワケないじゃん‥‥って言うか、ヒューザーのセイで、自分のとこのフロント企業のダイナシティまでダメージを受けちゃって、株価が急落してんだから、広域ホニャララ団はダイナシティのことで精一杯で、倒産する会社なんかにカマってらんないってのが本音だろう。

だけど、ぜんぶのテレビのニュースを見たワケじゃないけど、あたしが見た何本かのニュースは、どれも怒鳴り散らしてるヒューザーの小嶋進とか、何を質問されてもトボケまくる木村盛好とか、ヅラからのキックバックを追及されるハゲとか、こんな末端のチンピラのくだらないやり取りしか放送してなかった。莫大な税金を使って、せっかく3時間も参考人質問をしたんだから、こんなどうでもいい部分じゃなくて、あたしが何度も言ってるように、すべての黒幕、「総合経営研究所」の内河健(うちかわたけし)についての質疑の部分を放送しなけりゃ意味無いじゃん!‥‥なんて思う今日この頃、皆さん、まだインチキマンション問題に興味がありますか?


‥‥そんなワケで、色んなブログがインチキマンション問題について書いてるみたいだけど、いつでも一歩も二歩も先を行く「きっこの日記」としては、自民党森派の金権癒着議員、伊藤公介のことが報道される5日も前に、「ヒューザーには癒着してる自民党議員が2人いる」ってことを書いてる。そして、今んとこ名前が出てるのは伊藤公介だけだけど、もう1人の名前も、そろそろ出るハズだ。それは何でかって言うと、そのもう1人って言うのが、伊藤公介に極めて近い人物だからだ。実際の話、ここに名前を書いてもいいんだけど、20日の日記に伊藤公介の名前を書かなかったのと同じ理由で、「今、そいつの悪事の動かぬ証拠を集めてるところから、新聞発表があるまではWEBには実名を書かないでくれ」って頼まれてるからだ。

ちなみに、伊藤公介ってのは、「学歴詐称、年金未納、企業癒着」って言う三冠王で、得意ワザは「パーティーでの資金集め」って言う、絵に描いたようなクズ議員だ。ヒューザーの小嶋と知り合ってからの7年の間に、1千万円以上もの献金を受けてる上に、ゴルフだホテルだ料亭だと接待を受けまくっていた。そして、森派の中ではコイズミに一番近い側近中の側近だから、この伊藤公介の仲介で、ヒューザーの小嶋進とコイズミとは何度も面識がある。だからこそ、ヒューザーの社長室の特等席に飾ってあるのが、コイズミと小嶋進とのツーショット写真なのだ。クズ政治家とクズ社長、類は友を呼ぶとはこのことだろう。

だから、できることなら、もう1人の小物よりも、コイズミとヒューザーとの間接癒着が露呈したほうが、あたし的には楽しくなる。まあ、その辺はいつものパターンで握り潰されちゃうだろうから、結局は、真実はヤミの中って感じになるんだろうけど、少なくとも、民間については一番悪い黒幕まで追及して欲しいと思う。だからこそマスコミは、「小嶋進の逆ギレ」なんて、どうでもいいシーンなんか放送しなくていいから、「総合経営研究所」の内河健についての質疑の部分を放送して欲しかった。

‥‥そんなワケで、ニュースでは放送されなかったけど、木村建設に利益だけを追求した手抜き工事をやらせた張本人、「総合経営研究所」の内河健についての質疑もちゃんと行なわれたのだ。あたしは、内河健が木村建設の黒幕だってことを23日の日記、「本当の黒幕は?」に書いたけど、テレビも新聞も週刊誌も、末端のチンピラたちの大騒ぎばかりを報道してて、どこも元凶を追及しようとはしなかった。それどころか、コイズミの偉大なるイエスマン、白ブタ武部に至っては、コイズミを守るために、「悪者探しに終始すると業界がつぶれる」なんてトンデモナイことを言い出す始末。

で、29日付けで発売された「週刊朝日」の「姉歯ハレンチ建築士偽造本当の黒幕」って言う記事で、ようやく、木村建設に今回のような工事方法を指南した黒幕として内河健のことが書かれたんだけど、それでも、「建設業専門コンサルタントのU代表」って言うイニシャルでの掲載だった。ハッキリ言って、いくらヒューザーが「手抜き工事をしろ!」って言っても、それを請け負う建設会社が無ければ、今回みたいなマンションは1棟も建たなかったワケだ。だから、他の多くの建設会社が、「そんな建築坪単価じゃマトモなマンションは建てられませんよ」って言って断わって来たヒューザーからの発注なのに、それをホイホイと「うちに任せてください!」って言って請け負い続けて来たのが木村建設なんだし、その木村建設に手抜き工事の指南をしたのが内河健なんだから、今回の問題の黒幕は?って言えば、誰の目にも明らかだろう。

そして、前にも書いたけど、木村建設の東京支店は、内河健の総合経営研究所が所有する新宿のビルに入ってるし、それだけじゃなく、木村建設の木村盛好の奥さんが社長をつとめる「平成設計」は、神田にある総合経営研究所の本店に同居してて、総合経営研究所の役員の名刺には、この「平成設計」が関連企業として明記されてるのだ。この「平成設計」ってのは、もちろん木村建設の子会社‥‥って言うか、名義こそ別会社にしてるけど、ようするに、木村建設が手抜き設計をしやすくするために、本社から独立させたインチキ設計の専門部署なのだ。だから、木村建設が請け負った仕事の中で、キチンと建設するものに関しては外部の設計事務所に発注して、鉄筋の数を減らすインチキ設計に関しては、自分の奥さんの「平成設計」へ回してたってことだ。

だからこそ、木村建設が手掛けた数ある建物のうちで、この「平成設計」が設計を担当した「プレッソイン五反田」や「パークイン平塚」などばかりが、インチキ工事が発覚して、耐震強度不足で、軒並み営業中止に追い込まれてるってワケだ。そして、こう言った不正に利用されたのが姉歯建築士ってことで、ここまでの流れを見れば、一番悪いのは誰かってことは、カモノハシでも分かるだろう。それなのに、単なる将棋のコマの「歩」にしか過ぎない姉歯が、ビビッて参考人質問に出て来なかったことをイイコトに、よってたかって姉歯1人に罪をなすりつけようなんて、まるでコイズミ劇場を見てるような茶番劇だった。これで姉歯が自殺でもしちゃったら、完全に思うツボじゃん。

とにかく、前にも書いたけど、今から20年以上も前に、木村盛好の交通事故が原因で木村建設の業務が一時ストップしちゃって、会社が傾きかけた時に、それを救ったのが内河健で、それ以来、木村は内河のことを「命の恩人」「経営の神様」ってアガメタテマツッてて、自らを「内河塾の塾生」って呼んでいる。鶴蒔靖夫(つるまきやすお)って人が書いた「木村イズム『現場力』で勝つ!」って本は、鶴蒔靖夫が木村盛好と対談したテープを起こして書き上げた木村盛好の伝記みたいな本だけど、この本の中には、「(木村建設の)成長のきっかけは内河氏との出会い」とまで書かれている。そして、全国の中規模の建設会社を回って、極限まで建材費を削ったスピード工事のセミナーをして回る内河には、この木村と同じような弟子が何人もいて、その異常な崇拝ぶりは、「内河塾の塾生」って言うよりも「内河教の洗脳信者」って感じなのだ。

つまり、今回はたまたま木村建設や姉歯建築士の事例が表ザタになったけど、実際には、第二、第三の木村建設や姉歯建築士がいるってことなのだ。たとえば、28日に耐震強度の偽装が発覚した奈良県の「サンホテル大和郡山」と「サンホテル奈良」は、木村建設じゃなくて、大阪の「豊国建設」が施工してる。そして、設計は平成設計じゃなくて、総合経営研究所の関連企業の「総研ビー・エイチ企画」が行ない、構造計算書だけを姉歯建築士に作らせていた。だから、マスコミや行政は、ヒューザーとの関連から木村建設ばかりを問題にしてるけど、一番の黒幕、内河のほうから見たら、木村建設なんてのは、たくさんいる弟子のうちのひとつにしか過ぎないのだ。

だから、内河健ってのは、京王電鉄やJR西日本などに究極サイズのビジネスホテル企画を持ち込み、利潤のみを追求した欠陥ホテルの建設を煽って来た張本人てワケで、今回の木村建設なんて、まさしく氷山の一角なのだ。つまりは、内河の息のかかったいくつかの建設会社の中で、もっとも言いなりになってたのが木村建設だったってことで、程度の差こそあれ、「プレッソイン」「三交イン」「エースイン」「第一ホテル」など、駅に隣接したビジネスホテルの建設に関わった業者は、どこも同じようなことをして来たのだ。だから、その建物が仮に強度基準をクリアしていたとしても、規定ギリギリまで建材費を削った極めて危険な建物だってワケだ。何しろ、「極限まで建材費を削りできる限り早く建てる」って言うのが内河の自論なんだから、内河の出すプラン通りに建設したら、どんなものが建つかは簡単に想像できるだろう。

‥‥そんなワケで、今回の国会の参考人質問で、総合経営研究所の内河健との関係を追及された木村盛好は、他の質問と同様に、ボケーッとしたバカヅラで、「内河所長とは1年以上会っていない」と平然と言い放った。だけど、この数日前に、総合経営研究所のほうに木村盛好との関連を聞いてみたら、担当者は「もう2年以上も会っていません」って言ってた。まあ、大きな意味で言えば、「1年以上」と「2年以上」はイコールで結ばれるけど、このアバウトさは、どっちもその場の思いつきで言ってるとしか思えない。そして、カンジンの内河健は、現在、愛人と「タイ」に海外出張中だから、帰って来た時に木村盛好とどんな口裏合わせをするのか、今から楽しみだ。何しろ、内河と癒着してる自民党の議員や外務省の官僚の名前が何人も挙がってるから、これでコイズミにトドメを刺せる!‥‥なんて思ってワクワクしちゃう今日この頃なのだ。

★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★マスコミが触れない真実を知りたい人はクリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.29

冬の夜空

orion
夏の星座にぶらさがって、上から花火を見下ろしたのは、あたしとお誕生日が同じなaikoだけど、この、aikoがぶらさがった星座って、いったい何座なんだろう?‥‥って、今は冬なのに、何で夏の星座の話なのかって言うと、ちゃんとアトから冬の話に流れてくから、安心してちゃぶだい。で、今日はこんな早いうちから、頭脳は子供でもベッドでは大人、迷探偵キッコナンに登場してもらって、サクサクと調べて行こうと思う。

夏の星座の代表って言えば、何と言っても「サソリ座」だ。それに、あたしの星座はサソリ座なので、あたしと同じお誕生日のaikoも、当然「サソリ座の女」ってワケで、自分の星座を想像して、この歌を作った可能性が高い。だけど、現実的に考えてみると、サソリ座ってのは南の空の低い場所に見える星座だから、サソリ座にぶらさがっても、上から花火を見下ろすってより、横から花火を眺めるって感じになっちゃう。そうなると、aikoの世界じゃなくて、岩井俊二の世界になっちゃう。

ニポンが世界に誇れる唯一の映画監督、岩井俊二は、かつて、フジテレビの「If もしも」ってオムニバスドラマで、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」って言う傑作を発表した。あたし的には、「打ち揚げ花火」を「打ち上げ花火」って表記した点だけが不満だけど、それ以外は何ひとつ文句の無い秀作だ。「If もしも」ってドラマは、AとBの2通りの結末を用意してある単発シリーズで、物語の途中に、主人公がAかBかを選択する分岐点がある。それで、この作品の場合は、打ち揚げ花火を下から見ようとしたAと、横から見ようとしたBで、結末が違って来るのだ。すごく有名な作品だし、アトから映画になったりビデオやDVDになったりしたから、観たことのある人もいっぱいいると思うけど、初期の岩井俊二の感性がミズミズしい作品だ‥‥なんて、スタート早々、ダッフンしちゃった今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、この作品がテレビで放映されたのが1993年なんだけど、岩井俊二は、この6年後の1999年に、「少年たちは花火を横から見たかった」って言うドキュメンタリーを発表してる。この6年の間に、岩井俊二は何本もの秀作を生み出してるけど、特に、Charaの魅力が全開の「PiCNiC」と、さらにCharaの魅力が全開な上に、もう何から何まで言うこと無しの大傑作、「スワロウテイル」を発表してる。これで、岩井俊二の世界観は不動のものになったワケだけど、そこで制作されたのが「少年たちは花火を横から見たかった」なんだから、つまりは、自分の世界観を確立した岩井俊二の出した答えが、打ち揚げ花火は下からじゃなくて、「横から見たかった」ってことなのだ。

だから、打ち揚げ花火を横から見るのは「岩井俊二スタイル」ってワケで、南の空の低い場所に見えるサソリ座にぶらさがっちゃったら、「aikoスタイル」にはならないってワケだ。そこで、夏の夜空のもっと高い場所を見上げてみた迷探偵キッコナンの目に映ったのは、「琴(こと)座」「鷲(わし)座」「白鳥座」の3つの星座だ。これは、2005年7月7日の日記、「七夕の夜」にも書いたけど、琴座の1等星「ベガ」がオリヒメちゃん、鷲座の1等星「アルタイル」がケンギュウ君で、この2つの星の不条理な恋物語が「七夕伝説」なのだ。そして、この2つの星に、白鳥座の「デネブ」が加わると、「夏の大三角」になる。

だけど、ハッキリ言って、東京だとこれらの星座がすべてキレイに見えることなんかマレで、見えたとしても1等星だけってことのほうが多い。だから、東京に住んでるあたしの感覚だと、「夏の大三角にぶらさがって上から花火を見下ろして」だったら、すごく現実的に感じる。でも、「夏の大三角」は星座じゃないし、第一、「それを言っちゃあオシマイだよ」って寅さんに言われちゃうけど、「星座にぶらさがる」なんて不可能だ。だから、こんな話題の時に、「現実的かどうか」って基準で考えること自体に無理がある。

だから、ソコソコに現実的な考察を入れつつ、非現実的な話題を進めてるワケだけど、やっぱり、aikoがぶらさがったのは、「琴座」か「鷲座」か「白鳥座」のどれかってことになる。それは、この歌の中に、「三角の目をした羽ある天使が」とか「三角の耳した羽ある天使は」とか、ヤタラと「三角」って言葉が出て来るので、やっぱり「夏の大三角」に絡んだ星座なんじゃないかって言う、推理‥‥と言う名のコジツケなんだけど(笑)

それで、鷲と白鳥は鳥だから、羽ばたいて飛んでるイメージで、これにぶらさがるのは危険だし、どっちかって言うと、首のあたりにまたがって乗ってるって感じがする。だから、「ぶらさがる」となると「琴座」ってことになる。それに、「琴座」なら、オリヒメちゃんの星「ベガ」もあるから、恋をする女の子にピッタリだ。だから、aiko的には、もしかしたらサソリ座のシッポのあたりにぶらさがったイメージで、この歌の詩を書いたのかも知れないけど、迷探偵キッコナン的には、「琴座」って結論に達したのだ。

‥‥そんなワケで、aikoには、この「花火」の他にも、「アンドロメダ」「天の川」「星物語」って言う、タイトルからして「星」に関係した歌が多いし、MAXの新曲「あなたを想うほど」がリリースされる11月30日には、aikoも新曲をリリースするんだけど、その名もズバリ、「スター」だ。これは、オオカミとヤギの不思議な友情を描いた絵本、「あらしのよるに」が映画化されたんだけど、それの主題歌になってる。歌詞の中には「星」は出て来なくて、愛する人の光を「星の光」に見立てた表現をしてるけど、こごえて赤くなった手とかの描写も出て来るし、PVも雪山をバックにコートを着て歌ってるaikoが出て来るから、間違いなく「冬の星」をイメージして書いたんだと思う。

で、冬の星座って言えば、夏のサソリ座に対抗して、オリオン座ってことになる。オリオン座は、誰でも知ってる有名な星座だと思うけど、春には西の空に低く見えるし、秋には東の空に低く見える。それで、高い位置にハッキリと見えるのが冬なので、冬を代表する星座になってる。aikoと同じ大阪出身で、名前も同じ北原愛子の「冬うらら」って曲でも、「オリオンの灯〜月冴ゆり出すころ〜」って歌い出しなので、冬と言えばオリオンだろう。

オリオン座と言えば、真ん中に並んだ「三ツ星」が目印になる。冬の夜空を見上げて、まずは「三ツ星」を探して、その左上にある赤っぽい1等星が「ベテルギウス」、右下にある青白い1等星が「リゲル」で、残りの星を探して、ボンゴとかコンガとかトーキングドラムとかニポンのツヅミみたいな形になれば、オリオンの胴体の出来上がりだ。ちなみに、禁酒中のあたしとしては書くのかツライんだけど、オリオンビールの缶の上のとこにある3つの赤い星のマークは、もちろん、この「三ツ星」をデザインしたものだ。

都心だとキビシイけど、空気がキレイで街の明りの少ない場所に行くと、三ツ星の下に、さらにタテに3つ並んだ星が見える。これは「小三ツ星」って呼ばれてて、良く見ると、真ん中の星だけがボヤ〜ッとしてる。これは、実は星じゃなくて、「オリオン座大星雲」て言う星雲なのだ。肉眼だと、サンコンさんみたいに視力が「6.0」くらいないと見えないけど、バードウォッチング用の小型の双眼鏡でも十分に見えるから、機会があったら見てみて欲しい。

‥‥そんなワケで、ニポンでは、源平合戦の赤旗、白旗になぞらえて、赤いベテルギウスを「平家星」、白いリゲルを「源氏星」って呼んだりもするんだけど、この色の違いは、星の年令によるものなのだ。ベテルギウスは、直径が太陽の1000倍もある想像を絶するほどのデッカイ恒星なんだけど、恒星の一生の晩年に差し掛かってるので、表面温度は3000度しかなくて、それで赤っぽい色に見える。だけど、リゲルのほうは、誕生してから数百万年しか経ってない若い星だから、まだまだ元気に燃え盛ってて、表面温度は12000度もある。だから白っぽく見えるのだ。このリゲルの光量は、太陽の3万倍だから、もしも今の太陽の場所にリゲルがあったら、あたしたちは一瞬で焼け死んじゃう‥‥って言うか、太陽系なんてフッ飛んじゃうだろう。

こんなにスゴイ1等星が2つもある上に、残りの5つの星はぜんぶ2等星だから、冬のオリオン座だけは東京でもハッキリと見える。だけど、正確に言えば、これはオリオンの胴体の部分で、ホントは、コンボウを振り上げてる右手と、タテを持ってる左手があるんだけど、これは東京だとなかなか見えない。それで、オリオン座の胴体だけを見れば、ベテルギウスは左上にあるんだけど、ベテルギウスってのは「ワキの下」って意味で、手が見えればちゃんとワキの下になるのだ。そして、右下のリゲルってのは、「巨人の足」って言う意味がある。

で、オリオンはコンボウとタテを持ってるから、ナニゲに「闘う人」っぽいんだけど、実は優秀な狩人なのだ。だからって、「あずさ2号」に乗って来たワケじゃないけど、コンボウとタテで狩をするなんて、クマと素手で闘った大山マスタツとかウイリー・ウィリアムスとかのレベルの達人なんだろう‥‥なんて言ったら、オリオンがアントニオ猪木みたいなイメージになっちゃうから、この喩えはやめとこう(笑)

そんなオリオンだけど、ギリシャ神話によれば、「体が大きくて優秀な狩人」だけど「ものすごく美しい青年」って設定なので、顔が福山雅治で体がセーム・シュルトって感じかな?‥‥って、それはそれで不気味だけど、とにかく、イイ男なのに腕も立つ男だった。だけど、2005年7月26日の日記、「恐怖のテュポン」を読んでくれた人なら分かると思うけど、ギリシャ神話に出て来るヤツラって、ようするにみんな神様で、とにかくデカイ。だから、このオリオンも、あたしたちが普通に考えるセーム・シュルトやチェ・ホンマンみたいな「大きな人」のレベルじゃなくて、「巨人の足」って意味のリゲルが足のとこにあることからも分かるように、ウルトラマンとか怪獣とかのレベルの大きさなのだ。ちなみに、ウルトラマンの故郷、「M78星雲」てのも、このオリオン座の中にある。三ツ星のちょっと上あたりなので、天体望遠鏡が無くても、双眼鏡とかでも、ウルトラマンの故郷を見ることができる。

‥‥そんなワケで、いつものことながらアチコチにダッフンしながら進んでくけど、このオリオンてのは、海の神様「ポセイドン」と女神「エウリュアレ」との間に生まれた子供で、海の上を自由に歩きまわれる巨人だった。それで、月の女神「アルテミス」が、オリオンの狩の腕を認めて自分の部下にした‥‥って、ここまでは、どのギリシャ神話でも同じなんだけど、ここから先が、フジテレビの「If もしも」みたいに、複数のストーリーが存在するのだ。細かい設定を除けば、大きく分けて2つのストーリーがあるんだけど、1つは、オリオンとアルテミスの恋愛系、もう1つは、オリオンが誰かの恨みを買う系に分けられる。

「恋愛系」のほうは、オリオンが自分の雇い主のアルテミスのことを好きになっちゃって、結婚を申し込む。だけど、身分の違う男に求婚されたアルテミスが怒り、大地の女神「ガイア」に頼んで、オリオンを殺させる‥‥ってストーリーとか、これとは情況が反対で、アルテミスのほうが自分の部下のオリオンに恋をしちゃって、だけど、オリオンは、曙(あけぼの)の女神「オーロラ」と恋に落ちちゃって、それに嫉妬したアルテミスが、自分の手でオリオンを殺すってストーリーもある。「恨みを買う系」のほうは、アルテミスの兄のアポロンが、自分の妹と仲良くしてるオリオンを良く思わずに殺しちゃうって言うストーリーとか、自分の腕前を自慢してばかりいるオリオンにムカついた女神「ヘラ」が、オリオンの暗殺を企てるって言うストーリーとか、色んなパターンがある。

それで、色んなパターンのストーリーがあるワケだけど、唯一、共通してるのは、オリオンを殺害する方法なのだ。どのストーリーでも、みんな一緒で、「猛毒を持った巨大なサソリをオリオンのもとへ送り込み、その毒で殺す」って言う方法なのだ。ここで、賢明なる「きっこの日記」の読者諸兄は、「ナルホド!」って気づいたと思うけど、このサソリこそが、夏を代表する星座、「サソリ座」ってワケなのだ。だから、オリオンは何よりもサソリを恐がってて、今でも、サソリ座が西の地平線に沈んでから、オリオン座が東の地平線から出て来るし、サソリ座が東の地平線に現れる前に、オリオン座は西の地平線に隠れる‥‥って言うか、こう言った星座の動きのほうがモトで、それを見て古代ギリシャの人が神話を作ったんだろうけど、こうして考えてみると、何千年も前のギリシャ人たちが見てた星座を現代のあたしたちも見てるってことを改めて感じられて、とっても不思議な気持ちになる。

このオリオンの物語は、オリオン座とサソリ座とが天球上の反対の位置にあって、同時には見ることができないってことから生まれたって言われてる。だから、漠然と夏のサソリ座や冬のオリオン座を見るんじゃなくて、夏のサソリ座を見上げる時には、地球の反対側にコソコソと隠れてるオリオンのことを思い出してみたり、冬のオリオン座を見上げる時には、サソリの留守中にホッとして羽を伸ばしてるオリオンの気持ちになってみたりすると、とっても楽しいと思う。そして、たくさんの星が見られる空気のキレイな場所に行けば、オリオンの連れている猟犬、「おおいぬ座」が左下に、「こいぬ座」が左に見えるし、足元には獲物の「うさぎ座」も見える。そして、おおいぬ座とこいぬ座が逃げないように、オリオンの赤い1等星、ベテルギウスから、おおいぬ座のシリウスと、こいぬ座のプロキオンに、それぞれリーダーをつなぐと、キレイな三角形が出来上がるけど、これが、「冬の大三角」だ。

‥‥そんなワケで、冬の星座にぶらさがっても花火を見ることはできないけど、冬の星座そのものが、人工的な花火なんかよりも遥かに美しいんだから、足早に家路を急ぐだけじゃなくて、タマには、立ち止まって夜空を見上げてみたらどうだろう。こんなにヒドイ世の中だけど、それは誰のセイでもなくて、夜空を見上げる心の余裕すらなくなっちゃった自分たちのセイなのかも知れない‥‥なんて思う今日この頃なのだ。

★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.28

狂牛丼VS人工ステーキ

ushi3
ちょっと前に、ステーキとかハンバーグとかの専門のファミレス、「フォルクス」で、内臓肉をつなぎ合わせた成型肉のステーキを正しく表示しないで販売してた問題で、この責任を取って、フォルクスの山口伸昭社長(58)が、来年の1月17日付けで辞任するって発表した。だけど、「責任を取って辞任する」って言いながらも、山口社長の辞任後、社長と会長とを兼任することになった籾山昌也会長(61)は、「肉の成型は、筋や骨を取り、美味しく食べやすくするために良かれと思ってやってきた」って強調してる。ようするに、正しく表示をしなかったのは悪かったけど、決して粗悪なものをゴマカシて売って来たんじゃなくて、少しでも美味しくするための工夫だったってことを言いたいワケだ。

これがホントのことなのか、単なるイイワケなのかは分かんないけど、ホントに美味しいステーキを食べたい人は、1人前が5000円とか8000円とかするような、ちゃんとしたステーキ屋さんに行くと思うし、ファミレスの1000円台のステーキなんかに大きな期待をしてる人はいないだろう。だから、今回の問題は、表示義務を怠ったことはマズイと思うけど、社長が辞任するほどのことでもないと思う。だって、一般にはあんまり知られてないけど、世の中のファミレスで使われてるステーキ肉って、そのほとんどが「第4の牛肉」って呼ばれてるインチキ肉なのに、表示義務が無いから、普通のステーキとして売られているのだ。

「ベルトコンベヤーの上を赤身の牛肉が流れていく。打ち込み機と呼ばれる装置をくぐると、約100本の細い針が肉の内部に食い込み、瞬時に脂肪を注入する。時間にして1分程度。硬い赤身肉はピンクがかった色になり、霜降り肉のように軟らかくなる。」

これが、「第4の牛肉」、すなわち「人工霜降り肉」の製造方法だ。そして、この「人工霜降り肉」は、普通の霜降り肉の半額程度なので、今や年間8000トンも生産されて、全国のファミレスで使われている今日この頃、皆さん、牛肉はお好きですか?


‥‥そんなワケで、ファミレスでステーキを食べたことのある人は、みんな「人工霜降り肉」だとは知らずに食べてたってことだ。ちなみに、この人工霜降り肉に使われてる肉は、食用牛の「硬くて食用に向かずに捨てていた部位」と、年を取ってお乳が出なくなった乳牛、「老廃牛」の肉が使われてる。お乳の出なくなった乳牛は、今まではソッコーで御用済みだったけど、この技術が開発されてからは、硬くてまずくて食べられなかった肉も、柔らかいステーキ肉に変身できることになった。

フォルクスの成型肉は、いくらつなぎ合わせてるって言っても、ちゃんとした食用牛の色んな部位をつなぎ合わせてるってだけで、ようするに、もともと食べるために育てられた「100%の牛肉」だ。だけど、この人工霜降り肉ってのは、形こそ1枚のステーキだけど、本来なら捨てられるような老廃牛の赤身肉に、乳化剤を使って液化した脂肪を注入して作られている。だから、調理する前の生肉の段階で、すでに科学的な乳化剤を含有してるってワケだ。そして、成型肉には表示義務があるのに、この人工霜降り肉には表示義務がない。

全国のファミレスは、アメリカの牛肉を輸入してた時には、国産の人工霜降り肉よりもアメリカの牛肉のほうを使ってた。でも、狂牛病問題で2003年にアメリカの牛肉の輸入がストップしてからは、ほとんどのファミレスが、この人工霜降り肉へと切り替えたのだ。だから、2003年以降に、どこかのファミレスでステーキを食べたことのある人は、「老廃牛の赤身肉に、乳化剤を使って液化した脂肪を注入した人工霜降り肉のステーキ」を食べてたってワケで、ウエイトレスのお姉さんに焼き方を聞かれて、「ミディアムレアで」なんて答えてたとしたら、あまりにもカッコ悪い。

正しい表示をしないで成型肉のステーキを売ってたフォルクスは、公正取引委員会から「メニュー表示が不当」として排除命令を受けたワケだけど、その反面、数え切れないほどの人たちが普通のステーキだと思って食べてる肉のほとんどが、こんな人工霜降り肉だったって言う不条理がまかり通ってるってワケだ。あたしから見たら、こっちのほうこそ、公正取引委員会が何とかしなきゃならない問題だと思うんだけど‥‥。そして、この人工霜降り肉は、今はファミレスをはじめとしたお店などで、調理されて販売されてるだけだけど、来年からは、スーパーなどでの小売りも開始すると言う。そうなった場合でも、現在の法律なら、成型肉と違って表示義務は無い。ようするに、通常の「国産牛肉」として店頭に並ぶってワケだ。

‥‥そんなワケで、永田町のメイド喫茶に勤めるコイズミが、来店したブッシュに対して、「お帰りなさいませ、ご主人様。ご注文は、狂牛肉の輸入再開と、自衛隊の派遣延長でよろしいですね?」って言ったワケだけど、この、何から何まで他人事の無能総理のオカゲで、いよいよ恐怖のB29が、ニポンに狂牛病爆撃を開始する日が近づいて来た。情報操作されたマスコミの報道を鵜呑みにしてるノンキなニポン国民たちは、アメリカの牛肉の恐ろしさをまったく分かってなくて、「早く牛丼が食べたいですね」なんて言ってる自殺志願者がアトを絶たない。こう言った状況になっちゃったのは、コイズミ茶番内閣が真実をインペイして、嘘の情報で国民を洗脳し続けてるからに他ならない。

狂牛病の病原体は、細菌やウイルスじゃなくて、「異常プリオン」って呼ばれてるタンパク質の一種だ。狂牛病だけじゃなくて、変形型ヤコブ病とか、ヒツジに発生する「スクレイピー」って言う病気とか、今、アメリカやカナダで大発生してる狂鹿病とかも、みんな同じような異常タンパク質によって感染、拡大してる。それで、細菌やウイルスなら、煮たり焼いたりすれば殺すことができるけど、この「異常プリオン」が恐ろしいのは、煮ても、焼いても、放射線をあてても、赤外線をあてても、ホルマリンに漬けても、何をしても死なないのだ。そして、もうひとつの恐ろしい点として、潜伏期間の長さが挙げられる。

つまり、生後20ヶ月までの牛なら安全だとか、生後30ヶ月を超えると危険だとかって言われてるけど、それは潜伏期間が長いから、30ヶ月を超えた牛に発病例が多いってだけのことなのだ。ようするに、狂牛病に感染してる牛は、10ヶ月だろうと20ヶ月だろうとすでに感染してるワケで、ただ、まだ発病してないってだけなのだ。だから、コイズミが1人で勝手に輸入再開を決めちゃった「生後20ヶ月までの牛」も、殺さないでそのまま飼い続けてたら、そのうちの何%かは必ず狂牛病を発病するってワケだ。

‥‥そんなワケで、どうしてアメリカの牛肉が危険なのかってことを簡単に説明しようと思う。ニポンでは、食用牛の脳、眼、脊髄、回腸遠位部などの特定危険部位、ようするに、狂牛病の原因になる異常プリオンが蓄積しやすい部位は、2001年から、すべて除去、焼却することになってる。だけど、アメリカの場合は、これらの特定危険部位を除去はするんだけど、呆れ返ることに、それを食用牛のエサにしてるのだ。もうちょっと詳しく書くと、アメリカでは、牛の危険部位を焼却せずに、それを原料にして、肉骨粉と牛脂(骨油)を作っている。そして、これらを家畜のエサにしてるのだ。2004年のデータでは、16万トンの肉骨粉と16万トンの牛脂が作られて、それらがすべて家畜のエサになっている。それで、ニポンでも問題になった肉骨粉は、アメリカでも牛に与えたらいけないことになってるので、ニワトリとかのエサになってるんだけど、牛脂のほうは、そのまま牛に与えてもいいことになってる。

だけど、いくら法律で禁じても、全米に15000もある飼料工場を定期的に検査することなど不可能で、アメリカの農務省の報告によると、このうち約2割にあたる3000近い施設が、5年間も検査を受けずに、事実上、ノーチェックで牛の飼料を製造していたのだ。そして、それらの施設の中には、禁止されてる肉骨粉の混ざった飼料を1年以上も流通させてた工場などがあり、検査機関は、「少なくとも数百の施設は、BSE感染のリスクが高い飼料を製造している」って発表した。まあ、肉骨粉の混ざった飼料じゃなくて、ちゃんとした飼料を食べさせてたとしても、肉骨粉と同じくらい危険な牛脂に関しては、そのまま牛に与えてるんだから、大差ないと思うけど‥‥。

で、もうひとつ呆れ返ることがある。ニポンの百倍も規制の甘いアメリカですら禁止してる肉骨粉だけど、前に書いたように、アメリカではニワトリのエサにしてる。そして、そのニワトリのフンを集めて、牛のエサにしてるのだ。異常プリオンは、煮ても焼いても死なないから、どんな形に加工しようとも、ニワトリの体内を通過しようとも、異常プリオンのままなのだ。つまり、そのニワトリが食べた肉骨粉に異常プリオンが含まれてれば、そのニワトリのフンを食べた牛は、間違いなく感染するってワケだ。

だけど、いくらなんでも、ニワトリのフンなんかを牛のエサにするなんて‥‥って思う人もいるかも知れないけど、これは、アメリカじゃ当たり前のことなのだ。それで、いくら味覚音痴のアメリカの牛でも、サスガにニワトリのフンなんかは食べたがらないから、甘い「糖蜜(とうみつ)」をかけて食べさせてるのだ。これは「糖蜜飼育」って呼ばれてる飼育方法なんだけど、吉野家の牛丼に使われてたのが、この「糖蜜飼育」、ようするに、ニワトリのフンを食べさせて育てた牛の肉なのだ。そして、このニワトリに食べさせてる肉骨粉は、生後30ヶ月を超えた危険度の高い牛のものも、当然、大量に含まれてる。

2003年までアメリカから輸入されてた牛肉には、当然いろんな部位や形態があったんだけど、その中に「ショートプレート」って言う形態があった。これは、通称「吉野家カット」って呼ばれてる牛肉で、これが「糖蜜飼育」によるものだった。そして、アメリカ産が輸入禁止になった今は、メキシコ産の牛肉を輸入してるワケだけど、このパッケージにも「糖蜜飼育」ってことがハッキリと明記されてる。つまり、狂牛病に感染する恐れがあるとかないとか言う以前に、ニワトリのフンを食べさせて育てた牛の肉で牛丼を作ってるってワケだ。その上、一説には、メキシコ産てのは嘘で、禁止されてるアメリカ産をメキシコ経由で輸入してるって話まで浮上して来た。てことは、ニワトリのフンで育てた上に、狂牛病の恐れまであるってワケで、こんなもんをお金を払って食べたがるヤツの気が知れない。

‥‥そんなワケで、危険な肉骨粉の混じった飼料や、危険そのものの牛脂だけでも呆れ果てるのに、その上、肉骨粉を与えてるニワトリのフンまで食べさせてるんだから、もうこれ以上は無いだろう‥‥なんて思ってたのもトコノマ、さらに追い討ちをかけることが発覚した。それは、狂鹿病に感染してる恐れのある野生の鹿の肉までを牛の飼料にしてたってことだ。今、アメリカやカナダでは、鹿のハンターから26人ものヤコブ病患者が出ていて、調査したところ、野生の鹿の約20%が狂鹿病に感染してるってことが分かった。それで、鹿のハンターたちは、あまり鹿を食べなくなった。だけど、鹿を撃ちに行くことはやめないから、鹿の死体がどんどん溜まる。そして、それに目をつけた家畜の飼料会社が、鹿の死体を安く買い上げることになったってワケだ。つまり、牛の危険部位については法律で規制されてるけど、鹿に関しては何の規制も無いので、いくら危険だと分かってても、これを利用しない手はないってことになったんだろう。

さて、ここまで読んで来たら、成型肉だろうと人工霜降り肉だろうと、まだニポンの牛肉のほうがマシだって思えて来ただろう。だけど、ニポンの牛肉だって、そんなに安全だとは言えないのだ。それは、ニポンで狂牛病の牛が発生した原因が、狂牛病大国であるイギリスから、大量の肉骨粉を飼料として輸入していたからだ。その後もニポンの政府は、「ドイツ、イタリア、デンマークでは狂牛病が発生していないから、これらの国の肉骨粉は輸入しても構わない」って言って、輸入を許可したのだ。これによって、数万トンにも及ぶ莫大な量の肉骨粉がニポンに輸入されて、それらはすべて家畜の飼料になったワケだけど、この時、すでに、ドイツ、イタリア、デンマークでも、狂牛病が広がっていたのだ。ニポンの政府は、この事実を知りながら、それをインペイして、外交を優先したのだ。国民の安全よりもソトヅラ優先、これが、いつもの自民党のやり方だ。

‥‥そんなワケで、1990年から93年にかけて、イギリスがニポンに対して輸出した肉骨粉の量は、合計で「333トン」だって、イギリスの国税局は言っている。それなのに、ニポンで狂牛病が発生して、「狂牛病の原因は肉骨粉だ」ってことと「イギリスで狂牛病が拡散してる」ってことが報じられたトタンに、ニポンの農林水産省の記録の「イギリスから輸入した肉骨粉の数量」のデータが、摩訶不思議なことに、「0トン」になったのだ。つまり、ニポンは、イギリスからは輸入してないってことになったのだ。向こうが輸出したって言ってて、国税局にシッカリと記録が残ってんのに、なんじゃこりゃ?って感じのお粗末な改ざんだ。

さらには、肉骨粉によって各国に狂牛病が広がったため、欧州委員会は99年にヨーロッパ各国に「プリオン検査システム」を作らせたんだけど、そしたら、ビックルを飲みまくるほど大量の感染牛が見つかっちゃって、こりゃあ大変だってことになった。それで、ヨーロッパから肉骨粉を輸入し続けてたニポンも、2001年に、狂牛病のリスク検査を欧州委員会に依頼した。この「リスク検査」って言うのは、全体に対する感染牛の割合から、その国の危険度を計算して、4段階に分けるってもので、たとえば、イギリスやポルトガルは、一番危ない「危険度4」、オーストラリアやスウェーデンは、感染牛は見つかってるけど比較的安全な「危険度2」って感じのものだ。

もちろん、ただ単に「危険度2」って言われるだけじゃなくて、その根拠となる様々なデータが添付されるワケだから、この検査結果は、ニポンの畜産に関わる人たちだけじゃなく、牛肉を食べる国民すべてが知りたい情報だ。それで、この検査の結果は、2001年の5月に発表されるハズだったんだけど、5月になって、ニポンと同じ時期に検査を依頼したルーマニアやケニアの結果は、それぞれの国の政府が次々に発表したのに、ニポンの政府だけは、いつまで経っても発表しなかった。そして、発表されないまま6月になったんだけど、ここで、フランスAFP通信による驚愕の事実が分かったのだ。それは、東京の「駐日欧州委員会代表部」の外交官によるもので、次のような記事だった。


「日本の農林水産省はブリュッセルに対して、欧州委員会がまとめた日本の狂牛病に関する警告報告書を発表しないように圧力をかけていると、欧州の外交官筋が語った。日本政府は、今回の検査結果に対して非常に憂慮しており、ブリュッセルに代表団を何度も送り、報告書の発表を取りやめるか、延期するように要請している。」


おいおいおいおいおーーーーーーい! 農林水産省!
お前らはヒューザーの小嶋か?‥‥なんてことも言ってみつつ、この記事はこう続く。


「化学運営委員会に近い筋によると、日本には危険度レベル3がつけられたと言う。これは今まで検査が行なわれた国の中では、とても悪い部類に属する。」


‥‥そんなワケで、ワザワザ欧州委員会に検査を依頼したのにも関わらず、悪い結果が出たトタンに、ソッコーで口封じに出た農林水産省だけど、これは、時期に問題があったのだ。欧州委員会に検査を依頼したのは、森喜朗が総理だった時で、農林水産大臣は谷津義男だった。だから、そのままの内閣だったら、悪い結果でも発表してたかも知れないのだ。だけど、2001年4月26日に、最低最悪のコイズミ内閣が誕生して、初代の農林水産大臣は、恥も外聞も無い白ブタ野郎、武部勤に代わったのだ。

幼稚な猿芝居だけで世渡りをして来たコイズミは、念願の総理大臣になれたばかりで、高い支持率を維持したかったので、自分にマイナスになるようなことは、すべてインペイしようとした。それで、総理になったばかりの5月に、コイズミの知能なんかじゃとても処理しきれないこの問題が出たので、当然、これもインペイしようとした。そして、ペットの白ブタに命令して、欧州委員会に警告報告書を発表しないようにと圧力をかけさせたのだ。このあとの白ブタの狂牛病に対する不謹慎極まりない失言の数々は、有名な話だし、前にも書いたから省くけど、何よりも呆れるのは、コイズミのやったことだ。まあ、やっと民営化にこぎつけた「日本郵政」に、自分の腹心を何人も天下りさせるようなクズ野郎だから、当然と言えば当然だろうけど、この時、コイズミは、「海外の検査機関と日本では見解の相違がある」って言って、「内閣府食品安全委員会のプリオン専門調査会」ってのを作って、自前で調査することにしたのだ。

これって、住宅メーカーが資本を出し合って、自分たち専属の検査機関会社を作って、構造計算書のチェキを特別に甘くしてもらうのと同じことで、あくまでも「内閣府」のプリオン専門調査会だから、内閣の意向通りの結論しか出さないクソ機関ってワケだ。第一、このプリオン専門調査会の計算方法って、国際基準とはまったくの別物で、農林水産省が自分たちの都合に合わせて考えた方式なのだ。だから、国際基準では「危険」の範囲に入る数値でも、ニポンのプリオン専門調査会の計算方法で計算すると「安全」てことになるのだ。ちなみに、欧州委員会から「危険レベル3」て言われた時のデータをニポンの計算方法で計算し直すと、狂牛病発生国から「8万トン」もの肉骨粉を輸入してたのに、その中に危険な肉骨粉は、たった「10キロ」しか混じってなかったことになる。これは、「0.0000001%」だから、「国産牛肉は極めて安全で何の問題も無い」ってのが、農林水産省の言いぶんなのだ。だけど、この計算で行くと、1000万頭のうち1頭しか感染しないってことになる。そうすると、ニポンでは今までに20頭もの感染牛が見つかってるんだから、ぜんぶで2億頭もの牛がいるってことで、人口よりも牛のほうが多いじゃん!(笑)

まあ、コイズミのオカカエのプリオン専門調査会だから、ヤルことナスことデタラメなのは当然で、すべてはコイズミがブッシュに約束した「年内の輸入再開」って言う結論ありきでモノゴトが進められている。だから、パブリックコメントの結果だって、当たり前のように改ざんされるか無視されるだろう。それで、このプリオン専門調査会の吉川泰弘東大教授ってのが、これがまた絵に描いたようなコイズミの操り人形で、「アメリカやカナダは飼料規制に不備があるので今後もBSE感染牛は発生する」って断言しながらも、「日本の牛よりもアメリカやカナダの牛のほうが安全だ」ってノタマッて、「20ヶ月以下の牛に関しては『検査無し』で輸入しても大丈夫」と来たもんだ。普通、「飼料規制に不備があるので今後もBSE感染牛は発生する」って思ったんなら、その飼料規制がキチンとしたら輸入再開するって考えるか、飼料規制に不備のあるまま輸入再開するんなら全頭検査を義務づけるって考えるか、どっちかじゃないの? 「今後もBSE感染牛は発生する」って断言しといて「検査無しで輸入しても大丈夫」って、お前はバカか?

‥‥そんなワケで、イギリスからの危険な肉骨粉の輸入データを改ざんして、「333トン」を「0トン」に書き換えた農林水産省は、まるで姉歯建築事務所みたいだし、自分たちに不利な情報を公表しないように欧州委員会に圧力をかけたコイズミは、まるでヒューザーの小嶋みたいだし、コイズミの都合に合わせて作ったデタラメなデータで輸入再開を進めてるプリオン専門調査会は、さしずめ、イーホームズってとこだろう。腐りきったコイズミ茶番内閣がやることなんて、こんなふうにどんどんボロが出て来るのに、それでも未だに支持してるオメデタイ人たちがいるってことが、あたしには信じられない。きっと、コイズミなんかを支持してる人たちって、ニワトリのフンで飼育された牛肉の狂牛丼をありがたがって食べるような人たちなんだと思うけど、自分たちが支持してるコイズミ様のオカゲで狂牛病になれるんだから、きっと感染しても誰も文句を言わないんだろうな‥‥なんて思う今日この頃なのだ。

★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.27

芸能人釣り大会

sakanakun
今、テレビ朝日の「いきなり!黄金伝説」で、さかなクンとアドゴニーが、釣ったお魚だけを食べて10日間の船上生活をするって言う企画をやってるけど、おとといの放送では、カツオとかイカとかを釣って、美味しそうな料理を作って食べていた。あたしは、先週は見られなかったし、今回の放送も途中からしか見られなかったので、今までの流れが分からないんだけど、あたしが見たぶんに限って言えば、今までの他のチャレンジに比べて、すごく楽しそうに見えた。ただ、釣り上げたイカにそのままかじりついて、生きたイカを食いちぎって喜んでるさかなクンを見て、サスガのあたしもリトル引いちゃった。さかなクンて、お魚が大好きで、色んなお魚を見て「可愛いですね〜!」とか言ってるワリには、お魚に対してスゴイコトするよね。あたしがアドゴニーの立場だったとしたら、あのテンションのさかなクンと10日間も暮らすことは絶対に無理だと思う(笑)

そう言えば、パソコンテレビの「Gyao」が今みたいにメジャーになる前に、カルチャーのコンテンツに「フィッシング」の番組があった。月に1回しか更新されないから、続けて見てたあたしはイライラしてたんだけど、魚釣りのベテランの女性が先生になって、初心者の若い男の子と女の子にレクチャーするって番組だった。それで、そのベテランの女性ってのが「ユミックス」とか言うニックネームで、とにかく魚釣りがヘタクソで、毎回、丸暗記して来た専門用語みたいなことを言うワリには、ぜんぜん釣れないのだ。8月の放送が那須の渓流のルアー釣りの前編だったんだけど、初心者2人は当然として、先生のユミックスも1匹も釣れなかった。で、すごく期待を持たせて「後編に続く」ってなったのに、1ヶ月も待たされて、ようやく9月に後編が放送されたら、その後編でも3人そろって1匹も釣れなくて、ジ・エンド‥‥。

釣り番組の醍醐味って、次々にお魚が釣れたり、見たこともないような大物が釣れたりするシーンなのに、2ヶ月もかけて3人で0匹って‥‥なんて思ったんだけど、その9月の後編で、「次回はがんばろう!」って感じで終わったから、あたしは、次の放送に期待してた。そして、10月に入って「Gyao」にアクセスしたら、いつものページに「フィッシング」が見当たらない。コンテンツが変わったのかな?って思って、スポーツとか他のコンテンツを見てみたんだけど、どこにも見当たらない。それで、「Gyao」に聞いてみたら、「人気が無いので打ち切りになりました」ってことだった今日この頃、皆さん、魚釣りはお好きですか?


‥‥そんなワケで、スタートからちょっとダッフンしちゃったけど、この「Gyao」の「フィッシング」の中に「さかなクンのコーナー」があった。場所は、たぶん、さかなクンが研究員として勤めてる水族館なんだと思うけど、そこにホワイトボードを立てて、さかなクンがユミックスに色んなお魚のことを教えるって言うミニコーナーだった。もちろん、さかなクンは、トレードマークのハコフグ帽子をかぶり、何かにつけて大ゲサに驚き、ピョンピョンと飛び跳ねるって言う、いつものリアクションを繰り広げてた。そして、そのさかなクンを「冷めた目で見るユミックス」ってのがパターンになってた。

そんなさかなクンだけど、本名は「宮澤正之」って言って、あんまり知られてないんだけど、お父さんは囲碁のプロの「宮澤吾朗九段」なのだ‥‥とか言いつつ、あたしはオセロが精一杯で、とても囲碁なんて難しそうなゲームはできないけど。で、来年で三十路を迎えるさかなクンが、世に出るキッカケになったのが、テレビ東京の「TVチャンピオン全国魚通選手権」だ。さかなクンは、あのカン高い声やオーバーなリアクションなど、そのすべてが特異で、テレビ的には「美味しいキャラ」だった。その上、一番カンジンなお魚に関する知識も飛び抜けてて、この番組で5連覇を成し遂げたのだ。そして、番組中で「さかなクン」て言うニックネームもつき、他局の番組からも、お魚関係のコーナーなどにお呼びが掛かるようになった。

ここで、またまたチョコっとダッフンするけど、別に二番煎じってワケじゃないと思うけど、「さかなクン」と同じパターンで、「鳥くん」ってのがいる。本名は「永井真人」って言って、鳥類研究家らしいんだけど、さかなクンのハコフグ帽子と同じような鳥の帽子をかぶってる。だから、いくらあたしが「二番煎じってワケじゃないと思うけど」って念を押したとこで、誰が見ても二番煎じに見えると思う。でも、こうなったら早い者勝ちで、「虫くん」とか「爬虫類くん」とか、誰よりも先に帽子をかぶって名乗っちゃった人が「ナントカくん」になれるワケだ。だから、あたしも、今のうちに何かを名乗っときたいんだけど、あたしの場合はすべてに対して「広く浅く」をポリンキーにしてるから、コレと言って誇れるものが無い‥‥あっ!MAXのことに関してなら自信があるから、ミニチュアダックスの帽子をかぶって「まっくすクン」を名乗っとこうかな?

‥‥なんてことも言ってみつつ、一番最初に戻るけど、おとといの「いきなり!黄金伝説」が終わったあとにチャンネルを替えてたら、テレビ東京で「TVチャンピオン」をやってて、それも「マグロ釣り選手権」だった。北海道のマグロの一本釣りの漁師たちが、腕を競って闘ってた。何でも、マグロ釣りは難しくて、普通は10日に1匹くらいしか釣れないそうなんだけど、優勝したおじさんは、でっかいマグロを3匹も釣って、一番大きいのは160kgもあった。

それで、あたしがビックルを飲んだのは、「電気ショッカー」って言う機械だ。巨大なマグロが釣り針に掛かると、格闘しながら少しずつ引き寄せて来るんだけど、釣り上げられる確率は50%だと言う。せっかく掛かっても、2回に1回は格闘してる途中で逃げられちゃうそうだ。それで、少しずつ引き寄せて来て、糸があと20mくらいになった時に、その糸に電気ショッカーって言う大きな金属のフックみたいなのを引っ掛けて、そのままスルスルとマグロのとこまで落として行き、高圧電流を流してマグロを気絶させてから、安心して引き上げる。昔は、最後の最後に大暴れされて逃げられることが多かったそうだけど、この電気ショッカーが出来てから、釣り上げる確率が大幅にアップしたそうだ。

‥‥そんなワケで、ナニゲに魚釣りの番組を2本立て続けに見たあたしは、ちょっとやることが溜まってたので、ご飯を食べて、お風呂に入ってから、朝まで徹夜で溜まってた用事を片付けた。その間、ずっとテレビをつけっぱなしにしてたんだけど、音声を聞いてるだけで、ちゃんと見てなかった。それで、明け方の4時過ぎに用事が終わったので、コーヒーをいれてホッとひと息って感じで、テレビを見た。そしたら、フジテレビがついてたので、4時半になったら、変態ストーカーに狙われてる杉崎美香が、いつものように、「これからお休みになるかたもお目覚めのかたも‥‥」とか何とか言って、「めざにゅ〜」が始まった。それで、チャンネルを替えるのもメンドクサかったからそのまま見てたら、杉崎美香が山中湖にワカサギ釣りに行った映像を流し始めた。

ワカサギ釣りって言うと、日本テレビの「ぐるぐるナインティナイン」の釣りシリーズの一環として、冬になると凍った湖に穴を開けて釣る「ワカサギ釣り大会」がオナジミだ。それで、出川哲郎あたりがハダカで水をかぶるってパターンが定着してるけど、氷に穴を開けてワカサギを釣って、釣れたそばから天ぷらにして食べるのって、すごく楽しそうで、一度でいいからやってみたい。

だけど、今回の杉崎美香のワカサギ釣りは、もっと楽しそうだった。屋形舟みたいな舟に乗って釣るんだけど、船全体が部屋になってて、その室内にグルッと溝が作られてて、そこから糸を垂らして釣るようになってる。つまり、寒い外に出ることなく、暖かい室内でワカサギ釣りができるってワケだ。1匹釣れるたびにキャーキャー騒いでた杉崎美香は、3時間で83匹も釣れて、すごく楽しそうだった。そのあと、釣れたてのワカサギをカラアゲにして食べてたんだけど、それも美味しそうだった。氷に穴を開けて釣るワカサギ釣りは、釣りたてを天ぷらにするとしたら、飲み物は熱燗か焼酎のお湯割りに梅干を入れたやつになるだろうけど、暖かい室内で釣るんだったら、冬でもビールが美味しそうだ。

‥‥そんなワケで、夜から明け方にかけて、魚釣りのテレビを3本も見たワケだけど、そう言えば、2〜3日前の深夜には、何て番組か覚えてないけど、くり〜むしちゅ〜の上田と保坂尚希とあと何人かで、のどぐろ(赤ムツ)って言う高級魚を釣って、料理屋さんで色んなお料理にしてもらって食べるって言う番組を見た。それから、フジテレビの「孝太郎プラス」では、真木蔵人がゲストで、先週はヒラメ釣り、今週はサーフィンとスケボーって感じの2週連続だった。あたしは、コイズミのバカ息子を見ると腹が立つので、この番組はできるだけ見ないようにしてたんだけど、魚釣りが見たかったので、先週だけは見た。そしたら、コイズミのバカ息子以上に、マイク真木のバカ息子のほうがムカツイタので、途中でチャンネルを替えちゃった。

真木蔵人って、映画か何かでしか見たことなかったから、「大人っぽい落ち着いた人」ってイメージを持ってたんだけど、この番組を見たら、とにかく、発言から何からすべてがカッコつけてて、それがまた「ガキのカッコつけ」だから、とてもじゃないけど見てられなかった。いい年こいた大人が、「やっぱ、この大自然ってのが、ハートにグッと来るんだよね〜分かる?この感覚〜」とかって感じで、何をしゃべるのも巻き舌で、「中途半端な先輩が後輩の前でカッコつけて人生を語る」ってノリで、見てるほうが恥ずかしくなって来た。

ま、そんなことはどうでもいいんだけど、ちょっと前の日本テレビの「ガキの使い」でも、いつもながらの豪華なメンバーを集めて、河口湖での「ブラックバス釣り大会」をやってたし、2〜3日前の日本テレビの「ラジかる」では、ゲストの本上まなみが、自分の趣味の「フライ・フィッシング」の様子を紹介してた。魚釣りの専門の番組って、テレビ東京の「ザ・フィッシング」と「釣りロマンを求めて」の2本しかないけど、それ以外でも、こんなにたくさん、色んな番組の中で魚釣りの企画をやってるのだ。

ようするに、魚釣りって、興味の無い人にはぜんぜん興味の無い趣味だから、専門の番組としては成り立ちにくいけど、タレントに魚釣りをさせれば、それなりに面白い番組になるって感じの位置づけなんだろう。あたしは、ゴルフにはぜんぜん興味が無いから、ゴルフの番組はまったく見ないけど、「芸能人ゴルフ大会」みたいなのなら見る時もある。だから、魚釣りも同じで、専門番組の「ザ・フィッシング」や「釣りロマンを求めて」よりも、「ぐるナイ」の「芸能人釣り大会」や「ガキの使い」の「ブラックバス釣り大会」のほうが視聴率がいいんだと思う。

だけど、それは、「ゴルフに興味の無いあたしが見るゴルフ番組」と同じで、「魚釣りに興味の無い人が見る釣り番組」ってことで、釣り番組を見ることを趣味にしてるあたし的には、ヘタクソな芸能人がギャーギャー騒ぎながら釣りをしてるとこよりも、すごいベテランの釣り師が高等テクニックを駆使してバンバン釣り上げるとこを見てるほうが楽しい。特に、ブラックバス釣りに関しては、シロートとプロとの差が大きく.違うので、「ガキの使い」の「ブラックバス釣り大会」で、奥田民生とか糸井重里とかが、丸1日かけて、ちっちゃいミミズみたいなゴムのルアーで20cmくらいのブラックバスを1匹だけ釣るのと、専門番組に出て来るプロが、大きなルアーで50cm以上のブラックバスを何匹も釣るのとじゃあ、見てるほうの楽しさがぜんぜん違う。

‥‥そんなワケで、ここだけの話、あたしがまだアシスタントをやってたころだから、今から8年か9年くらい前のことだけど、ブラックバス釣りの撮影で霞ヶ浦に行ったことがある。その時は、ヘアメークのお手伝いじゃなくて、撮影助手のバイトだったんだけど、バスボートって言うロケットみたいな速さで走るボートに乗せられて、ボートから落ちそうになるは、波はかぶるはで、ホントに大変だった。「ガキの使い」の「ブラックバス釣り大会」で使ってるのもバスボートなんだけど、あれは動いてないから分からない。あれって、走り出すと競艇のボートみたいで、ものすごいスピードが出るのだ。

それで、その時のプロの人は、とにかく釣りが上手で‥‥って、プロなんだから当たり前なんだろうけど、次々に大物のブラックバスを釣り上げて行った。撮影は2ソウのボートを使って、プロが釣ってるボートのほうにもカメラが乗ってたんだけど、あたしはもう1ソウのほうのボートで、離れて撮影するカメラの助手をしてた。でも、あたしの乗ってるボートのほうも、プロの人が運転してて、釣り竿もたくさん積んでたので、その人もチョコチョコと釣りをしてた。それで、とにかくどんどん釣れるので、撮影は順調すぎるくらいに順調で、スタッフには余裕が出て来た。

で、文章だと説明しにくいんだけど、岸沿いにアシがたくさん生えてる場所があって、そこが岸のほうに食い込んでるみたいにえぐれた地形になってて‥‥って、何で説明すればいいのかな‥‥とにかく、そこまではまっすぐだった岸が、そこからグッとえぐれて、アシがたくさん生えてて、その奥が川の流れ込みになってる場所があった。そこには、何ソウかのボートがいて、みんな釣りをしてた。でも、ほとんどが2人乗りの手漕ぎボートで、バスボートはあたしたちだけだった。それで、そのエリアの端っこのほうで、撮影の続きを始めたんだけど、ちょっと離れてるとこにいた手漕ぎボートが、釣りをしながら、アシに沿って少しずつこっちに近づいて来た。それで、あと10mくらいのとこでルアーを投げてたんだけど、そのボートに乗ってるのは若いカップルだった。

で、何が「ここだけの話」なのかって言うと、そのカップルが、ナナナナナント! 奥田民生とパフィーの亜美ちゃんだったのだ! それで、あとから分かったんだけど、ブラックバス釣りの好きな奥田民生が、パフィーの2人を釣りの弟子にしたんだけど、由美ちゃんは「朝早いのがヤダ」ってことで、亜美ちゃんしか来なかったそうだ(笑)

だから、正確にはカップルじゃなくて、釣りの師匠と弟子だったんだけど、その師匠はと言えば、今は「ガキの使い」の「ブラックバス釣り大会」で、20cmくらいのチビブラックバスを相手に奮闘してるんだから、ちょっとカッコ悪い。まあ、奥田民生の場合は、この8年間、ずっとブラックバス釣りをやって来たワケじゃなくて、途中で飽きちゃって何年間も釣りをしてなかったって言ってたから、腕がなまっちゃったのかも知れないけど、一応は長いキャリアがあるんだから、浜ちゃんや松っちゃんの目の前で大物を釣り上げて欲しい。

‥‥そんなワケで、あたし的には、釣り番組も好きだしタレントも好きだから、「ガキの使い」や「ぐるナイ」の釣り大会みたいなバラエティー色を全面に出した企画じゃなくて、タレントの中でホントに釣りの上手な人たちを集めて、本気の釣り大会をやってくれたら、何よりも嬉しい。だけど、ゴルフと違って魚釣りの場合は、ジャンルがたくさんあって、ブラックバス釣りだけを専門にやってる人とか、アユ釣りだけを専門にやってる人とか、そんな感じの人が多い。だから、いくら魚釣りが趣味だとしても、ブラックバス釣りの専門の人にアユ釣りをやらせたら、初心者と同じことになっちゃう。

たとえば、魚釣りが好きな芸能人って言うと、すぐに梅宮辰夫とか松方弘樹とかを思い浮かべるけど、この人たちは、ハワイだのオーストラリアだのに行って、豪華なクルーザーでトローリングする「大名釣り」が好きなワケだから、普通の人たちが楽しむようなブラックバス釣りやアユ釣りは、たぶん経験が無くて、初心者と同じだと思う。結局、魚釣りなら何でもやる「釣りバカ日誌」のハマちゃんみたいな人は、現実には珍しいのだ。だから、タレントを集めて釣り大会をするとしたら、その人選だけじゃなくて、どんな釣り大会にするかってことが難しくなる。でも、とりあえずどんな釣り大会にするかは置いといて、まずは人選だ。

あたしが番組を企画するとしたら、絶対に外せないのが児島玲子ちゃんだ。どんな釣りでもプロ級の腕前で、芸能界で一番の釣り師と言えば、間違いなく児島玲子ちゃんだし、あたしは玲奈ちゃんの次くらいに玲子ちゃんが大好きだから、イの一番にキャスティングする。それから、釣りは上手じゃないけど、根性だけは負けないのが水野裕子ちゃん。まあ、この2人に関しては、釣り番組をやってるんだから、半分はプロみたいなもんだけど、他にも、TOKIOの長瀬智也も「鉄腕ダッシュ」の「つれたか丸」のシリーズを担当してる。長瀬は、もともと魚釣りが好きだから、外せないだろう‥‥と思いきや、玲奈ちゃんにヒドイコトをした男だから、コイツは使ってやらない。

あとは、テレビ番組で本格的な魚釣りの経験があるのは、女の子だと、吉岡美穂、森下千里、マルシア、山川恵里佳ってとこだけど、森下千里は幸の薄そうな顔が嫌いだし、マルシアと山川恵里佳はうるさくてたまんないから、この中で使えるのは吉岡美穂だけだ‥‥って言いたいとこだけど、吉岡美穂は所属事務所に問題がありすぎるから、現実的には全員NGだ。だけど、どうせ今は想像して遊んでるだけだから、ここは吉岡美穂と山川恵里佳を使おうと思う。山川恵里佳はうるさいけど、せっかくアンガールズの山根と付き合ってるから、細長い山根を釣り竿にして参加してもらう。

男性陣は、とにかく魚釣りが上手なのが、ソフィアの松岡充だな。あとは、あんまり上手じゃないけど、道具だけは本格的なのが大鶴義丹、意外と上手なのがロンブーの亮って感じだ。あっ!大鶴義丹を使うんなら、せっかくだからマルシアも使ったほうが面白くなりそうだ(笑)‥‥なんてことも言ってみつつ、あとは、何と言っても忘れちゃいけないのが、さかなクンだ。

‥‥そんなワケで、あたしが「芸能人釣り大会」を企画するとしたら、児島玲子ちゃん、水野裕子ちゃん、吉岡美穂、マルシア、山川恵里佳、松岡充、大鶴義丹、ロンブーの亮、さかなクン、そして、山川恵里佳の釣り竿としてアンガールズ山根って感じで第1回を開催したいと思う今日この頃なのだ。

★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.26

小嶋と犬山のヘッポコ漫才

golf
テレビ朝日の「報道ステーション」を皮切りに、まるで売れっ子タレント気取りで各局のワイドショーやニュース番組に出まくって、トンチンカンな大嘘をつき続けてるヒューザーの小嶋進だけど、ここまで真実が露呈しちゃってて、もう逃げ道なんか無いって言うのに、いったいどこまで恥をさらし続けるんだろう? 小嶋進と一緒にテレビに出て来るヒューザーマネジメントの代表取締役、ゴージャス松野‥‥じゃなくて、犬山正一は、すべての裏側を知ってたどころが、自分自身も姉歯に対する不正指示に関わってたクセに、デタラメな一覧表みたいなのを持って「謝罪」よりも「イイワケ」に終始してる。とにかく、小嶋進と犬山正一のオトボケコンビが繰り出す大嘘の波状攻撃はとどまることを知らず、ヘタなお笑い芸人を見てるよりも大笑いできる。

ワイドショーで、今回の事件が発覚した2日後に平然とゴルフに行ってたってことを追及された小嶋進は、最初は、「え〜ゴルフに行ったかどうかは覚えておりませんが、行ったと言う人がいるのであれば、行ったのかも知れません」って、たった4日前の自分のことなのに、こんな呆れ返るセリフをノタマッた。そして、当然のことながら、「たった4日前のことを覚えてないんですか?」って突っ込まれたら、今度は、「え〜それはですね〜そのゴルフ場に、たまたま建築業界の偉い人たちが集まってゴルフをしていると聞いたものですから、何とか住民の皆様を助けるためにと、金銭的に助けてもらえないかと相談に行ったのです」と来たもんだ。

TBSの「みのもんたの朝スバッ!」には、24日、25日と2日連続で出演して、またまた同じ大嘘をつき続けてた。それで、みのもんたに怒られて仕方なく、「住民の皆様には何とか全額弁済します」とか何とか、その場しのぎのクチ約束をさせられてたけど、番組がCMに切り替わったとたんに、とんでもないことを言い始めた。小嶋進は、テレビに映らないCM中に、声を荒げてこんなことを言ったのだ。

「阪神大震災の時には、あれだけたくさんのビルやマンションが倒れて、あの中にはデタラメな工事をして建てたものが数え切れないほどあったのに、何で今回は私ばっかり責めるんですか?どこでもやってることじゃないですか?」

そして、CMが明けたら、小嶋進はモトの神妙な顔にパッと戻って、「皆様、本当に申し訳ありませんでした」って抜かしてたけど、このCM中のセリフこそ、全国に放送すべきだったんじゃないの?‥‥なんて思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、小嶋進がこの接待ゴルフに行ったのが11月19日で、国土交通省が今回の問題を公表したのが11月17日なんだけど、またまた大変なことが判明した。実は、イーホームズが姉歯秀次の構造計算書の偽造に気づいたのは10月の半ばだった。そして、イーホームズは、10月27日付けで姉歯とヒューザーに連絡をとり、「この不正の事実を国土交通省に知らせる」ってことを両者に告げたのだ。その時、姉歯はすぐに事実を認めて謝罪したんだけど、ヒューザー側の対応はまったく正反対のものだった。イーホームズの藤田東吾社長の証言によると、ヒューザーの小嶋進は、「偽造の公表は差し控えろ」「今さら正義感ぶって発表して何の意味があるんだ」「すでにマンションは建ってるんだから黙ってるほうが得だろ」「公表してもうちは責任を取らないぞ」など、イーホームズの藤田社長に脅しをかけた。しかし、あまりにも危険な問題で、いつ大事故が起こってもおかしくない情況だったので、このまま黙っているワケには行かず、藤田社長は国土交通省に連絡をしたのだ。

ようするに、この問題がオオヤケになったのが11月17日で、小嶋進が「青天のヘキレキです!」って言ったのが翌日の18日だったけど、実際は、その3週間も前に小嶋進はすべてを知ってたワケだし、イーホームズに「公表はするな!」って脅しをかけてたワケだし、その間に6回もゴルフに行ってたってワケなのだ。だから、この3週間の間に大きな地震があって、マンションが倒壊して、たくさんの人たちが死んでたら、小嶋進は、そのままスットボケテタってワケだ。

姉歯秀次が「建築主(ヒューザー)の担当者から鉄筋の量を減らすようにと具体的な数字(減らす鉄筋の量)まで指示されたと、木村建設の東京支店長から言われた」って証言してるのに、断固として、「そんなことは絶対にありません!」って言い続けてる小嶋進。イーホームズの藤田社長が「不正を告発しようとしたらヒューザーの小嶋社長から脅された」って証言してるのに、「そんなことは絶対にありません!」って言い続けてる小嶋進。このイキオイで行くと、「ポストは赤いんです」って言っても、「1+1は2です」って言っても、「犬はワンワンって鳴くんです」って言っても、「そんなことは絶対にありません!」って言いそうな小嶋進。

ヒューザーの去年のリクルート情報を見ると、社員のコメントとして、「うちの会社は、とにかく社長が面白いんです!」って書いてるヤツがいたけど、ホントに面白い社長だ。自分が音頭をとって会社ぐるみでやり続けて来た詐欺事件がバレたって言うのに、平然とゴルフに行けるんだから、マンション以前に、人格が倒壊してるとしか思えない。こんな楽しい社長と一緒になって、強度不足を知りながら欠陥マンションを売り続けて来た社員は、当然、全員が同罪だし、社長イカ、社員タコ‥‥じゃなくて、社長以下、社員全員の資産を差し押さえて、すべてを被害者への弁済に充てるべきだろう。

‥‥そんなワケで、木村建設はバックレちゃったし、ヒューザーの破綻は時間の問題だし、行政が本当にこの事件をキチンと解決したいんなら、オトトイの日記にも書いたけど、ホントの黒幕である「株式会社総合経営研究所」の代表取締役所長、内河健(うちかわたけし)を1日も早く引っぱるしかない。だけど、内河健は、10月27日の夜には、木村盛好から「不正がバレました!」って連絡を受けてて、遅くても10月末までには、ヤバイ書類は運び出して、パソコンの中のPDF資料とかも削除しちゃってるだろうから、もう手遅れかも知れない。でも、木村建設の影の経営者なんだから、厳しく取り調べれば、数々の欠陥ホテルが乱立したホントのカラクリが解明されるハズだ。

無責任なマスコミは、「被害者救済が優先だ」とか「一生の買い物だったのに」とか、こう言うことが起こると、すぐにイイコぶった点数稼ぎの発言を始めるけど、そんな悠長なことをやってるから、いっつも一番悪いヤツには逃げられちゃうんだ。ここで、すべての黒幕の内河健が何のオトガメも無しだったら、この悪魔は、第二の木村建設、第二のヒューザー、第二の姉歯建築士を使って、また同じ犯罪を繰り返すことは間違い無いのだ。

‥‥そんなワケで、国土交通省が木村建設の東京支店のガサ入れをした時に、何で同じビルにある「株式会社総合経営研究所」もガサ入れしなかったんだろう?木村建設の実質的なオーナーが内河健だってことは、国土交通省の官僚たちが誰よりも良く知ってることなのに‥‥。つまりは、国土交通省の内部にも、自民党の族議員どもと同じように、木村建設や内河健とベッタリ癒着してるワイロ官僚が何人もいるってことだ。だから、国土交通省は、姉歯秀次って言う末端のチンピラの「建築士免許取り消し」なんて言うどうでもいいことを最優先して、ホントの黒幕に、証拠隠滅をする時間を与えてやってる今日この頃なのだ。

★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.25

ファンの皆さん、お待たせしました♪

cnt0009591_l
くだらないインチキマンション問題なんかに4日間も割いちゃったから、何よりも大切なMAXの話題があとまわしになっちゃって、全国2000万人のMAXファンの皆さん、すみま千円‥‥なんて懐かしいパターンでスタートした今日の日記は、当然、「きっこの日記」の本来の目的、MAX教の布教活動ってワケだ。

まずは、19日のタイでのライブを終えて、無事に帰って来た玲奈ちゃん、りっちゃん、ナナさん、アキちゃん、お帰りなさ〜い♪‥‥って、今までは「アキ」って呼び捨てだったけど、今回から「アキちゃん」て呼ぶことにしたのは、何となくそんな気分になったからだ。で、タイから帰って来た玲奈ちゃんは、あたしのお誕生日にメッセージを書いてくれた。


Date: 2005/11/22(Tue) 22:30
た!た!た!ただいまぁ〜(^O^)/プーケットは最高だったよ〜!!!
三日間しか居れなかったけど、思い切りEnjoyして来ちゃった〜(^_-)-☆
Free timeはりっちゃんとプールや海で泳いで飲んで日焼け三昧♪♪♪
夜は美味しいDinnerとタイ式マッサージで癒されて本当幸せ感じちゃったo(^-^o)(o^-^)o
そして×2、本番のLiveでは日本から来た観光の皆さんやFanの皆、そして現地の皆さんと盛り上がりMAXも大興奮しちゃった\^o^/
しかもな!な!な!何と!!!新曲初披露しちゃったのら(▽^*)ノ
暑い国での『あなたを想うほど』は日本の皆にも聞かせたかったなぁ〜!!!また違った雰囲気で不思議な感覚だったわ☆
言葉は通じなくても音楽を通してMAXを知ってもらい一緒に盛り上がれるって最高だよね(@>▽<@)ノ
これからも色々な場所でLIVEが出来る様に頑張らなくっちゃ♪♪♪
また来年も参加する気満々のレレコさんでしたヾ(=^▽^=)ノ
タイの皆さん、スタッフの皆さん、イベントに参加してくれた皆さん、本当に×2、コップンカァ〜(*^3^)/〜☆


‥‥で、どこからイジろうか迷っちゃうんだけど、まずは「Fanの皆」って部分、たった4曲のためにタイまで行ったファン、あんたらホントに素晴らしい!その貢献度はファンの鏡!ノーベルMAX賞を与えたい。それから、「ちゃった」の連発と「な!な!な!何と!!!」は、ナニゲにあたしの文章とオソロで感激だし、「感じちゃった」だとか「大興奮しちゃった」だとか書かれると、あたしも感じちゃうし大興奮しちゃうし、そんなことより、玲奈ちゃんにタイ式マッサージをしてみたい‥‥なんて言うと、タイ式キックボクサーに回し蹴りを食らっちゃいそうな今日この頃、皆さん、サ・バーイ・ディー・マイ?(笑)


‥‥そんなワケで、タイのプーケット島のパトンビーチで行なわれた「サワディー・プーケット・フェスタ」は、去年の12月のスマトラ沖地震で、津波の直撃を受けたプーケット島に対するチャリティーコンサートで、MAXをはじめ、10組すべての出演者がノーギャラで集まった。サスガ、MAX!なんて心のやさしい女神たちなんだろう。ただ、今回も、マスコミのデタラメさが炸裂しちゃって、「デイリースポーツ」と「報知新聞」とで書いてあることが違うのだ。


【デイリースポーツ】
リーダーのNana(29)は「沖縄にはみんなで助け合う『ゆいまーる』の精神がある。今後もお役に立ちたい。観光大使にもぜひ立候補したい」と意気込んでいた。

【報知新聞】
「沖縄には『ゆいまーる』という助け合いの精神があり、床下浸水してもみんなで乗り切ります」とAki(25)
Reina(27)は「観光大使に立候補します」と大役を直訴するほどだった。


デイリースポーツでは、ナナさんひとりが言ったことになってるけど、報知新聞では、アキちゃんと玲奈ちゃんが別々に言ったことになってる。あたし的には、いつもお世話になってるデイリーのほうを信じたいんだけど、双方の記事ぜんぶを読んだ上に、スポニチや日刊スポーツなど、別のスポーツ紙の記事もすべて読んだ上で中立的に判断すると、報知新聞の記事が一番信用できる。

MAXのメンバーの中で誰が発言したのかなんて、スポーツ紙の記者にとったらどうでもいいことなんだろう。だけど、ファンにとっては、ものすごく大きなことだ。特にあたしにとっては、タイの観光大使にナナさんが立候補したのか玲奈ちゃんが立候補したのかによって、タイに対する‥‥って、ダジャレになっちゃったけど、タイに対する態度が‥‥って、さらにダジャレになっちゃったけど、タイに対する態度が違って来る。

具体的に言えば、今までは、「タイ」って言うと、美川憲一がヒンパンに男を買いに行ってる国だとか、ニポンのロリコンの変質者どもが少女を買いに行ってる国だとか、タクシーの運ちゃんが覚醒剤を売ってる国だとか、そんなイメージしかなかったから、ニポンを「0」、北朝鮮を「−10」とすると、タイは「−3」くらいの感じだった。だけど、ナナさんが観光大使に立候補したんだったら、あたしは、タイに対しての見方を変えて、ニポンと同じ「0」ってことにする。そして、もしも玲奈ちゃんが観光大使に立候補したんだったら、「+10」ってことにする。

‥‥そんなワケで、とりあえずは、ひと足先にタイで披露したって言う新曲、30日にリリースされる「あなたを想うほど」のリリックスをどこよりも早くお届けしちゃいMAX♪


【あなたを想うほど】

二人でいれば どんな時も
この町も この空も 華やいで見えた
まるで私は ほら ホラャララ クリスマスツリー
一人の ホニャララ するけれど 素敵に灯らないで

あなたを想うほど 遠くへ消えそうになるよ
忘れられたならどんなに 楽になれるんだろう
気がつけばそっと粉雪 傘をすりぬけて
いつまでも積もる心で きりがないくらいに

解けない魔法 信じていた
あの瞳も あの声も 宝物だよ
一緒にいられたら 何もいらないと思った
そんな言い訳を用意した 弱さが悔しいだけ

あなたを想うほど 誰かを愛してみせるよ
恋してる気持ち忘れない どんなに苦しくても

LaLa 二人で聴いたメロディー 風のように流れたら
思い出は時に揺られて 輝いてる

あなたを想うほど 遠くへ消えそうになるよ
忘れられたならどんなに 楽になれるんだろう
気がつけばそっと粉雪 あなたのすべてと
いつまでも積もる心へ まっ白にきれいに


‥‥って感じなんだけど、「ホニャララ」って部分は、何て歌ってるんだか良く聞き取れなかったので、分かり次第、書き直すつもりだ。で、23日から「Gyao」で配信されてるPVは、あまりにも美しすぎる玲奈ちゃんのショットから始まった。なぜか玲奈ちゃんは、エマにはリーダーをつけてて、ロミオはリーダー無しで走りまわらせてたけど、あたしの予想としては、ホントは2匹ともリーダー無しで走りまわらせたかったんだろうけど、撮影の日に、カメラに驚いたエマが遠くのほうまで逃げちゃったから、仕方なくエマにだけリーダーをつけて撮影をした‥‥ってことだと思う。それから、犬って言えば、りっちゃんがパピーを食べようとしてたけど、りっちゃん、先進国の人間は、犬を食べるなんて野蛮なことはやめましょう(笑)

‥‥そんなワケで、パソコンだけなのでケータイの人には申し訳ないんだけど、こちらで「あなたを想うほど」のPVが観られるので、皆さん、どうぞ♪

 ★あなたを想うほど★


それで、気に入ったらCDを買ってくださいね‥‥なんてことも言ってみつつ、25日の金曜日、28日の月曜日、29日の火曜日の3日間は、フジテレビの「ごきげんよう」に4人揃って出るから、4人の日替わりファッションにも注目しつつ、玲奈ちゃんの美しさにウットリしたいと思う今日この頃なのだ♪

★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.24

本当の黒幕は?

utikawa
「私もスタジオに呼んでくださいよ〜!その時は『ホリエモン』になぞらえて、私はオジマですから、『オジャマモン』とでも呼んでください!あはははは〜!」

「あっと言う間の短期間で新しいマンションに建て替えて、さすがヒューザーは違う!ヒューザーの技術力は凄い!ってとこを世の中に見せつけてやりますよ!」


これほどの犯罪を会社ぐるみで犯しておきながら、何の臆面もなく、笑いながら記者たちにこう話していたヒューザーの小嶋進社長は、「木村建設」の不渡りを知ったとたんに、昨日の今日で、突然、弱気なセリフを言い出した。


「何とか公的な資金を私どもにお貸しいただきたいな、と‥‥」


ふざけんな!このバカ野郎!去年の新潟中越地震で自宅が崩壊した人たちは、ほとんどが仮設住宅で暮らしてる上に、何の補償も無いのにあと数ヶ月で仮設住宅を追い出されるんだぞ!その上、被害の度合いによっては、たった5万円の援助しか出なかった上に、仮設住宅にも入居できずに、今でも壊れたままの家で暮らしてる人たちだっているんだそ!それどころか、10年以上も前の阪神淡路大震災の被災者だって、未だに仮設住宅で暮らしてる人たちもたくさんいるんだぞ!私利私欲のために会社ぐるみで犯罪を犯して来たクズ会社なんかに、何で税金を使わなきゃなんないんだよ!お前らなんかに税金を使ったら、全国でホッタラカシにされてる地震や台風の被災者たちの立場はどうなるんだよ!

‥‥なんて感じで、最近、調子に乗り過ぎてるコイズミに釘を刺しておいてから本題に入るけど、オトトイの日記にも書いたように、姉歯秀次がペラペラとしゃべり始めたことによって、この事件が、ヒューザーによる計画的な詐欺事件であったことが露呈して来た今日この頃、皆さん、お宅のマンションは大丈夫ですか?


‥‥そんなワケで、このインチキマンションのネタを3日も続けたので、昨日は日常のネタに戻したんだけど、まだまだインチキマンションのネタが続くことになった。それは、ついに、ヒューザーの営業マンからの内部告発のメールが届いちゃったからだ。正確に言えば、建材を規定以下に落とした欠陥マンションを売り続けること、お客様を騙し続けることに耐えられなくなり、自責の念にかられて退職した人なので、「元営業マン」ってことになるけど、今回、問題になってるマンションのうちの数棟の販売にも関わってた人だから、メールの内容は具体的でビックル飲みまくりだった。だけど、バックの広域ホニャララ団や右に偏った政治団体が恐いからって理由で、そのメールには小嶋社長からの直接の指示の言葉などが具体的に書いてあるため、残念ながら、そのメールをそのまま掲載する許可はもらえなかった。でも、これだけは書いて欲しいって言われたことがあるんだけど、それは、「会社の人間は、社長から営業マンに至るまで、全員が欠陥マンションだと言うことを知った上で販売していた」ってことだ。

まず、マンションを建設する場合の建築費の「坪単価」ってものに対してチョコっと説明しとくと、木造のアパートが坪30万円〜40万円、通常のマンションが坪50万円以上、ちょっと高級なマンションだと坪60万円以上、ヒューザーのグランドステージシリーズのようなハイグレードになると、最低でも坪65万円以上は掛かるそうだ。これは、マトモな経営をしてる大手建設会社の建築士から聞いた建築費なので、メーカーによって多少の差はあっても、だいたいの平均価格はこんな感じだと思う。だけど、ヒューザーのマンションはって言うと、「坪40万円以下」で建てられている。つまり、マトモな建設会社だったら、木造アパートしか建てられない建築費なのだ。だから、何も知らされていない社員でも、建築業界での一般的な知識があれば、マトモなマンションじゃないってことは誰にでも分かるってことだ。

ヒューザー側は、今回の問題が発覚した当初は、「姉歯建築士とは面識すら無い」って言ってた。そして、しばらくしたら、姉歯秀次との面識は認めたものの、「手抜きをしろと指示したことは無い」って言い直した。だけど、姉歯秀次のほうは、最初から「建築主からの指示があった」ってことを匂わせるような発言をしてたし、あたしのとこに入った信頼できるスジからの情報だと、「ヒューザーと木村(建設)と姉歯はベッタリ癒着してますよ」ってことだったから、ヒューザーの大嘘がバレるのも時間の問題だと思ってた。

‥‥そんなワケで、もうヤケクソになっちゃって、何から何までペラペラとしゃべり始めた姉歯秀次は、国土交通省に対して、ついに核心に迫る証言を始めた。その要点だけをピックアップすると、次の5点になる。


「ヒューザーから建築費の坪単価を40万円以下におさえろと言われているから、その通りにしろと木村建設の担当者から言われた」

「それは無理だと言ったら、『鉄筋の量をできるだけ少なくしろ』と指示された」

「それは強度的に危険だと言ったら、『言うことを聞かないと別の事務所に代えるぞ』と脅された」

「建材費を浮かしたことによる利益は、数回に渡って木村建設の幹部にキックバックしていた」

「私には病気の家族がいるので、仕事を失ったら生活に困るので、悪いことだとは知りながら、木村建設やヒューザーの言いなりになっていた」


これが、まだオオヤケにはなってないと思うけど、姉歯秀次が国土交通省に対して証言した内容の要点だ。マンション業界では、「建築単価を坪40万円以下にしろ」って言うのは、ようするに「手抜きしろ」ってことで、具体的な指示を出さなかったにしろ、お客の目に見えない部分はメチャクチャなマンションだってことだそうだ。それが、「鉄筋の量をできるだけ少なくしろ」って具体的な指示まで出してる上に、相手の弱みにつけこんで、「言うことを聞かないと別の事務所に代えるぞ」とは、開いた口からエクトプラズムが出て来て幽体離脱しちゃった上に、毎晩「恐怖新聞」が届いちゃって、後ろを振り向くと百太郎の顔がアップでバーーーーーン!‥‥ってくらいの衝撃的事実だろう。

そして、あたしのとこに届いたヒューザーの元営業マンからの内部告発メールには、この「キックバック」に関するシステムについても詳しく書かれてた。木村建設の幹部たちは、広域ホニャララ団まで利用して、下請けの設計事務所から姉歯みたいな末端に至るまで、「儲けの一部をキックバックするのなら仕事を回してやる」って言う方式で、この悪質極まりないシステムを築いて行ったようだ。そして、当然のことながら、キックバックされた裏金の一部をヒューザーなどの建築主へと流していたそうだ。

その内部告発メールによると、ヒューザーの役員たちは、自分たちと癒着してる木村建設など建設会社の役員や広域ホニャララ団の偉い人、自民党の政治家や「国土交通省の役人!」たちと、週に3回も4回もゴルフに行き、ゴルフのあとには高級ホテルに泊まり、ゼイタクの限りを尽くしてたそうだ。そう言えば、今回の事件で、国土交通省がヤタラとヒューザーに甘く、姉歯秀次ひとりに責任を押しつけようとしてるのが不自然だと思ってたけど、テメエんとこの役人とベタベタに癒着してたんなら、それも当然の流れだろう。

‥‥そんなワケで、今回の問題は、どう考えてもヒューザーによる悪質極まりない「詐欺事件」なんだから、ホントに真実を追及する気持ちがあるんなら、国土交通省は姉歯秀次ばかりに事情を聞くんじゃなくて、ヒューザーの役員や営業マンをカタッパシから取り調べるべきだろう。何しろ、会社ぐるみでやってた犯罪なんだから‥‥なんてことも言いつつ、会社を捨ててトットとバックレようとしてる木村建設のほうはどうなのかって言うと、こっちはこっちでヒューザーも顔負けなくらいの悪徳会社だった。

ヒューザーの小嶋進社長は、自分の会社の詐欺商法をゴマカスために、「ヒューザーの100m2超マンション物語」って言う本を出してるけど、木村建設の木村盛好社長も、「木村イズム『現場力』で勝つ!」って言う呆れ返る本を出してる。ま、これは、鶴蒔靖夫(つるまきやすお)って人が書いてるんだけど、いったいいくらのギャラで書いたのか知らないけど、最初から最後まで木村盛好社長のことを持ち上げてて、木村建設がどれほど素晴らしいかってことをトクトクと解説してる。工事中に、鉄筋の少なさを指摘した現場監督のクビを切り、危険な建物を建て続けて来た犯罪者をここまで持ち上げてホメタタエてる本も珍しいので、小嶋進の本と木村盛好の本をセットで持ってたら、そのうちプレミアムがついて高く売れるかも知れない。

悪質極まりない犯罪者のぶんざいで、浮かれてテレビに出まくって非常識な発言を繰り返す小嶋進は、まるで杉村太蔵みたいだけど、トットと会社を閉めて雲隠れしちゃった木村盛好は、国会よりもトークショーを優先したクセに、何の謝罪もなく、目立たないようにしてホトボリがさめるのを待ってる藤野真紀子みたいだ。そんな無責任な男、木村盛好の後ろで糸を引いてたのが、建設業専門のコンサルタントで「株式会社総合経営研究所」の代表取締役所長、内河健(うちかわたけし)(73)だ。ハッキリ言って、このジイサンが、すべての欠陥建築の黒幕なのだ。

今から20年ほど前、木村盛好の交通事故が原因で木村建設が傾きかかった時に、この内河健が熊本での営業を一手に引き受けて、木村建設を救ったのだ。それ以来、木村盛好は内河健を「経営の教祖様」としてアガメタテマツルようになり、何から何まで内河健の言う通りに動いて来た。内河健は、駅に隣接したビジネスホテルをどこよりも安い建築費で建設するって言うプランを作り、木村建設を利用して、京王電鉄やJR西日本、東電などに売り込ませた。そして、建てられたのが、今回、倒壊の恐れが発覚した京王の「プレッソイン」であり、まだ発覚していないのが、鯖江第一ホテル、倉敷第一ホテル、島原第一ホテルなどの「第一ホテル」や、「エースインホテル」などのビジネスホテルなのだ。これらは、すべて、「建築費を格安に上げるために建材費を削る」って言う内河健のブランによって建てられたホテルなんだから、実際に手掛けたのは木村建設だけど、すべては「株式会社総合経営研究所」の内河健の手によるものってことだ。

ちなみに、今回、国土交通省の査察が入った木村建設の東京支社(新宿区南山伏町)の入っているビルは、この内河健がオーナーなのだ。この事実を見ただけでも、ベタベタの癒着ぶりが分かると思うけど、危険なホテルを建て続けて、うまい汁を吸いまくって来たクセに、その悪事がオオヤケになったとたん、罪はすべて子分の木村建設になすりつけて、自分だけは涼しい顔をしてる内河健てのは、とんでもないジイサンだ。さらには、このジイサンの建築経営上の自論てのが、「ローコスト・ハイクオリティー」だってんだから呆れ返る。鉄筋の数を規定よりも減らして、数え切れない人たちの命を危険にさらすようなホテルを全国に何十棟も作っておいて、何が「ハイクオリティー」だ。こんなジイサン、ただの守銭奴じゃん。

‥‥そんなワケで、他にもビックル飲みまくりの事実がたくさん分かったので、テレビや新聞が報道しないようなディープな部分まで、チョコチョコと小出しにして行こうと思うんだけど、正直、今回のインチキマンション事件て、書いててもあんまり楽しくないから、今後はあたしの気分次第って感じだと思う。まあ、被害者の人たちはホントに気の毒だと思うけど、結局は「安物買いの銭失い」ってことなんだから、絶対にこんな犯罪の処理なんかに税金を使わないで欲しいと思う。あたしの気持ちとしては、こんなことに税金を使うくらいなら、全国でホッタラカシにされてる地震や台風の被災者たちの住宅問題のほうが、遥かに先だろう‥‥なんて思う今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★インチキマンションのネタの続編を希望する人はクリックお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.23

和歌の心

aki
日本テレビの夕方の「ラジかる」は、毎週月曜日がMAXのナナさんのレギュラーの日なので、あたしは月曜日だけ録画してる。それで、昨日の放送ぶんを見てみたら、19日のタイのプーケットでのライブの様子をチョコっと話してて、日焼けした玲奈ちゃんとりっちゃんの写真が映って、ナナさんは「レイナとりっちゃんは日焼けしてるから現地の人に間違えられてました〜」って言ってた。それから、30日にリリースされる新曲「あなたを想うほど」のPVを1分くらい流してくれて、バドミントンのネットの部分がアミみたいになったラケットで遊んでる玲奈ちゃんが映ってアップになったんだけど、それがもうこの世のものとは思えないほどのビューティホー&ワンダホーで、MAXから届いたバースデーカードとともに、素晴らしいお誕生日プレゼントになった。ちなみに、MAXの新曲「あなたを想うほど」のPVは、明日23日から無料パソコンテレビ「Gyao」で観ることができるので、皆さんも、美しい4人の女神様の素晴らしい映像をご堪能ください‥‥って、ナニゲに折り込んでみたんだけど、今日はあたしのお誕生日ってことで、お祝いのメールをくださった皆さん、どうもありがとう♪

で、せっかくのお誕生日なので、あたしは朝から母さんと一緒に‥‥‥‥病院に行って来た(笑)‥‥って言うか、今日は、あたしも母さんも病院の日だったので、朝、車で母さんを迎えに行って、一緒に行って来た。それで、母さんは何も問題なかったんだけど、あたしのほうは予想通りに、「1週間のメニュー」を見たお医者様から色々と言われた。ま、あんな内容じゃ当然と言えば当然だけど、今はもうちょっとマシな食生活になってるので、そのうち、「朝・キャビア、昼・フォアグラ、夜・トリュフ」みたいな、ものすごい一覧表をお見せしようと思う。

それで、今日の病院は、思ったよりも早くお薬ももらえて、お昼過ぎには開放されたので、どこかでお昼ごはんを食べることにした。だけど、すごくお天気もいいし、母さんに紅葉を見せてあげたかったので、遠くに出かけることはできないけど、お弁当でも買ってどこか広い公園に行ってみることにした今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、お誕生日ってことで、ちょっとゼイタクをすることにした。世田谷通り沿いのリトル高級なお惣菜屋さんで、ウナギとか錦糸卵とかが入ってる1300円もするお弁当を2つ買って、「おーいお茶」の限定宇治茶も2本買って、駐車場が「有料!」の砧(きぬた)公園に向かった。お弁当やお茶はともかく、駐車場代だけはバカバカしいんだけど、このライオン‥‥じゃなくて、このキリン‥‥じゃなくて、このサイ、しかたない‥‥なんてギャグの寒さで冬の到来を感じてもらってるうちに、母さんを乗せた車は、元ジャイアンツの槙原の自宅の前を過ぎて、砧公園の駐車場に到着した。

砧公園は、東名高速の東京インターの近くにあって、世田谷美術館が併設してるとっても広い公園だ。あたしのマンションからは、歩いて行けない距離じゃないんだけど、ずっと上り坂なので、歩きでも自転車でもちょっと厳しい。だけど、車だと駐車場代が掛かるので、ひとりで行く時はいつも原チャリで行く。この公園は、東京で一番空気の汚いカンパチ(環状8号線)に沿ってるんだけど、とにかくすごく広いのと、木がたくさんあるので、奥のほうまで歩いてくと、静かだし、ナニゲに空気もキレイな気がする。公園の中央には芝生の広場があって、森のエリアにはバードウォッチングのエリアもある。

それで、母さんと一緒にのんびりと園内に入っていくと、木々は黄色や赤に色づいてて、すごくキレイだった。砧公園には、1000本ものケヤキがあるんだけど、黄色いものと赤いものと中間のものがあって、グラデーションが美しかった。他にも、イチョウの並木もあるし、ところどころにモミジもあるし、周りをグルッと囲む森もある。周りの森は常緑樹が多いんだけど、中には紅葉する木も混じってて、赤、黄、緑のコントラストがレゲエ気分にさせてくれる。

そう言えば、「銀杏」って書くと「イチョウ」とも「ギンナン」とも読むけど、「紅葉」も「コウヨウ」と「モミジ」って読み方があるから、書く時に気を使わなくちゃならない。たとえば、「紅葉山」って書けば、「コウヨウヤマ」じゃなくて「モミジヤマ」だってことは雰囲気で分かると思うけど、ただ「紅葉」って書いてあると、「コウヨウ」なんだか「モミジ」なんだか分からなくなる。だから、前後の文章とかで、どっちに読ませたいんだかをナニゲに伝えなくちゃならない。そんなこと以前に、「紅葉」は秋の季語だけど、今はもう立冬を過ぎて「冬」になっちゃってるから、正式には「冬紅葉」って言わなくちゃならない。で、これも、「紅葉山」と同じで、「フユコウヨウ」じゃなくて「フユモミジ」だってことは分かると思うけど、まあ、せっかくの紅葉なんだから、細かいことは抜きにして、「秋の紅葉」として楽しむことにした。

‥‥そんなワケで、普通のベンチじゃなくて、ちゃんとテーブルもついてる場所があるので、そこでお弁当を食べることにした。周りは背の高いイチョウに囲まれてて、やわらかい日差しがとっても気持ちいい。お弁当も美味しいし、母さんは喜んでくれたし、いっぱいおしゃべりもしたし、とっても楽しいお誕生日の午後になった。それで、世間話がいつの間にか和歌の話になった。それは、たまたまお弁当を食べてた場所が黄色いイチョウに囲まれてたので、母さんが、「何だか万葉の時代みたいだね〜」って言い出したからだ。

何でかって言うと、ニポンで「紅葉(こうよう)」を愛でるようになったのは中世ごろからで、それまではどっちかって言うと、「黄葉(おうよう)」のほうを愛でていたのだ。だから、「万葉集」には100首以上のモミジの歌があるんだけど、そのほとんどは「黄葉」を詠んだもので、「紅葉」を詠んだものはちょっとしかない。つまり、「黄葉」って書いて「もみじ」って読んでたのだ。それは、古代の人たちが「黄色」に秋のワビしさを感じたからで、ハデな紅葉の色は「秋っぽくない」って思われてたからなのだ。万葉集の「黄葉」の歌だと、たとえば、柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の歌でこんなのがある。


 「秋山に落つる黄葉しましくはな散り乱ひそ妹があたり見む」


これは、「秋山に、落つる黄葉(もみぢば)、しましくは、な散り乱ひそ、妹(いも)があたり見む」って読むんだけど、「しましく」ってのは「暫しく」って書いて、「しばらくの間」ってことだ。それから、「な散り乱ひそ」ってのは、「散り乱ひ」を「な」と「そ」でサンドイッチにしたもので、これは「散り乱れないでください」って意味になる。たとえば、「行き」を「な」と「そ」でサンドイッチにして「な行きそ」ってすれば、「行かないでください」ってことになるのだ。そして、「妹(いも)」ってのは、妹のことを指す場合もあるけど、もっと広い意味での「女性」を指す言葉で、この歌の場合は「奥さん」のことを指している。

だから、全体の意味としては、「秋の山に落ちるモミジよ、しばらくの間は散り乱れないでください。もう少し妻のいるほうを見ていたいから。」ってことで、これは、人麻呂が奥さんと離れて暮らしてる時に、奥さんのいる方向を見て詠んだ歌なのだ。これが、真っ赤なモミジだったら、会えない奥さんを遠くから思う人麻呂の気持ちとはイメージがズレて来る。やっぱり、はらはらと散り続ける黄色いモミジだからこそ、人麻呂の思いと景とがオーバーラップするんだと思う。

‥‥そんなワケで、母さんは黄色いイチョウを見て、万葉の人たちの心を感じたみたいで、2人で順番に好きな和歌を言いっこしたりして、楽しい時間は続いて行った。それで、2004年10月31日の日記、「母さんのかるた」にも書いたように、母さんは「小倉百人一首」が大好きなので、いつしか百人一首を一首ずつ順番に言ってって、言えなくなったほうの負けって言う遊びに発展しちゃった。もちろん、すべてを完全に暗記してる母さんに勝てるワケはないけど、あたしも半分くらいは覚えてるし、残りの半分も、出だしだけ言ってもらえれば思い出すから、あたしはヒントをもらいつつ、なんとかついて行った。そんな中で、母さんが、「じゃあ私はモミジの歌を行くね」って言って、次の歌を言った。


 「小倉山峰のもみぢ葉心あらば今一度(ひとたび)のみゆき待たなむ」


これは、藤原忠平の歌だけど、亡くなったあとに「貞信公(ていしんこう)」って言う名前をもらってるから、歌には貞信公って書かれてる。ちなみに、「みゆき」ってのは「行幸」って書いて、「天皇がお出かけする」って意味だ。だから歌としては、「小倉山の峰のモミジよ、もしもあなたに心があるのなら、今は散らずに、もう一度天皇が出かけて来るまで待っていてください。」って意味になる。

それから、この歌が「小倉山」の歌だから、ついでに書いておくと、「百人一首」ってのは1種類だけじゃなくて、もともとは何百種類もあったのだ。それで、その中のひとつが「小倉百人一首」ってワケで、選者だった藤原定家が晩年を過ごした別荘があったのが京都の小倉山なので、その地名をとって「小倉百人一首」って呼んで、他の百人一首と区別したってワケだ。間違っても、「こりん星」で作られた百人一首ってワケじゃないので、お間違いなく(笑)‥‥なんてプチ情報も折り込みつつ、あたしは、紀貫之(きのつらゆき)の歌で、母さんに対抗した。


 「人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける」


これは、「人の心は時間とともに変わるものだけど、故郷の梅の花の香りだけは、いつまでも変わらないですよ。」って歌だ。そう言えば、百人一首からはダッフンしちゃうけど、紀貫之にも面白い「小倉山」の歌がある。


 「小倉山峰たち鳴らしなく鹿のへにけむ秋を知るひとぞなき」


これは、「古今集」に収められてる歌だけど、この歌のどこが面白いのかって言うと、この歌を「5・7・5・7・7」に区切って、それぞれの最初の文字を並べると、ある言葉が現われるのだ。「をぐらやま/みねたちならし/なくしかの/へにけむあきを/しるひとぞなき」、それぞれの最初の文字を並べると、「をみなへし」ってなる。今の仮名づかいで書くと「おみなえし」、つまり「女郎花」のことだ。こんなふうに、歌の中に別の言葉を詠み込むことを「折句(おりく)」って言って、オシャレな昔の人たちは、こんなに楽しい遊びをしてたのだ。平安時代の福山雅治、在原業平(ありはらのなりひら)にも、有名な折句があって、こっちは「かきつばた」が詠み込まれてる。


 「唐衣(からころも)きつつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ」


これらの歌の場合は、「をぐらやま」の「を」、「みねたちならし」の「み」って感じで、それぞれのパーツの頭の文字を並べて読むので、折句の中でも「冠(かむり)」って呼ばれる形だ。逆に、それぞれのパーツの最後の文字を並べて、後ろから前へ読むものを「沓(くつ)」って呼ぶ。これは「靴」のことだ。そして、すごいハイレベルな折句になると、「沓冠(くつかむり)」って言って、それぞれのパーツの最初の文字も最後の文字も意味を持ってるようなのもあるのだ。有名な歌では、こんなのがある。

 
 「夜も涼し寝覚めの仮庵(かりほ)手枕(たまくら)も真袖(まそで)も秋に隔てなき風」

 「夜は憂しねたく我が背子果ては来ずなほざりにだにしばしとひませ」


これは、「徒然草」の作者としてもオナジミの吉田兼好が、親友だった頓阿(とんあ)法師に送った歌と、頓阿法師からの返歌なんだけど、ものすごい折句が隠されてるのだ。何も考えずにこの歌だけを読むと、普通の男女の恋の歌みたいなんだけど、これを分解してみると、次のようになる。


 「よもすずし/ねざめのかりほ/たまくらも/まそでもあきに/へだてなきかぜ」


それぞれのパーツの「冠」を並べると、「よねたまへ」ってなる。これは、「米給え」ってことで、つまり、「食べ物に困ってるからお米を分けてくれ」って意味なのだ。そして、それだけじゃなくて、それぞれのパーツの「沓」を並べると、「しほもにぜ」ってなる。そして、「沓」は逆から読むから、「ぜにもほし」、つまり、「銭も欲し」って意味なのだ。ようするに、「すごく困ってるから、お米とお金を貸してくれ!」ってことなのだ。そして、この歌に対する頓阿法師からの返歌は、こうなってる。


 「よるはうし/ねたくわがせこ/はてはこず/なほざりにだに/しばしとひませ」


この歌の「冠」は「よねはなし」、つまり、「米は無し」、そして「沓」は、「せにずこし」、つまり、「銭少し」ってことだ。ようするに、頓阿法師もそんなに裕福じゃなくて、お米も無いし、お金もあんまり持ってないけど、少しくらいのお金だったら貸すことができるよって返事なのだ。

食べるものにも困ってるギリギリの情況だってのに、現代人みたいに、「おい!金貸してくれよ!」「わりい、オレもあんまり持ってないんだよ」‥‥なんて言う、アジもソッケも無いやり取りじゃなくて、オシャレな恋の歌に乗せて、こんなに粋なやり取りをしてたなんて、ホントにうらやましくなる。前にも書いたけど、文明が発達して、ニポンは便利な国になったのかも知れないけど、こう言った素晴らしいニポン古来からの文化は、どんどん失われて行って、マトモなニポン語を話せる人も少なくなって来たのは、すごく悲しいことだ。

‥‥そんなワケで、今日は久しぶりに母さんと和歌で遊んで、とっても楽しかったし、とっても豊かな気持ちになれた。その上、折句の話をしてたら、突然、母さんがメモ帳を取り出して、しばらく考えてから何か書き始めて、そのページをちぎって、あたしに渡してくれた。そこには、こんな歌が書いてあった。


 「お弁当目でも楽しむ田園の時を止めたる美しき木々」


母さんは短歌が上手なのに、何だか変な歌だな?‥‥って思ったら、「お・め・で・と・う」って言う折句だった! あたしは嬉しくなって、しばらく考えてから、こんな折句を母さんに返した今日この頃なのだ。


 「青空へ両手ひろげる画家ひとり遠きあの日を写したる画布」


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.22

民営化の落とし穴

gs2
同じネタが3日も続くとサスガに飽きて来ると思うけど、今回のインチキマンション問題に関連して、どうしても補足として書いておきたいことがあるので、あと1日だけ付き合ってちゃぶだい‥‥なんて書き出しなので、このネタに興味の無かった人はここで帰っちゃいそうだけど、ワリと大切なことなので、興味の無い人も、できれば読んで欲しい。で、まずは、あたしのとこに届いたたくさんのメールの中から、1通を紹介する。


「初めましてきっこさん。私は都内の意匠設計事務所に勤める一級建築士です。ここ3〜4年前から新築物件のレベルの低さを心配していました。今回の事件が明るみに出るのは時間の問題でした。諸悪の根源は建築確認の民営化です。以前は役所がしっかりとチェックしていましたが、民間会社の参入がOKされてからは、ハッキリいいますとインチキです。都内では、ERI、TBC、イーホームズ、ビューローベリタスがメインで営業してます。問題は、これらの検査機関会社に出資しているのが、住宅メーカーや建設会社だと言うことなのです。ERIに出資しているのはミサワ、大和、積水などの大手住宅メーカー、TBCに出資しているのは清水建設などのゼネコンと、ほとんど建設業界が出資して設立されたので(ビューロはフランスの会社ですけど)親会社の確認申請にはメチャクチャ甘いです。もともとは業界が族議員を動かして規制緩和させたので…。役所がやってたときは、通常の一般的なマンションで一月半かかったものが、今では民間を使うと2週間です。程度の差こそあれどこもチェックは激烈に甘いです。幸いうちの事務所は独立した設計事務所っていうのと、所長がいい加減なことを嫌うので、民間に変わった時に利用してみて、あまりのいい加減さに呆れてしまい、いまだに役所を使ってます。ERIで、一度問題になったのですが、特急料金なるものもありまして、プラスいくらかの金額を払うと一週間で確認が降りちゃったりしますから。最近は、建設コストが下がりまくっているので建物を建てる時は施工者と”設計、管理”を関係ない業者に頼まないとエライ目にあいますのでご注意を…」


ようするに、この事務所の所長さんのようなマジメな人にとっては、時間が掛かってもキチンと書類をチェキしてくれる役所のほうがいいってワケだ。それは、決して間違いがあっちゃならない「人命に関わる構造計算書」だからであって、計算書の作成者がウッカリと見落としてた小さなミスを見つけてこそ、検査機関としての存在意義があると思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたし的には、「ERI」って言われると「エリちゃん」て言う女の子の名前だと思っちゃうし、「TBC」って言われると間違いなくエステのことだと思っちゃうけど、建築業界の人たちにとっては、オナジミの「民間検査機関会社」なんだろう。それで、チョコっと調べてみたら、「ERI」って言うのは「日本ERI株式会社」のことで、このメールに書いてあるように、ミサワ、大和、積水などの大手住宅メーカーが出資して設立されていた。そして、「TBC」って言うのは「株式会社東京建築検査機構」のことで、「トウキョウビルテックセンター」とも呼ばれてるので、その頭文字で「TBC」ってワケだ。こっちの会社は、清水建設が最大出資をしてる他は、建築とは関係の無い投資会社や金融会社などが純粋な投資を目的として出資してるので、ハッキリと言っちゃえば、清水建設のオカカエの検査機関会社ってことだろう。

つまり、本来は「公正中立な第三者機関」じゃなきゃならない検査機関のハズなのに、住宅メーカーや建設会社の子会社みたいな位置づけなのだ。当然、ミサワや大和や積水は、自分のオカカエの「ERI」に構造計算書を持ってくワケで、清水建設が施工する建物に関しては、すべて「TBC」に構造計算書を持ってくワケで、そうすれば、通常でも役所に比べてメチャクチャに甘い検査が、さらに大アマの特別大出血サービスになるってワケだ。そして、プラスアルファの料金を払えば、もっと特別扱いしてくれるって言うんだから、住宅メーカーや建設会社にしてみれば言うことなしだろう。

「民間ができることは民間に」ってのは、低脳コイズミの口癖だけど、この公正中立な第三者機関じゃなきゃならないハズの建築検査機関を民営化したのは、ヤミ献金の帝王、橋本龍太郎だ。橋本龍太郎が総理大臣だった1996年から、当時の建設省住宅局長だった「ワイロ大好き官僚」の小川忠男が、まるでコイズミの郵政民営化と同じくらい、しつこく、しつこく、しつこく、しつこく、この「建築検査機関を民営化」を推し進めて、2年後の1998年の6月12日に、とうとう可決させたのだ。

1995年の阪神淡路大震災によって、多くのビルや住宅が倒壊したために、政府は、「建築物の安全性の一層の確保と合理的利用の推進」って言う観点から、早急に建築基準法を見直さなきゃいけないってことを決めた。そしたら、大手の住宅メーカーや建設会社は、このチャンスに、今まで時間も掛かってた上に厳しかった役所の建築検査機関を何とか民営化してもらおうと、当時の建設省住宅局長 だった小川忠男に陳情したのだ。「陳情」って言えば聞こえはいいけど、ようするに、全国小売酒販政治連盟の事務局長だった玉置浩二‥‥に似てる関秀雄(白髪のボサボサ頭のオッサン)が、自民党や民主党の政治家245人に対して、5年間で2億円以上ものヤミ献金を渡してた事件と同じことだ。これだって、ドンキホーテとかの量販店などでお酒を安売りされると自分たちが困るから、腐りきった政治家や官僚どもにワイロを渡して、自分たちに都合のいい法律を作ってもらおうってコンタンだったワケで、このシステムを「陳情」って呼ぶのだ。

本当に、阪神淡路大震災のような災害に備えるために建築基準法を見直すのであれば、今までの基準をもっと厳しくするのがスジだろう。だけど、この人間のクズ、小川忠男は、大手の住宅メーカーや建設会社から、莫大な現金のワイロの他にも、ゴルフクラブのセットをプレゼントしてもらったり、料亭に連れてってもらったり、高級スーツを仕立ててもらったり、ホテルに高級コールガールを呼んでもらったりと、ありとあらゆるプレゼントや接待を受けていた。だから、検査基準を厳しくするどころか、自分の立場を利用して、建築検査機関を民営化するなんて言う、まったく逆の提案をムリヤリに推し進めたのだ。

‥‥そんなワケで、ここで百歩譲って、「建築検査機関の民営化」に賛成してみるとする。でも、それなら、公正中立な第三者機関にするために、住宅メーカーや建設会社とは完全に切り離した会社にするってことが最低限の決まりだと思う。だから、「住宅メーカーや建設会社などは民間の建築検査機関には出資できない」って規則を設けた上で民営化すべきだったのだ。だけど、それじゃあ、小川忠男に莫大なワイロを送り続けて来た住宅メーカーや建設会社には何のメリットも無いワケだし、小川忠男もそれじゃあ困っちゃう。だから小川忠男は、「どこが出資してもいい」って言う大きな穴が開いたままの欠陥提案をゴリ押ししたワケなのだ。

ちなみに、小川忠男は東大法学部卒で、東大関係者に太いパイプを持っている。それを利用して、1998年6月2日の参院国土環境委員会に、建築構造学や地震工学の専門家である東大教授の神田順を参考人として呼び、自分の法案に対する有利な発言をさせたのだ。バカな大臣どもは、東大の教授が専門用語を並べて話せば、意味も分からずにそれだけで納得しちゃうから、どんな法案にも賛成しちゃうってワケだ。そして、この小川忠男のコソクな作戦が功を奏して、住宅メーカーや建設会社が出資して、自分たち専用の建築検査機関会社を作ることができるようになったのだ。これで、小川忠男はワイロぶんの仕事をしたワケだし、住宅メーカーや建設会社はワイロを送り続けた甲斐バンドがあったってワケだ。

このアホシステムは未だ健在で、コイズミが力説して推進した道路公団の民営化にしたって、あらゆるポストが天下りだらけで、何ひとつ変わってない。それどころか、ニポン中に大迷惑をかけてまで押し通した郵政民営化にしたって、日本郵政の初代の取締役兼経営委員には、「郵政事業庁長官→郵政公社副総裁→日本郵政取締役」って言う団宏明と、「金融庁長官→郵政民営化準備室副室長→日本郵政取締役」って言う高木祥吉の2人が台本通りに天下りした。これじゃあ、何のための民営化なのか分かりゃしない。

‥‥そんなワケで、ここでちょっとダッフンして、今回のインチキマンション事件の最大の原因を作ったA級戦犯、小川忠男について、ザクザクと掘り下げてみる。まず、このトンデモナイおっさんのどうでもいい経歴を簡単に書いておくと、東大法学部を卒業して1967年に建設省に入り、住宅局長、総務審議官などを経て、99年に官房長へと上りつめた。そして、2001年にコイズミが総理大臣になってからは、コイズミ自身が本部長になって推進した利権ベタベタの「都市再生計画」で、この小川忠男を都市再生本部事務局長に任命した。

これは、有名な話だからチョー簡単に触れとくけど、大手町の合同庁舎跡地、つまり国有地を「都市再生機構」に売却して、そこに日本経団連や大企業を移転させるって言う「政・官・財の癒着の極み」の国民をバカにしまくったデタラメ計画だ。不必要な国有地を民間に払い下げて、少しでも国の赤字をホテンしようと思うのなら、競売にかけて少しでも高く売るのがスジってもんだろう。だけど、このコイズミのアホ計画だと、日本経団連や大企業が大儲けできる仕組みになってて、こんなもんを国家プロジェクトとして、税金を使って推進するなんて、どこまで国民をバカにすれば気が済むんだろう?‥‥なんて怒るのは、実は、まだ早い。

何よりも呆れ果てるのは、それまでコイズミの下で、都市再生本部事務局長って言う肩書きで、事実上、この計画を直接進めてた小川忠男が、去年の7月1日付けで退職して、7月15日付けで、ナナナナナント!「都市再生機構」に副理事長として天下りしたのだ! ようするに、それまでは国有地を売る側のトップだった男が、一瞬のうちに買う側の副理事長になっちゃったのだ。色んな天下りがあるけど、これほど見え見えの天下りも珍しい。そして、この天下りは、当然、直属の上司だったコイズミの命令によるものだけど、売るほうのトップだった人間が買うほうの副理事長になれば、どんなデタラメな金額を提示したってノーチェックで通っちゃうし、コイズミのアホ計画はサクサクと進むだろう。

そして、この、総理大臣が音頭をとって政・官・財の癒着を推し進めるって言うシャレにもならない問題について、2004年11月25日の財政金融委員会において、当然、野党からの質疑が行なわれたんだけど、そこに参考人として呼び出されたのが、すでに都市再生機構の副理事長に就任してた小川忠男なのだ。当時の議事録を見ると、今まで「都市再生本部の事務局長」だった男が、何で今は「都市再生機構の副理事長」として参考人になっているのかと、皮肉いっぱいに質問された小川忠男は、次のように答えている。


「なかなかお答えしにくい質問でございますが、私も役人をやっておりましたので、その後の、何といいますか、仕事として都市再生機構へ行けというふうな任命を受けたので、ここにいるというのが事実でございます。」


都市再生本部のナンバー2の座だった事務局長、小川忠男に、人事的な指示を出せるのは、ナンバー1の座にいた本部長のコイズミしかいないワケで、このセリフを見ても分かるように、自民党内からも反対の声が上がってた政・官・財の癒着したアホ計画をムリヤリに押し通すために、コイズミは、自分の子分を都市再生機構へ天下りさせたってワケだ。そして、野党からは続いて次の質問が出た。


「小川さんは、これ(大手町の計画)を国家プロジェクトに指定したときの都市再生本部の事務局長ですから、一番そのとき実務を仕切って来ましたね。そしてポイントとなる都市再生機構をこれに咬ませたわけですよね。だれが指示したか、はっきり分かりません、今の段階では。その都市再生機構にあなたがその後、天下りをしたのは、おかしな構図だと、腑に落ちないなと私は思います。すべて仕切ってきたあなたが、仕切るポイントになっている都市再生機構に天下りをしたと。これ、ご自分でおかしいと思いませんでしたか?天下りを指示された時に、こんなところに行っていいのかと思いませんでしたか?」


そして、この質問に対する答えも、最初の答えと同じで、思いっきりコイズミに気を使ったものだった。


「与えられた職務を忠実に遂行する、これが私の役回りだと思っております。」


‥‥そんなワケで、このまま書き続けてると、このコイズミのコシギンチャク、小川忠男の話だけで終わっちゃうので、ここでいったんコマーシャル‥‥じゃなくて、いったんインチキマンションの話に戻すけど、今回、倒壊の恐れがあるって指摘された21棟のうち、工事中の7棟はともかく、早急な対応が必要なのは、すでに人が住んでる14棟だ。そして、その14棟のうち、ホテルである「プレッソイン茅場町」は営業を中止してるけど、残りの13棟はぜんぶマンションで、今も人が住んでいる。

だけど、「芝浦2丁目マンション」「芝大門2丁目マンション」「西早稲田3丁目マンション」「初台2丁目マンション」の4棟を扱ってるシノケンと、「湊町中央ビル」「船橋市本町3丁目ビル」の2棟を扱ってるサン中央ホームは、とりあえずはキチンとした意思表示をした。それは、「分譲マンションに関しては、すべての契約を白紙撤回し全額を返済する。賃貸マンションに関しては、他のマンションに引っ越すための費用を全額負担する。」ってことで、これは、「責任の所在を追及することよりも、まずは住人に対する明確な意思表示が必要」だって考えたからだそうだ。

だけど、「グランドステージ稲城」「グランドステージ八丁堀」「グランドステージ東向島」「グランドステージ住吉」「グランドステージ川崎大師」「グランドステージ弁天橋」「グランドステージ藤沢」の7棟が危険と診断されたヒューザーの対応は、誠意のカケラも感じられないもので、未だに何の説明も受けていない住人も数多くいるそうだ。そして、今日、21日のテレビ朝日の電話インタビューに対して、ヒューザーの担当者は、こう言っていた。


「そりゃあ何らかの補償はしなきゃならないでしょうけど、現実問題として、これだけの数を補償することは無理ですし、ハッキリ言えば、うちも被害者なんですから」


そして、この担当者は、補償問題や当座の対応のことなどは二の次で、「うちは姉歯建築士を使うように指示したこともないし面識も無いんですよ」と、すべては姉歯秀次が勝手にやったことだと、そればかりを繰り返していた。だけど、姉歯秀次のほうは、国土交通省に対して、ヒューザーや木村建設との癒着を匂わせるような証言まで始めたようで、両者の言いぶんは大きくズレている。

‥‥そんなワケで、ヒューザーのグランドステージシリーズのパンフレットには、「通常とは違うハイグレードな工法で設計されているので一般的なマンションよりも耐震性が高い」ってことが謳ってあって、スパイラルフープ筋だのナントカ工法だのってのが、わざわざ比較イラストで説明してある。だけど、国土交通省の調べでは、指摘されたマンションは、その工法では建てられてなかったそうだ。これって、絶対におかしいと思うんだけど‥‥。だって、建設会社は図面の通りに建てるんだろうから、欠陥マンションの数々はパンフレットに書かれてる工法とは違う図面によって建てられてたってワケで、そしたら、ヒューザーは、図面も見ずに建設会社に一任してたってワケなの? そうだとしたら、あまりにも不自然だし、ホントだったとしたら無責任すぎない?

「強度を無視して、鉄筋の数を減らしたり、ハリを細くしたりする姉歯建築士の方法だと、見積もりが安くなる他に、もう一点、販売者側にとってのメリットがあります。それは、壁や天井、床などを薄くできるため、同じ面積でも、広くて天井の高い部屋が作れるのです。」


これは、同じ番組に、建築の専門家として呼ばれてた1級建築士のおじさんのコメントだけど、そう言えば、ヒューザーの「売り」って、広くて天井の高いマンションをどこよりも低価格でってことだったよね‥‥なんてこともボソッと言ってみたりしつつ、ヒューザーの小嶋進社長と専務は、20日、「グランドステージ川崎大師」に行って、住人に対して謝罪をして、「マンションの建て直し」と「引越し費用」を約束したそうだ。だけど、住人のほうからは、「マンションを建て直す資金があるのかどうか明確な資料を提出して欲しい」との申し出があったそうだ。そして、「マンションを建て直しても、こんなケチのついた場所には住みたくない」って言ってる人たちもいて、話し合いはまとまっていない。まとまったとしても、これはたった1棟の話であって、他にも危険なグランドステージは何棟もある。それに、問題の無いグランドステージに住んでる人たちだって、今回の事件で、「グランドステージ」って名前だけで敬遠されるようになっちゃったから、資産価値としては大幅に下がったことだろう。

‥‥って言うか、住人のとこに謝罪に行って、マンションの建て直しを約束した次の日に、テレビのインタビューに対して、「そりゃあ何らかの補償はしなきゃならないでしょうけど、現実問題として、これだけの数を補償することは無理ですし」って言うのは、どうなんだろう? さらには、「うちも被害者なんですから」ってのは、阿藤快じゃなくても「なんだかなぁ〜?」って感じだ。まあ、ヒラキ直った姉歯秀次が、色んなことをペラペラとしゃべり始めたって話だから、真実が分かるのは時間の問題だけど、これほどの情況証拠が揃っていながら、トボケ続けるヒューザーって、いったい‥‥。

まあ、今回みたいに悪質はケースはマレだろうけど、ホントに何の意図もなくて、単なる計算間違いで、鉄筋の数を半分にした構造計算書を提出しちゃってたとしても、民間の甘い検査機関なら、そのままノーチェックで素通りしちゃうだろう。そして、特別料金を払えば、ほとんど中身も見ずに、たった1週間で合格できるんだから、もはや検査機関とは言えないだろう。建築検査機関が民営化されてから、姉歯秀次が構造計算書を作成したマンションは、22都道府県で194棟もあるだそうだけど、イーホームズに限らず、こんなにテキトーな検査が行なわれて来たんじゃ、危険なマンションやホテルは他にも何千棟もありそうな気がする。そう考えると、建築検査機関が民営化される前までに建てられたマンションじゃなきゃ、恐くて住めないだろう。

‥‥そんなワケで、低脳コイズミが連発してる「民営化」なんて、所詮はこんなもので、結局は自分と癒着してる官僚どもの天下り先を作ってるだけなのだ。そして、そう言ったことのツケとして、今回の欠陥マンションみたいに、何年もしてから致命的な弊害が出て来るのだ。建築検査機関の民営化が原因で、こんな大問題が起こった今、この民営化を推し進めてた中心人物の小川忠男は、もう何の責任も無い立場になってる。そして、郵政民営化によってニポンの経済が破綻した時には、ひとりで民営化のデタラメ法案を推し進めたコイズミは、もう何の責任も無い立場になってるだろうと思う今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★ナンでもカンでも民営化すりゃいいってもんじゃないと思った人は、クリックにご協力お願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.20

建築界のゴールデントライアングル

aneha
千葉県市川市の姉歯(あねは)建築設計事務所の1級建築士、姉歯秀次(48)が、建物の耐震強度のデータを偽装して、たった震度5程度でも倒壊しちゃう恐れのあるマンションやホテルの「構造計算書」を作ってた問題って、シャレになんないよね。こいつ、少しも悪びれる様子も無く、テレビのニュースとかに平然と出て来て、インタビューとかに答えてたけど、「やしきたかじん」みたいな顔してるクセに、まるで他人事みたいに発言してた‥‥って言うか、こいつの髪の毛、すごく不自然なんだけど、ヅラ?(笑)

国交省は、こいつの1級建築士の資格を取り消す方針を固めたらしいけど、そんなレベルの問題じゃなくて、もしも大きな地震があったら数え切れないほどの人が死んでたかも知れないんだから、これって殺人未遂でしょ? まあ、これから告発されて刑事事件になったら、確実に実刑は免れられないと思うけど、こんなおっさんが刑務所に行ったところで、何千万円も払ってマンションを買った人たちは浮かばれない。

だけど、ホントにこのおっさんだけが悪いんだろうか? このおっさんが言うには、構造計算書の偽造を始めたのは、「イーホームズに確認検査をしてもらうようになった2003年ごろからです。イーホームズは検算すれば簡単に見抜ける偽造も見逃していたので、チェックが甘いと思いました。イーホームズ以外の会社はチェックが厳しいので数字は変えていないです。」とのことだった。で、この「イーホームズ」ってのは何かって言うと、たくさんある民間の「指定確認検査機関会社」のひとつで、ようするに、このおっさんは、他の検査機関会社はキチンと書類をチェキするからインチキはできないけど、イーホームズって会社だけは大ザッパなチェキしかしないので、インチキをやり放題だってワケだ。

だいたい、何でこんな「指定確認検査機関」なんてものが存在するのかって言えば、デタラメな構造計算書でホイホイとマンションやホテルを建てられたら困るからであって、すべての建築士が100%キチンとした書類を作ってるんなら、こんな検査機関なんか必要無いワケだ。だけど、中には意図的じゃなくても、何らかのミスで間違った計算書が出来上がっちゃう場合もあるのかも知れないし、今回みたいに意図的に数字を書き替えるヤツもいるかも知れないから、それを阻止するために、こう言った検査機関があるんだろう‥‥なんて思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、この流れを見てみると、一番悪いのは、もちろん「姉歯秀次」だけど、キチンとチェキしてなかった「イーホームズ」にも大きな責任があることが分かる。たとえば、これが車の車検だったら、ちゃんとディーラーに車を出して、バカみたいに高い料金を払って車検を頼んだのに、キチンとした整備をせずに車検場へ持ち込んだって形になる。そして、本来なら車検場の検査で整備不良箇所が発見されなきゃおかしいのに、チェキが甘くて車検に合格しちゃったってことだ。で、車検から戻って来た車に乗ったら、ブレーキが効かなくて、大事故を起こして死んじゃったとする。

この場合、ディーラーで整備を担当したメカニックが「姉歯秀次」、整備不良箇所を見落として車検を通した車検場が「イーホームズ」ってことになる。そして、死んだドライバーの責任はどっちがとるのか?ってことなんだけど、一応は自分の非を認めて、表面上だけでも謝罪の言葉を口にしてる姉歯秀次に対して、イーホームズのほうは、「自分たちには何の責任も無い」って言う、その言葉通り、無責任極まりない姿勢でいる。イーホームズのオフィシャルサイトを見てみたら、18日付けの「構造計算書の偽造問題について」って言うコメントがあった。それで、その中の「責任の所在」って言う項目を見てみたら、呆れ果てたことに、何の臆面も無く「今回の事件は、根本的に偽造をした姉歯建築設計事務所に責任があると思っております。」って書いてある。そして、自分のとこの構造計算書をチェキするプログラムはもちゃんと「大臣認定」のものを使ってて、そのプログラムのチェキをくぐり抜けるような巧妙な偽装工作をしたのは姉歯建築設計事務所なんだから、「弊社の通常の審査業務における過失はないものと思っております。」って見解なのだ。

だけど、姉歯秀次は、「イーホームズ以外の会社はチェックが厳しいので数字は変えていないです。」って言ってんだから、他の指定確認検査機関に同じ書類を出したら、どの会社でもNGになっちゃうワケでしょ? だからこそ、姉歯秀次は、「ちゃんとした書類の場合は別の検査機関会社、偽造した書類の時だけはイーホームズ」って使い分けてたんでしょ? ようするに、たくさんある検査機関会社の中で、唯一、イーホームズだけが、ズサンな検査をしてたってことじゃん。イーホームズのオフィシャルサイトのトップには、堂々と「安心して暮らせる21世紀の未来型住環境に貢献します。」って書いてあったけど、いつ倒壊するかも知れないマンションなんかで「安心して暮らせる」か?

‥‥そんなワケで、この辺までなら、テレビのニュースを見てれば誰にでも分かることで、ここで終わったら「きっこの日記」の意味が無い。それで、最近何かと出番の多い迷探偵キッコナンに登場してもらって、姉歯秀次とイーホームズのどっちが悪者なのかを調べてみた。そしたら、ナナナナナント! どっちも悪くなくて、一番の悪者は他にいたってことが分かったのだ!

あたしが、最初に引っかかったのは、姉歯秀次の犯行動機だ。本人は、偽造書類を作った動機について、「コスト削減のプレッシャーがあった」って言ってるけど、その詳細については口を閉ざして何も語らない。それで、このセリフだけから推測すると、同業のライバルたちに負けないように、できるだけ安い見積もりを作るために、偽造を続けてたってことになる。だけど、マトモに考えたら、いくらコスト削減のプレッシャーがあったからって、数え切れないほどの人間の命に関わるこんなに危険なことを普通、できるだろうか? それも、仮にも1級建築士なんだから、一般の人の何倍も、その危険性については熟知してるハズだろう。

そこで、迷探偵キッコナンは、「もしかしたら、姉歯秀次がこんなことをしたのは、自分の意思じゃなくて、どうしても断れないような相手からの圧力なんじゃないだろうか?」って推理してみた。それで、色々と情報を集めてみたら、ビックルを連続一気飲みしちゃうような事実が分かったのだ。それは、今回、建築基準法の耐震基準を満たしてないってことが発覚した20棟のマンションのうち、なんと、半数以上を「株式会社ヒューザー」って言う同じ開発会社が建築主として手掛けていたのだ。これって、絶対に不自然だ。この株式会社ヒューザーってのは、千代田区丸の内の「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」の31階にある会社で、1982年にできた若い会社で、代表取締役は「小嶋進」って男だ。この会社は、今回、倒壊の恐れがある危険なマンションとして名前が公表された神奈川の「グランドステージ川崎大師」をはじめとした、「グランドステージシリーズ」を首都圏を中心に展開してる。そして、今回、構造計算書の偽造が発覚した20棟のうち、東京都内の10棟のうちの6棟と、神奈川県内の4棟すべて、それから、千葉県内の6棟のうち2棟、合計で12棟が、この株式会社ヒューザーが建築主になっていたのだ。

神奈川の「グランドステージ川崎大師」は、建築主が「株式会社ヒューザー」、設計事務所が「スペースワン建築研究所」ってとこなんだけど、呆れ果てたことに、ヒューザーはスペースワン建築研究所に対して、「下請けは必ず姉歯建築設計事務所を使うように」って指示をしてたのだ。もちろん、このマンションだけじゃなくて、ヒューザーが手掛けるマンションのほとんどは、直接、姉歯建築設計事務所を使うか、どこかの設計事務所を使った場合は、その下請けに必ず姉歯建築設計事務所を使うようにと指示をしていたのだ。

‥‥そんなワケで、ここまで来れば、賢明なる「きっこの日記」の読者諸兄の頭の中には、「癒着」って言う2文字が浮かんで来たと思うけど、ようするに、何人もの社員を抱えてる大きな設計事務所だと、不正が発覚する恐れがあるため何かと都合が悪い。だから、株式会社ヒューザーは、姉歯秀次が1人で経営してる「姉歯建築設計事務所」なんて言う小さな個人事務所を利用して、「仕事を回してやる代わりに、うまいことやって安い見積もりを出せ」ってことになったってワケだ。

ここで問題になるのは、姉歯秀次の出す見積もりが建築基準法の耐震基準を満たしてなかったってことをヒューザー側が知ってたのかどうかってことだけど、橋本龍太郎じゃあるまいし、マサカ、ここまで来て、「知りませんでした」とは言えないだろう。そして、ここからがリトル複雑になるんだけど、姉歯秀次と癒着してたのは、株式会社ヒューザーだけじゃないのだ。姉歯秀次の偽造した構造計算書の通りに設計すると、5本必要な鉄筋を2本に減らしたり、3本必要な柱を1本に減らしたりってことになるワケだけど、ここで不思議なのは、何棟ものマンションやビルを建設して来た建設会社の作業員たちが、建設してる途中で、「あれ?なんかずいぶん鉄筋が少ないけど、これでいいのかな?」とかって、何で気づかなかったんだろう?ってことだ。一応はビル建設のプロたちなんだから、図面を見た段階で気づくのが普通なんじゃないだろうか?

‥‥そんなワケで、ここまで来れば、賢明なる「きっこの日記」の読者諸兄の頭の中には、またまた「癒着」って言う2文字が浮かんで来たと思うけど、ようするに、いくら建築主の「株式会社ヒューザー」と、設計事務所の「姉歯建築設計事務所」とが癒着してたって、カンジンの建設をする建設会社とも癒着してなかったら、こんな不正はできっこないってことだ。

そして、今回発覚した危険なマンションの建設の多くは、熊本県八代市に本社のある「木村建設株式会社」の東京支店(新宿区南山伏町)が請け負ってたのだ。それで、ここからが恐ろしい話なんだけど、今回、最初に発覚して、すでに営業を中止してるビジネスホテル、東京都中央区の「プレッソイン茅場町」ってのは、「京王プレッソイン」って言うチェーンになってて、その中で、まだ名前が公表されてないけど、「プレッソイン東銀座」とか、別のチェーンの「トレストイン田町」とかも、この木村建設株式会社が建設してたのだ。それから、株式会社ヒューザーの「グランドステージシリーズ」のマンションに関しては、まだ公表されてないけど、埼玉の「グランドステージ川口」や、東京都北区の「グランドステージ浮間公園」とかも、この木村建設株式会社が建設してるのだ。

‥‥そんなワケで、「株式会社ヒューザー」「木村建設株式会社」「姉歯建築設計事務所」って言うのは、建築界のゴールデントライアングル、魔の三角地帯って感じで、「タイ」「ミャンマー」「ラオス」の麻薬地帯も真っ青になるほどの恐怖のマンションや悪魔のホテルを建て続けて来たってワケだ。このトンデモナイ会社、「株式会社ヒューザー」や「木村建設株式会社」の株価が今後どうなって行くのかは皆さんのご想像にお任せするとして、少なくとも命の惜しい人たちは、倒壊したマンションやホテルのトバッチリを受けないように、この2つの会社が関わってるマンションやホテルからは、できるだけ離れたとこに引越ししたほうがいいと思う。何しろ、姉歯秀次が言うには、デタラメな構造計算書で建設したマンションは、あと90棟もあるって話なんだから‥‥。とりあえず、東京の墨田区の「グランドステージ錦糸町」と「グランドステージ東向島」、中央区の「グランドステージ茅場町」、神奈川の川崎市の「グランドステージ川崎大師」、藤沢市の「グランドステージ藤沢」、横浜市の「コンアルマーディオ横濱鶴見」は、大きな地震が来たら倒壊する恐れがあるので、お近くにお住まいの方は十分に注意してください‥‥なんて思う今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★「株式会社ヒューザー」と「木村建設株式会社」は営業停止にしたほうがいいと思う人は、クリックにご協力お願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.19

In Her Shoes

01_large
最初だけ昨日の続きをチョロっと書くけど、昨日は、映画「イン・ハー・シューズ」を観て来た。期待通り‥‥って言いたいんだけど、あたしは期待しすぎてたので、ちょっと不満もあった。だけど、それを書くとネタバレになっちゃって、これから観る人に対してマズイので、ストーリーに関連した不満点は書けない。だから、ストーリーに関係無い部分での不満点を書くけど、何と言っても、ストーリー以外での一番の楽しみだった「靴」が、パッパッて映るだけでジックリと見ることができなかったのだ。キャメロン・ディアス演じる破天荒な妹のマギーと、トニ・コレット演じるマジメな姉のローズが主人公なんだけど、ローズの唯一の趣味が靴のコレクションで‥‥って言うか、嫌なことやつらいことがあるたびに、そのナグサメに自分に靴を買うんだけど、その結果が、専用のクローゼットにズラーッと並ぶジミーチュウやマノロブラニク、クリスチャンラクロワやシャネル、スチュアートワイツマンやコールハーンなどなどなどなどなど〜って感じのヨダレがナイヤガラ状態になっちゃうモノスゴイ靴たちで、それがまた、ほとんど一度も履いてないって設定なのだ!なのだったら、なのなのだ!(笑)

それで、靴が大好きなあたしとしては、今年の1月6日の日記、「ピチュウ・ピカチュウ・ジミーチュウ」にも書いたように、何よりもジミーチュウの靴が大好きなので、この映画のストーリーとは別に、たくさんの靴を見られることを楽しみにしてた。だけど、靴はあくまでも小道具のひとつで、それぞれの靴をジックリ映したりしなかったのだ。そりゃあ、靴のコレクションを紹介するビデオとかじゃないんだから、ストーリーを無視して靴ばっか映してるワケには行かないってことは分かるけど、なんて言うか、もうちょっとウマイ具合に、「セックス・アンド・ザ・シティー」のサラ・ジェシカ・パーカー扮するキャリーの登場するシーンみたいに靴を扱ってくれたらなあ‥‥って思った。そうすれば、どこのデザイナーのどんな靴なのか、もうちょっと細かく判断できたのに‥‥なんてことも言ってみた今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、「イン・ハー・シューズ」の話は「最初だけ昨日の続きをチョロっと書く」ハズだったんだけど、またまた収まらなくなっちゃったので、もうちょっとだけお付き合いください‥‥ってことで、この映画は、2時間11分もあった。あたしは、自分の日記はダラダラと無駄に長いクセに、長い映画を見るのが苦手で、5〜6年前に「グリーンマイル」を観に行った時には、3時間の内、前半の1時間と後半の1時間は観てたんだけど、真ん中の1時間は爆睡しちゃって、ストーリーがぜんぜん分からなかった。それで、あたしの限界はだいたい2時間なので、「イン・ハー・シューズ」が2時間11分って聞いた時には、リトル不安だった。だけど、これが、まったく長さを感じさせなくて、最初から最後まですごく楽しめた。ただ、ホントにストーリーの内容だけで2時間11分を充実させてるワケじゃなくて、色んな脇役が次々と出て来たり、どこかで見たようなギャグを折り込んだりしての、具だくさんの2時間11分って感じで、幕の内弁当的な映画だった。まあ、ラストがすごく良かったから、そこまでの道のりはすべて結果オーライって感じで、観終わったあとは、とっても幸せな気分になった。

でも、誰でも楽しめる映画って感じじゃなくて、原作が20代から30代の独身女性をターゲットにした小説なので、やっぱり映画も同じような層に共感されると思う。もちろん、男性でも既婚者でも、感受性の強い人なら、色んな感動を覚えると思うし、胸がジーン・ケリーって言えば「雨に唄えば」‥‥じゃなくて、胸がジーンとするシーンもあると思うけど、基本的には女性向けの映画だと思う。だから、映画館に来てたお客さんのほとんどが女性で、男性は1割くらいしか来てなかった。だけど、いくら女性が多かったとは言え、サスガに、女性7人で遠足みたいにゾロゾロと観に行ったのは、あたしたちくらいだったと思う(笑)

それで、ストーリー関連のことが書けないので、すごく良かったシーンとかエピソードとかを書けないのがつらいんだけど、サシサワリの無い範囲で書かせてもらうと、妹のマギーが姉のローズに「ある詩人の詩」を朗読するシーンがあって、ある程度は予想のつく展開なんだけど、あたしは大感動で涙がこぼれた。久しぶりに、胸がジーン・ハックマンって言えば「ポセイドン・アドベンチャー」‥‥じゃなくて、胸がジーンとしちゃった。

それから、マギーとローズのおばあちゃん、エラを演じてるシャーリー・マクレーンがとにかく良かった。おばあちゃんのエラがローズに「あるプレゼント」をするんだけど、そのシーンがホントに素晴らしくて、あたしは、胸がジーン・シモンズって言えば、ここまでの流れからイギリスの女優のことだと思うだろうけど、あたし的には、「KISS」のボーカルでベースのジーン・シモンズのこと‥‥じゃなくて、胸がジーンとしちゃった。

‥‥そんなワケで、あまりにも凝りすぎて何を言ってんだか分からなくなりそうだから、ここからはギャグ抜きで書くけど、「In Her Shoes」ってタイトルは、直訳すれば「彼女の靴を履いて」って意味だ。だけど、英語圏では「彼女の気持ちになって」って言う言い回しとして使われてる。ようするに、「相手の靴を自分が履けば、相手の気持ちが分かる」って意味で、煎じ詰めれば「心が通じ合う」って意味になる。

ネタバレにならない程度に、映画のオフィシャルサイトに書かれてる範囲でチョコっと触れると、姉のローズは弁護士としてキチンと生活してるんだけど、破天荒な妹のマギーは、学歴も何の資格も無くて無職、その上、「難読症」で苦労してる。難読症って言うのは、病気じゃないし、知能とかに問題があるワケでもないのに、ヒトコトで説明するのは難しいんだけど、自分の気持ちを瞬時に言葉に変換することができなかったり、文章を読んでてもある部分だけが理解できなかったりする状態を持った人のことだ。

それで、色んな意味で大変なマギーなんだけど、姉のローズと違ってセクシーでグラマーだから、男関係だけは‥‥なんて調子に乗って書くワケには行かないので、この辺でやめとくけど、こんなマギーが色んな困難を乗り越えて、「自分にピッタリの靴」、ようするに、「自分が一番自分らしくいられる人生」を見つけるまでのストーリーってワケだ。もちろん、マギーだけじゃなくて、姉のローズも、おばあちゃんのエラも、三者三様の「靴」を見つける。

‥‥そんなワケで、自分にとっての「幸せ」って言うのは、その人自身が見つけるもので、誰かのマネをしたって意味が無い。最近は、一部の人たちの間で、若いうちから会社を作ったり株をやったりして、六本木ヒルズに住むようになるのが「幸せ」とか「成功」みたいな風潮があるけど、ホントに心からそう思ってる人もいれば、自分で考えたり判断したりする能力が欠落してて、単なる流行に踊らされてるだけの人もいるだろう。

だけど、今日、18日付けのロイター通信によると、大阪大学の筒井義郎教授の研究チームが実施した「日本人の幸福感に関する調査」で、ニポン人の多くは「収入が多いほど幸福」だって思ってることが分かったそうだ。そして、アンケートをとった4224人のうち、大多数が自分の人生について「満足」「まあ満足」って答えてて、「満足でない」って答えたのは、わずか13%だったそうだ。だけど、「収入が多いほど幸福」だと思ってるのは、自分の収入に満足してない人たちだけで、逆に、自分の収入に満足してるって答えた「収入が最高ランク」の少数の人たちは、自分の人生に対しては「満足でない」って答えてたそうだ。

つまり、自分が満足できるだけの収入を得られるまでは、「お金さえあれば幸せになれる」って思ってる人たちが多いけど、実際に自分がその収入ランクにまで上りつめたら、今度は「いくらお金があっても幸せじゃない」って感じるってことなのだ。ようするに、無いものねだりって言うか、人間の欲望にはキリが無いって言うか、結局は、「お金さえあれば幸せになれる」なんて思ってるようなレベルの人たちは、こんなもんなんだろう。まあ、ライブドアのイノシシ社長だの、村上ファン怒の欽ちゃんだの、楽天のセサミストリートだの、今の世の中は、自分は何の苦労もしないで、他人のフンドシで相撲をとる守銭奴ブームだから、こんな考え方しかできない気の毒な一般市民が増殖しちゃったんだと思うけど、なんだか、若い人たちがお金のことばっかに振り回されてるのって、すごく切ない気持ちになって来る。

‥‥そんなワケで、六本木なんて人間の住む場所じゃなくて、たまに遊びに行ったり映画を観に行ったりする場所だと思ってるあたしとしては、あんなに空気の悪いとこに住みたがる人の気持ちなんかまったく理解できないワケだけど、人の価値観はそれぞれだから、あたしは否定はしない。アメリカのコトワザにも、「He is happy that thinks he is so.」ってのがあって、そのまんま、「自分が幸せだって思える人は幸せだ」ってことだから、みんな自分が幸せだと思う道を勝手に進めばいいだけだ。

だけど、単純なアングロサクソンの何倍も賢い中国には、「人間万事塞翁が馬」ってコトワザがある。ニポンでは「にんげんばんじさいおうがうま」って読まれてるけど、ニポンに伝わったころは「じんかんばんじさいおうがうま」って読まれてた。これは、基本的には「He is happy that thinks he is so.」と同じような意味なんだけど、その深さはまったく違う。


遥か昔のこと、中国の北のはずれの山に、塞翁(さいおう)って言う占い師のおじいさんが住んでいた。そして、その山より北には国境があって、別の民族が住んでいた。ある日、おじいさんの大切にしてた馬が逃げちゃって、北の国境を越えて行っちゃった。南に逃げたのなら、自分の国の中だから捕まえることもできたんだけど、北の国境を越えちゃったから、もう追いかけることはできない。当時、馬は大切な財産だったから、このおじいさんはすごく悲しんでると思って、村の人たちがみんなで、なぐさめに行った。そしたら、おじいさんは、別に悲しんでる様子もなく、ケロッとしてて、みんなに向かってこう言った。


「馬が逃げてしまったことをなぜ不幸なことだと決めつけるんじゃ?もしかしたら幸福なことかも知れんじゃろ?」


そしたら、それから何日か過ぎたある日、逃げた馬がヒョッコリと帰って来た。それも、北の国の馬をゾロゾロと何頭も引き連れて帰って来たのだ。おじいさんは、この馬たちを売れば大金を手に入れることができる。それで、今度は、村の人たちがみんなでお祝いを言いに行った。そしたら、おじいさんは、別に喜んでる様子もなく、ケロッとしてて、みんなに向かってこう言った。


「馬が何頭も手に入ったことをなぜ幸福なことだと決めつけるんじゃ?もしかしたら不幸なことかも知れんじゃろ?」


そして、おじいさんには息子がひとりいたんだけど、その息子が馬を欲しがった。それで、息子は、何頭もいる中の一番脚の速い馬をもらうことにした。だけど、息子がその馬に乗って野山を走り回ってたら、あまりの俊足で振り落とされてしまい、足を複雑骨折しちゃった。そして、当時は外科手術とかもないから、キチンとした治療ができずに、その息子は一生歩けない体になっちゃった。それで、今度は、村の人たちがみんなで、なぐさめに行った。そしたら、おじいさんは、別に悲しんでる様子もなく、ケロッとしてて、みんなに向かってこう言った。


「息子が歩けなくなったことをなぜ不幸なことだと決めつけるんじゃ?もしかしたら幸福なことかも知れんじゃろ?」


そしたら、それからしばらくして、このおじいさんの国と北の国とで、大きな戦争が起こっちゃった。それで、この国の男たちはみんな徴兵されて、国境で死闘を繰り広げて、何とか戦争に勝つことはできたんだけど、多くの人たちが死んでしまった。だけど、このおじいさんの息子だけは、歩けないから徴兵されずに済み、死なずに済んだのだ。


‥‥そんなワケで、「人間万事塞翁が馬」ってのは、こんなお話なんだけど、ようするに、「幸福だと思うことが必ずしも幸福ではなく、不幸だと思うことが必ずしも不幸じゃない」ってことなのだ。そして、目先の出来事に一喜一憂して、おじいさんをなぐさめたりお祝いしたりしてた村人たちの多くは死んじゃったけど、目先の出来事にとらわれずに、常に泰然自若としてたおじいさんとその息子は、結局、最後まで生き残ったってワケだ。

だから、「お金さえあれば幸せになれる」なんて思って、たった一度の大切な人生をお金に振り回されて生きて、やっとのことでお金持ちになれたとこで、戦争が起こったとしたらどうなるだろう? 土地や財産はすべて国に没収され、札束や株券はすべて紙切れになり、挙句の果てにはビルの密集する六本木なんかに住んでたオカゲで、大陸間弾道ミサイルのカッコーのマトになっちゃって、一瞬で吹っ飛ばされるのがオチだろう。

‥‥そんなワケで、サルを大統領に選ぶようなアングロサクソンのコトワザ、「He is happy that thinks he is so.」のほうを信じるのも、あたしたちニポン人と同じ優秀なるモンゴリアンのコトワザ、「人間万事塞翁が馬」のほうを信じるのも、人それぞれ自由だけど、たったひとつだけ言えることは、自分にピッタリの靴は、自分の力で見つけるしかないってことだ。誰かのマネをして、二番煎じや三番煎じをしてるようなヤツラは、結局は誰かの靴を履こうとしてるだけで、いつまで経っても自分にピッタリの靴を見つけることはできないだろう‥‥なんて感じでマトメてみた今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.18

GO!GO!マリン

040702
あたしは、別にマルちゃんの「紺のきつね」を食べたいからってワケじゃないけど、モロモロの支払いがキビシクなって来たので、北朝鮮に経済制裁を発動しに行って来た‥‥って言うのは表向きのイイワケで、ホントのとこは、ずっと打ちたかった「GO!GO!マリン」が、2週間も前に「入りました」ってDMがパチンコ屋さんから来てて、その上、今月はあたしのお誕生日なので、お誕生日のプレゼントだとか特別ポイントだとかの引き換えハガキまでが来てたから、なるべく早めに行きたかったってのが正直なとこだ。それで、今日は16時から六本木で打ち合わせがあるだけだったので、開店前からパチンコ屋さんに並ぶつもりでいた。だけど、目が覚めたのが9時だったので、それからシャワーして着替えてお化粧しても、絶対に10時には間に合わないから、のんびりと行くことにした。どうせ、「GO!GO!マリン」が入ってから2週間も経ってるし、平日だしってことで、開店から並ばなくても少しは空いてると思ったからだ。

で、パチンコ屋さんに着いたのは11時近かったんだけど、予想通り、ズラッと並んだ「GO!GO!マリン」は、他のコーナーよりは人気があって混んでたけど、4台も空いてた。それで、何も分かんないから、とりあえず前日と前々日のデータだけを見たんだけど、「16回、32回」みたいな上り調子の台が2台と、「34回、21回」みたいな下がり調子の台が1台と、「24回、24回」って台が1台あった。それで、特性が分かんないから、まずは、「24回、24回」の台を打ってミルコ・クロコップ‥‥なんてことも言ってみつつ、今日は10万円以上は勝つつもりだったので、最初から気合いの1万円札を投入した。今日は、お財布の中に800円しかなくて、パチンコ屋さんに来る前に銀行に寄って、絶対に使っちゃマズイお金の中から1万円だけ下ろして来たから、この1万円札にすべてを賭けてるのだ。

‥‥とか言いつつも、100%勝てる「新海物語」じゃなくて、初めての「GO!GO!マリン」を打ち始めちゃうとこが、あたし的と言えばあたし的なんだけど、ハッキリ言って、最悪の場合でも「新海物語」でセットするのに3〜4000円あれば何とかなるから、「GO!GO!マリン」で5000円くらいは遊ぶつもりでいた今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、たった1枚の1万円札を投入して、ワクワクドキドキしながら「GO!GO!マリン」を打ち始めた。とにかく、予備知識がほとんど無いので、とりあえずは打ちながら様子を見て、あとは台の横のぶら下がってる説明書を見たり、隣りの人に聞いたりするつもりでいた。

それで、まずあたしが感動したのは、普通のCR機のルーレットは、数字が横3列とか縦3列とかだけど、「GO!GO!マリン」は、ナナナナナント! 横5列なのだ! 横5列の縦スクロールで、端から内側に向かって左右順番に数字が止まって行く。つまり、最初に左端の数字が止まり、次に右端の数字が止まり、次に左から2個目の数字が止まり、次に右から2個目の数字が止まり、最後に真ん中の数字が止まるってワケだ。だけど、5個の数字が揃わなきゃならないワケじゃなくて、この内の3個が揃えば大当たりだから、左からもリーチ、右からもリーチ、真ん中もリーチって感じになる。それで、それが横1列だけじゃなくて、ナナメもあるから、最大で6ラインのリーチが発生する。それで、リーチは、ライン数が多くなるほど確率がアップして、リーチが掛かってから手元のボタンを押すと、画面の下に確率のバロメーターが表示されるんだけど、1ラインや2ラインだと目盛りがすごく低い。

ヒトコトで言えば、パチスロ感覚を盛り込んだ台ってワケで、ドキドキ感は高いんだけど、海シリーズの人気の秘密の「アルファー波を引き出す力」は皆無だと思う。だから、「今度の海はマリンが主役!」って宣伝コピーだったし、マリンちゃんを始め、それぞれの数字のお魚も同じだし、泡予告やサンゴリーチなど、随所に海シリーズのネタが満載だけど、今までの「新海物語」や「大海物語」とは、まったく別の機種ってワケだ。ようするに、キャラクターが同じってだけで、システム自体はまったくの別モノなので、今までの攻略法は何ひとつ役に立たない‥‥と思う。

‥‥そんなワケで、やっぱり新台なので、それなりに良く回り、500円で12〜13回くらいのペースだった。これなら、5000円で120回くらい回せるので、あたしはワリとのんびり構えて画面を楽しんでた。ルーレットが回り出してから手元のボタンを押すと、マリンちゃんが「まだかな〜」とか「がんばって!」とか「リーチかも?」とか言うので、回るたびにボタンを押して遊んでた。それで、たまに「リーチだよ」とか、占いで「吉」とかが出たりするとリーチになるので、単なる遊びじゃなくて、一応は予告機能ってワケなのだ。

で、50回くらい回すまでに、最高で3ラインのリーチが掛かって、一度だけ「マリンちゃんリーチ」に発展したんだけど、これは海シリーズお得意の「マリンちゃんリーチはダメ」って法則通りで、当然ダメだった。でも、とにかく楽しい台なので、楽しみながら打ち続けてた。そしたら、今度は、数字と数字の間にあるピンクの貝のマークが横1列に並んで、「ラッコチャンス」ってのに発展した。これは、数字と数字の間にピンクの貝と黄色の貝があるんだけど、この内、ピンクの貝だけが横1列に並びかけると、画面の下から5匹のラッコが顔を出して、「ラッコ、ラッコ〜!」って言って、ぜんぶ揃うと、5匹のラッコが登場する。それで、みんな貝を持ってて、左のラッコから順番にパカッて開けて行くんだけど、中に真珠が入ってるとアタリで、5匹ぜんぶがアタリだと発展リーチへ突入する。

それで、あたしは、ミゴトに真珠が揃って、発展リーチに突入して、なんか海流みたいなのが発生して、数字が巨大化してビヨヨヨヨ〜ンってなる、いかにも大当たりしそうなすごいリーチだったんだけど、結局はダメだった。他にも、通常のルーレット画面で、下からラッコがヒョコっと出て来ると、そこのラインがリーチになる。だから、ラッコが2匹出てくれば、2ラインのリーチが確定ってワケで、「GO!GO!マリン」にとっては、マリンちゃんよりもラッコのほうが幸運の女神ってワケだ。

だけど、あたしには幸運の女神は微笑まず、5000円で120回ちょっと回したとこで、この台に見切りをつけることにした。だけど、あまりにも楽しい台だったので、どうしてももうちょっと打ちたくて、アトサキのことを考えずに、空いてた別の台に移動することにした。でも、最初に空いてた他の台のうち、2台はもう座られちゃってたから、台を選ぶ余地なんかなくて、あたしは、唯一残ってた「34回、21回」の下がり調子の台に移った。

そしたら、この台で2000円使ったとこで、左からナナメの「6」と、右から横1列の「6」の2ラインのリーチが掛かって、それが「マリンちゃんダンスリーチ」に発展した。今までは、2ラインなんかじゃお話にならなかったんだけど、今回は、最初にラッコも出て来たし、泡もいっぱい出たので、ちょっと期待して見てたら、ミゴトに「6」が3つ揃って、そのあとに画面全体がジュワ〜ッて回転して、確変の赤い「5」に昇格した! それも、3つじゃなくて、「5」が5つも並んでて、何だか壮観だった。

大当たり画面は、オナジミの海の仲間たちが順番に登場してすごく楽しいんだけど、7ラウンド目と13ラウンド目に5匹のラッコが登場して、可愛いダンスを踊るのがサイコーだった。それで、確変になればソッコーで魚群が出て、1ラインでも高確率リーチに発展して、ノーマル数字なら必ず確変に昇格するって言う極楽パターンが続いた。だけど、1回の出玉が少なくて、5回の大当たりでスリキリ4箱って感じだった。

それで、連チャンが5回を超えたら、ラウンド中の画面の下のほうに「ラッコ隊」が登場した。他のラッコよりもちょっと色の濃い隊長が、「大爆発中!」って書いてあるプラカードを持って、赤と白のシマシマの浮き輪に乗った5匹のラッコを従えて、「大爆発中だよ〜!」って言いながら登場する。それがまた可愛いんだけど、7ラウンド目と13ラウンド目には通常の大当たりでも5匹のラッコが登場するから、このラウンドの時は合計で11匹のラッコが画面に現われる。それで、ラッコたちは、ナニゲにりりしいマユゲをしてるので、なかなか笑えた。

‥‥そんなワケで、何とか9連チャンまでは途切れることなくサクサクと続いたんだけど、9回目の大当たりが初のノーマルで、その時短もダメで、そのあと上皿と下皿に残ってたぶんの玉を打ち切っても引き直さなかったので、とりあえずここで止めることにした。それで、9連チャンもしたのに7箱半で、14000発弱だった。

この時点で、時間は1時半くらいだったので、そろそろ「新海物語」を打とうかどうか迷ったんだけど、とりあえず少し勝てたので、ちょっと気持ちに余裕ができた。それで、別のフロアも見てみることにしたんだけど、秋の新台入れ替え時期だったので、「GO!GO!マリン」と同時に入った新台と、そのあとに入った新台が色々とあった。「デカチュー」「ミラクルカーペット」「ブレイド」「テレサテン」「スーパージェッター」って感じで、どれもワリと混んでて、多少は空いてるんだけど、台を選ぶ余裕は無かった。それで、そのままウロウロしてたら、「フィーバー爆走王 小川直也」って言うのがあって、何台か空いてた。出してる人の台をしばらく見てたら、ニワトリの着ぐるみを着た小川直也が暴れてて、なかなか面白そうだったので、あたしは小川直也は嫌いなんだけど、チョコっと打ってミルコ・クロコップ‥‥なんて、また同じことを言ってみつつ、カードの残りの3000円ぶん、この台で遊んでみることにした。

そしたら、1500円目で、リングのバックの大型スクリーンが大きくなって、実写の小川直也が現われて、小川直也が刑事に変身するリーチに発展した。それで、数字を1個ずつマシンガンで撃ってくんだけど、アッサリと「6」が揃った。それで、大当たり中に、赤い覆面の巨体のレスラーと試合をするんだけど、フォールされた時に、一生懸命にボタンを連打してみたんだけど、3カウントで負けちゃった。あたしは、ここでフォールを跳ね返せば確変に昇格なんだと思ったから、「あ〜あ‥‥」って思ったんだけど、終わりのほうの13ラウンド辺りになったら、突然「確変」って言う文字が画面の真ん中に現われて、その文字が画面の右下にポコッて移動した。それで、大当たりが終わるまで、ずっとその文字が出てて、確変に突入した。だから、何がどうして昇格したのか、未だに分からない。

だけど、せっかく昇格したのに、次はノーマルだったし、時短でも引き直さなかったから、2箱だけでトットと止めることにして、ここで一度両替することにした。レシート2枚の合計が17000発ちょっとで、5万円ちょっとになった。それで、もう2時を回ってたので、「新海物語」は止めて帰ることにした。とりあえずパチンコ屋さんを出て、まずは銀行に行って口座に1万円を戻して、もうひとつの口座に2万円を入れて、それからコンビニに向かった。そして、梅干のおにぎりとシュークリームとお茶を買って、多摩川を見下ろせる公園に行って、ベンチで食べた。それで、しばらくボーッとしてから帰った。

‥‥そんなワケで、一度帰ってからパパッとお化粧を直して、それから六本木に向かった。今日は打ち合わせだけで荷物が無いので、のんびりと電車で行ったんだけど、自分で運転しなくても目的地に自動的に着くってのは、ホントにラクチンだ。それで、打ち合わせって行っても、何度もお仕事をいただいてるブライダルの事務所なので、いつもの通り、来月分のスケジュールをチェキするだけなので、30分ほどで完了した。

それから、事務所の社長や、あたしとコンビを組んでるスタイリストや、同業の人たちとお茶を飲みながら雑談をしてたら、後輩の1人が、映画「イン・ハー・シューズ」の話をし始めた。それで、あたしが、「原作もとっても良かったから映画も観るつもりでいる」ってことを言ったら、「ヒルズは明日までですよ」って言われた。その子も観るつもりで、ヒルズの映画館のスケジュールを調べてたのだ。それで、このあと観に行くって言うので、あたしも慌ててその話に乗っかった。そしたら、「あたしも」「あたしも」ってことになっちゃって、とうとうその場にいた全員で、ゾロゾロと映画を観に行くことになった‥‥って言うか、あたしたちはいいんだけど、社長ったら、映画を観に行くために事務所を早めに閉めちゃったんだけど、いいんだろうか?(笑)

‥‥そんなワケで、あたしたち総勢7名は、社長を先頭に、六本木ヒルズに向かってカツカツと歩いて行った。それで、あたしは、「昨日だったらレディースデーで1000円だったのに、今日は普通の日だから1800円なんだよな‥‥でもパチンコで買ったから、ま、いっか‥‥」なんて思ってたら、ナナナナナント! 入り口で社長が「ぜんぶで7人ね?」なんて言いながら振り返ったかと思ったら、全員のぶんを払ってくれた! 「経費!経費!」なんて言ってたけど、いいんだろうか?‥‥って言うか、映画のことまで書いてたら、ものすごく長くなっちゃうから、途中っぽいけど、あとは明日のマクラに回して、とりあえずここで終わりにしようと思う今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.17

きっこの食生活

peyangu
この前、病院に行った時に、1週間に食べた物、飲んだ物をできるだけ正確にメモしとくようにって言われたので、マジメにつけてみた。あのドクター中松は、35年間に渡って、自分の食べた物をぜんぶ写真に撮って記録したそうだけど、それに比べたら、1週間なんて何でもないや‥‥って思ってんだけど、正直、すごくメンドクサかった。それで、昨日でようやく1週間ぶんをつけ終わったので、来週、病院に行く時に持ってくんだけど、それがコレだ。

【火曜日】
朝・無し
昼・チーズバーガー(マック)、お茶
夜・金ちゃんラーメン(具はワカメとチクワ)、柿1個、お茶

【水曜日】
朝・カレーパン(ヤマザキ)、コーヒー(ミルク入り)
昼・無し
夜・キツネそば(立ち食いそばの「ゆで太郎」)
深夜・柿1個

【木曜日】
朝・コーヒー(ブラック)
昼・メロンパン(ヤマザキ)、お茶
夜・金ちゃんラーメン(具はワカメとニンジン)、柿1個、お茶
深夜・コーヒー(ミルク入り)

【金曜日】
朝・ローズヒップティー
昼・ハムサンドとタマゴサンド、お茶
夜・ご飯、お味噌汁(もやし)、キュウリのキューちゃん、タラコのふりかけ、お茶

【土曜日】
朝・コーヒー(ブラック)
昼・幕の内弁当、お茶、缶コーヒー
夜・おにぎり(おかか)、おせんべ1枚、アイスクリーム(ワッフルコーンあずき味)、お茶

【日曜日】
朝・ローズヒップティー
昼・幕の内弁当、お茶、缶コーヒー
夜・ご飯、お味噌汁(キャベツ)、アジフライ、キャベツ千切り、サトイモの煮転がし、お茶

【月曜日】
朝・無し
昼・金ちゃんラーメン(具はワカメ)、お茶
夜・肉まん(井村屋)、お茶
深夜・おせんべ2枚、コーヒー(ミルク入り)

‥‥なんて感じの食生活で何とか生きてるあたしだけど、皆さん、いかがお過ごしですか?(笑)


‥‥そんなワケで、これは、パソコンにメモしてたもので、これをプリントアウトして病院に持ってけばいいやって思ってた。でも、改めて見直してみたら、いくら「できるだけ正確に」って言われたからって、メロンパンに「ヤマザキ」とか、肉まんに「井村屋」とかってのは、絶対に必要無いような気がする。さらには、「金ちゃんラーメン」てのは、やっぱり「インスタントラーメン」て書くべきだろう。だから、その辺を書き直してからプリントアウトしようと思う。

だけど、「どんなに少量でもいいから、三食きちんと食べなさい」って言われてるのに、朝は食べてないし、夜に肉まん1個ってのもマズイし、コレ、ちょっとヤバイなあ‥‥。日曜日の夜だけは、母さんのとこに行って一緒に食べたから、きちんとしたメニューなんだけど、それ以外が絶対に怒られそうだ。だからって、ウソを書くワケにも行かないから、来週の病院の日までにもうちょっとマシなものを食べて、ダメな日と差し替えるってのはどうだろう?

たとえば、明日とかに、三食ちゃんと食べて、それをこのメモの火曜日と差し替えて、アサッテもちゃんと食べて、それをこのメモの月曜日と差し替えて、病院に行く日までに、ちょっとでもこのメモをグレードアップするって作戦だ。これなら、ウソはウソだけど、まったくのウソじゃなくて、日にちは違っても実際に食べたことには変わりないから、限りなく透明に近いブルー‥‥って言うか、限りなく渋谷に近い代官山‥‥って言うか、限りなく真実に近いウソ‥‥って言うか、やっぱダメかな? ちなみに、今日は、朝がコーヒー(ブラック)、お昼がペヤングのカップ麺とお茶、夜がまだ食べてなくて、これからアリアワセのもので済ませる予定だから、今日のぶんは差し替えても意味が無い。

あっそうだ!書いてて思い出したけど、今日のお昼、ペヤングのカップ麺を食べたんだ!ペヤングって言ったらヤキソバだけだったのに、昨日、コンビニでカップ麺を発見して、130円くらいして高かったんだけど、あまりにもレトロなデザインで、映画「三丁目の夕日」に出て来そうな雰囲気だったから、思いきって買ってみたのだ。今のカップ麺て、どのメーカーのどの商品も、デザインが凝ってて‥‥って言うか、最低でも絵や写真のひとつくらいはパッケージに使われてるのに、このペヤングのカップ麺は、とにかくチープなのだ。フタには、あずき色と緑色の2色刷りで、「ペヤング」って名前と、内容とか作り方の説明とかが事務的に書いてあるだけで、カップの横には、「ペヤングヌードル」って書いてあるだけだ。それで、この横の文字がまたまたレトロで、70年代のヒッピーとかフラワームーブメントとかのノリみたいなロゴなのだ。

それから、カップ自体の形もレトロで、ヤタラと中途半端だ。普通のカップ麺て、カップヌードルに代表されるタテ型と、緑のたぬきとかのドンブリ型の2つに大きく分けられるけど、このペヤングヌードルのカップは、その中間なのだ。中途半端な背の高さと、中途半端な幅があって、手に取って見てると切ない気分になって来る。その上、本体が発泡スチロールなのはいいんだけど、フタが紙じゃなくて、ペヤングのヤキソバと同じペラペラのプラスティックみたいなヤツで、そこにジミな色で説明書きがしてあるから、ホントに切なくなって来る。

で、カンジンの味なんだけど、これがまたレトロで、日清のチキンラーメンそのものなのだ。それから、具とスープの顆粒とが、ひとつの袋に入ってるほどアバウトなワリには、別に小さなスパイスの袋がついてるアンバランスさで、そのスパイスにしても、タダのコショウが入ってるだけなのだ。とにかく、開発意図も狙いもまったく分からないんだけど、もしかすると、安めぐみと同じく、「昭和」をコンセプトに開発された商品で、団塊の世代をターゲットにしてるのかも知れない。

‥‥そんなワケで、ちょっとダッフンして、さっき「緑のたぬきとかのドンブリ型」って書いたけど、赤いきつねと緑のたぬきにも、カップヌードルと同じタテ型が出た。タテ型のいいとこは、具とかスープとかが袋に入ってないから、フタを開けたらお湯を入れるだけなので、作るのがラクだしゴミも少なくて済む。金ちゃんヌードルだけは例外で、タテ型なのに袋が入ってるけど、メジャーなメーカーのタテ型は、どれも小袋は入ってない。

それで、赤いきつねと緑のたぬきのタテ型は、コンビニで見つけたから安くなってなくて、まだ買ってないんだけど、それぞれにキツネとタヌキの可愛いキャラクターが描いてあった。それから、キツネそばが大好きなあたし的には、赤いきつねは「うどん」だし、緑のたぬきは「そば」だけど「たぬき」だしってことで、前にチョロっと発売された「紫のきつね」ってのがあって、これがキツネそばだったから、一番好きだった。それで、「紫のきつね」はすごく美味しかったんだけど、メッタに売ってないし、今よりも生活が苦しい時だったから、見つけてもなかなか買うことはできなかった。

そんなこんなしてるうちに、「紫のきつね」は消えてっちゃって、もう食べることができなくなった‥‥なんて思ってたのもトコノマ‥‥って言うか、ケッコー待たされたんだけど、このたび、ついにリニューアルして、「紺のきつね」として発売になったのだ。「このたび」って言っても、発売になったのは1ヶ月くらい前なんだけど、最初は安くなってなくて、ずっと買うことができなかった。それで、今でも、赤いきつねと緑のたぬきは3個200円なのに、紺のきつねは1個128円なのだ。だから、最初よりは安くなったけど、まだ二の足を踏んでる。ネットショップで買えば、1個100円くらいで買えるんだけど、ケースで注文しなきゃなんない上に、送料が掛かるから、結局は高くなっちゃう‥‥って言うか、あたしって、マルちゃんのカップ麺と金ちゃんラーメンとヤマザキパンに関しては、今までにものすごく宣伝してるんだから、そろそろ1箱くらい送って来てくれても良さそうな気がするんだけど(笑)

‥‥そんなワケで、「紫のきつね」はネーミングがイマイチだったけど、今度の「紺のきつね」は、ちゃんと「コンコン」て言うキツネの鳴き声を踏まえてるし、おそば自体が黒っぽいツブツブの入った田舎そばになってるらしいし、ダシもグレードアップしたらしいし、早く食べてみたい。こんなことなら、130円も出してペヤングヌードルなんか買わなきゃ良かった。まあ、近いうちに駅前の北朝鮮に経済制裁を発動しに行く予定なので、そしたら、ソッコーで「紺のきつね」を買おうと思う‥‥って言うか、もともとは毎日の食事をグレードアップして、お医者さまに見せても怒られないような食生活を目指してたのに、それがカップ麺じゃ意味無いじゃん!‥‥なんて気づいた今日この頃なのだ(笑)


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.16

ブッシュとコイズミの夫婦漫才

wanted1
今日のテレビは、朝から晩まで1日中、黒田ナントカさんと紀宮さんが結婚したグッドニュースばっかりやってて、ゴールデンタイムには特番まで放送してる局もあった。これは、史上最悪の殺人鬼にしてコイズミの飼主、ブッシュが来日するって言うバッドニュースを希薄にさせるための大掛かりな情報操作で、自民党のもっとも得意とするコソクなやり方だ。ようするに、グッドニュースばかりを流して、そっちに国民の目をそらしてる間に、飼犬コイズミは、ご主人様に対して改めて忠誠を誓い、イラクへの自衛隊派遣の延長から狂牛肉の輸入再開に至るまで、何から何まで二つ返事でホイホイとオッケーしちゃうって作戦だ。

たとえば、この前の9月27日、自民党旧橋本派の1億円献金隠し事件の公判があって、弁護側の証人として青木幹雄自民党参院議員会長が出廷した。そして、政治家お得意の「献金には一切心当たりがありません」って言う見え見えの大嘘を炸裂させた。これは、本来なら、新聞の一面にドーンと来てもおかしくないニュースだし、テレビのニュースでも大きく扱うのが普通だろう。だけど、情報操作を十八番にしてる自民党は、ワザとこの日に、杉村太蔵の謝罪会見を開いたのだ。それも、新人議員としては異例の単独会見で、当然、この日の夜のテレビのニュースは、どのチャンネルも神妙な顔つきの杉村太蔵が独占し、次の日の新聞も、各社とも杉村太蔵の記事に大きなスペースを割き、1億円献金の記事なんかタバコの箱くらいの大きさだった。

また、10月17日にコイズミは靖国参拝をしたけど、この時も、少しでも世間の目をそらすために、飯島秘書官が杉村太蔵に指示をして、前日の10月16日に、杉村太蔵を新潟の旧山古志村に遊びに行かせたのだ。コイズミが10月17日に参拝するって話は、10月の上旬に飯島秘書官が靖国神社に行き、神社側とコイズミの参拝の打ち合わせをしたことがリークしたため、何日も前からアチコチで「そろそろだ」って言われてた。それで、反対勢力に騒がれると困るので、テレビや新聞を利用して、被災地でハシャギまわる杉村太蔵ばかりに世間の目が向くようにした今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、他にも書き出すとキリが無いんだけど、とにかく杉村太蔵がハシャギまわってる日は、必ずと言っていいほど、自民党にとって、コイズミにとって、都合の悪いことが行なわれてる。つまり、自民党にとっての杉村太蔵ってのは、自分たちのやってる悪事から世間の目をそらさせるための単なるピエロってワケだ。だから、杉村本人は、何も分からずに上から言われるがままに動いてるだけで、無意味なことばかりやってるように見えるけど、自民党にとっては大きな意味があるのだ。

だって、ニポン人しかいない場所で、ニポン人たちに向かって、「パキスタンの皆さ〜ん!杉村太蔵はパキスタンの皆さんを応援しま〜す!」って叫んでみても、何の意味も無いことは誰にでも分かるだろう。それに、ニポンに不必要なニートなんかを集めてセミナーごっこをしてみても、何の意味も無いことは誰にでも分かるだろう。だいたい、ニートなんて、たかが64万人しかいないワケで、国民のたった0.5%じゃん。その上、ニートってのは、働かなくても親に食わしてもらえる恵まれたヤツラなんだから、そんなヤツラなんか、ほっときゃいいじゃん。世の中には、もっと困ってる人たちが数え切れないほどいるって言うのに、コイズミの悪政による生活苦から、毎日100人以上の人たちが自殺してるって言うのに、仕事もしないで遊んで暮らしてるヤツラのために税金なんか使うなよ!‥‥なんてことを言ってみたところで、杉村太蔵には何の罪も無い。ただ自民党に利用されてるだけなんだから、短絡的に責めることはできない。それよりも、沖縄だテニスだとバカ丸出しでハシャギまわる杉村太蔵なんかに腹を立てるんじゃなくて、このバカを利用して国民を騙してるコイズミ劇場そのものに腹を立てるべきなのだ。

そんなコイズミも、実際のとこは、杉村太蔵と五十歩百歩の低脳だってことは周知の事実だけど、それが炸裂しちゃったのが、今回のブッシュとの会談だ。ニポンを食い物にしてるクセに、平然とやって来た厚顔無恥なブッシュは、愛犬のコイズミを連れて、金閣寺でお散歩をした。それで、その映像をニュースで見てたあたしは、あまりのコイズミのバカっぷりに爆笑しちゃって、飲んでたココアを噴き出しちゃって、スカートにシミを作っちゃっただろうが! by ネゴシックス‥‥なんてことも言ってみつつ、ニポンの恥、コイズミは、「今日はいい天気ですね」ってことをブッシュに伝えようとして、こうノタマッタのだ。


「いや〜今日はいい天気だね〜」って言ってからブッシュのほうを向いて、「ア〜‥‥ウ〜‥‥サン!」 そして太陽を指差して、「サン!サン!‥‥サン・オブ・カントリー!‥‥いや、カントリー・オブ・サン‥‥か?」


これが、一国の総理大臣の、しかも、アメリカを同盟国としてアガメタテマツッてやまない人間の英語力だとは、呆れ果てて何も言えなくなる。まるで、海外ロケに行った時の出川哲郎並みの英語力か、それ以下だと言えるだろう。こんなバカをニポンの代表にしとくから、アメリカは調子に乗ってナンでもカンでも無理強いして来るんじゃん。そして、この幼稚園児以下のバカ英語に対して、隣りのブッシュは、「このバカ、何言ってんだか分かんないけど、とりあえず、うなづいときゃいいか」って感じで、テキトーに首をタテに振ってた。

それにしても、いくらレイプ事件のホトボリを冷ますためだとは言え、一応はロンドンに留学してたワケだし、ロンドンじゃ一度も大学に行かずに連日SMクラブに通ってたんだとしても、SM嬢とのやり取りで多少は英語を話せるようになっても良さそうなもんなんだけど、太陽を指差して「サン!」って、お前の知能は昆虫並みか? 太陽を指差して「サン!」、犬を指差して「ドッグ!」、リンゴを指差して「アップル!」って、こんなことしか言えないで、何が「日米首脳会議」だよ? トットとお家に帰って、信子と積み木遊びでもしてたほうがいいんじゃないの?(笑)

‥‥そんなワケで、あまりにも素晴らしい英語力のコイズミだから、たった40分程度の会談の内の20分は通訳が話してたワケで、実質は、たった20分の会談だったと思うけど、いつものように大切な話にはノータッチで、どうせ「日本郵政」の350兆円をアメリカに献上する密約だけで終始したんだろうな。そして、会談のあとの会見では、何の臆面も無く、こう言った。


「日米関係が緊密であれば、対中国も、対韓国も、対アジア諸国も、対国際社会としても、良好な関係を築いて行ける。日本は、過去も現在も未来も、永久に米国と良好な関係を保っている。」


はあ? ニポンは「過去」もアメリカと良好な関係だったの? じゃあ、広島と長崎に原爆を落として、何の罪も無い20万人以上のニポン人を殺したのはどこの国なの?東京大空襲で、10万人以上のニポン人を殺したのは、どこの国なの?

さらには、沖縄の普天間基地の問題については、「粘り強く交渉して理解を求めるよう政府一体となって最大限の努力をする」って言ったんだけど、これは、沖縄の人たちの気持ちをアメリカに伝えるために「努力する」んじゃなくて、アメリカの無理強いを沖縄の人たちに押し付けるために「努力する」って言ってんだから、開いた口が塞がらない。サスガ、コイズミ、在日アメリカ大使だけのことはある。

挙句の果てには、国民の過半数以上が反対し、70%近くが「輸入を再開しても買わない」って言ってる狂牛肉についても、コイズミ直属の内閣府食品安全委員会が捏造した「米国の牛肉は安全だ」って言うデタラメな資料をブッシュに見せて、早期の輸入再開を勝手に約束しやがった。そして、ブッシュは大喜びで、「日本政府が安全だとの判定を出してくれたことはとても嬉しい。これからもアメリカの牛肉をよろしくお願いする。」と来たもんだ。お前らは、馴れ合いの夫婦漫才師か?

‥‥そんなワケで、11月10日から「政府インターネットテレビ」ってのがスタートして、コイズミ茶番劇場をいつでもお茶の間で楽しめるようになったワケだけど、このどうしようもない税金の無駄づかいに対する宣伝コメントが、おへそがローズヒップティーを沸かしちゃうくらいアホらしいので、ここに紹介しちゃう。

「1週間分の総理の動きをコンパクトにまとめた『らいおんウイークリー』や総理出席の各種行事を映像記録した『ビデオで見る総理』はじめ総理記者会見、安倍晋三官房長官の定例会見、閣僚インタビュー映像など政府広報番組的色彩が強い。より一層、ビジュアルな『劇場型パフォーマンス政治』となることを好ご期待下さい!!」

コイズミ自らが、内容の無い「パフォーマンス政治」だってことを認めてる上に、何の臆面も無く、それを「売り」にしちゃってんだから、もう言葉も無い。それでも、自民党なんかを支持してる洗脳信者たちは、こんな宣伝文句を読んでも、何ひとつ真実に気づかずに、「そうか!さらに素晴らしい小泉劇場が見られるんだな!」とかって喜んでんだろうな‥‥なんて、心底、トホホホホって気分になる今日この頃なのだ(笑)


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.15

あなたを想うほど

AVCD16075
あたしは、どうしてこんなにMAXを好きなのか自分でも分かんないほど好きで好きで好きなんだけど、それはともかくとして、どうしてこんなに玲奈ちゃんを好きなんだろうか‥‥。ゆうべ、「ニライカナイ」のビデオを何度も何度も繰り返して鑑賞してたんだけど、何回見ても、どうしても玲奈ちゃんだけを見ちゃう。5回目くらいまでは仕方ないとしても、6回目くらいには他のメンバーも見てみようって思ったのに、やっぱり玲奈ちゃんだけを見ちゃう。10回目くらいには、すごく意識して他のメンバーも見てみようとしたのに、それでもやっぱり玲奈ちゃんだけを見ちゃう。そして、20回目くらいからは、無理しないで玲奈ちゃんだけを見ようと思った。ようするに、玲奈ちゃん以外のメンバーを見ようとしても、結局は玲奈ちゃんだけを見ちゃうから、そんなふうに意識しないで、自然体で玲奈ちゃんを見るようにしてれば、ふと他のメンバーも見ると思ったからだ。だけど、そうしても、やっぱり玲奈ちゃんだけを見ちゃう。つまり、何も考えずに見てても、玲奈ちゃんだけを見ようとしても、玲奈ちゃん以外を見ようとしても、どんな意識で鑑賞しても、絶対に玲奈ちゃんだけを見ちゃうってことだ。

さて、このくらい書き連ねとけば、「何だ、今日はMAXのネタか‥‥」なんて思って、MAXに興味の無い人はココで帰ってくれると思うので、重要なネタは後半に点在させるとして、のんびりと行ってみようと思う。で、ゆうべ「ニライカナイ」のビデオを見てて気づいたのは、向かって左から玲奈ちゃん、ナナさん、りっちゃん、アキって、4人が横一列に並んだ時に、りっちゃんとアキの間隔が、他の3人の間隔よりも若干広いってことだ。これは、アキが、りっちゃんを恐がってるからじゃないだろうか? それから、間奏で2組に分かれてカチャーシーを踊るとこでも、玲奈ちゃんとナナさんはアイコンタクトを取りながらニコニコして踊ってるけど、アキは、りっちゃんと顔を合わさないようにしてるし、りっちゃんも顔をそむけて下を向いてる。そして、そのあと、りっちゃんとのペアから開放されたアキは、まるで水を得た魚のように、イキイキと楽しそうに踊り、満面の笑みを浮かべてる今日この頃、皆さん、もう「ニライカナイ」はご覧になりましたか?


‥‥そんなワケで、もう「ニライカナイ」はご覧になりましたか?‥‥なんて聞いてみたところで、最近のMAXはライブばっかりで、メッタにテレビに出ないんだから、見たくても見られないってのがホントのところだ。それに、ライブにしたって、沖縄だの大阪だのって、なかなか行けないとこばっかで、挙句の果てには、今週の土曜日の19日に「パトンビーチ」ってとこでライブがあるって言うので、あたしは、「沖縄にそんな名前のビーチがあったかな?」って思って調べてみたら、ナナナナナント! タイのプーケットだった!

それで、そのイベントのオフィシャルサイトを見てみたら、「この機会にプーケットにいらしてください」なんてノンキなことが書いてあったけど、リトル無理がある。だから、タイにお住まいの人で、この「きっこの日記」を読んでる人がいたら、19日の「サワディー・プーケット・フェスタ」に行って、MAXの「ニライカナイ」を見て、4人が横一列に並んだ時に、りっちゃんとアキの間隔が他の3人の間隔よりも広いかどうかを確認してみて欲しい(笑)

‥‥なんてことも言ってみつつ、かつては、玲奈ちゃんとナナさんとりっちゃんの3人が、ミナコをいじめてるって言うウワサが流れたことがあったけど、それは単なるウワサだった。だけど、今回の場合は、りっちゃんがアキをいじめてるって話は、ウワサじゃなくて、自分たちがアチコチで言ってることで、面白おかしくネタとしてしゃべってる。だから、ホントはみんな仲良しなんだけど、裏番長のりっちゃんが年下のアキをパシリに使ってるって設定にしといたほうが、マニアにウケるってワケで、その一環として、ダンス中にも少しだけヨソヨソしくしてみたり、距離を取ってみたりして、分かるマニアにだけ「おおっ!やっぱり!」って思わせるって言う、痒いところに手が届くサービスっぷりだと言えるだろう。

そんな素晴らしいMAXの29枚目の新曲、「あなたを想うほど」が、11月30日にリリースされる。これは、MAXの歴史に残るであろうと思われる秀逸なバラードで、玲奈ちゃんいわく、「今年の冬は切ないバラードでキュンキュンしちゃいまひょ」ってことだ。15日発売の雑誌「songs」のインタビューも、玲奈ちゃんの「キュンキュン」って言葉でシメられてたから、これが新曲のキーワードなんだろう。ちなみに、現在発売中の雑誌「BLENDA」の41ページの玲奈ちゃんの写真は、新曲のジャケ撮影の時の使いまわしで、「songs」にも同様のショット(4人バージョン)が使われている。

C/Wは、テレビ東京で日曜日の深夜に放送中の学芸会ドラマ、「Star Light」のテーマソング、「Wonder Woman」で、これもなかなかカッコイイ曲だし、そんなことよりも何よりも、今回の目玉は、「あなたを想うほど」のPVがついてるってことだ。今回のPVは、4人のメンバーをバラバラに撮影して、それを編集して作ったので、11月4日の試写を見るまで、メンバー自身もどんなふうな作品に仕上がってるのか分からなかったそうだ。それで、ナナさんいわく、「今回は全く4人が絡んでるとこがなくて、ホントMAXでは今までに無かった作品に仕上がってて新鮮だった!」「歌も映像も心温まる作品だから期待してて下さいなぁ〜」ってことだし、りっちゃんいわく、「もちろん胸キュン映像ぉぉぉ♪」ってことだし、とにかくすごく楽しみだ。

それから、一部のファンサイトなどでは、99年のヒット曲、「一緒に…」のセルフカヴァーも収録されるって言われてて、楽天とかのネットショップでは、今でも「一緒に…」のセルフカヴァーも入った6曲入りCDとして予約を受け付けてるけど、これは間違いだ。たぶん、「ニライカナイ」に「TORA TORA TORA 2005」が収録されてたことから、こんな推測をした人がいたんだと思うけど、あたしは、avexの担当者に直接確認したので間違いない。それにしても、きちんと確認もしないで、ネットショップにウソの情報を書いて商品を売るCD屋さんて、一体‥‥。あえてショップ名は伏せるけど、そこには、「99年のヒット曲「一緒に…」の新ヴァージョンも収録したお得な1枚。」って書いてあった。だから、この情報を信じて注文した人は、騙されたって思うハズだ。まあ、所詮はネットショップだから仕方ないけど‥‥。

‥‥そんなワケで、「一緒に…」のセルフカヴァーが入ってないのは残念だけど、それよりも嬉しいPVがついてるワケだから、そっちに期待したい。ちなみに、大好評だった「ニライカナイ」のPVは、沖縄本島の中部、西海岸の読谷村(よみたんそん)と、沖縄本島の北部の本部半島にある今帰仁村(なきじんそん)で撮影された。MAXが踊ってる石造りのお城が、読谷村にある三重城(みーぐすく)で、海のシーンが、今帰仁村の海岸だ。だから、ヤマトンチューのMAXファンが沖縄に行く時には、風呂敷を持ってって、読谷村の三重城でパタパタとなびかせて、MAX気分を味わおう。

「ニライカナイ」のPVがあまりにも素晴らしかったので、今度の「あなたを想うほど」のPVにも自然と期待が高まっちゃうんだけど、実際の話、10月28日に撮影して11月4日に完成って、いつもにも増してヤッツケ感が強いんだけど、ガガガガガレッジセール‥‥じゃなくて、ダダダダダイジョブなんだろうか?‥‥なんて不安も抱えつつ、「ニライカナイ」にもPVをつけてくれれば良かったのに‥‥なんて不満も抱えつつ、来年くらいにはPVクリップ集が出そうな気もするし、あたし的には、とりあえずは気持ちを切り替えて、新曲の「あなたを想うほど」の売り上げに貢献するため、地道な販促活動を続けようと思う。

‥‥そんなワケで、皆さん、11月30日にリリースされるMAXの新曲、「あなたを想うほど」をぜひお買い求めください。4人のステキな胸キュン映像が堪能できるPVもついてて1200円とお得なので、1枚と言わず、10枚でも20枚でもいくらでも、ジャンジャンお買い求めください。お歳暮にもピッタリだし、急なお客様にお出ししてもいいし、たくさん買って道行く人たちに配れば、この世はきっとパラダイス。この日記を読んでる人が全員50枚ずつ買ってくれたら、100万枚突破の大ヒットになるんだけどなぁ〜(笑)‥‥なんてことも言ってみつつ、マジな話、1枚だけでもヨロピク♪ ちなみに、前もってCD屋さんに予約しとくと、「フライング買い」って言って、発売日の前日の夕方には手に入るので、そう言ったマニアックな買い方をしてみるのもオツなもんなので、この機会にお試しください‥‥なんて思う今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.14

猫暖房

P587239N28
ゆうべ、11時くらいに車の中の荷物を取りに行ったら、マックスがピョコピョコとビッコを引いてやって来た。それで、抱き上げて見てみたら、左の後ろ足をケガしてて、キズは1センチくらいなんだけど、ケガしてからそんなに時間が経ってないみたいで、まだ血が止まってなかった。見た感じは大したケガじゃないみたいだったんだけど、バイキンマンが入って叶姉妹になっちゃったら大変なので、消毒だけでもしとこうと思って、そのままお部屋まで連れて来た。マックスは、何度もあたしのお部屋に遊びに来てるし、暖房の無い我が家では、冬になると「猫暖房」として活躍して来たので、お部屋に入れても恐がったりしない。

ちなみに、最近「きっこの日記」を読み始めた人のために説明しとくと、あたしのお部屋のエアコンは4〜5年前から壊れてて、夏の冷房はそれなりに効くんだけど、冬の暖房が効かない。ずっと付けとくと、少しは温かい風が出て来るんだけど、変な音がして爆発しそうで恐いから、使わないようにしてる。だけど、あたしのお部屋は、1月から2月にかけては冷蔵庫の中みたいに寒くなって、室内なのに息が真っ白になって、暖房が無いと凍死しそうになっちゃう。それで、お部屋の中でコートを着て、手袋をして、何とかがんばって来たんだけど、2年前の冬にとうとう限界になって、それで、コジマ電気のセールで一番安い2千円の電気毛布を買ったのだ。

だけど、サスガに安物なので、ワンシーズン使ったら温度が上がらなくなっちゃって、一番上の目盛りにしても、ホンのちょっとしか温かくならなくなった。それで、弱くなった電気毛布と湯タンポを併用してたんだけど、それでも、明け方の一番冷え込む時間帯は、まったく意味が無い。体中の震えが止まらなくて、手足の先の感覚が無くなって来て、大ゲサじゃなくて、マンガとか映画とかの雪山での遭難のシーンの「眠ったら死ぬぞ!」って感じになって来る。そして、ブランデーの入った小さなタルみたいなのを首のとこにブラ提げたセントバーナード犬が救助に来てくれるような映像が浮かんで来ちゃったりしてた今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしのマンションは、石油ストーブは禁止だし、ガスヒーターは高くて買えないし、電気ストーブは安いのも売ってるんだけど電気代がアホみたいに高くなるから買えないし‥‥ってワケで、結局はエアコンを修理するしかないんだけど、電気屋さんに聞いてみたら、10年以上も経ってるエアコンだから、修理するよりも買い換えたほうが安いって言われちゃって、一応は値段を調べてみたんだけど、とても買えるワケは無かった。それで、電気毛布を買ったんだけど、ワンシーズンでダメになっちゃったってワケだ。だから、今度はもうちょっとマシな4000円くらいの電気毛布を買おうかとも思ったんだけど、電気毛布を一晩中つけてると、これもケッコー電気代が掛かる。それで、どうしたもんかと悩んでた時に、たまたま遊びに来たマックスが、あたしのベッドの上で寝ちゃった時があって、そのまま抱いて寝たら、朝まですごく暖かかった。

こんな流れから、あたしの「猫暖房」の歴史は始まったってワケだ。でも、何しろ野良猫だから、体は自分で舐めてるからワリとキレイなんだけど、ノミがいるのがタマにキズだ。それでも、マックスに限らず、どの子もマメにブラッシングをしてるし、夏場はノミ取り首輪をしてるので、普通の野良猫よりはノミが少ない。だから、そのまま一緒に寝てもノミに刺されることは無いと思うし、今まで一度も刺されたことは無いんだけど、やっぱり何となくイヤだから、ノミ取り専用コームで首の周りとかシッポの付け根とか、ノミのいそうなポイントを梳かしてから一緒に寝ることにしてる。そして、ノミ取り専用コームを使うと、無駄な毛も取れるので、お布団が毛で汚れないってメリットもあるのだ。

マックスの次になついてる黒猫のジジでも、何度か猫暖房を試したことがあったんだけど、ジジはマックスほど室内に入ることに慣れてないから、しばらくはお布団の中でじっとしてたんだけど、1時間くらいでモゴモゴと動き出して、外に出たがっちゃう。それで、ドアのとこまで行ってドアをカリカリと引っ掻くから、仕方なくドアを開けて外に出してあげるって感じで、未だに成功してない。あたしの理想としては、マックスやジジだけじゃなくて、ハナコもマイケルも小林君もペペロンチーノもカルボナーラもジジの兄弟たちも、みんなお布団の中に入れて、猫暖房パラダイスにしてみたいんだけど、2番目になついてるジジですら成功してないんだから、全員を集めるなんてトーテー無理な話だ。まあ、理想は理想ってことで、たった1人の彼女もいない男が、世界中の美女を集めてハーレムを作りたいって思うのも自由なんだから、あたしが、猫暖房パラダイスをしてみたいって思うのも自由だろう。

‥‥そんなワケで、「ちなみに」って言って書き始めて、簡単に済ませるハズだった猫暖房の話なのに、こんなに長くなっちゃった。だけど、あたしの猫暖房のことを知ってる昔からの読者でも、ここまで詳しい内容までは知らなかったと思うから、結果オーライってことで先に進もうと思う。で、海へ出たサケの稚魚が大きくなって生まれ故郷の川へと戻って来るように、あたしの話も最初に戻るワケだけど、あたしは、マックスの足のケガを消毒することにした。でも、消毒って言ってもマキロンしか持ってないんだけど、それでも、何もしないよりはマシだろう。

それで、ホントは、キズの周りの毛を刈ってから消毒したほうがいいんだろうけど、毛が短い足の部分だったので、ハサミで切るワケにも行かず、仕方ないので、そのままマキロンをかけることにした。何度かマキロンかけてティッシュで拭いたりしてから、化粧用コットンをマキロンで濡らしてキズの上を覆うようにして、その上からガーゼを巻いてバンソーコーで留めた。もしかしたら、嫌がってガーゼを取ろうとしちゃうかな?って思ったんだけど、マックスはとってもいい子で、ガーゼを嫌がらなかった。

お部屋に入れた猫を外に戻す時には、ガーゼとかホータイとかは外さなくちゃならない。そうしないと、自分で外そうとして、ガーゼを食いちぎって飲み込んじゃったり、体をこするような隙間を通った時に、何かにホータイが引っかかっちゃったりして、事故につながる恐れがあるからだ。だから、ホントは、首輪もしたくないんだけど、あたしの住んでる地域では、首輪をしてないと野良猫だと見なされて猫殺しに捕まっちゃうので、首輪はしとかないとならない。だけど、ペットショップで売ってるような首輪だと、いかにも人間が支配してるみたいな上下関係のイメージがしてかわいそうだから、あたしは、赤、黄、緑の太い毛糸を編んで作ったラスタカラーのヒモを首に結んでる。

‥‥って、またまたダッフンしちゃったけど、ケガの手当てをしたマックスは、やたらと甘え始めちゃって、とにかく可愛くて仕方ない。猫って、メスは大人になると甘えなくなるけど、オスはいつまでも甘える。特に、去勢手術をしたオスは、子猫のころに戻っちゃうみたいで、仰向けになってお腹を見せて甘えるから、可愛くて可愛くてたまんない。それで、あたしは、ソファーの上で仰向けになってるマックスのお腹をなでたり、肉球をモミモミして手がパーになるのを見たり、鼻と鼻をくっつけてみたり、ホッペをスリスリしてみたり、耳を裏返しにしてみたりして、しばらく遊んだ。マックスは丸顔だから、両耳を裏返しにするとドラえもんみたいなって、すごく面白い。それで、耳の中が少し汚れてたから、ティッシュで耳そうじをした。

それで、こんなことをしてるうちに、もう夜中の1時を回っちゃったので、ホントは日記を書いてから寝ようと思ってたんだけど、マックスも寝息を立て始めたし、日記は次の日にして、もう寝ることにした。あたしは、まずマックスをお布団の真ん中あたりのワキのほうに寝かせて、それから自分がそっと横に寝て、それで毛布をかけた。マックスは、ちょうどあたしの左のワキ腹のあたりに寝てるので、左手を添えてあげてると、安心するみたいだ。それで、朝まで温かく寝ることができる。だけど、いつもはこんな感じの「猫暖房」なんだけど、今の時季はまだぜんぜん寒くないから、ホントは必要ない。今回は、たまたまマックスがケガをしてたから泊めただけで、マックスのほうも寒いとは思ってないハズだ。

‥‥そんなワケで、あたしはすぐに眠ったんだけど、1時間か2時間か過ぎたころ、ちょっと寝苦しくて目が覚めた。そしたら、マックスがあたしの顔の真横に顔を出してて、「グピー‥‥グピー‥‥」って寝息を立ててた。文章で説明してもうまく伝わらないかも知れないけど、あたしは仰向けに寝てて、左腕と左ワキの間からマックスがホフク前進して来て、アゴをあたしの腕の付け根に乗せて寝てた‥‥ってことなんだけど、Ya see?とか言ってみつつ、ようするに、猫に腕マクラをしてたみたいな感じになってた。とにかく、まん丸のマックスの頭が、あたしの顔の真横にあって、「グピー‥‥グピー‥‥」って言ってるもんだから、あたしはそのあまりの可愛さに、コカコーラのQooちゃんがジュースを飲んだあとに「ク〜!」ってやる時と同じみたいに「ク〜!」ってなっちゃって、あたしの体内の小さいきっこたちも、全員「ク〜!」ってなっちゃった。それで、苦しくて寝返りを打ちたかったんだけど、グッスリと寝てるマックスを起したくなかったので、ガマンしてそのまま寝た。そしたら、目が覚めたら、左腕がシビレてて感覚が無くなってた上に、1日ずっと首が痛かった今日この頃なのだ(笑)


【注】 マックスのいい写真が無かったので、今日の写真は別の猫です。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.13

ちょっと前の話でキョーシュクなんだけど‥‥

issa
ちょっと前の話でキョーシュクなんだけど、この前の日曜日、11月6日の夕方、七五三の撮影のお仕事が終わって、車を発進させて、TOKYO FMをつけたら、ちょうどユーミンの番組「For your Departure」が始まった‥‥って言うか、ホントは、あと1時間早く終わってたら、16時からの福山雅治の番組が聴けたんだけど、サスガにそれは無理だった。それで、ナニゲにユーミンの番組を聴きながら運転してたら、歌と同じに抑揚のないしゃべり方で、「え〜今日のゲストは、今一番モテてる男性を番組に呼ぼうってことで、DA PUMPのISSA君に来てもらいました」って言って、ISSAが登場した。

で、トークを聞いてたら、音楽番組とかでの競演は無いのに、プライベートの時に、色んなお店とかで良く会うそうで、たいていはISSAが先にお店にいて、すでにイイ感じに酔っぱらってて、そこにユーミンがあとから入ってって、女の子とヨロピクやってるISSAを目撃するってパターンだって言ってた。それで、サスガに、ISSAと一緒にいた女性の名前は言わなかったけど、なんて言うのかな、そのトークを聞いてた人にしか分かんない感覚なんだけど、なんかお互いに目クバセをしながらしゃべってるみたいな感じで、その雰囲気から、ユーミンが目撃するたびにISSAは違う女性を連れてるってのが伝わって来た。

それで、これはあたしの推測なんだけど、ISSAが連れてた女の子が一般の女の子だったら、ユーミンはイチイチ顔を覚えてないだろう。つまり、二度目にISSAに会った時に、その横にいる女の子が、前回の時と同じ子なのか別の子なのかなんて、判断できないと思う。つまり、それが判断できるってことは、ISSAが連れてる女の子は一般人じゃなくて、顔を見ればすぐに分かる有名人てことになる。一度目に目撃した時に柴咲コウを連れてて、二度目に目撃した時に伊東美咲を連れてたとしたら、誰でも「あ、この前とは別の女性だ」って思うだろう‥‥なんて推測してみた今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、トークでは具体的な女性名は出さなかったけど、明らかに伊東美咲のことを指した内容が炸裂してて、なかなか面白かった。ユーミンが「ISSA君は、どっちかって言うと、簡単に落とせる女性よりも、無理そうな高嶺の花を狙うタイプでしょ?」って聞けば、ISSAも「ちょっとイイ女だと思ったら、あんまり考えずにアタックしてるけど、あとから考えると、そう言うパターンが多いみたいですね」なんてサラッと言っちゃってるし、そこで、すかさずユーミンが「この前のアレとか?」って、完全に伊東美咲のことを指して聞き返すと、ISSAは「ええ、まあ、えへへへへ」なんて答えてて、ぜんぜん悪びれたとこがなくて、すごく好感が持てた。

それで、ユーミンが、女性にモテるコツを聞いたら、ISSAは、別に女性にモテるコツなんか無くて、とにかく少しでも気に入った女性を見つけたら、何も考えずにカタッパシからアタックするって言ってた。そんな原始的な作戦で伊東美咲を食っちゃったなんて、いいぞ、ISSA!そのイキオイでこれからもチバリョ〜!‥‥なんてことも言ってみつつ、ISSAの場合は、柴咲コウや伊東美咲って言うハイレベルな女性遍歴の中に、たったひとつだけ、あびる優って言う汚点があるんだから、もっとイイ女をジャンジャン撃墜してかないと、この汚点を消すことはできないだろう。

‥‥そんなワケで、付き合った男性にとっても、出演した番組にとっても、所属してる事務所にとっても、汚点にしかならないあびる優だけど、最近は何をやってんのかと思ってたら、これまたちょっと前の話でキョーシュクなんだけど、10月31日の日本テレビの「パリオク!」って深夜番組に出てた。あたしは、初めて見る番組だし、途中から見たから、どんな内容なのか良く分からなかったんだけど、見たことない若手の漫才師みたいなのがMCで、一般人の女の子が真ん中のイスに座ってて、隣りにゲストのウエンツ瑛士がいて、その女の子が自分の不幸な身の上話をして、それに対して4人の女性タレントが色々と感想を言う‥‥って感じの、何だか意味不明良な番組だった。それで、その4人の女性タレントのうちの1人があびる優だったので、あたしは、また何かやらかしてくれないかなって思って、しばらく見てたってワケだ。

それで、その女の子の身の上話ってのが、メル友の男の子を好きになって、何とか自分を好きになってもらおうと思って、毎日、自分のエッチな写真を送り続けてたら、やっと思いが通じたのか、デートの誘いが来た。それで、すごく喜んで待ち合わせの場所に行ったら、車で迎えに来たその男の子は、その場で10分立ち話をして、それから車で近くの駐車場に行って車の中で10分間セックスをして、そのあと10分立ち話をしてバイバイって言う、たった30分だけのデートだけで捨てられた‥‥って話だった。それで、その女の子は、そんなにヒドイ扱いをされたのに、まだその男の子のことが好きで、どうしても忘れられないってことだった。そしたら、その子の話が終わるやいなや、あびる優がその男の子のヒドサに激怒して、さんざん文句を言った挙句に、トドメのセリフとして、こう言い出したのだ。


「あのねえ! やっていいことと悪いことの‥‥」


あたしは、「やっていいことと悪いことの区別もつかないのは」って言ってくれるんだと思って、瞬間的に「お前が言えた立場かよ!」ってツッコム用意をしたんだけど、あびる優も、さんざん叩かれて多少は学習したみたいで、自分で言いながら途中でハッと気づいて、うまいこと文章を変化させてゴマカシやがった。


「あのねえ! やっていいことと悪いことの‥‥判断がつかなくなっちゃうのも‥‥分かるけど‥‥」


サスガのあたしも、こう言われちゃったら「そりゃそうだ!」ってことになり、機転の良さに「お〜い! 安倍晋三く〜ん! 座布団持って来て〜!」って感じになっちゃうし、どこにもツッコめない。やっていいことと悪いことの判断がつかなくなっちゃったからこそ、商店の倉庫に忍び込んで大量の商品を盗み出せたワケだし、中学時代から飲酒だ窃盗だセックスだってやりたい放題だったワケだし、謹慎期間中にも飲酒三昧にセックス三昧だったワケだし、今でも未成年なのに飲み歩いてるワケだし‥‥。でも、そしたら、あびる優って、永久に判断がつかないままってことなのかな?

とりあえず、ジキに消えてくあびる優はどうでもいいんだけど、問題はやっぱりISSAだ。これだけハデにやってるのに、ナゼかあんまり叩かれないし、ファンも減らない。これが、ISSAの強みって言うか、魅力って言うか、天賦の才なんだと思う。たとえば、くり〜むしちゅ〜の有田哲平が、柴咲コウや伊東美咲と付き合ってたら、もっと反感を買うと思う。だけど、ISSAの場合は、何となく「ISSAなら仕方ないか‥‥」って感じで大目に見られるとこがある。

まあ、ISSAの場合は、ジャニタレと違って、「絶対にファンには手を出さない」ってとこだけはシッカリしてるから、そんなに反感を買わないのかも知れないし、男性のファンも多いんだろう。ジャニタレみたいに、チョコチョコとファンを食ってるようなフンベツの無いタレントは、バカな女からキャーキャー言われてるだけで、絶対に男性のファンは付かないもんだ。まあ、そんなことは置いといて、それにしても、同じ女優とお泊りデートをしても、ISSAなら許せるけど有田哲平だと許せない‥‥ってのは、どう言う感覚なんだろう?

‥‥そんなワケで、これまたちょっと前の話でキョーシュクなんだけど、東武鉄道の30歳代の運転士が、3才の自分の子供を運転室に入れて約4分間運転したとして、東武鉄道は会社の規約によって、この運転士の懲戒解雇を決めた。そして、このニュースを知った市民から、「処分が重過ぎる」「かわいそうだ」って内容の抗議メールや電話が、東武鉄道に400件以上も届いたそうだ。だけど、たとえば、20代の新人の運転士が、自分の彼女を運転室に入れて約4分間運転したとしても、市民は同じように思うだろうか? たとえば、50代のベテランの運転士が、自分の愛人を運転室に入れて約4分間運転したとしても、市民は同じように思うだろうか? やったことは同じことでも、対象が変わればイメージも大きく変わって来る。この2例の場合なら、懲戒解雇になっても誰も同情しないだろうし、逆に、単なる減給処分か何かだったとしたら、「処分が甘すぎる!」「ふざけんな!」って言う苦情のメールがジャンジャン届くだろう。

これって、もしかしたら、「ISSAなら許せるけど有田哲平だと許せない」ってのと同じことなんじゃないの? だって、たくさんの乗客の命を預かってる鉄道の運転士が、第三者を運転室に入れて走行させるってことは絶対にあってはならないことで、それはいかなる場合でも同じだと思う。いくら自分の子供だと言ったって、特別扱いはできないだろう。話によると、ある駅で停車中に、この子供が泣きながら、「パパ!パパ!」と大声を上げて、運転室のドアをバンバン叩いたそうだ。それで、運転士がドアを開け、一時的に運転室に入れ、泣き止むようにあやしたんだけど、発車時間までに泣き止まず、それどころか、その場にペタンと座り込んじゃったので、仕方なくそのまま発車して、次の駅に到着したところで運転室から出したって言う。

ようするに、やったことは規則違反だけど、結果としては何の事故も起こらなかったワケだ。だから、「処分が重過ぎる」だの「かわいそうだ」だのってメールや電話が殺到したんであって、たとえば、この運転士が、運転しながら床に座り込んだわが子をチラチラと見てたとして、それによって緊急の信号を見落として大事故が起こってたとしたら、どうなってただろう? それでも、「処分が重過ぎる」なんて思うヤツがいただろうか?

だけど、大衆の感情なんて、所詮はこんなレベルなのだ。まったく同じことをしても、相手の持ってるイメージによって、その評価は大きく変わっちゃう。結局は、モノゴトの本質なんか見ずに、外見やイメージだけで安易に判断しちゃうってワケだ。だからこそ、コイズミの低能パフォーマンスなんかに騙されるバカがワラワラと湧き出て来たのだ。今回の総選挙でも、コイズミの代わりに大仁田厚が自民党の顔になって、コイズミとまったく同じパフォーマンスを繰り広げてたとしたら、それでも自民党は大勝できただろうか? 結局は、「ISSAなら許せるけど有田哲平だと許せない」ってのと同じで、公約や法案の中身はまったく同じでも、「小泉さんなら支持するけど大仁田さんだと支持できない」ってことになってたハズだ。それが、自民党なんかを支持してるヤツラのレベルなのだ。だから、コイズミの運転する電車に乗せられてる自分たちの運命なんて、まったく気づいていない。ノンキな自民党支持者たちは、自分たちの乗ってる電車がどこに向かってるのかも知らずに乗ってるのだ。

‥‥そんなワケで、コイズミは、今までにたったのひとつも公約を守ったことがない。つまり、コイズミが電車の運転士だとすれば、ひとつも規則を守らずに運転してるってワケだ。運転士以外は入れたらいけない運転室に、何の役にも立たないチルドレンをギュウギュウ詰めになるまで入れて、前も見ないで運転してるってワケだ。そして、この無責任極まりない運転士は、来年の9月になったら自分だけは途中の駅でトットと降りちゃうからいいけど、そのまま乗せられてる乗客たちは、もう降りることができないのだ。運転室に残されてるのは、電車の運転なんかしたことのないチルドレンだけで、この線路の先は断崖絶壁で途切れてる。つまり、あとは谷底へ落ちて行くだけだって言うのに、まったくもってノンキな乗客たちだ‥‥なんて思う今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロシクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.12

米国郵政誕生

nishikawa
飼主ブッシュ様の言いつけに従って、ニポンの経済を完全崩壊へと導くための郵政民営化をムリヤリに押し通した売国奴コイズミは、いよいよ本性を現した。マトモな人たちなら、ある程度は予想してたと思うけど、「日本郵政」の初代社長に三井住友銀行の西川善文(写真)、取締役に日本郵政公社の団宏明(だんひろあき)副総裁と郵政民営化準備室の高木祥吉(たかぎしょうきち)副室長って言う、あまりにも見え見えの売国奴トリオを並べやがった。これで、郵貯と簡保の350兆円は、すべてアメリカにくれてやることが完全に決定しちゃったようなもんだ。

ネコにも分かるように簡単に説明しとくと、西川善文ってのは、ニポンの経済の柱のひとつであった三井住友の債権をアメリカのゴールドマン・サックスに叩き売った張本人で、その糸を引いていたのが、アメリカに住民票を置いてるほどの売国奴、竹中平蔵だった。事前に、竹中平蔵と西川善文とゴールドマン・サックスのポールソン会長がコッソリと密約を交わして、三井住友の優先株をゴールドマン・サックスに発行したのだ。これは、どう考えても証券取引法違反だけど、ブッシュがコイズミに命令し、コイズミが竹中平蔵に命令してやらせたことだったから、とうてい取り締まることなんかできなかったのだ。

ちなみに、西川善文ってのは、政界や財界から広域ホニャララ団や右側に偏った団体に至るまで、すべてとつながりのある大悪党で、300億円献金でオナジミの金丸信からも、土地だ現金だと億単位のワイロをガンガンに受け取ってた男だ。その上、守銭奴の代表、村上ファン怒の村上世影や、創価学会員で楽天の社長の三木谷浩史なんかとも癒着してる。ようするに、大きなお金の動くとこには必ず関わってるフンベツの無いジイサンなのだ。そして、何よりも最悪なのが、コイズミと同じ在日アメリカ大使の竹中平蔵と完全に癒着してて、何でも竹中平蔵の言う通りに動いちゃうとこ、つまりは、コイズミの言う通り、ブッシュの言う通りに動いちゃうってとこなのだ。こんな売国奴を社長に据えたってことは、コイズミお得意の「あとは野となれ山となれ」ってことで、だからこそコイズミは、完全崩壊後のニポンの責任を取りたくないから、「早く来年の9月にならないかな〜」って、総理大臣を辞める日を指折り数えて楽しみにしてる今日この頃、皆さん、郵貯と簡保は解約しましたか?


‥‥そんなワケで、西川善文の悪行三昧を書き始めると、それだけで1日ぶんの日記が終わっちゃうから、この辺で、取締役に就任が決まった残り2人のことをリトル説明しとこうと思う。まず、日本郵政公社の団宏明副総裁ってのは、郵政民営化への第1段階の「郵政公社」が誕生した時に、郵政事業庁長官から公社副総裁へと横滑りしたオッサンだ。郵政公社は、総裁が商船三井会長の生田正治、団宏明と並ぶもう1人の副総裁がトヨタ自動車常務の高橋俊裕だった。だから、普通に考えれば、この3人の中で一番偉い生田正治に次なる重要なポストを与えるのがスジってもんなんだけど、コイズミや竹中平蔵の考えは、まったく違う。

ようするに、「この3人の中で誰が一番優秀か」ってことじゃなくて、「この3人の中で誰が一番イイナリに動くか」ってことが選考基準だったのだ。そう考えると、商船三井やトヨタ自動車で長い経営実績を持っている人間よりも、コイズミや竹中平蔵の下で郵政一筋にやって来たフトコロガタナ、団宏明こそが、誰よりも適材ってことになる。

そして、もう1人の取締役に決まった郵政民営化準備室の高木祥吉副室長ってのが、これぞ竹中平蔵のコシギンチャクって言う最低の男だ。中小企業がバタバタと倒産し、多くの経営者が一家心中をした2年前に、そう言った弱者には何の手も差し伸べず、バカのひとつ覚えの「痛みをともなった改革」ってセリフを繰り返してたコイズミだけど、怠慢な経営で破綻を迎えた「りそな銀行」には、3兆円を超える公的資金を注入した。これは、すべてあたしたちから巻き上げた税金だ。だから、当然、多くの国民が激怒したワケだけど、この時、国民の声を無視して、公的資金の注入の音頭をとったのが竹中平蔵で、その下で言われるがままに手伝ってたのが、当時の金融庁長官、高木祥吉なのだ。

高木祥吉の悪行三昧も、書き始めると長くなっちゃうから、ホンのちょっとだけ触れとくけど、たとえば、高木祥吉が金融庁長官になる前の金融庁監督局長だった時のことだけど、旧大和銀行が資本金を過小報告した時に、その実態を知りながら、本来なら告発する立場にありながら、逆にワイロをもらってインペイの手伝いまでしちゃってる。だけど、すべての責任を旧大和銀行だけにナスリつけて、自分だけは逃げきった。

それから、一昨年の7月には、東京海上火災保険に対して、別の生命保険会社との経営統合の話を白紙に戻さないように圧力をかけて、白紙に戻したら行政処分をするぞって脅して、刑法第233条第3項の「強要未遂」や国家公務員法第100条第1項の「守秘義務」などに違反しているとして、東京地検に告発されている。これも、東京海上火災保険と経営統合することによって破綻を免れようとしてた保険会社からワイロをもらってたんだけど、結局、竹中平蔵とコイズミの力で逃げきったのだ。

‥‥そんなワケで、オオカタの予想通り、コイズミと竹中平蔵の思い通りに動く操り人形トリオが「日本郵政」のトップに座ることになったんだけど、それは当然、「国民のため」なんかじゃなくて、「コイズミのため」であり「アメリカのため」って背景があるんだから、「日本郵政」って言うよりも「米国郵政」って言ったほうが適切だろう。コイズミが、中途半端な法案で郵政民営化をゴリ押しした時には、自民党の内部からも、「郵政民営化には賛成だが、小泉さんの法案ではまだ不十分な点がある。期限はあと4年もあるのだから、そんなに急がずにもっと慎重に議論を積み重ねて行こう」って言う声がたくさんあった。それなのに、コイズミは、党内の多くの声を無視して、不十分なままの法案を提出した。そして、「民営化には賛成だが、法案には反対だ」って人たちが党内からも続出しちゃって、法案は否決された。

そしたら、コイズミは、気が狂ったようにヒステリーを起こしちゃって、衆院を解散、総選挙って言う、議会制民主主義を根底からひっくり返すデタラメを演じて、皆さんご存知の通り、「郵政民営化のコイズミ法案に賛成か反対か」を「郵政民営化に賛成か反対か」ってふうに論点をスリ替えちゃって、IQの低い人たちを騙すための低脳パフォーマンスを繰り広げて、まんまと作戦通りに総選挙に大勝した。そして、佐藤ゆかりにさえも「50点です」って言われてた欠点だらけの法案が、ほとんどそのままの形でスパッと可決されることになった。

さて、何でコイズミがここまでメチャクチャなことをやってまで、大急ぎで郵政民営化の法案を通したかったのかって言うと、それは、アメリカの都合に合わせてたからなのだ。アメリカは、2009年からスタートする年金改革で、6年間に1兆ドル(120兆円)の資金が必要なんだけど、戦争が大好きな低脳大統領のオカゲで、アメリカにはお金が無い。それで、アメリカは、これまでも在日アメリカ大使のコイズミを利用して、ニポンのお金をガバカバとムシリ取ってたけど、もっと大掛かりにやらないと間に合わなくなって来た。それで、目をつけたのが、ニポンの郵貯と簡保の350兆円なのだ。

でも、このお金が公的機関にあるうちは、アメリカは手も足も出すことができない。ようするに、ニポンの郵政を民営化させて、形だけでも民間が運営してることにさせなければ、ムシリ取ることができないのだ。それで、ブッシュは、自分の忠実な飼犬のコイズミに、2007年までに郵政民営化をするように指示したってワケだ。そうなれば、三井住友をゴールドマン・サックスに叩き売った時のように、何でもアメリカの希望通りになるワケだ。三井住友の時は、三井住友のトップの西川善文と、ゴールドマン・サックスのトップのポールソン会長と、竹中平蔵とが密会して密約を交わしたワケだけど、今度はその西川善文が、350兆円を持つ日本郵政のトップになったワケだし、その脇を固める取締役も、竹中平蔵の息のかかった団宏明と高木祥吉なんだから、これならアメリカからどんなハゲタカがやって来ても、竹中平蔵が中心になって、いくらでもアメリカのお望み通りの密談を交わせることだろう。

だけど、せっかく民営化しても、赤字運営の郵便業務や窓口サービスと、莫大な黒字の郵貯と簡保を一緒にされちゃったら、自分たちのムシリ取ろうと思ってるお金が、赤字部署のホテンにも使われちゃう。それでブッシュは、「必ず4分割させて、黒字である郵貯と簡保は独立させろ」って命令したのだ。そうすれば、赤字を出してる地方の郵便局はどんどん潰れるけど、黒字の郵貯と簡保はそれを助けなくていいから、アメリカは好きなだけお金をムシリ取って行けるってスンポーなのだ。そして、コイズミは、こんなふざけた命令に二つ返事でオッケーと言い、さらには、「アメリカ国債の購入」って言う、アメリカに対する直接投資を倍増することまで勝手に約束しちゃったのだ。こう言うのを「ドロボーに追い銭」って言うんだと思うけど、コイズミって、どうしてこんなにマヌケで、どうしてこんなに使い物にならないバカ総理なんだろう。

‥‥そんなワケで、結局、すべてはブッシュのオモワク通りに進み、あと3〜4年もしたら、ニポンの経済は完全にアメリカに支配されちゃうだろう。そして、すべてアメリカ主導の押しつけが日常的になり、環境を破壊しまくるアメ車はバンバン輸入されるだろうし、狂牛肉もバンバン輸入されるだろうし、農薬まみれの果物や野菜もバンバン輸入されるだろうし、ニポン人の主食であるお米までが、カリフォルニア産のコシヒカリだのアキタコマチだのが主流になるだろう。そして、ニポンの農家は次々と消えて行き、「主食のお米くらいニポンで作ったものを食べさせろ〜!」なんて抗議した日にゃあ、レイバンのサングラスをかけてコーンパイプをくわえたオッサンに、「何言ってんだ!アメリカは米国って言うんだからアメリカのお米こそが本物なのだ!」なんて怒られちゃったりして‥‥ってことで、オアトがよろしいようで〜テケテンテンテンテンテン‥‥なんて思う今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロピクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.11

変態ラーメン激戦区

iwamoto1
あたしは、サッカー観戦よりも野球観戦のほうが100万倍も好きだし、ラーメンよりもおそばのほうが100万倍も好きだ。だから、「サッカー観戦のあとにラーメンを食べに行く」って言うデートに誘われたら、相手が福山雅治であっても、あたしは断る‥‥わきゃないけど、とりあえずサッカーはガマンして観戦するとしても、そのあとのラーメンだけはカンベンしてもらって、何とかおそばに代えてもらいたいと思う。別に、おそばにこだわるワケじゃなくて、とにかくラーメン以外なら、ファミレスでもマックでも何でもいい。何でかって言うと、あたしはそれほどラーメンが好きじゃないのにも関わらず、お金が無いから、35円の金ちゃんラーメンを年間に100食くらい食べてるのだ。だから、もうそれだけで、限界を遥かに超えている。

だから、あたしは、いくら「すごく美味しいお店」とか「評判のお店」とか「行列のできるお店」とか「テレビや雑誌で紹介されたお店」とか言われても、ラーメン屋さんにだけはあんまり行きたくない。それに、あたしは、どんなに美味しいって言われてるラーメン屋さんのラーメンよりも、サッポロ一番の塩ラーメンにキャベツをいっぱい入れたののほうがダンゼン美味しいと思ってるし、第一、ラーメンなんかに500円も600円も払うなんてバカらしいと思ってるからだ。

だって、そこらの定食屋さんに行けば、焼き魚と煮物とお新香にご飯とお味噌汁が付いて500円くらいで食べられるし、あたしがタマに行く定食屋さんは、定食の他に単品売りもしてて、ご飯が100円、お味噌汁が50円、お新香が30円、サンマの塩焼きが150円、ほうれん草のゴマ和えが100円、肉ジャガが150円って感じになってるから、300円もあれば大満足できる。それに、テレビ局の社食に行けば、もっと豪華なものが食べられる。大体からして、ラーメンなんてのは、安くて手軽に食べられるものであって、何時間も行列に並んだり、500円も600円も払って食べるようなもんじゃない‥‥なんて書くとラーメンヲタクからブーイングを受けそうだけど、今日の日記のネタが「人気ラーメン屋の店主の犯罪」についてなので、こんな感じのマクラになっちゃった今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、数ある犯罪の中でも、イメージが悪いものと言えば、やっぱり「性犯罪」だ。で、今日のネタだけど、人気ラーメン店の店主が、有名ファーストフード店やファミリーレストランの本部社員に成りすまして、それらのお店でアルバイトをしている女子高生など約1000人に電話をかけ、「店のアルバイト女性が感染症で入院した。あなたも診断が必要だ。医者に画像を送るので、指示する体の部位を携帯電話で撮影して送ってくれ」って言って、胸や下半身のアップの画像を自分のケータイに送らせてたって言う、マトモな神経じゃ考えられない犯罪だ。そして、このニセ電話を受けた約1000人のうち、30人ほどの女性が騙されてしまい、言われたままに自分の裸の画像を送ってしまったそうだ。

このとんでもない変態野郎は、ラーメン激戦区って言われてる池袋で、「麺場 七人の侍」って言う、有名な映画のタイトルをパクッた店名のラーメン屋の店主、岩本正道(38)って男で、なんと5年ほど前にも、同じような手口の性犯罪で逮捕されて有罪判決を受けていたのだ。ようするに、まったく懲りてない根っからの変質者ってワケで、どんなラーメンを作ってたのか知らないけど、変態行為を繰り返してる薄汚い手で、ダシを取ったり麺を茹でたり具をトッピングしてたってワケだ。

それにしても、1000人に電話するって、電話代もサルコトながら、その執念に異常さを感じる。それも、「あ、もしもし」ってだけの電話でも、1000人にかけるとなればものすごい労力だろうに、「あ、もしもし、○○さんですか?私はホニャララドナルドの営業本部のホニャララ課のホニャララと申しますけれど、実はですね、○○さんと同じホニャララ駅前店で働いていた女性が感染症にかかり、入院してしまいました。そのため、本部でアルバイト全員の健康診断を実施することになりまして、それにともなって、担当医に胸と下半身の写真を送ることになりましたので、○○さんにもケータイで自分の局部の写真を撮っていただいて、これから申し上げるアドレスへ送信して欲しいのです。アドレスは、ホニャララのホニャララのアットマーク、ホニャララ、ドット、エヌイー、ドット、ジェーピーです。よろしいですか?ホニャララのホニャララのアットマーク、ホニャララ、ドット、エヌイー、ドット、ジェーピーですよ。それでは、明日までにお願いします。」‥‥なんて電話を1000人にかけるなんて、変質者ならではの異常な執念としか言いようがなく、まるで、郵政民営化に対するコイズミの執念と何ら変わらない。

‥‥そんなワケで、この岩本正道って男がどんなヤツかって言うと、1989年に大学を卒業して、人材派遣会社に就職して、13年間、営業を担当して来たんだけど、2001年、34才の時に、本人の弁によると、「ラーメン屋の開業を目指すために、長年勤めて来た会社をスッパリと辞めた」そうだ。それで、ラーメンの麺を専門に作ってる「大成食品株式会社」の社長、鳥居憲夫が経営する「麺彩房」で修行をして、それから、先輩卒業生がひと足先に開業した西葛西の「夢うさぎ」で、麺づくりなどを勉強した。そして、約10ヶ月の修行を終えて、人材派遣会社の退職金を使って、2003年の1月20日、つまり、約3年前に、「麺場 七人の侍」をオープンしたのだ。

だけど、ここで、知能は子供でもベッドでは大人、迷探偵キッコナンとしては、ひとつの疑問にぶつかった。上記のデータは、岩本正道が「麺場 七人の侍」をオープンした当時に、某所から受けたインタビューをモトにしてるんだけど、最初に書いたように、この男は、5年ほど前にも、同じような手口の性犯罪で逮捕されて、有罪判決を受けているのだ。つまり、会社を辞めるちょっと前に逮捕されてるってワケだ。そして、身柄を拘束され、裁判で有罪が確定したんだから、これを会社が知らないってことは考えられない。

ようするに、この変質者は、インタビューには「ラーメン屋の開業を目指すために、長年勤めて来た会社をスッパリと辞めた」なんてカッコイイことを抜かしてるけど、ホントのとこは、在職中に性犯罪を犯して、それが会社にバレてクビになったってワケだ。そして、何とか生活をして行かなくちゃならないから、「世の中はラーメンブームだし、とりあえずラーメン屋でもやってみっか」ってことになったんだろう。こんなレベルの人間だから、最初の1年か2年はマジメに働いてたのかも知れないけど、お店が軌道に乗って来た3年目には、またまた変質者としての本性が現われ始めちゃって、一度、逮捕されてるってのに、懲りずに同じ犯罪を犯しちゃったのだ。

性犯罪を犯して、13年間も勤めて来た会社をクビになったのにも関わらず、今度は、また同じ犯罪を繰り返して、1年近く修行をしてようやくオープンしたラーメン屋も畳むことになるなんて、本物のバカとしか言いようがない。それとも、どうせ、刑法第178条の「準強制わいせつ及び準強姦」て言う軽い犯罪で、「6月以上10年以下の懲役」って言うポテトチップスみたいに軽い罰しかないから、釈放されたら、ナニゴトも無かったかのように、またラーメン屋を続けるんだろうか?

ちなみに、この岩本正道に、イチからラーメンの作り方を指導した鳥居憲夫の会社、「大成食品株式会社」のホームページには、「食べある記隊が行く」と銘打ったコーナーがあって、社長自らが隊長となり、2人のメンバーを連れて全国の有名ラーメン店をレポートしている。そして、1999年10月にスタートしたこの企画は、今年の9月には第40回を迎えている。だけど、バックナンバーを見てみると、2003年3月の「第26回」だけが、キレイサッパリと削除されているのだ。

それで、どうも怪しいと思った迷探偵キッコナンが、別のキーワードからの検索をかけて、残ってたキャッシュを見てみたら、ビンゴ! それは「麺場 七人の侍」の回だった。ようするに、今回の事件によって、この会社のイメージまで悪くなっちゃうことを恐れて、事件が新聞に発表されたその日のうちに、大慌てで過去ログを削除したってワケだ。だけど、キャッシュには全文が残ってたから、あたしはジックリと読ませてもらったんだけど、サスガ、自分の愛弟子のお店だから、どこを切ってもホメ言葉しか書いてなかった。

‥‥そんなワケで、人気ラーメン店の店主による性犯罪って言えば、同じ池袋の人気ラーメン店、「あ・うん」の店主、吽野優(うんのまさる)(34)による7件もの連続強姦、強盗事件を思い出すけど、これは完全に重罪だから、8月7日の2審でも、1審通り、「無期懲役」を言い渡された。とは言っても、「無期」ってのは、死ぬまで刑務所に入れとくってワケじゃなくて、「刑期を決めない」ってだけの話だから、ほぼ100%、15年ほどで出て来ちゃう。だから、オッサンとかなら刑務所の中で寿命を迎えるケースもあるだろうけど、この吽野優の場合は、まだ34才だから、50才前には仮釈放で出て来るし、そしたら、また強姦や強盗を繰り返すかも知れない。

他にも、2004年の5月には、横浜市西区の人気ラーメン店、「吉村家」の店主、吉村実、こと、李用実(52)が、「わいせつビデオ販売目的所持」で逮捕されている。この変態オヤジは、「横浜ラーメン」の考案者として有名だそうで、ラーメンヲタクの間では、「とにかく態度がデカくて口うるさいけど、ラーメンだけは美味しい」ってことらしい。まあ、ラーメンが好きじゃないあたしから見れば、どんなに美味しくたって、こんな性犯罪者どもが薄汚い手で作ったものなんか、お金をもらっても食べたくないけど、ラーメンヲタクにとっては、作る者の人間性よりも、味のほうが大切なんだろうか?

‥‥そんなワケで、あたしなんかが何を言ったところで、性犯罪者が何の臆面も無く堂々と総理大臣をやってるような異常な国なんだから、たかがラーメン屋のオヤジが性犯罪を犯したくらいじゃ、今さらビックルを飲むほどのことでもないのかも知れない。だけど、あたし的には、食べ物を扱う人の性犯罪には、特別な嫌悪感を感じる。それは、ずっと前のことなんだけど、世田谷の経堂と梅が丘ってとこに、すごく有名なお寿司屋さんがあって、そこの板前3人に、あたしの先輩がレイプされたことがあるからだ。それで、その先輩は泣き寝入りしたんだけど、その話だけは学校中に広まっちゃって、結局、先輩はあとちょっとで卒業だったのに、学校にいられなくなって転校して行った。そして、その犯人たちは、何のオトガメも受けずに、今じゃノレン分けをしてもらって、それぞれの地元で平然とお寿司屋さんを経営してるのだ。こんな過去があるから、今回の「麺場 七人の侍」の店主、岩本正道の犯罪も、たとえ軽い犯罪だとしても、あたしは絶対にガマンできない今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★変質者の作ったラーメンなんか食べたくない!って思う人はクリックをお願いします!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.10

パンダの秘密

panda
今日は、お仕事が早めに終わったので、夕方から車屋さんに行って来た。実は、タイヤがもう限界で、夏には交換しなくちゃダメだって言われてたんだけど、お金が無いから、そのままムリして乗ってたのだ。あたしのタイヤは、ノーマルの「145/80R13」てサイズから、「175/60R13」て言う、ちょっと太くて、ちょっと平たいのに変更してあるから、値段がグンと高くなる。ノーマルのサイズだと、一番安いのなら1本4000円以下で買えるんだけど、あたしの履いてるサイズだと、2倍の8000円以上もする。それも、お話にならないみたいなヘボタイヤでその値段で、ちゃんとグリップするタイヤだと、3倍の12000円くらいになっちゃう。それが、4本だから4倍で、さらに、組み換え工賃とかバランス工賃とか古タイヤの廃棄料金とかも加算されるから、楽勝で5万円を軽く超えちゃう。

ここだけの話、前回は、8割くらい山の残ってた中古タイヤをタダでもらったので、工賃だけで取り付けてもらったんだけど、毎回そう言うワケにも行かないので、今回は新品のタイヤを買うことにした。とは言っても、夏にお金の無かったあたしは、立秋を過ぎても、立冬を過ぎても、あいかわらずお金は無いままで‥‥って言うか、どう転んでも5万円なんて用意できるワケないから、カードの封印を解いて、6回払いにすることにした。だけど、1回目の支払いはできるだけ先のほうがいいから、11月に入ってからタイヤ交換をするつもりでいたのだ。カードのシメは月末なので、10月の終わりにカードを使うと、11月から引き落としが始まっちゃうけど、11月に入ってからカードを使えば、12月からの引き落としになる。これだけでも、精神的には大きな違いがある。

それで、タイヤは10月のうちに取り寄せてもらってたので、11月になったらすぐに行くつもりでいたのに、早く行かなきゃ早く行かなきゃって思いつつ、10月の終わりに胃カメラの検査をしたあと、またお腹が痛くなったり、ナンダカンダで、結局、1週間以上も杉田かおる‥‥なんてことも言ってみた今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、いつものように、車屋さんの人たちに差し入れする飲み物とお菓子を買いに行ったんだけど、いつもいつも安売りの業務用の「草加せんべい」じゃ悪いと思って、今日は業務用の「黒糖カリントウ」にしてみた‥‥って、「悪い」と思うのは「草加せんべい」の部分じゃなくて「業務用」って部分だから、何に変えてもおんなじじゃん!(笑) それで、マサカ、その「黒糖カリントウ」の効果だとは思わないけど、今日はスゴイことが2つもあった。タイヤは、ヨコハマタイヤのアドバンの新型のにしてもらったんだけど、それはトモカクとして、ナナナナナント! 運転席と助手席のシートをタダで交換してもらったのだ!

あたしのシートは、もうフニャフニャで、長時間運転してるとお尻が痛くなる。それで、前に車屋さんに行った時に相談してみたんだけど、あたしのパンダは、もともとは運転席にバケットシートがひとつ付いてただけで、助手席のシートも後ろのシートも付いて無かったのだ。助手席のとこには、ナゼか消火器が付いてた。それで、あたしが買うことになって、急きょ、ぜんぶのシートを付けてくれたんだけど、なんか、ヤタラと柔らかくて、安物のベッドみたいな感じだった。とにかく、1時間以上運転してるとだんだんお尻が痛くなって来て、2時間で限界に達するって感じだった。それが、長年乗ってたら、もっとヒドクなって、1時間が限界になって来たのだ。

そしたら、今日、運転席と助手席のシートを用意してくれてて、タダで‥‥って言うか、わずかな工賃だけで交換してくれたのだ。何でも、高級なシートを買ったお客さんが、いらないからって置いてったんだそうだ。それで、今まではグレーのストライプのガラだったんだけど、今度は、すごく可愛いグレーのチェックになった。後ろのシートは今までのだけど、同じ濃さのグレーだから、ぜんぜん違和感が無い。それに、今までのシートは、特に運転席は、もうケバ立っちゃってたし、部分的にホツレちゃってたし、タバコの火を落とした穴まで開いてたから、それが、ほとんど新品みたいなピカピカのシートになって、オマケに、硬くてシッカリしてるから、座り心地が大幅に良くなった。

‥‥そんなワケで、これがスゴイことの1つなんだけど、もう1つのスゴイことは、もっともっとスゴイ‥‥って言うか、ある意味、ちょっと恥ずかしいことなんだけど、ビックル連続一気飲みレベルの大事件だった。それは、あたしの車のエンジンが、買ってから今日まで何年間もずっと1100ccだと思ってたのに、実は、1200ccだったのだ。今日、二度目のナナナナナント!だけど、「ナント」じゃなくて「プント」って言うフィアットの車があって、その車の1200ccのエンジンに交換してあったってことが分かったのだ。

あたしがパンダを買った時には、確かに「1100ccのエンジンで、インジェクションをキャブレターに交換してあります」って説明を受けたと思うんだけど、ホントはそうじゃなくて、別の車のエンジンに交換した上に、キャブレター仕様に改造してあったのだ。それで、この数年間、何度も何度も車屋さんに行って、修理だとか車検だとかオイル交換だとかをしてもらって来たけど、車屋さんの人たちは、当然、あたしはエンジンを交換してることを知ってると思ってたので、あえて言わなかったそうだ。

それで、なんで今日、分かったのかって言うと、タイヤ交換をしてもらったあとに、あたしがスペアタイヤの話をしたからだ。普通の車って、どこかにちゃんとスペアタイヤを入れとく場所があるのに、あたしのパンダにはその場所がなくて、後ろのハッチを開けたとこに無造作に置いてある。それで、荷物をたくさん積む時に、いつもスペアタイヤがジャマなので、「なんでパンダにはスペアタイヤを置いとく場所がないんですか?」って聞いてみたのだ。そしたら、「普通のパンダはエンジンルームの中にスペアタイヤのスペースがあるんだけど、この車は大きいエンジンに積み換えてるから、そのスペースが無くなったんだよ」って言われて、「え?」ってことになったのだ。

それで、詳しい話を聞いたら、あたしは、初耳の大行進になっちゃって、挙句の果てには車検証まで見せられて、「構造変更」って言うのの説明まで受けちゃった。説明によると、もともとのエンジンが修理不能の状態まで壊れた場合には‥‥って、あくまでもこれは表向きの理由だけど、そう言うウソをつけば、同型車種の中古エンジンに積み換えても、排気量のランクが変わらなければ、同じナンバーで申請できるってことらしい。だから、1600ccのブルーバードに1800ccのスカイラインのエンジンを積んでも、構造変更の申請をして、車検証のエンジン番号を変更すれば、ちゃんと公道を走れるそうだ。ただし、最近の車の場合は、まったく同じ排気量のエンジンなら問題ないけど、排気量の違うエンジンに交換すると、なかなか申請を通すのが難しくなったそうだ。あたしのパンダの場合は、まだ構造変更のシステムがゆるかったころに申請したから、簡単に通ったらしい。

これで、あたしのパンダがヤタラと速かった理由が、今日、ようやく分かった。そして、「きっこの日記」の賢明なる読者の皆さんは、あたしが車のことをいかにシッタカブリしてたのか、良く分かったと思う(笑) とにかく、パンダの1100ccのエンジンと、プントの1200ccのエンジンは、排気量だと、たった100ccしか違わないのに、馬力だと2倍近く違うのだ。その上、ウエーバーって言うウィリアムスのドライバーみたいな名前のキャブレターを2個も付けてるし、タコ足もマフラーも換えてあるから、もっと馬力が出てるのだ‥‥って、「違うのだ」とか「出てるのだ」とか偉そうに言ってるけど、ぜんぶ車屋さんのウケウリで、所詮は、メモ帳に書いて来たことを書き写してるだけなんだけど(笑)

‥‥そんなワケで、タイヤも新品になって、驚くほど速くなったし、特にカーブを曲がる時がスムースになったし、その上、シートも新しくなって、バツグンに乗り心地が良くなった。さらには、ホントは黒いバンパーが、ナゼが白っぽくなってたんだけど、タイヤのツヤ出しをパンパーにも塗ってくれて、真っ黒でピカピカになった。これだけでもスゴイことなのに、実は1200ccだったってことまで分かり、もう10万キロを超えた車なのに、なんだか新車みたいな気持ちがして来た。でも、10万キロって言うのは、モトのエンジンで走ってたぶんも入れての距離だから、今のエンジンで走ったホントの距離は、いったい何万キロなんだろう?‥‥なんて、また新たな疑問が生じちゃった今日この頃なのだ(笑)


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロピクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.08

初めてのお化粧

img10542129874
今日、11月7日は「立冬」、暦の上では今日から冬に入った。「冬に入る」んなら、「立冬」じゃなくて「入冬」じゃないかって思うんだけど、「入冬」にしちゃうと、結婚式のケーキ入刀みたいだし、どんなバカでも犯罪者でも入党できる自民党みたいだし、昭和12年にニポンで最初にビアガーデンがオープンした有楽町ニュートーキョー本店みたいだし、深夜に笑福亭鶴光から電話が掛かって来て「乳頭の色は?」って聞かれちゃいそうだし‥‥ってことで、1905年、猫ひろしが中心となったポーツマス条約において、「入冬」じゃなくて「立冬」って呼ぶことに決まった。

‥‥なんてことも言ってみつつ、新暦の今の暦に、旧暦の「立冬」をムリヤリに当てはめてるだけでも1ヶ月以上の誤差が生じてるのに、さらに地球温暖化のセイで、約2週間も季節がズレ込んでる。だから、立冬の今は、実際には「紅葉のシーズン」てことで、ホントの意味での立冬はまだまだずっと先で、12月の半ばごろになる。だけど、いくらホントの立冬はまだ先だって言っても、ジワジワと冬へ向かってることは事実だし、いくら暖かくても、空気は確実に乾燥し始めてる。だから、「立冬」って声を聞くと、あたしの基本的な生活は何も変わらないんだけど、ひとつだけ、スキンケアとベースメイクが変わる。

女性のお肌はすごくビミョ〜なんだけど、大きく分けると、乾燥肌、脂性肌、混合肌の3つに分けられる。だけど、乾燥肌だからってヤタラと保湿ばかりに気を使えばいいってワケでもなく、脂性肌だからって保湿しなくてもいいってワケでもない。その上、同じ乾燥肌でも、敏感肌とそうじゃないのがあって、そうじゃないのに対しては、サスガに「鈍感肌」とは呼べないから「そうじゃないの」って呼んでるけど、ようするに、どんなメーカーのどんなタイプのものを使っても荒れたりしないヘビーデューティーなツラの皮ってことだ。で、あたしの場合は、混合肌の鈍感肌(笑)なんだけど、一般的な混合肌ってのは、目の下からホッペにかけてが乾燥肌で、オデコから鼻筋にかけてのTゾーンが脂性肌ってパターンがほとんどだ。だけど、あたしの場合はその逆で、春から秋にかけては別に問題無いんだけど、冬になるとTゾーンが乾燥して来る。特に、ミケンのあたりが一番ひどくて、1日でもケアしないとカラカラに乾いちゃって大変なことになる今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、しばらく前から、夜のお肌のお手入れとかベースメイクとかを冬用に変えたんだけど、あたしの場合は、自分に合ったものだけを使ってればいいってワケじゃない。仕事ガラ、各メーカーの新製品を試したり、場合によっては開発中のものをテストする場合もあるので、自分の使ってるものは細かくデータを取って、パソコンでまとめてる。それで、ここ1ヶ月くらいは、この秋に新発売になったコラージュのホワイトニングシリーズを試してて、正しいデータを取るために、化粧水も美容液も乳液もスポッツクリームもぜんぶコラージュを使ってる。

だけど、基礎化粧品以外は1日のテストで済むから、同じものを何日も使うことはなくて、ほとんどは自分に合ったものを使ってる。だから、ここんとこ下地はずっとランコムのトランスパレンス・メイクアップベースの#1で、これは、ファンデに合わせてる。ファンデは、基本的には1年中、ランコムのフォトジェニック・コンフォートなんだけど、ちょっと前に、あるスジから、ランコムのタン・レネルジーリフトをいただいたので、冬になったら使ってみようと思って、大事に取っておいた。あたしの愛用のフォトジェニックは、カバー力も保湿力も密着力も申しぶんない上に、水っぽいテクスチャーなので、つけ心地がサラッとしてて、それでいて崩れにくい。だから、ホントは冬でもフォトジェニックで十分なんだけど、さらにカバー力と保湿力の高いタン・レネルジーリフトなので、早く使ってみたかった。それで、今日は「立冬」ってことなので、まだまだ暖かかったんだけど、使ってみることにした。

最近は、禁酒、禁煙を続けてる上に、睡眠もそれなりにとってるから、お肌の調子がすごく良くて、お化粧するのが楽しくて仕方ない。それで、ついつい気合いが入りすぎちゃって、気がつくと1時間半コースになっちゃってる。もちろん、1時間半ずっとお化粧してるワケじゃなくて、途中でコーヒーをいれたり、テレビのニュースを見たり、パソコンのメールをチェキしたり、色んなことをしながらだけど、それでも、ザツな時は40分くらいだから、倍くらい楽しんでる。とにかく、ファンデのノリがすごく良くて、ピタッと貼りついてツルツルに仕上がるから、アイメークにも気合いが入るし、あっちもこっちも気合いが入って、気がつくと出かける時間ギリギリになってる。

‥‥そんなワケで、今日、タン・レネルジーリフトを使ってみた。ずいぶん前に一度、試しに使ったことがあるんだけど、その時はお肌の調子の悪い時で、そのセイでちゃんと分からなかった。だけど今日は、ベストコンディションって言ってもいいくらい調子が良かったので、すごく良く分かった。伸びもいいし、密着もいいし、カバー力はバツグンで、たぶん、手塚治虫の鼻に塗ったらブツブツがぜんぶ消えると思うくらいのカバー力だ。それでいて、決して厚塗りに見えなくて、すごく自然に仕上がるのは、サスガ、ランコムだ。だけど、マトモに買うとフォトジェニックの2倍もするので、毛穴とかが気になる人にはオススメだけど、あたしは、自分で買うんならフォトジェニックで十分だと思った。それに、最近は、ファンデは1色だけで、代わりにフェイスパウダーの2色使いで立体感を出してるので、使い慣れてるフォトジェニックのほうが色を合わせやすい。

まあ、細かいことは置いといて、とにかく、毎日のお手入れから、コンシーラーだ下地だファンデだフェイスパウダーだと、ツルツルでスベスベのお肌を作るために、あたしは日夜、努力してるワケだけど、この前の11月3日の文化の日と、5日と6日の土日は、七五三のスタジオ撮影のお仕事をやった。それで、あたしは、3日間で16人の女の子のヘアメークを担当したんだけど、当然のことながら、子供のお肌は何もしなくてもツルツルのスベスベで、ホントにうらやましかった。あたしが担当したのは、ほとんどが7才の女の子で、5才の子は2人だけだったんだけど、そのうちの1人は7才のお姉ちゃんとの一緒の撮影で、すごく仲が良くて可愛かった。あたしはひとりっ子で、子供のころはずっとお姉ちゃんかお兄ちゃんが欲しかったから、2人を見ててホノボノとした気持ちになった。

七五三の撮影って言ってもピンキリで、それこそ、数千円で何ショットも撮ってくれるようなお手軽なとこもあれば、数万円で時間を掛けて本格的な写真を撮るとこもある。今回、あたしに回って来たのは、七五三の撮影コースの料金が4万円弱の高級なスタジオのお仕事だった。それで、その料金の中に、ヘアメーク代として6500円が含まれてて、そのうちの3割がお仕事を斡旋してくれた事務所に行き、7割があたしのギャラになる‥‥なんて、こんなことまで書くことないか(笑)

で、やっぱりこんなご時勢だし、よほどのお金持ちじゃなかったら4万円もする七五三の写真なんか撮らないと思うのは、実は、あたしみたいなビンボー頭巾だけなのだ。何であたしのとこに今回のお仕事が回って来たのかって言うと、予約が入りすぎて、1人のヘアメークじゃ手が足りなくて、あたしが呼ばれたってワケなのだ。それで、あたし的には、今回は完全にヘアメークオンリーだったので、すごくラクだった。衣装のほうは、貸衣装屋さんが入ってたので、あたしはノータッチで、成人式の撮影の時の「ヘアメーク&着付け要員」みたいなハメにはならなくて、自分のお仕事に専念できた。だから、子供たちともチョコっと触れ合えたし、お母さんのメークをチョコっと直してあげたりもできたし、時間に余裕のあるお仕事だったので、すごく楽しめた。

キレイな衣装を着て、ヘアを作ってメークをすると、子供はみんな喜ぶんだけど、その喜び方がとっても可愛い。ホントは嬉しいクセに、鏡に映った別人のような自分を見て、恥ずかしくなったり照れたりする。そして、それまではしゃいでた子が急におしとやかになったり、照れ隠しによけいにはしゃいだり、色んな子がいる。だけど、「とっても可愛いわよ」「すごくキレイになったわね」って言ってあげると、みんなお姫様になったみたいな気持ちになるみたいで、ホントに嬉しそうだ。中には、すごく気に入っちゃって、撮影が終わってもメークを落とすのがもったいなくて、そのまま帰りたいって言う子もいた。それで、お母さんもオッケーだって言ったので、ヘアだけ下ろしてあげたら、すごく嬉しそうに帰って行った。あたしは、自分が子供のころに初めてお化粧してもらった時のことを思い出して、胸がキュンとした。

‥‥そんなワケで、今は何もしなくても十分にキレイだし、ウッスラとフェイスパウダーをはたくだけでもパッと輝く7才の女の子のツルツルのお肌も、あと10年もすれば本格的にお化粧を始めるようになり、成分も確かめずに肌質に合わないチープなコスメを使うようになり、先のことを何も考えずに日サロに通ったりするようになる。そして、さらに10年もしたら、お肌がボロボロになっちゃう子もいるんだろうな‥‥なんて思うとちょっぴり切ない気分になるけど、そこまではあたしが心配することでもないし、口を出すことでもない。ただ、あたしにできることは、ひとりでも多くの女性が自分のホントの魅力に気づいてくれるように、内面的な美しさを引き出すためのお手伝いをして行くだけなのだ‥‥なんて思う今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロピクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.07

禁酒、禁煙、禁ホニャララ

hiyoko2
10月28日に病院で検査をして、「胃カメラ」って言う史上最大の恐怖を克服したあたしだけど、そのオカゲで、初期の胃カイヨウが発見された。それで、このまま進行すると穴が開いちゃうらしいんだけど、まだ初期なので、お薬だけで1ヶ月くらいで治るって言われた。とにかく、お薬だけで治るってことも嬉しいけど、まだ小さな口内炎みたいな状態で、早期発見できたのが良かった。何しろ、「胃に穴が開く」なんてことになっちゃったら、食べた物が胃の穴から外に出ちゃうワケで、良く分かんないけど、食べ物がカンゾウとかジンゾウとかスイゾウとかインドゾウとかアフリカゾウとかナウマンゾウのほうに行っちゃうワケで、ソウゾウしただけでもタイヘンダゾウって感じでセスジがゾウッとする。

たとえば、朝、ご飯に塩辛を乗せて、お茶をかけて、サラサラッと食べたら、塩辛が胃の穴から外に出ちゃって、カンゾウとかにペタッて貼りついちゃって、何日もする間にだんだん腐って来たりして、お腹が痛くなって、その塩辛を取り出すために手術しなきゃなんなくなったりしたら、「あ〜〜〜お茶漬けなんか食べなきゃ良かった!」ってことになるだろうし、塩辛ってナニゲに内臓っぽい色をしてるから、手術の時にお医者さまが塩辛と間違えて、あたしの体の必要な部品まで取られちゃったりしたら、それこそシャレになんない。だから、常に胃の穴よりも大きなものを食べるようにしなきゃならないワケで、ようするに、何を食べるにしても噛まないで丸飲みしなきゃならないワケだ。

でも、食べ物はそれでいいけど、ヤバイのは飲み物だ。何を飲んでも胃の穴から外へピュ〜ッて出ちゃうだろうから、ゴクゴク飲むことができない。奥多摩のコケむした岩肌を湧き水が伝って滴ってるように、胃壁を伝って静かに落ちて行くように、ホンのちょっとずつ、ホンのちょっとずつ、ホンのちょっとずつ飲まないとダメだ。一番細いストローに、アイラインかなんかで5ミリごとの目盛りを描いて、5ミリぶん吸ったらしばらく待って、また5ミリぶん吸ったらしばらく待ってってやってかないとダメってワケで、あたしの十八番のビックル一気飲みなんか、とてもじゃないけどできやしない‥‥なんて思う今日この頃、皆さん、胃カメラお好きですか?‥‥じゃなくて、いかがお過ごしですか?(笑)


‥‥そんなワケで、あたしは、胃を決して胃カメラにチャレンジしたオカゲで、どんな飲み物でも胃のままに飲むことができて、やる気!元気!胃脇!ってことになったワケだけど、たったひとつだけ、大問題が発生した。それは、「もちろん、お酒はダメですよ」ってことだ。「なるべくお酒は控えてください」とか、「しばらくは飲みすぎに注意してください」とかじゃなくて、「お酒はダメですよ」って言う完全否定の上に、「もちろん」って言うダメ押しまで食らっちゃった日にゃあ‥‥って言っても猫ひろしじゃないけど、とにかく、完治するまではお酒が飲めないことになった。

それで、せっかくだから‥‥って言うか、モノはついでだから‥‥って言うか、リトル健康に目覚めちゃったので、完治するまではタバコもやめることにした。とは言っても、あたしの場合は、タバコはゼイタク品なので、「1日5本まで」って決めて吸ってるし、たいていは1日に3本くらいだし、1本も吸わない日もある。前は2日で1箱のペースで吸ってたんだけど、お金がもったいないから、自然と少しずつ本数が減って来て、今は1週間で1箱のペースになった。だから、やめたとこで大して変わらないとは思うんだけど、とにかく、「禁酒」と「禁煙」をスタートすることにした。それで、10月28日の夜に最後の一服をしてから、タバコとライターをポーチに入れて、タンスの引き出しにしまった。

で、禁酒と禁煙を始めてから昨日で1週間が過ぎたんだけど、正直に言うと、この間に一度だけお酒を飲んじゃった。スタートしてから3日目に、次の日に早い時間からのお仕事があって、できるだけ早く寝なきゃならなかったんだけど、どうしても眠れなくて、仕方なく焼酎のお湯割りを1杯だけ飲んじゃった。そしだら、それが美味しくて美味しくて、1杯が2杯、2杯が3杯ってなっちゃって、結局、ボトルの半分以上も飲んじゃった。それで、寝ることはできたんだけど、今度は寝てる間にお腹が痛くなって、苦しくて死にそうになって、サンザンな思いをした。だから、本気で禁酒することにした。

‥‥そんなワケで、あたしは、禁酒と禁煙を続けてくために、その代わりになる、何か別の日々の楽しみを持とうと思った。だけど、相変わらずお金に余裕は無いので、100円から200円くらいの範囲で、何か楽しいことを考えることにした。それで、毎日1個、チョコQを買おうかな?って思ったんだけど、前にも書いたように、今回のペットアニマルシリーズはそれほど興味が無かったので、とりあえず何を買うかは決めないで、毎日1個、チョコQでもお菓子でも何でも、200円以内のものを買っていいってことにした。たかが200円かも知れないけど、1ヶ月続けたら6000円にもなっちゃうし、ふだん無駄づかいを一切しないあたしにとっては、これは大きなゼイタクだ。だけど、何も欲しくない時にもムリヤリに何かを買うワケじゃなくて、1日働いて、帰り道でコンビニに寄って、何か食べたいお菓子とかがあった時だけ、今までは節約のためにガマンしてたけど、しばらくの間はお酒とタバコをガマンしてる代わりに1つだけ買っていいことにしたってワケだ。

それで、1日目は、すごくアイスが食べたい気分だったので、あたしは、久しぶりに高級アイスを買うことにした。いつもは、すごくたまにスーパーで100円のアイスの安くなってるのを買うだけなので、食べるとしても定価が100円のアイスが上限だった。だから、それ以上の定価のアイスは、あたしにとって未知の領域なのだ。それで、コンビニのアイスコーナーの場合は、いつもは60円のガリガリ君しか買わないんだけど、今回は、ふだんは見ないようにしてる高いアイスがあるほうのエリアまで見てみることにした。

そしたら、思ったよりも大したアイスが無かったので、オハヨー乳業の「ワッフルコーン」って言う、ソフトクリーム型のアイスを買ってみることにした。バニラとチョコとアズキの3種類があったんだけど、最初に食べる時は、やっぱり、基本中の基本のバニラだろう。それで、170円もしたので、食べる前からある程度の美味しさは予想してたんだけど、実際に食べてみたら、これがベラボーに美味しくて、あまりの美味しさに、小さいきっこたちも踊り出したほどだった。とにかく、バニラのキメの細かさ、口溶けの良さ、舌触り、ほど良い甘さとサッパリ感などなど、バニラアイスのすべての条件が最高水準で、文句なしの逸品だった上に、ワッフルコーンの硬さとシットリ具合がものすごくアイスと合ってて、最後の最後まで美味しく食べられた。

それで、2日目は、同じアイスのチョコを買ってみようかと思ったんだけど、どうしてもアズキのほうが気になっちゃったので、アズキを買ってみた。そしたら、これがもう説明できないほどの美味しさで、バニラを100点満点としたら、アズキは500点くらいの素晴らしさで、もうタイヘンなことになっちゃった。スーパーカップにしても他のアイスにしても、アズキって言うとほとんどは甘すぎて、途中でイヤになっちゃうか、食べ終わってからノドが乾いたりするんだけど、このワッフルコーンのアズキは、すごくウッスラとしたアズキフレーバーで、色もドクドクしくなくて自然の薄いアズキ色で、バニラの美味しさを殺さない程度のアズキの感じで、とにかくベランメーに美味しくて、あまりの美味しさに、あたしは、首から下が地井武男になりそうだった(笑)

‥‥そんなワケで、あたしは、単なるアイスのレベルを遥かに超越してて、もはや芸術品とも呼べるオハヨー乳業の「ワッフルコーン」のアズキ味、正確には「十勝産あずき使用/味わいあずき」って言うんだけど、その美味しさに打ちのめされた。そして、ホントなら次の日もアズキを食べたかったんだけど、ここまで来たらチョコも食べてみなきゃってことで、3日目はチョコを買ってみた。そしたら、これはこれで、そこらのチョコ味のアイスよりはずっと美味しかったんだけど、アズキ味があまりにも美味しすぎたセイで、それほど美味しく感じなかった。点数をつけると、バニラが100点、アズキが500点、チョコが50点って感じだ。

それで、この流れで行くと、誰でもが4日目はアズキ味を買ったと思うだろうけど、サスガのあたしも、この肌寒い季節に、3日も続けてアイスを食べたから、別の意味でお腹が痛くなりそうだったし、正直、アイスには飽きちゃった。だから、4日目は別のものを買うことにして、色々とお菓子のタナをティナ・ターナー‥‥とか言ってみつつ、いつも必ずチェキする食玩コーナーを見てみたら、ちょうどチョコQの新しい箱を出したとこだった。それで、「よし!今日はチョコQを買おう!」って気分になった。

だけど、今のシリーズは、まだ1個しか買ってなくて、白黒のミニブタしか持ってないから、よほどのことがない限り、カブルことは無い。それで、どうせなら1個じゃなくて2個欲しくなって、ちょっと藤木君になって、ヒキョーな手を使うことにした。それは、「今まで3日間、170円のアイスを買って来たから、毎日30円ずつ予算が余ってる。それを合計すれば90円で、今日のぶんの予算、200円と合計すれば290円になる。そうすれば、150円のチョコQを2個買っても、わずか10円のオーバーだから許容範囲だ。」って言う、あまりにも都合のいい考え方だ。

‥‥そんなワケで、あたしは、アズキのアイス→アズキ色のクチビル→藤木君→ヒキョーって言う流れから、予算をオーバーしてチョコQを2個買うことにした。あたしは、少しだけ透視能力があるみたいで、子供のころから、チョコボールの銀のエンゼルを当てるのが得意なのだ。ナゼか、たくさん並んでる中から、「これ!」って思うヤツを選ぶと、ワリと高い確率で当たるのだ。それで、今回も、ズラッと並んでるチョコQの箱を見てたら、一番奥のと、その1個手前のが「これ!」って感じがしたので、その2個を買った。

それで、お家に帰ってからワクワクしながら開けたんだけど、そしたら、1個目が、唯一欲しかったオリエンタルショートヘアーって猫のシルバータビーって色で、2個目が、ナナナナナント! シークレットのカラーひよこだった! あたしは、カラーひよこは3種類あって、「山吹色&黄緑」と「紫色&黄色」と「水色&桃色」だってことは知ってたけど、写真は見たことが無かったので、てっきり、ツートンカラーのひよこなんだと思ってた。ようするに、「山吹色&黄緑」だとしたら、1匹のひよこの体が山吹色で羽が黄緑とかって感じのものを想像してた。そしたら、そうじゃなくて、2匹セットだったのだ。

あたしの当たったのは、カラーひよこの「c」ってヤツで、水色のひよこと桃色のひよこが1匹ずつ入ってた。それがまた、とても「水色」とか「桃色」とか呼べるような色じゃなくて、人工着色料をガンガンに使ったアメリカのお菓子みたいな下品な色で、ぜんぜん可愛くない。それで、当然、ソッコーで売ることにしたんだけど、今なら3500円くらいで売れるから、原価の20倍以上の大儲けだ。だから、あたしの場合、「透視能力」じゃなくて「投資能力」があったのかも知れない‥‥なんてことも言ってみつつ、一応、組み立てて、ケータイで写真を撮ったので、この日記を明日、ブログにコピーする時に、ブログのほうに画像をアップしようと思うピヨピヨ(笑)

‥‥そんなワケで、カラーひよこの説明書には、こんなふうに書いてあった。


「ひよこというと黄色いイメージがあるが、これは白いニワトリのヒナに限ったことで、本来のひよこは体にシマ模様があり、品種によっては黒いのもいる。昔は夜店などでオスのひよこが売られていたものだが、中には全身カラースプレーで着色された「カラーひよこ」もあったそうな。「カラーひよこ」‥‥「カラーテレビ」に似た響きの、時代を感じさせるネーミングだ。作者は実際に見たことはないがフツーのひよこは買ったことがある。ひよこはとんでもなく可愛いが、とんでもなく成長も早くてあっという間に若鶏になってしまうのだった。」


この説明文を読んで、あたしが「アレ?」って思ったのは、「普通」を「フツー」って書いてる点だ。あたしも良く、漢字をカタカナで書いたりするけど、それは、「私」を「あたし」って書いたりするのと同じ理由で、誰が書いても同じ文字にしかならないインターネット上の没個性的な文章媒体において、少しでも個性を出そうとしてるワケだ。だから、この「ワケだ」もそうだし、「ハズだ」もそうだし、いつもの「〜今日この頃、いかがお過ごしですか?」「‥‥そんなワケで」もそうだし、みんなと同じ文字を使ってても、ちょっと読んだだけで「あ、きっこの文章だ」って分かるように、色々と工夫してるのだ。

特にあたしの場合は、毎日毎日政治のことばっかり書いてる人とか、毎日毎日芸能ネタばっかり書いてる人とか、毎日毎日他人のブログの記事を無断転載しまくってるようなドロボウ野郎とかとは違って、話題を日替わりにしてるから、せめて文字の使い方や言い回しとかに一貫性を持たせないと、オリジナリティーが無くなっちゃう。そのため、あたしは、どんな話題の時でも、できるだけ「あたしふう」の書き方を心がけてる。だから、毎日読みに来てくれてる人たちの中には、「きっこ像」みたいなものが出来上がっちゃってて、実際のあたしもこの日記の文章みたいなしゃべり方をしてるんだと思い込んでる人もいるかも知れない。だけど、すごく申し訳ないんだけど、実際のあたしは、酔った時以外は、どっちかって言うと無口なほうだし、すごく気が弱いし、ひとりで静かに本を読んでるのが好きなタイプなのだ。

うまく言えないけど、ずっと日記を書き続けて来るうちに、「日記の中の自分のキャラ」みたいなのができて来ちゃって、そのイメージを崩さないように、あえて攻撃的な書き方をしてみたり、あえて元気なフリをしてみたりするようになって来た。もともとが、ストレス発散や自己満足のために書いてたワケだけど、読者の数が増えて来るのにともなって、なんて言うか、サービス精神みたいなのが出て来ちゃって、「ここは普通に書くよりも毒舌で書いたほうが読者の期待に添えるかな?」とか考えるようなスケベ根性が出て来ちゃったのだ。

‥‥そんなワケで、実際には、オシトヤカな大和撫子のあたしが書いてる「きっこの日記」なので、そこんとこヨロピク‥‥なんて書いたりすると、「今どき、ヨロピクは無いだろ?」って思う人もいるかも知れないけど、この「ヨロピク」にしたって、あたしだって「今どき、ヨロピクは無いだろ?」って思ってるワケで、だけど、愛する玲奈ちゃんが「ヨロピク」って使うから、恥ずかしいけどマネしてるだけなのだ。ようするに、MAXファンにだけ分かるあたしのサービス精神ってワケなので、そう言ったこともふくめて、どうかひとつ、長い目で見て欲しいと思う今日この頃なのだ(笑)


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援ヨロピクお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.06

インディーズのプライド

SP
ゆうべ、11時から日本テレビの「ガガガガガレッジセール」を見て、しばらくしてからテレビ朝日の「タモリ倶楽部」を見て、それからずいぶんしてから、チャンネルを色々回してたら、テレビ東京の深夜番組にスティーブン・セガールが出てた。なんでもCDを出したとかで、その宣伝のために来日してたみたいだけど、どっかの甘味屋さんで、白玉クリームあんみつみたいなのを食べながら、CDの宣伝をしてた。それで、インタビューって言うか、トークしてたのが、電撃ネットワークの南部さんと、良く知らないオジサンとか女の子とかで、それ以前に、何て言う番組かも分からないんだけど、とにかくスティーブン・セガールの関西弁が面白いので、あたしはずっと見てた。

それで、スティーブン・セガールって言えば、やっぱり、誰でも映画スターだと思うワケで、音楽もやってたなんてあんまり知られてないだろうし、あたしは初耳だった。それで、あたしの見てた範囲では、番組では曲は流さなかったので、実際にはどんな感じかなのか分かんないんだけど、本人が言うには、「今回のアルバムは、ブルースっぽい曲からポップスまで、色々と入れてみました」とか言ってた。このセリフを聞いて、あたしは、CDの内容よりも、「今回のアルバムは」って部分で、「じゃあ初めてのCDじゃないんだ」ってことにビックルを飲んだ。

それで、今回のCDのジャケにはギターのネックが写ってるので、南部さんか誰かが、「ギターは弾けるんですか?」とか質問した。そしたら、スティーブン・セガールは、「ボクはB・B・キングやスティービー・ワンダーと一緒に演奏したこともあるんですよ」って言ってから、「ギターは1000本以上持ってます」って言った。それで、南部さんが、「え?1000本?ジョークじゃなくて?」って聞き直したら、「はい」って答えてた。その答え方の雰囲気から、ホントにジョークじゃないみたいに感じられたんだけど、100本ならともかく、1000本て、毎日1本ずつ買ってても3年も掛かるし、第一、ギターを1000本も置く場所なんか‥‥って思うのは、あたしみたいな庶民の考えで、ハリウッドスターなんだから、ギター専用の部屋とかがあるんだろうな‥‥なんて思った今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、スティーブン・セガールって言えば、半分はニポン人みたいなもんで、17才の時に単身で来日してから、15年間もニポンで暮らしてる。そのうちの10年間は大阪で暮らし、空手とか合気道とかの色んなニポンの武道の修行をした。その間に、武道家の藤谷美也子と結婚して、1男1女をもうけたけど離婚した。そのあと、女優のケリー・ルブロックと再婚して、3人の子供をもうけたけど、またまた離婚した。ま、そんなことはどうでもいいんだけど、ニポン人との間に産まれた男の子が俳優の剣太郎セガール、女の子が女優の藤谷文子だ。そして、「しみじみ茶」のCMでもオナジミの剣太郎セガールは、スティーブン・セガールの元アシスタントでマレーシア人モデルのインツって女性と結婚して、長男の照太郎を授かった。剣太郎セガールはお父さんを尊敬してて、合気道や空手の修行をしながら俳優やモデルの仕事をするって言う、お父さんと同じスタイルを続けている。

それで、ゆうべの番組で久しぶりにスティーブン・セガールを見たあたしは、すぐに剣太郎セガールのことを思い出して、剣太郎セガールがMCをやってた大阪テレビの「サウンド・ガレージ」のことを思い出した。この番組は、今年の9月末で終わっちゃったんだけど、土曜日の深夜に放送してて、主に関西のインディーズバンドを紹介する番組だった。もちろん、あたしは東京だから見られないんだけど、いつでもインディーズバンドの情報にアンテナを張り巡らせてるあたしとしては、番組のサイトで見られる出演バンドの映像をコマメにチェキしてた。

そうは言っても、所詮はアマチュアバンドだから、ほとんどはインディーズにアリガチな「ウゲ〜」って感じの自己満足バンドなんだけど、ごくタマに、「おおっ!」って言うバンドに出会える。それで、この番組で発見して、あたしがすごく気に入っちゃったのが、「SPランチ」(上の写真)って言う女の子のスカバンドだ。ちなみに、「SP」ってのは「Smile Peace」のことだそうだ。スカバンドって言っても、純粋なスカじゃなくて、スカをベースにしたポップなバンドで、ドラえもんの妹のドラミちゃんみたいな女の子のツインボーカルで、とにかく元気でカワイイ。人数的な問題で、スカとしては全体的に音が薄いけど、タイコはスネアの音がスコン!スコン!てシッカリ抜けてて気持ちいいし、ベースもなかなかセンスがいいし、ホーンも楽しく鳴らしてるし、ポップバンドとしては完全に「アリ」だ。

それで、応援の意味も込めてCDを買おうと思ったら、まだ発売になってなくて、11月23日に8曲入りのミニアルバム「僕等家」が発売になるってことだった。それで、ライブ映像で見て楽しかった曲も入ってたので、これを買ってみることにした。ついでにライブの予定を見てみたら、11月9日に「渋谷屋根裏」、11月23日に「名古屋CLUB ZION」、11月24日に「大阪福島2nd Line」てことだったんだけど、これが、ナナナナナント! あたしの大好きなレディースパンクバンド、「コンコンジャンプ」と一緒に回るって言うので、これまた「おおっ!」ってことになった‥‥って言うか、SPランチの紹介を良く見てみたら、何のことはない、コンコンジャンプと同じレーベル、「ロケットガールズ」に所属してた。コンコンジャンプは、3枚目のマキシシングルの「ごめんね」が、去年、TBSの「王様のブランチ」のエンディング曲に使われたから、知ってる人も多いと思うけど、デビューした時からあたしがコッソリ応援してるバンドで、もちろんファーストアルバムも買ったし、運転する時に良く聴いてる。パンクって言ってもメロパンなので、疲れてる時にも聴けるし、すごく元気が出る。

とりあえず、SPランチもコンコンジャンプも出るんなら、11月9日の「渋谷屋根裏」はナニゲに行きたい気がするんだけど、夜の7時からって言う早い時間なので、その日のお仕事が時間通りにサクッと終わったとしても、リトル厳しいかも知れない。とにかく、何とか間に合いそうなら行くだけ行ってみて、当日で入れたら入るって感じかな。

‥‥そんなワケで、せっかくバンドのことを書いたので、ついでにもうひとつ、SPランチやコンコンジャンプとはまったく毛色の違う、あたしの大好きなロックバンドのことを書いちゃうことにした。こっちは有名だから知ってる人もいっぱいいると思うけど、男性のスリーピースのロックバンド、「ブルー・スリー」だ。「ブルース・リー」じゃなくて「ブルー・スリー」なので、知らない人はお間違えなく‥‥とは言え、もちろん「ブルース・リー」にカケてあるワケで、ボーカルでギターのBABY佐々木は、上半身ハダカになって、重たいフライングVをヌンチャクのように回して、ブルース・リーと同じハイキックを繰り出す。そして、頭よりも高い位置にシンバルを立ててハイキックで鳴らすのは、あたしの知る限り、吉川晃司以来だろう‥‥って言うか、ライブハウスの入り口で、ヌンチャクとか売ってるし、とにかく、ブルース・リーに対するナリキリっぷりが完全にロックしてる。

ちなみに、このブルー・スリーのライブ予定をチェキしてみたら、11月12日に、ブルー・スリーの地元の福島県郡山市の「Club#9」でライブがあるので、サスガにあたしは行けないけど、お近くの人はギターヌンチャクを見学に行こう‥‥てのはジョークだけど、ホントにカッコイイから、最近の歌謡曲みたいなヘタレバンドに食傷気味なロックファンは、重たくて速い本物のロックを感じに行こう‥‥とは言っても、あたしがブルー・スリーを見たのは、何年か前に下北沢のどっかのライブハウスで見ただけなんだけど、久しぶりにスゴイバンドを見て、コーフンしたのを覚えてる。それで、帰りにCDを買ったんだけど、ヌンチャクは買わなかった(笑)

ちなみに、東京でBABY佐々木のギターヌンチャクを見てみたい人は、12月2日に「四谷フォーバレー」、12月22日に「池袋アダム」でライブがあるから、その勇姿をアチョー!っと拝みに行こう。でも、あたし的には、1本のフライングVを体の前でクルクル回すだけじゃ、ヌンチャクってよりもバトンガールみたいだから、できることなら、2本のフライングVをヒモでつなげて、ホントのヌンチャクみたいにブンブン振り回して、PAとか照明とかをぶっ壊して欲しい。じゃなかったら、1本のフライングVでもいいから、ボディーの全面のピックガードのあたりに棒状のニギリをつけて、そこを持って、トンファーみたいに水平に回して欲しい。

‥‥なんてことも言ってみつつ、ちゃんとしたスカとかは3人だと無理だけど、ロックやパンクは、やっぱ3ピースバンドがカッコイイね。とにかく音がカッコイイのは、「STOMPIN’ BIRD」って言う横浜のバンドで、男性の3ピースのロックンロールバンドなんだけど、もろパンクだ。あたしは、ファッションから何から、いかにも「パンクです!」って感じの田舎バンドよりも、さりげなくロックンロールしてるのが思いのほかヘビーで、タイトで、ソリッドで、結果として限りなくパンクに近い都会のバンドが好きなので、STOMPIN’ BIRDはすごく好きなバンドだ。ちょっと語弊があるかも知れないけど、言うなれば、ストラングラーズを彷彿とさせるような厚みとスピード感がある。

他には、まったく正反対の世界になっちゃうんだけど、女の子の3ピースのパンクバンド、「チタン合金ズ」も大好きで、これは完全にあたしの個人的な趣味として楽しんでる。パンクって言っても、何て言うのかな、アイドルパンクって言うか、モーウザイ娘のパンク版みたいな感じで、頭をカラッポにして楽しむってノリだ。あたしは、「パンダ天国」って曲が大好きで、お料理をする時にキッチンで聴いたりしてる。一般的には受け入れられにくい世界観だと思うけど、あたし的には大いに「アリ」だ。正直、モーウザイ娘なんかよりは100万倍もいいと思う。

‥‥そんなワケで、好きなインディーズバンドを挙げ始めるとキリが無くなっちゃうので、今日のとこはこのくらいにしとくけど、あたしとしては、演奏がどうの、楽曲がどうのって言う以前に、基本的に、「メジャー」「メジャー」ってガツガツしてる田舎バンドには興味が無い。さらには、テレビに出たがってるようなバンドには、もっと興味が無い。昔は、インディーズバンドにはインディーズバンドとしてのプライドやポリシーがあって、テレビなんかに出てる歌謡ロックバンドなんかのことは見下してた。それが、いつの間にか、インディーズってのはメジャーになるためのステップだと思い込んでるバカが増えて来た。テレビに出てるバンドが1軍で、インディーズが2軍みたいなカン違いをしてるアホが増えて来た。これも、マスコミによる洗脳の副産物なのかも知れないけど、浜崎あゆみと松浦亜弥にはさまれてミュージックステーションのヒナ壇に座ってる歌謡ロックバンドのダサさ、カッコ悪さが分からないヤツラってのは、すでにロックじゃないと思う今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援よろしくお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.05

パブリックコメントと言うイイワケ

ookanadamo
2003年8月に北朝鮮へ亡命したお騒がせ女、オウム真理教の元信者、北側‥‥じゃなくて、北川和美(31)が、昨日の3日にひょっこりと帰って来た。これは、日朝政府間対話の再開日に合わせたもので、ようするに、「北朝鮮は自由な国だ」ってことをアピールするためのカードとして出されたワケだけど、相変わらず手の内が見え見えの北朝鮮の幼稚で無意味なバカ作戦に、ノコギリ房の麻原ショーコーも失禁‥‥じゃなくて、失笑しちゃいそうだ。だいたい、こんな女よりも先に返して欲しいニポン人はいくらでもいるってのに、記者からの「また北朝鮮に行きたいですか?」って言うヒニクな質問に対して、「はい、観光で行きたいです」って答えたバカ女。周り中の人間に大迷惑をかけたクセに、ナニ言ってんの?って感じだ。こんなバカ女、今すぐ北朝鮮に宅急便で送り返してやれ!

‥‥なんてことも言ってみつつ、11月15日のブッシュの来日に合わせて、強引に狂牛肉の輸入再開を進めてるコイズミも、北朝鮮と同レベルの稚拙さだ。いくらブッシュの飼犬だからって、国民に危険な食品を食べさせてまでアメリカにゴマをするなんて、どこまで腰抜けなんだろう。アメリカに対しては、酒屋の御用聞きがお得意様に注文を取りに行ってるみたいな外交だから、言われるがままに、生後20ヶ月以下の牛肉の輸入が年内に再開される見通しになった。そして、調子に乗ったジョハンズ米農務長官は、今度は「生後30ヶ月以下の牛肉もオッケーにしろ」って言って来て、その上、「この条件を受け入れなかったら日本に対して経済制裁を発動する」と来たもんだ。お前は問答無用の広域ホニャララ団か?

自国の国民を何百人も拉致されてんのに、北朝鮮に対していつまで経っても経済制裁を発動しないどころか、逆に経済援助までしちゃってるニポンと、危険な食品の輸入を無理強いして、それを拒否したら経済制裁を発動するって言うアメリカ。この姿勢の違いが、戦争に負けた国と勝った国の違いを象徴してると思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、国民の声を無視して、狂牛肉の輸入再開をサクサクと進めてるコイズミ内閣に対して、危機感を感じた市民団体や生産者団体は、10月27日に、衆院第二議員会館で緊急集会を開いて、「アメリカの圧力に屈した安易な輸入をするべきではない」って訴えた。そして、内閣府食品安全委員会のプリオン専門調査会が、取りまとめに向けた大詰めの審議をすることに対して、日本消費者連盟の山浦康明副運営委員長は、「輸入再開の露払い的に答申が作られようとしている。対米追従の決定はおかしい。」って批判した。

つまりは、「狂牛肉の輸入再開」は審議の前からすでに決定してたってワケで、今はツジツマを合わせるために形式的なことを進めてる段階なのだ。これが、コイズミ茶番劇のいつものパターンなのは周知の事実だけど、今回もこの茶番が全開で、なんと、11月2日付けで、内閣府食品安全委員会がパブリックコメントを募ることにしたのだ。そして、「パブリックコメントの結果を見て最終的な答申とする」って言う、まるで北朝鮮か「どっちの料理ショー」かってレベルのヤラセを炸裂させた。これには、サスガのあたしも、おへそがカプチーノを沸かしちゃって、ゆったりとした午後のヒトトキを過ごしちゃったよ、まったく。

この、内閣府が行なうパブリックコメントってのは、表向きは広く国民の声を聞いたようなフリをしておいて、結局はその結果をすべて無視して、最初から決まってた通りにモノゴトを進めるって言う、単なる形式的なものでしかなく、コイズミ茶番劇の十八番なのだ。最近では、ニポンの生態系を破壊し続ける小池百合子環境破壊大臣の独断がフィーバーした「特定外来生物被害防止法」の第1次指定時のブラックバスの問題で、この茶番が行なわれた。他の外来生物と違って、ブラックバスの場合は、あまりにもニポンに浸透していたため、これをリストに加えるかどうかについては賛否両論があった。そのため、小池百合子は、「一般からのパブリックコメントを募り、国民の意見を聞いた上で閣議決定する」って断言したのだ。

そして、そのパブリックコメントの結果は、集まった11万3792件のうち、9万5620件もの反対、つまり、84%もの反対があった。このパブリックコメントの結果を受けて、今年の1月19日に生物学の専門家を加えた正式な会議が行なわれ、「とりあえず、ブラックバスについては、半年間は見送りして、もう少し実態を調査しよう」って言う結論に達した。つまり、専門家たちが複数の湖や河川を半年間に渡って調査して、他の魚類や水生植物などとの関連性を調べてから結論を出すってことになったのだ。これは、当然の結果だろう‥‥なんて思ってたのもトコノマ、小池百合子は、この会議のたった2日後の1月21日に、この会議での結論や多くの国民の声を完全に無視して、自分ひとりの独断で、大臣特権を使って、ブラックバスを特定外来生物のリストに加えたのだ。

この茶番劇の裏には、小池百合子が莫大な献金を受けてる某漁業組合や某企業との絡みがあって、その辺のことは前に書いたからここでは飛ばすけど、ようするに、あたしが言いたいことは、政府が行なうパブリックコメントなんてものは、何の意味も無いってことなのだ。つまりは、「一応は国民の声にも耳を傾けましたよ」って言う、単なる形式的なもの、政府のイイワケ的なものであって、その声が結果に反映されることなんて無いってことだ。

‥‥そんなワケで、国民の声を無視しただけでなく、自分の利権だけで特定外来生物のリストを作り続ける小池百合子は、ニポンの生態系を破壊し続けてる。小池百合子が、専門家を加えた会議の結果を無視して、ロクに調査もせずにブラックバスをリストに加えたことによって、すでに各地でその被害が出始めているのだ。「特定外来生物被害防止法」は、6月1日から施行されたから、まだ半年も経ってないって言うのに、キャッチ・アンド・リリースを禁止した湖などで、オオカナダモなどの外来水生植物の異常発生が相次いでいる。ただ、たった半年のことなので、ブラックバスやブルーギルの減少とオオカナダモの大量発生とを単純に結びつけることはできない。そこで、ある池のことを書こうと思う。

それは、京都の深泥池(みぞろがいけ)だ。この池は、京都の北山地区の住宅街のすぐそばにある周囲が1.5kmほどの小さな池だけど、流れ込む川がひとつも無く、周りから完全に孤立してるために、独自の生態系を保って来た。約14万年前に誕生したと推定されていて、氷河期以来の動植物が今も生き続けてる不思議な池だ。トンボだけでも、珍しいベッコウトンボをはじめ60種以上が生息してて、これはニポン全国のトンボの1/3に当たるそうだ。

そして、歴史的にも生物学的にも貴重なこの池に、10年ほど前、どこかの大バカ野郎が、ブラックバスとブルーギルを放流した。それで、ブラックバスは急激には増えないけど、ブルーギルはアッと言う間に大繁殖しちゃうから、2年ほどで深泥池はブルーギルだらけになっちゃった。京都大学の竹門康弘(たけもんやすひろ)助教授が調査したところ、この狭い池の中に、約10000匹のブルーギルがいるってことが分かったのだ。そして、ブルーギルの胃の内容物を調べたら、トンボの幼虫のヤゴとかも食べられてた。

‥‥そんなワケで、このままじゃ大変なことになっちゃうから‥‥って言うか、すでに大変なことになっちゃってたから、1997年、竹門助教授は国の許可を取り、地元の人たちにも声をかけて、ブルーギルの駆除に乗り出した。そして、モンドリって言う仕掛けを使って成魚を捕獲したり、水中の石に産みつけられたタマゴを駆除したりして、根気良く活動を続けて行った。その甲斐あって、約10000匹いたブルーギルを8年間で1200匹にまで減少させることができましたとさ。めでたし、めでたし‥‥ってワケには行かなかった。

それは、ブルーギルの減少とともに、今度は外来種のオオカナダモが大量発生しちゃったのだ。オオカナダモは、ブルーギルの減少に反比例するように増え始め、2002年ごろからは加速的に繁殖して、今じゃ推定で100トン、深泥池の水面の90%を覆っているのだ。そして、光合成できるのは水面近くのわずかな部分だけで、水中の大部分の葉は呼吸をしてるだけだから、池自体が酸欠状態になり、すべての水中生物を死へと向かわせている。

これは、どう言うことかって言うと、ブルーギルは水中の動物プランクトンを食べてて、その動物プランクトンは植物プランクトンを食べてて、そして、その植物プランクトンとオオカナダモとが敵対関係‥‥って言うか、ライバル同士で、水中のバランスをとっていた。ようするに、植物プランクトンとオオカナダモとが、お互い様の関係だったのだ。それが、ブルーギルを駆除したことによって、それまでブルーギルに食べられてた動物プランクトンが大量に増えて、その動物プランクトンに植物プランクトンがほとんど食べつくされちゃった。そして、ライバルのいなくなったオオカナダモが、一気に増えちゃったってワケだ。

だけど、深泥池は、その名の通り泥質の池なので、水中のオオカナダモを抜くと激しく泥が巻き上がり、余計に水中生物にダメージを与えちゃう。だから、大掛かりな駆除作業ができない。そのため、池の周りの草を刈って、池に栄養分が行かないようにして、オオカナダモの成長を食い止めるって言う、気の遠くなるような作業を開始したそうだ。あたしは、この作業の様子をテレビで見たけど、足場の悪い手漕ぎボートの上に立ち、長いカマみたいなので少しずつ岸辺の草を刈ってて、何人もで丸1日作業をしても、軽トラック半分ほどの草しか刈れてなかった。

‥‥そんなワケで、小さな深泥池から、今度はニポンで一番大きな琵琶湖に目を向けてみる。琵琶湖が在来の水生植物だけだったのは1953年までで、60年前後から外来種のコカナダモが増え始め、69年からはオオカナダモも増え始めた。そして、73年には琵琶湖全域にオオカナダモが大繁殖し、77年には大量のプランクトンが死滅して赤潮が発生し、82年ごろから悪臭が目立つようになり、アオコも大量発生した。89年にはアユが400万匹も変死して湖面を覆い、97年には水中の窒素が最高値にまで上昇した。

琵琶湖では、今回の特定外来生物被害防止法とは別に、「滋賀県琵琶湖のレジャー利用の適正化に関する条例」って言うトンチンカンな悪法によって、2003年4月からブラックバスやブルーギルのキャッチ・アンド・リリースを禁止してる。琵琶湖の湖畔にはたくさんの「回収箱」が設置してあって、釣ったブラックバスやブルーギルをその箱の中に捨てることになってる。ちなみに、ブラックバスばかりが害魚の汚名を着せられてるけど、琵琶湖でも深泥池と同様に、ブラックバスよりブルーギルのほうが遥かに多く、捕獲された外来魚の8割以上がブルーギルだそうだ。そして、多くの釣り人たちが、湖畔の回収箱の中にブルーギルを捨て続けてるんだけど、この悪法が施行されてから、琵琶湖のオオカナダモはどんどん増え始めている。

‥‥そんなワケで、もちろん一番悪いのは、それまで外来魚のいなかった池や湖に、ブラックバスやブルーギルを放流するヤツラだろう。だから、そう言った行為については厳重に取り締まるべきだと思う。だけど、10年以上も前からブラックバスやブルーギルが棲みついてて、すでに新たな生態系ができあがってる池や湖において、何の調査もせずに、短絡的に外来魚だけを駆除するってことが、どれほど愚かなことなのか、これらの例から分かったと思う。外来魚を駆除するんであれば、それによって起こる2次的、3次的なことまでを考えて、同時進行で対応して行かないと、この国の淡水域は、アメリカザリガニ天国、オオカナダモ天国になっちゃうのだ。たとえば、繁殖したブルーギルを駆除したいんなら、ブルーギルだけを駆除するんじゃなくて、ブルーギルの代わりに動物プランクトンを食べてくれる在来種の魚を放流するとか、何か物理的な方法で動物プランクトンの量を調整する方法を考えないと、自然のピラミッドが崩れちゃうってことだ。

こんな簡単なことが、小池百合子はどうして理解できないんだろう? まあ、小池百合子の場合は、節水が地球温暖化を食い止めることにつながるってことすら理解してないんだから、生態系のことなんか分かるハズないのは当然だけど、それにしても、パブリックコメントで反対意見を寄せた中には多くの有識者や専門家もいたワケだし、それを受けての会議でも「時期尚早」「6ヶ月の調査が必要」って結論に達したんだから、少なくとも専門家たちの意見には従うべきだっただろう。だいたい、ブラックバスは、昨日今日繁殖し始めたワケじゃなくて、80年も前から、小池百合子が生まれる前からニポンにいるワケで、そう言った生物に対する法律を決めるのに、何でたった6ヶ月を待つことができなかったのか? それほど、献金をくれる団体にゴマをすりたかったのか?

「一般からのパブリックコメントを募り、国民の意見を聞いた上で閣議決定する」って断言した小池百合子環境破壊大臣は、自分の利権のために、国民の84%もの反対の声を無視して、つまり、パブリックコメントを無視して、大臣特権を使って独断でブラックバスの駆除を決めた。そして、今、ニポン中の数え切れないほどの湖や池が、無知無能な小池百合子のセイで、死滅の危機を迎えている。

‥‥そんなワケで、10月31日と11月1日に実施された毎日新聞の世論調査では、アメリカからの牛肉輸入再開には、54%もの反対があった。また、「輸入されても買いたくない」と答えたのは、全体の2/3にも上った。だから、政府がパブリックコメントを募っても、間違いなく反対票のほうが多いだろう。だけど、たとえ100%の回答が「反対」だったとしても、厚生労働相の川崎二郎や農林水産相の中川昭一など、独裁者コイズミに絶対服従の腰抜け大臣どもが、小池百合子と同じように、国民の声を完全に無視して、独断で結論を出すことはすでに今から決まってるってワケだ。そして、ニポンの湖や池と同じように、ニポン人の健康までもが、一部の政治家の利権によって、重大な危機を迎えようとしてる今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★毎日がんばって更新してるので、クリックの応援をよろしくお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.04

神々の宿る言葉

iroha1
今日は「文化の日」だった。「だった」って言っても、まだ、あと数時間は「文化の日」なんだけど、夜になってから書いてるから、とりあえずは大ザッパに過去形にしてみた。だけど、文語だったら、同じ過去形でも、助動詞ひとつで目睹(もくと)回想や伝聞回想、完了や完了存続など、色々と書き分けられる上に、さらにそこに詠嘆や情緒などの自分の感情までを表現することができるのにな‥‥。簡単に言えば、昔のニポン語の場合は、「き」と「けり」が過去を表わす助動詞で、「つ」「ぬ」「たり」「り」が完了を表わす助動詞なんだけど、同じ過去を表わす助動詞でも、「き」の場合は目睹回想、つまり、自分が実際に見たり体験したことに対する回想で、「けり」の場合は伝聞回想、つまり、自分の体験じゃなくて、誰かから聞いたことの回想、テレビやネットで得た情報に対する回想ってことになる。

だけど、それは大昔のことで、和歌の時代や俳諧の時代を経て、少しずつ助動詞の用法にバリエーションが加わって来た。たとえば、伝聞回想の「けり」に、完了の「ぬ」の連用形の「に」をくっつけて「にけり」とすれば、伝聞回想よりも完了の意味のほうが強くなる。そこから、「けり」単体でも完了の意味を持つようになった。だから、今、俳句で「歩きけり」って言えば、伝聞回想よりも完了としての意味になり、誰かから聞いた話じゃなくて、自分が歩いたってことになる場合のほうが多い。さらには、中世以降は、「歩き終わった」って言う完了だけじゃなくて、「今まで歩いて来て、今も歩き続けてる」って言う完了存続の意味も持つようになった。だから、「文化の日でありにけり」って言えば、今日は朝から文化の日で、まだ文化の日が続いてるって言う、今のあたしの情況をバッチリと表現できるのだ。

それに比べて、現代のニポン語は、あまりにもイイカゲンだ。「文化の日だった」にしても、「あっそうだ!明日は文化の日だった!」って言えば、過去じゃなくて未来の話になっちゃうし、「あっそうだ!今日は文化の日だった!」って言えば、過去でも未来でもなく、現在のことになる。同じ「だった」が、現在〜過去〜未来〜って、ぜんぶに使えるなんて、中島みゆきじゃなくてもビックル一気飲みだ。ようするに、色んな物が発明されて、人間の生活は格段に豊かになったかも知れないけど、その反面、言語をはじめとしたニポンの古来からの文化は、大きく衰退しちゃった今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、現在の退化しちゃったひらがなは「あいうえお」だけど、昔の優秀だったひらがなは「いろはにほへと」だった。「あいうえお」は46文字だけど、昔の「いろはにほへと」は2文字多くて48文字で、それは、「ゐ」と「ゑ」があったからだ。この点だけを見ると、たった2文字だけの違いで大した差は無いみたいに感じるかも知れないけど、「言語」ってものの根源にさかのぼってみると、これが、天と地ほどの差があるのだ。

第二次大戦の敗戦後、アメリカから怒涛のごとく押し寄せて来た「合理主義」の波によって、その正反対に位置するニポン古来の美学である「わび」「さび」「雅」「風流」「風情」って感覚は、ことごとく「悪しき習慣」「時代遅れの伝統」って見なされちゃった。そして、レイザーラモンHGみたいなサングラスを掛けて、コーンパイプをくわえたオッサンが、「ムダなものはすべて排除だフォ〜〜〜〜〜!」って叫んで、次々にぶっ壊して行った。そんな中で生まれた「あいうえお」は、まさしくアメリカ的な合理主義の象徴で、数式のように味気ない言葉の配列は、それまでの「わび」や「さび」を消し去り、単なる記号でしかないアルファベットと同じように、ニポンの美しい言葉をただの記号に変えちゃったのだ。

狂牛病のハンバーガーにケチャップをドロドロとぶっかけて平気で食べるだけでなく、そんなもんを他国に押しつけるような無神経で自己中心的なアングロサクソンどもには、ニポンの上品なカツオダシの味など分かるハズもない。当然、「い」と「ゐ」のビミョ〜な発音の違いも、「え」と「ゑ」のビミョ〜な発音の違いも聞き分けることができず、「同じ発音なんだから1文字に統一しろ!」ってことで、1000年以上もの歴史があった「ゐ」と「ゑ」は、アッケなく切り捨てられたのだ。

だけど、もともと、ニポンの48文字の仮名には、「一音一字の言の葉に四十八(よとや)の神々が宿っている」って言われてて、48音で森羅万象の真理をすべて表現してた。だから、仮に「ゐ」と「ゑ」を残してたとしても、その配列を変えただけで、「言の葉」としての意味がなくなっちゃう。それなのに、2文字を切り捨てた上に、配列まで変えちゃったから、もはや言の葉に宿る神々も消え去ってしまったのだ。


「いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむうゐのおくやまけふこえてあさきゆめみしゑひもせすん」


これが「伊呂波(いろは)歌」だけど、分かりやすいように、漢字と段落を入れて書き直してみると、次のようになる。


「色は匂へと散りぬるを 我か世誰そ常ならむ 有為の奥山今日越えて 浅き夢見し酔ひもせすん」


こうして読めば分かるように、この48音の中には、無駄な言の葉はひとつもなく、逆に1音でも欠けたら成り立たなくなっちゃうのだ。それなのに、低脳コイズミが崇拝するアメリカの「合理主義」は、「同じ発音のものはひとつで十分だ」って言うアホな見解から、歴史ある「ゐ」と「ゑ」を簡単に抹殺したのだ。でも、それなら、なんで「お」と「を」も同じ発音なのに「を」は残したのかは疑問だけど、何をやらせてもアバウトなアングロサクソンのことだから、たぶんウッカリと見落としたんだろう。だけど、もしも「を」まで抹殺されてたとしたら、「何お言ってんだ!俺わ知らんぞ!」って感じで、まるでマンガの「ろくでなしブルース」のセリフみたいな文章を書くハメになってただろうから、そこんとこだけはアメリカ人のバカさ加減に感謝しなくちゃならない(笑)

‥‥そんなワケで、この「伊呂波歌」からさらにさかのぼると、「ひふみ」って言うものに辿り着く。「ひふみ」って言うのは、ものを数える時に「ひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ‥‥」って数える呼び方の元祖にあたるもので、「いろは48音」なら言える人もたくさんいるだろうけど、この「ひふみ48音」をぜんぶ言える人は少ないと思う。


「ひふみよ いむなやことも ちろらねしきる ゆゐつわぬそお たはくめか うおえにさりへて のますあせゑほれけん」


これが「ひふみ48音」だけど、「ひ」から「と」までの最初の10音が、ひとつ、ふたつ、みっつ、と数える時の頭文字になっていることが分かると思う。つまり、ものを数える時の数字は、この「ひふみ」から発生してるってワケだ。そして、この48音こそが、先ほど言った「四十八(よとや)の神々」の宿る言の葉なのだ。「ひ」は火、そして太陽を表わし、「ふ」は風を意味し、「み」は水、つまり海を表現している。このように、一音一字のすべてに神が宿っていて、その48音がすべて同時に鳴り響き、天地が創造されたって伝えられてるのだ。

ちょっとダッフンするけど、俳句の新年の季語で、「ひめ始」って言うのがある。この「ひめ」は、お姫様の「姫」や秘め事の「秘め」って解釈されてて、近年では「新年になって初めて男女がセックスすること」って言う、ちょっとエッチな季語とされてる。もちろん、俳句の季語としてじゃなくて、一般的な言葉としても、「ひめ始」って言えば、新年早々の初エッチのことを指して使われてる。だけど、この言葉の語源を探ってみると、もともとは「ひみ始」って呼ばれてて、「ひ」は火のこと、「み」は水のことであり、新年になって初めて火や水を使って「太陽の神と海の神に感謝をすること」って言う説もあるのだ。

こんなふうに、ニポンの古来からの言葉には、1文字1文字に深い意味がある‥‥って言うか、かつてはあったのだ。だけど、英語の場合は、いくつかの文字を組み合わせて「単語」になって、そこで初めて意味を持つワケで、アルファベットの1文字1文字には何の意味も無い。ようするに、アルファベットってのはタダの記号であって、そんな味もソッケも無い記号の組み合わせだけで意志の疎通をしてるザツな民族なんかに、ニポンの伝統的な言語の美しさや味わいなどが理解できるワケは無い。そして、そんな鈍感なヤツラが、ニポンの伝統ある神の言の葉を勝手に「あいうえお」なんて言う下品極まりないバカ記号に変えちゃったのだ。

‥‥そんなワケで、ニポン語のひらがなの美しさ、表現力の豊かさを感じてもらうために、次の俳句を挙げてみる。


  「をりとりてはらりとおもきすすきかな」


これは、あたしの大好きな俳人、飯田龍太のパパ、飯田蛇笏(だこつ)の有名な句だけど、試しにこの句を漢字で書いてみる。


  「折り取りてはらりと重き芒かな」


こうすると、何本かのススキを手に持った時の「重さを感じない重さ」って言うビミョ〜な感覚が伝わって来ないと思う。それに、ススキを折り取るのも、なかなかチギレなくて、力を入れてるように感じる。ようするに、まだ青々としてるススキで、折りにくいし、水分を含んでる重さを感じちゃうのだ。だけど、原句のひらがなで書かれたほうを読むと、茶色く枯れかけたススキで、少しの力でポキッと折れて、何本も手にしたのに、ほんのわずかな重さしか感じないのが良く分かる。そして、今夜のお月見に対する楽しみだけじゃなく、ワビシサやハカナサのような情感までが伝わって来る。これが、ひらがなの持つ表現力で、「あいうえお」じゃなく、「いろはにほへと」の48音だからこその豊かさなのだ。

ちなみに、この句は、最初は「折りとりてはらりとおもき芒かな」って表記されていた。だけど、作者の蛇笏は、より自分のイメージに近づけるために、次に「をりとりてはらりとおもき芒かな」って推敲して、そして最終的には、すべてをひらがなで表記することにしたのだ。これは、誰よりも「表記」ってものに対して深い考えを持っている俳人だからこその感覚で、一般の人が普通の文章を書く時には、「ひらがなにするか漢字にするか」なんてイチイチ考えないと思うし、仮に考えたとしても、それは表記のもたらす効果を考えてのことじゃなく、単にその時の自分の都合だけで決めてるのがほとんどだと思う。

‥‥そんなワケで、「あいうえお」のことを現代仮名遣い、「いろはにほへと」のことを歴史的仮名遣いって呼ぶんだけど、早春の季語で、「薄氷(うすらい)」って言うのがある。読んで字のごとく、春まだ寒い時季に、池やバケツなどに薄く張った氷のことを指す言葉なんだけど、これを歴史的仮名遣いで書くと、「うすらひ」ってなる。この、指で触れただけでも溶けてしまうような、淡くはかない「薄氷」を表現するのに、「うすらい」と「うすらひ」、どっちが適してるだろうか? 「鴬」は「うぐいす」か「うぐひす」か、「囀り」は「さえずり」か「さへづり」か、「鬼灯」は「ほおずき」か「ほほづき」か‥‥などなど、比較してみると、歴史的仮名遣い‥‥って言うか、本来のニポン語のなんと美しいことか。一字一音に神の宿る言の葉を編んでこそ、ニポン人によるニポンのためのニポン語なんじゃないだろうか?‥‥なんて、「日本」を「ニポン」て呼んでるあたしが言ったところで、説得力ゼロって感じがする今日この頃なのだ(笑)


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪ 
★ついでにピコッとクリックもお願いしま〜す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.02

瓶の中の少女

dokusatu
静岡県伊豆の国市に住む高校1年の少女が、自分のお母さんに劇薬のタリウムを飲ませた事件で、静岡県警少年課と三島署は、この少女を殺人未遂の容疑で逮捕した。お母さんは意識不明の重体で、現在、とても危険な状態だと言う。この少女は、静岡県立韮山高校に通う16才で、あたしの手元には名前も写真もあるんだけど、当然、ここに書くことはできない。だけど、写真を見た感じでは、すごく大人しそうで真面目そうな子で、とてもこんな事件を起こすようには見えない。

あたしは、最初、この事件を聞いた時には、お母さんと何らかの確執があって、お母さんを憎んでの犯行だと思った。自分のお母さんを殺そうなんて普通じゃ考えられないことだから、誰でもがそう思うだろう。だけど、今回、驚くべき事実が分かったのだ。それは、この子の中学校の卒業アルバムに、尊敬する人として、「あんまり有名な人じゃないけど、グレアム・ヤング」って書いてあったのだ。

この、グレアム・ヤングってのは、1947年にイギリスに生まれた殺人鬼で、幼いころからナチスと黒魔術と毒薬に興味を持ち、色んな毒薬の研究をしていた。12才ごろから、家族や友人の食べ物にコッソリと毒薬を盛り、苦しんだりする様子を見ながら、毒の量を加減したりして、人体実験を繰り返して行った。そして、14才の時に、ついにママハハを毒殺してしまう。そのあと、父親も倒れ、グレアムは逮捕される。そして、精神病院に送られたんだけど、24才で退院になると、今度は会社の同僚などに毒薬を盛り始め、たくさんの人が入院して、そのうち2人が死亡したのだ。結局、また殺人の罪で逮捕されたんだけど、この男の生涯を追ってみると、人を殺すことに快感を覚える「殺人鬼」とは一線を画してることが分かる今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、グレアムは、殺そうと思えばいくらでも殺すことができた。だけど、この男のやったことは、死なない程度の毒薬を盛り、相手の苦しむ様子を細かくノートに書き綴り、研究していたのだ。そして、死んでしまったママハハや同僚たちは、たまたま盛った毒薬の量が多すぎただけなのだ。つまり、グレアムの目的は「殺人」じゃなくて、「毒薬の研究」であり、あたしには理解できない世界だけど、「毒薬マニア」「毒薬フリーク」「毒薬ヲタク」だったってワケだ。

そして、そんなグレアム・ヤングを尊敬してた今回の事件の少女も、お母さんを憎んでて殺そうとしたんじゃなくて、グレアムと同じ「毒薬ヲタク」だったのだ。少女は、8月の中旬から9月末までの間に、ごく少量のタリウムをお母さんの食べ物に混入し続けて、お母さんの様子を見ながら、体調の変化などを細かく観察していた。ようするに、自分のお母さんをモルモットにして、毒薬の実験をしていたのだ。その様子は、少女のブログに断片的に綴られていて、あたしは全部読んだんだけど、その文体に背筋が凍る思いがした。

実の母に毒薬を盛り、その苦しんでる様子を文章に書くとしたら、よほどの冷血漢でも、多少は情緒が乱れたり、自戒の念にかられたり、精神的にパニックになったりと、何らかの動揺が文章に表われるもんだと思うけど、この少女の文章は、極めて淡々と書かれている。カフカの代表作のひとつ「変身」は、「ある朝、目が覚めたら、自分が巨大なイモムシになっていた」って言う、普通なら大パニックになるような情況なのに、それを事務的に淡々と書き綴ってあるから、余計に読む者に恐怖を感じさせる。それと同じ恐怖感が、この少女のブログの文体から感じられた。

中学時代のクラスメートによると、この少女はものすごい化学マニア、実験マニアで、化学の教師でも分からないような難しいことまで知っていて、国語の授業中に国語のノートの端に、落書きの代わりに化学記号や数式を書くほどだったと言う。そして、およそ中学生が読むようなレベルじゃない化学の本などを読んでいたりして、クラスではちょっと浮いた存在だったそうだ。韮山高校に進学してからは、化学部に所属し、部屋からはタリウムの他にも、色々な化学薬品や専門書などが複数見つかっている。

‥‥そんなワケで、この少女自身も、10月20日未明に何らかの毒薬を飲んで自殺を図り、21日に入院したけど、サスガ、自分のお母さんを実験台にして研究してただけあって、死なない程度の量しか飲まずに、10日後の31日には退院した。そして11月1日付けで逮捕されて、現在は静岡県警本部の富士分室で厳しい取り調べを受けてるワケだけど、この自殺未遂は、完全にヤラセだろう。現在、取り調べ中なので、あんまり突っ込んだことは書けないけど、これほどの毒薬ヲタクで、直前までお母さんを実験台にして観察してたんだから、ホントに死ぬ気なら、きちんと致死量を飲むハズだろう。

つまり、知能は子供でもベッドでは大人、迷探偵キッコナンの推理によれば、自分も被害者に成りすまし、犯人が他にいるように見せかけるために、自らも微量の毒薬を飲んだのだ。その証拠に、この少女は、警察の取り調べに対して、「母がタリウム中毒になったことは知っていた」と話していながらも、自らの犯行は否認し続けていて、「そんなことはしていない」と言っている。自分の罪にさいなまれて、本気で自殺を図ったのなら、きちんと致死量を飲むハズだし、致死量を飲んだのに奇跡的に一命をとりとめたのであれば、この期に及んで犯行を否認したりはしないだろう。

さて、いくら毒薬ヲタクでも、自分のお母さんを実験台にするなんて、あたしにはどうしても理解できない。それで、今年の6月27日から始まってるこの子のブログをじっくりと読んでみた。そこで、気になった部分をここにコピーしてみるので、こう言う犯罪を犯す少女の心理がどんなものなのか、皆さんそれぞれが考えてみて欲しい。ちなみに、ブログ上では、この女の子は男性名を名乗ってて、一人称も「僕」になっている。それから、この子のブログは、警察によってすでに削除、閉鎖処理されている。


6月27日
日記を書き始めようと思います。学校の人はこの事を知らないので、嫌な事とかも全て書くつもりです。

6月28日
今日は暑かったです。昨日も真夏のようでした。昨日は水泳の授業がありました。憂鬱な体育の授業です。

7月2日
久しぶりに買い物に行ってきました。買ったものは、以下の通りです。瓶500ml・・・5瓶、瓶750ml・・・2瓶、8/4スプレー・・・1缶、チャッカマンミニ・・・1個

7月3日
今日は本の紹介します。 グレアム・ヤング毒殺日記 尊敬する人の伝記、彼は14歳で人を殺した。酒石酸アンチモンカリウムで、毒殺した。

7月7日
晴れのち雨そして快晴、この間買った酔い止め薬の通常使用量の8倍の量を飲み干しました。なんか浮かんでいる気がします。ふわふわして地に足が着いてない感じがします。

7月11日
頭が痛いです。エフェ錠の副作用でしょうか?周りで女子の甲高い声が響いているのが聞こえます、其の音が耳に入る度に、後頭部に鈍い痛みが走ります。

7月14日
道を歩いていた野良犬を蹴ったら、キャンキャン喚きながら、地べたを這いずり回った。あはは、まるで本当の犬みたい。

7月16日
今日は図書館に行って本を借りてきました。「死体を語ろう」や「日本列島毒殺事件簿」、「薬物乱用の科学」、「有機科学入門」等を借りました。

7月18日
お昼頃、買い物をしに歩いていたら道端に血まみれの猫の死体が落ちていました。頭が潰れていて、中から脳髄がはみ出していました。

7月19日
ネット上の性別は、戸籍上のものとは違うものが使われることが多いのでしょうか?だとしたら、僕の罪も少しは許されると思います。

7月23日
そんな事は在りえないけれども、もし、一度だけ生まれ変われるとしたら、僕は植物になりたい。大きな喜びは無いけれど、代わりに深い悲しみも無い。

7月26日
暗闇の大木に揺ら揺らと紅い光を馳せて蝉が光る茶色く干乾びた其の体に命の残り火を燻らせニイと啼く木々の沈黙の中其の声は雨の様に僕の下へと降り注ぐ

7月28日
僕の中に居る彼女の存在を感じなくなりました。消えてしまったのでしょうか。とても寂しいです。

7月30日
唐突だけど、僕は酒鬼薔薇少年が好きではありません。自作の詩だという「懲役13年」は、神曲等の有名な詩を切り貼りしただけの代物ですし。

8月5日
テトラヒドロゾリン―目の充血、鼻づまり改善薬『ABC点鼻スプレー』『ナーベル点鼻・点眼』『リン酸コデイン―鎮咳剤』『コデイン』『リンコデ』『リン酸コデイン』

8月6日
西友は薬品の品数が少なくて、思った様には行きませんでしたが、テトラヒドロゾリンを5mg/10mlで含んでいる物として、バイシン1箱を手に入れました。早速飲んでみました。

同日
今まで様々な生物を僕は殺戮してきた。彼等で遊ぶのは楽しかったが、同時にとても疲れた。何故なら、残った肉塊の処理だけでも数時間は優に要したから。

同日
僕の周りの、僕以外の全ての人にオキシトシンを嗅がせたい。

8月9日
もしも人間が悪魔であるなら・・・種族そのものが邪悪な存在であるなら・・・その対極にあるべき『善』とは何だ?

8月10日
赤いマントで興奮するのは、牛じゃなくて観衆。牛は色が見えない。

8月14日
Benzene Hexachloride―ベンゼンヘキサクロライド―を昨日合成しました。 別名ヘキサクロロシクロヘキサン(HCH)とも呼ばれる、有機塩素系の殺虫剤の一つ。

8月19日
薬局から電話がありました。問屋が“酢酸タリウム”と“酢酸カリウム”を間違えたらしいです。直ぐに取り替えるそうですが、待ち侘びています。

8月24日
酢酸タリウムが届きました。薬局のおじさんは「医薬用外劇物」の表示に気付かず、必要な書類を通す事無く僕に其れを渡してきました。

8月25日
変な夢を見ました。僕が彼女を食べる夢です。僕は彼女を手、足、胴体、頭の順に食べました。細い腕は魚みたいに痙攣していて、引きちぎれても未だ動きました。

同日
昨日から母の具合が悪いです。全身に発疹が起こり、特に顔面に症状が強く出ています。今日は皮膚科へ行きましたが、医者もただ首を傾げるばかりで原因は分からないそうです。

8月26日
お腹が痛いです。原因は解っています。タリウムです。昨日、それの水溶液を誤って指に付けてしまったのです。直ぐに手を洗ったのですが、指先は白く濁ったままです。

8月27日
寝ても起きても気持ち悪いし、指先とか脚とかが痺れてきたので、解毒剤を作りました。タリウム中毒の治療はプルシアンブルーと塩化カリウムの経口投与によって行なわれます。

8月31日
暗い部屋で、蝋燭の炎を見る。ゆらゆら、ゆらゆら、おもしろいよ・・・

9月4日
生き物を殺すという事、何かにナイフを突き立てる瞬間、柔らかな肉を引き裂く感触生暖かい血の温度。漏れる吐息。すべてが僕を慰めてくれる。

9月12日
今日も母の調子は悪いです。2,3日前から脚の不調を訴えていたけど、遂に殆ど動けなくなってしまいました。二階にある僕の部屋まで来る事も出来なくなりました。

9月13日
今日は体育の補修で500mを泳ぎました。カフェ錠を飲んでいたので、比較的楽しく泳ぐ事ができました。

同日
アトロピンの抽出朝鮮朝顔の根もしくは葉を熱湯で湯掻き、炉液をケン化させる。アルカロイドが沈殿するため此れを濾過し、希硫酸を加え硫酸アトロピンとする。

9月19日
現実の方が大変になってきてしまったので、暫くブログの更新を停止します。すいません。

9月26日
明日、母は入院します。未だ原因は不明のままです。残念な事に母は余り良い保険に加入していないため、生活は少しばかり苦しくなるでしょう。

9月27日
隠れる事は喜びでありながら、見つけられない事は苦痛である。見つけられることは危険である。しかし其の逆に、自分が存在していることを確認するためには、誰かに見つけられるしかない。

9月28日
母はよく泣くようになった。僕に“毒を造って欲しい”“誤って飲んだ事にして貰いたい”とぼやく。自殺衝動が出始めたようだ。

10月2日
母は入院した。父が呼んだ救急車で連れて行かれた。入院先は近くの病院、布製の担架で運ばれて行った。父も同伴した。少し悲しそうな顔をしていた。

同日
銀色のベルを揺らせば涼しげな音が鳴るだろう銀色の刃物の先で命が震えている此れはどんな音色を奏でているのか。母の顔を暖かいタオルで拭いてあげた。

10月3日
今日は病院へ行ってきた。祖父母と兄と僕とで母の見舞いに訪れたのだ。先客として叔母さんが居た。まあ、呼ばれて行ったのだから当たり前ではある。

10月某日
今日は調子が良い。何でも新しい薬を貰ってきたという。病名も分かった、ストレスによる多発性神経炎だそうだ。検査で何も出なかったからそう判断したらしい。

10月某日
星が空から落ちる。兔たちはオーブンの中で草むらの記憶すらも硬化させる。500mgに増やしたステロイドの影響だろうか、顔の腫れが目立っていた。

10月某日
人は輪になって踊る。丘の上で死体を数え、微笑みながら飲み交わす。撃ち殺された男の匂い、引き裂かれた女の匂い。

10月某日
部屋が変わっていた。4階のB棟、3人部屋だ。

10月某日
血圧は上が115、下が85であった。殆ど戻ってきたところだ。しかし病状は悪化している。日直の先生も異常を察し、集中治療室へ連れて行った。

10月某日
特に変化なし、今日も昨日と同じように写真を撮って帰った。長男に目つきが怖いと言われた。寒気がするって、僕は“毎日この顔を洗面台の前で見ているんだぜ。

10月16日
叔母が言うところによると、母は幻覚を見始めたらしい。居もしない虫や、ドアの傍の白い陰に悩まされていると言う。

同日
今日の朝、先生に筆記用具を借りた。其の時泣きながら母の話しをして、同情を得た。人って案外簡単に騙されるものなんだと思った。

同日
蒼ざめた馬の通る道に、規則は存在しない。暗闇を進む足跡は草木を枯らし、死を招く。其処に生命は宿らない。在るのは寂しい同じ形。


‥‥そんなワケで、少女の日記は、ここで終わっている。そして、この4日後に、自らも毒薬を飲んで自殺未遂をした。だけど、あたしには、前に書いたように、どうしても本気で自殺を図ったとは思えない。お母さんに劇薬のタリウムを飲ませ続け、その中和剤まで合成する知識を持っている少女が、本気で自殺を図ったのなら、間違いなく確実に死ぬだろう。そして、万が一、助かったとしても、わずか10日間の入院だけで済むとは考えられない。たぶん、生死のハザマをさまよって、何ヶ月も入院すると思う。それに、集中治療室に移され、幻覚まで見始めた重体のお母さんのことを「同情を得るためのネタ」として使った少女が、その4日後に自殺を図るとは考えられない。病気の母さんをずっと看て来たあたしからすると、なんとも気分の重たくなる事件だけど、これも時代の流れなのかな‥‥なんて思う今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう! 
★何かを感じた人はクリックにご協力を!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2005.11.01

コイズミさんに座布団1枚!

koizumi2
最近、良く「ポスト小泉」って言葉を聞くけど、あたしは、この「ポスト小泉」ってのを聞くたびに、アメリカのための郵政民営化で、過疎地の郵便局をぶっ潰したお詫びに、コイズミが自分の全身に赤いペンキを塗って、ポストの代わりに口を開けて山奥にでも立ってる絵を想像しちゃって、ヤタラとおかしくなる。ゆくゆくは、カーネルサンダースの人形みたいなコイズミ人形を何千体も作って、ぜんぶ真っ赤に塗って、口をポカーンて開けたアホヅラで、ニポン各地の閉鎖された郵便局の跡地に立てたらどうかと思うほどだ。そして、「死ね!このレイプ魔!」って書いたハガキを口の中にネジ込んでやろう。

‥‥なんてことはどうでもいいんだけど、実際の「ポスト小泉」は、麻生太郎総務相、谷垣禎一財務相、福田康夫前官房長官、安倍晋三幹事長代理の4人だって言うんだから、真っ赤に塗ったコイズミ人形だけじゃなく、全国のマトモな人たちは、みんな開いた口が塞がらなくなっちゃった。だって、麻生と谷垣と福田は年金未納で、安倍は学歴詐称じゃん。郵政民営化をゴリ押しして、さあこれから、ようやく国民が望んでた年金問題だって時に、年金未納者を寄せ集めて「ポスト小泉」だなんて、バカも休み休み言え!って感じだ。

そりゃあ、コイズミ本人も年金未納だし、ナンミョーホーレン党の神崎だって年金未納だし、四六時中酔っぱらってる中川昭一だって年金未納だし、赤ちゃんプレイが大好きな変質者の石破茂だって年金未納だし、コイズミの腰ギンチャクの竹中平蔵だって年金未納だし、大嘘つきのヒヨリミ野郎の茂木敏充だって年金未納だし、どいつもこいつも年金未納なんだから、年金未納者の中から「ポスト小泉」を決めるしかないんだろうけど、それだったら、同じ年金未納の杉村太蔵も「ポスト小泉」に混ぜてやれよ‥‥なんてことも言ってみつつ、さて、ここまでで何回「年金未納」って言ったでしょうか?‥‥なんて質問を年金未納のあたしがしてみた今日この頃、皆さん、ちゃんと年金払ってますか?(笑)


‥‥そんなワケで、あたしは、コイズミの素晴らしい政策のオカゲで、電気は止まりそうだし、ガスは止まりそうだし、お米は買えないし、家賃は待ってもらってるって言うのに、返って来る保障も無い年金なんかとても払う余裕が無い。そんなあたしと、莫大な裏金をフトコロに入れてるクセに僅かな年金すら払わない政治家どもとは、まったく立場が違う。あたしの場合は、年金を「払わない」んじゃなくて「払えない」ワケで、払えるのに払わないコイズミや神崎や麻生や谷垣や福田や中川や石破や竹中や茂木や杉村太蔵とはまったく違う。だいたいからして、あたしが年金を払えないのはコイツラのセイなんだから、文句のひとつも言いたくなるのは当然の柱状節理だ。

ちなみに、コイズミお得意の「自分のマズイことがバレると他のことで大騒ぎしてゴマカス大作戦」によって、コイツラの年金未納の問題なんか、みんな忘れちゃってると思うから、ここで改めて書き出しておくけど、コイズミは6年11ヶ月で110万3900円の未納、神崎は6ヶ月で7万9800円の未納、麻生太郎は3年10ヶ月で61万1800円の未納、谷垣禎一は1年9ヶ月で27万9300円の未納、福田康夫は8年で127万6800円の未納、中川昭一は21年で335万1600円の未納、石破茂は2年5ヶ月で38万5700円の未納、竹中平蔵は2年11ヶ月で46万5500円の未納、茂木敏充は2年3ヶ月で35万9100円の未納、杉村太蔵は4年で63万8400円の未納、つまり、コイツラだけで800万円近い年金の納付をバックレてたってワケだ。

さらに、ちなみに、年金未納の責任をとって党首を辞任した民主党の管直人は10ヶ月で13万3000円の未納、同じく辞任した社民党の土井たか子は2年7ヶ月で41万2300円の未納だ。だけど、管直人の場合は、本人には何の責任も無く、役所が手続き上のミスをしたことによって納付されなかったのだ。それなのに、責任をとって辞任したってことは、この2人の金額を足したよりも多い杉村太蔵は、今すぐに辞職するのが当然だと思うし、杉村太蔵に限らず、コイズミをはじめ、「ポスト小泉」の厚顔無恥な面々はソッコク辞職すべきだろう。そして、唯一未納が発覚してない安倍晋三だって、立派に「学歴詐称」って大罪を犯してるんだから、学歴詐称の大先輩、ペパーダイン古賀を見習って、トットと辞めて欲しい。

‥‥そんなワケで、こんな人間のクズどもを並べて、「ポスト小泉」だの入閣だのなんて笑止千万、ぶんぶく茶釜がローズヒップティーを沸かしちゃうけど、とりあえずここまでにしといて、この続きは、コイズミ茶番新内閣が発表になってから、今夜、書こうと思う。それまで、しばしのお別れってことで、また今夜お会いしましょう。


   (お仕事中)


さて、ここからは、ニポンを破滅へと導く独裁者コイズミの第3次茶番内閣が発表されたので、その呆れ返る顔ぶれを紹介しようと思う。


 【首相】 小泉鈍一郎(こいずみどんいちろう)

言わずと知れたニポンの恥。ブッシュの忠実な飼犬で、郵政民営化もブッシュの命令に従っただけの在日アメリカ大使。姉の信子のあやつり人形で、生粋のサディスト。たった4年でニポンの債務を1000兆円にした前代未聞の無能総理。「笑点」で言えば三遊亭円楽のポジション。


 【総務・郵政民営化】 竹中平蔵(たけなかへーぞー)

単なるコイズミの腰ギンチャク。顔を見れば分かるように、ただのバカ。「笑点」で言えば林家木久蔵のポジション。


 【法務】 杉浦正健(すぎうらせいけん)

共産党支持者のクセに自民党員で、「天皇を神にしたために太平洋戦争が起こった」と言いながら「天皇は日本の元首だ」と言い、右翼からも左翼からもツッコまれ続けてるハンパ者。政治資金収支報告書の内容を改ざんしたり、拉致被害者の曽我ひとみさんからコイズミ宛ての伝言内容をコイズミの都合に合わせて改ざんしたりと、その腹黒さはピカイチ。「笑点」で言えば三遊亭楽太郎のポジション。


 【外務】 麻生太郎(あそうたろう)

「フロッピー麻生」の別名を持つ時代錯誤オヤジ。「笑点」で言えば三遊亭小遊三のポジション。このバカに関しては、2005年8月4日の日記「フロッピーの割れた日」に詳しく書いてあるので、過去ログへどうぞ。


 【財務】 谷垣禎一(たにがきさだかず)

2000年の「加藤の乱」で、内閣不信任票を投じに行こうとする加藤紘一の腕にすがり、泣きながら「ダメですよ〜大将なんだから〜」と必死に止めた男芸者。「笑点」で言えば桂歌丸のポジション。


 【文部科学】 小坂憲次(こさかけんじ)

「信濃毎日新聞」の小坂一族のひとりで、現社長の小坂健介は叔父にあたる。その関係で、小坂憲次は「信濃毎日新聞」の大株主。自ら手話を勉強したり、名刺に点字を入れたりと、一見、福祉に尽力してるようなフリをしてるけど、結局は、財源不足を障害者に押しつけるための「障害者自立支援法案」を推進しちゃう裏切り野郎。趣味はアマチュア無線なので、文句のある人たちは、小坂憲次のコールナンバー「JE0LIG」へ直接どうぞ。「笑点」で言えば三遊亭好楽のポジション。


 【厚生労働】 川崎二郎(かわさきじろう)

ラーメンマニアに人気の店、「ラーメン二郎」の川崎店のことを通称「川崎二郎」と呼ぶけど、それとは何も関係無い。かつては「年金問題と景気回復が何よりの優先課題だ」と言って出馬したクセに、当選したトタンにコイズミに擦り寄り、年金も景気もホッタラカシで、コイズミのゴキゲンをとるために郵政民営化オンリーになったヒヨリミ男。自らがサラリーマン出身であることをカンバンにして、サラリーマンのための政策を謳ってたのは過去のことで、今や立派な「サラリーマン増税派」に大変身したカメレオン野郎。


 【農水】 中川昭一(なかがわしょういち)

何のトリエも無い単なる酔っぱらいで、テレビで泥酔した醜態を全国にサラシた恥知らず。年金の未納額は国会議員でトップの21年間で335万1600円。


 【経済産業】 二階俊博(にかいとしひろ)

「コータクミンの銅像を全国に設置しろ」って言ってみたり、最悪の法案「人権擁護法案」を強行に推進してみたりと、ホントにニポン人なのか疑いたくなるほどの売国奴。さらには、ムキになって関西空港の2期工事を推進してるから、何か変だな?って思ってたら、オダギリジョー‥‥じゃなくて、ヤブキジョー‥‥じゃなくて、アンノジョー、工事を請け負う予定の業者から739万円ものヤミ献金を受け取ってたことが発覚したクズ野郎。


 【国土交通】 北側一雄(きたがわかずお)

熱心なナンミョーホーレン信者にして、こいつも年金未納者。


 【環境・沖縄北方】 小池百合子(こいけゆりこ)

ニポンの環境を破壊し続ける無知無能の環境破壊大臣。こいつのバカさ加減については、2005年8月13日の日記「環境破壊大臣、小池百合子」に詳しく書いてあるので、過去ログへどうぞ。


 【官房】 安倍晋三(あべしんぞう)

学歴詐称のペテン師。コイズミと同じく、国民に人気があると思い込んでる自意識過剰の恥知らず。小声で早口なのは、自分に対する自信の無さの表われだろう。元ウインクの相田翔子に似てると思うのは、あたしだけだろうか?「笑点」で言えば座布団運びの山田くんのポジション。


 【国家公安委員長・防災】 沓掛哲男(くつかけてつお)

KSD(中小企業経営者福祉事業団)からヤミ献金を受けていた悪質極まりない「汚職十二人集」のうちのひとり。4年前の環境副大臣時代に、国会の本会議をスッポカシて、地元の行事に出席した無責任オヤジで、国会よりもトークショーを優先する「お菓子の国から来たセレブ」と同レベルのアホ。


 【防衛】 額賀福志郎(ぬかがふくしろう)

こいつもKSDから1500万円ものヤミ献金を受け取ってた汚職議員のクセに、事件が発覚したら、「秘書が勝手に受け取ったもので、私は知りません」と、政治家お得意のイイワケをしたアホ。結局、厳しい追及に言い逃れができなくなり、経済財政相を辞任させられた。かつて、小渕政権の時にも、防衛庁の度重なる不祥事の責任をとって防衛庁長官を辞任させられてるから、言うなれば「辞任キング」ってワケで、今回も何かの問題を起こして辞任するほうに、いつもキレイな竹下景子さんが3000点賭けそうな気がする。


 【経済財政・金融】 与謝野馨(よさのかおる)

歌人、与謝野晶子の孫にして、金集めの天才。たった30万円の元手のセミナーで、1400人を集め、一瞬にして6600万円を荒稼ぎする。色んな企業からの迂回献金も莫大で、あまりの金集め能力のスゴサに、「迂回」と「鵜飼い」をかけて「永田町の鵜匠(うしょう)」と呼ばれてる。2002年10月10日のNHKの「日曜討論」において、小池晃政策委員長が、「橋本龍太郎が1億円の小切手をポケットに入れて『記憶にない』など、こんなバカな話はない。」と言って、ワイロ性の高い迂回献金の全面禁止を訴えたら、「何から何まで法律で縛る必要はない。(迂回献金については)政治家ひとりひとりの良識に任せるべきだ。」との呆れ果てた発言をした。ヒトコトで言えば、単なる金の亡者。


 【規制改革・行政改革】 中馬弘毅(ちゅうまこうき)

こいつも、二階俊博と一緒になって、ヤタラと関西空港の2期工事を推進してると思ったら、シシドジョー‥‥じゃなくて、ハタ坊だジョー‥‥じゃなくて、アンノジョー、業者からヤミ献金を受け取ってた。こいつの場合は60万円で、二階俊博の739万円や高市早苗の514万円に比べたら可愛いもんだけど、やってることは同じだ。ちなみに、この問題について責任者のコイズミは、「献金と公共工事を結びつけるのは無理がある」って、耳から鼻水が出ちゃうような無責任な答弁でゴマカシた。


 【科学技術・食品安全・IT】 松田岩夫(まつだいわお)

「笑点」で言えば林家こん平のポジション。それだけ。


 【少子化・男女共同参画】 猪口邦子(いのぐちくにこ)

中途半端な英語を話すジェンダーフリーおばさん。軍縮を訴えてるクセに、軍拡派のコイズミに加担するデタラメぶりを発揮し、ニポン人に向かって、「グローバリゼーションのダイナミクスの期間が長い日本において、女性がエンカレッジされるように精神面をサポートし、リクルートメントを実践できるシステムのために、アソシエイトエキスパート制度を利用したいですね。」って、ナニ言ってんだかぜんぜん分かんない。お前は保坂尚輝、改め、保坂尚希か?(笑)


‥‥そんなワケで、コイズミ動物王国には、こんなに愉快な仲間たちが揃っちゃったので、これからのコイズミ劇場もマスマス楽しい茶番が炸裂することウケアイだろう。まずは、全国の障害者やその家族たちの涙の訴えを無視して、一度は廃案になったハズの「障害者自立支援法案」を数にモノを言わせてムリヤリに通過させたし、次に来るのは自民党支持者たちが心待ちにしてた「サラリーマン減税の廃止」と「消費税の大幅増税」だし、もちろん、お年寄りや生活保護者に対するイジメも忘れてない。今回のバカメンバー発表の前のインタビューで、座布団運びの安倍晋三が、「総理のために汗を流した人には、それなりのものを用意する。それが小泉哲学です。」って言ったのを聞いて、あたしは、「国民のため」じゃなくて「総理のため」に汗を流してる国会笑点メンバーの皆さんに、心からケーベツの拍手を送りたいと思った今日この頃なのだ。チャラ〜ン!(笑)


★今日も最後まで読んでくれてありがとう! 
★ついでにクリクリっとヨロピクね♪
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »