« きっこ覚醒! | トップページ | Jewelry day »

2007.06.24

マジメな人がバカを見る美しい国

オトトイの日記、「消費者の顔が札束に見える人たち」に、ミートホープ株式会社の「牛肉偽装」の問題にからめて、あたしが情報を入手してる都内のインチキ米業者のことを取り上げた。そしたら、たくさんの情報が寄せられたので、今日は、その一部を紹介しようと思う。どの情報も、会社名や店舗名などが具体的に書いてあったので、それぞれの人に返信して、「日記に掲載させて欲しい」ということを伝えた上で、どの部分を伏字にすれば良いかを聞き、長かったものはあたしが部分的に文章を整理して、それを一度、ご本人に確認してもらい、OKをいただいたものだけを公開する。

だから、ホントは、誰でも知ってるファーストフード店が日常的に行なってる「廃棄するものをお客様に出している恐怖のリサイクル」とか、テレビでCMまで流してる上場企業が会社ぐるみで行なってる「呆れ返る産地偽装」とかの激震的な情報も公開したいんだけど、残念ながら、それらは、どんなに企業名を伏せても、その内容から企業名が推測されちゃうため、「日記への掲載は困る」って言われちゃった。そのため、あたしが言えることは、「あたしはハンバーガーは絶対に食べないことにした」ってだけで、これ以上のことは何も言えない。とにかく、ミートホープ株式会社だけが特別なんじゃなくて、どこも似たり寄ったりってことだ。

どっちにしても、あたしは、もともとお肉は好きじゃないし、この前のイルカの問題の時に、家畜の屠殺の映像や写真を見てからは、とてもじゃないけどお肉は食べられなくなった。だけど、どうしてもお金がなくて、何も食べ物がない時に、誰かがファーストフード店のハンバーガーをくれたら、食べるつもりでいた。だけど、今は、そんなもんを食べるくらいなら餓死したほうがマシだって思えるようになった。だから、あたしは、今までは、「家畜の屠殺の仕方が酷すぎるからお肉は食べたくない」って感じだったんだけど、今は、「こんなもんが混じってんのに食べれるか!」って感じに変わった今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしのことは置いといて、まずは、公開の許可をいただいた何通かのメールを紹介する。


お名前:MN
E-mail:xxxxx@xxxxx.ne.jp
コメント:きっこ様、はじめまして。今日の日記を拝見して、私にも同様の経験があるので情報提供させていただきます。私は全国展開している大手スーパーマーケット●●●●の●●区にある店舗で二年前まで働いていました。私はそこの精肉部で四年近く働いていたのですがとても酷い状況でした。消費期限の過ぎたパックにシールを貼り替えて並べることは日常茶飯事でしたし、それでも売れ残った肉(消費期限が二回過ぎた肉)はミンチにしてパック詰めします。その時には古くなった肉だけでなく、新しい肉をスライサーにかける時に落とすクズ肉や脂肪も加えます。そうすると新鮮な色に見えるのです。ミートホープさん程は酷くありませんが、本来なら廃棄する物をお客様に売っているのですから似たようなものです。それでも売れ残ったミンチ(消費期限が三回過ぎた肉)は惣菜部に回して弁当の材料に使われます。輸入牛肉の中でサシ(脂肪の入り方)の良い物は国産和牛として販売していました。輸入ブロイラーを国産の地鶏として販売した事もありました。産地偽装は肉を見て主任が指示を出していました。はじめはこんな事をやっているのは自分の店だけなのかと思っていましたが、研修の時に他店舗の精肉部の人と話したら、そちらではもっと酷い状況だと聞かされました。このような不正は部署が勝手にやっているのではなくて、上からの指示によってやらされている事です。大手の●●●●でもこのような状況なのですから、他のスーパーや小売店も似たようなものだと思い、それから私は肉が食べられなくなりました。特にミンチを使った物は何が入っているのか解らないので全く口にできなくなりました。(後略)


お名前:YT
E-mail:xxxxx@xxxxx.ne.jp
コメント:きっこさんこんにちは。社名は言えませんが、私は西の方に本社のある中堅の水産物問屋に勤めてます。私は主に「うなぎ」を扱っているのですが、そのことできっこさんにお伝えしたいことがあります。きっこさんはご近所のスーパー等で「うなぎの蒲焼き」を買ったことはありますか?そこで「四万十川産」と表示してある蒲焼きを見掛けたことはありますか?今はネット通販でもよく見掛けますが、あれは殆どが中国産です。いわゆる「産地偽装」です。四万十川の養殖うなぎは全国のスーパーや通販で販売できるほどの数は絶対に確保できません。僅かな本物の四万十川産は、養殖場と直接契約している高級店等に納品されてしまい、一般には殆ど流通しません。中国産うなぎを国産と偽って販売するのは十年程前から激増してきましたが、その現状は酷いものです。たとえば、国内のどの養殖場もまだ「新仔」を出荷していない四月に、東京の有名なデパートの地下食品売り場では、国産の「新仔」のシールを貼った蒲焼のパックが並んでいます。日本中の全ての養殖場が出荷していない「新仔」をどうしたら四月に売ることができるのでしょうか?食肉産業の産地偽装は今や当り前ですが、水産物も同じです。きっこさん、四万十川のうなぎを食べたかったら、高知まで行って下さい。本物を食べたらスーパーやネット通販の「四万十川産」が偽物だということがすぐに分かります。味が全然違います。(後略)


お名前:SK
E-mail:xxxxx@xxxxx.ne.jp
コメント:きっこさん、はじめてメールします。こんばんわ。私は●●県●●市に住んでいるSといいます。いつも楽しく拝見させて頂いております。今回の牛肉偽装事件は、どこの企業も小売店も同じようなことをやっているなと思います。大変残念です。これだと何を信じればいいのかと思います。さて、今回メールをさせて頂いたのは、私の地元の●●酒造についてお伝えしようと思ったからです。きっこさんはお酒が好きなようなのでご存知だと思いますが、●●酒造は全国的に有名な銘酒「●●●●」を造っているメーカーです。ここの社長はミートホープ社の田中社長のようにワンマンで、同じような偽装を社長が指示して従業員たちにさせているのです。私は農業をやっているのですが、この酒造と契約して、山田錦という酒米を納品していました。そして「Sさんの米で作った酒●●●●」という酒を限定販売しておりました。最初の1年から2年くらいまでは大変評判がよく、完売していました。ところが3年目ぐらいから、販売店の人から「味が落ちた」と報告を受けまして、等級はついてるのに米が悪いのかなとその時は思いました。それから私は、●●酒造から精米の仕事を受けた時に分かったのですが、私の酒に私の米が1粒も使われていなかったのです。しかしラベルにはしっかりと「Sさんの米で作った酒●●●●」と書かれていました。これ以来、その販売店とは契約を破棄されてしまいました。しかし●●酒造の社長は、その販売店に謝りにも行きませんでした。他に私が驚いたのは、コクゾウ虫がいっぱい湧いた酒米を精米させられたことです。全国に名を馳せている有名な酒造メーカーがそんな米を仕込みに使っていたのです。酒樽から酒を搾る時、普通は同じラベルの瓶が最後まで来るのですが、ここは違います。途中から違うラベルの瓶が出てきます。ラベルが違うのに中身はいっしょという風になります。あと吟醸や大吟醸などの賞味期限がきれたものを上撰以下のラベルに張り替えて出荷しています。他にもきっこさんの書かれていた米業者のように、出荷先によって正規の酒を出荷したり中身の悪いものを出荷したりしています。他にも沢山ありますが今日はここまでにします。私は色々なことを知りすぎたため、●●さんが悪事がばれることを怖れて、私は酒米の契約を破棄されただけでなく、精米の仕事も辞めさせられました。これ以来一切付き合いはございませんし、ここの酒は一口も飲みたくありません。私も今年から無農薬栽培にとりくんでがんばっていますので、きっこさんもお体に気をつけてがんばってください。長くなってしまい申し訳ありません。


‥‥そんなワケで、この酒造メーカーのお酒は、とっても有名で、いろんなニポン酒を取り揃えてる飲み屋さんに行くと、2軒に1軒は必ず置いてる。ネットでもいろんなショップが扱ってて、今、チョコっと検索してみたら、一番高い大吟醸が1本7000円以上で、おんなじ名前で1ランク下のものが5000円台だったけど、SKさんのメールを読むと、どっちも中身はおんなじかもしんないし、それ以前に、「どうせネットショップだから一番悪いのでも出荷しとけ」とかって社長が言ってそうだよね。

それにしても、肉から魚から野菜からお米から、挙句の果てにはお酒の世界まで、こんなどうしようもない守銭奴どもが蔓延してたら、マジメに働いてマジメに物づくりをしてる人たちが可愛そうだよね。こんなヤツラのセイで、マジメに物づくりをしてる人たちまで色メガネで見られるようになっちゃう。結局、パトロンである大企業のゴキゲンを取ることしか考えてない自民党の大バカ議員どもが、規制緩和だの何だのって、モノゴトの本質よりも利潤ばかり追求する世の中にしちゃったから、こんなヤツラがコクゾウ虫みたくワラワラと湧いて来ちゃったんだよね。

とにかく、「マジメで勤勉なニポン人」なんてのは遥か昔の話みたいで、今や、個人から大企業までのすべてのレベルで、どんなに汚いことをやっても少しでもお金を儲けようって風潮になっちゃった。食品の産地偽装にしたって、何のタメライもなく、当たり前のようにみんながやってる。

週に1回発行される「農民」ていう新聞があるんだけど、そのタイトルを見れば分かるように、農業関係者が読む新聞だから、一般紙には取り上げられないような、.農業関係の小さな記事も掲載される。で、5年前、2002年3月25日付のこの新聞を見ると、その年の1月から3月までの「食品の産地偽装、不正表示一覧」てのが載ってるので、ここに紹介する。


「食品の産地偽装、不正表示一覧」(日付は発覚した日)

1月23日 雪印食品関西ミートセンター(兵庫県伊丹市)が昨年10月、オーストラリアからの輸入牛肉を国産牛肉の箱に詰め替え、BSE対策費で買い取らせる。

1月28日 雪印食品関西ミートセンターが、昨年9月、北海道産の牛肉を熊本県産と偽って出荷、販売。

2月8日 雪印食品関東ミートセンター(埼玉県春日部市)が、昨年6月以降、輸入豚肉を「国産」と表示したり、青森県産の豚肉を「神奈川県産」と表示するなどの偽装工作。(2月22日に同社が解散を決める)

2月15日 ミニトマトの一大産地である熊本県八代市の青果物業者が、韓国産ミニトマトを八代産と偽装して、関東地方の市場に出荷。

2月15日 高松市の食肉加工販売会社「カワイ」が昨年、香川県産の国産牛肉詰め合わせ商品に米国産の輸入牛肉を使う。

2月19日 宮崎県えびの市の青果卸業者が、中国産のゴボウを国産と偽って出荷していた疑いで県が調査。

2月22日 福岡、佐賀両県にあるスーパー「オレンジチェーン」の2店舗で、米国産の牛肉や豚肉を国内産と偽って販売。

2月27日 食肉卸大手スターゼンが、パック詰めにする豚肉と牛肉の品種の表示を偽装し、九州の大手スーパーに出荷。

3月1日 スターゼンが、新たに九州産の銘柄鶏「みつせ鶏」にも安い鶏肉を混ぜる。豚、牛肉の偽装では約1000万円の利ざやを得る。

3月1日 中国産ショウガが「JA全農ちば」のブランドで流通。

3月4日 全農系の鶏肉加工会社「鹿児島くみあいチキンフーズ」がコープネット事業連合(さいたま市)に納入した鹿児島県産の産直若鶏の中に、タイや中国産鶏肉をまぜる。

3月4日 食肉卸のヒルマ(本社・大阪)とその関係会社の計4社が、自己破産を申請。ヒルマは輸入牛肉を国産と偽って出荷していた疑惑が発覚。

3月6日 全農の子会社・全農チキンフーズが、抗生物質入りの餌で飼育された国産鶏の肉と加工品を、抗生物質不使用の鹿児島産鶏肉と偽って、コープネット事業連合に出荷。

3月6日 生協グリーンコープ連合(本部・福岡市)が、鶏肉加工販売業者「蔵王フーズ」(東京・墨田区)から購入した冷凍鶏肉の加工日や賞味期限が書き換えられていたとして、九州農政局などに届け出。

3月8日 JA埼玉経済連が取り扱う中国産ショウガを「埼玉県産」として流通・販売。

3月8日 愛知県豊田市の食肉卸売業「三河畜産工業」が黒豚の表示を偽って表示、大手スーパー・マイカルなどに卸す。

3月11日 茨城玉川農協が東都生協に出荷した豚肉の一部に、表示とは異なる品種が混入。一部外国産も。

(新聞「農民」2002年3月25日付より引用)


‥‥そんなワケで、たった3ヶ月の間に、これだけの産地偽装が行なわれてるのだ。これは、この3ヶ月間だけが特別なワケじゃなくて、これより前も、これより後も、ずっとこんな調子で、どっかの誰かが産地偽装や不正表示をし続けてるってワケだ。そして、そのほとんどの事例は、直接の被害者であるあたしたち消費者には知らされずに、その企業が簡単な指導や罰則を受けるだけで、またおんなじように営業を続けてる。さらには、これらは、あくまでも発覚したものだけなんだから、バレてないのも入れたら、この何倍もの数になるだろう。つまり、どんなに気をつけて食事をしてたとしても、ニポン中の人が、どこかで何らかの「インチキ食品」を口にしてるってことになる。だから、今回のミートホープ株式会社の問題で急に騒ぎ始めた人たちって、ヨホドのオヒトヨシなんだと思う。だって、完全な自給自足で自炊する以外は、どこで何を食べたって、必ず何らかの「インチキ食品」が混じってるんだから‥‥なんて思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す♪
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

« きっこ覚醒! | トップページ | Jewelry day »