« がんばれ!テレビ東京 | トップページ | 接着LOVE »

2006.10.15

皆さん、ありがとうございました♪

ようやく、昨日までに届いた読者メールに、ぜんぶ目を通すことができた。それで、やっぱり、書籍版の「きっこの日記」に関する感想がマウンテンだった。どの人もホントに嬉しい感想を送ってくださっているので、最初は、自画自賛みたいになっちゃうから紹介しようかどうか迷ったんだけど、あまりにもたくさんのメールをいただいたので、お礼の意味を込めて、今日は、ほんの一部を紹介しようと思う。それから、それぞれのお名前は、ハンドルネームの人はそのまま、本名の人はイニシャルにした。


お名前:KT
E-mail:xxxxx@xxxxx.ne.jp
コメント:きっこさん、こんばんは!今日12日、セブンイレブンから本を受け取り「ルビーの指輪」と「不満爆発!!」の2節を読み、これだけでこの本を買って良かったと思いました。素晴らしい本を出版していただいてありがとうございました。これからも体を大切にしてきっこのブログを続けてください。いつまでも応援しています。


お名前:やま
E-mail:xxxxx@xxxxx.ne.jp
コメント:はじめまして。やま と申します。いつもきっこさんの日記を楽しみに読んでいます。本の発売おめでとうございます。やっとの思いで手にすることが出来ました。感動しました!いっぱい言いたいことはあるのですが、何と言っていいかわかりません。感動あるのみです。何度でも読んでしまいます。一読者に過ぎないのですが、これからもずっとず~っと書いていってほしいです。読むたびにすごく新鮮な気持ちになります。これからも頑張って下さいね。楽しみにしてます。


お名前:N子
E-mail:xxxxx@xxxxx.ne.jp
コメント:きっこさんこんにちは。亀田の時以来です。きっこの日記の出版おめでとうございます!!楽天で予約したら8日に届きました。合間を縫って少しずつ読んでます。ほんの少ししか進んでいないのですが…とっても素敵な仕上がりですね!私も母子家庭で育ったので色々と共感をすることが多々あります。なので涙しちゃう事もあります。ドラえもんの所とかも。私もまんがでも映画でも感動しちゃう派なので。以前日記を読んだ時も泣けて、本でも泣いちゃいました。まだ全部読みきっていないのでまた感想を送ります。日記の方も毎日楽しみにしています。お体ご慈愛なさって頑張ってください!


お名前:KU
E-mail:xxxxx@xxxxx.ne.jp
コメント:きっこさん初めまして!予約していた「きっこの日記」昨日届きました!まだ半分程しか読んでいませんが、感動して涙腺が緩み、何度も泣きそうになってしまいました。すてきな本をありがとうございました。きっこさんの本が売れることや、きっこさんが今以上に有名になってしまうことに、心の貧しい輩からのやっかみや嫌がらせ等もあるかとは思いますが、そんな雑音は気にせずに、これからもきっこさんらしくがんばって欲しいです!


お名前:TM
E-mail:xxxxx@xxxxx.com
コメント:きっこさん、こんばんは。たった今、読み終えました!最初は「結構、時間かかるだろうなー」って思っていたのですが、思っていたよりか一気に読めたのは、きっこさんの文体ならではですね♪わたしの好きなって言うか、最初にこの日記を書いているきっこさんを好きになったきっかけが「ファミコン&花火」のお話だったので、またあらたに読んでみてウルウルしてしまいました。きっこさんの幼少の頃の回想シーンは特に大好きです。ノスタルジックな光景が浮んできて、思わず時間が止まっちゃうくらい。。。他にもいろいろ好きなシーンはあるのですが、とにかく、是非続編を出版してください!!!(笑)それでは、取り急ぎご報告まで。。。


お名前:HS
E-mail:xxxxx@xxxxx.co.jp
コメント:きっこさんこんばんわ。Hと申します。東京で会社員をしている35歳です。昨日書籍を買わせて頂きました。本当は本屋で買おうか買うまいか迷ったのです。WEBで全部読めるから買わなくてもいいかなと。でももしWEB版日記がいつか何かが理由で消えてしまうような事があったとしても、書籍があればずっと残るなと思って買いました。同じ内容でもWEBで読むのとまた違って活字の良さがありますね。最初私は政治ネタを期待して日記を読み始めた者ですが、お母さんの話には不覚にも泣いてしまいましたし、書籍で読んでまた泣きました。(笑) 私も親孝行します。これからもがんばって下さい!!!


お名前:興亡大師
E-mail:xxxxx@xxxxx.ne.jp
コメント:きっこ様、こんばんは。全国から絶賛の嵐状態かと存じます。10日発売本、今日11日に予約入荷でGETしました。これまで読んだどの本でも味わったことのない「きっこワールド」に浸っております。なんと表現してよいのか、感想は俳句で詠むしかないかも。前評判の高かった唯一のイラストが●●●だったとは!白夜書房担当者恐るべし...話はクルリンパの神社エールですが、発行日十月二十日となってます。出版業界の慣習なんでせうか、4回目のメールです、きっこさんに届いているのかどうか。。。讃岐のきっこフリークです。


お名前:暇老
E-mail:xxxxx@xxxxx.com
コメント:初めてメールしますが、毎日「きっこの日記」を読ませて貰っています。私のブログに今日載せた貴著への感想を送ります。(アメーバブログの「暇老身辺雑記」) 駅前の書店の入口に近い、一番目立つ場所に平積みされていた「きっこの日記」を買った。洒落た装丁、適度の文字数及び行数、すこしクリーム色がかった目に優しい紙質などに気配りが感じられる。2001年から2006年前半までから選られた約50篇とオリジナルエッセイが7篇収録されている。未だ、20ページ程読んだだけだが、「母の日」篇を読んでいて、目頭が熱くなった。私もブログを綴り始めて間もなく1年になるが、ひとに感動を与えるような文章は一度も書けなかったし、今後も書けないだろう。「きっこの日記」は、ブログと言う一つの文学ジャンルを切り拓いているのではなかろうか。


お名前:SK
E-mail:xxxxx@xxxxx.com
コメント:きっこさん、はじめまして。いつも、楽しみに拝見させていただいる者ですが、初めてメールを送らせていただきます。昨日の日記で、新刊書は発売日前に店頭に並ぶケースもあるとの事でしたので、今日、早速、近くの書店に行って店内を一巡しましたが・・ない!・・んなばかな!・・と何度見ても・・・ない!20分程度放浪の末、思い切ってカウンターのお兄ちゃんに「きっこの日記ありませんか?」と尋ねると、店のパソコンで検索してから「一冊在庫があります。ちょっとお待ちください。」と店内の新刊書の棚を探し始めてくれました。近くの書店と書きましたが、2階もある比較的な大きな書店なので、一冊の本を探し出すのは大変だろうなと思いながら待つこと約30分、最後は店長らしき人と、二人がかりで、見つけ出してくれ、無事に購入することができました!きっこさんが、書籍化を発表した時には、私のきっこさんイメージの中では、「えっ・・なんで?」との思いも正直言って、少しありましたが、よくよく考えてみれば、自分が共感できるものを、より多くの人にも知って欲しいし、ネット環境のない人も世の中に沢山いる事を思えば、書籍化は良い事だと思います。これからの日記も楽しみにしていますので、きっこさん、頑張ってください!


お名前:K子
E-mail:xxxxx@xxxxx.ne.jp
コメント:きっこさんはじめまして。昨日、待ちに待った本が届きました♪先日の日記「いよいよ発売です♪」にも書いてありましたが、装丁のデザイン・質感が実際に手にしてみて、すごくステキで感激しました!私は数ヵ月前からきっこさんの日記を知り、毎日日記の更新楽しみにしています。少し前から過去の日記を(2000.10.19から)遡って読んでいて、やっと二年前まで遡ったところなので、本で読むのは既に読んだ内容からにしよう思い、まだ数ページしか本は読んでいませんが、PCで読んだ時は心にジーンとくる様な内容が、改めて本で読むと涙が止まらなくなりました。PC慣れしていない私には、PCでの活字よりも本の活字の方が活きてるって感じがしたのかなぁ、なんて思っています。過去の日記を読み、「心の温かいきっこさん」「頑張り屋さんのきっこさん」そして「淋しがりなきっこさん」「明るく前向きなきっこさん」そしておまけに「パチンコ好きなきっこさん」に触れ、ますますファンになっている私は、この本の冒頭が「ルビーの指輪」だったことに感銘しています。きっこさんがどんな思いでこの日記を冒頭に選んだのか、私なりに想像し、勝手に解釈し、勝手に感動しているのですが・・・。ステキな本をありがとうございます。これからも体に気をつけて頑張ってください。


お名前:HM
E-mail:xxxxx@xxxxx.ne.jp
コメント:きっこさん、初めまして。私は、きっこさんより少し年上の独身♀です。「きっこの日記」はずっと前から愛読させていただいておりますが、メールを送るのは初めてです。この度は「きっこの日記」の出版、おめでとうございます。私はネット通販は経験がないので、発売日に渋谷のブックファーストに寄ってみたところ、目立つ場所にずらりと並んでいて迷わずに手にすることができました。自宅に戻るまで待ちきれず、帰りの電車の中で読みはじめたのですが、最初の数ページを読んだだけで涙がこぼれそうになり、慌ててバッグに仕舞いました。自宅でゆっくりと読みはじめたのですが、一度に読んでしまうのがもったいないような気持ちで、ひとつひとつのお話をじっくりと味わいながら読みました。とてもボリュームがあり、何度も涙を流しながら、たっぷりと楽しむことができました。今回の出版は「きっこの日記」のファンとしては嬉しい限りですが、きっこさんがご自身のポリシーを曲げてまで出版されるという事情に関して、多少なりとも心配しておりました。しかし、この本を読んで、どうして出版することを決意なさったのかがとても良く解りました。きっこさんはこの本の中で「言わない想い」について書かれていますが、この本を読み終えた時に、きっこさんの「言わない想い」が、私の胸に痛いほど感じられました。きっこさん、素晴らしい本をありがとうございました。そして、きっこさんの想いが叶いますよう、お祈りしています。


お名前:ハナの母
E-mail:xxxxx@xxxxx.ne.jp
コメント:はじめまして。三重在住、46歳ハナの母と申します。私は人の日記(ブログ)を読むことが好きです。何だかこう書いてしまうととても悪趣味のようですが、公開されているものだからかまわないですよね(笑)日記を読むと書いている人のひととなりが分かるし、ちょっとその人の人生に寄り添ったような気分も味わえたり、いろいろな考え方にはっとさせられたり。きっこさんの日記はどこかのHPでリンクされいることから知り、それから愛読しています。まだまだ愛読者としては初心者です。しばらくして本が出版されたのですぐに購入いたしました。お父さまのお話のところでは胸が痛くせつなくなり、お母さまのお話のところでは親子の暖かな情景に胸がほっこりしました。政治や宗教などデリケートな話をするどく切りこんだ文章では、胸のすくような思いとともに、思想的に思い入れのある人たちはトンでもない行動に出ることもあるのでとても心配になります。俳句や古文や和歌は若い頃は興味がありませんでしたが、最近息子の教科書を読みながら感動している自分がいます。年齢のせいでしょうか(笑)ですので俳句のお話も楽しく読んでいます。つたない読書感想文で申し訳ありません。最後にきっこさんのご活躍とご健康とお母さまの病気が快方に向かわれますようお祈りしています。


お名前:NN
E-mail:xxxxx@xxxxx.com
コメント:きっこさん、こんにちは。さっそく単行本を読ませてもらいました。感想を送るかどうか非常に迷ったのですが、やはり述べたいと思います。内容的には過去に読んでるから、どんなセレクトか、どんな装丁かが気になる部分でした。私が過去特に興味を持った内容は、ライブドア事件、耐震偽装事件の闇をえぐった文なので、もう一度本の形で読みたかったのですが。そのへんが出版物の限界かなとも思います。こんなこと言うと、あたしの本質は決してそこの部分ではないと怒られそうですが。そもそもインターネットの最大の利点は権力の検閲がないことです。別の言い方をすれば、無責任な中傷も横行するし、マスコミの書けない真実も掲載できるわけです。だから何が言いたいかというと、ネットと出版物との棲み分けをしつつ、きっこさんがメジャーになったとしても、闇に対して対峙する姿勢だけはなくしてもらいたくないなと思っています。それ以外の母さんとのこと、きっこさんの人となりの部分はもちろん、よしとしてますので楽しく読ませてもらいました。


‥‥そんなワケで、最後のNNさんと同様に、ライブドア問題や耐震偽装問題、NHK問題や狂牛肉問題などについて取り上げられてないことについて書かれてるメールも何通かあったので、リトル説明しとくと、これらの時事ネタを今回の本におさめられなかった理由として、一番の理由は、とにかくログが多すぎるのだ。たとえば、耐震偽装事件だけでも、1冊の本ができるほどのログがある。だからと言って、耐震偽装事件に関するたくさんのログの中から1編だけを掲載しても、前後関係や流れなどがまったく分からなくなる。だから、掲載するのであれば、耐震偽装事件に関するすべてのログを掲載した上で、まだ闇になっている部分なども加筆する必要があるし、そうした場合には、それは、「きっこの日記」じゃなくて、耐震偽装事件に関する1冊の本になっちゃう。

今回の書籍化では、当初は、おさめられる話が40編程度だって言われてた。これは、1300円ていう価格設定から逆算した数字で、これを超えると、もっと定価を高くしなきゃならないってことだった。それでも、すごくワガママを言わせてもらって、最終的には、同じ定価で50ページ近くも増やしてもらって、なんとか47編をおさめることができたけど、これらは、「1話完結」のものからセレクトした。唯一、母さんとの箱根旅行を書いた「五月の風」だけは3話に分かれてるけど、それ以外は、すべて「1話完結」のお話だ。なんでかって言うと、「きっこの日記」には、ぜんぶで2000以上ものログがあって、その中から、たった47編しか掲載できないワケだから、できる限り「1話完結」のもの選ばないと、それだけ他の話を落とさなきゃならなくなるからだ。

‥‥そんなワケで、これらの問題に関しては、いろいろと考えてることもあるので、今後をお楽しみにってワケで、とりあえずは、厳選した内容の書籍版「きっこの日記」で、このWEB日記とはヒトアジ違った世界を楽しんでいただけたら、とっても嬉しい。それから、今回の本には、今分かってるだけで、3ヶ所の誤植がある。これについては、もうちょっとしたら、きちんと訂正とお詫びをするつもりなんだけど、誤植に気づいた人は、「誤植があるのが初版本の証」ってことで、どうかひとつ、大きな心で笑って許してください‥‥なんてことも言ってみつつ、皆さん、たくさんの感想メールをホントにありがとうございました♪


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1クリックよろしくお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ 書籍版「きっこの日記」購入フォーム

 ★7&Y★(在庫わずか)

 ★楽天ブックス★(売り切れ)

 ★e-hon★(在庫わずか)

 ★J book★(売り切れ)

 ★紀伊国屋 Book Web★(在庫わずか)

 ★ジュンク堂書店★(在庫わずか)

|

« がんばれ!テレビ東京 | トップページ | 接着LOVE »