« 時代錯誤の東京オリンピック | トップページ | 美しい国って? »

2006.09.02

ジャニタレのナンミョー汚染度

Souka_1
先々週、フジテレビの某とんねるずの番組を見てたら、「食わず嫌い王」に、ナンミョータレントの乙葉と、ナンミョー芸人の綾小路きみまろが出てて、ナンミョー同士のナンミョー対決をしてたから、あたしは、バカバカしくてチャンネルを替えた。ま、フジテレビは、「笑っていいとも!」を見れば分かるように、日本テレビに次ぐナンミョー専属テレビ局だから、ジンジャエールっちゃジンジャエールなんだけど、ここまでナンミョータレントばっかだと、安心して見られる番組がなくなっちゃう‥‥っていうか、マトモなタレントと頭のおかしいナンミョータレントとをゴチャ混ぜにして番組を作るんじゃなくて、マトモなタレントだけの番組と、ナンミョータレントだけの番組とをハッキリと分けて欲しい。そうじゃなかったら、日本テレビだけをナンミョー専属チャンネルってことにして、ナンミョータレントは他局には出られないことにして欲しい。

特に、最近ひどいのは、ジャニタレのナンミョー汚染度だ。まあ、ジャニタレの場合は、稼ぎ頭のスマップが、池田大作ジキジキの洗脳部隊なんだから仕方ないのかもしんないけど、6年前の2000年にリリースした「S map(エス・マップ)」ってアルバムみたいに、ミゴトなまでの「青、赤、黄」のナンミョー3原色のジャケには、開いた口が塞がらない。ナンミョー患者だってことを世の中にアピールするのは自由だけど、アルバムのジャケやロゴをナンミョー3原色にするほど頭がイカレてんのは、スマップとデフテックくらいだよね。

それから、池田大作が、ナンミョー幹部会で、「滝沢秀明君は我々のファミリーだからね、皆さん、応援するようにね」ってノタマッてたことを踏まえると、「タッキー&ツバサ」とかいうコンビも、「ナンミョー&ツバサ」って名前に変えるべきだろう。ま、滝沢秀明の場合は、現場での態度の悪さとテングぶりは昔から有名だし、ナンミョーをやってなくても最悪だけどね。とにかく、ジャニタレってだけで、すでに人間として終わってんのに、その上、北朝鮮のカルト教団、ナンミョーなんかの片棒をかついでるなんて、絶対に許される行為じゃないと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、ぜんぜん興味がないから、メンバーの人数も名前も良く知らないんだけど、「関ジャニ」とかいうグループがあるらしい。それで、このグループのメンバーも、ほとんどが重症のナンミョー患者で、ファンに対する洗脳を始めてるようだ。特に、「渋谷すばる」とかっていうメンバーが、先祖代々の重症ナンミョー患者で、家族から親戚まで、その汚染度はキョーレツだ。

ま、自分の家がイカレたナンミョー一家でも、自分も生まれた時から有無を言わさずにナンミョーに入信させられてても、それだけなら、あたしは何も言わない。だけど、こいつの場合は、やってることが最悪なのだ。ファンに向けて発信してる、ケータイ用のオフィシャルサイトの日記の中で、ことあるごとに、池田大作の洗脳本や聖狂新聞に書いてある「洗脳の言葉」を散りばめて、何も知らないファンの女の子たちに、薄気味悪いナンミョーの世迷言を広めてるのだ。たとえば、8月24日に配信された「渋谷すばるの日記」の最後には、こう書かれてる。


「俺と繋がってる皆は物凄い使命を持って生まれて来た人達なんですから。これからも手を取り合って一緒に戦って行こうね!!大勝利の人生を一緒に歩いていこう!!」


‥‥そんなワケで、誰が見ても、一瞬で、頭のイカレた重症ナンミョー患者のセリフとしか思えない文章だけど、分からない人は、「大勝利 人生」とかって感じで、インターネットで検索してみて欲しい。そうすると、数え切れないほどのヒットがあると思うけど、その99%以上が、ナンミョー関係だから。

ま、すぐに、「勝利」とか「大勝利」とか言い出すのが、重症ナンミョー患者の特徴だけど、1人で洗脳されてるぶんには文句は言わないけど、ファンへ向けてのメッセージとして、こんなに気持ち悪いナンミョーのセリフを羅列しちゃったら、これはもう犯罪だね。その上、この「渋谷すばる」をはじめ、「関ジャニ」のメンバーって、ヤタラとファンにデフテックを薦めてるんだよね。もう、それだけで、十分に布教活動だし、オフィシャルサイトを悪用してファンにカルト宗教を布教するなんて、犯罪以外の何ものでもない。

とにかく、デフテックのことをヤタラと薦める人は、間違いなくナンミョー工作員だし、個人のブログでも、デフテックのアルバムを紹介して褒めまくってるのは、完全にナンミョー工作員だ。以下、池田大作の近いところにいる、あるナンミョー幹部の今年1月1日の日記だ。


2006年1月1日
昨日行われた「NHK紅白歌合戦」に、「デフテック」という男性2人組のユニットが初出場しました。 昨年1月にデビューしたばかりの「デフテック」は、発売したアルバムの総売上げが270万枚を超えるほどの大ヒットで若者の間に一大ブームを巻き起こし、「今回の紅白の目玉」とも言われていました。 しかもNHKは、現在開発中の「スーパーハイビジョン」という超高性能映像システムを、地上波で世界で初めて、「デフテック」の出演時のみに使用するという力の入れようでした。
実はメンバーである西宮君は、先生の故郷、東京・大田区の地区リーダー。
25歳のヤング男子部です。今回の出場が決定した時に、先生にお手紙を書いてご報告をしました。
先生より、「おめでとう。嬉しい。頑張れ。皆で応援するから。お手紙ありがとう。取っておくよ」とのご伝言を頂きました。
そして迎えた紅白歌合戦当日。西宮君は何と、金の扇子を持って熱唱。(まるで学会歌を歌っているかのよう) そして大ヒット曲「マイウェイ」を歌い終わると、「人生の師匠と、NHKを見ている世界中の皆様に捧げます」と、堂々とマイクを通して感謝の言葉を述べました。
先生より、すぐにご伝言がありました。「テレビ見たよ。人生の師匠と言ってくれてありがとう。みんな大拍手だったよ」
そして西宮君は、翌「青年・躍進の年」出発の元旦、学会本部・師弟会館の勤行会に、お父様・お母様と参加。先生から「みんなにも紹介してあげなさい」とのお話を頂き、秋谷会長よりご紹介を頂きました。
西宮君は、度重なるご配慮に涙し、師匠の元から出発できたことに感謝し、決意満々で「青年・躍進の年」のスタートを切りました。


‥‥そんなワケで、続いては、あるナンミョーサイトにおけるデフテックの紹介文を紹介する。


デフテックの西宮佑騎君の折伏数は、なんと累計30を超えている。女性歌手AIも西宮君の折伏により入会したことは有名。折伏数が本人の年齢を越えている人は滅多にいない。彼は地区リーダーであり、牙城会で会館警備任務にもついている筋金入りのファミリーで、将来の有望な幹部候補生。本人曰く「僕は芸能人だから折伏ができると思われるのが一番嫌だ。一人の人間として友人の信頼を勝ち取るためには芸能人だとか関係ない」


‥‥これらを見れば、デフテックの異常さが分かると思うけど、デフテックとおんなじくらい気持ち悪い重症ナンミョー患者が、ニッカっていうナンミョーラッパーだ。以下、ある重症ナンミョー婦人部員の日記だ。


2006年6月2日
夜、社会部主催の折伏セミナーがあった。超満員! ヒップホップで世界一になりインドネシアの大統領の前で披露した26才のニッカ(NIKKA・日華)て知ってますか? 日本語・広東語・英語をあやつるトライリンガルラッパー。
今晩、ニッカのヒップホップ演奏と体験、東洋哲学研究所の本「運命は変えられる」著者のセミナーがあった。ニッカの体験は凄かった~!
母親は信心してたけど自分はやってなかった学生の頃、母親に「祈ってなんでも叶うくらいなら俺も祈ってら!」と頭でっかち人間で信心を受付けてなかった。日本では自分の才能は認められないからアメリカへ。思うように行かない日々に自殺未遂3回、精神病院に入れられた。当日20才。日本に帰国してからも人間不信で病に。20才の体で精神的病で赤ちゃんのようにハイハイの生活。その頃やっと頭でっかちから少し脱皮し題目をあげはじめた。
世界で広布のために活躍したいと祈り、そこからいろんな願いが叶いはじめ、日本だけでなく海外でも活躍、何千人もの人たちの前でヒップホップを披露できた。またインドネシアの大統領の前で。
今年創価大学通信を卒業、デフテックと同じ事務所に所属できた!たくさんの友人に100日間題目あげてみない?と折伏してきて、入会したミュージシャンたちは日本を通り越し海外で広まるという結果が出ているって。
「運命は変えられる」は本を読んでいたけど直接話しを聴けとてもよかった~!「煩悩があるうちは本当の仏の智慧は出てこない」って。


‥‥で、この重症ナンミョー患者が絶賛してる「ヒップホップで世界一」になったそうな「ニッカ」とかいうラッパーだけど、あたしは、名前すら聞いたことがなかった。ナンミョーの世界では、何を基準に「世界一」を決めてるんだろうか? で、どんなラッパーなのか調べてみたら、他のナンミョーアーティストたちと同じく、ちゃんと、デフテックのオフィシャルサイトにリンクされてた。それで、この「ニッカ」のサイトを見てみたら、ナナナナナント! 「100日間お題目を唱える修行」のことを歌った「100日」という曲を含む薄気味悪い洗脳アルバムをリリースしてて、サイトで視聴できるんだけど、その歌詞たるや、デフテック以上の洗脳ぶりで、その破壊力たるやテポドン級!(笑)

それで、デフテックだけでも大迷惑なのに、こんなヤツまでが出て来て、何の罪もない人たちを騙し、北朝鮮のカルト教団なんかに入信させようなんて、ニポンを愛するニポン人としては、絶対に見過ごせない。だから、この「ニッカ」ってヤツのことを色々と調べてみたら、こいつ、頭のおかしい洗脳仲間を集めて、創価大学の学園祭でライブをしたり、ナンミョー3原色の薄気味悪いオリジナルTシャツを販売したりして、セコセコと布教活動をしてた。

‥‥そんなワケで、この「ニッカ」に限らず、デフテックのオフィシャルサイトにリンクされてるアーティストは、全員、北朝鮮のカルト教団、ナンミョーに洗脳されてる工作員どもだから、皆さんも、良くチェキしておいて、間違ってこいつらのCDを買って、北朝鮮に仕送りしちゃわないように、ふだんから気をつけて欲しいと思う。そして、ヤタラとデフテックを薦めるジャニタレにも、十分に注意して欲しいと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1クリック、応援お願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

« 時代錯誤の東京オリンピック | トップページ | 美しい国って? »