« 仙台市長が問題発言 | トップページ | お知らせです♪ »

2007.06.13

通販のマニフェスト

オトトイの日曜日は、嬉しいことが3つもあった。1つめは、もちろん、カナダGPで、スーパールーキーのルイス・ハミルトンが、ポール・トゥ・ウィンで優勝したこと。2つめは、やっとカサブタがとれたので、約1ヶ月半ぶりに両足をそろえてバスタブに入れたこと。3つめは、1つめと2つめの出来事を記念して‥‥ってワケでもないけど、ちょっと前に買っておいたスーパーカップの「マンゴー」を食べたら、予想外に美味しかったこと。

スーパーカップは、去年の夏の「メロン」はサイコーに美味しかったのに、秋の「巨峰」はイマイチだったし、今年の春の「白桃」もイマイチだったから、最近は定番の「バニラ」か「抹茶」しか食べてなかった。それで、ちょっと前にコンビニに行った時に、新製品の「マンゴー」を発見したから、あたしは「おおっ!」って思って買ったんだけど、コンビニから松葉杖で帰って来たら、通常の3倍くらいの時間が掛かっちゃって、お家に着いた時には、ナニゲにやわらかくなってた。でも、完全に溶けたワケじゃなくて、「食べるにはリトルやわらかいかな?」ってレベルだったから、そのままフリーザーに入れておいた。で、この前の「白桃」も、そのまた前の「巨峰」も期待ハズレだったから、あたしは、この「マンゴー」にもあんまり期待してなくて、フリーザーに入れたまま、4日か5日くらいホッタラカシにしてた。

そんなこんなで、フリーザーの中にスーパーカップの「マンゴー」があることを忘れかけてた日曜日に、やっとのことでカサブタがとれたもんだから、お風呂にちゃんと入れるようになったあたしは、嬉しくて1時間くらいお湯に浸かってた。そしたら、のぼせちゃって、お風呂上りに何か冷たいものでも作って飲もうと思って、氷を出すのにフリーザーを開けたら、スーパーカップの「マンゴー」を発見したってワケなのだ。それで、コンビニで見つけた時とおんなじように「おおっ!」って思って、さっそく食べてみたら、これが美味しいこと美味しいこと‥‥って、2回繰り返しただけじゃぜんぜん足りないほど、とにかくベラボーに美味しくて、あたしが絶賛した「メロン」よりも、さらに上を行く美味しさだった今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、そのまんま東がしつこく宣伝してる1個1万円近くもするマンゴーなんて、とてもじゃないけど買えない庶民の皆さんも、1個100円のスーパーカップの「マンゴー」なら、楽勝で買えると思う。あたしは、別に、明治乳業からワイロをもらってるワケでもないし、そのまんま東みたくシガラミなんてないから、純粋に「イチ消費者」としての立場で、美味しいものを美味しいって言ってるだけだ。だから、そのまんま東の宣伝に騙されて食中毒地鶏なんかを買うくらいなら、あたしの言ってることを信じてスーパーカップの「マンゴー」を買ったほうが、100%正解だ。何しろ、この美味しさは感動もんだからだ。

もちろん、食べ物なんだから、味覚も人それぞれで、いくらあたしが美味しいって感じても、美味しいとは感じない人もいると思う。でも、少なくとも、「スーパーカップのバニラは好きなんだけど、ちょっと甘すぎるんだよな~」って思ってる人だったら、今回の「マンゴー」はオススメだ。バニラの甘さを10だとすると、だいたい8くらいの感じだし、マンゴーの甘さだけじゃなくてわずかな酸味も隠れてるから、1個食べ終わってもバニラみたく喉が渇いたりしない。

それにしても、あたしは、ことあるごとに書いてるけど、そのまんま東の地鶏のように、どうしてこれほどくだらない広告や宣伝のウソに騙されちゃう人が多いんだろう? 「あるある大事典」を見て、次の日に納豆を買いに走ったような人たちが、きっと、そのまんま東の宣伝を見て宮崎県産の地鶏なんかを買うんだと思うけど、5月12日の日記、「バカなアベシンゾーよりバカな国民」に書いたように、あれほど必死に宣伝してるそのまんま東自身が、自分がイチオシしてる「地頭鶏(じとっこ)の炭火焼き」の味が分かんなかったんだよ? 宣伝してる本人も味が分かんないようなもの、高いお金を払って買う人の気が知れないよ、あたしは。

それでも、今は、インターネット通販ていう便利なものができたから、あんまり考えずに、簡単な気持ちで「購入」をクリックしちゃうんだろうね。だけど、このインターネット通販てのが、今や詐欺まがいの広告で埋め尽くされてんだよね。たとえば、いろんな通販サイトで扱ってるジェルタイプのファンデーションがある。あたしは、立場上、ちょっと商品名は書けないけど、ものすごい誇大広告で、「大人気」だとか、「大反響」だとか、「メイクアップアーティストもナントカ」だとか、挙句の果てには、柑橘類の果物に塗ったらブツブツが消えてツルツルになったって言って、ものすごいカバー力があるってことを謳ってる。

だけど、こんなの大ウソだ。このファンデは、化粧水に色をつけたようなもんで、カバー力なんてほとんどない。それどころか、伸びは悪いしヨレはひどいし、こんなもん使ってるプロなんているワケない。もちろん、お肌のタイプは十人十色だから、1万人に1人か2人は、このファンデが合う肌質の人もいるかもしんないけど、少なくとも、プロは絶対に使わない。だけど、きっと、多くの女性たちが、この広告を鵜呑みにして買ってるんだと思う。そして、商品が手元に届き、実際に使ってみて、初めて「騙された!」ってことに気づいてるハズだ。

この広告では、顔の半分だけにそのファンデを塗ったっていう女性の写真を掲載して、スッピンとの違いをアピールしてんだけど、これまたおかしな写真で、ファンデを塗ったってほうの皮膚を拡大して見ると、皮膚にあるハズの細かいシワが消えてるのだ。ホントにファンデを塗った皮膚なのか、写真を加工したものなのかは、何倍かに拡大して見れば、シロートでも簡単に判別できる。ま、こういった写真は、ダイエットサプリやバストアップサプリのビフォーアフターの写真とおんなじで、ほとんどが写真を加工や修正して作られてるもんだけど、せめて、もうちょっと上手にできないもんなのかね。

それでも、コイズミやアベシンゾーの幼稚なレトリックに騙されちゃう有権者がいるように、こんなバレバレの広告でも、騙されちゃう消費者がいるんだよね。夏場になると、毛穴を気にする女性が増えるけど、柑橘系の果物に塗ってブツブツが消えただなんて、そんなアホなことあるワケないのに。ホントに柑橘系の果物のブツブツを消すんなら、すべての凹みを埋めるほど厚塗りしなくちゃなんないし、そんなこと顔にしたら、皮膚呼吸ができなくなっちゃう。毛穴を目立たないようにするための基本は、良く洗顔してから、冷蔵庫で冷やしておいた化粧水でパッティングしてお肌を引き締めること。そして、お肌に合った下地をシッカリと伸ばして、光を反射したり拡散したりする微粒子の入ったファンデをできる限り薄く使うことだ。つまり、ホントに毛穴を埋めるワケじゃなくて、光の作用で目立たないようにするってワケだ。

‥‥そんなワケで、あたしの場合は、何度も書いてるからオナジミだと思うけど、長年、ランコムのフォトジェニック・コンフォートを愛用してる。次々と新製品が出るし、職業ガラ、新しいものはひと通り試してみるけど、あたしはランコムのフォトジェニック・コンフォートが一番気に入ってる。だけど、肌質は人それぞれだから、自分が気に入ってるからって、ダレカレかまわずに薦めたりはしない。でも、1つだけ断言できるのは、インターネットの通販なんかで誇大広告してるような怪しげなファンデなんかを買うくらいなら、ちゃんとしたメーカーの製品を買うべきだってことだ。あたしの周りでは、ファンデに関しては、ランコムを始め、シャネルとかRMKとかシュウウエムラとかアナスイとか、すべての人が、自分に合ったちゃんとしたメーカーのものを使ってる。当然のことだけど。

とにかく、実物を手にして試してみることのできないインターネットの通販だからこそ、もしも利用するんなら、絶対にちゃんとしたメーカーのものだけに限定して利用すべきだ。そして、大ゲサな広告のものは、まずは疑ってかかるべきだ。コスメに関して言えば、「プロのメイクさんが絶賛」だの「メイクアップアーティストもお薦め」だのって書いてあるのは、最初っから疑うこと。ホントに優れてる製品なら、そんなこと書く必要がないからだ。プロのあたしが言ってんだから間違いない。ただ今、休業中のプロだけど(笑)

コスメに限らず、ダイエットやバストアップのサプリとか、脱毛クリームとかでも、インチキを見抜くのは簡単だ。それは、「今なら2個以上の注文で送料無料」とか、「1個なら6000円だけど3個注文すれば1万5000円」とか、とにかく、複数個を売りつけようとしてるものが危ない。何でかって言うと、一度でも買ったお客は、謳い文句がウソだってことに気づくから、二度と注文しないからだ。だからこそ、初回に1個でも多く売りつけたいワケで、ホントに謳い文句の通りの優れた製品だったら、こんな売り方はしない。逆に、最初の1個を「お試し価格」で安くしたり、「送料無料」にするハズだ。そうすれば、より多くの人が「試しに1個」って感じで買うワケで、それを使ってみてちゃんと効果があれば、2個、3個とリピートするだろう。

だから、コスメにしても、ホントに自分のとこの製品に自信のあるメーカーは、無料でサンプルをくれるか、「お試しセット」みたいなのを安い値段で売ってる。そして、とにかく一度は使ってもらって、その良さを実感してもらおうって方式をとってる。あたしは、これこそが商売としてマットウなやり方だと思うし、こういったメーカーなら、ある程度は信用することができると思ってる。逆に、「1個なら6000円だけど3個注文すれば1万5000円」なんて言われちゃうと、ウサン臭さがプンプンで、とてもじゃないけど買う気にはなれない。

‥‥そんなワケで、 「あるある大事典」を見て納豆を買いに行くような人たちが、そのまんま東の宣伝を見て宮崎県産の食中毒地鶏なんかを買っちゃうワケで、ツルツルになったグレープフルーツの写真を見てぜんぜん効果のないファンデを買っちゃうワケで、自民党のマニフェストを見て自民党の候補者に投票しちゃうワケなんだと思う。だけど、「自民党をぶっ壊す!」っていうコイズミの言葉を信じた人たちは、コイズミが「自民党」じゃなくて「庶民の生活」をぶっ壊したってことに、あとから気がついたハズだ。だから、通販にしても選挙にしても、くだらない誇大広告なんかに騙されないで、自民党のマニフェストを「JARO」に通報しちゃうくらいのイキオイで、来月の選挙の投票に臨んで欲しいと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう!
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す♪
   ↓   ↓
人気blogランキング


|

« 仙台市長が問題発言 | トップページ | お知らせです♪ »