« Jewel of Jewels | トップページ | 冬の夜のF1話 »

2006.01.27

公園に住む人

今日、27日、大阪地裁で、ビックルを一気飲みしちゃうような判決が出た‥‥って言うと、あたしは、どうしても「半ケツが出た」ってのを想像しちゃう。偉そうな裁判官が、あのトンカチみたいなのでコンコン!ってやってから、「半ケツです」って言って立ち上がり、後ろを向いて、ズボンを途中まで下ろす(笑)‥‥なんてことも言ってみつつ、どんな判決が出たのかって言うと、公園で暮らしてるホームレスのおじさんに対して、その公園の住所を「現住所」として認めたのだ。

大阪市北区の公園の中で、テント生活をしてるホームレスの山内勇志さん(55)が、そのテントのある公園の住所を「自分の新しい住所」として、住民票の転居届けを市役所に出したんだけど、市役所側は受け付けなかった。あたしは、別に、ホームレスを敵視してるワケじゃないし、多摩川の河原で暮らしてるホームレスのおじさんとは仲良くしてるけど、この市役所の判断に関して言えば、当然だと思う。だけど、これを不服とした山内さんは、公園の住所を自分の住所として登録しないのはおかしいって言って、大阪地裁に訴えたのだ。

で、誰でも市役所の判断は当然で、山内さんの訴えは棄却されると思ってたら、ナナナナナント! 西川知一郎裁判長は、「公園内のテントであっても、そこに生活実態があれば、住所として認められる。住民票転居届けの不受理処分は違法である」として、事実上、公園での住民登録を認める判決を言い渡したのだ。コレって、思わずズボンを途中まで下げちゃうくらい、ものすごい判決だと思う。だって、コレが通るんなら、ニポン中の公共施設の敷地内に、どこでも引越しして、住民票を移せるってことじゃん!‥‥なんて思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、大阪の公園で暮らしてるホームレスと言えば、今、もうひとつの問題が起こってる。大阪市中央区の大阪城公園で暮らしてる5人のホームレスと、大阪市西区の靱(うつぼ)公園で暮らしてる17人のホームレスに対して、大阪市が強制退去を求めてて、30日にはテントの強制撤去が行なわれるのだ。これは、5月に開催される「世界バラ会議」に向けて、両方の公園を再整備するためで、大阪市によると、去年の10月からホームレスたちに事情を説明して、自主的なテントの撤去と、自立支援センターや避難所への入所を勧めて来たそうだ。そして、それでも自主退去しない22人に対して、大阪市は、「行政代執行」って言う強硬手段に出ることにした。それに対して、この22人のうちの18人が連名で、24日までに大阪地裁に、「除却命令」の執行停止を求める申し立てを起こしたってワケだ。

ホームレスやホームレスの支援団体は、大阪市側とモメにモメてて、今までに何度か小競り合いが起こってる。そして、「公園を利用する一般市民や周辺住民からも、テントについての苦情を受けている。自主撤去に応じて欲しい」って言ってる大阪市の言いぶんに対して、ホームレスのほうは、「この寒空の中で出て行けというのは、死ねということと一緒だ」って言ってる。あたしは、現場を見たワケじゃないし、詳しい状況は分からないけど、大阪市側は、ただ「出てけ」って言ってるんじゃなくて、自立支援センターや避難所への入所を勧めてるって話なんだから、このホームレスの言いぶんはおかしいと思う。それとも、自立支援センターや避難所は満員で、現実的には入所できない状況なんだろうか?

とにかく、あと数日で、「行政代執行」って言う強硬手段によって追い出されちゃうホームレスたちにとって、今日の山内さんの判決は、ものすごいことだろう。だって、公園内のテントでも、自分の住所として住民票に登録できることになったんだから、この22人のホームレスたちが、みんなで市役所に行って、今のテントの住所を登録すれば、そこが自宅ってことになる。そうすれば、自分の住所に堂々と住んでることになるんだから、それを「出てけ」とは言えなくなるだろう。何しろ、北海道とか沖縄とかの裁判所の判決じゃなくて、同じ大阪地裁の判決なんだから、その地域のホームレスたちにとっては、大きな味方になったハズだ。たぶん、明日には、みんなで市役所に行くんじゃないのかな?

‥‥そんなワケで、西川知一郎裁判長は、「公園内のテントであっても、そこに生活実態があれば、住所として認められる。」って言ったんだから、「住民票に登録できる住所」ってものの判断は、「そこに生活実態があるかどうか」ってことがポイントで、そこが「どこか」ってことは二の次だってことになる。だけど、もちろん、他人の家の庭とか、どこかのビルの屋上とか、そう言うのはダメに決まってるだろうから、あくまでも個人や会社などの私有地じゃなくて、公共の土地ってことになる。だから、たとえば、国定公園や国立公園の中に勝手にテントを張って暮らしても、そこに生活実態があれば、住所を登録できるってワケだ。日光国立公園とか、十和田国立公園とか、瀬戸内国立公園とかが住所だなんて、なかなかワンダホーだ。その上、家賃はタダだし、強制撤去される恐れもなくなるんなら、六本木ヒルズに住むよりも遥かに素晴らしい。

でも、ニポンは、コイズミが総理大臣になってからホームレスが急増して、現在は全国に3万人以上もいるんだけど、大阪に約7500人、東京に約7000人と、全体の半数近くは、大阪と東京に集中してる。そして、残りの半数も、ほとんどが地方都市に分散してる。だから、実際には、自然に囲まれた場所で暮らしてるホームレスはすごく少ないんだと思う。だけど、大阪のことは分かんないけど、東京の場合は、みんながみんな新宿や上野にいるワケじゃなくて、景色のいいとこに住んでる人もいる。

あたしが仲良くしてる多摩川のおじさんのとこは、季節の野草がいっぱいで、目の前でアユ釣りもできるし、遠くには富士山も見える。まるでハイキングに来たみたいな場所で、サイコーの眺めだ。その上、発電機を使って電気を起こして、テレビを見たりパソコンを使ったりしてる。そして、パソコンにケータイをつなげてインターネットもしてる。だから、これと言って不便はなさそうだ。ブロックを組んでカマドも作ってあるし、その他にコールマンのツーバーナーも使ってるから、カマドでご飯を炊きながら、ツーバーナーでオカズとお味噌汁を同時に作ったりできる。その上、近くに草野球のグランドがあるから、水道も簡易トイレもある。

そう言えば、前に、お酒を持って遊びに行った時、宅配ピザをゴチソウしてくれたんだけど、住所の無い河原なのに、ピザーラのお兄さんはちゃんと届けてくれた。コレって、やっぱり、お役所と民間企業との違いなんだと思う。ハガキだったら、絶対に届けてくれないだろう。だけど、郵便局も民営化したんだから、本当の意味での民営化を目指すんだったら、多摩川の河原でもどこでも届けて欲しいよね。ま、コイズミの息の掛かった官僚どもがズラリと天下りしてんだから、所詮は名前だけで、中身のカラッポの郵政民営化だけど。

‥‥そんなワケで、今日の大阪地裁の驚くべき判決によって、公園で暮らすホームレスは、公園の住所を住民票に登録できることになった。だから、多摩川の河原で暮らすおじさんも、多摩川の河原の住所を登録できるワケで、そうすれば、小屋の前に郵便受けを立てれば、ハガキが届くってワケだ。テレビもパソコンも使える上に、郵便物まで届くんなら、高い家賃を払ってマンションなんかに住んでるのがバカバカしくなって来る。コイズミ内閣の推進してる改革ってのは、ひとにぎりの大金持ちと大多数の貧乏人を生み出すための改革なんだから、こうなったらイッソのこと、コイズミのご希望通りに、みんなでホームレスになって、公園や河原に住んで、税金なんか納めるのをやめちゃったら面白いと思う。だけど、その前に、ものすごく基本的な疑問なんだけど、ホームレスってのは、ホームがレスなワケで、ようするに「家が無い」って意味なのに、公園や河原に勝手に建てたテントを住所として登録できるんなら、これは完全に「家」ってことで、すでにホームレスじゃないような気がする今日この頃なのだ(笑)


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★読んだついでにランキングのクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

« Jewel of Jewels | トップページ | 冬の夜のF1話 »