« 終戦日を詠んだ俳句 | トップページ | インリンがいいこと言ってます♪ »

2007.08.17

自分の言ったこと

暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑~~~~~~い!‥‥って言うくらい暑くて、今年の夏は絶対にエアコンを使わないで乗り切ろうって決めてがんばってたあたしも、サスガに今日はエアコンを使っちゃった。そしたら、今日って、国内最高気温の新記録だったんだね。新聞によると、ニポンの国内最高気温って、今までは、74年も前の1933年7月25日に、山形県山形市で記録した「40.8度」がサイコーだったそうだ。それが、今日、8月16日には、岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市の二ヶ所で「40.9度」を記録して、ニポン新記録を更新しちゃったそうだ。

 

だけど、あたしの住んでる東京は、一応は30度台だったから、「国内最高気温だったからエアコンを使った」ってのは理由になんないけど、それでも、気温もさることながら、湿度が80%近くもあって、お部屋の中でじっとしてても、まるでサウナに入ってるみたいだった。窓を開けても風はほとんど入って来ないし、扇風機をつけてもモワ~って熱風が来るだけで、何もしてないのに汗が出て来る。それで、何とか原チャリには乗れるようになったので、昨日と今日は、昼間はパチンコ屋さんに行ったり図書館に行ったりして暑さをしのいでたんだけど、夜になってもお部屋の中は40度近くもあって、とてもじゃないけど寝られない。

 

水風呂に入って体を冷やしても、アイスノン枕をしても、一時的な効果しかなくて、このままじゃ具合が悪くなっちゃうと思って、自分で決めたことだから守りたかったんだけど、仕方なくエアコンをつけた。そしたら、天国みたいに涼しくなって、夜の9時くらいから次の朝の4時くらいまで、久しぶりに爆睡できた今日この頃、皆さん、残暑お見舞い申し上げます。

 

 

‥‥そんなワケで、あたしは、「自分にできる地球温暖化対策」ってことで、今日までずっとエアコンを使わないようにがんばって来たんだけど、この2週間、ほとんどグッスリ眠ることはできなかった。昼間、起きてる時に暑いのは、1時間おきに水風呂に入ったり、タライにお水を入れて足をつけたりして何とか対応して来たんだけど、夜、寝られないのはつらかった。2階とは言え、変質者が2階のベランダまで上って来る今日この頃だから、夜中に窓を開けたまま寝るのは危険だし、窓を開けたとこで、1日中、炎天に晒されてたコンクリートのマンションは、次の日の朝まで暑いままだ。

 

昔ながらの風通しのいいニポン家屋で、周りに高層住宅のないような場所にあるんなら、いくら昼間は暑くても、夜になれば少しは涼しくなるだろう。だけど、周り中がコンクリートやアスファルトばかりで、隙間なく建物が建ってる上に、室内に風が通らない造りのマンションだと、夜になっても、まるで電子レンジの中にいるみたいだ。で、74年ぶりに国内最高気温を更新した今日は、全国で10人もの人が熱中症で亡くなったそうだけど、ナナナナナント! そのうちの8人は、炎天下の外に立ってたワケじゃなくて、自分の家の中にいて亡くなったそうだ。それも、亡くなった人の半数以上は、エアコンが嫌いなお年寄りで、熱帯夜なのにエアコンをつけずに寝てて、それで熱中症になって亡くなったそうだ。だから、あたしも、意地を張ってエアコンを使わないでいたら、今ころは死んでたかもしんない。

 

あたしは、地球温暖化に対して、自分でもできることをしようと思って、それでエアコンを使わないようにしてたんだけど、サスガに命を懸けてまでは取り組んでないから、ヘタレと言われようとも何と言われようとも、今日だけは約束をやぶって正解だったと思う。それに、「私と小沢さんとどちらがこの国の総理としてふさわしいのか、それを問う選挙です!」って連呼してたのに、未だに、国民の9割以上の「辞めろ!」って声を無視し続けてるアベシンゾーがいる以上、あたしがエアコンを使ったことは誰も責められないと思う。ま、どっちにしても、国民には「エアコンの温度を28度に設定しろ」とか言いながら、自分たちはうんと涼しいお部屋にふんぞり返ってるアベシンゾーや小池百合子なんかには何も言われたくないけどね。

 

それに、やきとり氏のブログ、「謙遜と謙譲の音楽」の最新エントリーによると、アベ内閣の現役閣僚の中で、唯一、8月15日に靖国神社に「公人」として参拝した高市早苗は、参拝後のインタビューでは、「ホントに一日本人として、大切な命を落とされた方への私の哀悼の意の表明でございます。こういったことを外交問題にしようとか、そういった勢力を利するようなことにはしたくないと思っております」って、それらしいことをノタマッてたクセに、12年前の1995年、衆議院本会議での「不戦決議」の時には、こんなトンデモ発言をしてたそうだ。

 

 

「私は戦争の当事者とはいえない世代だから、反省なんてしていないし、反省を求められるいわれもない」

 

 

ま、高市早苗って言えば、ついこの前、ダンナの農林水産副大臣の山本拓が、自殺した松岡元大臣について、「松岡さんはね、死んじゃったから言うけどもね、不明な事務所費のうちの500万円くらいはね、芸者の花代に使ったって言ってたよ」ってノタマッて大問題になっちゃったから、発言に気をつけて、心にもないことを言ってんだと思うけど、どっちにしても、こんな無知で無責任な大バカどもが、大臣だの副大臣だのやってるなんて、サスガ、前代未聞のアホ内閣だよね。とりあえず、この、高市早苗と山本拓のセックスレス仮面夫婦は、見てるだけでキモイから、トットと離婚して欲しいんだけど。

 

それにしても、高市早苗の戦争や戦没者に対する認識って、あまりにも稚拙すぎる。2004年8月18日のテレビ朝日の「サンデ-プロジェクト」では、コーフンした田原総一朗が、出演してた高市早苗を指して、「下品で無知な人にバッチをつけて靖国のことを語ってもらいたくない」とか、「こういう幼稚な人が、下品な言葉で靖国靖国って言う」って誹謗中傷しまくってたけど、愛川欽也からも「自民党の応援団」だって断定されちゃってる田原総一朗なんかから「幼稚」だ「下品」だ「無知」だなんて言われたら、もう人間として終わりだろう。まるで、「ミートホープ」や「白い恋人」と並ぶ北海道の恥、杉村太蔵からまでも批判されちゃった赤城元大臣並みに終わってるよ、まったく。

 

高市早苗を批判する田原総一朗や、赤城元大臣を批判する杉村太蔵を見てると、「目クソ鼻クソを笑う」って言葉が脳裏をよぎっちゃうよね。そして、そんな杉村太蔵にしても、国民から大ブーイングを浴びてる赤坂の高級議員宿舎に、何の仕事もしてない税金ドロボーの自分が入居することに対して、「何か問題がありますか?」と来たもんだ。それどころか、生まれたばかりの自分の赤ちゃんを高級議員宿舎にホッタラカシにしたままで、夫婦で食事に出かけちゃって、何時間も帰らなかったら、その間に赤ちゃんが熱を出して、もう一歩で死んじゃうとこだったらしい。自分の子供をホッタラカシにして夫婦で何時間も出かけるような大バカが、あたしたちの税金でゼイタクな生活をしてるなんて、絶対に許されないことだ。こんな大バカは、次の選挙で確実に落選させてやろう。

 

それにしても、杉村太蔵の無責任ぶりも、タナボタ当選をしてから2年が過ぎて、ますます磨きが掛かって来た。大敗した参院選後の8月4日のブログでは、次のように、アベシンゾーの「反省すべきは反省をし」ってセリフを引き合いに出して、暗にアベシンゾーの続投を批判してる。

 

 

「『反省すべきは反省をし…』と申しあげましてもね、有権者のあの鋭い冷めた視線は本当に突き刺さるものがありましたし」

 

 

それなのに、その3日後の8月7日のブログでは、「私は安倍総理の続投を強く支持します」なんてタイトルの記事を書いちゃってるパンサーチェンジっぷりを披露してる。ニワトリは3歩歩いたら忘れるって言われてるけど、このバカは3日で自分の書いたことを忘れるらしい。どうせ、「アベ続投」に対する党内でのムードが「仕方ない」ってふうに変わって来たことを受けての変わり身だろうけど、こういう男芸者ってホントに見苦しい。

 

‥‥そんなワケで、他にも、さんざん平和憲法の大切さを訴え続けて来て、教育現場での「日の丸」と「君が代」の強制を批判し続けて来たクセに、今までの主張をクルリンパと180度も変えて、平然と自民党から立候補して、マンマと当選しちゃったウサン臭いヤンキー先生しかり、自分は選挙にも行ってなかったクセに、自民党を批判して、知名度だけで出馬するタレント候補のことを批判して、杉村太蔵のことをボロクソに批判してたのに、自分自身が自民党から立候補して、お涙ちょうだいの三文芝居で当選しちゃった恥知らずの丸川珠代しかり、自民党って、自分の言ってたことを平気で「無かったこと」にしちゃうヤツラの宝庫みたいだ。

 

杉村太蔵と一緒に、コイズミチルドレンとしてタナボタ当選しちゃったお菓子の国のセレブ、藤野真紀子にしても、自分のブログには、ダンナの「藤野きみたか」をどれほど応援してるかってことを書いてて、その中に、次のような記述があった。

 

 

「『(知名度のある)藤野真紀子が出た方が、少しは知っていらっしゃる方がいていいんじゃない?』なんて冗談半分で言われた事もあります。でもこれはキケンです。お菓子の国ならいざしらず、今、日本は真剣に日本を支えていく人材を必要としている大事な時です。日本には真の政治が出来る本物が必要だと思います。私が立候補して万が一にも当選しても、政治家として使いものになるのは少なくとも10年は勉強してからではないかと思います。飛行機が安全に飛ぶためには、飛行機を熟知し、かつキャリアのあるパイロットが必要です。私が操縦席に座ったのでは乗客は不安です。突然のアクシデントが起こっても『今 勉強中です。』と言ったって間に合いませんもの。」

 

 

だけど、自分がコイズミ政権下の自民党から立候補することが決まったトタン、自分のブログからこの日の日記だけをコッソリと削除して、ナニゴトも無かったかのように政治家になっちゃったのだ。つまり、あたしたち国民は、本人が「私が立候補して万が一にも当選しても、政治家として使いものになるのは少なくとも10年は勉強してからではないかと思います」って言ってたような人間に対しても、税金でゼイタクな生活をさせてやってるってワケだ。

 

‥‥そんなワケで、アベシンゾーしかり、小池百合子しかり、高市早苗しかり、杉村太蔵しかり、藤野真紀子しかり、ヤンキー先生しかり、丸川珠代しかり、自民党のクズ議員どもって、一番上から一番下まで、どいつもこいつも、自分が今まで言い続けて来たことをゴマカシて、平然と大ウソをつく恥知らずばっかだと思うし、自分の言ったことも守れないようなヤツラが、この国を良くしてくれるとはとても思えない。だからって、「地球温暖化を加速させないために今年の夏はエアコンを使わない」って決めたあたしが、あまりの暑さに負けてエアコンを使っちゃったことのイイワケにはなんないけど、それでも、あたしは、「自分にできることをやる」って姿勢を変えるつもりはない。だから、今も、4時に目が覚めて、すぐにエアコンを切って、ベランダのガラス戸を全開にして、今、この日記を書いてる。エアコンを切った瞬間から、またモワ~って暑くなって来たけど、それでも、起きてる状態ならガマンできるからだ。そして、日が昇ってもっと暑くなって来たら、涼しいパチンコ屋さんか図書館に避難しようと思う今日この頃なのだ。

 

 

★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 今日の日記の内容に共感できた人は、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

« 終戦日を詠んだ俳句 | トップページ | インリンがいいこと言ってます♪ »