« アリエールか?アリエナイザーか? | トップページ | お知らせです♪ »

2007.06.02

国民不在の国会茶番劇

1997年に行なわれた名護市の住民投票で、ほとんどの住民が「反対」に投票したことによって、アメリカ軍の普天間基地の移設は、実質的には「反対決議」が決定してた。だけど、どうして、今、多くの住民たちが反対の座り込みをしてるのに、それでも強引に移設工事のための事前調査が行なわれてるのかっていうと、5月17日の日記、「辺野古の現実」で取り上げたように、政府の息のかかった辺野古の18人の行政委員会が、5月15日、全員一致で、この住民たちの「反対決議」を撤回するトンデモ会議を開いたからだ。

ここで問題なのは、この18人の行政委員会てのが、別に選挙によって選ばれた人たちじゃないってことだ。国会議員の場合は、どんなに汚い手段を使って当選しようとも、どんなにナンミョー頼りをして当選しようとも、有権者たちの投票によって選ばれてるワケだから、一応は「住民たちの代表」ってことになる。だから、自民党の議員のように当選したトタンに公約と正反対のことをし始めても、民主党の議員のように当選したトタンに山本モナと不倫しようとも、誰も文句は言えない。そんな候補者なんかに投票した有権者たちに責任があるってことになる。だけど、辺野古の18人の行政委員会てのは、地元の権力者や地主、土建屋など、アメリカ軍の基地が移設して来ることによって大金が転がり込むヤツラだけで、勝手に構成されてるのだ。そして、それは、選挙によって選ばれたワケじゃなくて、政府の都合によって勝手に選ばれてるのだ。

そんなヤツラが、多くの住民たちの意志を無視して勝手に会議を開き、住民投票でハッキリと結論の出てた「地域としての総意」を完全にひっくり返すような決議をするなんて、こんな民主主義を根底から覆すような蛮行が許されるのだろうか? 住民投票が行なわれた8年前よりは、多少は反対意見は減ったとはいえ、それでも、現在でも住民の6割以上が反対してるのに、基地移設によって利権が得られる一部の人間の中から選出した18人だけで勝手に行政委員会を作り、何百人もの住民たちが反対してる殺人基地を「たった18人の都合だけで」作ることにしちゃうなんて、これこそが、現在のアベ内閣の縮図だと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、いくら完全非暴力で平和を訴えて続けてる温和な辺野古の人たちだって、この政府の蛮行には黙ってることができなくて、昨日、5月31日、区長に対して公開質問状を提出した。これは、あまりにも民意とかけ離れた行政の横暴に対して、辺野古の住民有志が立ち上がったもので、辺野古の有権者の約1割にあたる112人の署名を添えて、今回の「反対決議撤回」に対する区長の説明を求めたものだ。でも、区長は、住民たちとの面会には応えなかったため、住民たちは仕方なく書類を郵送したそうだ。政府のイイナリになって住民たちを欺き続けて来たんだから、住民たちに顔を見せられないのは自業自得だけど、それにしても、どこまでヒキョ~なんだろう?

「映像ニュース」(メディアプレイヤーです)
http://www.rbc-ryukyu.co.jp/wmv/0531-02.asx


で、完全非暴力で平和を訴えて続けてる温和な辺野古の人たちに対して、憲法も自衛隊法も無視して、実質的な「軍隊」である「海上自衛隊」まで動員したっていうアベ内閣の前代未聞の大犯罪についてだけど、5月24日の「安保委員会」において、久間防衛大臣自身が、今回の自衛隊動員には「自衛隊法上の根拠がまったく無かった」ってことを認めたのだ。

何ヶ月か前に、「おんな組」っていうケーブルテレビの番組で、この「きっこの日記」のことを「あれは私も読みましたが1人で書いているとは思えない。2~3人のライターがいる」ってノタマッたことでもオナジミのオムライス党の辻元清美議員が、「辺野古への海上自衛隊の動員に対して、自衛隊法上の根拠を示せ」と質疑したんだけど、政府参考人は口ごもるだけで、何も答えられなかった。そして、それを見かねた久間防衛大臣が答弁を引きついだんだけど、もともと自衛隊法に違反してる動員なんだから、キチンと答えられるワケがない。そして、追い詰められた久間防衛大臣は、こんなトンチンカンなことをノタマッたのだ。


「札幌の雪祭りだって、山中の捜索活動だって、自衛隊動員の根拠はどこかと問題にされたが、国民に支持されており、省の仕事の一助になるならいいんです」


おいおいおいおいおーーーーい! 札幌の雪祭りに協力するのや遭難した人たちを助けるのと、辺野古で平和のために無抵抗で座り込みを続けてるオジィやオバァを強制排除することが、おんなじことなのか? それ以前に、「国民に支持されており」って、辺野古の住民たちを排除して、ジュゴンの住む美しい海をメチャクチャに破壊するために莫大な税金を使って自衛隊を動員することなんか、どこの誰が支持してるって言うの? だいたいからして、「国民の支持」どころか、沖縄の県議会での事後アンケートでも、与野党問わずにほとんどの県議たちが、今回の辺野古への自衛隊動員に関しては、激しい怒りを表してるんだよ! ようするに、アベ内閣の十八番が、ここでも炸裂してるってワケじゃん!

それにしても、平和を願う地元の人たちを排除する暴力的な蛮行と、雪祭りや遭難救助がおんなじだとは、これほど苦しいイイワケも珍しいよね。それとも、あのタヌキオヤジ、アメリカ産の狂牛肉の食べすぎで、アベシンゾーとおんなじに脳みそがスポンジ状になっちゃったの?‥‥なんてことも言ってみつつ、あたしは、あたしの支持してるオムライス党のみずほたんに、今回の自衛隊動員という大犯罪について、メールを送った。そして、みずほたんから以下の返信が来たので、5月19日の日記で紹介した。


「自衛隊が出動するという前代未聞のひどい事態です。水曜日の党首の記者会見でこのことに抗議をしました。今日現地の反対運動に対して、メッセージを送りました。きっこさんが言うとおり、自衛隊が自国民を排除し、弾圧をするという憲法違反、自衛隊法違反について、政府に抗議をする、質問する、住民を応援する、みんなで声をあげるなど、やれるかぎりのことをやっていきます。明日福岡で沖縄の山内とくしんさんたちに会うので、行動について相談します。沖縄の照屋議員とも相談し、来週政府への申し入れ、抗議を考えています。福島みずほ」


あたしがメールしたことは、みずほたんのブログ、「福島みずほのどきどき日記」にも書かれてるけど、こんなデタラメがマカリ通ったら、今後は、どんなに平和的な市民の集まりでも、それが政府の意向に沿わない内容であれば、カタッパシから武力で威圧するなんてことも当たり前になっちゃう。これじゃあ、この国を自衛するための「自衛隊」じゃなくて、アベシンゾーの「私設軍隊」じゃん。こんな「自衛隊の私物化」は、絶対に許されない。で、みずほたんは、あたしとの約束を守ってくれて、お忙しい中、5月28日に、以下のメールをくださった。


送信者: mizuhoxxxxx@ xxxxx.ne.jp
宛先: xxxxx@xxxxx.ne.jp
件名:
日時: 2007年05月28日 14:06:11

ようやく防衛大臣とのアポがとれたので、わたしと沖縄選出の照屋寛徳さんの2人で水曜日に社民党として、自衛隊の沖縄の辺野古への出動について、申し入れと抗議に行ってきます。面白くない時代をどう面白く生きていくかということを考えています。報告まで。元気にがんばります。福島みずほ


送信者: xxxxx@xxxxx.ne.jp
宛先: mizuhoxxxxx@docomo.ne.jp
件名: ありがとうございました/きっこ
日時: 2007年05月28日 14:18:37

みずほさま、お知らせありがとうございます。今、松岡大臣の自殺のニュースに驚いていました。安倍総理の任命責任、そして、不正が発覚したのに擁護し続けた姿勢は、国会で徹底的に問われるべきでしょう。辞任をしたがっていた松岡大臣と、自分の任命責任を問われたくないために擁護し続けた安倍総理。安倍総理は、自分のメンツのために、人を1人殺したのです。きっこ


送信者: mizuhoxxxxx@docomo.ne.jp
宛先: xxxxx@xxxxx.ne.jp
件名: Re>ありがとうございました/きっこ
日時: 2007年05月28日 16:23:50

きっこさんのシャープな切口、本当にその通り。安倍総理の責任は重いです。きちんとものを言っていきます。みずほ


送信者: xxxxx@xxxxx.ne.jp
宛先: mizuhoxxxxx@docomo.ne.jp
件名: ありがとうございます/きっこ
日時: 2007年05月28日 16:46:19

みずほさま、お忙しいところありがとうございます。みずほさまの「安倍総理の責任は重い」というコメント、先ほどテレビで拝見しました。本当にそう思います。自分の保身のためには、人の命すら何とも思わないような安倍総理だからこそ、軍隊を作ったり憲法を改悪したりと、何でもやりたい放題なのでしょう。しかし、これほど強行採決ばかりしていては、自分にリーダーシップがないと言うことを公言しているようなものです。夏の選挙までに、1人でも多くの国民がそのことに気づいて欲しいと思います。今日の「きっこの日記」に松岡大臣の件を書きましたので、お時間のある時にでもお読みください。きっこ


送信者: mizuhoxxxxx@docomo.ne.jp
宛先: xxxxx@xxxxx.ne.jp
件名: Re>ありがとうございます/きっこ
日時: 2007年05月28日 20:14:45

すぐブログを読みました。これからもがんばります。お元気で!福島みずほ


‥‥そんなワケで、ちょうど松岡大臣の自殺と重なっちゃったので、メールの内容はそっちへと流れちゃったけど、単なる一般市民のあたしなんかに、党首本人がちゃんとメールで報告してくださる姿勢は、これこそが「国民の代表」なんだって感じる。選挙のたびに社民党に投票し続けて来たあたしとしては、どんなに無力であっても、あたしの思いが反映されてるって実感できる。これが、ホントの有権者の代表であり、ホントの政治家ってもんなんじゃないの?

今の国会を見てると、自民党も民主党も夏の選挙のことしか考えてないのがバレバレで、まるで小学生のケンカみたいなことを続けてる。5000万件の消えた年金問題に関しては、アベシンゾーが勝ち誇ったような顔で、「民主党の菅直人さんが厚生労働大臣だった時に決めた法案じゃないですか!」と言えば、それを受けた菅直人は、「私が責任をとって辞任したあとに、引きついだコイズミ厚生労働大臣が導入した法案です!」って言い返して、あまりにも低次元な責任のなすり合いを炸裂させてる。

今、国民が望んでるのは、1日も早くこの問題を解決して欲しいってことで、「誰に責任があるのか」なんてことじゃない。それなのに、自民党は、例によって、「社保庁の解体」だの「緑資源機構の廃止」だのって、単なる「臭いものにフタ」のゴマカシ法案の連発で火消しに必死だし、民主党は「今こそ世論を味方につけるチャンスだ」って姿勢が見え見えだし、こんな茶番劇のために毎日1億円もの税金をドブに捨てて国会を開催してるのかと思うと、税金を払うのがホントにバカバカしくなって来る。今、困ってる国民のことなんか完全に無視しちゃって、自分たちの支持率と選挙のことしか考えてない政治家だけの茶番劇なんか、もうイイカゲンにやめて欲しい。そして、こんなデタラメな年金システムを「100年安心」だなんて大ウソをついてたナンミョー党の北朝鮮カルト議員どもは、今すぐに全員、責任をとって辞任して欲しい。

だけど、こんな時でも、オムライス党のみずほたんのように、たった1000人の辺野古の人たちのために、一生懸命にモノを言ってくれてる政治家もいるってことだ。5月31日の「福島みずほのどきどき日記」では、国民の多くが注目してる年金問題と並列して、次のように、ちゃんと辺野古の問題も報告してくれてる。


「年金問題の本質・辺野古沖への自衛隊出動」 2007年05月31日(Thu)

(前略)
今日久間防衛大臣に社民党として、沖縄・辺野古への自衛隊の出動について抗議の申し入れをする。
久間大臣は、法律の根拠はないが、法律の根拠なくできると発言。
大問題である。

雪まつりや遺骨の収集と同じであるという発言だったが、それは違うだろう。
実力行使ではないという久間大臣発言も問題。
これでは自衛隊は本当に何でも法律の根拠なくできることになる。

「福島みずほのどきどき日記」より転載
http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-entry-211.html


‥‥そんなワケで、あたしは、国民のことなんかぜんぜん考えてない自民党や、その自民党の一派閥にしかすぎない民主党、そして、ナンミョー信者のことしか考えてないナンミョー党なんかによって、この国が動かされてる現状が、恐ろしくてたまんない。それは、今の国会の年金ドタバタ劇場を見てれば分かるように、この国の主権は「国民」にあるハズなのに、その主権者である「国民」のことなんかソッチノケで、欲に目がくらんだ政治家どもが、テメエの利権のためだけに政治を私物化してるからだ。だけど、それでも、巨大政党による幼稚なパフォーマンスに騙されて、知名度だけで担ぎ上げられたタレント議員なんかにホイホイと投票しちゃうようなバカな国民がいる以上、今の国会で大騒ぎしてるアホどもが、国民の代表であることに代わりないのだ。だから、あたしにできることは、ホントに困ってる国民たちの代表として、みずほたんが党首討論できるように、オムライス党の議席数が党首討論に必要な7議席以上になるように、あたしに与えられた大切な1票をこれからもオムライス党に投票し続けることしかないと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう!
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す♪
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

« アリエールか?アリエナイザーか? | トップページ | お知らせです♪ »