« 心の美しさ | トップページ | ファンの子たち »

2006.02.25

現実逃避とお魚たち

k1
今日は、あまりにもクタクタなので、日記を書くのをお休みしようかとも思ったんだけど、ここまで休まずに書いて来たので、できることならお休みしたくない。だけど、この「きっこの日記」は、あくまでもあたしの趣味の日記であり、ストレス発散のために書いてる日記なので、無理して書いたら本末転倒だ。だから、今、お風呂上りに、アイスコーヒーを飲みながら、タラタラと書き始めたんだけど、途中で疲れちゃったらやめにするし、最後まで書けたらアップするって言う、あまりにもアバウトな姿勢でスタートしてみた。だから、今の時点では、先のことは分からずにキーボードを打ってるってワケで、この日記が無事に今日中にアップされたアカツキには、何とか最後まで体力が持ったってことになる。

で、今日は、とにかくバタバタと忙しかっただけじゃなくて、やることがマウンテンになってて、精神的にも落ち着かない。たとえば、ここ何日かメールボックスを見てなかったので、この日記を書き始める前にチラッと見てみたら、ナナナナナント! 未読メールが800通以上もあった! わずか4〜5日だってのに、なんなんだ、このメールの数は‥‥。それ以前に目を通したメールの中にも、時間ができたら返信しようと思ってるメールが何十通もあって、フラッグマークを立ててあるのに、とてもじゃないけど手が回らない。他にも、明日までに片付けなきゃなんないレポートとか、色んなことが溜まってて、考えただけでも前頭葉がズキズキして来る。

だけど、あたしは、高倉健とロンブー淳に続いて、ニポンで3番目に不器用な人間だから、こんなにもやることが溜まってて、徹夜で対応したってぜんぜん処理しきれないってのに、アイスコーヒーを飲みながら、のんびりと日記を書いている。これは、「きっこの日記」の本来の目的であるストレス発散とは似て非なるもの、その名も「現実逃避」だと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、マクラを書いたら、リトル調子が出て来たので、今んとこは、何とかなりそうな気がしつつ、つれづれなるままに、キーボードを打ち続けてるワケだけど、実は、なんでこんなに疲れてるのかって言うと、今朝、水槽のお掃除をしたからだ。ずいぶん前からお掃除をしなくちゃって思ってたんだけど、あの労力を思うと、どうしてもやる気が起きなかった。お水自体はキレイだし、ガラスのコケを食べてくれるナントカ貝を5匹入れたから、ガラスも透明だし、そんなにすぐにお掃除しなくても、まだ大丈夫って感じだった。だけど、あたしがお部屋でつまづいて、水槽の近くにバタッて手をついた時に、お魚たちがビックルを一気飲みして大騒ぎになったら、水槽の底に敷いてる砂利から、モワ〜ッて汚れが舞い上がったのだ。

しばらくしたら、お水はまたキレイになったんだけど、それは汚れが沈殿しただけなので、あたしは、こりゃあマズイって思って、できるだけ早くお掃除をしようと思いつつ、いつものように延ばし延ばしにしちゃって、2週間くらい経っちゃった。それで、オトトイのことなんだけど、朝、目が覚めたら、水槽のほうからゴボゴボって変な音がしてて、ナニゴトかと思って見たら、水槽の上の濾過器からお水があふれ出してた。あふれたお水は、うまいこと水槽の中に流れてたから、お部屋は汚れなかったんだけど、いったいどうしたんだろうと思って濾過器のフタを開けてみたら、フィルターが全面、汚れて目詰まりしてて、ちゃんとお水を通さないで、周りからあふれてることに気づいた。

それで、あたしは、慌ててバケツを持って来て、3層になってるフィルターをぜんぶ外した。これで、お水は流れるようにはなったけど、フィルターが無いワケだから、ただ汚れたお水が循環してるだけで、何の意味も無い。だけど、代わりのフィルターは無いし、汚れたフィルターを洗ってる時間も無いし、仕方ないから、そのままお仕事に行った。それで、帰って来てから、バケツ3つにお水を汲み置きして、次の日の朝に水槽のお掃除をする決心をしたってワケだ。

‥‥そんなワケで、今朝は早起きして、覚悟を決めて水槽のお掃除を開始した。ペコペコポンプで水槽のお水を8割くらい捨てて、それでも水槽はメチャクチャ重いんだけど、必死でバスルームまで運んで、汲み置きしといたバケツに、お魚たちを移した。これが、また大変で、水槽のお水はヒーターで23度にしてあるから、そこから冷たいバケツのお水に移すとかわいそうなので、ヤカンにお湯を沸かして、水温計で計りながら、水槽と同じくらいの水温になるようにお湯を混ぜて、それからお魚たちを移さなくちゃなんない。

お魚たちを無事に移し終わったら、アトは、ナントカ貝も移して、藻も移して、石とか水温計とかブクブクとかヒーターとかサーモスタットとかを出して、砂利を洗った。水槽の内側と砂利を洗って、濁ったお水を捨てて、また洗って、また濁ったお水を捨てて、お米を研ぐのと同じで、お水が濁らなくなるまで、何度も何度も繰り返す。もう、この時点で、手は冷たいし、腰は痛いし、泣きたくなるほどイヤになって来てるんだけど、お魚たちの喜ぶ姿を思い浮かべて、何とかがんばる‥‥って言うか、水槽のお掃除だけは、やり始めたら最後、絶対に途中でやめるワケには行かない。

あたしって、やりかけたことを途中でやめるのが嫌いで、どんなにつまんない本でも、ヨホドのことがない限りは、とりあえず最後まで読むし、どんなにマズイものでも、ヨホドのことがない限りは、残さずに食べるようにしてる。つまんない本なら、読むのをやめちゃえばいいし、マズイものなら、無理して食べる必要なんかないのに、それでもできる限りは、最後まで読んだり、最後まで食べたりしちゃうくらいだから、途中でやめるワケにはいかない水槽のお掃除に関しては、どうしたって最後までやるしかない。だからこそ、やり始めたら最後までやめられないことが分かってるから、なかなかやる気にならなくて、延ばし延ばしにしちゃうんだと思う。

それで、水槽がキレイになったら、とりあえず元の場所に戻してから、汲み置きしといた3つのバケツのうち、お魚たちを入れてない2つぶんのお水を水槽に入れて、それだけだと足りないから、アトは水道のお水を入れて、カルキ抜きの覚醒剤みたいなヤツをポチャンと入れて、ヒーターとサーモスタットをセットして、温めておく。それから、ブクブクを分解して、古い歯ブラシでお掃除してから、フィルターを新しいのに替える。最後に、一番たいへんなんだけど、例の濾過器のお掃除だ。3層になってるフィルターを何度も洗ってから、濾過器の内側とか、途中にはさんであるアミみたいなのとか、水を出すパイプとか、みんな分解してからお掃除して、また組み立てる。これがケッコー難しくて、部品の数が多くて、1ヶ所でも順番を間違えると元通りにならないから、はずした順に並べとかないと、ワケが分かんなくなる。

‥‥そんなワケで、やっとのことで、濾過器のお掃除が終わって、水槽にセットしたら、濾過器とブクブクのスイッチを入れて、お水を循環させつつ、水温計をセットしたり、洗った藻を入れたり、石を入れたりして、アトは水温が23度になるのを待つ。これで、水温が戻ったら、お魚たちとナントカ貝を入れるってワケで、ナントカ貝はともかくとして、お魚たちは、最初は石とか藻の陰に隠れたり、スミッコのほうに固まったりしてビビッてるんだけど、ホンの5分もすると、キレイになった水槽の中で、元気いっぱいに泳ぎ出す。この瞬間が嬉しくて、あたしは、必死にお掃除をするワケだけど、今朝は、元気に泳ぎまわるお魚たちを眺めてる余裕もなかった。水槽のお掃除が終わってから、休む間もなく、大急ぎで着替えて、お化粧して、コーヒーを飲む時間もなかった。だけど、バタバタと出て行くあたしに向かって、11匹の黒メダカたちと、15匹のクチボソたちが、「ありがとう!」って言ったような気がして、あたし自身も、何となく元気になったような今日この頃なのだ‥‥って、疲れてるのに最後まで書けた!(笑)


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★読んだついでにランキングのクリックにも協力してね!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

« 心の美しさ | トップページ | ファンの子たち »