« 気の持ちようでハッピー | トップページ | コイズミ改革はイジメの構図 »

2006.09.27

再チャレンジの秋

Max7
全国2000万人のMAXファンの皆さん、そろそろ、玲のブツは届いただろうか? そう、FC会報の9月号だ。ちなみに、「玲のブツ」ってのは、別に変換ミスしたワケじゃなくて、MAXファン、特に玲奈ちゃんファンの場合には、「例」を「玲」って書くことになってる。これは、売国奴の安倍晋三のヨーカン政権が、来年の4月までしか持たないことよりも、遥かに世の中のジョーシキなのだ。他にも、「七転び八起き」のことを「奈々子ろび八起き」って書いたり、「ヘリコプター」のことを「ヘ律子プター」って書いたり、「食欲の秋」のことを「食欲の亜紀」って書いたりもする‥‥って、「奈々子ろび八起き」と「食欲の亜紀」はいいとしても、「ヘ律子プター」はリトル苦しい。

それにしても、難しいことなんか何も考えずに、大好きなMAXのことを書いてるだけなのに、無意識のうちに、玲奈ちゃん、ナナさん、りっちゃん、アキちゃん‥‥って順番で書いちゃうのは、ニポン人のサガみたいだ。ニポン人で、ヤタラと席順とかそういうことにコダワルし、上座がどうの、上座の隣りはどうのって、そういうことにうるさい。もちろん、あたしは、そういうことをくだらないことだとは思ってないし、逆に、礼節を重んじるニポン人の素晴らしい部分だと思ってる。

だけど、最近の風潮なのか、やれ「愛国」だ、やれ「日の丸」だ、やれ「君が代」だって、そういう言葉だとか物だとかのスタイルだけを愛国心の基準にしてるような、オツムのカラッポな偽右翼が氾濫してっから、あたしみたく、ホントに心からこの国を愛してる愛国者から見ると、おへそがローズヒップティーを沸かしちゃいそうになる。ホントにこの国を愛してるんなら、この国をアメリカなんかに売り渡そうとしてるコイズミや安倍晋三、この国のお金を北朝鮮に流し続けてるナンミョー軍団を叩くべきで、ニポン人同士で争ってる場合じゃないと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、MAXのFC会報が届くと、誰よりも玲奈ちゃんを愛するあたしとしては、猫まっしぐらで玲奈ちゃんのコーナーを見るワケだけど、今回は、「レレコの夏休み」ってタイトルで、玲奈ちゃんが夏に遊びに行った、あっちもこっちもそっちもどっちもグルグルニャーって感じの写真が紹介されてた。だけど、なぜか今回は、玲奈ちゃんがちっちゃくて、良く見えない写真が多くて、あたしは、写真にキスするほど顔を近づけて見ちゃった。それで、夏休みと言いながらも、NIF(NEKEDNESS IS FREEDOM)の営業ガラミの旅行が多かったから、がんばってる玲奈ちゃんを心から応援したいと思った。それにしても、NIFの商品は売れまくりで、アクセなんかほとんどが SOLD OUT だし、玲奈ちゃんもコタローもがんばってるな~って思った。

で、あたし的には、「富士急ハイランドのグレートザブーンでずぶ濡れ」の玲奈ちゃんの目つきも爆笑だったし、「LOVEを皆にお届け~」もチョー嬉しかったけど、何よりも琴線に触れたのが、一番最後の「ホェ~!!帰りたくないなぁ~」の写真だ。久々に見た「素」の玲奈ちゃんの顔、ホントにサイコーだ。性格の良さが表情に出てて、可愛くて、切なくて、もう、言葉じゃ説明できないほどワンダホーだった! あとは、もう秋なんだし、そろそろ日焼けはやめて、美白につとめるのと、髪の色をダーク系に戻してくれたら、何も言うことはない。

他には、「MEDIA OFF SHOT」のページの、シカの剥製にからみつくりっちゃんが、もう、二の腕のお肉がプルプルしちゃうくらいプリティー&セクシーでたまんなかったし、最初のページの「かわいい牛、と見せかけて、実は馬!」も笑えた‥‥って、ここで終わりにすると、ナナさんとアキちゃんのファンからブーイングを浴びそうだけど、ナナさんはテレビの露出が多いし、アキちゃんはオフィシャルサイトにすごくいいお話しをいつも書いてくれてるから、それで、うがっ!うがうがっ!カラオケうがっ!って感じだ。で、そんなオフィシャルサイトを見てみると、玲奈ちゃんの最新の書き込みの中に、すごく可愛い部分を発見!


「秋がやって来た~♪」
DATE:2006/09/23(Sat) 18:22
だんだんと風が冷たい時期になって来たけど、皆はいかがお過しなのかしら(^_-)-☆
窓を開けて眠るのが気持ち良くて、ついつい寝過ぎてしまうのね~(∪o∪)。。。
もう秋がすぐそこまで来てるのが、嬉しい様な切ない様な、、、
夏が大好きなレレコにはちょっぴり寂しいけど、秋ならではの楽しみを満喫させるっちゃ(=^▽^=)/
スポーツの秋、読者の秋、んん~っ!!!やっぱり食欲の秋かにゃ(艸∀<*☆)♪+゜
最近は嫌いだった物が食べれる様になって来て、ちょっとは大人になってるんだな~!!!と驚いているのさぁ~(ノ゜O゜)ノ
初めからダメだと思い込まずに、挑戦してみると以外と大丈夫だったりするんだよね♪
よし!!!今年は『何でも挑戦の秋』にしよう~(*≧ー≦)ъ☆+.:'* ・.
そう考えたら秋が来るのも楽しくなって来たなりね~♪♪♪


‥‥そんなワケで、あたしも、「皆さん、いかがお過ごしですか?」はやめにして、明日から、「皆はいかがお過しなのかしら(^_-)-☆」にしてみよっかな~?‥‥なんてことも思いつつ、またまた遭遇してしまったUMA(謎の未確認動物)の「(艸∀<*☆)♪+゜」にも目もくれず、カンジンのポイントをピックアップする。


「最近は嫌いだった物が食べれる様になって来て、ちょっとは大人になってるんだな~!!!と驚いているのさぁ~(ノ゜O゜)ノ」


あ~ん、玲奈ちゃん、可愛いすぎる! 玲奈ちゃん、とうとう「ナス」が食べられるようになったんだね! コングラッチュレーション! あたしは、玲奈ちゃんが「ナスが食べられない」って話を聞いた時に、「ナーべラー(ヘチマ)が食べられるのにおかしいな?」って思ってた。あたしから見ると、ナスとナーべラーはナニゲに似た感じだからだ。ナスは、2cmくらいの厚さの輪切りにして、フライパンで炒めて、ブタのひき肉を入れて、白味噌とお酒とトウバンジャンとお砂糖を混ぜた調味料で味付けすれば、「ナスのピリカラ炒め」の出来上がりで、これがまた、泡盛に合う!‥‥って、玲奈ちゃん、泡盛も苦手なんだよね~。とりあえず、「何でも挑戦の秋」ってことで、泡盛にもして欲しい。

でも、玲奈ちゃんに、「初めからダメだと思い込まずに、挑戦してみると以外と大丈夫だったりするんだよね♪」なんて言われちゃったら、あたしも、なんかにチャレンジしてみなきゃって気持ちになって来た。あたしの嫌いな食べ物って、「ホヤ」と「ピータン」と「パクチー」と「アベシンゾー」なんだけど、「アベシンゾー」は中身が猛毒だらけで食べたら死んじゃうから、チャレンジするとしたら、「ホヤ」か「ピータン」か「パクチー」のどれかってことになる。だけど、どれもそこらじゃ売ってなさそうで、最低でも、駅前の高島屋の地下の食品売り場に行かないと買えないと思う。で、駅前の高島屋の地下の食品売り場って言えば、何から何まで「セレブ価格」だから、とてもじゃないけど買うことができない。

‥‥そんなワケで、あたし的には、玲奈ちゃんが応援してくれてんだから、今なら、「ホヤ」と「ピータン」と「パクチー」の盛り合わせでもモリモリモリマンて感じで食べられそうな予感がするんだけど、極めて残念なことに、その食材を用意することができない。だから、ホッとして‥‥じゃなくて、心から悔やみながら、別のチャレンジを考えることにした。たとえば、「サンマの塩焼き1匹をオツマミにして、何リットルまで業務用の赤ワインを飲めるか?」とか、「キュウリのキューちゃん1袋をオツマミにして、何リットルまで業務用の麦焼酎を飲めるか?」とか、「イカの塩辛1ビンをオツマミにして、何リットルまで業務用のニポン酒を飲めるか?」とか、そっちの方向の「再チャレンジ」をしてみたいと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1クリックお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ 書籍版「きっこの日記」予約フォーム

 ★7&Y★

 ★楽天ブックス★

 ★アマゾン★


|

« 気の持ちようでハッピー | トップページ | コイズミ改革はイジメの構図 »