« トスポくん登場♪ | トップページ | 東京水物語 »

2006.04.28

平和のミサイル

Inoshishi
守銭奴イノシシが、こんな変な時期に、檻から出て来やがった。容疑を否認し続けてる容疑者が保釈されるなんて、普通じゃアリエナイザーなのに、自民党は、よっぽど「共謀罪法案」の強行採決から国民の目をそらしたいらしい。アンノジョー、各テレビ局は、前代未聞のトンデモ法案、「共謀罪」については報じないで、どうでもいい守銭奴イノシシなんかの保釈に張り付き、収監された時とおんなじに、ヘリコプターまで使って追跡してる始末。自民党のコソクさ加減も、マスコミのバカさ加減も、ここまで来ると、まるでコイズミチルドレン並みのコッケイさで、もうお話にもならない。

オジャマモンの証人喚問が1月17日に決まって、伊藤公介とヒューザーとの深い癒着が暴かれると思ったトタンに、その前日の16日にライブドアのガサ入れを強行して、新聞やテレビはライブドア一色。成田空港でアメリカ産の狂牛肉から背骨が見つかれば、ソッコーでイノシシを逮捕して、またまた新聞やテレビはライブドア一色。そして今度は、ゴールデンウィーク前に、何が何でも「共謀罪法案」を強行採決したいからって、突然のイノシシの保釈によって、またまたまたまた新聞やテレビはライブドア一色。サスガ、伊藤公介と同郷で大親友の飯島秘書官が考える目くらまし作戦は、マイドのことながら、アカラサマ&ダイタンだけど、それなりの効果がある。

なんせ、ニポン語もロクに話せない低脳コイズミを操縦して、この国をここまでメチャクチャにした総司令官なんだから、世耕弘成のバカや山本一太のマヌケと比べて、多少は使いもんになるみたいだ。たぶん、飯島は、自民党の中で、分数の足し算ができる数少ない議員のひとりなんだろう。どっちにしても、マスコミが自民党の言いなりになって、そろいもそろって「共謀罪法案」についての報道をさけ、どうでもいいイノシシなんかを追い回してるんだから、今さら何を言ったって遅いよね。だけど、これほどのトンデモ法案が強行採決されようとしてる重大な時に、まるでお花見の場所取りみたいに、前日の夜から小菅の拘置所の前にキャタツを並べて場所取りをしてるマスコミの低脳さには、琵琶湖のブラックバスも開いた口が塞がらない今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、ニポンのマスコミの情けなさをこれほど感じたことはない。「共謀罪」なんかが強行採決されちゃったら、誰よりも困るのがマスコミなのに、それでも、誰ひとり自民党の圧力に抵抗しようとはせずに、ミゴトに言いなりだ。かつて、スマップの中居が彼女を妊娠させて、それをチーフマネージャーの飯島女史が強制的に人工中絶させた時、すべてのスポーツ紙や週刊誌の編集長に電話して、「絶対に記事にするな!」って圧力をかけたのが、中曽根元総理だ。ナゼかって言うと、中曽根は、ずっと前から、デビュー前の少年たちをジャニーズ事務所から定期的に斡旋してもらってたからだ。

ま、こんなのは、単なる芸能界のくだらないニュースだし、どうだっていい話だ。だけど、今回の「共謀罪」は、中居の中絶どころの騒ぎじゃない。すべての国民の電話やメールなどが、すべて政府によって検閲され、言論の自由どころか、個人のプライバシーまでが無くなっちゃうトンデモ法だ。こんな法案が可決されちゃったら、ニポンは、まるで北朝鮮並みの独裁国家になっちゃうんだから、いくら自民党からの圧力があったって、こんな時こそ負けずに報道するのがマスコミなんじゃないの?

イノシシの犯罪が露呈するまでは、「堀江君は私の弟です!息子です!」って連呼して、ライブドアの広報誌にイノシシの似顔絵まで書き、家族ぐるみで付き合ってた武部ブタ。「小泉総理の構造改革によって、ライブドアは急成長を遂げ、堀江さんと言う時代の寵児(ちょうじ)が誕生しましたが~」って言ってた安倍晋三。そして、イノシシと並んで記念写真まで撮り、自民党の党本部で、イノシシの出馬会見までさせたコイズミ。それが今じゃ、ライブドアのガサ入れから、イノシシの逮捕から、イノシシの保釈に至るまで、すべて自民党の悪政から国民の目をそらすために利用してるってワケで、ようするに、イノシシは、いい時も悪い時も、すべて自民党に利用されてるだけの背あぶらチャッチャ系ってワケだ。

この、「利用できるものは何でも利用しろ!」って言うコイズミ内閣の戦術は、「金で買えないものは無い!」って言うイノシシの考え方と、オーバーラップする部分が多い。イノシシにしたって、自民党を利用してナントカサイダーをやってたってウワサだし、事実、イノシシの仲間で、ナントカサイダーをやってたって自分で言ってるヤツもいる。あたしは、いつも言ってるように、株のことはぜんぜん分かんないし、株なんて興味無いけど、とにかく、政治家とつながりを持った者だけが、一般投資家の知りえない情報を手に入れることができて、それによって、多くの一般投資家のお金を巻き上げることができるって図式だけは、たくさんの内部情報から知ることができた。

そして、イノシシを初めとしたそう言うことをやってるヤツラは、一般投資家や株主のことなど、自分に貢いでくれるバカな奴隷くらいにしか思っていない。イノシシは、常に、「株主のために」「株主あってこその」なんてキレイゴトを連呼して、多くの人たちを騙し続けて来たけど、結局、やってたことは、悪質極まりない霊感商法やオレオレ詐欺と変わらない犯罪だった。もしも、イノシシに、良心のカケラでも残ってるんなら、今すぐに、スイス銀行に隠してある資産をすべて引き出して、被害者たちに返済すべきだろう。そして、野口さんの死に対して、すべてを話すべきだろう。

あたしの手元にある野口さんの手書きの指示書には、もしも野口さんが生きていたら、この4月に、ライブドアの某子会社とインチキ投資組合との間で締結されるハズだった、ある裏ビジネスの計画が書かれている。それによると、億単位のお金が何ヶ所ものペーパー会社を経由して、何倍にもふくらんで、最終的にはライブドアに還元されるシステムが、図解入りで明記されてる。そして、この指示書を見ると、誰と誰が得をするのか、誰が損をするのかが、一目瞭然だ。当然、得をするのはイノシシであり、損をするのはライブドアの一般株主たちなのだ。

こんな悪質な犯罪を繰り返して来て、何十万人もの人たちを騙し続けて来たペテン師と、そのペテン師を英雄に祭り上げて、支持率のために利用して来たコイズミ茶番内閣。まさしく、キツネとタヌキの化かし合いとは、このことだろう。中身の無い虚業と、中身の無いコイズミ改革、類は友を呼ぶってワケで、ライブドアが庶民のお金を巻き上げたんなら、コイズミ改革は庶民にばかり苦痛を押し付けてんだから、庶民はたまったもんじゃ焼き‥‥なんて、ちょっとだけギャグを折り込みつつも、これほどバカにされまくってる上に、さらには「共謀罪」なんて言う前代未聞の悪法で、庶民は、言論の自由やプライバシーまでもが奪われようとしてる。

それなのに、まだ何も気づかずに、ノンキに自分のことだけを考えてる庶民。このままコイズミ改革が進んだら、あと数年で、若者は強制的に自衛隊に入れられて、強制的に戦場へ送り出されて、劣化ウランの塵(ちり)を肺いっぱいに吸い込んで、ガンになって死んでくってのに‥‥。ま、あたしは、戦場に行かされることは無いし、最悪の場合でも、どっかの工場で強制的に武器を作らされる程度だと思うけど、そしたら、ミサイルの先っちょの弾頭の部分に、火薬の代わりにマリファナでもタップリと詰め込んで、着弾したトタンにみんながハッピーになっちゃう「平和のミサイル」を作ろうと思う。

‥‥そんなワケで、約3ヶ月も禁欲的な生活をしてたイノシシは、今ごろ、ブヒブヒと高笑いしながら、1本何万円もするシャンパンを飲んでるのかも知れないし、村上ファン怒の村上やサイバーエージェントの藤田に女の子を斡旋してる東大中退のある男に電話をして、いつものセックスデリバリーを頼んだのかも知れないし、その両方かも知れない。ま、六本木ヒルズなんて言う雲の上の世界のことは、あたしら庶民には想像もつかない世界だけど、「金で買えないものは無い!」って豪語してた守銭奴イノシシは、とりあえず、「保釈」ってものも、言葉通りにお金で手に入れた今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★国民の言論を封じるための「共謀罪」なんて絶対に反対だって人はクリックお願いしまーす!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

« トスポくん登場♪ | トップページ | 東京水物語 »