« Jewelry day | トップページ | 自民党の茶番候補者たち »

2007.06.25

あたしはあたし

あたしは、ずっと前から、ベッキーって中川家の弟とソックリだと思ってたんだけど、しばらく前に何かの番組で、ベッキー本人が、「どうせあたしは中川家の礼二さんに似てますから!」って言ったのを聞いて、「ああ、自覚してたんだ」って思った。それなら、ベッキーと中川家の弟の他にも、あたしが似てると思ってる人たちも、自覚してるのかな?って思った。たとえば、これもあたしがずっと前から思ってる、スガシカオと千原ジュニア。あたしが一番最初にテレビでスガシカオを見た時は、イスに座って誰かと対談してたんだけど、あたしは、千原ジュニアがカッコつけてサングラスを掛けてるんだと思った。

千原ジュニアは、ネタがなくて困ってるみたいで、「お兄ちゃんが少年ジャンプとキップを持って新幹線を降りて、駅員さんに少年ジャンプのほうを渡した」ってネタは、いろんな番組で10回以上も聞かされてヘキエキとしてるから、そろそろ新しいネタを作るために、スガシカオを使うといいと思う。スガシカオがサングラスを外して千原ジュニアに成りきって、お兄ちゃんとの待ち合わせの場所に行く。そして、お兄ちゃんが、何時間くらい気づかずにいるかを隠し撮りする。で、「この前、スガシカオさんがボクに成りきって、アニキとの待ち合わせに行ってもらったんですけど、うちのアニキは半日くらい気づきませんでしたわ~」っていう新ネタができあがるから、しばらくは使えると思う。

他にも、あたしが似てると思ってるのが、アベシンゾー並みのデタラメな歴史認識で支離滅裂な発言を繰り返してる櫻井よしこと、マイケルジャクソンだ。昔は普通の人だと思ってたのに、中途半端に政治的なことに首を突っ込むようになってから、付き合う人たちに異常者が多いのか、どんどん変な方向に行っちゃって、今や、発言だけでなく表情までもが変な宗教に洗脳されちゃってる人みたいにおかしくなっちゃった櫻井よしこ。討論番組とかで、他の出演者たちが熱くなって激論を交わしてても、1人、顔面にアロンアルファを塗ったみたいに無表情で、ボソボソと場違いで時代錯誤な発言をする櫻井よしこを見てると、笑うと顔が崩れるからなのか、ずっと無表情でいるマイケルジャクソンとイメージがオーバーラップしちゃう今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、最近流行ってる「顔チェキ」ってのをやってみたいんだけど、あたしのケータイは、先月からインターネットに接続できないプランに変えたから、ケータイでしかアクセスできない「顔チェキ」は、残念ながらやったことがない。すごく流行ってるから、今さらあたしが説明することもないとは思うんだけど、念のために簡単に説明しとくと、そのサービスに自分の顔写真を送ると、どんな芸能人に似てるかをコンピューターで判断して、その回答が送られて来るそうだ。それも、「誰々に似てる」っていう単純な回答じゃなくて、「久本雅美40%、柴田理恵35%、山田花子25%で、ナンミョー度100%です」ってみたいに、複数の芸能人が何%ずつで自分の顔が構成されてるかって分かるそうだ。だから、あたしは、どうしてもやってみたいので、またケータイのプランを変えて、やってみようと思う。

で、あたしと言えば、昔っからプリンセス・テンコーとドロンジョ様に似てるって言われてるけど、それはフルメーク状態での話で、男性と違って女性の場合は、メークやヘアスタイルで別人みたいに変わるから、ホントの意味で「誰かに似てる」ってのは、スッピンの時じゃないと正確じゃなくなる。あたしの場合は、プリンセス・テンコーとドロンジョ様以外にも、今までいろんな人に似てるって言われて来たけど、そのどれもが、フルメーク状態でのことだった‥‥つーか、スッピンなんて絶対に誰にも見せないから、スッピン状態のあたしが誰に似てるかなんて、誰にも分かんないことだし、あたし自身も分かんないことだった。

だから、あたしは、ケータイのプランを戻して「顔チェキ」ができるようになったら、あえてスッピンの写真を送ってみようと思ってた。だけど、先週の日曜日に、地元のパチンコ屋さんのプレゼントを届けてくれたパチ友に、ついウッカリとスッピンを見せちゃったら、その子から、「きっこってメークしてないと鬼束ちひろに似てるね」って言われた。あたしは、「鬼束ちひろって誰だっけ?」って思いつつも、スッピン状態で誰かに似てるなんて言われたのは中学生以来だし、ケータイの写真とかじゃなくて、至近距離で見たお友達から言われたワケだから、あんがい正確なんじゃないかって思った。それで、あとから、インターネットで「鬼束ちひろ」を調べてみて、「ああ、ちょっと前にちょっとだけ売れてた歌手か」ってことを思い出したんだけど、いろんなタイプの画像があったから、自分に似てるんだかどうなんだか、自分じゃ判断できなかった。

でも、最初に言ったように、女性の場合は、メークやヘアスタイルで別人みたいに変わるから、ホントの意味で「誰かに似てる」ってのは、スッピンの時じゃないと正確じゃなくなる。だから、あたしは、自分がスッピン状態で誰に似てるのかを知りたかったんだけど、その相手のほうがスッピンじゃないんだから、あんまり意味がないってことに気づいた。だって、スッピン状態のあたしが似てるって言われた鬼束ちひろは、ちゃんとメークしてる状態なワケで、そのパチ友が「いつの鬼束ちひろ」を記憶してたのかは分かんないけど、テレビで歌ってる時とか、CDのジャケとか、ちゃんとメークしてる状態であることは決まってる。つまり、スッピンのあたしは、メークしてる状態の鬼束ちひろに似てるんだから、鬼束ちひろがスッピンになれば、きっと似てないんだと思う。

結局、あたしのほうが自分のスッピン状態にこだわったところで、相手の芸能人のほうがフルメーク状態なんだから、お友達に言われようが、「顔チェキ」で調べようが、ホントの意味での「似てる」ってことにはならない。ただ、今の時点で分かったことは、フルメークのあたしはフルメークのプリンセス・テンコーに似てて、スッピンのあたしはフルメークの鬼束ちひろに似てるってことだから、どっちの比重が大きいのかって言えば、おんなじ「フルメーク」っていう条件のプリンセス・テンコーってことになる。ようするに、プリンセス・テンコーがメークを落とせば、きっと、あたしみたいな薄味の顔になるんだと思う。

‥‥そんなワケで、ここまで、どーでもいいようなことをダラダラと書いて来たんだけど、それは、「誰と誰が似てる」って話題を簡単にマクラに書いて、すぐに本編に入ろうと思ってたのが、ついつい長くなっちゃったってだけで、あたしの顔の「彫り」とおんなじに、別に深い意味はない。で、ようやく本編に入るワケだけど、あたしのスッピンが鬼束ちひろに似てるってことを教えてくれたパチ友に連れてってもらった先週のパチンコで、5万円以上勝てたあたしは、「これぞ、きっこ風味の予定調和!」って思ったワケだけど、それが、ホントの意味での「予定調和」だったってことが分かったのは、次の日の朝だった。

その日の夜は普通に過して、次の日の朝、目が覚めて、コーヒーを煎れるためにキッチンに行ったあたしは、大変な光景を目にしたのだった。ナナナナナント!冷蔵庫の周りに水たまりができてたのだ! それで、あたしは、慌てて冷蔵庫を開けてみたら、開けたドアの上からバシャッ!って水が飛び散った。次に、フリーザーのほうを開けてみたら、フリーザーの中の氷とかいろんなものがみんな溶けて、その水がボタボタと下に流れてたのだ。アセッたあたしは、とりあえず冷蔵庫の周りを雑巾で拭いてから、フリーザーの中のものをぜんぶ出して、良く見てみた。フリーザーの奥のハシッコには、温度調整のダイアルみたいなのがついてて、1から5まであるうちの3になってたから、一番冷たくなる5にしてみた。

だけど、目盛りをどれにしても、「モ~」って言いながら弱い風が出てるだけで、いつもみたく冷たくて白い風は出て来ない。そして、下の冷蔵庫のほうは、上のフリーザーの冷気が下りて来て冷やすワケだから、当然、室温になっちゃってて、「のどごし生」の缶は汗をかいて、トレイにもお水が溜まってた。それで、あたしは、「休みなく働き続けて来たから、きっと冷蔵庫が疲れたんだろう」って思って、コンセントを抜いて、冷蔵庫の中をお掃除して、そのまま2時間くらい休ませてみた。ホントは、もっと長く休ませたほうがいいと思ったんだけど、その日は、東京は連日の真夏日の最中で、朝のコーヒーもアイスコーヒーにしようと思ってたくらいだから、冷蔵庫が動かなくて氷がないのはつらかった。それで、2時間ほどでコンセントを刺してみたんだけど、何も変わらなかった。

それから、汗をかきながらできる限りのことをしてみたんだけど、どうしても直らなくて、もう15年くらい使ってるから、きっと寿命なんだろうって結論に達した。それで、「のどごし生」や「めんつゆ」や「ハチ公ソース」は大丈夫だけど、安い時に買って冷凍しといたメザシや丸干しやホッケがダメになっちゃうから、あたしはだんだんアセリ始めて来て、とにかく、早急に代わりの冷蔵庫を何とかすることと、早急にホッケを何とかすることを同時進行で考えた。メザシは、12匹で100円のを8匹食べてて残りは4匹だったし、丸干しは、3匹で100円のを2匹食べてたから、もしもダメになっても大したダメージはない。だけど、ホッケは、北海道の中型のホッケのヒラキが2匹で300円だったのを買って来て、何かいいことがあった日に食べようと思って、そのまま冷凍しておいたものだ。それで、何でこんなに安くなってたのかっていうと、ホントは600円だけど、賞味期限がその日までで、半額になってたってワケだ。だから、その日のうちに冷凍したってワケで、すでにヘナヘナに解凍されちゃってるから、一刻も早く再冷凍しないと、たぶん食べられなくなっちゃう。

それで、あたしが、最初に思いついたのは、前に洗濯機が壊れた時にお世話になったリサイクルショップだ。そこに聞けば、安い中古の冷蔵庫があるハズだと思った。だけど、電話番号を探し出して電話してみたら、すごく小さいのとすごく大きいのしか在庫がなくて、あたしの欲しい中型の冷蔵庫は無かった。次に、インターネットで調べてみたら、5000円以下でもいろいろとあったし、1万円も出せばケッコー良さそうなのがあったんだけど、ほとんどがネットオークションに出品してるものだったから、そこから値段が上がってくワケで‥‥競り落とさなきゃなんないワケで‥‥いつ手元に届くのかも分かんないワケで‥‥きっと送料も別に掛かるワケで‥‥富良野にも遅い夏がやって来るワケで‥‥そのころにはホッケも腐っちゃってるワケで‥‥って、久しぶりに「北の国から」のジュンで行ってみたけど、そんなワケだ。

だから、車の運転さえできれば、自分でリサイクルショップ巡りでもして探すんだけど、今は車どころか、バイクにもチャリにも乗れないから、どうすることもできない。それで、今、身の回りのことを頼んだりしてる地元のお友達3人にSOSのメールを飛ばしてから、もう限界だと思って、ホッケを焼くことにした。1回に1匹しか焼けない中型のホッケを2匹焼くのは、すごく大変だったし、そのあとにメザシと丸干しも焼いたから、それだけでクタクタになっちゃった。それから、冷凍しといたご飯もやわらかくなってたから、それをレンジで温めて、焼き魚に囲まれた食事をした。結局、ホッケ1匹とメザシと丸干しを食べて、残ったホッケはラップして、一番涼しいバスルームに置いた。

‥‥そんなワケで、お腹がいっぱいになって、リトル気持ちが落ち着いたとこに、メールの返信が来た。それで、その中の1人が今から車を出してくれるっていうから、あたしは、顔を洗って、着替えして、鬼束ちひろからプリンセス・テンコーへと変身して、来てくれるのを待ってた。そのお友達は、地元の某商店の2代目なので、昼間でもお店がヒマな時なら助けに来てくれる。それで、その日も助けに来てくれたんだけど、リサイクルショップ巡りをしたいって言うあたしに対して、「今は量販店に行けば新品でも安いから、まずは新品を見に行ってみよう」って言った。

そんなこんなで、多摩川を渡り、川崎市にある家電の量販店に連れてってもらったあたしは、何よりも、体育館みたく広い店内がエアコンでガンガンに涼しいことにビックル一気飲みして、「サスガ、電気屋! 地球温暖化なんて他人事なんだな!」って感心しつつ、冷蔵庫のコーナーへと向かった。そしたら、手も足も出ないような何十万円もする巨大な冷蔵庫が並んでる先に、中型や小型の冷蔵庫のコーナーがあって、あたしの欲しいサイズのものは、だいたい8万円前後で並んでた。ちにみに、イマイチ良く分かんない「メーカー希望小売価格」ってのは、だいたい10万円前後だった。

それで、「これじゃあとても買えないや」って思ってたら、先のほうからお友達が呼ぶから、そっちに行ってみたら、ナゼか、他よりもガクッと安い冷蔵庫が並んでる「きっこ専用コーナー」とでも呼べそうな一区画があった。もちろん、どれも新品なんだけど、「中古なんじゃないの?」って思えるほど、他よりも安いのだ。冷蔵庫の大きさは、それまで見てた8万円前後のとおんなじくらいなのに、一番高いのでも5万円くらいで、一番安いのなんか3万円以下だった。それで、すぐに店員さんを呼んで聞いてみたら、ここは「韓国のメーカーのコーナー」だってことだった。それで、ちゃんと保証書もついてるって言うんだけど、いくら何でも韓国の家電なんてイヤだから、ニポンのメーカーので、おんなじくらいの大きさで、一番安いのはいくらなのかって聞いてみた。

そしたら、店員さんは、さっきあたしが見てたコーナーに行って、6万8000円の値札のついてるシャープの冷蔵庫を指して、「これが一番お安くなっていますが、今はナントカ期間中なので、このお値段からさらに1万円お値引きいたします」って言った。だけど、それでも5万8000円だし、きっとこれに配送料とか、古い冷蔵庫の引き取り料もプラスされると思ったから、それを聞いてみた。すると、店員さんは、あたしの住所を聞いたので、簡単に説明したら、そこなら配送料は無料だけど、古い冷蔵庫の引き取りは一律5000円だって言う。つまり、ぜんぶで6万3000円てワケだ。

それで、あたしは、足をケガしてお仕事ができないこととか、そんな時に冷蔵庫が壊れちゃって、どれほど自分が困ってるのかってことをセツセツと訴えて、ちょっと泣きマネっぽいこともした上に、トドメに、松葉杖でよろける演技までしてみた。そしたら、その店員さんは、「少々お待ちください」って言って、奥のほうに小走りに消えて行った。それで、あたしは、用意してくれたイスに腰掛けて待ってたら、しばらくして戻って来て、「今、責任者と相談して来たのですが、特別にあと1万8000円お値引きして、4万円ジャストにいたします」って言ってくれた♪

‥‥そんなワケで、あたしは、最初は「最近の冷蔵庫はどんなもんか」って感じで覗きに来たんだけど、メーカー希望小売価格が10万円近い冷蔵庫が6万8000円になってたのが、さらに2万8000円も値引きしてくれて4万円になって、古い冷蔵庫の引き取り代を入れても4万5000円になったから、その場で買うことに決めた。ただ、金額が安くなったってだけじゃなくて、この「4万5000円」ていう金額が、前の日の「エヴァンゲリオン~奇跡の価値は~」で勝ったぶんの4万5000円とおんなじだったから、なんか、運命的なものを感じたからだ。

細かいことを言えば、前の日のアスカ台は、朝イチで1万円負けてて、午後からのリベンジで4万5000円勝ったワケだから、3万5000円の勝ちってことになる。だけど、朝イチで負けたぶんの1万円は、他の台で十分に取り戻してるし、そこで1回清算してるから、午後からのリベンジだけを考えたら、あたしは、500円しか投資してない。つまり、アスカ台で勝ったぶんが、そのまま冷蔵庫代になったってワケで、こんな言い方をするのも変だけど、15年も使ってた冷蔵庫が壊れることとか、6万8000円の冷蔵庫がコミコミで4万5000円になることとか、そういった運命は大宇宙の流れの中ですべて先に決められてて、それに向けて、あたしが困んないように、アスカが覚醒してくれたのかもしんないって思えたのだ。

だから、ここで、こんなに安くしてくれたのに、それでも新品の冷蔵庫を買わずに、何軒ものリサイクルショップをまわって5000円とか1万円とかの冷蔵庫を買ってたとしたら、きっと、1年もしないうちに、また壊れてたかもしんないと思う。それは、自分の運命に逆らったことによって起こるナントカとカントカの摩擦によって、冷蔵庫のどっかに負荷が生じるからだ‥‥って、こういったチョー科学みたいなことはNHKの「高校講座」でもやってないから、あたしには分かんないけど、ウサン臭いオーラだの守護霊だのっていうペテンとは違って、宇宙には、まだ人類の科学じゃ解明されてないことがマウンテンだから、あたしがパチンコで4万5000円勝った次の日に、冷蔵庫が壊れて4万5000円掛かったってことに、科学的な何らかの因果関係があるって可能性もあるのだ。

‥‥そんなワケで、次の日に、新しい冷蔵庫が届いたんだけど、今までのよりもひと回り大きくなった上に、環境にやさしいノンフロンだし、新型だから電気代も安くなるし、音も静かになって、メッチャ嬉しかった。それで、考えてみたら、自分のものでこんなに高いものを買ったのは、何年ぶりか分かんないほど久しぶりなので、その日の夜には、新しい冷蔵庫でキンキンに冷やした「のどごし生」とホッケで、プチ祝杯を上げてみた。そして、「のどごし生」の500を3本飲んでから、いただきものの泡盛に切り替えて、新しい冷蔵庫で作った氷をいっぱい入れて飲んだら、冷たくてすごく美味しかった。いい気持ちに酔っぱらって、カタッポだけの松葉杖で何杯目か氷を取りに行ったら、ピカピカの新品の冷蔵庫に、ぼんやりと自分の顔が映ってることに気づいた。それで、じっと見てみたら、その顔は、プリンセス・テンコーでも鬼束ちひろでもなくて、やっぱり、いつもの見慣れたあたしの顔だった‥‥なんて感じの今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す♪
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

« Jewelry day | トップページ | 自民党の茶番候補者たち »