« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.31

高知の冤罪事件

片岡さんの冤罪事件は、ようやく昨日から夕方のニュースなどで取り上げられはじめたけど、今日、10月31日、テレビ朝日の「スーパーモーニング」の所太郎レポーターのコーナーでも、長い時間を割いてタップリと特集された。放送の内容は、警察によるブレーキ痕の捏造や、同僚の白バイ隊員によるウソの証言などに焦点をあてたもので、12人全員の無罪が確定した鹿児島県議選の冤罪事件や、犯人に仕立て上げられた人が刑期を終えたあとに真犯人が見つかった富山県の連続婦女暴行冤罪事件を例にあげて、「これらに続く冤罪事件だ」っていう論調での放送だった。さっそく、YOU TUBEにアップしてくださった人がいるので、見れなかった人は、ぜひ、こちらで見て欲しい。


「高知白バイ死亡事故 証拠捏造疑惑が浮上」 1/2
http://jp.youtube.com/watch?v=cHAC5-Qi-Ns

「高知白バイ死亡事故 証拠捏造疑惑が浮上」 2/2
http://jp.youtube.com/watch?v=DCZAXCKoi1g


ま、放送を見てもらうのが何よりなんだけど、YOU TUBEを見られない環境の人のために簡単に説明しとくと、この特集では、KSB瀬戸内海放送が行なったブレーキ痕の実験映像を紹介したり、独自に取材した「ブレーキ痕の捏造疑惑」「石川和夫鑑定人によるブレーキ痕にタイヤの溝がないという指摘」「品原信介校長の証言」「乗車していた生徒たちの証言」などをひと通り紹介した上で、今回の柴田裁判長の判決の「異常さ」について言及してる。

たとえば、この裁判では、事故を起こした白バイと同じ方向を走ってた乗用車のドライバーが、「事故の直前に、白バイが、自分の車の右側を時速100キロ以上の猛スピードで追い抜いて行った」って証言してるんだけど、このドライバーの証言も採用されなかった。何でかっていうと、この証言を採用しちゃったら、「白バイは時速60キロの法定速度で走行していた」っていう警察側のウソの主張をくつがえすことになっちゃって、「白バイ隊員には何の非もなかった」「バスの運転手にすべての責任がある」っていう「最初から決められてた結論」に持って行けないからだ。そして、柴田裁判長は、このドライバーの証言を採用しなかった理由として、開いた口もふさがらないようなトンチンカンなことをノタマッたのだ。


「供述者が第三者というだけで、その供述が信用できるわけではない」


おいおいおいおいおーーーーい! 片岡さんと何の利害関係もない第三者の証言を「信用できるわけではないっ」て言って不採用にするんなら、死亡した白バイ隊員と思いっきり利害関係のある同僚の白バイ隊員や所轄署の警察官の証言なんか、その何万倍も「信用できるわけではない」ってことになるじゃん!

今回の柴田裁判長の呆れ返る判決に対して、鳥越俊太郎氏は、「この裁判官には真実を見極めようという真摯な姿勢がない。これから裁判員制度になって、こういう人がリードして行くようになったら恐ろしい」って言ってるし、弁護士の萩谷麻衣子氏は、「これでは法治国家として成り立たない」ってコメントしてるけど、あたしは、ホントにその通りだと思う。

バスに乗車してた生徒たちの「バスはしばらく止まっていて、そろそろ動き出すかなって思った時に白バイがぶつかって来た」って証言や、バスのすぐ後ろの乗用車に乗ってて、事故の一部始終を目撃してた品原信介校長の「バスは停止していて、そこに白バイが突っ込んで来た」って証言は、「関係者の証言は信用できない」として採用せず、その上、何の関係もない第三者の証言までを「供述者が第三者というだけで、その供述が信用できるわけではない」っていう意味不明な理屈で採用しないなら、いったい、どんな人間の証言が採用されるって言うんだろう。

そして、被告である片岡さんに対しては、こんなトンチンカンな理由で何人もの証言をことごとく不採用にしておきながら、警察側の主張に対しては、絶対に事故現場を見ることができない場所を走ってた同僚の白バイ隊員の証言を全面的に採用したり、事故当時には無くて、片岡さん本人も何ヶ月も経ってから知らされたという「ありえないブレーキ痕」を重要証拠として採用するなど、あまりにもデタラメだ。12人全員の無罪が確定した鹿児島県議選の冤罪事件では、原告団団長の藤山忠さんが、「この事件は単なる冤罪事件ではなく、警察、検察による犯罪だ」って言ってたけど、今回の片岡さんの事件も、警察と検察による犯罪であることは誰の目にも明らかだ。

‥‥そんなワケで、警察の捜査のミスなどで、無実の人を犯人にしてしまうのが冤罪であって、今回の場合は、捜査のミスなんかじゃない。「白バイが赤色灯やサイレンを使わずに猛スピードで走行して、日常的に一般公道を練習場にしていた」っていう警察内部の不祥事を表ザタにしたくないために、証拠を捏造したり、同僚にウソの証言をさせたりと、組織をあげてのインペイ工作をした上に、一般市民に濡れ衣を着せて、犯罪者に仕立て上げて刑務所に送ろうとしているのだ。これは、鹿児島や富山の冤罪事件よりも遥かに悪質な「警察による組織犯罪」なのだ。だから、上司から言われてウソの証言をした白バイ隊員は、当然、偽証罪で逮捕すべきだし、その指示をした上司も逮捕すべきだ。そして、ブレーキ痕を捏造した警察官たちも逮捕すべきだし、ウソの検分書を作成した警察官たちすべてを逮捕しなかったら、この国に‥‥って言うか、少なくとも、高知県には、正義なんかないってことになる今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう!
★ この冤罪事件を1人でも多くの人に知らせたいので、応援のクリックをお願いします!
   ↓   ↓
人気blogランキング


【関連サイト】

「雑草魂」(片岡さん本人のブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/zassou1954

「冤罪事件進行中」(支援者による情報ブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737

映像ニュース(KSB瀬戸内海放送)
「高知白バイ衝突死/警察が証拠をねつ造?」
「証拠ねつ造…動機はあった?」
「鑑定人が迫る ブレーキ痕の“嘘”」
「真実はどこに…動き出した生徒たち」
「高知白バイ衝突死/いよいよ判決…高松高裁の判断は?」
http://www.ksb.co.jp/newsweb/indextable.asp?tid=4&sid=7

|

2007.10.30

控訴棄却!

本日、高松高等裁判所において、片岡さんの控訴は棄却されました。

警察が捏造したウソの証言やウソの証拠だけを全面的に採用し、数多くの乗客たちの「バスは止まっていた」という証言や、60キロのスピードではありえないバスの破損状態などの物証はすべて無視された、前代未聞のデタラメ裁判です。
そして、呆れ返るのは、柴田裁判長のこのセリフです。


「被告は反省していないどころか白バイ隊員に責任を転嫁している」


片岡さんは、十分すぎるほど反省しています。
そして、その上で、真実を訴えているだけです。

「真実を訴えること」が「反省していないこと」だとは、柴田裁判長はいったいどんな教育を受けて来たのでしょうか?
小学生でも首をかしげるトンチンカンな理屈です。
こんな人間に人を裁く資格などありません。


昨日紹介したKSB瀬戸内海放送の映像ニュースを見た人なら、石川鑑定人が警察サイドの証拠捏造を暴き、乗車していた多くの生徒さんたちや校長先生が、真実を明らかにするために声をあげていることを知っているでしょう。


片岡さんは、即日、最高裁へ上告しました。
「きっこの日記」でも、引き続き、悪質極まりない権力による冤罪事件を徹底的に追及し、真実を明らかにして行きます。


※これを読んでいる「事故当日のバスに乗車していた生徒さん、先生方」、また、「事故を目撃した方」がいらっしゃいましたら、右の似顔絵イラストの下の「プロフィール」をクリックすると「1行紹介」というところにメールアドレスがありますので、そちらへ、実際に体験した様子、目撃した様子をお知らせください。
よろしくお願いいたします。


※なお、このエントリーに限り、コメント欄を開放しています。
ただし、嫌がらせなどの書き込みがあった場合には、プロバイダー制限法に基づき、書き込んだ者を特定し、刑事と民事の両方で厳しく対応させていただきます。



| | コメント (0)

2007.10.29

続々・またまた警察のデッチアゲ!

10月22日の「またまた警察のデッチアゲ!」、27日の「続・またまた警察のデッチアゲ!」と特集して来た、高知県で行なわれてるトンデモ裁判だけど、いよいよ明日、30日に判決が出る。

今回の裁判の何よりの争点は、「バスが停止していたところに白バイが衝突して来た」と言い続けて来た、バスの運転手、片岡さんの主張と、「バスは動いていて、白バイと衝突してから白バイを引きずって止まった」とする県警側の主張がまったく違う点だ。そして、片岡さんに言い渡されている「禁固1年4月」という実刑は、片岡さんの主張をすべて退けて、県警側の主張だけをすべて採用した、あまりにも偏向的な、あまりにも異常な裁判によってもたらされたものだってことだ。

今回の裁判の何よりの問題点は、裁判官が、片岡さんの運転するバスに乗っていた中学生や引率の先生方の「バスは止まっていて、そこに白バイが衝突して来た」という証言はすべて採用せず、意味不明の理屈で却下して、現場がまったく見えない場所にいたのにも関わらず「バスは動いていた」と言っている同僚の白バイ隊員の証言や、事故当時にはなかったバスのスリップ痕など、明らかに警察側が捏造したとしか思えないウソの証言や証拠ばかりを採用したデタラメ裁判だってことだ。

で、全国の人たちが注目してる判決を明日に控えた今回は、片岡さんご本人によるこれまでの裁判についてのことと、実際に事故当時のバスに乗車してた生徒のお母さまから寄せられたメールを紹介しようと思う。


きっこさん、おはようございます。
昨日は、本当にありがとうございました。

今日は、地裁のあらましを簡単に紹介します。
まず、1月18日の第一回目の公判では、双方の書類の刷り合わせで終わりました。

そして、2月22日の第二回公判では、検察側の証人の二人が証言台に立ちました。
一人目の方は、別の白バイ隊員の方で、亡くなられた隊員(Aさん)の対向車線を走行中に目撃した事を述べていました。
その白バイ隊員の証言によると、私のバスとAさん運転の白バイとを同時に確認しと言うことでした。(これは本当はありえないことです)
私のバスが5キロ~10キロの速度で、白バイの速度が60キロで、バスが国道に進入している時に、6m50cmのところで衝突し、2m90cm白バイを引き摺り停止した、という証言です。
その白バイ隊員は、私のバスとAさんの白バイが衝突する直前に、バスの運転手はどうして気がついてくれないのか、止まってくれ止まってくれと思った、と証言していました。
しかし、この白バイ隊員が走行していた場所というのは、私の大きなバスの姿さえ全く見えない位置なのです。
この方もまた、組織の中で無理な証言をさせられている犠牲者の一人だと思います。

二人目の方は、実況見分調書を作成した方です。
弁護士から、どうして(私を)逮捕したのか、と聞かれ、通常の逮捕理由には、証拠隠滅の恐れがある場合と、死亡事故の場合がある、と、そのような答えでした。
弁護士から、「今回は証拠隠滅の恐れはありませんね」と聞かれ「ハイありません」、「そしたら死亡事故だったからですか」と聞かれ「ハイそうです」と答えていました。

弁護士はさりげなく質問を変えて、判決の決め手になった、一番の争点のブレーキ痕の写真に移りました。
おたまじゃくしみたいブレーキ痕の写真を見せて、先端の濃い部分を指して、「これはどうしてできたのですか」と質問をしたところ、証言者は答えに窮してしまいました。
すると裁判官が、「バスを止めていた部分のタイヤの下に何かの液体がしみこんでいて、バスを移動してから、しばらくして乾いたんでしょうね」と、証言者に助け舟を出しました。
すべての流れが検察サイドに傾いているように思いました。

次は、第三回公判について報告したいと思います。

2007年10月28日
片岡晴彦


‥‥そんなワケで、続いては、1通のメールを紹介する。お名前は、イニシャルから個人を特定されないように、「仁淀の住民」とさせていただいた。


お名前:仁淀の住民
E-mail:xxxxx@xxxxx.jp
コメント:私は仁淀中学校で事故当時スクールバスに乗っていた娘を持つ母です。きっこさんがこの事件に興味を持ってくださってとても嬉しく思っています。昨年の三月三日、私は通勤途中にバスを見送りました。過疎の学校で、保育園から中学校まで、ほとんどクラスメートの変わらない環境から、高校進学で子供らがバラバラになる前の、それぞれの思い出を作る「お別れ遠足」への出発でした。その日の午後、私の職場に、引率の担任の先生から事故の一報・・・楽しい思い出を作るはずの旅行は、おそらく忘れられない苦い思い出になってしまいました。予定の帰宅時間を大幅に遅れて帰ってきた娘から聞いた話は、「レストランで食事を終えてバスに乗り、席についてからバスは動き出した。周りの席の友達は、カメラをカバンにしまったり、まだごそごそしていた。バスが動き出して、すぐに止まった所で、何かがぶつかったような音が聞こえた」という話でした。その時、娘は座席が通路側で、車外の様子は見えなかったが、窓側の座席の友達が「白バイの人が倒れちゅう!!」と教えてくれて、それで初めて白バイがぶつかったのだと分かった・・・というものでした。翌日以降の新聞、テレビのニュースなどが、娘の説明と余りにも違うものだったので、警察やマスコミに強い不信感を抱きました。娘も「どうして自分達の体験した事がそのまま伝わらないのだろう?」と、もどかしさを感じているようです。警察の不祥事、誤認逮捕、初動捜査ミス・・・色々な事件が新聞やテレビを賑わせても、今までは遠くで起きている出来事と思っていましたがが、こんな事がすぐ身近にも起こってしまった不安。そして、この事故を取り上げてくれる放送局は県外だけ(高知での放送はありません)。一番近くで起こっている事なのに、高知の多くの人はこの事故について知らないんです。こんなに情報の氾濫している世の中なのに、高知のマスコミはどうなってるんでしょう??こういう経験をしてしまうと、もしかして、これ以外にも何かの圧力によって私たちに意図的に知らされていない事もあるのかも・・・との疑念も生まれてしまいます。今、親として思い願うのは、真実が色々な思惑の前で曲がることのない世の中であって欲しい、という事です。警察は一般人の味方であって、組織の味方で無い事!!裁判所も正しい目を持って平等に裁いてくれる事!!高松高裁も「存在意義がある」と思える裁判をしてくれる事!!なんとあたりまえな事なのですが、まじめに頑張っておられる多くの警察官の方々の為にも、たとえ警察官でも「悪い事は悪い」と認める正義を期待しています。


‥‥で、この生徒が、事故のあと、警察の発表やマスコミの報道を見て、それから「バスは止まってた」って証言したのなら、証言を捏造した可能性も考えられる。だけど、この生徒は、事故当日、自宅に帰ってすぐに、「今日はこんなことがあった」という報告として、お母さまに、「バスが止まっているところに白バイが衝突して来た」と話しているのだ。そして、娘さんから事故の話を聞かされてたお母さまは、翌日以降のマスコミの報道を見て、「娘の説明と余りにも違うものだった」と言っているのだ。この他にも、このバスに乗車してた引率の先生までが、「バスは止まっていた」って証言してるのに、どうして裁判官は、これらの証言をすべて退けて、理屈に合わない県警側の証言や証拠ばかりを採用するのだろうか?

そして、このメールにも書いてあるけど、高知県のマスコミは、どうしてこの問題を報道しないのだろうか?‥‥なんて思ってたら、判決直前のこの時期に来て、まるで、今まで口止めされてたとこからGOサインが出たかのごとく、急に地元のマスコミが取り上げ始めた。そして、その内容と言えば、すべてが「県警側の発表」を採用したものばかりで、裁判と同様に、あまりにも偏向的だ。たとえば、高知新聞に掲載された事故現場の見取り図にしても、県警側が主張してる「捏造された図」のみを掲載し、あたかもそこで事故が起きたかのようにウソの報道をしてる。報道の公平性を重んじるのであれば、双方が主張する見取り図を両方とも掲載すべきで、こんなこと1つ見ても、田舎の権力と癒着してる田舎の司法と田舎のマスコミが、グルになって冤罪事件を作り上げてる様子が伺える。

‥‥そんなワケで、あたしは、土佐って言えば、曲がったことが大嫌いな、男の中の男がいる土地だと思ってたけど、田舎警察なんかの権力に屈するような腰抜けマスコミどもが勢ぞろいしてたとは、まったくもって情けない話だ。1人くらい、「真実を報道してやる!」っていう本物の報道精神を持った男の中の男はいないもんだろうか。それとも、狭い田舎じゃ、権力に逆らったらすぐにクビが飛んじゃうから、恐くて恐くて「上から言われたまんまの記事」しか書けないってか? 田舎を支配してるのは、「長いものには巻かれろ」の精神か? リファラーを見たら、この「きっこの日記」に、高知県警からもヒンパンにアクセスをいただいてて光栄だけど、名探偵コナンも、迷探偵キッコナンも、口をそろえて言ってるように、「真実はひとつ!」ってことだ。だから、「きっこの日記」としては、真実が明らかにされるまで、正義が勝つまで、この問題を取り上げて行こうと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう!
★ この冤罪事件を1人でも多くの人に知らせたいので、応援のクリックをお願いします!
   ↓   ↓
人気blogランキング


【関連サイト】

「雑草魂」(片岡さん本人のブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/zassou1954

「冤罪事件進行中」(支援者による情報ブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737

映像ニュース(KSB瀬戸内海放送)
「高知白バイ衝突死/警察が証拠をねつ造?」
「証拠ねつ造…動機はあった?」
「鑑定人が迫る ブレーキ痕の“嘘”」
「真実はどこに…動き出した生徒たち」
http://www.ksb.co.jp/newsweb/indextable.asp?tid=4&sid=7

|

長寿の星

昔から「きっこの日記」を読んでくれてる人や、書籍版の「きっこの日記」を読んでくれた人にはオナジミだと思うけど、今から1000年近く前の中国に、蘇軾(そしょく)っていうスーパースターがいた。蘇軾は、別名を蘇東坡(そとうば)っていって、こっちの名前のほうが有名だと思うけど、あたしが蘇東坡を取り上げるたびに、「お墓に立ってるギザギザのスキーみたいなアレとは違うけど」ってネタを使って来たから、それで覚えてくれてる人もいそうな気がする。で、この蘇東坡は、立派な政治家で、漢詩の大家で、すごい書道家で、有名な画家で、魯山人(ろさんじん)や「美味しんぼ」の海原雄山みたいな美食家で、中国の歴史上、有数の天才の1人って言われてた。だけど、そんな天才の蘇東坡にも、たった1つの弱点があって、それが、「お酒が一滴も飲めなかった」ってことなのだ。

で、そんな蘇東坡が、お天気のいい冬のある日、久しぶりに美しい景色でも写生しようかと、絵の道具を持って家を出た。蘇東坡のお屋敷は、都の中の一等地にあったから、美しい景色を見るためには、町の中を抜けてかなきゃなんない。それで、しばらく町の中を歩いてたら、ある街角に、人だかりができてた。それで、蘇東坡は、近くにいた人に声をかけた。


蘇東坡 「おいおい、あの人だかりはナニゴトだい?」

町人 「これはこれは、先生! 今日はお出かけですか?」

蘇東坡 「ああ、天気がいいから写生でもしようかと思って‥‥って、そんなことは置いといて、あの人だかりは、いったいどうしたんだい?」

町人 「実はですね、先生。昨日、どこからともなくやって来た不思議な老人が、居酒屋を見つけるたびに中へ入って行き、その店の酒がなくなるまでガブガブと飲み続けているんですよ」

蘇東坡 「ほほう、それで?」

町人 「1軒目の居酒屋の酒を飲み干すと、次の店、次の店と飲み歩き、もう何軒もの店の酒を飲み干しているのに、いっこうに酔っぱらう様子もなく、次の店へと入って行くんです」

蘇東坡 「それで、今はあそこの居酒屋で飲んでいるのだな?」

町人 「ええ、それで、あの人だかりは、居酒屋の中で飲み続けてる老人を見るために、野次馬が集まって来たってワケなんです」


自分はお酒が一滴も飲めない蘇東坡は、その老人に非常に興味を持ったようで、フラフラと人だかりのほうへと近づいてった今日この頃、皆さん、これからどうなると思いますか?


‥‥そんなワケで、蘇東坡は、人だかりを掻き分けて店の中を覗き込もうとしたんだけど、人垣が何重にもなってて、とても中を見ることなんてできなかった。それでも、どうしても見てみたいと思った蘇東坡は、人垣の外で、その老人が出て来るのを待つことにした。すると、30分も経たないうちに、人垣が前のほうからザワザワし始めて、そのスキマを縫うように、子供のように小さな老人が、長い杖をついて、ヒョッコリと現れた。

年は、90才か100才か、見当もつかないほどの老人で、子供のように背が低いのに、顔は福々しくて、白くて長い眉が垂れ下がっていた。そして、オデコだけが普通の人の2倍以上も長くて、福田総理のようだった。服装は仙人のようで、長いオデコの上には、奇妙なズキンをかぶってた。ま、どんなに長いオデコでも、かぶってたのが「ズキン」だったから良かったけど、「ズキン」の濁点のないものをかぶってたとしたら、あまりにもオカモト株式会社って感じになっちゃう。

で、この不思議な老人に、野次馬たちは次々に声をかけたんだけど、誰が何を話しかけても、この老人は言葉が話せないのか、それとも言葉が通じないのか、ニコニコと笑っているだけで、ひと言も話さなかった。そして、もう何軒もの居酒屋のお酒を飲み干しちゃってるのに、いっこうに酔ってる気配もなくて、また次の居酒屋を目指して歩いて行っちゃった。その悠々たる様子が、あまりにも不思議に見えたので、人々は口々に、「きっとどこかの山から降りて来た高名な仙人に違いない」って言い出して、そこにいた蘇東坡も、「そうだ! あのお方は間違いなく名のある仙人だ!」って断言した。

それで、不思議がる町人たちは、その老人のあとをゾロゾロとついて行ったんだけど、蘇東坡も負けじと追いかけて、荷物の中から写生帳と筆を取り出すと、急いでその老人の絵を描きとめた。そして、老人が次の居酒屋へ入るのを見届けた町人たちは、また口々に、「朝から何升も飲んでいるのに、まだ飲み足りないんだな」って言って、お互いの顔を見合わせた。

‥‥そんなワケで、町から一段高い道の馬上から、この一部始終を見てた大臣がいたんだけど、この大臣は、宮殿へ上がって、当時の皇帝だったシューマッハ‥‥じゃなくて、仁宗(じんそう)皇帝に、さっそく、この不思議な老人の話をした。そしたら、皇帝は、とっても喜んで、こう言った。


「それはまさしく名のある仙人に違いない。仙人がワシの都へと降りて来て、町中の酒を飲んで歩いているとは、なんともメデタイことじゃ。大臣、すぐに町へ行き、その仙人を丁重に案内して来い。そして、ここで、タップリと飲ませてやろう」


で、大臣は、ソッコーで町へと戻ると、その老人は、ちょうど、さっきの店から出て来たとこだった。それで、大臣が、皇帝に言われた通りに丁重な言葉でお招きすると、その老人は、言葉が分かったのか分からないのか、とりあえず、ニコニコしながら着いて来た。そして、無事に、皇帝のいる宮殿まで連れて来ることができた。

その老人の不思議なイデタチを見た皇帝は、これは仙人に間違いないと、たいそう喜んで、立派なイスへと案内した。そして、いろいろと話しかけてみたんだけど、やっぱり、その老人は何も答えずに、ニコニコと笑ってるだけだった。それで、皇帝は、用意しておいたお酒と料理を運ばせて、老人の前にズラーッと並べてみた。すると、老人は、何も言わずに、1番大きな朱塗りの大盃を手にとって、またニコニコと笑いだした。それを見た皇帝は、すぐにお付きの侍女に酒を注ぐようにと命じ、侍女は、大盃にナミナミと注いだ。この大盃は、1升のお酒が入るんだけど、老人は、アッと言う間に飲み干してしまった。

それを見た周りの大臣たちは、みんなビックル一気飲みだったけど、皇帝だけは大喜びで、「なるほど、ミゴトな飲みっぷりじゃ! これはメデタイ! どんどん注いで差し上げろ!」って言って上機嫌だった。そして、それから数時間が過ぎ、夜になっても、老人はまだまだ飲み続けてた。だんだん心配になって来た皇帝は、近くにいた大臣に耳打ちして、「もうどれくらい飲んでいるのだ?」と聞くと、大臣は、「酒は10斗(約180リットル)ほど用意しておいたのですが、もう7斗ほど飲んでしまいました」って答えた。ようするに、ドラム缶1本ぶんのお酒を用意しといたのに、もうその7割を飲んじゃったってことだ。でも、それを聞いた皇帝は、また嬉しくなって来た。


「ほほう! クジラのように飲むことを鯨飲(げいいん)と言うが、これぞまさしく鯨飲じゃな! 愉快、愉快! こんな家来が5~6人もいたら、ワシの酒蔵もたちまちカラッポになってしまうな! ワッハッハッハッハ~!」


‥‥そんなワケで、不思議な老人を名のある仙人だと思い込んだ皇帝が、その飲みっぷりに感心してると、そこに、天文学者がやって来た。当時の中国では、星を観察して吉兆を占ったり、作物の出来高を予想したりしてたので、皇帝はオカカエの天文学者を仕えさせてたのだ。で、その天文学者は、皇帝の耳元で、「大事なお話がありますので別室へ来てください」って囁いて、皇帝を離れた部屋へと呼び出した。そして、こう伝えた。


「ゆうべ、夜空の星を観察していましたところ、皇帝を象徴する帝座(ていざ)の星に、南極老人星がだんだんと近づいて行き、今夜は、すぐそばに輝いているのです。ですから、皇帝のところに来ている不思議な老人は、きっと、この南極老人星の精霊かと思われます」

「なに! それは本当か!」

「はい、間違いないと思います」


なんてやりとりをしてたら、不思議な老人がお酒を飲んでた部屋のほうから、大臣たちの騒ぐ声が聞こえて来た。それで、皇帝と天文学者が急いで駆けつけると、あの老人の姿はどこにもない。大臣たちに聞くと、突然、目がくらむような赤い光が老人を包み込み、その光が消えると、老人の姿も一緒に消えていた、と言うのだ。それを聞いた天文学者は、「やはり、南極老人星に間違いありませんね。南極老人星は、赤い星なのです」って言った。


「そうか! 昔から南極老人星が良く見える年は天下泰平の年と言われているが、その星の精霊がワシの都に降りて来て、ワシの宮殿にまで来て酒を飲んでくれたとは、これぞ天下泰平の証じゃな!」


皇帝は、そう言うと、たくさんの家来たちを勢ぞろいさせて、庭にお香を焚いて、全員で南の夜空を拝んだ。そして、この、「皇帝の宮殿に天下泰平の証である南極老人星の精霊がやって来た」って話は、アッと言う間に都中に広まった。すると、居酒屋をハシゴしてた老人の姿を見た人たちは、精霊の姿を見たと言って、みんな、大喜びした。そして、老人の姿を見られなかった人たちは、蘇東坡が描いた老人の絵に群がった。蘇東坡は、同じ絵を何枚も描き、それは、飛ぶように売れたと言う。めでたし、めでたし。


‥‥そんなワケで、落ち着いて考えれば作り話に決まってるけど、このお話に登場した蘇東坡も、仁宗皇帝も、2人とも実在した人物だから、ナニゲにホントっぽい感じもするし、1000年近く前の話だから、このくらいの不思議なことは、実際にあったのかもしんない。ただ、1つだけ言えることは、この南極老人星ってのは、すべての星の中で1番明るいシリウスに続いて、2番目に明るいカノープスのことなのだ。秋から冬に入り、南の夜空にオリオン座がみえるようになると、そのオリオン座の左のナナメ下のほうを見て行くと、どの星よりも明るく輝いてるのが、おおいぬ座のシリウスだ。

そして、シリウスを見つけたら、そこからまっすぐに下りて行けば、地平線や水平線ギリギリの低い空にボンヤリと赤く光ってるのが、りゅうこつ座のカノープス、つまり、仁宗皇帝の宮殿に飲みに行った南極老人星ってワケだ。やっぱ、飲みすぎてっから赤く光ってんだと思うけど、すべての星の中で1番明るいシリウスが煌々と輝いてるのに対して、2番目に明るいハズのカノープスは、薄暗くて見つけにくい。オリオン座のベテルギウスやリゲルのほうが、よっぽどハッキリと見える。これは、大気の影響によるもので、上のほうにある星は、大気の層が薄いからハッキリと見えるんだけど、地平線に近い位置の星は、大気の層を横から見るワケだから、そのぶん、薄暗くなっちゃうのだ。だから、ニポンよりも、もっと南の国に行って、カノープスが上のほうに見えるような場所まで行けば、シリウスに負けないくらいハッキリと見えるんだと思う。

だけど、逆に、東京からどんどん北のほうに行くと、今度は見えなくなっちゃう。それは、南の空の低い位置に見える星だから、北のほうに行くと、地平線に隠れて見えなくなっちゃうからなのだ。ちなみに、平地だと、だいたい福島県や新潟県あたりがギリギリで、それよりも北に行くと見えなくなっちゃう。だけど、福島県や新潟県より北に行っても、高い山に登ったりすれば、見える場所もある。

で、このカノープスは、ホントは青白い星なんだけど、ニポンからは南の空の地平線に近いとこに見えるために、夕日が赤く見えるのとおんなじ原理で、赤く光って見えるのだ。だから、ニポンよりもハッキリと高い位置に見える南の国に行けば、ハッキリとは見えても、色は青白くなっちゃう。つまり、いくら見えにくくても、赤く見えるニポンはラッキーってワケで、見られる時に見といたほうが得だってことだ。それで、蘇東坡の時代に都があった中国の洛陽や長安でも、ニポンとおんなじように南の空に低く見えるため、カノープスは赤く見えた。そして、中国では、南の方角をオメデタイ方角、赤い色をオメデタイ色としてるから、オメデタイ方角に見えるオメデタイ色の星ってワケで、こんなにもオメデタイ星はなかったってワケだ。

だから、中国では、このカノープスをとっても大切な星としてて、南極老人星の他に、寿星(じゅせい)って呼んでた。それで、この星からやって来た精霊だと信じられてた大酒飲みの老人のことを「寿老人(じゅろうじん)」て呼んだんだけど、この「寿老人」こそが、ニポンのお正月にオナジミの「宝船の七福神」の中の、福田総理みたいに長いオデコをしたおじいちゃんのことなのだ。ちなみに、さっきのお話は、ニポンには平安時代に伝わって来たので、当時は、ニポンでも、「老人星祭」っていうイベントが行なわれてた。そして、それがだんだんに変化してって、お正月の宝船に寿老人も乗り込むことになっちゃったのだ。

でも、中国ではオメデタイ星とされてるカノープスなんだけど、このカノープスがあるりゅうこつ座は、以前は、アルゴ座っていう巨大な星座の一部だった。で、このアルゴ座ってのは、ギリシャ神話に出て来るアルゴ号っていう巨大な船のことなんだけど、ギリシャのイオルコス国の王子、イアソンは、この船にヘラクレスをはじめとした巨人を何十人も乗せて冒険に出て、よその国を襲って財宝とかを略奪しちゃうのだ。そして、その船をかたどった星座、アルゴ座の水先案内人にあたるのが、カノープスだったのだ。だから、カノープスってのは、言うなれば、強盗集団の手引き役みたいなもんで、あんまりいい意味じゃないってワケだ。

そして、ニポンでも、中国からの言い伝えによる「寿星」のオメデタイ意味とは別に、南の低い空に現れて、高く上らずに短い時間で見えなくなっちゃうことから、地方によって、「横着星」とか「無精星」とか「道楽星」とか、あんまり嬉しくない名前で呼ばれてる。その上、千葉県の房総半島では、南の水平線の上に現れる赤いカノープスが、時化(しけ)で死んだ布良(めら)村の漁師の魂だって言われてたことから、「布良星」って呼ばれてて、この星が赤々と見える時は、海が荒れるって言われてた。おんなじ星が、こんなふうに、いい意味にも悪い意味にも解釈されてるのは、「低い空に短時間だけ赤々と見える」っていう特殊な星だからこそだと思う。

‥‥そんなワケで、全天の星の中で2番目に明るいって言われてるカノープスだけど、東京からだと、なかなか見ることはできない。大阪あたりまで南下すれば、もっと見えると思うんだけど、とにかく、東京からだと、南の地平線上に障害物が何もない場所を探すのが大変だ。で、どうすればいいかって言うと、海へ行くってワケだ。千葉の房総半島とか、神奈川の三浦半島とか、静岡の伊豆半島とかに行けば、南は水平線だから、障害物は何もない‥‥って、イカ釣り船が集魚ランプをガンガンにつけてるじゃん!‥‥なんてこともあるから、なかなか見ることはできない。それに、やっとのことで出会えても、双眼鏡じゃないとハッキリと確認することはできなかったりする。でも、あたしの場合は、懸賞で当たったバードウォッチング用の双眼鏡も持ってるし、秘密の観測ポイントもあるから、これから冬にかけて、「1回見ると5年は長生きする」って言われてるカノープスを最低でも2回は見に行って、ひと冬に10年ずつ寿命を延ばしてって、最終的には、100才になってもお酒をガブガブ飲めちゃう寿老人を目指そうと思う今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 長寿のために、1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.28

続・またまた警察のデッチアゲ!

Ks6
あたしは、10月22日の日記、「またまた警察のデッチアゲ!」で、高知県で起こった1件の交通事故のことを取り上げた。停止してたバスに、制限速度を遥かに超える猛スピードで走行して来た白バイが、止まり切れずに激突して、白バイの隊員が亡くなった事故だ。そして、高知県警は、捏造した証拠や証言を次々と出して来て、このバスが「動いていた」ってことにデッチアゲて、バスの運転手の片岡さんが一方的に悪かったことにした。警察のメンツを保つために、罪のない一般市民に濡れ衣を着せて犯罪者に仕立て上げるという、権力による呆れ返る冤罪事件だ。

そして、警察が捏造したウソの証拠と証言によるデタラメ裁判によって、片岡さんは「禁固1年4月」の有罪を求刑されてしまい、3日後の10月30日に、判決が出る。このまま行けば、無実の人間が、1年以上も刑務所に送られてしまうのだ。それで、あたしは、1人でも多くの人に、この事件のことを知ってもらおうと思って、日記で取り上げた。だけど、前回は、当事者じゃないあたしが、片岡さんや支援者のブログを見て、そこに書かれてることを間接的に紹介する形だった。それで、今回は、当事者である片岡さんご本人に、「きっこの日記」の読者に向けて、今回の事故と裁判について、詳しく説明していただいたので、以下、紹介する。


「きっこの日記」の読者の皆様、はじめまして。
私、片岡晴彦は、この事故を通じて、沢山の方の励ましをいただき、本当にありがたく感じています。
今日は、きっこさんから協力したいとのメールをいただきまして、恐縮しているしだいです。

事故のあらましですが、昨年、2006年3月3日午後2時34分に、春野町の変則3車線の国道上の交差点内で起きた事故です。
私は、中学3年生のお別れ遠足のため、スクールバスを運転し、事故現場の北側にありますレストランで昼食のために、駐車場に待機していました。
そして、2時33分に乗車し、乗員は生徒22名、引率の先生が3名でした。
駐車場から国道上を横切り右折するために、右方を十分に安全を確認してからゆっくりと発進し、中央分離帯付近で一旦停車し、左方を確認中に起きた事故です。

この事故で、白バイ隊員の方は、残念ながら、約1時間後に胸部大動脈破裂で亡くなられました。
私は、隊員の方を、救急隊員と一緒に救急車に乗せ、よろしくお願いしますと見送りました。
そして、実況見分のために現場に待機していました。
管轄署のパトカーがやってきまして、3時04分業務上過失致傷で逮捕します、と言われ、パトカーに乗せられ署に連行されました。

その後、約1時間15分位で現場に連れて行かれましたが、現場は、バスも白バイも撤去されていました。
それから、実地検証のため、覆面パトカーの中から、窓を20センチ位あけられ、指先で停止位置を指示させられました。

私はそのまま逮捕され、十分な実況見分もできないまま、3日間拘留させられました。
翌3月4日の取調べでは、詳しい事故の話はあまりなく、亡くなられた白バイ隊員の家族構成や詳しい経歴などを説明され、私は心情的な面から責めたてられて、本当に追い詰められました。
最後に、遺族に対しての気持ちを一晩考えるようにと言われました。
その内容しだいで、明日釈放してやると言われました

翌3月5日午前11時頃に、私は釈放されました。
わたしは、どうして釈放したのだろうと思いました。
それから私は、自宅に帰ってからは、亡くなられた隊員の方の冥福をお祈りするため、50日間喪に服しました。

約5ヵ月後に、公安委員会から、行政処分の通知が届きました。
22点で、横断等禁止ということでした。
7月28日に呼び出され、私は義理の兄さんと出かけました。
そして事故の内容を詳しく話しましたが、死亡事故は、すべて取り消しと言われ、何も反論することができませんでした。

タクシーとバスの運転手として一家を支えて来た私にとって、この処分は、手足をもがれたも同然でした。
職を奪われ、何をしようにもする事ができない状態で、助けてくれたのが、妻と3人の子供たちでした。
何とかアルバイトをしながら、周りの方に助けてもらいながら、何とか生活していました。       

そして、11月6日に検察庁からの呼び出しがありましたので、ようやく私の話を聞いてくれると喜び勇んで出かけました。
ところが、私の事故とは全く違う事故になっていたのです。
事実とはまったく違う実況見分調書と、ありもしないブレーキ痕の写真を見せられ、このとき初めて、私は、巨大な組織を相手にしているのだという恐ろしさを感じ、頭の中が真っ白になりました。

そして、行政処分のときに相談にのっていただいた弁護士事務所に駆け込み、その場で委任状にサインしてお願いしたしだいなのです。
警察組織にかかれば、一個人では太刀打ちできないことを目の当たりにし、冤罪事件はこのように起きるのだと実感しました。

こんな私どもですが、妻や子供たちのためにも、どうかご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
裁判の流れについては、明日じっくり書きたいと思います。

2007年10月27日
片岡晴彦


‥‥そんなワケで、裁判の流れについての説明が届いたら、また紹介させていただくけど、とりあえず、今回のご本人の説明によれば、広い国道沿いのレストランを直角に出ようとしたバスは、まず、右側を良く確認して、車やバイクが走って来ないことを目視した上で、バスを発進させた。そして、反対車線に右折して入るために、バスがこちらの車線をふさぐような形で停止してて、片岡さんは反対車線を左から走って来る車やバイクを確認してた時に、突然、右側に白バイが激突して来たって説明してる。

現場は、見通しのいい国道で、右から何も走って来ないことを確認してからバスを発進させたんだから、わずかな時間、一時停止してたところに激突して来たってことは、白バイは、アッと言う間に現れて、アッと言う間に激突したってことになる。警察側が言ってるように、もしもホントに白バイが「時速60キロ」で走ってたんなら、遥かに手前からバスが見えるんだから、普通にブレーキをかければ猿でも止まれる。つまり、この国道沿いに暮らす人たちが何人も証言しているように、白バイは、100キロから150キロの猛スピードを出して、走行練習をしてたとしか考えらんない。そして、このことを裏づける、次のようなメールも届いてる。


きっこさんこんばんは!
いつもブログ拝見させていただいでいる者です。
今回メールしたのはあのバスの損害具合についてです。
直接、片岡様にメールしようにもメールアドレスがわからず、きっこさんにお伝えいただきたくメールさせていただきました。

私の仕事は自動車の板金塗装業です。
きっこさんのブログにリンクしてあった、片岡さんの支援者さんのブログで事故写真を見たのですが、バス、トラックを直してる者から言わせると、時速60kmで大型バイクがぶつかった程度では、あの損害は絶対にありえません!

私は先月、某メーカーの観光バスの乗降口側を修理しました。
特にバスの角は固くできていて、柱を引き出す時は、車をチェーンで固定して、20トンの油圧で引っ張ってもびくともしません。

片岡さんのバスの写真は、先月直したこのバスと損害の程度が同じ位なのです。
しかし、私が直したバスの事故は、乗用車を4台も巻き込んで、うち2台は廃車になるほどの大事故だったそうです。
それほどの大事故でも、片岡さんのバスとほぼ変わらない損害なのです。

それが、たった1台のバイクが衝突して同程度の破損というのは、時速60kmでは絶対にありえません。
いくら白バイが重いとはいえ、せいぜい270kgがいいとこでしょう。
私の考えでは、時速100km以上でないと、あれだけ潰すのは不可能だと思います。
そして、ぶつかる前にすでに転んで滑っていたのなら、さらにもっとスピードが出ていたと思います。
トラックやバスを直している修理屋にあの事故写真を見せて、大型バイクが時速60kmで衝突したものだと言ったら、どの修理工も全否定すると思います。

それから、バスのスリップ痕に関してですが、私は大型オートバイ、観光バス、大型トレーラーまで乗ってきましたが、時速10kmでは絶対にスリップ痕などつきません。
片岡さんのバスが最新のタイプで、コンピューターに記録が残る車種であれば、ディーラーのテスターにかけてABSが作動したかどうか調べてもらうことができます。
そして、該当した時間にABSが作動していなければ、路上のスリップ痕は捏造されたものだと証明できます。
他にも警察の嘘を暴く方法は色々とあると思います。
どうかこのことを片岡さんにお伝えください。


‥‥そんなワケで、乗車してた中学生や引率の先生たちが、みんな、「バスは止まってて、そこに白バイがぶつかって来た」って証言してるのにも関わらず、意味不明の屁理屈でそれらの証言をすべて却下して、強引に「バスは動いてた」ってことにして進められて来たデタラメ裁判だけど、この「バスは動いてた」ってことにするために、突如、路面に出現した、事故当時にはなかったバスのスリップ痕。そして、事故現場が見えない場所から、「バスが動いてるのを見た」って証言してる仲間の白バイ隊員。このまま片岡さんが有罪になれば、これは、単なる冤罪事件じゃなくて、警察が捏造したウソの証拠や証言によって、無実の人間を犯罪者に仕立て上げるという、前代未聞の大犯罪ってことになる。だから、この事件に興味を持った皆さんは、3日後の判決に注目して欲しいと思う今日この頃なのだ。


「雑草魂」(片岡さん本人のブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/zassou1954

「冤罪事件進行中」(支援者による情報ブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737

映像ニュース「高知白バイ衝突死/警察が証拠をねつ造?」(KSB瀬戸内海放送)
http://www.ksb.co.jp/newsweb/indextable.asp?tid=4&sid=7


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう!
★ この冤罪事件を1人でも多くの人に知らせたいので、応援のクリックをお願いします!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

新しい検定を作りました♪

俳句の季語には、どの季節の季語なのか分かりにくいものもあります。
10個の季語が春夏秋冬のどの季節の季語なのか、4択で選んでもらう検定です。
「きっこの日記」を読んでる人には、すごく有利だと思います♪



あたしが作ったその他の検定です♪


「漢字の花の名前、読めるかな?」
http://www.kentei.cc/modules/kentei/detail.php?kid=4844

「続・漢字の花の名前、読めるかな?」
http://www.kentei.cc/modules/kentei/detail.php?kid=4866

「続々・漢字の花の名前、読めるかな?」
http://www.kentei.cc/modules/kentei/detail.php?kid=4887

「漢字の鳥の名前、読めるかな?」
http://www.kentei.cc/modules/kentei/detail.php?kid=4940

「続・漢字の鳥の名前、読めるかな?」
http://www.kentei.cc/modules/kentei/detail.php?kid=5013

「漢字の虫の名前、読めるかな?」
http://www.kentei.cc/modules/kentei/detail.php?kid=4910

「エヴァンゲリオン~奇跡の価値は~」
http://www.kentei.cc/modules/kentei/detail.php?kid=4850

「機動新撰組 萌えよ剣 カルト検定」
http://www.kentei.cc/modules/kentei/detail.php?kid=4826


★ 応援のクリックもお願いしま~す♪
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.27

熟女と微熟女と艶女とドロンジョ

昨日のあたしの無知な日記を読んで、さっそく親切にメールをくださった人がたくさんいた。30通ほどいただいたメールは、ほぼおんなじ内容だったので、その中の1通を紹介させていただく。


きっこさん、初めまして。Wと言います。
「メンドクサイことがマウンテン」を読んで少し気になったことがあるのでメールしました。
まず、ツーカーとauの関係ですが、どちらも「KDDI」が提供するサービスで、情報自体が共有されていても不思議ではないと思います。また、au、DoCoMo、Softbankなど大手の携帯サービス会社は各個人の情報を共有しております。これは、他の携帯会社で滞納したりそれをブッチしたりしたお客がいたときに、自分の所でも同じ事をされないようにするために少し前に情報を共有することで協定を結んでいるはずです。
最後にアドバイス的に、携帯の利用方法によって一概にこれが絶対良い!と言うわけではありませんが、トータルコスト的に見るとauが一番安く押さえれると思います。DoCoMoは基本料金がバカ高で、Softbankもこれを付けると安くなるというオプションを付けるとオプション料金で結局高くなってしまいます。


‥‥ってことで、Wさんをはじめ、同様のメールをくださった皆さん、どうもありがとうございました♪あたしは、皆さんからのメールを読んで、「そう言えば、KDDIってのも聞いたことがあった!」って思った。だから、昨日の日記を書いてる時点で「KDDI」って名前を思い出してたら、間違いなく、あたしは、ソフトバンクとドコモとツーカーとauの他に、これまた別の「KDDI」ってケータイ会社があるんだと思って書いてたハズで、さらにトンチンカンになってたと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、アンケートをとったワケじゃないから、これはあくまでもあたしのカンだけど、昨日の日記を読んだ人の中で、ツーカーとauがおんなじ会社の中の別のブランドだってことを知ってた人は、たぶん、9割以上はいたと思う。だから、あたしが知らなかったことこそが、一般常識が欠落してたってことで、ここはひとつ、新宿の協栄ジムで謝罪会見でもひらいて、今までの偉そうな態度とは180度パンサーチェンジした殊勝な態度で、お涙ちょうだいの三文芝居でもしてみれば、少しは世間の風当たりもやわらかくなるかな?‥‥なんてことも言ってみつつ、あたしは、自分が興味のあることは、テッテーテキに調べないと気がすまないタチなのに、自分が興味のないことは、いくら疑問に思っても、何年もずっとホッタラカシで、たくさんの人が知ってるようなことでも、あたしだけはぜんぜん知らなかったりする。

V01
そんな中の1つに、「熟女」に「微」がついた「微熟女」って言葉がある。あたしの地元の駅前に、いつも行くパチンコ屋さんがあるんだけど、そのパチンコ屋さんは、交差点の角に1号館があって、少し離れたとこに2号館と3号館がある。それで、今は、1号館の建て替え工事をしてるんだけど、その1号館と2号館との間に、メガネストアとか、ケータイ屋さんとかと並んで、当たり前のように、「微熟女倶楽部 AfterSeven」っていう場違いな電光カンバンが立ってるのだ。黒い下着みたいなドレスみたいな写真の上に、「微熟女倶楽部 AfterSeven」って書いてあって、営業してんのは、当然、夜だけなんだと思うけど、そのカンバンは、朝でも昼でも1日中そこに置いてある。

あたしが、このカンバンの存在に気づいたのは、少なくとも数年前で、もう、ずいぶん長いこと見てる気がする。それで、今のカンバンになる前は、確か、別の名前のお店で、中で働いてる女の子たちの顔写真がズラーッと並んでたから、いつかは分かんないけど、何かのキッカケで、今の「微熟女倶楽部」ってスタイルに変わったんだろう。だから、この「微熟女」って造語は、少なくとも数年前からあったワケで、あたしは、この数年間、このカンバンの前を通るたびに、「微熟女って、一体、何才くらいの女性を指すんだろう?」って思ってた。だけど、ぜんぜん興味もないし、どうでもいいことだから、そのままホッタラカシにしてた。

それで、まずは、あたしの予想なんだけど、あたしの感覚では、「熟女」ってのが「45才~55才」って感じに思ってるから、それに「微」がついた「微熟女」ってのは、「35才~45才」くらいなのかな?って感じに思ってた。だって、普通のキャバクラとかって、だいたい20代前半の子がメインで、地方とか場末とかに行ったりすると、20代後半から30代前半とかも働いてたりするみたいだから、それくらいまでの年令の子がいるお店だったら、わざわざ「微熟女」なんてつけないと思ったからだ。つまり、この辺のことからも、あたしは、「微熟女」は「35才~45才」って思ったってワケだ。

‥‥そんなワケで、ここからは、この日記を書くために、頭脳は子供でもベッドでは微熟女、迷探偵キッコナンに登場してもらって、いろいろと調べてもらう‥‥って言っても、インターネットでサクサクッと調べてもらうだけなんだけど、まずは、「熟女」ってもんのが、世の中では何才くらいってことになってるのか調べてもらうことにした。それで、とりあえずウィキペディアを見てみたら、「熟女(じゅくじょ)とは、一般には40代以上、アダルトビデオにおいては、おおむね30歳以上の女性を表す言葉(年齢上限は定かではない)。」って書かれてた。

なに? 一般でも40代以上で、アダルトビデオの世界だと30才以上だって? じゃあ、アダルトビデオの世界だと、あたしも思いっきり熟女なの? そりゃあ、あたしだって、30年以上も生きて来たんだから、酸いも甘いも噛み分けた大人のテクニックの1つや2つは身につけてるし、熟しきったダイナマイトバディから繰り出すセクシーポーズの1つや2つは身につけてるし、ここぞ!って時のためのスゴイ下着の1つや2つは持ってるけど、この年で「熟女」って言われちゃうと、爆発的に不満がある。あたし的には、百歩ゆずっても「微熟女」にして欲しい。

それで、カンジンの「微熟女倶楽部 AfterSeven」を調べてみたら、もう募集期間は終わってたけど、昔の求人広告のログが見つかった。そして、その募集内容を見てみたら、ナナナナナント! 「22才~35才位」って書いてあった! 「35才」はともかくとして、「22才~」って、ぜんぜん熟女でも微熟女でもなくて、普通のお店じゃん! ようするに、三十路を超えたお姉さんが何人かいるのに普通のお店として営業してたら、お客さんからツッコミを入れられちゃうから、その対策として、前もって「微熟女」なんて造語を店名につけといた。だけど、ホントにそんな年令の女性ばっか揃えたら、一部のマニアだけのお店になっちゃって、一般のお客は来なくなっちゃう。だから、カンバンには「微熟女」って書いてあっても、基本的には若い女の子も揃えてる‥‥ってことなんだろうって、あたしは‥‥じゃなくて、迷探偵キッコナンは推理した。

でも、こんなくだらないことを考えながらも、このお店の時給が「3500円~5000円」て書いてあるのを見て、年令も「22才~35才位」って書いてあるのを見て、一瞬でも「面接に行ってみよう」って思った「もう1人のあたし」が、あたしの心の中にいたりもした。もちろん、この求人広告の募集期間は終わってたけど、こういうお店って、いつでも募集してっぽいから、ホントに困ったら、このお店で働かせてもらえば、何とかなりそうな気がした。「ドレス貸与」って書いてあるし(笑)

‥‥そんなワケで、ジョーダンズの三又のことは置いといて、この「微熟女」って言葉が造語なら、その前の「熟女」って言葉だって造語だ。どっかの都知事みたいな男尊女卑のクルクルパーな男が多かった昔のニポンでは、男は年をとるほど偉くなるのに、女性はある年令を過ぎると「年増(としま)」って呼ばれて、女性としての価値がないように扱われて来た。だけど、近年になって、先進的な社会常識が取り入れられるようになって来たら、女性にも選挙権や参政権が与えられるようになり、時代錯誤の女性蔑視なんかしてんのは、鳴り物入りで公開したアホ映画が大赤字を出したどっかの厚顔無恥な都知事くらいになっちゃった。そして、それまで「年増」って呼んでた女性のことを「成熟した女性」って意味で「熟女」って呼ぶようになったってワケだ。

だから、40代、50代の女性が「熟女」って呼ばれるのは、「おばさん」とか呼ばれるよりは遥かにいいんだろうけど、サスガに、30代前半で「熟女」なんて呼ばれちゃうと、リトル抵抗がある。もちろん、ハタチそこそこの子供と一緒にされんのもムカツクけど、「熟女」なんて呼ばれるよりは、まだ、若く見られたほうがいい。だけど、あたしの場合は、昔っから年上に見られることが多くて、ま、そのオカゲで、高校時代には年をゴマカシて居酒屋さんでバイトできたんだけど、専門学校に通ってた19才のころには、25才以上に見られることが多かった。

それで、あたしは、そのまま年を取り続けたら、実際に25才になった時には30才以上に見られて、実際に30代になったら40代に見られたりするのかな?って思ってたんだけど、逆に、25才を過ぎたら、実年令よりも若く見られるようになって来た。最近は、ふだんでもシックなファッションが多いので、年相応に見られるけど、タマに若いカッコをすると、「あたしもまだまだ20代で通用するな」って思う。もちろん、自分で思ってるだけで、誰にも言われたことないけど(笑)

‥‥そんなワケで、「熟女」って言葉は一般的になったけど、いつまで経っても一般的になんないのが、女性誌の「NIKITA」が流行らせようとしてる「艶女」だ。「艶(あで)やかな女」と書いて「アデージョ」って読むんだけど、これは、30代で800万円以上の年収があるキャリアウーマンや、たくさんのお金を自由に使えるセレブ奥さまのことを指す造語だ。ようするに、男性誌の「LEON」が、「ちょい不良(ワル)オヤジ」って造語を流行らせて、ファッションなんかにはぜんぜん興味がなくて、それまでお休みの日にはダサいゴルフファッションをしてたようなビールっ腹のオッサンたちに、似合いもしないヘンテコなファッションをさせちゃうブームを作ったから、その柳の下の2匹目のドジョウをルー大柴にとってもらおうと、今度は女性版を企画したんだけど、ミゴトにスベっちゃったってワケだ。

あたしは、3年前に、初めてこの造語を聞いた時に、「こんな変なの絶対に流行らない」って直感したんだけど、その直感は大当たりして、未だに、ぜんぜん流行ってない。ちなみに、「艶女」の男性版は、「艶男」と書いて「アデオス」って読むんだけど、これを初めて聞いた時には、あまりにもアホらしくて涙が出るほど笑わせてもらった。だって、いくらなんでも、「男」を「オス」って読ませるのは酷すぎるよ。その上、ムリヤリに「アディオス」にカケようとしてるダサダサのセンスが、昭和のオヤジギャグそのものだ。

で、1ヶ月くらい前の何かの祭日の日に、いつものように TOKYO FM を聴いてたら、午後1時から夜7時までのブチヌキの特番をやってたんだけど、それが、この「NIKITA」がスポンサーの番組で、「艶女」と「艶男」を流行らせるための企画だったみたいで、女性のDJが、何かにつけて「アデージョ」だ「アデオス」だって連呼してて、あたしは、おかしくておかしくてお腹が痛くなっちゃった。だって、石田純一とか、いろんなゲストを次々と呼んで、順番にオシャレなトークをしてくんだけど、その中にも、この「アデージョ」と「アデオス」をムリヤリに使うようにしてたもんだから、どんなにイイ話をしてても、すべてが寒いオヤジギャグの世界になっちゃってたのだ。

ただ、1つだけ良かったのは、石田純一の前のゲストが、あたしの大好きな、ピチカート・ファイヴの3代目のボーカルの野宮真貴さんで、パーティーファッションに関してのトークをしてたんだけど、それがとっても楽しい内容だった。特に、ふだんの「物を入れるためのバッグ」じゃなくて、パーティーにオシャレしてく時の、ファッションとしてのちっちゃいバッグについて、こんなことを言ってた。


「パーティーの時は、そのファッションに合わせて、口紅が1本くらいしか入らない小さなバッグを持って行く時がありますが、他の持ち物が入らなくて困りますよね。そんな時のために、男性がいるんです。男性の服には、ポケットがいっぱいあるでしょ」


ようするに、男はバッグ代わりってワケだ。これとおんなじセリフを神田うのだの西川史子だのが言ったら、砂消しゴムを鼻の穴に詰めてやりたいほどムカツクけど、美しいだけじゃなくて、品もいい真貴さんが言うと、「おおっ!カッコイイ!」って思っちゃう。だけど、こんなにステキな真貴さんのことを「アデージョ」の代表みたいに紹介されちゃうと、寒いしダサいし悲しくなって来る。そして、その真貴さんの持ち物をポケットに入れてる「バッグ代わりの男」が「アデオス」なんだって思うと、首輪とリードをつけて、四つんばいで散歩させてる犬みたいに思えて来ちゃう(笑)

‥‥そんなワケで、あたしの場合は、年令だけは「アデージョ」だけど、年収は限りなく透明に近いブルーだし、セレブ奥さまでもないし、セレブ大鳥さんでもないし、幸いにも「アデージョ」には、あてはまらない。それに、あたしが自分のファッションの参考にしてんのは、品のある「Oggi」なんだから、下品なオヤジギャグみたいな造語のジャンルには絶対に入りたくない。だいたいからして、あたしの場合は、「アデージョ」じゃなくて、高校時代から「ドロンジョ」とか「マージョ」とか呼ばれてるんだから(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.26

メンドクサイことがマウンテン

この前、ボーダフォンがソフトバンクに変わったってのに、今度は、ツーカーがauに変わるって言う通知が来た。それも、今度は、ケータイの電話機自体も変えなきゃなんないそうで、通知の中にパンフレットみたいなのが入ってて、そこに紹介してある6種類の電話機の中から選べば、タダで交換してくれるって書いてあった。だけど、記入するのが大変そうな感じの契約書も同封されてたし、いろんな紙が入ってて良く分かんないし、料金プランも説明が難しくて、どれが得なのか理解できないし、いろいろと手続きがメンドクサイみたいだから、どうしようか考え中だ。ボーダフォンがソフトバンクに変わった時は、何もしなくても自動的に変更されたのに、ツーカーがauに変わるのって、何か違うんだろうか?

それで、「まずこの紙からお読みください」って書いてあったのだけ読んでみたんだけど、そしたら、ツーカーは来年の3月いっぱいで終わりになるから、それにともなって、「何卒、auへの契約変更をご検討ください」ってふうに書かれてた。つまり、ボーダフォンがソフトバンクに変わった時は、ボーダフォンがソフトバンクに身売りしたのか、ソフトバンクがボーダフォンを買収したのか知らないけど、ボーダフォン自体がなくなったワケじゃなくて、会社が変わっただけだった。でも、今度の場合は、ツーカー自体がなくなっちゃうワケで、このままだと、今、ツーカーを利用してる人たちは、来年の3月いっぱいでケータイが使えなくなっちゃう。それで、ツーカーとauの間にどんな取り引きがあったのか知らないけど、今、ツーカーを利用してる人たち全員のところに、「何卒、auへの契約変更をご検討ください」っていう通知が送られて来たってワケみたいだ。

でも、そしたら、ツーカーは、自分のとこの契約者たちの個人情報を無断で別の会社に教えたってことになるよね? だって、この通知の中に入ってたauとの契約書には、あたしの住所も名前もケータイ番号も自宅の電話番号も、ぜんぶ最初っから記入されてんだよ。これが、ボーダフォンがソフトバンクに変わった時みたいなケースなら分かるけど、今回は、「何卒、auへの契約変更をご検討ください」ってことで、あたしとしては、auに契約変更するか、来年の3月いっぱいまでツーカーを使い続けて、そのまま利用をやめるか、2つの選択肢があるワケだ。そして、後者を選択したとしたら、あたしが契約関係を結んでないauって会社が、あたしの個人情報をずっと持ち続けてるってことになる今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、「2つの選択肢がある」って書いたけど、後者を選択した場合には、3月いっぱいでツーカーが使えなくなったら、「そのまま使うのをやめて、ケータイはソフトバンク1台にする」ってパターンの他に、「ドコモとか別のケータイを契約する」ってパターンもあるワケだ。まあ、昔っから「きっこの日記」を読んでる人なら、あたしがどれほどドコモを憎んでるかを知ってると思うし、あれほどイヤな思いをしたんだから、ドコモだけは死んでも使う気はないけど、あくまでも選択肢の1つとしての話なら、「ドコモとか別のケータイを契約する」ってパターンもあるワケだ。

だから、このままケータイを1台だけにしちゃう気なら、どうでもいいことなんだけど、もしも2台を使い続けるつもりなら、ここで安易にauに変更するんじゃなくて、新規に別の会社のケータイを契約した場合にはどれくらい安くなるのか、どれくらいサービスがあるのかを調べて、比較検討すべきだってことになる。だって、今は、ほとんどの人がケータイを持ってるんだから、どこのケータイ会社だって新規契約を欲しがってるワケで、フラッと入った街のケータイ屋さんで新しく契約したほうが、安かったりする可能性だってありそうだからだ。

だけど、ずっと今のケータイ会社を使い続けて来た‥‥って言うか、あたしはJフォンを使ってたのに、知らないうちにボーダフォンに変わって、知らないうちにソフトバンクに変わって‥‥って、向こうの都合で勝手に変わり続けて来たあたしとしては、他に、どんなケータイ会社が生き残ってんだか、ぜんぜん知らない。そして、もう1台のツーカーが、来年の3月いっぱいで終了しちゃって、続きはauでお願いしますって通知が来たことによって、「ああ、auってまだ潰れてなかったんだ」って思ったくらいなあたしだから、あとは、ドコモしか知らない。

‥‥そんなワケで、あたしは、こんな知識しかないから、自分がどうすべきか悩んでるワケで、auとドコモとソフトバンクの他に、どんなケータイ会社があるのかを詳しく知ってたら、それほど悩むことはなかった。その会社の新規契約の値段と、auに変更した場合の値段とを比べればいいだけだから、すぐに答えは出る。ようするに、どうしても2台ないと困るってワケじゃないけど、3台から2台に減らしたばっかだから、できれば2台はキープしときたいってのが、あたしの本音だ。

それで、あとは、auから送られて来た通知が、難しくて分かりにくいことがいっぱい書いてあるから、ちゃんと読んで理解する気になんないってことと、料金プランの一覧表に書いてあることの意味がぜんぜん分かんなくて、どれにしていいのかがまったく分かんないってことだ。そんなこともあって、街のケータイ屋さんに行って、別の会社のケータイを新しく契約したほうが、メンドクサイことはお店の人がぜんぶやってくれるし‥‥って思ったんだけど、ドコモだけは絶対にイヤし、他にどんなケータイ会社があるのかを調べるのもメンドクサイし‥‥。

つまり、結局は、auに変更するとしたら、書類を読むのがメンドクサイ、料金プランを理解してどれにするかを決めるのもメンドクサイ、どの機種にするのかを選ぶのもメンドクサイ、契約書にいろいろと記入するのもメンドクサイ、それを封筒に入れてポストまで出しに行くのもメンドクサイ、だからって、わざわざ電話して聞くのもメンドクサイ、そして、これらのメンドクサイことをぜんぶ乗り越えて、ようやく新しいケータイが届いたとしても、今度は、その新しいケータイに電話番号やメールアドレスをぜんぶ移すのがメンドクサイし、新しいケータイの使い方を覚えるのもメンドクサイってことだ。だからって、街のケータイ屋さんに行って、別の会社のケータイを契約するとしたら、説明とか書類とかのメンドクサイ部分はやってもらえるとしても、新しいケータイの使い方を覚えたりっていうメンドクサイことは残ってるし、やっぱ、これはこれでメンドクサイ。

で、あたしが、なんでこんなにメンドクサイって思うのか、メンドクサイけど考えてみた。それで、なんとか分かったんだけど、それは、「自分から望んですることじゃない」からだ。たとえば、親から、中学生になったらケータイを持たせてくれるって約束してもらってた子が、やっと中学生になって、ケータイを買ってもらえることになったとする。そしたら、その子は、いろんなパンフレットをもらって来て、すべての機種を細かく調べて、どの機種の何色にするのかをワクワクしながら選ぶと思う。そして、お母さんと一緒にケータイ屋さんに行くことも、そこで待たされることも、ぜんぜんメンドクサイとは思わないだろうし、帰って来てから、ブ厚い説明書を何冊も読むこともメンドクサイとは思わないだろうし、使い方を覚えるのもメンドクサイとは思わないだろう。

だけど、あたしの場合は、何の不自由もなく使ってたケータイが、あたしは何ひとつ悪いことなんかしてないのに、一方的に「来年の3月いっぱいで利用できなくなります」って言って来たワケだ。そして、このまま使い続けたいんなら、別のケータイ会社と契約してくれってワケで、専門の人に説明してもらわなきゃぜんぜん理解できないような難しい説明書とか書類とかパンフレットとかが、ある日、突然、ドバッと届いたってワケだ。これをメンドクサイと言わずして、何をメンドクサイと言うへきか‥‥ってくらいにメンドクサイことで、その上、実物を手にしないで、パンフレットの写真だけでケータイを決めるなんて、あたしにはできない。だって、載ってるのは写真だけで、大きさも厚みも重さも何も書いてないからだ。6機種のうちの2つだけは、「厚さ15mmの持ちやすさ」とか何とか書いてあったけど、あとの4つは、大きさや重さに関して、何のデータも書かれてない。

‥‥そんなワケで、あたしは、たぶん、このまま来年の3月いっぱいまでツーカーを使い続けて、使えなくなったら、それで終わりにしちゃうような気がする。だって、このメンドクサイことをすべて乗り越えるほどの忍耐力は、あたしにはないからだ。それにしても、総務省の都合で、テレビを買い換えないと観られなくなったり、ケータイ会社の都合で、ケータイを契約し直さないと使えなくなったりって、ぜんぶ政府や企業側の都合で世の中が動いてて、損をするのは消費者や利用者のほうばっかって気がして来ちゃう。そして、その最たるものが、国が勝手に使いまくって破綻しかけてる年金制度なのに、消費税の大幅増税でその穴埋めをしようとしてる自民党だと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ メンドクサクても、1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.25

お知らせです♪

Ra1
あたしの大好きな「ライオン丸G」の大根仁監督が手がけた「去年ルノアールで」のDVD-BOXが、いよいよ明日、発売になります!


現在発売中の「テレビブロス」によると、

「深夜ドラマ番長」の異名をとる大根仁が「ジャニーズ以外のコネクションは全て使い切った」というほど、無駄に豪華なキャスティングでお届けした無気力妄想コメディ「去年ルノアールで」。


‥‥ってなワケで、毎週のゲスト出演者の顔ぶれもスゴかったけど、そのゲスト出演者に「こんな役やらせていいの?」って感じの意外性が、まるで、4番のゴジラ松井がオモムロにバントを打ったみたいな脱力感で、日曜日の深夜にムフフな笑いを届けてくれてた名作シリーズです!

こちらから予約、購入すると、26%OFFになりますので、ご利用くださいね♪
  ↓


それから、アマゾンに「アパレル&シューズ」のストアがオープンしました!

安くなってる物も多いので、興味のある人はご覧くださいね♪
  ↓

|

そのまんま東のシールにご用心!

Sh2
ミートホープのトンデモ社長が、やっとのことで逮捕されたけど、それに続くように、今度は、秋田県の「比内鶏」の偽装が発覚した。ミートホープも、20年以上も前から食肉偽装を続けてたそうだけど、今回の「比内鶏」も、20年近く前から偽装をしてたそうで、呆れ果ててモノも言えない。だけど、発覚後から逃げまわってた「比内鶏」の藤原誠一社長が、とうとうカンネンして謝罪会見をひらいたけど、それを見てたら、あたしは、「東北弁て得だな~」って思った。だって、この藤原社長が、どんなに悪どい欲のカタマリのクソジジイだったとしても、訛りまくったズーズー弁で謝罪されたら、なんか、人の良さそうなおじいちゃんて感じに見えちゃったもん。それに比べて、関西弁て損だよね。亀田オヤジの謝罪の言葉なんか、ヤクザが威嚇してるみたいにしか見えなかったからね。

まあ、「比内鶏」のことは、いろんなとこで取り上げてると思うから、スキマ産業的な「きっこの日記」としては、おんなじ鶏肉の偽装でも、別の問題を取り上げようと思う。それは、九州の宮崎県や鹿児島県に大型のデパートを何店舗も展開してる「山形屋(やまかたや)」のインチキだ。「やまがた」じゃなくて、濁点のつかない「やまかた」なので、お間違いのないように。

それで、この「山形屋」がどんなインチキをしてたのかって言うと、そこらの普通のブロイラーで作った商品を「宮崎県産の地鶏」だって表示して、インターネット通販で売りさばいてたのだ。そして、その商品の宣伝には、オナジミの「そのまんま東のイラスト」が使われてたのだ。「そのまんま東」のシールやイラストを使ってお客を信用させて、インチキ商品を大量販売してた犯罪は、こないだのインチキウナギに続いて、もう2件目の発覚だ。その上、今回の場合は、そのまんま東自身が、自ら宣伝部長となって、テレビをはじめとした数々のメディアに登場して、何よりも1番の主力商品としてPRしまくってた「宮崎県産の地鶏」がインチキだったってことなんだから、これは、もう、そのまんま東自身も共犯て呼べるくらい責任が重いと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、今までに何度も何度も書いて来たけど、インターネット通販で売られてる国産のウナギの蒲焼きは、最低でも8割が中国産のニセモノだ。何で「最低でも」なのかって言うと、全国に流通してる国産のウナギの蒲焼きの8割がニセモノなんだから、店頭用も通販用もおんなじ割合だったとしても「8割がニセモノ」ってことだし、お客が直接、商品を手にする店頭と、届くまで分かんない通販と、その形態を比べれば、どっちのほうにニセモノを多く振り分けるかは容易に想像できるだろう。だから、「最低でも」ってことなのだ。

で、今回の「山形屋」の問題だけど、タマゴを産めなくなった「廃鶏」をタダ同然で仕入れて来て、その肉を「比内鶏」として、加工、販売してた秋田県のケースと比べたら、遥かにマシだろう。だって、いくら表示が違ってたとは言え、一応は食用として飼育されてるブロイラーを使った商品を販売してたんだから、騙されて買った人たちにしてみたら、ムカツクことはムカツクだろうけど、それは「腹が立つ」って意味の「ムカツク」であって、気持ちが悪くなるほうの「ムカツク」とは違うからだ。腐った肉だのブタの心臓や血だのを混ぜてたミートホープの肉や、タマゴを産めなくなった廃鶏の肉を食わせられてたと思ったら、腹が立つほうの「ムカツク」になる前に、気持ちが悪くなるほうの「ムカツク」になるハズだ。

だけど、いくら食用のブロイラーを使った商品だったと言っても、そのまま「ブロイラーで作った商品」として販売するよりも遥かに高い値段にして、そのまんま東のイラストまで使って、「宮崎県産の地鶏」として販売してただなんて、もしもこれが故意だとしたら、詐欺って言ってもいいような悪質な行為だと思う。でも、24日の午後9時半過ぎに謝罪会見をした「山形屋」の関係者は、故意ではなく、単なる入力ミスか何かでこうなってしまったって感じの、なんか、ハッキリとしないイイワケをしてたし、該当の商品を買ったお客にはすでに謝罪してるってことを強調して、この問題をこの会見だけで終わらせたいって気持ちが見え見えだった。だけど、単なる入力ミスで、そのまんま東のイラストまで使うだろうか?そして、5ヶ月間も気づかないもんなのだろうか?

ちなみに、「山形屋」では、現在、「北海道物産展」を開催中だけど、「白い恋人」の賞味期限の改ざんが発覚した石屋製菓の商品は、すべて扱わないことにしたそうだ。だけど、賞味期限の改ざんをしたメーカーの商品を除外しても、自分のとこで、もっと悪質な偽装をしてたら意味ないじゃん。

‥‥そんなワケで、あたしが言いたいのは、こんな偽装なんて、宮崎県だけに限ったことじゃなくて、ニポン中すべての都道府県で当たり前のようにやってるってことだ。ミートホープや比内鶏なんて、たまたま運が悪かっただけで、今、この瞬間も、次は自分のとこじゃないかってビクビクしてる社長が、全国に何万人もいるってことだ。そして、あたしが、さらに言いたいことは、宮崎県の場合は、県知事であるそのまんま東が、自分の知名度を利用して、これらの偽装商品の販売に加担してることが、他県よりも悪質だってことだ。これが、あたしが、そのまんま東のことを攻撃してる理由なのだ。

あたしが、そのまんま東を嫌いな理由は、すべてが「無責任」だからだ。「すべてが」って言うか、中には1つか2つくらい、最後まで責任を持ってやってることもあるのかもしんないけど、少なくとも、テレビや新聞などに映ってる時の言動や、自身のブログに書いてる内容などは、あまりにもイイカゲンで、少なくとも、県知事としての自覚はミジンも感じられない。たとえば、宮崎県内の複数の業者が、そのまんま東のシールを貼ったインチキウナギを売ってたことが発覚したら、そのあとの9月27日のブログには、こんなことを書いてる。


(前略)
うなぎもそうであるが、食の取り扱いは難しい。
「知事の版権を扱う会社は入札にすべきである」というよく意味の分からない指摘があった。
僕の肖像権は一身専属の権利であるが、僕に似せたイラストなどの使用は、基本的には自由に使用してもらっている。
イラストを扱う会社が、そのイラストをどのように使おうが(例えば、版権扱いにしようが、自社製品に貼ろうが)原則自由である。しかし、イラストを扱う際には、常識、倫理意識、節度を持って取り扱って頂きたい。
特に食品に関して、僕のイラストが貼ってあるからと言って、僕がお墨付きを与えたとか県が推奨したということは決して無いのだが、消費者にはどうしてもそのように捉えられるので、イラストを貼る県産品等の品質管理等には十分に配慮して頂きたいということである。
(後略)


あたしは、これを読んだ時、この無責任さこそが、この男の本質だって実感した。消費者は、特に他府県の消費者は、テレビをつけるたびに、そのまんま東本人があれほど宣伝してるからこそ、宮崎県産の食品をわざわざ取り寄せてまで買おうと思うワケだ。そして、おんなじ宮崎県産の食品でも、そのまんま東のシールが貼ってあったり、パッケージにイラストが描いてあるものと、そうでないものがあれば、多くの人たちは、イラスト入りのほうを買うだろう。これは、すべて、そのまんま東が作り出したムーブメントだ。

それなのに、自分のシールを使ってた食品の偽装が発覚したトタンに、「僕のイラストが貼ってあるからと言って、僕がお墨付きを与えたとか県が推奨したということは決して無いのだが」とはナニゴトだ! そして、「消費者にはどうしてもそのように捉えられるので、イラストを貼る県産品等の品質管理等には十分に配慮して頂きたい」とはナニゴトだ! これこそが、16才の風俗嬢とタップリ楽しんだあとに、その子が16才だったってことがオオヤケになったら、まるで他人事みたいな顔で「知りませんでした」って言う感覚なのだ。その子が何才かって問題以前に、妻帯者が風俗店に行ったって部分を考える感覚が欠落してるってワケだ。

そして、そのまんま東は、10月12日のブログでは、こんなことを書いてる。


(前略)
あの赤福も偽装表示らしい。
偽装とか粗悪品とか、本当に気を付けて欲しい。特に食品関係。折角、必死で宮崎県産品や観光をPRし、宮崎を少しでも元気にしようと頑張っているのに・・・・・その僕の政治姿勢が嫌な人は、別に協力して貰わなくていい。
だから、せめて足を引っ張らないで欲しい。邪魔しないで欲しい。
こういうことがあると本当にガックリ来る。
地鶏や豚や牛は大丈夫だろうな?
(後略)


‥‥そんなワケで、自分自身も「地鶏や豚や牛は大丈夫だろうな?」って、大丈夫なのかどうなのか分かんないものを平気で宣伝して、平気で自分のシールを貼ることを容認してるのが、天下無敵の無責任男、そのまんま東ってワケで、この無責任男が「地鶏や豚や牛は大丈夫だろうな?」って書いたすぐあとに、宮崎県産の地鶏の偽装が発覚したってワケだ。それも、宮崎県が誇る大型デパートの「山形屋」が、そのまんま東のイラストを使って宣伝して販売してたってんだから、これでも「僕のイラストが貼ってあるからと言って、僕がお墨付きを与えたとか県が推奨したということは決して無いのだが」って抜かしたら、あたしは、ある意味、立派だと思うよ。ここまで「無責任」を徹底できるのも、1つの才能だと思うからね。そして、あたしんとこには、今、宮崎県内の有名な会社の「牛肉コロッケ」が、「宮崎牛の肉を使用してる」ってことを売り文句にしてるのに、実際には、他県の安い牛肉や、お乳の出なくなった乳牛の肉を使ってるっていう内部告発の情報が入って来てる。これは、まだ、オオヤケにはなってないから、あたしは書けないけど、これが発覚するのも時間の問題だと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


|

2007.10.24

攻めの人生?守りの人生?

Moe68
この前、パチンコの「機動新撰組 萌えよ剣」の温泉リーチの温泉が、セレブ大鳥さんの言うような別府温泉でもなく、ビワコさんの言うような草津温泉でもなく、あれは「有馬温泉」だってことを書いたんだけど、ついでに言っとくと、あのカエルみたいなのは、「アカナメ」っていう物の怪で、猫丸とおんなじにダジャレが好きで、「○○じゃ、あ~りませんか」って言う時に、「○○じゃ、あ~りまおんせん」って言うのが口癖だ。だから、もしかしたら、このダジャレを言わせたいがために、原作者の広井王子さんは、ここが「有馬温泉」ていう設定にしたのかもしんない。で、前回、書き忘れちゃったんだけど、「萌剣」好きのセレブ大鳥さんは、「大河童」のことを「おおがっぱ」か「だいがっぱ」か悩みつつも、結局、「だいがっぱ」って言ってたけど、残念ながら、アレは「おおがっぱ」って読むのが正解なのだ。なぜなら、プレステ2のゲームで、つばめ組の早乙女美姫が「大河童」を召還する時に、「いでよ!おおがっぱ!」って言ってるからだ。

でも、このあたりのことから推察すると、セレブ大鳥さんは、「萌剣が好き」って言いながらも、たぶん、パチンコを打ってるだけで、ゲームもアニメも未体験だと思う。だから、もうひとつだけ秘密を教えちゃうけど、パチンコでは敵として登場する「カブ妖怪」だけど、アレは、実は味方なのだ。味方って言うか、あの「カブ妖怪」ってのは、沖田薫ちゃんの式神、青龍、朱雀、白虎、玄武が変身したものなのだ。だから、アニメを観た人がパチンコを打つと、なんで味方の「カブ妖怪」が敵になってんだか、意味が分かんないってことになる。さらには、土方歳絵ちゃんの「飛龍霧氷斬」をはじめとした、機動甲冑を装着してから繰り出す3人の必殺ワザも、アニメには出て来ないもので、パチンコ用に作られたワザなのだ‥‥なんて、「萌剣」についてマクラからタップリと語らせていただいた今日この頃、皆さん、意味不明ですか?(笑)


‥‥そんなワケで、「萌剣が好き」って言うよりも、「萌剣の土方歳絵ちゃんが好き」って感じのあたしとしては、近藤勇子ちゃんが好きだっていうセレブ大鳥さんとはタイプが違うんだと思うけど、カラオケに行った時に、「萌剣」の主題歌がないことに不満を感じてる点だけはおんなじだ。やっぱ、「あっかい夕日が~ヒッマッワッリッそ~める~♪」って歌い出して、「斬る!斬る!斬る~!」ってとこで、絶叫してストレス発散したいもんね~!

で、ぜんぜん分かんない人のためにリトル説明しとくと、ニフティ動画とかでも見られるパチンコ番組の「レディースバトル」で、さやかさんとバリンコンさんとビワコさんとセレブ大鳥さんが、2組に分かれて、それぞれ違う機種でバトルしてくっていう総当り戦をやってたんだけど、その中の2回戦で、ビワコさんとセレブ大鳥さんが、あたしの好きな「機動新撰組 萌えよ剣」を打ったってワケ。それで、もちろん番組なんだから、ただ単にパチンコを打つだけじゃなくて、その中でいろいろと、台の解説的なこととかアドバイス的なこととかを言ってくワケなんだけど、萌剣マニアのあたしとしては、「有馬温泉」のことを「別府温泉」て言われたり、「おおがっぱ」のことを「だいがっぱ」なんて言われちゃうと、チクイチ気になっちゃうワケ。

だけど、「オリ法(パチンコオリジナル必勝法)のブログ」を見ると、セレブ大鳥さんは「こぶ茶バンド」なんか打ってるみたいだし、「ビワコさんのブログ」を見ると、ビワコさんは「パトラッシュ」だの「黒ヒゲ危機一髪」だの打ってるみたいだし、「萌剣」を打ってたのは仕事だったからで、ふだんは打たないのかもしんない。やっぱ、ホールから消え始めてる「萌剣」を求めて、原チャリで東奔西走してんのなんて、世の中であたしくらいかも?

‥‥そんなワケで、「萌剣」が好きすぎて、プレステ2のゲームも3回目をやってる途中だし、OVA版のアニメもテレビ版のアニメも全巻そろえて何度も何度も観まくってるし、タンスの上には近藤勇子ちゃんと沖田薫ちゃんと土方歳絵ちゃんのフィギュアが飾ってあるし、ベッドのマクラの横には猫丸のヌイグルミが置いてあるし、ミクシーでは土方歳絵ちゃんのコミュを運営しちゃってるほどのあたしとしては、唯一、まだ体験してなかったのが、「レディースバトル」でセレブ大鳥さんとビワコさんが打ってたSTX、甘デジだ。あたしは、基本的に甘デジは打たないから、「萌剣」の場合も、TTXとKTXしか打ったことがなかった。

それで、「あとはSTXさえ打てば、あたしの萌剣制覇は達成だ!」って思ってたあたしは、事前に電話して、STXを置いてるかどうかを確認してから、ふだんは行かない駅2つ先のパチンコ屋さんへと原チャリを走らせた。もちろん、いつものように、「あっかい夕日が~ヒッマッワッリッそ~める~♪」って歌いながら、交番の前でウイリーしたりせず、Uターン禁止の場所でマックスターンしたりせず、ハザードをつけないで急に左に寄せてお客を拾おうとしたタクシーに中指を立てたりせず、模範的な安全運転で到着した。

で、お店の人に「萌剣」のSTXの場所を聞いて行ってみたら、甘デジのバラエティーコーナーの中にポツンポツンとおいてあったんだけど、正直いって、朝の甘デジのバラエティーコーナーって、チョー場末っぽい雰囲気で、なんか、人生の負け組が集うような感じだった(笑) そりゃそうだよね。普通のCR機で身ぐるみ剥がされて、最後の最後に甘デジのコーナーに島流しされて来るんなら分かるけど、朝イチから甘デジだなんて、ものすごい下向きな人生って感じで、打つ前から自分自身に負けちゃってるような気がして来る。

それで、大好きな「萌剣」でも、それが甘デジだと思うと、「打つぞ~!」って気持ちが起こらなくて、座って盤面を見たら、いつものワクワク感がなくて、心の中を秋風が吹き抜けて行った。で、「このワビシサは何だろう?」って思って、盤面を良く見てみたら、ナナナナナント! 3人の絵が描いてない! いつも打ってるTTXやKTXは、画面の左から下にかけて、勇子ちゃん、薫ちゃん、歳絵ちゃんの絵が描いてあるんだけど、このSTXは、誰の絵も描いてなくて、ものすごくサップーケーなのだ。う~ん、差別化を図るのは分かるけど、これじゃあ、お金がなくて甘デジしか打てない人は、さらに暗い気分になっちゃうよ。

‥‥そんなワケで、あたしは、とりあえず5000円札を入れて打ち始めようと思ったら、お金を入れるとこのグリーンのランプが消えてて、お金が入らない。だから、中にカードが入ってないんだと思って店員さんを呼んだら、本日2度目のナナナナナント! 「すみません。これ壊れてるので、他の台にお金を入れて、返却ボタンでカードを出して、そのカードをお使いください」だと! これで、あたしは、さらに暗い気分になりつつ、隣りの「うる星やつら」の甘デジのとこにお金を入れて、そのカードを自分の台に入れて、甘デジでもとりあえずは歳絵ちゃんをセレクトして打ち始めた。

そしたら、1000円で25回ほど回したとこでミッションモードに入って、2Rもつかなかったし、アタッカーもパカパカしなかったから、「かったるいな~」って思ったら、最初っから大河童の動画背景予告が出て、左に大河童が止まって、「任務完了!」だって! ただ、2種類ある大河童の絵柄のノーマルのほうだったけど、普通にバトルになって、普通に攻撃して、機動甲冑を装着することもなく、勇子ちゃんが助太刀に来てくれただけで、ズバッとそろっちゃった。なんか、盛り上がリがない。

そして、ラウンド前の昇格チャンスはスカで、本日、初の「萌剣の主題歌」を楽しもうと思ったら、サスガ、大当たりしても5Rしかない甘デジだ。2Rの途中でイントロが終わり、「あっかい夕日が~ヒッマッワッリッそ~める~男にゃなれぬが~ブチッ!」って、こんなとこで物の怪との対決の昇格チャンスになっちゃった。で、大河童に勝って昇格したんだけど、1番どころか、1フレーズも聴けないなんて、あまりにも悲しすぎる。玉なんか、ドル箱の底に薄~く溜まってるだけだし。

それで、「萌剣モード」に入ったら、1回転で「3」「5」「7」が止まって、盤面が赤く光って、おりょうさんが出て来て、機動パトカーの壱拾弐式の「疾風」が走って来て、「追跡モード突入!」ってことになったんだけど、ホントなら嬉しいハズのこの流れも、出玉が少なすぎて喜びに直結しない。なんか、甘デジって、出玉が少ないから、自分ちでプレステ2でパチンコゲームをしてる感覚だ。やっぱ、あたしには向いてない‥‥っていうか、これでドル箱をいくつも積むなんて、気が遠くなりそうな忍耐力が必要だ。

ちなみに、機動パトカーは、あたし的には、壱拾弐式の「疾風」よりも、壱拾七式の「迅雷」のほうが好きだから、こっちを使ってくれたら良かったのに‥‥なんて思いつつ、ナニゲに、あたしが作った「機動新撰組 萌えよ剣 カルト検定」の正解を1つ教えちゃったりした(笑) ついでに、あたしが作った「エヴァンゲリオン~奇跡の価値は~」の検定もヨロピク♪

‥‥そんなワケで、結局、あたしは、8回当たって、なんとか2箱になったとこで、忍耐力の限界が来た。こんなに時間が掛かるんじゃ、バカバカしくて打ってらんないって思えて来たのだ。だって、いつもの「萌剣」なら、8回当たれば8箱なのに、これじゃあ効率が悪すぎる。だけど、その台の上のカウンターを見たら、今までの最高記録は、75回の当たりだった。1日の当たりだから、1人じゃないかもしんないけど、世の中には、ものすごくガマン強い人がいたもんだ。

それで、そのお店は、出玉を持っての移動がOKだったので、あたしは、普通の台に移動することにしたんだけど、この「萌剣」の甘デジを打ってみて、1つだけ分かったことがある。それは、甘デジの場合は、たいした予告も出なかった期待度の低いリーチがスポッと当たったりすることもあったし、激アツのリーチがハズレたことも多かったし、当たりとハズレの振り分けが「雑」‥‥って言うか、結果まで持ってく演出の流れが「雑」って感じがした。だって、「天国荘モード」で、白とか赤とかのドアが出たのに、スーパーに発展しないなんて、TTXやKTXじゃアリエナイザーだからだ。

それで、広井王子さん系にハマッてるあたし的には、ギャンブル台だってことは分かってるんだけど、1000円の元手で出した2箱があったから、「サクラ大戦」へと移動した。そしたら、このお店でも、「サクラ大戦」のコーナーはガラガラで、「大ハマリが連発するって話が知れ渡っちゃってるんだな~」って雰囲気だった。でも、神崎すみれちゃんの泣きボクロと鎖骨にシビレちゃってるあたしとしては、せめて1箱はすみれちゃんに貢ぎたくて、さっそく、ハシッコの台で打ち始めた。

そしたら、半箱くらい使って60回くらい回したとこで、あたしは、初体験をしちゃった。左に止まった絵柄と絵柄の間のちっちゃいマークが、パッと「華」って言う文字に変わって、次に、右に止まった絵柄と絵柄の間のちっちゃいマークが、パッと「団」って言う文字に変わって、最後に、真ん中のが、パッと「撃」に変わって、「華」「撃」「団」ってなったのだ! こんなの初めてだ! そして、そこから、磯で宮本武蔵みたいな敵と戦うリーチに発展して、「これは当たるだろう!」って思って見てたら、サクッと確変で当たった。それで、「まだまだ知らない演出があったんだな~」って思ってたら、これがザクザクと5連チャンした。やっぱ、甘デジと違って話が早いや(笑)

‥‥そんなワケで、トータルで10000発ちょっとになって、ここは3円のお店だったので、タバコ1個と3万円になった。もしも、この10000発を最初の「萌剣」のSTXで出さなきゃなんないとしたら、30連チャンくらいしなきゃなんなかったワケで、外が暗くなるまで打ち続けてなきゃなんなかったってワケだ。それを考えたら、想像しただけで気が遠くなって来た。やっぱ、パチンコも人生も、守りに入っちゃオシマイだ。優勝が確定しても、チェッカーを受けるまで決して攻めることをやめなかったライコネンのように、あたしも、大儲けはできなくても大損もしない甘デジなんかで守りに入らないで、当たり前のように1000回も大ハマリしちゃう「サクラ大戦」に、これからもチャレンジし続けようと思う今日この頃なのだ。もちろん、5000円だけって決めての話だけど(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.23

またまた警察のデッチアゲ!

去年、2006年の3月3日に、高知県で、1件の交通事故が起こった。中学校のスクールバスに白バイが突っ込んだ事故で、その白バイの隊員が亡くなった。ものすごく簡単に状況を説明すると、この日は、中学3年生の「お別れ遠足」の日で、このバスには、中学3年生が22人と付き添いの先生が3人乗っていた。運転していたのは、普段はタクシーの運転をしてる片岡さん(52)で、こうした遠足とかがあるたびに、スクールバスの運転を請け負ってた人だ。それで、この日は、みんなで国道沿いのレストランで食事をしたあと、このレストランを出発して国道に出て、国道の反対車線に入るために停止して車の流れが切れるのを待っていたところに、走行して来た白バイが激突して来た。

で、去年の6月7日、高知地裁でこの事故の裁判があり、バスを運転してた片岡さんは、「1年4月の実刑判決」を受けた。片岡さんは、即日控訴したんだけど、今年の10月5日に、高松高裁で即日結審して、10月30日、つまり、あと1週間後に判決が出る。そして、このまま行くと、片岡さんは実刑になる可能性が高いんだけど、この裁判、何から何まですべてがメチャクチャなのだ。

まず、片岡さんに「1年4月の実刑判決」が下ったのは、「バスが動いてた」っていう大前提の上での判決で、この裁判では、「レストランを出たバスは時速10キロ前後で走行しており、そこに時速60キロ前後で走行して来た白バイが衝突した」ってことになってる。つまり、双方が走行中の衝突事故ってことで、そのため、片岡さんに大きな非があるってことにされてる。だけど、このバスは、停止してたのだ。バスは、反対車線に入るために、一時停止していたのだ。そして、そこに、猛スピードで走って来た白バイが激突したのだ。

このバスが停止してたことは、このバスに乗ってた中学生や付き添いの先生方も証言してるし、中には、このバスが停止してる時に、記念に写メを撮った女子中学生もいて、バスの外の背景などが写ってる画像まで証拠として提出して、「バスが停止してたとこに白バイが突っ込んで来た」ってことを法廷で証言してるのだ。それなのに、裁判官は、これらの証言を意味不明の理屈ですべて却下して、「バスは動いてた」ってことにし続けてるのだ。

さらには、検察側の証人して、「事故を起こした白バイのたまたま数百メートル後方を走ってた別の白バイの隊員」ってのが登場して、「バスは時速10キロ前後で走行していたため、白バイは避け切れずに衝突した」って証言をしてるのだ。裁判官は、バスに乗ってた中学生や先生方の証言はすべて無視したのに、この白バイ隊員の証言だけは全面的に採用して、結局、「バスは動いてた。だからバスの運転手の過失だ」って理屈の一点張りなのだ。

だけど、この白バイ隊員が事故を目撃したっていう国道上の地点に行くと、バスが動いてたとか動いてなかったとか言う以前の問題として、道路の起伏などによって、事故現場は見えないのだ。この事実は、ビデオカメラによる映像によってちゃんと検証されてる。それなのに、この白バイ隊員の証言は、今でも有力な証言として採用されている。

そして、何よりも呆れ返るのが、証拠のブレーキ痕の捏造だ。検察側の言い分としては、「バスが時速10キロ前後で走行していたことは、バスが急ブレーキを踏んだ時にできたスリップ痕によって明らか」って言ってるんだけど、事故直後の現場の写真にはスリップ痕なんてどこにも写ってないのに、警察の現場検証が済んだあとの写真には、それまでなかったスリップ痕が、突如として現れて写ってるのだ。なんじゃ、こりゃ?

だいたいからして、このバスに白バイが衝突した事故地点は、レストランを出てから、たった「6.5メートル」の場所なのだ。10トンの大型バスが、たった6.5メートルで、時速10キロまで加速して、路面にスリップ痕がつくほどの急ブレーキをかけるなんて、どう考えたって、物理的にムリな話だ。

ちなみに、この事故が起こった国道沿いに住む人たちの証言によると、この国道は道幅も広くて見通しも良いため、普段から、何台もの白バイが、時速100キロ~150キロの猛スピードで走行練習をしてるそうだ。そして、このバスが動いてようと止まってようと、ずっと手前からバスの姿を確認することができるこの場所で、ホントに白バイが「時速60キロ」で走行してたのなら、普通にブレーキをかければ、普通に止まることができたハズなのだ。見通しのいい現場で、止まるどころか、避け切れずに激突したなんて、この白バイは、いったいどれくらいの猛スピードを出してたんだろう?

‥‥そんなワケで、この事故は、地方で起こった1件の死亡事故にしか過ぎないため、中央のマスコミはいっさい取り上げない。だけど、このまま行ったら、1週間後に、警察が捏造したウソの証拠や証言だけを採用したデタラメ裁判によって、1人の無実の一般市民が、とんでもない実刑判決を受けてしまうのだ。だから、この日記を読んで、この事件に関心を持った人は、1週間後、10月30日の判決に注目して欲しい。そして、警察のデッチアゲによる冤罪事件を1件でも減らすために、声をあげて欲しい。


「冤罪事件進行中」(支援者による情報ブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737

「雑草魂」(片岡さん本人のブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/zassou1954

映像ニュース「高知白バイ衝突死/警察が証拠をねつ造?」(KSB瀬戸内海放送)
http://www.ksb.co.jp/newsweb/indextable.asp?tid=4&sid=7


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう!
★ 1人でも多くの人にこの問題を伝えたいので、応援のクリックをお願いします!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.22

インテルラゴスにシャンパンの雨が降った!

2007年のF1ワールドグランプリも、ついに最終戦のブラジルGPが終わったワケだけど、当然、今日の日記は思いっきりネタバレなので、まだ録画したVを観てなくて、新聞その他の情報をすべてシャットアウトして、これからVを観るのを楽しみにしてる人は、まだこの日記は読まないでちゃぶだい‥‥ってなワケで、まずは、今日の日記をスタートする前に、前回の10月7日の日記、「最低のニポンと最高の中国」で、あたしが最後に書いた部分を再掲するので、オサライして欲しい。なんでかって言うと、ココが最大のポイントだからだ。


「(前略)現在トップのハミルトンが107ポイント、2位のアロンソが103ポイント、3位のライコネンが100ポイントってことになって、今年のワールドチャンプは、あまりにも美味しすぎる「最終戦での三つ巴戦」てことになった。(後略)」

「(前略)最終戦、ブラジルGPで、ハミルトンが勝てば史上最年少のワールドチャンプ誕生ってワケだし、アロンソが勝てば3連覇ってワケだし、ライコネンが勝てば念願の初ワールドチャンプってワケだし、お味噌汁にブラジャーを入れて、これがホントの「ブラ汁」ってくらい、ワンダホーなブラジルGPじゃん♪ とにかく、3人がビミョ~な差で並んでるから、最終戦は、たとえばライコネンが優勝しても、ハミルトンが5位までに入れば、ハミルトンがワールドチャンプになっちゃうってワケだし、ライコネンが優勝して、ハミルトンが6位以下になっても、アロンソが2位につけたらアロンソがワールドチャンプになっちゃうってワケだから、ライコネン的には、自分ががんばるだけじゃなくて、ハミルトンとアロンソの順位を下げなきゃなんない。この状況が何を表わしてるのかって言うと、ここで登場するのがマッサってワケで、フェラーリとしては、マッサをできるだけ上位に食い込ませることで、ハミルトンとアロンソの順位を下げて、もう優勝が決まってるコンストラクターズポイントの他に、ドライバーズポイントもいただいちゃおうって作戦に出て来ることウケアイだから、こりゃあ、フェラーリの作戦から目が離せない今日この頃なのだ♪」


‥‥ってことで、フォーメーションラップも終わったので、そろそろスタートしてみようと思う今日この頃、皆さん、寝不足じゃないですか?


‥‥そんなワケで、この状況を見れば分かるように、一応は「三つ巴戦」て形だけど、現実的には、ハミルトンとアロンソとのマクラーレン同士のチャンプ争いに、なんとかライコネンが追いすがってるって感じだった。ライコネンがワールドチャンプになれる確率は、「エヴァンゲリオン~奇跡の価値は~」で、たいした予告もない零号機のリーチの、それも、「打撃」じゃなくて「パレットライフル」のほうで大当たりになるくらい、低い確率だった。つまり、「6」のリーチで、最後に「6」と「7」が残って、零号機のライフルの連射が終わって、「7」が残り、画面の数字は「6」「7」「6」になって、「あ~あ、やっぱりな‥‥」って思った瞬間、後ろからシンジの初号機が走って来て、「ドゴ~ン!」ってなって、真ん中の「7」が「6」になって揃うだけでも嬉しいのに、それどころか、両端の「6」が「7」に変わって、「7」「7」「7」で確変大当たり~ってのとおんなじくらい、ライコネンがワールドチャンプになれる可能性は低かったのだ。

でも、あたしはと言えば、ストーブリーグ中の去年の12月に、雑誌「Hanako」の企画、「2007年はこれに夢中!」の中で、2007年の注目株として、「F1ドライバーのキミ・ライコネン」を挙げた。なんで、今まで一度もワールドチャンプになったことがないライコネンの名前挙げたのかっていうと、ライコネンが念願のフェラーリ入りしたことと、王者アロンソがルノーからマクラーレンへ移ったから、「ようやくライコネンに風が吹いた!」って思ったからだ。

あたし的には、今でも一番好きなドライバーはバリチェロだけど、今のホンダはあまりにも遅すぎる上に、カビの生えた食パンみたいなカラーリングだし、フジテレビでレースを見てても、ほとんど映りゃしない。ひどい時なんか、スタート後の1コーナーのツッコミの時に、後ろのほうの「その他オオゼイ」の中にチラッと見えるのと、レース前半で全員のマシンを順番にヒト通り映す時に1回と、あとは、ピットインの時にしか見ることができない。こんなんじゃ、応援したくても応援できない。だから、あたしは、バリチェロに関しては、レースで応援してるってよりも、「もっとマシなチームに移籍できますように」ってお祈りしてるって感じだった。

で、あたしとしては、去年のシーズンが終わった時点で、冷静に分析してみた結果、「2007年のワールドチャンプはライコネン」って予想を立てたから、去年の10月の終わりに「Hanako」から取材があった時に、ライコネンの名前を挙げたってワケだ。だけど、所詮は、あたしみたいなミーハーの「分析」なんだから、キチンとしたデータを精査したワケじゃなくて、「ライコネンがイイ男だから」とか「あたしがフェラーリを好きだから」とかの個人的な趣味のデータや、「ライコネンは二日酔いでもファステストラップを叩き出せる男だから」とか「フェラーリがFIAとベッタリ癒着してることによるオイシイ便宜がありそうだから」とかのマニアックなデータもあった。だから、「分析」ってよりも「願望」って感じだったけど、それでも、あたしは、ライコネンがワールドチャンプになりそうな予感がしてた。

だから、あたしは、前回の中国GPが終わった時点でのポイント差を見て、正直、「ダメだ、こりゃ!」って思ったんだけど、それでも、イチルの望みを託して、お酒とオツマミを用意して、テレビの前に座ったってワケだ。で、今回は2007年の最終戦だから、ずっとサボッてたスターティンググリッドからガッツリと流してこうと思う。


1.マッサ(フェラーリ)
2.ハミルトン(マクラーレン)
3.ライコネン(フェラーリ)
4.アロンソ(マクラーレン)
5.ウェバー(レッドブル)
6.ハイドフェルド(ザウバー)
7.クビサ(ザウバー)
8.トゥルーリ(トヨタ)
9.クルサード(レッドブル)
10.ロズベルグ(ウィリアムズ)
11.バリチェロ(ホンダ)
12.フィジケラ(ルノー)
13.ベッテル(トロロッソ)
14.リウッツィ(トロロッソ)
15.シューマッハ(トヨタ)
16.バトン(ホンダ)
17.コバライネン(ルノー)
18.佐藤タクマ(スーパーアグリ)
19.中嶋一貴(ウィリアムズ)
20.デビッドソン(スーパーアグリ)
21.山本左近(スパイカー)
22.スーティル(スパイカー)


‥‥ってなワケで、今シーズン、何度も何度も見たフェラーリとマクラーレンの交互の1~4番グリッドから始まって、レッドブルが意外とがんばってることとか、ホンダは相変わらずだなってこととか、母国ブラジルでポールを獲ったマッサをバリチェロがうらやましく思ってそうなこととか、後ろのほうに中嶋悟の息子がいることとか、山本左近は、機動新撰組のライバルの「つばめ組」の鈴木左近みたいに「鍋には白菜っス!」って言わないのかとか、そんなとこをチェキしつつ、いよいよレースがスタートした。そして、実際にレースが始まれば、いつものように、ナンダカンダ言ってたことなんか関係なくなっちゃって、あたしは、「大きな事故がなく、全員が無事に素晴らしいレースをしてくれれば、誰が勝ってもいいや」って気持ちになった。

とにかく、モータースポーツをものすごく低く考えてるフジテレビは、CMに入る前には15周目だったのに、CMが明けたら23周目になってるほどのチョキチョキ放送しかしてくんないんだけど、ブラジルGPに関しては生中継だから、怒涛のようなCMさえガマンすれば、他の録画レースと違って、ちゃんとした周回を観戦することができるから嬉しい。で、ワクワクドキドキの最終戦がようやくスタートしたんだけど、マッサは、シッカリとマクラーレンを抑えて、自分のためでもあり、チームのためでもありつつ、最終的にはライコネンのための走りを展開してくれてる。

う~ん、マッサは良くやってくれてるけど、マッサのフォローでライコネンが優勝したとしても、ハミルトンとアロンソが後方に下がってくんないとダメなワケで、アロンソが「3位以下」になる可能性は50%くらいはあるけど、ハミルトンが「7位以下」になる可能性なんて10%もないからな‥‥なんて思いつつ観てたら、のわっ! 7周目に、ハミルトンのマシンが何かトラブルを起こしてスローダウンして、みんなに抜かれてく! 結局、2番手でスタートしたハミルトンは、このトラブルで18位まで順位を下げちゃった!

15周目を過ぎたとこで、ポイント圏内の順位は、マッサ、ライコネン、アロンソ、クビサ、ウェバー、ハイドフェルド、トゥルーリ、ロズベルグって流れで、こうなって来ると、あたしは、お財布のお金を計算しながらパチンコを打ってる時みたく、頭の中で暗算が始まっちゃう。F1のドライバーズポイントって、1位が10P、2位が8P、3位が6P、4位が5P、5位が4P、6位が3P、7位が2P、8位が1Pなので、現在、ちょうど100Pのライコネンは、このまま2位でフィニッシュすれば108Pになる。そして、現在103Pのアロンソは、このままの順位なら、109Pってことになり、ワールドチャンプ3連覇ってことになる。

でも、シューマッハ兄を優勝させるために、バリチェロにトップを譲らせたことでもオナジミの、フェラーリお得意のインチキが炸裂して、マッサがライコネンにトップを譲れば、ライコネンは110Pってことになるから、1Pの差でワールドチャンプだ! もちろん、インチキがバレなきゃってことだけど。でも、そんなことしたら、フェラーリは、「F1界の亀田一家」って呼ばれることになって、マシンの色とおんなじに赤っ恥をかくことになっちゃうから、やるんなら、ちゃんと、ピットインのタイミングで順位の入れ替えをしてね(笑)

‥‥そんなワケで、ガゼン、ライコネンに有利になって来たから、状況によって主張がコロコロ変わっちゃう主体性のないあたしとしては、すでに、ライコネンを応援する体勢に入っちゃった。で、飲んでた水割りは濃いめにして、水銀が心配だけど大好物だからやめらんないツナピコをつまみつつ、5分おきくらいに入るCMの嵐に耐え続けてた。そしたら、それまで公平に観戦してたあたしが、ライコネンの応援体勢に入ったことにヘソを曲げちゃったのか、それとも、母国でちょっとでもイイトコを見せようとして気持ちが焦っちゃったのか、スタート時にバリチェロがフライングしてたらしくて、ドライブスルーでビッグマックとフィレオフィッシュを買って来なくちゃなんないペナルティーを受けちゃった。

さらには、ウェバーに続いてバトンも止まっちゃって、なんか、今年のホンダは、マシンのマイナス面だけじゃなくて、ドライバーのミスやピットクルーのミスも重なって、上位に入賞できたハズのレースをいくつも落としてるような気がする。なんか、チーム内がバラバラって感じだ。そして、今度は、スーティルとデビッドソンがぶつかって、イヤな空気になって来た。だって、この辺りを走ってるマシンが次々にリタイアしちゃったら、後ろのハミルトンがポイント圏内に上がって来ちゃうもん。せっかく、フェラーリチームのインチキ‥‥じゃなくて、ハカライ‥‥じゃなくて、作戦が炸裂しても、ハミルトンが5位以上になったらダイナシティーだからね。

で、ライコネンばっかに注目してたら、42周目で、バリチェロのエンジンが力尽きちゃった。ふぅ‥‥あのバリチェロが、1Pも獲れずにシーズンを終えるなんて‥‥。せめて、完走くらいさせてあげたかったのに、バリチェロの今シーズンは、アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェの42周目の最終コーナーで終わっちゃった‥‥って、戦力のないマシンで匙を投げずにシーズンを戦い抜いたバリチェロに敬意を表して、インテルラゴス・サーキットのことをポルトガル語の正式名称で書いてみるくらいしか、あたしにできることはない。

‥‥そんなワケで、気分を変えて、あとはどこでフェラーリのインチキ‥‥じゃなくて、ハカライ‥‥じゃなくて、作戦が炸裂するか‥‥って、あんまり何度も書くのはイヤミっぽくなっちゃうけど、あたしは、そこんとこだけに注目して、何杯目かの濃いめの水割りを飲んでたたら、その瞬間は、53周目に訪れた! ライコネンとアロンソがほぼ同時にピットインして、一歩先にコースに戻ったライコネンが、トップを走るマッサの前に出た!

この周回でのマッサのラップタイムを調べたり、チームからマッサにどんな指示が飛んだのかなんて想像しないで、ここはひとつ、2001年にF1デビューして、ザウバー、マクラーレン、フェラーリとステップアップして来て、7年目にして、初めてワールドチャンプの座に手が届きかかってるライコネンのことを純粋な気持ちで見守りたい。

だけど、ライコネンに遅れてコースへ戻ったアロンソは、その前を走ってたクビサがピットインしたことによって、自動的に3番手に上がった。つまり、2位のマッサがアロンソに抜かれたら、ライコネンが優勝しても、ワールドチャンプの栄光はアロンソの頭上に輝くってワケだ。それどころか、いつの間らかジワジワと順位を上げて来て、ポイント圏内の8番手を走ってたハミルトンが、前のトゥルーリがピットインしたことによって、7番手へと繰り上がった。残り8周、ハミルトンがあと1台でも抜けば、ハミルトンの前を走るマシンが1台でもリタイアすれば、ハミルトンはライコネンと同点になる。そして、もし2台抜けば、ハミルトンがデビューシーズンでのワールドチャンプっていう奇跡を起こす。

ああ~、あたしは、ライコネンを応援しつつも、アロンソにも勝って欲しいし、ハミルトンにも勝って欲しいし、もう、何が何だか分かんなくなって来た! でも、ここに来て、トップを走るライコネンが、まったく保険をかけた走りに転じる様子がないどころか、ガンガンに攻めまくってファステストラップを連発してく。あたしは、ライコネンの男らしさに、「なんてカッコイイんだろう!」ってシビレまくりつつも、マクラーレン時代のタイヤ交換が禁止されてた時に、ズルズルのタイヤでも最後まで攻めまくり、あとちょっとでチェッカーってとこで、タイヤを吹き飛ばしてバリアに突っ込んだライコネンの姿が蘇って来て、ハラハラドキドキが頂点に達しちゃって、気がついたら両手がグーになってて、手のひらに爪が食い込んでた。そして、最後の最後まで全力で走り抜いたライコネンは、栄光のチェッカーを受けた。あたしは、この瞬間、全世界のライコネンのファンたちが、狂喜乱舞したり、感動の涙を流してることを実感した。そして、あたしも、涙が止まらなくなった。


1位.ライコネン(フェラーリ)
2位.マッサ(フェラーリ)
3位.アロンソ(マクラーレン)
4位.ロズベルグ(ウイリアムズ)
5位.クビサ(ザウバー)
6位.ハイドフェルド(ザウバー)
7位.ハミルトン(マクラーレン)
8位.トゥルーリ(トヨタ)
9位.クルサード(レッドブル)
10位.中嶋一貴(ウィリアムズ)
11位.シューマッハ(トヨタ)
12位.佐藤タクマ(スーパーアグリ)
13位.リウッツィ(トロロッソ)
14位.デビッドソン(スーパーアグリ)
R.スーティル(スパイカー)
R.バリチェロ(ホンダ)
R.コバライネン(ルノー)
R.ベッテル(トロロッソ)
R.バトン(ホンダ)
R.ウェバー(レッドブル)
R.山本左近(スパイカー)
R.フィジケラ(ルノー)


‥‥そんなワケで、優勝してトータルで110Pになったライコネンに対して、アロンソが109P、ハミルトンも109Pっていうものすごい結果で、ライコネンは、デビュー7年目にして、初めてワールドチャンプの栄光を手にした。「これを奇跡と言わずして何を奇跡と言うべきか」って純粋に喜ぶのも良し、「フェラーリの作戦勝ちだな」ってニンマリするのも良し、何にしても、今は素直に喜びたいと思う。


キミ、おめでとう!

そして、全世界のキミのファンのみんな、ホントにおめでとう!


‥‥ってお祝いしつつも、いつも以上に勝利のシャンパンをガブガブと飲み続けるライコネンの肝臓が心配になって来る今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


「キミ・ライコネン オフィシャルサイト」
http://www.kimiraikkonen.com/

|

2007.10.21

Lucky Dube

Ld1
「南アを代表するレゲエ歌手、子どもの目前で射殺される」 (ヨハネスブルク 19日 ロイター)

南アフリカを代表するレゲエ歌手のラッキー・デューベさん(43)が18日夜、息子と娘の目前で何者かによって射殺された。南ア放送協会(SABC)のラジオ局が19日に報じた。報道によると、デューベさんは自動車強盗に銃撃されたとみられ、警察が現在容疑者3人の行方を追っている。デューベさんは南アフリカで最も売れているレゲエ歌手で、これまでに国内外で20以上の賞を受賞している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000335-reu-ent


‥‥あたしは、今朝、このニュースを知って、愕然とした。それで、大好きだったラッキー・デューべについて、今日の日記に書こうと思ったんだけど、気持ちが落ち着かなくて、ぜんぜん書くことができなかった。久しぶりに、ラッキー・デューべのCDをかけて、ソファーに寝転がってたんだけど、「殺された」「死んでしまった」っていう実感がわいて来なくて、なんか、まだ、現実味がない。だから、今回のことについては、しばらくして、気持ちが落ち着いたら書こうと思うので、今日は、4年ほど前に、別の場所に発表した、ラッキー・デューべに関するエッセイを紹介させてもらうことにした。別の場所に発表したものだから、言葉づかいも文章も「きっこ風味」じゃないけど、大好きなラッキー・デューベのことを1人でも多くの人に知ってもらおうと思って、一生懸命に書いたものだ。


「Lucky Dube」

アフリカの音楽ばかり紹介していても、読む人が飽きてしまうと思うので、(本当は書いてるあたしが飽きて来たんだけど、笑)、今回は、同じアフリカのミュージシャンでも、アフリカン・ポップスではなく、レゲエのミュージシャン、ラッキー・デューべを紹介します。

ラッキー・デューべは、南アフリカ出身のアフリカを代表するレゲエ・シンガーで、デューべ(Dube)と言うのは、英語のドープ(Dope)を指す南アフリカの言葉です。ドープと言うのは、一般的には、スポーツ選手が薬物を使うことを「ドーピング」などと言いますが、アメリカのスラング(俗語)では、マリファナを吸引する行為を指します。レゲエの世界では、マリファナは「ガンジャ(神の草)」「ジャーウィ-ド(神の雑草)」などと呼ばれていて、ラスタカラー(赤、金、緑の三色)とともに、そのアイデンティティーとなっているのです。つまり、ラッキー・デューべとは、「幸福への一服」と言う、とってもオシャレな芸名なのです。

ラッキー・デューべは、ボブ・マーリィに代表される、正統派のレゲエ「ルーツ・ロック・レゲエ」のシンガーで、もちろんポブの影響を強く受けています。しかし、本場のジャマイカのシンガーたちとは違い、良い意味でのオリジナリティーを確立しています。それは、マハラティーニたちの作り上げたムバカンガとの融合なのです。

もちろん、リリックス(歌詞)やリズムからアレンジに至るまで、すべて正統派のレゲエなのですが、ギターのカッティングやコーラスなどにムバカンガのエッセンスを取り入れていて、それが、彼の音楽の最大の魅力となっているのです。

あたしは、ラッキー・デューべのライブは3回観ていますが、一番初めに観たのが、1991年の10月、三軒茶屋の昭和女子大の人見記念講堂で開催された「コンダロータ ’91」と言うアフリカン・ポップスのイベントでした。アフリカの音楽が大好きなあたしのために、例のマハラティーニの時の男の子が、チケットを取って誘ってくれたのです(笑)

でも、それほど好きなミュージシャンが出るわけでもなかったので、気乗りがしていませんでした。ただ、席がすごく良くて、1階S席の前から4番目だったので、一応OKの返事をしていました。

そうしたら、何とライブ当日の2週間ほど前になって、急遽、ラッキー・デューべの参加が発表されたのです!

あたしは狂喜乱舞し、それまでは、前日になってカッタルかったらドタキャンかな?って思ってた気持ちが、行く気マンマンに変わったのです(笑)

さて、当日のライブはと言うと、まだ日本ではそれほど知られていない上に、日本盤のアルバムは1枚しか発売していなかったため、会場に来ているほとんどの人が、ラッキー・デューべを知らないような状態でした。それに、ほとんどと言うか、すべての観客が、ラッキー・デューべ以外のミュージシャンのアフリカン・ポップスを聴きに来ているので、そんな場所で、他ジャンルのレゲエを知名度の無いシンガーが歌っても、それほど受け入れられるとは思えない雰囲気でした。

でも、始まってみたら、彼のほうが一枚も二枚もウワテだったのです。

何十曲もオリジナルがあるのにも関わらず、ショッパナからボブ・マーリィの名曲中の名曲、「バッファロー・ソルジャー」で幕開けして、その力強い歌声とリズムで、会場全員を総立ちにさせてしまったのです。

そのあとも、これでもか、これでもかのボブ・マーリィの大メドレーで、自分の曲など、最後のほうにたった2曲歌っただけなのです。

いくらジャンルが違っても、アフリカン・ポップスのファンで、ボブ・マーリィを知らない人などいないので、その盛り上がり方と言ったら、ハンパなノリではありませんでした。

ラッキー・デューべのドレッド・ロックス(縄のような髪の毛)は、今でこそ腰近くまでありますが、当時は、まだ肩にも届かない長さでした。そんな短いドレッドを振り回し、ゲリラが着るカーキ色の野戦服で、時にはステージを踏み鳴らし、時には大きくジャンプし、力強く歌い続けるラッキー・デューべに、会場に集まったすべての観客が魅了されたのです。

その証拠に、帰りに出口のところの仮設売店の前を通ったら、彼のCDのコーナーだけが、黒山の人だかりになっていました。

さて、最初に、ラッキー・デューべはボブ・マーリィの影響を受けていると書きましたが、もっと正確に言うと、ボブ・マーリィ&ザ・ウェイラーズのメンバーだった、ピーター・トッシュの影響を受けているのです。そのボーカルスタイルや過激なリリックスなどは、ピーター・トッシュそのものなのです。

ピーター・トッシュのソロアルバムも、リリックスの内容が問題になり発売禁止になったものがありますが、ラッキー・デューべも同じく、初期のアルバム、「ラスタ・ネバー・ダイ」が、南アフリカでは発売禁止になっています。

その後、スレイヴスと言うバンドを結成し、1枚目の「シンク・アバウト・ザ・チルドレン」と2枚目の「スレイヴ」がヒットしました。89年には、初めてのアメリカ、フランスのツアーを行い、「トゥギャザー・アズ・ワン」「プリズナー」、2枚のアルバムをリリースし、大ヒットします。特に「プリズナー」は、南アフリカだけで、発売5日で200万枚ものセールスを記録したのです。

それからの彼は順風満帆で、世界最大のレゲエの祭典、ジャマイカの「レゲエ・サンスプラッシュ」に、アフリカ人として初めて出演し、日本とオーストラリアでのライブを成功させます。そして、ワールド・ミュージックのビッグ・イベント「ウォーマッド」で、あのジェネシスのピーター・ガブリエルと競演、その後リリースしたアルバム「ヴィクティム」は、前作以上の大ヒットとなり、押しも押されぬ大スターになったのです。

今は、自分のことを神様かボブ・マーリィの再来かと勘違いしちゃってるようで、何だか教祖さま的な怪しい雰囲気になってしまいましたが、あたしがライブで夢中になっていた10年以上前は、ホントに素敵なミュージシャンでした。

そんなわけで、もし、CDを買って聴いてみようと思う人がいたら、なるべく古いものがオススメなのです。

【文 シスター・キッコ】


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう。
★ 応援のクリックもお願いします。
   ↓   ↓
人気blogランキング


   

|

2007.10.20

イソブラボーバーガー発売中!

Nb3
「磯釣り」をテーマにした前代未聞の磯釣りロック、中ノ森BANDの「イソブラボー」とのコラボで、ただ今、渋谷の「J-POP CAFE SHIBUYA」にて、「イソブラボーバーガー」が期間限定で販売されてます♪

内容はヒ・ミ・ツ!!お店で確認してね!!


「イソブラボーとコラボレーション?何がどうなるの?食べられるの?不安と希望の中で一ヶ月の試行錯誤の末、遂に完成!!予想を反する見た目、味、食感、食べやすさ、すべてがスリル!食べた瞬間、大海原へ駆け出して叫びたい!イソブラボー!!ハンバーガー屋さんでは絶対味わえない!ご賞味あれ」
J-POP CAFE SHIBUYA 店長談


★イソブラボーバーガー★

【価格】¥1,000(ドリンク付き)

【販売期間】2007年10月10日~11月10日まで

【場所】J-POP CAFE SHIBUYA
東京都渋谷区宇田川町31-2 渋谷ビーム7階
TEL:03-5456-5767/FAX:03-5456-5769
最寄り駅:各線渋谷駅から徒歩5~10分程度

【営業時間】
平日 17:00~24:00(年中無休)
土・日 12:00~24:00(昼はランチタイム)

「J-POP CAFE SHIBUYA」
http://www.j-popcafe.com/


「イソブラボー / 雪」 無料視聴
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/bat0000152/

「中ノ森BANDオフィシャルサイト」
http://www.teichiku.co.jp/artist/nakanomori/


|

今月のオススメPV♪

Nb1
◆ 中ノ森BANDの新曲は、ナナナナナント! 甲本ヒロトの書き下ろしだってだけでもワンダホーなのに、そのテーマが「磯釣り」だってんだからビックル連続一気飲みっす!
で、これがまた、カッコイイっす!‥‥つーか、PVはちゃんと「磯」でロケしてるし(笑)

前代未聞の「磯釣りロック」を楽しんで欲しいっす!

ちなみに、CWの「雪」は、マーシーの書き下ろしっす!

ただ、ひとつだけ問題なのは、正しいタイトルは「イソブラボー」なのに、GyaOは間違えて「イソフラボー」って書いてるんだよね。
これじゃあ、ポリフェノールのイソフラボンみたいじゃん。

GyaOの関係者さん、これを見てたら、すぐに直してあげてね。
新曲のタイトルが間違ってるなんて、アヤコたちがかわいそうだよ。

中ノ森BAND 「イソブラボー / 雪」
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/bat0000152/


Nb2
◆ ゆらゆら帝国の2年半ぶりのアルバムは、オジサン、オバサンたちには懐かしい、けだるいグループサウンズ系の歌謡サイケなラインっす。
あいかわらずユラユラしてるけど、ベルベットなんたらとかに味わいを感じる人には、たぶん、それなりにストライクだと思うっす。
ちなみに、あたしは、大好きっす♪

ゆらゆら帝国 「空洞です」
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0039752/


 

|

タマゴな日々

1ヶ月か1ヶ月半くらい前に、某大手広告代理店‥‥って言ったらバレバレだけど、そこの知り合いから、味の素の「Cook Do 飯店炒飯」ていうチャーハンを作るための調味料みたいなのをいただいた。Cook Do の、マーボードーフとかチンジャオロースーとかよりもちっちゃい箱に入ってて、「XO醤仕上げの焦がし醤油風味」と、「ねぎ油香る上湯うま塩味」と、「干貝柱の海鮮うま塩味」の3種類で、それぞれを3個ずつ、ぜんぶで9個いただいた。だけど、あたし的には、「チャーハンなんか作るのに専用の調味料なんか必要ないじゃん」て感じだったし、それ以前に、チャーハンを作るためには、ご飯の他に、最低でもタマゴと長ネギが必要だから、「タマゴは買わない」ってことを決めてる上に、「長ネギは高くて買えない」ってことを余儀なくされてるあたし的には、作りたくても作れない状況だった。

で、いただいた「Cook Do 飯店炒飯」はそのままになってたんだけど、5日くらい前に、マンションの猫仲間の奥さんが、取り寄せてる健康タマゴを10個もくれたので、あたしは、チャーハンを作ってみることにした。ちなみに、いつもは、タマゴは2個とか4個とか分けてくださってるんだけど、今回は、しばらくずっとあたしが猫のご飯係を続けてるから、そのお礼にってことで、あたし用にわざわざ10個入りのタマゴを注文してくださったそうだ。他にも、ダイコンを1本とトマトを3個いただいたんだけど、世の中、そんなに都合良く行くワケもなく、長ネギは入ってなかった。

それで、あたしは、念のためにスーパーに行ってみたんだけど、長ネギは、細くて短いのが3本で258円だったし、ちゃんとした立派なのは3本で348円だったし、それのバラ売りは1本が128円だったし、その値段を見ただけで脱力しちゃって、もちろん買わずに帰って来た。庶民が、あまりの高さに長ネギも買えないって状況なのに、福田のバカは、消費税を17%にするとか抜かしてんだから、呆れ果てて何も言えなくなっちゃう。やっぱ、「消費税は絶対に上げずに、政府のムダづかいを見直して財源を確保します」って断言した民主党を与党にしなかったら、この国は、一部のお金持ちだけしか長ネギの入ったチャーハンを食べらんない国になっちゃうと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、「Cook Do 飯店炒飯」を使うのに、残念ながら長ネギの入ってないチャーハンを作ることにしたんだけど、いただいたタマゴの他に、3本で100円の魚肉ソーセージがあったから、それも入れることにした。で、この「Cook Do 飯店炒飯」は、兵庫のおじさんが、9月7日の「愛のブランデー日記」で、「エエがな。エエがな。めっちゃエエがな。」って褒めてたから、長ネギは買えなかったけど、あたしは、それなりに期待してた。

だけど、これ、箱には「2~3人前」って書いてあるのに、箱を開けてみたら、炒め用の油と味付け用の液体調味料がセットになってて、1袋ずつしか入ってなかった。つまり、油も調味料も使い切るしかないワケで、あたしみたく1人暮らしだと、すごく困っちゃう。気の利いた商品なら、箱には「2人前」って書いてあっても、中身は「1人前×2」だったりするのにな‥‥なんて思いつつ、仕方ないから、あたしは、2~3人前を作ることにした。

で、あたしは、箱の裏の説明を見ながら、フライパンに炒め用の油を入れて、「ハムを入れて炒める」って書いてあったから、細かく切った魚肉ソーセージを炒めた。そしたら、ハムじゃなくて魚肉ソーセージだったからなのか、それとも、何を炒めてもこうなっちゃうのか分かんないけど、ブクブクと泡が出て来て、アッと言う間に泡だらけになっちゃった。でも、「ま、いっか!」ってことで、説明通りに、そこにタマゴを入れて、ご飯を入れて、炒めて行った。とにかく、ご飯が多すぎて重たくて、ひっくり返したりできなかったから、お箸で混ぜてった。そして、仕上げに液体調味料を入れて、全体に混ぜながら、熱で水分を飛ばしてけば、出来上がりってワケだ。

‥‥そんなワケで、あたしは、まずは「XO醤仕上げの焦がし醤油風味」を使ってみたんだけど、タマゴと魚肉ソーセージしか入れてなかったのに、これが、中華街の高級店で食べるチャーハンよりも美味しかった。だから、もしも長ネギも入れてたら、本場の中国に行って食べるよりも美味しかったと思う。兵庫のおじさんが、「エエがな。エエがな。めっちゃエエがな。」って言ってたのも、うなずけた。ただ、あたし的には、やっぱ「1人前」ずつ小分けしてくれてなかった点が、「消費者のことを考えてないな」って感じで、ちょっとマイナス点だけど。そのオカゲで、あたしは、昼、夜、次の日の朝って、おんなじ味のチャーハンを続けて食べることになって、青森!‥‥じゃなくて、岩手!‥‥じゃなくて、飽きた!(笑)

で、飽きたってのに、あたしは、まだタマゴと魚肉ソーセージがあったから、次の日には「ねぎ油香る上湯うま塩味」を作って、次の日には「干貝柱の海鮮うま塩味」を作って、3日間、9食連続でチャーハンを食べたんだけど、「ねぎ油香る上湯うま塩味」はそれほど美味しくなかったし、「干貝柱の海鮮うま塩味」はもっとイマイチだった。だけど、これは、連続してチャーハンばっか食べてたから、美味しく感じられなかったような気もするし、何とも言えない。ただ、これだけは言えるのは、最初の日に食べた「XO醤仕上げの焦がし醤油風味」は、バツグンに美味しかったってことだ。

それで、あたしは、3種類の「Cook Do 飯店炒飯」で作ったチャーハンを食べてみて、自分なりに納得できたから‥‥っていうか、もう半年くらいはチャーハンを食べなくてもいいような雰囲気になったから、今日は、別のものを作って食べようと思った。だけど、冷蔵庫にあるのはタマゴだけなので、あたしの特製のオムライスを作ることにした。あたしのオムライスは、ご飯とタマゴ2個の他には、焼き海苔1枚とオカカがあれば作れるから、すごく簡単だ。

まず、ボールとかラーメンのドンブリとかに、お茶碗2杯ぶんくらいのご飯を入れて、オカカをかけて、お醤油を少なめにかけて、良く混ぜて、猫ご飯を作っておく。それから、タマゴ2個をお椀の中に割って、良くかき混ぜて、フライパンで薄焼きタマゴを焼くんだけど、この時、お椀の中に、スプーン1杯か2杯くらい、溶きタマゴを残しとく。で、お皿に猫ご飯を丸くよそったら、その上に薄焼きタマゴを乗せて、蚊取り線香みたくウズマキにケチャップをかけて、1枚分の焼き海苔を小さくちぎって全体が隠れるくらいにかければ出来上がりだ。これ、アホみたいに簡単だけど、信じらんないくらいに美味しいんだよ。

それから、お湯を沸かして、さっきの溶きタマゴがちょっと入ってるお椀に、ゆっくりと注ぐ。そうすると、溶きタマゴがフワ~っとなるから、そこにコンソメスープの素を入れれば、溶きタマゴ入りスープができる。もうちょっと凝ったスープにしたい人は、タマネギがあれば、タマネギを8分の1くらいチョー薄くスライスして、片手鍋にお椀1杯ぶんのお湯を沸かして、それで茹でる。で、タマネギがしんなりしたら、火を止めて、コンソメスープの素を入れて、味をみてから、溶きタマゴがちょっと入ってるお椀にゆっくりと注ぐ。そうすれば、タマネギの甘みも出るし、1ランク上のスープができる。

‥‥そんなワケで、あたしは、タマゴと魚肉ソーセージしか入ってないチャーハンを3日間、続けて食べてあとに、今度は、タマゴとオカカと焼き海苔しか使ってないオムライスを食べたワケで、いくら「ユルユルのベジタリアン」とは言え、とてもベジタリアンの食生活とは思えないワケだ。もちろん、これだけじゃなくて、いただいたダイコンでダイコンサラダを作って、トマトも添えて食べたんだけど、何ヶ月もタマゴを食べてなかったのに、突然、4日も続けてタマゴばっか食べたから、なんか、明日の朝くらいに、ポコッてタマゴを産んじゃいそうな気がする今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.19

猫の駅長さんの写真集♪

Nekonoekicho
今年の1月8日のブログ、「猫の駅長さん」で取り上げた、和歌山電鉄貴志川線の貴志駅の猫の駅長さん「たま」と、助役の「ミーコ」と「ちび」の活躍ぶりをまとめた写真集ができました!

写真集と言っても、ただ写真を収録しただけではなく、たまが駅長さんに抜擢された様子を描いたマンガや、貴志川線の沿線案内、「いちご電車」を始めとした和歌山電鉄の名物車両の紹介など、読み物としても楽しめる内容です♪



※「猫の駅長さん」の映像はこちらです♪
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/01/post_dfa0.html


ついでに、こっちもヨロピク♪
(在庫はあとわずかです)

 

|

次々に消えてくニポンの文化

ワンルームのマンションとかに住んでれば、床はフローリングやカーペットでもいいと思うんだけど、2部屋や3部屋以上あるお家に住んでると、やっぱ、1部屋は「畳の部屋」が欲しいと思うのが、ニポン人のニポン人たるユエンだろう。夏の暑い夜は、ひんやりとした畳の感触が気持ちいいし、冬の寒い日には、地面からの冷気を防いでくれる。ニポンの気候と風土にピッタリとマッチしたのが、この「畳の文化」ってワケだ。ちなみに、あたしは、畳の六畳間には、畳の上にカーペットを敷いてるんだけど、それは、畳を汚したり日焼けさせたりすると、ここを出てく時にお金を取られちゃうからだ。だから、今みたく、賃貸物件の場合はジンジャエールだけど、もしも自分の買ったお家なら、せっかくの畳の上に、わざわざカーペットを敷くようなことはしないだろう。だって、畳っていいもんね‥‥なんて思ってたら、以前から懇意にしてるTMさんから、こんなメールが届いた。


お名前:TM
E-mail:xxxxx@xxxxx.com
コメント:きっこさん、お元気ですか?たいそうご無沙汰しております。BSE問題でお世話になりましたM子です。実は、私は転居を控えているのですが、先日、転居の予定先を下見に行き、大変な目にあってしまいました。他の部屋は何ともなかったのですが、畳敷きの日本間に入ったとたんに、変な刺激臭のようなものを感じたのです。そして、自宅に帰ったら、両目が真っ赤に腫れてしまい、2日間も治りませんでした。あまりにもひどかったため、不動産屋さんに調べてもらったら、この原因というのが「中国産のイグサを使った畳」だったのです。私は過去に「日本の畳には中国産のイグサを使っているものが多い」とか、「有機リン系農薬が水田散布量の20倍も使われている」とか、ひどいのになると「中国うなぎで問題になったマラカイトグリーンというヒ素入りの劇薬でイグサを着色している」とか、いろんな話を聞いていました。BSE問題の時には、品川森一先生の「古畳を飼料に使われた牛が農薬中毒を起こして死んだ」という発言も聞いていましたが、まさか自分がその被害に遭うとは思いませんでした。結局、不動産屋さんは何もしてくれないので、自腹で十数万円払って2部屋分の畳を替えることになってしまいました。今回はしかたありませんが、農水省の怠慢のせいで、これからも転居のたびに自腹で畳を替えることになったら、とてもやって行けません。以下、私の調べた「中国産のイグサを使った畳」に関する情報を添付しますので、ぜひ、きっこさんの日記で取り上げてください。


‥‥そんなワケで、今日はスペースの都合で、「いかがお過ごしですか?」は割愛しちゃったけど、TMさんが添付してくれた情報を見たら、ものすごく恐ろしいことがいっぱい書かれてた。人と環境にやさしい家づくりを提唱してる「みつ和総合環境研究所」のホームページによると、畳に使われる防虫シートや着色剤、防カビ剤などには、何の規制も設けられてないそうだ。そのため、どんなに危険な薬品でも使い放題で、現在、市販されてる畳のすべてに、接触毒性、発ガン性、催奇形性のある有機リン系農薬を使った防虫シートが入ってると言う。その上、市販されてる畳のほとんどは、ヒ素と重金属を含んだ着色剤で、人工的に着色されてるそうだ。とにかく、何の規制もないんだから、特に賃貸物件の場合には、より毒性の高い防虫シートが使われてる畳を選び、少しでも長持ちさせようって考えるだろう。

そして、安全な畳を製造、販売してる「健康畳 植田」のホームページには、「緊急速報 危険な畳 被害者続出」という見出しで、現在の畳の問題点を挙げている。これによると、「一般の畳店やリフォーム業者によって畳を取り替えてから、畳の部屋に入ることができなくなってしまった」というケースがヒンパンに起こってるそうだ。こちらでも、「みつ和総合環境研究所」とおんなじに、防虫シートや着色剤による被害の実態について書かれてるけど、何よりもビックル一気飲み‥‥って言うか、やっぱりな‥‥ってのが、コイズミ改革の規制緩和によって乱立しちゃった「偽装表示」なのだ。「健康畳 植田」のホームページによると、現在、畳の表面に張る「畳表(ござ)」は、約80%が中国からの輸入によるものらしいんだけど、それで作られた畳のほとんどは、「国産」て表示されて販売されてるそうだ。

まあ、原料を海外から輸入しても、それを使って畳を作ったのがニポンなら、一応は「国産」て言えるような気もするけど、現在のJIS法やJAS法では、原産地と加工地が違う場合には、その両方を明記することになってる。だから、ニポンで販売してる畳で「国産」て表示できるのは、原料も加工もニポンのものに限るのだ。中国から輸入したウナギをニポンで蒲焼きにして、「宮崎県産」だの「四万十川産」だのって表示して卸してた業者が摘発されたのも、このJAS法に違反したってワケだ。

‥‥そんなワケで、現在、ニポンで販売、使用されてる畳の8割は、中国で生産されたイグサを使って、中国で「畳表」に加工されたものを輸入して、最終工程だけをニポンで行なってるものだ。だけど、それがすべて「偽装表示」ってワケでもないし、それがすべて「危険」だってワケでもない。わずかだけど、良心的な会社の場合には、ちゃんと「中国産」として販売してるし、輸入した「畳表」の残留農薬をチェキして、安全だと判断できるものしか使わなかったりしてる。だから、何から何まですべてがデタラメってワケじゃないけど、何よりのポイントは、「中国産だからダメ」ってことじゃない点だ。

最近、何かと、中国産のものを悪く言う流れになってるけど、中国産のものでも、ニポンの企業が現地に入って、生産から加工まですべてを指示してるようなものであれば、安全なものだってある。たとえば、通販の「ニッセン」や「セシール」で販売してる安い衣類や下着なんかは、ほとんどが中国製だけど、こっちの企業がすべてを監督してるから、鉛なんかまったく検出されないし、普通に安全だ。まあ、中国産の食品や衣類、玩具から、危険な物質が発見されるたびに、まるで鬼の首をとったみたいに大騒ぎするバカがいるけど、そういうヤツラってのは、ただ中国が嫌いなだけで、中国を悪く言うための材料として、これらのニュースに乗っかってるだけのアンポンタンだから、ほっとけばいいけど。

だいたいからして、ニポンで生産されてニポンで加工されてる純粋な「国産」の商品だって、中国産以上に危険なものがいっぱいある。それなのに、そうした現実からは目をそらして、自分の嫌いな他国のことばっか攻撃するのは、「消費者として安全な商品を手にしたい」っていうマットウな視点からの発言じゃないことが明白だ。そこにあるのは、ただ単に、自分の嫌いな国や民族の悪口を言いたいっていう小学校低学年レベルの稚拙な意識だけで、「食の安全」や「暮らしの安全」とは段違い平行棒ってワケだ。ま、こういったアンポンタンどもは、吉野家の狂牛丼を平気でパクパクと食べて、農薬まみれの畳に顔をつけて昼寝してるような鈍感なヤツラなんだから、未来永劫、無視しとけばいい。

で、畳の場合も、ウナギとおんなじで、別に中国の生産者だけが悪いワケじゃない。むしろ、悪いのは、消費者の健康なんてミジンも考えずに、お金儲けのことしか考えてないニポンの悪徳業者なのだ。たとえば、せっかく残留農薬の低い中国産の優良な「畳表」を輸入しても、そこに、極めて毒性の強い防虫シートや防カビ剤をタップリと使用して畳を作ってるのは、ニポンの畳業者なワケで、それを「国産」に偽装して販売してるのも、ニポンの畳業者なのだ。それなのに、中国の生産者に文句を言うのは、どっかの八百長ボクサーとおんなじくらい、スジが通ってない。

‥‥そんなワケで、毎月の家賃にも困ってるあたしの場合には、自分のお家を建てるなんてことは死ぬまでアリエナイザーだけど、もしも自分のお家を建てると仮定して、「このお部屋とこのお部屋は畳にしよう」って思って、その通りのお家が出来上がったとしたら、その畳の上にカーペットを敷くワケはない。完成した畳のお部屋の真ん中に、手足を伸ばして大の字に寝て、新品の畳の気持ちいい匂いを嗅ぎながら、幸せな気分を満喫したいと思う。だけど、現実的には、「畳の上に気持ち良く寝たい」っていう、ニポンに生まれたニポン人としては当たり前のような夢でさえ、インチキだらけのこの国では、すごく難しいことになっちゃった。何しろ、畳に使われる防虫シートや着色剤、防カビ剤などには、何の規制も設けられてないっていう、農水省の呆れ果てた怠慢があるワケだし、ヘタしたら、怠慢どころか、農水省の官僚が農薬会社からワイロをもらってて、あえて規制を設けないようにしてる可能性もある。じゃなかったら、ニポンの文化である畳が、これほどデタラメな状態になってる理由が見つからない‥‥なんてタタミかけてみた今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.18

お知らせです!

「きっこの裏日記」に、辺野古浜通信の最新版をアップしました。

辺野古では、作業ダイバーたちによる暴力行為が、ますますエスカレートしています。

ぜひ、お読みください。

そして、真実を知ってください。

「きっこの裏日記」
http://www5.diary.ne.jp/user/533673/

|

政教癒着のナンミョー軍団

「公明・創価学会を追及=冬柴氏とバトル-民主・石井氏」(時事通信)

16日午後の参院予算委員会で、民主党の石井一副代表が公明党とその支持母体の創価学会への批判を展開。同党の冬柴鉄三国土交通相が色をなして反論する一幕があった。石井氏は、公明党には国会議員が党本部を通じて創価学会に納める「上納金」と、国会議員から学会の池田大作名誉会長への「P(プレジデント)献金」があると追及。さらに党役員人事の決定過程も不透明と指摘し、「あらゆる面で不可解」と批判した。これに対し、冬柴氏は「上納金」について「(選挙の際に)公認料は党に出している」としながらも、学会への上納は否定。「P献金」の存在も認めなかった。石井氏が「閣僚席に座っているのだから、その言葉は重い」と畳み掛けると、冬柴氏も「(P献金などが)ないということになれば、あなたも議員を辞めるか」と反撃。両氏のバトルはエスカレートし、石井氏は池田氏の参考人招致や文部科学省による実態調査を求めた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000111-jij-pol


‥‥ってなワケで、今すぐ1人残らず射殺したほうがいいと思うカルト教団、ナンミョー学会と、その手先となってこの国を乗っ取ろうとしてるナンミョー党は、久本雅美の壊れっぷりを見れば一目瞭然のように、もはや、人格破綻者の集まりでしかない。そして、民主党の石井副代表は「P献金」て言ってたけど、正しくは「P」を丸で囲んでるから「マルピー献金」て呼ばれてる「池田大作への上納金システム」によって、ナンミョー党の議員が全員、1人30万円ずつ上納してる。で、その30万円はどこから出てるのかって言えば、そりゃあ、国民の税金から給料をもらってる議員なんだから、モトはと言えば、あたしたちのお金だってワケで、アメリカの戦艦にタダで燃料を入れてやるよりも、もっとムカツクよね。あんな醜い人間のクズのブタ野郎なんかに、あたしたちの税金がどんどん流れてると思うと。

とにかく、世界中の誰が見たって、ナンミョー学会とナンミョー党は表裏一体なのに、どうして誰も「政教分離の原則に違反してる」ってツッコミを入れないんだろう?って思ってる人がいっぱいいると思う今日この頃、皆さん、毎日、一心不乱にお題目をあげてますか?(笑)


‥‥そんなワケで、ナンミョー党に対して、誰も「政教分離の原則に違反してる」ってツッコミを入れないのは、あたしが生まれた時から、世の中は、なぜか「ナンミョーには関わるな」「ナンミョーのことは口にするな」って空気が漂ってたからだと思う。そして、誰もが「ナンミョー学会=ナンミョー党」ってことを知ってるのに、見て見ぬフリをして来た。そして、頭の中にウジ虫がわいてるナンミョー洗脳信者どもが、調子に乗ってノサバルようになっちゃったんだと思う。だから、今回、民主党の石井副代表が鋭いツッコミを入れたのは、亀田の弟が試合で負けたのとおんなじくらい、胸がスカッとした。

あたしは、何よりも不思議なのが、ナンミョーが嫌いなクセに、自民党なんかに投票してる人たちだ。だって、前代未聞の売国奴、コイズミは、この国の国民の最後の財産である郵貯と簡保の350兆円をアメリカへ上納するために、なりふりかまわずにナンミョーなんかと手を組んだんだよ。つまり、自民党を支持するってことは、イコール、ナンミョーを支持するってことで、結果、自分の納めてる税金が、地球上でもっとも醜いブタ野郎、池田大作のフトコロに転がり込んでんのに、どうしてそんな政党なんかを支持できるんだろう?

そして、今、自民党を与党の座から引きずり下ろさなかったら、ナンミョーどもはますますツケ上がって、朝から晩まで、テレビのどのチャンネルをつけても、久本雅美だの三船美佳と高橋ジョージのバカップルだのジャニタレだのハロプロだのって、完全にイカレちゃってるナンミョー信者しか映らなくなっちゃうんだよ? それなのに、なんで自民党なんかを支持してんだか、あたしには理解不能だよ。だから、あたしにとって、自民党支持者ってのは、ナンミョー信者と一緒だね。

‥‥そんなワケで、話はクルリンパと戻るけど、今回、民主党の石井副代表がナンミョーの腐れ外道に鋭いツッコミを入れられたのは、元ナンミョー党の福本潤一参議院議員が、あちこちでナンミョー党内部の極秘事項をしゃべりまくってくれてるからだ。この福本潤一議員ってのは、ナンミョー党の参議院議員だったんだから、当然、ナンミョー信者でもあった。で、去年の4月に、ナンミョー党の冬柴幹事長と神崎元代表に呼ばれて、ナンミョー党の公認を取り消されちゃった。何でかって言うと、去年の1月に、福本潤一議員の元政策秘書がガンで亡くなった時に、ご遺族の希望で、日蓮正宗のお寺でお葬式をしたからなのだ。ナンミョーと言えば、日蓮正宗を追われた裏切り者が勝手に作ったインチキ宗教だから、正真正銘の本物の日蓮正宗に対して、異常なまでのライバル心を燃やしてるのだ。

この時、ナンミョー党の執行部は、「ナンミョー党の関係者が、日蓮正宗の寺で葬儀を行なうとは大問題だ! すぐに変更しろ!」って言って迫ったそうだ。だけど、何よりも大切なのは、ご遺族のお気持ちなワケで、この元政策秘書のご遺族はマトモな人たちだったから、そのゴリ押しに逆らって、由緒ある日蓮正宗のお寺で普通のお葬式をしたのだ。そしたら、それを理由に、ナンミョー党は、福本潤一議員の公認を取り消したのだ。それで、こんなんじゃやってらんないや!って思った福本潤一議員は、ナンミョー党を離党して、無所属になったってワケだ。そして、このキチガイじみたナンミョー党の「政教一致」の構図をあちこちの週刊誌などに話し始めたってワケだ。

念のために、福本潤一議員の離党の理由を本人のホームページから引用しておく。


(前略)私の離党決意への理由について、新聞紙面では『公認されなかったことが不満で離党を表明した』という論調がほとんどだと思いますが、離党決意の最大のきっかけは、党からの非公認の理由説明にあります。去年4月、冬柴幹事長に呼ばれ、神崎元代表同席のもと、公認しないことを告げられました。『理由は何ですか』とお尋ねしたところ、神崎元代表から、『秘書の葬儀問題』とすぐに返事が返ってきて、冬柴幹事長もうなずいて同調されていました。党議拘束に従わざるを得ない状況を察し、その場はひとまず引き取りましたが、"秘書の葬儀が理由"だとすぐに指摘された事に対して、承服できない気持ちはぬぐえませんでした。5月に入り、太田代表が一次公認を発表した際、『後進に道を譲り勇退する』と言明され、支援して下さった方々に自らご説明する機会もないまま、私の非公認が公表される形となりました。私の元政策秘書は去年1月に癌で亡くなりました。当時ご遺族が決定なさった、ある仏教宗派の寺院で葬儀を執り行う事について、党から問題であると指摘されました。さらに、考え直すよう、ご遺族に説得する指示を受け、私はご遺族に事情を説明しましたが、ご遺族が望む会場で、望む形で葬儀を行う事に、反対を強制することはできません。一政治家である私が、信教の自由を奪うことが出来るわけがありません。結局、葬儀に参列することも許されず、前日に自宅に伺う事しかできませんでした。その宗派以外の形式であれば、他宗教であっても、当然のことながら何ら問題にはされません。信教の自由に対して、『上司としての監督責任がなっていない』などと指摘されることは、誠に理解に苦しみます。(後略)

「福本潤一ホームページ」より
http://homepage3.nifty.com/~fukumoto/


‥‥そんなワケで、ナンミョー党の呆れ果てた実態に嫌気がさして、トットと離党した福本潤一議員は、自分がナンミョー党に所属してた時にやらされた「政教一致」のモロモロについて、あちこちでしゃべり始めた。その中の1つが、池田大作への上納金システムの「マルピー献金」だけど、福本潤一議員が公開した情報は、それだけじゃない。「マルピー献金」の他に、ナンミョー党の議員たちに義務づけられてるのが、「ナンミョー党本部での朝8時からの勤行会の強要」だ。ナンミョー学会の施設に行って勤行会をやるぶんには、それは個人の自由だけど、「ナンミョー党本部」でやるってのは、完全に「政教分離の原則」に違反してる。それも、「自由参加」とかじゃなくて「強要」なんだから、まるで久本雅美レベルの洗脳っぷりだ。

その他にも、ナンミョー党のすべての議員に、「ナンミョー学会の本部幹部会や座談会への出席」が強要されて、さらには、その本部幹部会や座談会での感想などを「報告書にマトメて提出すること」まで強要されていたのだ。これが、ナンミョー学会の中だけでやってるんなら自由だけど、国民の税金で運営してる党本部でやってんだから、どう見たって法律に触れてるだろう。これだけでも大変なのに、ナンミョー学会や池田大作への上納金を強要されるんだから、たまったもんじゃない。

その上、福本潤一議員の場合は、愛媛大学の助教授をやってたことから、愛媛県が選挙地盤なんだけど、その地域にナンミョー学会の墓地がなかったことから、党本部からの命令で、ナンミョー学会員のための墓地を作ることになり、そのための土地を斡旋するようにと指示されたのだ。つまり、福本潤一は、愛媛県にナンミョー学会のための広い土地を探すってことを「政治活動」として、国民の税金を使ってやらされてたってことだ。もちろん、これは、福本潤一だけが特別なんじゃなくて、ナンミョー党の議員たちは、みんな、こんなことをしてるってワケで、ようするに、あたしたちの税金を使って、ナンミョー学会のため、池田大作のために、日夜、全国を飛び回ってるってワケなのだ。

これが、「政教一致」じゃなかったら、いったい何だって言うんだろう? ナンミョー学会の洗脳信者どもが、自分たちのお金でバカ丸出しなことをやってるのは、勝手に好きなだけやってりゃいい。だけど、国民の税金から莫大な給料や予算をもらってる国会議員が、「国民のため」じゃなくて、一部の「カルト教団の信者と代表のため」だけに、それを「公務」として行なってるってのは、どう考えたって絶対に許されない。

‥‥そんなワケで、あたしは、勇気ある福本潤一議員や民主党の石井副代表に拍手を送るとともに、厚顔無恥な冬柴鉄三や北側一雄、そして、党本部で毎朝8時から勤行会を強行してる恥知らずの太田昭宏に引導を渡すためにも、1日も早く、池田大作の証人喚問を実現して欲しいと思う。あの醜い化け物のようなツラを全国に生中継して、国民の税金で私腹を肥やし続けて来た事実を白日の下に晒し、こんなカルト教団など、一刻も早く宗教法人の取り消し措置をして欲しいと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 宗教法人にこそ重税を課せ!と思った人は、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

亀田の謝罪会見について

亀田オヤジと亀田弟が「謝罪会見」をするというから見てたんだけど、あたしにはまったく謝罪してるようには見えませんでした。

あなたはどう思いましたか?

1.まったく謝罪になっていないと思う
2.立派に謝罪したと思う
3.どちらとも言えない


★ ついでに応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.17

兵庫のおじさんがテロ特措法を語る


★ ついでに応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

あたしのフィギュア

あたしは、チョコQの動物は集めてるし、他にも、招き猫をコレクションしてて、タンスの上に並べてある。あと、これは集めてるワケじゃないけど、ミニカーもいくつか持ってて、車のダッシュボードの上に飾ってあるフィアット・パンダの他に、「頭文字D」の藤原とうふ店とおんなじ、パンダカラーのハチロクトレノも持ってるし、色違いのシルバーもある。他には、チョロQもいくつか並んでるんだけど、どれもちっちゃいものばかりで、一般的にフィギュアって呼べるようなものは、サイボーグ・クロちゃんのシリーズしか持ってなかった。

だけど、去年の暮れくらいに、パチンコ仲間が、エヴァンゲリオンのアスカがサンタさんのコスチュームを着てるクリスマスバージョンのフィギュアをプレゼントしてくれて、半年くらい前には、俳句仲間が、アスカの黄色いワンピース姿のフィギュアと、ドラクエ8のゼシカのフィギュアをプレゼントしてくれたので、あたしのタンスの上は、ナニゲに、ヲタクの人の部屋っぽくなって来た。ただ、ヲタクの人の場合には、あたしなんかは見たことも聞いたこともない美少女フィギュアを集めてるワケで、そこには、「変質者」とか「性犯罪者」とかのイカ臭いフレーバーも漂ってなきゃダメなワケだから、ゼシカだのアスカだのなんていう有名ドコロを3体ほど並べてるだけじゃ、ぜんぜん足元にも及ばなかった。

だけど、ここに来て、あたしは、「機動新撰組 萌えよ剣」のOVA版アニメの限定バージョン、全4巻をユーズド品で安く揃えることができたので、近藤勇子ちゃん、土方歳絵ちゃん、沖田薫ちゃんの3体のフィギュアも加わって、タンスの上もいよいよイカ臭くなって来た。ただ、ヲタクの人に言わせると、「高橋留美子の描く女の子は『萌え』じゃない」そうなので、あたしのヲタク度はまだまだ低いんだと思う。まあ、ヲタクの中にもいろんな趣味の人がいるんだろうから、中には、あたしとおんなじに、萌剣を好きな人もマイノリってると思うんだけど、やっぱ、ヲタクの人の美的感覚って、どうもイマイチ理解できない今日この頃、皆さん、イカ臭くお過ごしですか?(笑)


‥‥そんなワケで、あたしは、今んところ、何と言っても土方歳絵ちゃんがナンバーワンで、外見だけなら「サクラ大戦」の神崎すみれちゃんもなかなかなんだけど、それだって、土方歳絵ちゃんが10点満点で10点なら、神崎すみれちゃんは8点くらいのレベルなので、ずいぶんと差がある。それで、たぶん、ヲタクの人なら、土方歳絵ちゃんよりも神崎すみれちゃんのほうが遥かに好みなんだと思うから、あたしの感覚はズレてんのかもしんない‥‥っていうか、東京生まれで東京育ちで東京以外に住んだことがないあたしなのに、生まれてから一度も秋葉原に行ったことがない。ホントのことを言えば、すごく昔、パソコンのパーツを買いに行ったことがあるんだけど、その時は、パーツ屋さんに行っただけで、メイド喫茶とかコスプレ屋とかがあるような場所には近づいてないから、狭義で言うとこの「秋葉原」には言ったことがないって意味だ。

そんな感じなんで、あたしは、ヲタクの人の趣味はイマイチ理解できないし、「萌え~」っていう感覚も分かんないんだけど、なんか、ちょっとだけ分かるような感じがしたのが、エヴァンゲリオンのアスカがゴスロリの衣装を着てるフィギュアだ。サスガのあたしも、これを見た時にゃあ‥‥って、別に猫じゃないけど、「おおっ!」って思って、ヨダレが垂れそうになっちゃった。だけど、スカートを脱がせられるようになってて、ショーツやガーターが見えるようになってるけど、良く考えてみたら、アスカって中学生なんだから、こういうのってヤバイよね? どう考えても「児童ポルノ」に準じてるじゃん。

でも、こうして堂々と販売してるってことは、どっかのロリコンの変質者が勝手に作ったフィギュアってワケじゃなくて、ちゃんとエヴァンゲリオンの著作権を持ってる会社の許可を取って、製造、販売をしてるってことだよね? ちゃんと事前に実物を見せて、スカートが脱着式で下着が丸出しになっちゃうことも見せて、それでも許可を得られたってことは、エヴァンゲリオンの著作権を持ってる会社は、こんな「児童ポルノ」みたいなのを「まったく問題なし」って判断したってことだよね? それなら、部外者のあたしがトヤカク言うことじゃないし、欲しい人たちが買って、スカートを脱がして、ハァハァしたって何の問題もないってことだ‥‥つーか、あたしもハァハァしたいし(笑)

‥‥そんなワケで、あたしは美女が大好きだから、女の子のフィギュアなら、可愛い系よりも美しい系のほうが興味あるんだけど、そんなことは置いといて、忘れちゃいけないのが、大根仁監督からいただいたライオン丸Gとタイガージョーのフィギュアだ。これは、他のフィギュアとは比べ物になんないほど立派で、体中の関節が動くからどんなポーズもできるし、あまりにもハイクオリティーだ。だけど、とにかく大きくて、タンスの上のスペースには置けないから、汚れないように透明の箱に入れたままの状態で、パソコンデスクのほうに飾ってる。

で、なんでタンスの上のスペースがいっぱいなのかって言うと、サイボーグ・クロちゃん関係が半分くらいを占領してるからだ。サイボーグ・クロちゃんは、もう、何よりも大好きだから、普通のクロちゃんの他に、異世界サバイバル編で、最強の敵、バイスとの戦いで、ボロボロになった時のバージョンも持ってるし、スケルトンバージョンも持ってるし、ミーくんも持ってるし、マタタビも持ってる。つまり、クロちゃん3体とミーくんとマタタビを持ってるワケだ。そして、クロちゃんのガトリング砲は、強化スプリングに交換して、強力なBB弾が発射できるように改造してある。さらには、このクロちゃんにセットしたり持たせたりする別売りの「スーパーガトリング砲」とかの武器も、発売されたものは、ひと通り揃えてる。そして、そういう別売りの武器とかもキチンと並べてるから、いっぱいスペースを使っちゃってるってワケだ。

だって、サイボーグ・クロちゃんは、「コミック・ボンボン」に連載してたことからも分かるように、対象年齢は小学生くらいのマンガだったから、フィギュアとかも安かったのだ。どれも1000円くらいだったし、別売りの武器とかは300円とか500円くらいだったから、あたしは、週に1回は川崎の「トイザらス」を覗きに行って、新しいのが出てると、ホイホイと買ったりしてた。だから、何から何までってワケじゃないけど、9割がたは揃ってる。あと、ダンボールで作った「あたし用のガトリング砲」もあるから、これは弾は出ないけど、イライラした時とか、テレビに久本雅美が出てる時とかに、手にはめて、「ダダダダダダダ~~~!」ってやって、ストレス発散してる(笑)

サイボーグ・クロちゃんに関しては、コミックスを全11巻と、テレビ東京で放送してたアニメを全部持ってるんだけど、アニメは自分でコツコツと録画したヤツで、何度も重ね録りしたビデオテープに3倍速で録画したセイで、途中で画像が乱れちゃってるのもあるから、DVDが発売されたら揃えたいんだけど、そんなに人気もないみたいだし、一部のファンしかいないマニアックなアニメだから、DVD化はあんまり期待してない。まあ、画像が乱れてても、一応、ぜんぶ持ってるから、別にいいんだけど。

それから、サイボーグ・クロちゃんの歌は、Lady Qが歌ってるオープニングの「ぐるぐるクロちゃん」が、スレンテンていうレゲエのリディムを使った曲で、シスタKが歌ってるエンディングの「ポジティブヴァイブレーション」が、ルーツ・ロック・レゲエで、両方ともサイコーなんだけど、この他に、あんまり知られてない名曲がある。クロちゃんに想いを寄せるナナちゃんが歌ってる「ナナのラブソング」っていう曲で、これがまた、サイコーに可愛い曲なのだ。だけど、この曲は、オリジナルのサントラ盤には収録されてなくて、ものすごくマニアックに発売された、クロちゃんの絵本みたいな小型な本と、カセットテープがセットになったヤツにしか収録されてないのだ。あたしは、当然、持ってるけど。

‥‥そんなワケで、ついつい語っちゃったけど、サイボーグ・クロちゃんて言えば、今から6~7年くらい前に、パチンコにもなったんだよね。あたしは、打ちたくて打ちたくて探しまわったんだけど、近所のパチンコ屋さんにはどこにも導入されなくて、やっとのことで見つけたのが、小田急線の経堂駅のパチンコ屋さんだった。それで、原チャリで通ったんだよな~。だけど、リーチがヤタラと長いワリには最後の最後でハズレちゃうし、パチンコとしては、正直、あんまり面白くなかった。あたしは、クロちゃんのファンだったから少しは楽しめたけど、クロちゃんのことを知らないオジサンとかオバサンは、ぜんぜん楽しめなかったと思う。ちなみに、あたしは、ハッキリとは覚えてないけど、ぜんぶで10回くらい打った中で、少ない投資でサクサクと連チャンできたのは1回だけで、トータルとしては3勝7敗くらいの感じだったと思う。

でも、料理が得意なミーくんが、フライパンで数字を炒めるリーチとか、原作を知ってれば、それなりに楽しめる演出が満載で、今、思えば、なかなか凝った作りだったように感じる。あたしは、1回だけしか出せなかったけど、確率の高い「ガトリング砲リーチ」で、通常はクロちゃんがガトリング砲で数字を破壊してくんだけど、クロちゃんとミーくんが合体したキャラが登場すると、大当たり確定のプレミアで、これがすごくカッコ良かった。それで、念のためにインターネットで調べてみたら、メディアプレイヤーで画面はちっちゃいけど、動画を発見した。


「ガトリング砲リーチ/通常大当たり」
http://www.monako.co.jp/products/2001/details_kuro/movie/r_gun_vacant.mpg

「ガトリング砲リーチ/プレミアム大当たり」
http://www.monako.co.jp/products/2001/details_kuro/movie/r_gun_equip.mpg


‥‥そんなワケで、サイボーグ・クロちゃんに夢中になってるあたしは、美少女フィギュアに「萌え~」ってしてる本格的なヲタクの気持ちは分かんないけど、「妄想」とか「現実逃避」とかを得意ワザにしてるって点では、あたしも一応はヲタクの素質があると思ってる。だから、これ以上、フィギュアが増えるのは困るけど、まずは、軽いとこで、土方歳絵ちゃんのコスプレあたりから始めてみっか‥‥なんて思ってる今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.16

他力本願も実力のうち

あたしは、パチンコをするたびに勝ってるワケじゃなくて、もちろん、負ける時もある。ただ、「今日は3000円だけ」とか、「今日は5000円まで」とかって決めて打ってるから、負けた時ってのは、その3000円とか5000円とかで最初の大当たりを引けなかった時で、パッとしたことが何もなく、1時間も経たずに5000円負けちゃった時のことなんか書いても、ぜんぜん面白くないから、日記には書かないだけだ。だから、この日記には、勝った時のことしか書いてないだけで、百発百中で勝ってるワケじゃない。でも、トータルとしても、少なくとも月に2ケタは勝ってるし、ここ2ヶ月は、家賃も光熱費も母さんの病院代も、すべてパチンコの勝ちだけで支払ってるから、まあまあ調子がいいほうだと思ってる。

で、ここ2~3ヶ月は、本腰を入れてパチンコを打つようになったので、何が一番変わったのかっていうと、以前は最高でも5000円までしか突っ込まなかったのに、今は、基本として1万円、場合によっては1万円以上も突っ込むようになったってことだ。幸いにも、1万円とか1万円以上も突っ込んで、まるまる負けたことはなくて、そのくらい突っ込んだ時には、必ず大当たりを引いて、トータルでは勝ってるからいいけど、絶対に出るハズの「機動新撰組 萌えよ剣」を打ってて、1万円を超えても大当たりを引けなくて、1万1000円、1万2000円、1万3000円‥‥て突っ込み始めた時には、パチンコそのものがぜんぜん楽しめなくなってる自分に気づいた。

だから、やっぱり、「明日までに10万円作らないとヤバイ」なんて考えで打ちに行くと、心から楽しむことができないんだなって思った。この前、月末の支払いを作るために、フラフラな状態で打ちに行って、ハンドルを握ったまんま燃え尽きた時みたいに、あそこまで行っちゃえば、それはそれであとから笑い話にもなるけど、通常モードの時に、あんまり激しく「お金を作らなきゃ!」って意識が前面に出ちゃうと、あたしの持ち味の動物的カンが死んじゃって、分かりきってる台でハマッちゃったりする今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、昔のフィーバー機と違って、今のCR機って、「絶対に100%勝つ」ってことはできない。だけど、それぞれの機種に大当たりの波が何パターンかあって、その波を読むことができれば、勝てる確率はグッと大きくなる。ま、チョー簡単に言えば、今のCR機って、当たれば連チャンするけど、ハマる時には大ハマリしちゃう「ギャンブル台」と、それほど酷い大ハマリはないけど、当たっても大して連チャンしない「銀行台」とに分けられる。もちろん、すべての機種が、このどっちかに分けられるんじゃなくて、「キャンブル台と銀行台のちょうど真ん中」みたいなのもあるし、「キャンブル台寄りの銀行台」ってのもある。

ようするに、ハマリ率と連チャン率と引き戻し率から割り出した、その機種の特性なんだけど、たとえば、最近、あたしが大好きな機種で言えば、「機動新撰組 萌えよ剣」は、「キャンブル台寄りの銀行台」で、「サクラ大戦」は、ミゴトなまでの「キャンブル台」ってことになる。簡単な見分け方としては、午後イチくらいで、台の上のカウンターを見てまわって、どれくらい大ハマリしてるかってことを見れば分かる。「機動新撰組 萌えよ剣」のTTXなら、3~4台に1台が500回のハマリ、7~8台に1台が700回のハマリで、1000回のハマリはメッタにない。そして、連チャン率のほうは、平均して4~6回で、引き戻し率はそこそこ高いから、「キャンブル性も高いけど、台さえ選べば、そんなにリスクを背負わないで遊べるし、最低でも2~3回に1回はそれなりに勝てる機種」ってことになる。

だけど、「サクラ大戦」のほうは、平日の午後イチで見に行くと、1台置きに500回とか700回とかハマッてるし、1000回以上のハマリもタマに見るから、それだけでもリスクが高いことが分かると思う。そして、連チャンする場合には、ノーマル当たりがことごとく昇格したり、時短で引き戻したりして、サクサクと10回くらいまで伸びるパターンと、面白いくらいに確変が続いてく安心パターンとがあるから、思いっきりの「キャンブル台」だってことが分かるだろう。

あたしが、「サクラ大戦」のSVWの実戦からとったデータで割り出した大マカな波としては、ノーマル当たり後に500回のハマリがあってから、連チャンに突入するパターンと、もう一度、1回のみのノーマル当たりがあるパターンと、700回、1000回と大ハマリしてくパターンとがある。だから、キモとしては、「単発の大当たり後の500回のハマリ明け」ってことになる。つまり、午後から打つんなら、何回も連チャンしたあとに、時短を含めて200回ほど回してやめてる台よりも、単発で1回だけ当たってて、そこから500回くらい回してる台を選んで打ち、550回くらいまで回しても当たらなければ、他の台へ移動するってことだ。そして、連チャンしたら、連チャンが切れるまで打ち続ければいいし、単発が当たって昇格しなかった場合は、時短で引き戻さなかったら、出た1箱を飲ませないで、そこでサクッと終わりにすべきだってことだ。

‥‥そんなワケで、今のCR機は、それぞれの機種に特性があるんだけど、それを知ってても生かせないのが、朝イチで行った場合だ。朝イチだと、台の上のカウンターは、みんな0にリセットされてるし、お店によっては、ロムをクリアしちゃってるとこもあるから、前日の夜に様子を見に行ってないと、どの台がどんなとこで止まってんだか分かんない場合が多いのだ。だから、ある程度、打ち込んでる台で、その台の特性を肌で感じることができて、今、自分の台が、どこにいるのか、つまり、「1000回の大ハマリの途中の800回辺りにいる」とか、「単発当たり後の400回辺りにいる」とかってことが、背景の変化や予告の連続具合やハズレの出目から判断できるようになってない限り、朝イチは打つべきじゃないってことだ。

で、体力も回復したし、久しぶりに朝イチで行って来たあたしは、ある程度、打ち込んでて、ある程度、波が読めるようになってた「サクラ大戦」を打つことにした。なんでかって言うと、「サクラ大戦」が導入されて1ヶ月、すでに大ハマリしまくりのスーパーギャンブル台だってことが知れ渡っちゃたから、誰も打とうとしなくて、いつもガラガラで、台を選び放題だからだ。それで、あたしは、ハシッコの台から順番に、500円か1000円ずつ様子を見てくつもりで、まずはハシッコの台に座った。それで、バッグからコーヒーを出そうと思ったら、冷蔵庫に忘れて来ちゃったことに気づいた。せっかく早起きして、わざわざアイスコーヒーを作って、500のペットボトルに入れて、冷蔵庫で冷やしてたのに、そのまま忘れて来ちゃったのだ。

それで、あたしは、どうしてもコーヒーを飲みたかったから、お金がもったいないと思ったんだけど、久しぶりのパチンコだしってことで、自販機で、ボスの「伝説のナントカ」っていう缶コーヒーを買った。そしたら、ガチャッて出て来た缶コーヒーに、なんか、白い筒みたいなフタがついてて、「なんだろう?」って思って取り出して見たら、白いフタの上に「あたり!」って書いてあった。それで、とりあえず、台のとこに戻ってから白いフタを開けてみたら、中にボスのマークのシルバーのケータイストラップみたいな、キーホルダーみたいなのが入ってて、説明書には、「金色リング、銀色リング、ご当選おめでとうございます」って書いてあった。だから、金と銀があるうちの、銀のほうが当たったみたいだ。

Moe74
‥‥そんなワケで、あたしは、「こりゃあ今日はツイてるぞ♪」って気分になって、とりあえず打ち始めてみたら、アッと言う間に停留ランプが満タンになったから、一度、ハンドルから手を離して、この缶コーヒーの写真を撮っとこうと思って、バッグからケータイを出した。それで、缶の上に「あたり!」のフタをはめて、台の左のとこに置いて、ケータイで写真を撮った瞬間に、台がピカピカッて光ったから、「え?」って思って盤面を見たら、画面下の「帝撃」のマークが青く光ってて、画面には大きな「帝撃」のロゴが出てた。そして、あたしが「おおっ!」って思ったら、画面にバチバチッて電気みたいなのが走って、ルーレットの絵柄がぜんぶ、ロボットみたいなナントカ甲冑に変わった。

ナントカ甲冑の絵柄は、光武モードの時しか出ないんだと思ってたのに、通常画面でも出るなんて、これって鉄板か、最低でも激アツなんじゃないの?って思って見てたら、真宮寺さくらのカットインから、海の磯で宮本武蔵みたいな敵と戦うリーチに発展して、このリーチは50%くらいなんだけど、今回は入り方が熱いから行けるかな?って思ってワクワクしてたら、1発でザックリと当たった。で、これはノーマル当たりだったんだけど、大当たりラウンド前の再抽選で、いつもは真宮寺さくらが刀を振り下ろすところが、ナントカ甲冑が刀を振り下ろして、バシッと確変に昇格した。台の上のカウンターを見たら、サンゼンと「4」て数字が輝いてたから、5発チャッカーに入ったうちの4発目で当たったってことだ。すごいよ!マサルさん!‥‥じゃなくて、きっこさん!(笑)

Moe66
で、こうなると、最低でも5連チャン以上は続くのが「サクラ大戦」だから、あたしは安心して打ってたんだけど、隊長が「いくぞ!さくら君!」て言って、スーパーに発展して「七」がサクッと揃ったり、あたしの大好きな神崎すみれちゃんが「激アツよ~ん!」て言ってくれて、「一」でサクッと揃ったり、多い日も安心の「確変、確変、また確変」の連チャンで、9箱まで積むことができた。それで、9回目が初めてのノーマルで、ラウンド前もラウンド中も昇格しなくて、時短でも引き戻さないばかりか、今までのゼッコーチョーがウソみたいに熱い予告が出なくなったから、ここが潮時だと思って、時短後に上皿のぶんだけ回して、パッとやめにした。まったくムダなく出せたから、1万4000発以上になった。いつもはジタバタしてやっと勝ってるから、こんなにも美しく勝てたのは久しぶりで、すごく嬉しかった。

‥‥そんなワケで、今までも、「お座り1発」は何度もあるけど、ヘタすると大ハマリしちゃうギャンブル台の「サクラ大戦」で、朝イチの「お座り1発」は、ワンダホー&他力本願て感じで、あまりにもラッキーガールだろう。これも、きっと、缶コーヒーのボスの当たりのご利益だと思うんだけど、この幸運を維持してけば、「パチンコ必勝本」のレディースバトルのさやかとビワコとバリンコンとセレブ大鳥が4人がかりで掛かって来ても、楽勝で勝てそうな気がしちゃう‥‥つーか、「機動新撰組 萌えよ剣」の温泉リーチの温泉に関して、ビワコは「草津温泉」だって言ってるし、セレブ大鳥は「別府温泉」だって言ってるけど、その時点で、2人ともまだまだ甘すぎる。あの温泉は、テレビ版アニメの第3話「肌を染めにし湯けむりに」に出て来た「有馬温泉」なのだ‥‥なんてマニアックなツッコミをしてみた今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

亀田オヤジの盗作疑惑

今や、沢尻エリカ以上の「諸悪の根源」て呼ばれてる亀田オヤジだけど、暴力団まがいの恫喝や脅しだけじゃなく、安倍なつみレベルの幼稚な盗作疑惑までが噴出した。

亀田一家と言えば、TBSが囲い込んで「金の卵を産むチキン野郎」へと育て上げたことは周知の事実だけど、そんなTBSの「Jスポーツ」で、以前、紹介された亀田オヤジが興毅に贈った手紙が、アニメ「侍ジャイアンツ」のパクリだったという疑惑が指摘されてるのだ。

以下、亀田オヤジの手紙と、アニメの「侍ジャイアンツ」の最終回で川上監督が番場蛮に贈った言葉とを列記するので、これがパクリかどうか、皆さんの目で確かめて欲しい。


「亀田オヤジが興毅に贈った手紙」

興毅 ほんとうに おめでとう
お前は もう 親父だけの者ではない
今や世界の亀田興毅になったんじゃ
それも山あり谷ありの厳しい勝負の道を
ひたすら歩み続けたからこそ今日の栄光が会った
しかしボクシングの道は終った分けではない
これから厳しいボクシング道が待ってる
興毅よ万文の山はいくつはばまおうとも
戦陣の谷に何度も落ちようとも前え 進め
最後に 本当におめでとう
親父
※誤字脱字等は原文ママ
http://kameda3.up.seesaa.net/img20060802/letter_tv.jpg(番組画像)


アニメ「侍ジャイアンツ」最終回 で「川上監督が番場蛮に贈った言葉」

番場よ、本当におめでとう。
おまえはもうジャイアンツだけのサムライではない。
今や世界のサムライになったんじゃ。
それも山あり谷ありの厳しい勝負の道を
ひたすら歩み続けたからこそ、今日の栄光があった!
しかし、野球の道はこれで終わったわけではない。
これから厳しい野球道が待っている。
サムライよ、万丈の山がいくつ阻もうと、
千尋の谷に何度落ちようと、前へ進め!
その前途を祝って、もう一度言わせて貰おう。
番場蛮、本当に、おめでとう!
巨人軍監督 川上哲治
http://www.yomogi.sakura.ne.jp/~eyeball/html2/samurai.html(侍ジャイアンツ)


【緊急アンケート】

亀田オヤジが興毅に贈った手紙は盗作だと思うか?

1.誰が見ても盗作
2.偶然に似ただけ


★ ついでに応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

亀田一家へのペナルティーは妥当か?

15日、日本ボクシングコミッション(JBC)によって、亀田一家へのペナルティーが科されました。

亀田弟はボクサーライセンスの1年間の停止処分。
亀田オヤジはセコンドライセンスの無期限停止処分。
亀田兄は厳重戒告処分。
協栄ジムの金平会長はクラブオーナーライセンスの3ヶ月の停止処分。

これらは、日本ボクシングコミッションの倫理委員会が満場一致で決定したことですが、亀田オヤジは「いきなりの1年間の停止処分は重い」といって不満を示しています。

あなたは、このペナルティーをどう思いますか?

1.甘すぎる
2.妥当だ
3.厳しすぎる

★ ついでに応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.15

猫のことは猫に習え

Neko13
しばらく前から、駐車場に、変な顔の模様の猫が現れるようになった。基本的には、白地に黒いブチのガラなんだけど、白と黒のバランスが極端に偏ってて、特に、顔の模様がヘンテコなのだ。普通の白黒ブチの猫って、マックスもそうだけど、お腹のほうが白くて、背中のほうに黒いブチがあって、顔は、頭のほうが黒くて、たいていは左右対称で、人間の髪型みたいになってることが多い。だけど、この子は、顔の黒いブチの模様が面白くて、まるで、お正月の羽根突きで負けて、顔に墨を塗られちゃったみたいで、思わず笑っちゃうほどヘンテコな顔なのだ。

で、こればっかりは文章で説明することはできないので、絵に描いて、「きっこのブログ」のほうで紹介してるから、どんな顔なのか見たい人は、「きっこのブログ」の絵を見てもらうとして、この子が変わってるのは、顔だけじゃない。体のほうも面白くて、胴体はぜんぶ真っ白なのに、シッポだけが黒くて、それも、U字型の極端なカギシッポなのだ。だから、真っ白な胴体に、墨を塗りたくったみたいな顔と、短くてU字型の黒いシッポがついてるってワケで、ものすごく個性的な模様なのだ。

とにかく、あたしは、変わった猫や個性的な猫が大好きだから、その子が可愛くて可愛くてシビレまくっちゃってるんだけど、まだ、ぜんぜん懐いてなくて、今んとこ触ることもできない。みんながご飯を食べてるとこを離れた場所から見てて、みんながいなくなってから、恐る恐るご飯の残りを食べに来たりって感じで、あたしが、その子のために新しいご飯を出してあげようとすると、ビクッとして逃げてっちゃう。それで、新しいご飯を置いて、あたしがお部屋に戻ったフリをして、階段を上って身を隠してると、コソコソと食べに来て、周りを警戒しながら慌てて食べてるって感じだった。だけど、そんなことを1週間くらい続けてたら、だんだんに馴染んで来て、ようやく、至近距離で写真を撮ることができた今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


Neko12
‥‥そんなワケで、あたしは、まだ、その子に触れることもできないし、男の子か女の子かも分かんない状態だから、暫定的にだけど、「もんじゃ」って名前をつけた。顔の模様が「もんじゃ焼き」みたいだからだ。で、その「暫定もんじゃ」に対して、他の猫たちは、不思議と威嚇しない。ヨソの猫がやって来ると、真っ先に威嚇するマイケルや小林君も、別に興味を示さなくて、チョロっと見ただけで、無視してる。ヨソの猫が来ると大騒ぎするマックスやジジも、暫定もんじゃと目が合っても、これといって何のリアクションもなく、普通にしてる。

明らかに別の猫グループに属してる猫が、こっちのテリトリーを侵犯して来たんなら、まずはマイケルが威嚇して、たいていの場合は、威嚇だけで追い払う。そして、それでも逃げないようなボス猫クラスだったら、バトルが始まる場合もある。もちろん、マイケルは、口だけ番長の腰抜け亀田一家とは違って、ちゃんと実力のともなってるリーダー的存在だから、自分よりも体の大きいボス猫が来ても、ヒキョ~な反則なんかしないで、正々堂々と戦って、相手を撃退してくれる。

だから、これは、あたしの推測なんだけど、マイケルたちは、きっと、猫ならではの嗅覚とか動物的カンとかで、その見知らぬ猫が、別の猫グループから来た縄張り荒らしなのか、それとも、どこの猫グループにも属さない猫が、お腹を空かせてフラッとやって来たのか、そういうことが分かるんじゃないのかって思った。何しろ、植え込みとかにしてある他の猫のオシッコの匂いだけで、その猫のことがだいたい分かっちゃうくらいなんだから、直接、相手の姿を見れば、もっといろんなことが分かるんだと思う。

たとえば、すごく大きくて、いかにもボスって感じの猫が、ふてぶてしい態度でやって来た場合と、なんにも分かんないような子猫が、ヨタヨタと迷い込んで来た場合なら、どっちの猫が侵略者なのか、あたしでも分かる。だけど、中くらいの大きさの猫が、普通にやって来たら、あたしには判断できない。だけど、マイケルたちは、それが分かるのだ。ペペロンチーノやカルボナーラがやって来た時には、マイケルを始め、他の子たちも、最初は警戒したり、軽く威嚇してたけど、ちょっと接触したら、もう、自分たちのテリトリーを侵犯して来た相手じゃないって分かったみたいで、すぐに馴染むようになった。だけど、ペペやカルボとおんなじくらいの大きさの猫でも、ヨソの猫グループの猫が紛れ込んで来た場合には、最初っからものすごい威嚇をして、すぐに追い払っちゃう。だから、マイケルたちは、相手がどんな猫なのか、見ただけで分かるみたいなのだ。

‥‥そんなワケで、暫定もんじゃの場合は、体の大きさはマックスとおんなじくらいで、一般的な成猫なんだけど、見ただけじゃ、ヨソの猫グループの猫なのか、どこにも属してない猫なのかは、あたしには分かんない。だけど、マイケルたちが、暫定もんじゃのことを威嚇したり追い払おうとしたりしない様子を見れば、暫定もんじゃがヨソの猫グループから送り込まれて来たスパイ猫じゃないってことが分かる。やっぱ、松尾芭蕉が、「松のことは松に習え、竹のことは竹に習え」って言ったように、「猫のことは猫に習え」ってワケで、猫社会のことは、猫たちに任せとくのが一番いいってワケだ。

そんな暫定もんじゃだけど、とにかく顔の模様が傑作なので、あたし的には、ぜひ、うちの猫グループの一員になって欲しいと思ってる。うちの猫グループは、みんな普通のガラの猫ばっかで、個性的な子がいない。唯一、小林君が、長毛種のチンチラとニポン猫のハーフなので、ニポン猫のガラで毛が長いっていうリトル変わった感じなんだけど、模様としては一般的だ。だから、一度見たら絶対に忘れないような暫定もんじゃは、グループのカラーを確立させるためにも、ぜひともメンバーになって欲しい逸材なのだ。

暫定もんじゃは、顔の模様や体の色の配分が面白いだけじゃなくて、鳴き声も面白い。まだハッキリとは確認してないんだけど、2~3回ほど聞いたのは、なぜか、「ぴゃ~」って鳴いてた(笑) だから、コーフンしてたかビビッてたかで、たまたま変な声を出しちゃっただけで、普通の時には、ちゃんと「ニャ~」って鳴くのかもしんないんだけど、もしかしたら、いつでも「ぴゃ~」って鳴く可能性もある。もしもそうだとしたら、あの顔で、いつでも「ぴゃ~」だったら、こりゃあ珠玉の逸材だ。

ま、いくらあたしが望んでも、猫には猫の事情があるワケで、この先、どうなるのかは分かんないけど、とにかく、あたしとしては、もう可愛くて可愛くてたまんないから、1日も早くダッコしてみたいし、鼻と鼻をくっつけてみたいし、肉球をプニプニしてみたいし、ブラッシングをしてあげたい。そして、みんなと仲良くご飯を食べられるようになればって思ってる。

‥‥そんなワケで、今まで、いろんな猫がやって来て、いろんな猫が去ってった。去ってった子の中には、他の場所でご飯をもらうようになった子もいれば、誰かに拾われて飼い猫になった子もいれば、車に轢かれて死んだ子もいれば、保健所に殺された子もいる。そして、それらは、その子の意思だけで決まってるワケじゃなくて、運命による部分が大きい。だけど、あたしは神様じゃないし、運命をどうこうできる立場じゃないけど、せめて、行き場のない猫たちの「1つの選択肢」として、いつでもご飯を食べられる「猫定食屋」を続けて行こうと思ってる。それは、「大切な命が1つでも救われるように」なんていう「上から目線」じゃなくて、やっぱ、「猫のことは猫に習え」っていう「猫の目線」を学ぶことこそが、すべての基本なんじゃないかって思ってる今日この頃だからなのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

新しい漢字の読み方検定です♪

鳥の名前の続編を作りました♪

今度はちょっと難しい鴨?(笑)

★ ついでに応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.14

亀田一家に厳罰

12日付の「きっこのブログ」で開始したアンケート、「亀田大毅は切腹すべきか?」は、13日の午前9時の時点で、「当然、切腹すべき」が8800票、「ライセンス剥奪でカンベンしてやる」が6560票、「かわいそうだから許してやる」が2090票で、大マカに言えば、あの試合ぶりや態度の悪さに反感を持ってる人が約9割、まあ世間知らずの子供なんだから許してやれって感じの人が約1割ってとこだった。でも、これは、選択肢の問題もあって、たとえば、「きちんと謝罪をすれば許してやる」とかっていう選択肢も作ってあれば、「許してやる」は2割くらいにはなったかもしんない。



あたしの感覚としては、相手のことをゴキブリ呼ばわりした上で、「(そんなゴキブリ野郎なんかに)負けたら切腹してやる」とまで大口を叩いたんだから、マサカ、実際に切腹しろとは言わないけど、せめて、自分の発言に対しての謝罪のヒトコトくらいすべきだと思った。たとえば、「試合前の会見では、相手を侮辱するようなことを言ったり、負けたら切腹などと調子に乗って言ってしまいましたが、実際に闘ってみて、自分の弱さ、経験不足を思い知りました。本当に切腹することはできませんが、切腹した気持ちになって、イチからやり直したいと思います」って、これくらいのことを言えば、多くの人は、もうちょっとやさしい見方をしただろう。

だけど、なんで、あたしが、「きちんと謝罪をすれば許してやる」って選択肢を作らなかったのかって言うと、あの厚顔無恥で傍若無人で支離滅裂で漫言放語な亀田ファミリーが、「自分の非を認める」「謝罪する」なんてことは、絶対にアリエなイザーだからだ。だから、あの振る舞いを許してやるんだとしたら、まったく反省も謝罪もしないことを大前提として、オーへーな態度を取り続ける相手に対して、それでも「かわいそうだから許してやる」って思える寛容な人しか、許してやることはできないと思った今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、昨日、紹介した、亀田オヤジと亀田兄が反則するようにアドバイスしてるYOU TUBEの映像は、さっそくTBSによって削除されちゃったみたいだけど、こんなことになっても亀田ファミリーとグルになって金儲けをしようとしてるTBSには、放送局としての倫理観とかってミジンもないのかね? 他局のワイドショーでは、プロレスまがいの反則ワザを連発した亀田弟に対して、厳しい意見が飛び交ってるのに、昨日のTBSの「2時っチャオ!」では、明らかに局側に指示されたと思われる亀田擁護のトンデモ発言が炸裂してた。

MCの恵俊彰が中心になって、「残念でしたね~」だの「でも12R倒されなかったのは立派ですよ」だの、明らかに他局や世論とは正反対の感想が乱れ飛び、誰ひとりとして、あの酷い反則や態度をたしなめる者はいなかった。それどころか、朝青龍の問題の時にも、時津風部屋の問題の時にも、あれほど厳しい意見を言ってたデーモン小暮閣下までもが、「ちょっとまずかった点もあったみたいだけど、いやあ、亀田くんは良くやったと思うよ」なんてノタマッてたから、あたしは、人間が悪魔に魂を売るんじゃなくて、悪魔がテレビ局に魂を売ったのか‥‥なんて思っちゃった。

とにかく、亀田ファミリーの試合前の大口や態度の悪さは今に始まったことじゃないけど、反則だらけの試合内容は、批難されてもジンジャエールだろう。あたしは、遅まきながら、ビデオで試合を見てみたんだけど、あまりにも酷すぎるよ、これ。新聞にも、「もはやボクシングじゃない」って書いてあったけど、その通りの酷い内容だった。特に、自分の負けが確定した最終ラウンドでは、ヤケクソになっての大暴れ。あれじゃあ、スポーツどころか、街でケンカしてる酔っ払いだ。その上、削除されたYOU TUBEの映像にあったように、11R開始前のインターバルの時に、亀田オヤジは「玉(急所)打ってまえ」、亀田兄は「ヒジでもエエから目ぇ入れろ」と、2人とも相手の急所を攻撃するように、反則を指示した疑惑も出てる。

今日のスポーツ紙各紙が、いっせいに取り上げてるけど、前代未聞の悪質な反則行為を繰り返した亀田弟と、反則行為を指示したとされる亀田オヤジと亀田兄に対して、日本ボクシングコミッション(JBC)は、厳重な処分を下すことになったそうだ。ちなみに、「スポーツ報知」の記事では、「過去2度の処分を受けているトレーナーの父・史郎氏(42)は3か月以上のライセンス停止処分が濃厚」「JBCでは、最終ラウンドで大毅が王者の内藤を2度投げたことを、選手生命を危機にさらす悪質行為と見ており、大毅本人の処分を検討」「所属の協栄ジム・金平桂一郎会長(41)の監督責任も追及される見込み」って書かれてる。

どっちにしても、亀田オヤジの厳罰だけは避けられないだろう。去年の9月には後楽園ホールで観客との乱闘、今年の3月にはレフェリーに暴言を吐き、2回とも「厳重戒告処分」を受け、その時に、JBCからは、「次は厳罰処分を科す」って言われてたそうだ。ようするに、「今回までは厳重戒告で済ませてやるけど、これで2回目なんだから、次はないよ」ってことなのだ。JBCの罰則規定は、警告→厳重戒告→ライセンス停止(1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、無期限)→ライセンス剥奪って順番で重くなってくから、すでに「厳重戒告」を2回も受けてる上に、「次は厳罰処分を科す」って言われてた亀田オヤジは、最低でも「ライセンス停止」以上の処分を受ける可能性が高いってワケだ。

まあ、あの兄弟があんなふうになっちゃった諸悪の根源は、沢尻エリカ‥‥じゃなくて、ぜんぶあのオヤジが悪いんだから、ホントなら、あんなオヤジから隔離して、もっとちゃんとしたジムで、もっとちゃんとしたトレーナーをつけて、技術だけじゃなくて、精神面やマナーなども指導してやれば、少しは「見るに堪える選手」になりそうだと思うんだけど、ここまでオヤジ譲りのバカキャラが出来上がっちゃったんだから、もうムリか。それにしても、呆れ返るのは、あの恥知らずの亀田兄のイイワケだよね。「ヒジでもエエから目ぇ入れろ」って言ったことに対して、「あれは亀田家のボクシング用語」だって、あまりにも苦しいイイワケを炸裂させちゃった。


「11ラウンドの開始前の俺の発言が誤解されてるみたいやけど、あれは亀田家のボクシング用語で誤解されてるようなもんやない。あれはヒジを上げてしっかりガードして、目の位置を狙えいう意味。亀田スタイルの基本や。それに今のグローブはサミング出来へんように親指のところが縫いつけられてるから、サミングなんて出来るわけあらへん。俺が大毅に反則をさせるような事は絶対にあらへん。」


アホか? それなら、亀田オヤジが「玉、打ってまえ」って言ったのも「亀田家のボクシング用語」で、「タマシイを込めたパンチを繰り出せ」って意味なのか?(笑) ホント、口先だけでチャンピオンになった小僧は、イイワケだけは世界チャンピオンの実力があるみたいだ。ちなみに、「今のグローブはサミング出来へんように親指のところが縫いつけられてるから、サミングなんて出来るわけあらへん」て言ってるけど、執拗なサミングで両方のホホを赤黒く腫らした内藤選手は、次のように言ってる。


「両目の腫れはすべて亀田のサミングのためです。試合途中から亀田はくっつくとサミングを繰り返したり、太ももを打ってきました。本当に腹が立ちました」


度重なる反則の「太もも打ち」を受けた内藤選手は、翌日は足が痛くて歩くのも大変だったそうだ。そして、亀田兄がリベンジするとノタマッたことに対しては、「僕は自分の体が大事ですから、あんな反則ばかりする亀田家の人間とはもう試合をする気はありません」て言った。また、試合前にリング上で、亀田オヤジが「なんじゃ、こら!」と怒鳴りながら体を近づけて来たことも明かして、「これは脅しです。許されないです」とも言ってた。

‥‥そんなワケで、東日本ボクシング協会にも、今回の亀田弟の悪質な反則行為や、亀田オヤジや亀田兄が反則の指示を出したことに対する苦情が殺到してるため、15日の理事会で緊急議題として取り上げることになったそうだ。そして、JBCでは、東日本ボクシング協会の理事会後に倫理委員会を設けて、亀田オヤジや亀田兄の「反則の指示」をビデオで検証して、その事実が確認されれば、亀田オヤジだけでなく、亀田兄にも厳罰を下すことに決まったそうだ。ま、そりゃあ当然のことだろうけど、どっちにしても、実力もないクセに口だけは世界チャンピオン並みの八百長反則一家なんだから、1日も早く「ハッスル」にでも移籍して、お得意の下品なパフォーマンスで笑わせて欲しいと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


|

2007.10.13

新しい漢字の読み方検定です♪

今度は、鳥の名前の読み方検定を作ってみました♪

★ ついでに応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

百害あって一利なしの在日アメリカ軍

いつものように、中央のマスコミはいっさい報じないけど、またまたまたまた、沖縄を占領してる頭のイカレタ野蛮なアメリカ人が、極悪非道な犯罪を犯して、捕まる前にアメリカへ逃げ帰ろうとした悪質極まりない事件が起こった。以下、「沖縄タイムス」の10月10日付の夕刊の記事だ。


「女性暴行 米兵息子を逮捕」

沖縄市内の飲食店で従業員の女性(22)を殴り、性的暴行を加えたとして沖縄署は九日、在沖米空軍嘉手納基地内に住む無職のケビン・エル・パークス容疑者(21)を強姦致傷の疑いで逮捕した。容疑を認めているという。調べでは、パークス容疑者は今月一日午前四時から五時ごろまでの間、営業中の飲食店内で、料金の支払いを求めた女性従業員の顔をビール瓶で殴り、声が出せないように口をふさいで性的な暴行を加えて逃走した疑い。女性は全治一週間のけがを負った。沖縄署が別の飲食店従業員の目撃証言などから同容疑者の似顔絵に基づき、米軍の捜査機関と協力して同容疑者を割り出し、任意同行。容疑を認める供述をしたため、逮捕した。同容疑者は、調べに対し、十日に米本国へ帰国する予定だったと供述。九日に沖縄署の捜査員が嘉手納基地内の自宅から同容疑者に任意同行を求めた際、室内では荷物などがまとめられていたという。パークス容疑者の母は嘉手納基地に勤務する大尉。

http://www.okinawatimes.co.jp/day/200710101700_04.html


ここで注目して欲しいのは、「未遂」じゃなくて「強姦致傷」だって部分と、「性的な暴行を加えようとして」じゃなくて「性的な暴行を加えて」って部分だ。つまり、この鬼畜アメリカ人は、被害者の女性を店内でレイプしたってことだ。母親が大尉だからって、兵隊でも何でもないプータローのクソガキが、観光気分で沖縄に遊びに来て、あたしたちが巻き上げられてる税金で優雅な生活をして、挙句の果てに、何の落ち度もない沖縄の女性をビール瓶で殴りつけ、口をふさいでレイプするなんて、こんなキチガイ、今すぐ射殺しろ!


‥‥そんなワケで、今回の事件は、たまたまギリギリで逮捕することができたけど、部屋の荷物はマトメられてたんだから、ホンの数時間の差で、逃げられるとこだったってワケだ。そして、アメリカに逃げられちゃったら、もう二度と逮捕することもできないし、沖縄での過去の数え切れないほどのアメリカ人による悪質な犯罪とおんなじように、被害者は泣き寝入りするしかなかったってワケだ。

もちろん、沖縄が一番酷いけど、他の地域でも、米軍基地のある街では、在日アメリカ兵やその家族による凶悪犯罪が多発してる。そして、その多くは、ニポンの女性に対するレイプ事件であり、酷いものになると、レイプされたあとに殺されてる。だから、今回の沖縄の事件だって、普通なら絶対に許されないことなのに、あたしは、こうしたニュースを耳にするたびに、怒りがこみ上げて来るよりも先に、まずは「殺されなくて良かった‥‥」って思っちゃう。そして、一拍してから、ようやく怒りがこみ上げて来る。つまり、それくらい、アメリカ兵どもによる性犯罪は残酷だってことなのだ。

そして、どうしてヤツラがこんな凶悪犯罪ばかり繰り返すのかっていうと、その理由は簡単だ。ヤツラにとって、ニポン人なんか、「人間以下」だと思ってるからだ。「日米安保条約」なんていうファッキンな遺物によって、「オレたちが黄色い猿どもを守ってやってんだ」って思われてるからだ。もちろん、すべてのアメリカ人がそんなふうに思ってるワケはなくて、逆に、一般のアメリカ人の中の民度の高い連中は、すでに「人種差別」なんて感覚は持ってない。彼らが持ってるのは、「人種区別」の感覚だけだ。だけど、兵隊としてニポンにやって来るようなヤツラの中には、21世紀になっても、未だに「アングロサクソンこそが世界で一番優れてる」なんて思い込んでる大バカが勢ぞろいしてる。だから、こんな極東の島国のイエローモンキーなんて、自分たちとおんなじ人間とは思っていないのだ。

2006年2月15日の日記、「沖縄はニポンの宝」で取り上げたけど、去年の1月に、沖縄の辺野古の海岸で焚き火をしてた日山実さん(26)は、突然、やって来た3人のアメリカ兵に、何の理由もなく暴行を受け、四つんばいにされ、背中を踏みつけられた。その間、アメリカ兵どもは、終始、ゲラゲラと笑っていたそうだ。この事件ひとつを見ても、アメリカ兵どもがニポン人のことをどう思ってるかが良く分かるだろう。ヤツラにとって、あたしたちニポン人は、脅せばいくらでもお金を出す便利な財布でしかないのだ。

おなじく去年の1月、横須賀に住んでた佐藤好重さん(当時56才)は、ただ道を歩いてただけで、突然、襲い掛かって来たアメリカ兵から、殴る蹴るの暴行を受けた。佐藤さんは、肋骨6本と鼻の骨を折られ、そのまま殺されてしまった。この鬼畜アメリカ兵は、空母「キティホーク」の乗組員、ウィリアム・オリバー・リース(21)で、イラク攻撃の激務を続けてたために、精神的に混乱してたそうだ。そして、この「キティホーク」の燃料は、「テロ対策特措法」によって、ニポンの自衛隊がインド洋で給油したものだ。つまり、この国の政府は、イラクの人たちだけじゃなく、何の罪もない自国の国民まで惨殺するようなキチガイどもに、あたしたちから巻き上げた税金を使って、タダで燃料をくれてやってるってワケだ。

‥‥そんなワケで、ここまで証拠がマウンテンなのに、それでもまだ「自衛隊の給油した燃料はイラクには使われてない」って言い張ってる時津風部屋の石破ちゃんだけど、あのブ厚いツラの皮は、ビール瓶で殴っても効きそうにないよね。ま、あんな軍事ヲタクなんかはほっといて、話をサクサク進めるけど、沖縄では、この20年、アメリカ兵による殺人、強姦、放火、強盗などの凶悪犯罪が、平均して年間に5~6件、2ヶ月に1件の割合で起こり続けてる。だけど、これは、立件できたものだけだから、証拠不十分で立件できなかったものや、未遂のものまで入れたら、数倍の数になる。さらには、完全に立件できるだけの証拠は揃ってるのに、加害者がアメリカ軍の有力者の息子だったってことで、売国一直線のニポンの政府が警察に圧力をかけて、ウヤムヤにしちゃったものも多い。

ニポン人相手なら、多少の犯罪を犯しても捕まらないし、もしも捕まっても、自分たちのバックのアメリカが守ってくれる。何しろ、アメリカは、ニポンの上の国なんだから‥‥って思ってるんだろう。在日アメリカ兵にしたら、所詮、ニポンなんか、「自分たちがマトモな国にしてやってテロリスト集団」(ブッシュ談)なんだから、ニポン人のことしを人間扱いしてないのも当然のことだ。

本土で、3人組のニポン人がタクシーに乗り込んで、そのタクシーの運転手をボコボコにぶん殴って、売上金を盗んで逃げたとしたら、どうなるだろう? 警察は必死に捜査するだろうし、ほぼ100%、犯人たちは逮捕される。そして、強盗や殺人未遂で裁かれて、最低でも何年かは刑務所に行くだろう。だけど、これとおんなじことが起きても、場所が沖縄で、犯人がアメリカ兵だったら、逮捕どころか、氏名すら公表されないまま、コッソリとアメリカに帰って行く。被害者のタクシーの運転手さんは、泣き寝入りするしかないのだ。

本土で、公園の暗闇に隠れて待ち伏せしてたニポン人が、歩いて来た女性に襲い掛かり、殴って押し倒して強姦した上に、その女性のバッグから財布を盗んで逃げたら、間違いなく逮捕されて、刑務所に行くだろう。だけど、これとおんなじことが起きても、場所が沖縄で、犯人がアメリカ兵で、そのアメリカ兵の親が軍の上層部の人間だったら、その日のうちにニポンの政府に連絡が行き、ニポンの政府から沖縄県警に連絡が行き、留置所にいたアメリカ兵は、アッと言う間に無罪放免だ。もちろん、被害女性は、泣き寝入りするしかない。

‥‥そんなワケで、あたしは、百害あって一利なしの在日アメリカ軍には、1日も早くお引取り願いたいと思ってる。これほどの被害を受け続けてまで、これほどの侮辱を受け続けてまで、それでもペコペコと頭を下げて、腰を低くして、両手をこすり合わせながら、アメリカのゴキゲンを取り続けるなんて、ニポン人としてのプライドのカケラもない愚かな行為だ。そして、言われるがままにお金を出し続け、一度出したお金は、ぜんぜん違う目的のために使われてても、ヒトコトも文句を言えないなんて、まったくもって舐められっぱなしだ。だから、まずは、傍若無人なアメリカ兵どもに、ハッキリと中指を立ててやるための第一歩として、コイズミが作った上納金システムである「テロ対策特措法」を期限切れにさせることが、何よりも重要だと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.12

新しい漢字の読み方検定です♪

花の名前に続いて、今度は虫の名前の検定を作ってみました♪

★ ついでに応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

口だけ番長、亀田撃沈(笑)

★ まずはポチッとお願いしま~す♪
   ↓   ↓
人気blogランキング


あたしは、ぜんぜん興味ないから知らなかったけど、亀田兄弟って、まだボクシングやってたんだね。で、弟のほうが試合したみたいだけど、「負けたら切腹する」って公言してて、ボロクソに負けちゃったみたいだね。いつ切腹してくれるのかな? あたしは、くだらない八百長ボクシングなんかには興味ないけど、切腹には興味あるから、ぜひ、TBSで生中継してもらいたいもんだ。ちなみに、どんな試合だったのか、あたしは知らないけど、新聞にはこんなふうに書いてあった。


「亀田大、もはやボクシングではない」 (毎日新聞)

亀田大の未熟さばかりが目立った。最終回、採点公開制によって四、八回に発表された途中経過で大差がついた亀田大は、内藤を持ち上げて投げ飛ばした。もはやボクシングではない。通算11戦目の18歳は観客さえ敵に回してしまう、精神的な幼さが出てしまった。
初回からガードを固めて突進する亀田スタイルに徹したのも無理があった。タイミング良く当てた右ショートストレートと防御に成長の跡も見えたが手数が足りない。デビューから1年余りで世界14位。巧みなマッチメークの賜物だが技術は世界レベルに達していなかったのは明白だった。
一方でもみ合いになると、グローブを相手の目に入れる行為(サミング)や相手の足を止めるために太ももをたたく「見えない反則」もあった。試合後にその行為を淡々と打ち明けた内藤は「(亀田大は)思ったより防御勘があった。もっとクリーンにやればいいボクサーなのに」と将来性を認めた。
試合終了後、無言のまま10分で会場を後にした。前日に言い放った「負けたら切腹」を問われると、本人は答えずに兄興毅が報道陣をにらみつけた。父史郎トレーナーは「この悔しさをバネに頑張る。大毅は一から出直しや」というコメントを公表した。現実に目を向けた再起が必要だ。【小坂大】

http://mainichi.jp/enta/sports/general/general/news/20071012k0000m050125000c.html


「巧みなマッチメークの賜物」だってさ(笑)

それから、さっそく、YOU TUBEに、こんな画像がアップされてるね。


「11R開始前の亀田サイドの音声」
http://jp.youtube.com/watch?v=WUV-OcmF5U0

亀父と亀兄が何て言ってるかは、YOU TUBEのコメント欄を見てちゃぶだい。


【緊急アンケート】

亀田大毅は切腹すべきか?

1.当然、切腹すべき
2.ライセンス剥奪でカンベンしてやる
3.かわいそうだから許してやる


|

続々・漢字の読み方検定です♪

とても評判が良いようなので、第3弾も作ってみました♪

★ ついでに応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.11

炊飯ジャー!ラスタファーライ!

去年から今年にかけて、あたしは、ケガや病気が多発してるけど、それだけじゃなくて、洗濯機、冷蔵庫と、家電も順番に寿命が来てて、買い替えを余儀なくされちゃってる。洗濯機の時は、リサイクルショップで安く手に入れることができたけど、今年の6月に冷蔵庫の初号機が完全に沈黙しちゃった時には、リサイクルショップを回っても、ネルフに掛け合っても、ちょうどいいサイズの中古品が見つからなくて、仕方なく新品を買うことになった。

まあ、結果的には、10万円近い冷蔵庫を5万円以下にしてもらったし、そのお金は、前日にパチンコの「エヴァンゲリオン~奇跡の価値は~」で勝ったぶんのお金でピッタリと収まったから、何とかなったし、何よりも良かったのは、新品になったことで、消費電力が大幅に抑えられたことと、ノンフロンになったってことだった。で、15年くらい使ってた洗濯機と冷蔵庫が順番に沈黙したあと、しばらくはナニゴトもなく平和な生活が続いてたんだけど、それは、突然、やって来た。洗濯機と冷蔵庫に続いて、次に活動限界を迎えたのは、やっぱり15年くらい使ってた炊飯ジャーだったのだ。

ここんとこ、ご飯の炊け方がおかしくて、いつもとおんなじにセットしてるのに、ベチョベチョになったり、お米に芯が残ったりって、明らかにおかしかった。それで、「美味しいご飯をモリモリ食べて元気になろう!」って思ってたあたしとしては、ここはひとつ、キヨミズの舞台からバンジージャンプしたつもりになって、新しい炊飯ジャーに買い換える決心をした。何でかって言うと、去年の12月9日の日記、「ご飯を炊くのも格差社会」を書く時に、最近の炊飯ジャーの値段を調べたら、高いものは5万円だの8万円だのって法外なものもあったけど、一般の庶民向きのものは、5000円から1万円くらいのものもたくさん出てるってことを知ってた今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、だんだん体調も良くなって来たので、生活費を確保するために、昨日、軽く打ちに行って来た。だけど、原チャリで10分の隣り駅のパチンコ屋さんに行ったら、とんでもないことに、「機動新撰組 萌えよ剣」がぜんぶなくなってて、店員さんに聞いたら、「移動」じゃなくて「撤去」だって言うから、あたしは、その場にペタンと座り込みたくなるほどガッカリした。だって、行きの運転中、ずっと、「あっかい夕日が~ヒマワリ染める~男にゃなれぬが鬼にはな~れ~る~♪」って、OVA版の主題歌を歌い続けて、気持ちを昂ぶらせながらパチンコ屋さんに向かったってのに、カンジンの台が撤去されてたなんて、撤去するくらいなら、あたしに1台くれ!

で、今日はパチンコのことを書くつもりはないから、結果だけを書くけど、代わりに導入されてた「そば屋の源さん」を初めて打ってみたら、3000円で初当たりを引いて、時短が70回しかないことにビックル一気飲みしつつも、時短中の確率はグンと上がるみたいで、サクサクと引き戻して、そんなことが3回ほど続いたら、今度はノーマルの大当たりラウンドの最後に、金色の龍が現れて、確変に昇格して、そこから、また、サクサクと続いた。5連チャン目からは、大ゲサなことに、大当たりラウンド中の画面の右上に「爆発中」って文字が出て、登場するのも、源さんからセイロちゃんに変わったんだけど、とにかく、サンヨーの台は、大当たりラウンド中のムダ玉が少ないから、話が早くて嬉しい。

それで、9連チャンしたとこで引き戻さなかったので、突っ込まないでサクッとやめにして、1万4000発で4万円ちょいになったので、あたしは、炊飯ジャーを見に行く気分になったってワケだ。源さん、セイロちゃん、弾、犬丸、赤い野良猫、みんなありがとう!‥‥ってことで、原チャリに乗って、いつものコジマ電器に行ってみたら、高いのもいろいろとあったけど、1万円以下の炊飯ジャーが並んでるコーナーを見てみたら、下は4000円台から上は8000円台まで、形も機能もいろんなのが並んでた。それで、あたしは、いつもなら「とにかく一番安いもの」を選ぶんだけど、今回は、何年も使うものだし、少しくらい高くても長持ちしそうなのを選ぶことにした。

そして、最終的にあたしは、8000円台の2つに絞ったんだけど、外見的には、1つはカッコイイ未来的なデザインで、1つはオーソドックスなデザインだった。だけど、このオーソドックスなデザインのほうが、中のお釜がブ厚くて、すごくシッカリ出来てるし、パンやケーキを焼いたり、お豆腐まで作れる機能もついてるし、なんか、ずっと付き合って行けそうな気がしたから、こっちに決めることにした。東芝の「RC-10MM」っていうヤツで、この「10」って数字は「1リットル」って意味で、ようするに、5.5合炊きってことだ。ちなみに、これの大きいのは、「RC-18MM」っていう1升炊きのもある。

‥‥そんなワケで、あたしは、日記の読者からも、俳句仲間からも、新米を送っていただいてて、お米だけはタップリとあるから、最新式の炊飯ジャーも買ったことだし、ここは、海原雄山も黙っちゃうような、サイコーに美味しい「至福のご飯」を食べようと思った。それで、一度、お家に戻って、新しい炊飯ジャーを出して、説明書を読んで、3合のお米をセットしてから、スーパーへ向かった。やっぱり、新しい炊飯ジャーでの「初炊き」なんだから、何よりも「炊き立てのご飯の美味しさ」を楽しめるようなオカズを選ばなくちゃなんないワケで、あたしにとって、それは、「タラコ」以外のナニモノでもない。

それで、あたしは、「そう言えば、もうどれくらい、タラコを食べてないんだろう?」‥‥なんて思いつつ、スーパーに向かったワケだけど、タラコを買うつもりでスーパーに行っても、安いタラコは、ドギツイ色に着色された「見るからにまずそうなタラコ」しかなくて、美味しそうな無着色の薄塩のものは、1腹で500円も600円もしたら、やっぱり、買う気が失せちゃう。だから、今回も、一応は「タラコ狙い」でスーパーに向かったけど、美味しそうなタラコが500円も600円もしたら、出した手が引っ込んじゃうかもしんない。ここが、あたしの金銭感覚のおかしなとこで、パチンコを打ってる時には、500円て「お金の最低単位」になっちゃうのに、オカズを買う時になると「最高単位」になっちゃう。

だけど、今日は、あたしにラッキーの風が吹いてた。スーパーに行ったら、赤く着色してあるヤツだったけど、なかなか立派で美味しそうなタラコが、1腹で298円だったのだ。ちなみに、おんなじくらいの大きさで無着色のものは、498円だった。だから、ここでまた、あたしの悩みが始まった。100円くらいの差なら、せっかくだから無着色のほうを買うんだけど、200円もの差があるってことは、そのぶんで、これまた炊き立てのご飯にはサイコーのパートナー、ふじっ子の昆布の佃煮シリーズの中の「しそ昆布」が買えちゃう。

それで、あたしは、しばらく悩んでたんだけど、いつの間にかあたしの周りを取り囲んでた小さいきっこたちが、口々に、「色なんて何でもいいじゃん!」「味はおんなじだよ!」って言うもんだから、あたしは、298円のほうのタラコに決めた。だけど、ここからがまたまた長くて、すべての298円のタラコを順番に見比べて、一番大きくて一番美味しそうなのを選んだのだ。それで、ナンダカンダで10分以上かかって、ようやく1パックのタラコをカゴに入れたあたしは、チクワとか佃煮とかのコーナーに行って、198円のふじっ子の「しそ昆布」もカゴに入れた。

ふじっ子の「しそ昆布」は、安い時は138円とか148円とかになってて、この198円てのは一番高い時の値段に近いけど、今日は特別な日だし、500円の予算内だからOKってことにした。それでも、ここでもセコさが炸裂したあたしは、手前に出てる「しそ昆布」と、奥のほうから取り出した「しそ昆布」の賞味期限を見比べて、奥から出したほうが1週間長かったから、そっちをカゴに入れた。セコいのは分かってるんだけど、1人暮らしだから、少しでも賞味期限の長いものを買わないと、食べ切る前に賞味期限が過ぎちゃうこともあるのだ。

‥‥そんなワケで、あたしは、お家に帰り、炊飯ジャーを見たら、あと7分で炊き上がるっていうデジタル表示が出てたから、お麩とワカメのお味噌汁を作ったり、小皿にキュウリのキューちゃんや柴漬けを出したり、フリカケの「味道楽」を出したり、焼き海苔を切ったり、夏に多摩川の河原で採って来て冷凍しといた大葉を出したりして、あたしにとっての「至福のご飯」の用意をした。そうこうしてるうちに、炊飯ジャーがピーピー鳴って炊き上がりを知らせてくれたので、3分ほど待ってから、フタを開けた。そしたら、何とも言えないサイコーのご飯が光り輝いてて、たまらない香りと湯気が広がった。それで、あたしは、炊飯ジャーに付属してた「ご飯のくっつかないシャモジ」を使って、ご飯を切るようにかき混ぜてから、もう一度、フタをして、5分ほど蒸した。これで、さらに美味しくなるハズだ。

5分ほど待ってから、さあ、いよいよ「至福のご飯」だ!ってワケで、あたしは、ワクワクしながら炊き立てのご飯をお茶碗によそった。初炊きのご飯は、ひと粒ひと粒がピカピカに輝いてて、ゴマ塩を振っただけでもサイコーに美味しそうだった。それで、まずは、お茶碗のご飯の真ん中に、ほぐした薄塩のタラコを親指のさきっちょくらい乗せて、そこにお醤油を2~3滴たらして、それをご飯と一緒に焼き海苔でくるんで、パクッと口に入れた。

美味し~~~い♪

もう、何とも言えない美味しさだ。ずっと食べたかったタラコだから美味しいってこともあるけど、それよりも、新しい炊飯ジャーの威力によって、昨日までとおんなじお米なのに、何倍も美味しく炊けてる。これなら、オカズなんかフリカケだけでも、毎日、美味しいご飯が食べられる。

次に、あたしは、おんなじようにタラコを乗せてから、今度は大葉でくるんで食べてみた。そしたら、これまた、「この世にこんなに美味しいものがあったのか」っていうほど美味しくて、結局、いろいろと用意したのに、最初の1杯は、タラコだけで食べちゃった。それで、もう1本のタラコは次の日に残しとくことにして、2杯目のご飯は、キュウリのキューちゃんや柴漬けや味道楽で食べたんだけど、これもサイコーに美味しかった。そして、あまりにも美味しかったから、2杯じゃ足りなくて、3杯目も、お茶碗に半分ほどお代わりしたら、あたしは、苦しくて動けなくなった。

ハッキリ言って、苦しくて動けなくなるまで何かを食べたのなんて、もう何年も記憶にない。あたしの場合、お腹が空いた時には、少しでも何かを食べて、とりあえず空腹感だけがおさまれば、それでいいやって感じだから、晩ご飯がおせんべ1枚って時もある。そんな感じだから、「食べ過ぎて苦しい」とか、「これ以上は苦しくて食べられない」とかって経験がほとんどない。「食べ過ぎて苦しい」ってのは、どこかのお店とかで出された1人前の量が多かった時に、あたしは食べ物を残すのがキライだから、途中でお腹がいっぱいになっても、ムリして食べちゃうことがある。それで、苦しくなったりしたってパターンくらいだ。だから、今回みたいに、自分の家で食べてる時には、食べたい量だけ食べればいいワケで、苦しくて動けなくなるまで食べるなんてことはなかった。それなのに、自分の許容量を超えてまでお代わりしちゃったってことは、それほど、炊き立てのご飯が美味しかったってことなのだ。

‥‥そんなワケで、あたしは、ちょっと散財しちゃったけど、それほどゼイタクなお金の使い方をしたワケじゃなくて、いい買い物をしたって自分じゃ思ってる。それに、小松政男並みの長い目で見れば、美味しいご飯が炊けるようになったことで、これからは、オカズなんか買わなくても、ゴマ塩やフリカケだけで生活して行けるから、ニンドスハッカッカってワケだ。それに、イザとなれば、ホントに困った時のために、いただきものの梅干しを大切に保管してあるから、「ご飯と梅干し」っていう最強の組み合わせで、少なくとも、年明けまではやって行けそうな気がする今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

続・漢字の読み方検定です♪

評判が良いようなので、続編を作りました♪

★ ついでに応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

エヴァンゲリオン検定です♪

ついでに、こんなのも作ってみました♪

★ ついでに応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.10

漢字の読み方検定です♪

難しい花の名前、あなたはいくつ読めるでしょうか?

★ ついでに応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

カルト検定です♪

あたしが作ったカルトな検定です♪

無料ですから、お気軽にお楽しみください!


★ ついでに応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

ヤラセ番組とウソキャラ芸人

ペナルティーのワッキーが、今夜放送したテレビ朝日の「ロンドンハーツ2007秋の3時間スペシャル」の中で、彼女のあゆみちゃんと結婚したことを報告した。写真週刊誌の「フラッシュ」に路上キスを撮られたことが結婚を決めたキッカケだったそうだけど、多くの人がビックル一気飲みしたのは、「交際8年」の部分だったと思う。

だって、ワッキーは、おんなじ「ロンドンハーツ」の中の、可愛い女の子を一般のファンとして仕込んで、芸人にメアドを手渡してハメる「ブラックメール」の企画で、ミゴトに騙されて落とし穴に落とされてるからだ。ワッキーのほうがひと目惚れして、猛アタックして、それで付き合うことができて、8年間も交際してる半同棲の彼女がいたのに、それでも、ファンだと言う女の子のアパートへホイホイとくっついてっちゃうもんなんだろうか?

あの「ブラックメール」のシチュエーションでは、いくら録画したサッカーの試合を見るためとは言え、ワッキーの大ファンだって言ってる1人暮らしの女性の部屋に夜遅く行くワケだから、普通に考えたら、誰だってセックスするつもりなのは当たり前だと思うし、そういう下心がなかったら、自分の部屋に帰って彼女とサッカーを見るのが普通だろう。

つまり、結論を言っちゃえば、「ブラックメール」ってのは、ヤラセだったってワケだ。ちょっと考えれば分かると思うけど、いくら何でも、8年も付き合ってる彼女がいるのに、数回のメールのやり取りしかしてない一般女性と会い、その場でその子の部屋にホイホイと着いてちゃうようなバカなんているワケないってことだ。ワッキーには、事前に話が通ってて、視聴者を楽しませるために、騙されてるフリをしてたとしか考えらんない今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、数日前には、これまた、ずっと男がいないことを売り物にして来た梨花が、6年間も交際してたカレシと別れたってことを自分のブログで告白した。梨花も、「ロンドンハーツ」に良く出てるけど、たしか1年くらい前に放送した「格付けランキング」で、「数年前にカレシと別れた」ってエピソードを話してて、その後はずっとカレシができないって言ってた。そして、ロンブー淳がゲラゲラ笑いながらツッコミを入れてたけど、現実には、その時も、ずっと付き合ってるカレシがいたってワケで、一般の視聴者は、番組が作った「梨花像」に、まんまと騙されてたってことだ。

3~4年前に、自分の担当マネージャーだった正司宏行と結婚した磯野貴理(当時は貴理子)も、何年間も付き合ってたことをずっと隠してて、「モテないキャラ」「結婚できないキャラ」で売りまくってたから、「はぁ?あれほど男がいない!男がいない!って連呼してたのは、ぜんぶ演技だったの?」ってことで、「お祝いムード」ってよりも、「シラケムード」が漂っちゃった。だって、アイドルが恋人の存在を隠すんなら分かるけど、年の行った女芸人が、自分の売り物である「モテないキャラ」「結婚できないキャラ」を守るために、ホントはカレシがいたのに、それをずっと隠してただなんて、なんだかなぁ~って感じがしちゃう。

島田シンスケから、「お前はもう何年もクモの巣が張ってるんやろ?」とか言われたのに対して、わざわざ雛壇から立ち上がって、「ほっといてよ!」なんて言ってた時にも、カレシがいたワケだ。「お前の場合は完全に干乾びてるからな~」とか言われたのに対して、わざわざ雛壇から降りてって、「うるさいわね!」なんて言ってた時にも、カレシがいたワケだ。

磯野貴理のことを「同族」って思って、好感を持ってた人も多かったのに、あの「モテないキャラ」「結婚できないキャラ」は、実は演じてただけで、実際には何年も付き合ってるカレシがいたワケだ。30代の半ばを過ぎても、恋人もできない、結婚もできないっていう一般の女性たちからしたら、「裏切られた」って感じた人も多かっただろう。そして、そこまではいいとしても、トットと結婚しちゃった時に、今までファンや視聴者を騙し続けて来たことに対する謝罪などが、いっさいなかったことに、あたしは唖然とした。もちろん、「謝罪」って言っても、頭を下げろって言ってんじゃなくて、ギャグみたいな感じでいいから、たとえば、「島崎和歌子に悪くてさ~カレシがいるなんて言い出せなかったのよ~」とか、こんな感じのヒトコトでもいいから、自分が今までウソをついて来たことに対する何らかフォローがあれば、それで良かった。だけど、磯野貴理は、終始スットボケまくった挙句に、今じゃ、「モテないキャラ」「結婚できないキャラ」の代わりに、「シュウトメとギクシャクしてる嫁キャラ」を確立させようとジタバタしてるから、もう、バカバカしくて見てらんない。

男にしても、女にしても、「モテないキャラ」なんかで売ってんのは、ほとんどがウソだろう。だって、あの出川でさえ、結婚できたんだから。テレビじゃ、「カノジョができない」「カレシができない」「結婚できない」って連呼してて、それを売り物にしてガッポリと稼いでるけど、自宅に帰れば、何年も付き合ってる恋人が待ってるってワケで、テレビが作り出したキャラなんかを鵜呑みにして、一喜一憂してるのは、バカな視聴者だけってワケだ。

‥‥そんなワケで、テレビ朝日のヤラセバラエティーって言えば、「ロンドンハーツ」「いきなり黄金伝説」「ぷっすま」が3本柱だけど、テレビ朝日に限らず、他の民放からNHKに至るまで、どのテレビ局も、「バラエティー番組におけるヤラセやシコミは演出の一部である」っていう見解で制作してて、倫理観のカケラもない。だから、報道番組やドキュメンタリー番組などでのヤラセやシコミが発覚した時には謝罪するけど、バラエティー番組でのヤラセやシコミが発覚しても、いつでも完全にスルーしてる。

もちろん、バラエティー番組なんだから、視聴者を楽しませること、笑わせることが重要で、そのためには、ワッキーと綿密な打ち合わせをして、騙されてるフリをしてもらうのだって、「演出の一部」ってことにもなるだろう。だから、あたしは的には、「くだらないバラエティー番組なんて、面白きゃ何でもいい」って思ってる。もちろん、「あいのり」だの「ラブカツ」だのみたいに、視聴者参加型のバラエティーでのヤラセは悪質だと思うけど、悪質って以前に、あまりにもシラケちゃうから、あたしは見ない。初めてテレビに出る一般人にまで、セリフや演技を指導して、何度もリテイクして、「はい、オッケー!」だなんて、シラケちゃって見てらんないからだ。

そして、あたしが、もっとシラケちゃうのが、顔の知られてないタレントを「一般人」として番組に仕込むパターンだ。「ラブカツ」でも、タレント事務所に所属してる現役女子高生タレントたちを「一般の女子高生」として出演させてたけど、このパターンは、バラエティーの世界じゃ、何十年も前からの伝統芸だ。たとえば、今年の1月21日の日記、「テレビを信じるナンミョー予備軍たち」の中で紹介したけど、こんなケースもある。


お名前:S
E-mail:xxxxx@xxxxx.ne.jp
コメント:きっこさんこんばんは。いつも楽しく読ませて頂いています。実は私はマイナーな某タレント事務所に所属しています。私は日テレでは仕事したことはありませんが、テレ朝とフジテレビの番組でよく「街行く女性」役などをしています。テレ朝が1番ヤラセぶりを発揮していました。「ぷっすま」でユースケ・サンタマリアさんが街行く女性に声をかけて料理をするコーナーでは、料理までもが仕込みでした。OAされたのは、私がアリエナイザーな料理を作って、ユースケさんや草なぎさんが、それを食べてオーバーなリアクションをしているものでした。TVには私が調理してる姿が映されてましたが、まずい料理はスタッフが作って事前に用意していたものです。こういった仕事をしてると今までTVを見て笑ったり泣いたりしてたのが馬鹿馬鹿しい気がして、今ではほとんどTVは見なくなりました。ちなみに「ぷっすま」の料理のコーナーにも書類選考とカメラテストなど3次に渡ってオーディションがありましたよ。あとはあの「笑っていいとも」でも仕込みをしました。


‥‥そんなワケで、「番組に出て来るシロートはすべてシコミ」でオナジミの「ぷっすま」の場合には、ユースケや草なぎやゲストが、記憶だけでドラえもんやルパン三世の絵を描いて、誰の絵が一番マシかを争う企画があるけど、アレで、いかにも「街を歩いてたカップルを連れて来ました」って感じの一般人が出て来て、良く描けてると思う順に、絵を指さしてく。だけど、これだって、当然、シコミだ。そして、どの絵を指さすかだって、自分で決めてるんじゃなくて、ディレクターに指示された通りに指さしてるだけだ。

ま、テレビのヤラセの実態については、2006年の6月14日から3日連続で、「ヤラセは地球を巣食う」「続・ヤラセは地球を巣食う」「続々・ヤラセは地球を巣食う」って日記にタップリと書いてるから、今さら繰り返すこともないと思うけど、あたしが言いたいことは、番組が行なうヤラセやシコミと、タレント自身がウソをついてキャラを演じることとは、大きく違うってことだ。もちろん、タレントなんてものは、昔っから「夢を売る商売」って言われてるように、自分でキャラを作って演じてる人がほとんどで、素のままにやってる人なんてメッタにいない。あたしの好きなゆうこりんにしたって、誰がどう見たって、あのキャラを演じてることは一目瞭然だろう。

ゲイだってことをカミングアウトしてない男性タレントもいっぱいいるけど、極端なことを言えば、それだって、「キャラを演じてる」ってことになる。そして、ホントは女性になんかまったく興味がなくて、若くて可愛い男の子にしか興味がない男性タレントに対して、多くの女性ファンが「ステキ~♪」って思って、そのタレントの主演する映画を観に行ったり、そのタレントのCDを買ったりしてるってワケだ。だから、ゆうこりんの「ブリッコ不思議ちゃんキャラ」にしたって、ゲイ能人の「普通の人キャラ」にしたって、カンニング竹山の「切れキャラ」とおんなじで、別に何も悪いことじゃない。

だから、ワッキーや梨花や磯野貴理が演じてた「モテないキャラ」だって、基本的には、別に何も悪いことじゃない。だけど、こうした「作られたキャラ」の中でも、自分がモテないことを売り物にするってのは、「一般人の共感を得る」ってタイプのパターンだから、「実は何年も付き合ってる恋人がいました」ってことになった時に、ファンや視聴者の感じる「裏切られた感」は大きい。これは、「ゆうこりんが自宅に帰ると普通のしゃべり方をしてる」ってことが分かったり、「カンニング竹山が実はいい人だった」ってことが分かったりするのとは、まったく次元が違う。

‥‥そんなワケで、今や、インターネットのほうが遥かに情報が早いから、「テレビよりインターネット」って人が増えてる。こんなにテレビが好きなあたしでさえ、1日のうちでどっちを多く見てるかっていうと、テレビよりもパソコンの画面を見てる時間のほうが長い。その上、2011年に「地デジ」になったら、テレビを買い換えないと見られなくなっちゃうんだし、そのころには物価も上がってるだろうし、消費税も20%くらいになってるだろうし、くだらない番組を見るために、高いお金を払ってテレビを買い換える人が、果たしてどれくらいいるだろうか? 少なくとも、あたしは買い換えるつもりはないし、あたしの予想では、多くの人がテレビ離れを起こすと思う。つまり、このままだと、テレビの時代もあと3年で終わっちゃうってワケで、くだらないヤラセやシコミにヘキエキとさせられるのも、くだらないタレントの「作られたキャラ」に騙されるのも、あとちょっとのガマンだと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


「ヤラセは地球を巣食う」
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20060614

「続・ヤラセは地球を巣食う」
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20060615

「続々・ヤラセは地球を巣食う」
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20060616

|

2007.10.09

AXE BUSTERS 出動!



 ↑  ↑
画面をクリックすると、迫り来る女の子たちをメロメロにしちゃう、とっても面白いゲームが楽しめます♪

どっちかって言うと男性向きのゲームですが、可愛い女性が好きな女性でも楽しめます。

ちなみに、あたしは、3回目のチャレンジで、なんとかお嬢様まではメロメロにさせたんだけど、最後の隊長にボロボロにやられちゃいました。

無料なので毎日お楽しみください♪

※アクセスしたら、右下の「SKIP」をクリックすると、すぐにゲームのスタート画面に行けますので、「ENTRY」をクリックしてゲームを始めてください。

|

お菓子のヒラキナオリ

Sc1
あたしの体調が悪くなったのは、沢尻エリカのセイだ。だって、沢尻エリカって「諸悪の根源」なんでしょ? だから、地球温暖化も、ガソリンが値上がりするのも、環八がいつでも渋滞してんのも、ポストが赤いのも、みんな沢尻エリカのセイだ。だって、「諸悪の根源」て、そういう意味だもんね。それとも、アベシンゾーとおんなじに、沢尻エリカも、言葉の意味も知らないクセに使ってみたのかな?‥‥なんてこたーどうでもいいんだけど、あたしの体調が悪くなったホントの原因は、ちょっと言えないけど、すごくショックなことがあって、それで食欲がなくなっちゃって、2~3日、何も食べられなかったことから始まった。

それで、「何か食べなきゃ」って思ったんだけど、オニギリを作ってムリして食べたら吐いちゃったし、固形物は胃が受けつけなくて、仕方ないから、スープを飲んだり、アイスを食べたり、プリンを食べたりしてた。そして、そのうち、お菓子なら食べられるようになったから、お昼に「かっぱえびせん」を半分、夜に残りの半分と、アイスの「ジャイアントコーン」を1個‥‥みたいな食生活を10日くらい続けてたら、体重が40.5kgまで落ちちゃって、立ち上がっただけで貧血で倒れそうになるようになっちゃった。で、そんな状態の時に風邪を引いたもんだから、ホントにヤバイ状態になっちゃって、今も、まだ、本調子には戻ってないってワケだ。

だけど、こないだ、金ちゃんラーメンを食べることができてから、もう、普通のご飯も食べられるようになって、サスガに1日3食はムリだけど、最低でも1日1食、調子が良ければ2食は食べてる。3日前には、30cmくらいの立派なサバが150円だったから、タマネギ3個とニンジン2本でカレーを作って、そこに小口切りしてソテーしたサバを入れて、サバカレーを作った。それで、大きいほうのルーで作ったから、たぶん、10人ぶんくらいできたと思うんだけど、今日までに半分くらいは食べた。そのワリには、体重は40.5kgのままなんだけど、あたしの場合、一度落ちた体重は、どんなに食べてもなかなか戻らないから、今は体重のことは気にしないで、とにかく、食べられる時に食べられるだけ食べてれば、ジョジョに奇妙にモトに戻ってくと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、最近、あたしのライフワークの1つでもある「期間限定お菓子」のレポをやってなかったけど、今回の「アイスとお菓子だけの生活」において、いくつかの期間限定モノも食べたから、久しぶりにレポしちゃおうと思う。で、今回、何よりもお世話になった大当たりの選手から紹介しちゃうけど、それは、スーパーカップの「りんご」だ。あたしが、この前の「マンゴー」を絶賛したのは、純粋に美味しいと思ったことは事実だけど、その前の「白桃」と、そのまた前の「巨峰」が、2連チャンでハズレだったから、その2つと比較して、「マンゴー」をリトル過大評価しちゃったキライもあった。だけど、今、発売中の「りんご」は、文句なしの美味しさで、ある意味、あたしが絶賛してた去年の夏の「メロン」よりも上を行ってる。

なんでかって言うと、「メロン」の場合は、スーパーカップ以外のメロンのアイスも似たような感じだから、初めてスーパーカップの「メロン」を食べた時に、「おおっ!これは美味しい!」とは思ったけど、新鮮な感動はなかったからだ。だけど、今回の「りんご」の場合は、もともと、りんごのアイスなんて一般的じゃないし、あたしは食べた記憶がなかったから、ただ単に「これは美味しい!」って思っただけじゃなくて、新鮮な感動があった。あたしの感覚だと、あんまり合いそうに思わない「アイス」と「りんご」なのに、アイスの良さとりんごの良さを双方ともに引き出した上に、それを完璧なバランスで融合させたどころか、相乗効果によって高い水準にまで昇華させた手腕は、「お見事!」としか言いようがない。

もしかすると、「巨峰」と「白桃」での失敗を踏み台にして、本腰を入れて開発を始めた成果が、前回の「マンゴー」で70%ほどフィードバックされて、今回の「りんご」で、ようやく100%開花したってことなのかもしんない。何にしても、100円のアイスとしては異例の「果汁5%入り」ってとこにも男気を感じるし、「明治乳業のスーパーカップの開発チームの皆さん、グッジョブ♪」ってことだろう。ただ、1つだけ心配なのは、これほどレベルの高い仕事をしちゃったら、来年の春の期間限定モノは、ソートー気合いを入れて掛からないと、スーパーカップのマニアたちからブーイングを食らっちゃうってことだ。

‥‥そんなワケで、あたしは、「さくさくぱんだ」の上に、スーパーカップの「超バニラ」を乗せて食べるのが好きなんだけど、1日のオヤツ代を100円て決めてからは、こんなゼイタクはしてなかった。だけど、今回は、アイスとお菓子しか体が受けつけなかったんだから、非常事態の特例として、「1日300円まで」っていうルールを設けてた。まあ、スーパーカップは、「3個で200円」のスーパーで買ってたし、他のお菓子も、コンビニよりも安いスーパーで買ってたから、正確なとこまでは計算してなかったけど、ある程度、マトメ買いして来たアイスやお菓子をだいたい1日に2~3個のペースで食べて、自分で決めたルールには違反してなかったと思う。

で、もう1つ、期間限定のアイスを食べたんだけど、それは、ピノの「ミルクティー」だ。これは、そんなに期待してなかったんだけど、「期間限定」の文字の誘惑に勝てなくて、つい買っちゃった。そしたら、最初の1個だけは、紅茶の香りがものすごくして、なかなか美味しかった。だけど、不思議なことに、2個目からは、紅茶の香りがしなくなって、普通のピノとあんまり変わらない感じになっちゃった。だから、アイス本体じゃなくて、箱の中に紅茶の香りの空気を密閉してあったのかな?って思ったんだけど、そんなことアリエナイザーだから、どうして1個目だけ紅茶の香りを強く感じたのかは、永遠の謎だし、迷宮入りだし、もう買わないと思うから、アベシンゾーの政権放棄ってワケじゃないけど、あたしゃ知らない。

それから、お菓子のほうは、いつもの「オヤツ」としてじゃなくて、「食事の代わり」って感覚で買ってたから、チョコとかの甘いものよりも、「かっぱえびせん」とか「ポテトチップス」とかの袋菓子を買うことが多かった。そんな中で、今回、あたしが初めて食べた袋菓子は、ドンタコスの「コーンポタージュ味」と、ポリンキーの「ツナマヨネーズ味」だ。ただし、ドンタコスの「コーンポタージュ味」は、大きく「期間限定」って欠いてったけど、ポリンキーの「ツナマヨネーズ味」のほうは、何も書いてなかったから、通常の「新発売」なのかもしんない。ポリンキーは、この前の「ウナギイヌのかばやき味」がイマイチだったから、人気のある「めんたいこ味」と並ぶニューヒーローを生み出すために、いろいろと模索してるんだろう。

カンジンの味のほうは、両方とも「可もなく不可もなく」って感じで、ドンタコスは、「コーンポタージュ味」って書いてある袋から出して食べたから、なんとなくコーンポタージュの味がしたし、ポリンキーは、「ツナマヨネーズ味」って書いてある袋から出して食べたから、なんとなくツナマヨネーズの味がした。あたしは、この手のお菓子の「ナントカ味」って、袋に「ナントカ味」って書いてあることによる先入観がなかったら、絶対に何味なのか分かんないと思ってる。「カレー味」だけは、特徴が際立ってるから味だけで判別できるけど、それ以外の「ナントカ味」って、イマイチ分かりずらい。だから、袋に「ツナマヨネーズ味」って書いてあるのを見て、ツナマヨネーズ味なんだって信じ込んでから食べるから、なんとなくツナマヨネーズ味っぽく感じてるだけで、最初っからお皿に出されてて、何味なのか知らずに食べて、味だけで何味なのか当ててみろって言われたら、絶対に当てられないと思う。

この、「食べただけで何味か当てられるレベル」としては、もともと薄味のポリンキーのほうはレベル2、味の濃いドンタコスのほうはレベル4て感じだ。これは、今、考えたんだけど、10人の人に何味か教えないで食べさせて、そのうちの何人が当てられるかってことだ。ポリンキーのほうは、10人のうち、良くて2人くらいしか「ツナマヨネーズ味」ってことが分からないと思うし、ドンタコスのほうは、味が濃いぶん、たぶん3人か4人くらいは「コーンポタージュ味」ってことが分かると思う‥‥ってことだ。だから、ここでカン違いしないで欲しいのは、これは、あくまでも、「袋に書かれてるナントカ味を味覚だけで当てられるかどうか」ってことであって、このお菓子の「美味しさ」とは違うってことだ。ポリンキーにしてもドンタコスにしても、あたしは、もともと好きなお菓子だから、今回の味のも、それぞれ美味しくいただいた。だから、美味しさのレベルとしては、10点満点として、ポリンキーが7点、ドンタコスが8点てとこだ。

‥‥そんなワケで、今回、ポリンキーの「ツナマヨネーズ味」を食べて思い出したのは、じゃがりこの「ツナマヨポテト」だ。去年の今ころに、たしか、ファミマ限定か何かで一時的に売り出したヤツで、すごく人気があったから、今年の夏に、また期間限定で売り出した。あたしは、じゃがりこは好きなんだけど、値段が高いから、1日のオヤツ代を100円て決めてからは、メッタに買えなくなった。だから、この「ツナマヨポテト」も、去年の今ころに1回だけしか買ったことがないんだけど、その時の印象は、「マヨネーズっぽい味はするけど、どこがツナなんだか分かんない」って感じだった。

それで、今回のポリンキーの「ツナマヨネーズ味」も、口に入れて、目をつぶって、舌に神経を集中させると、たしかにマヨネーズっぽい風味と酸っぱさは感じるんだけど、「ツナ」の部分が分かんなかった。だから、あたしとしては、じゃがりこの「ツナマヨポテト」にしても、ポリンキーの「ツナマヨネーズ味」にしても、「ツナマヨネーズ味」じゃなくて、ただの「マヨネーズ味」って書いてあれば、大いに納得できるってワケだ。だけど、多くの人たちが、何も疑問を持たずに、「ツナマヨネーズ味」だって納得して食べてるんだとすれば、それは、パッケージに「ツナマヨネーズ味」って書いてあることによる先入観なんじゃないの?‥‥ってのが、あたしの立てた仮説ってワケだ。

つまり、あたしは、「カレー味」以外の「ナントカ味」は、ほとんどの場合が、この先入観による思い込みを利用して、消費者に催眠術をかけてるだけみたいな気がしてるってワケだ。だから、製造工場のミスで、「ツナマヨネーズ味」のパッケージに「サラダ味」のお菓子を詰めちゃって、それが出荷されてお店に並んだとしたら、それを買った人は、きっと、何の疑いも持たずに、「ツナマヨネーズ味」だって信じて、納得しながら、最後まで食べ切っちゃうと思う。

人間がモノの味を判断するのは、もちろん、「味覚」を感じる舌なんだけど、ワリと良く知られてると思うけど、目をつぶって何か分からない食べ物や飲み物を口に入れた場合に、それが「何なのか」を判断するのは、舌による「味覚」よりも、鼻による「嗅覚」なのだ。だから、鼻を洗濯バサミで挟んでから、目をつぶって食べ物や飲み物を口に入れると、いつも食べてるものなのに、それが何なのか、ほとんどの人が分からなくなっちゃう。それほど、人間の味覚なんてアテになんないものだから、パッケージに「ツナマヨネーズ味」って書いてあれば、その先入観によって、潜在意識が「ツナマヨネーズ味を感じよう」って思っちゃって、複雑な味の集合体の中から、「ツナマヨネーズ味」っぽい感じの部分だけを抽出して感じようとして、ちょっとでも酸っぱい感じがしたら、それを「マヨネーズの酸味」だって判断しちゃうんだと思う。

‥‥そんなワケで、この人間の本能を逆利用したのが、ファンタの「謎のフルーツ」だ。この前、コンビニの飲み物の棚で発見したんだけど、ファンタって、普通は「オレンジ」だの「グレープ」だのって書いてあるのに、どこにも何味なのか書いてなくて、「何味か当ててみろ」っていうファンタがあったのだ。あたしは、炭酸のジュースは苦手だから、見るだけで買わなかったけど、ペットボトルに書いてあることを読んでみたら、「2種類のフルーの味を混ぜてあるから、そのフルーツが何と何なのか、飲んで自分の舌で当ててみろ!」って感じのことが書いてあった。いい年こいた大人は、こんなもん買わないと思うけど、小学生や中学生のファンタ世代なら、面白がって買うかもしんない。そして、このファンタがヒットしたら、今度は、「何味なのか当ててみろ!」っていうポリンキーやドンタコスが売り出されるかもしんないし、他の飲み物やお菓子も続くかもしんないし、この「ヒラキナオリ」とも取れる姿勢が世の中のブームになれば、なりふりかまってらんない自民党からは、何の所信表明もせずに、「オレが何を考えてんだか当ててみろ!」なんていう党首が出て来ちゃうかもしんないと思う今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.08

最低のニポンと最高の中国

前代未聞の無責任総理、アベシンゾーの「ボクちゃんのボクちゃんによるボクちゃんのための政治」が、やっと終焉を迎えてくれたと思ったのもトコノマ、今度は、「トヨタのトヨタによるトヨタのためのニポンGP」が開催されちゃって、ニポン中で大ブーイングが巻き起こってる。これで、この様子をキャノンのカメラで撮影でもしたら、この国は、自民党と経団連のために動いてる独裁国家ってワケで、なんか、あたしたち国民は、いいようにモテアソバレちゃってるよね。それにしても、先週の「ニポンGP」の最悪さは、「今年からトヨタが仕切って富士でやる」って決まった時から、どうせメチャクチャになっちゃうんじゃないの?って思ってたけど、これほどまでにデタラメだったとは、少なくとも、今回、富士に行った何万人もの人たちは、死ぬまで絶対にトヨタの車なんか買わないだろうね。

とにかく、今回のニポンGPの運営がどれほど酷かったのかってことは、「AUTO SPORT WEB」の「投稿意見公開」や、「F1速報」の「掲示板」を見てもらえれば、何百、何千という激怒の書き込みがあるから、アベ政権並みの酷さだったってことが良く分かると思う。あたしはって言えば、病院から脱走して来て、まだ自力じゃベッドから起き上がることもできないくらいダメダメな状態で、テレビはつけてたけど、目が痛くてあんまり開けてられなかったら、半分以上は音声だけ聞いてたんだけど、何よりもビックル一気飲みだったのは、あんなコンディションでレースを開催したっていう主催者側のオッパッピーな判断だ。

だって、スタートの時点で、どう考えたってレースなんかムリってくらいの土砂降りで、仕方なくセーフティーカーの先導によるフォーメーションスタートに切り替えたのは、「雨が小降りになったらスタート」ってことにしたからでしょ? それなのに、5周回っても10周回っても、小降りになるどころか、どんどん雨は酷くなってって、それでもレースを中止にしたくないトヨタが、どんな圧力をかけたのか知らないけど、結局、19周もカルガモ親子の大行進を続けた挙句に、最初よりも酷い土砂降りの中で、ゴーインにスタートさせちゃうなんて、キチガイ沙汰だよ。結果的には、誰もケガしなかったから良かったけど、もしも大事故が起こって死人でも出てたら、トヨタはどうやって責任を取ったんだろう?‥‥なんて思った今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、「AUTO SPORT WEB」と「F1速報」に寄せられた「ご意見」を読み始めたんだけど、あまりにもすごい数で、とてもぜんぶは読み切れなかった。だけど、100人ほどの意見を読んでみたら、「帰りに雨の中で5時間も立ったままシャトルバスを待たされた」とか、「5万円もした席なのにギュウギュウ詰めで身動きひとつ取れず、その上、ほとんど何も見えなかった」とか、「途中でバスを降ろされて、雨の中を何kmも歩かされた」とか、「ホットドッグが500円、焼きそばが1000円もした」とか、他にも、数え切れないほどの文句が書かれてた。

知らない人のために簡単に説明しとくと、ニポンGPって、去年まではホンダの本拠地の鈴鹿で行なわれてた。だけど、トヨタの会長だった奥田碩は、経団連の会長だったこともあって、自民党とベッタリ癒着してることを利用して、富士スピードウェイを買収して、今年からムリヤリに富士でニポンGPを開催することにしたのだ。それで、これが笑っちゃうんだけど、奥田碩がトヨタの会長と経団連の会長を辞めたあと、トヨタの会長に就任したのが張富士夫で、コイツは経団連の副会長も兼任してる。そして、経団連の会長に就任したのが、「残業代ゼロ法案」だの「消費税の大幅増税」だのを強引に推し進めようと企んでることでもオナジミのキヤノンの御手洗冨士夫で、つまり、経団連は、会長が「冨士夫」で、副会長が「富士夫」で、ニポンGPが「富士」ってワケなのだ。

そして、ニポンのF1を牛耳って、ますます私利私欲に励もうとしてるトヨタは、トヨタのF1チームの設立以来のリーダーだった冨田務を富士スピードウェイの会長へと天下りさせたのだ。これは、残念なことに「富士夫」じゃないけど、一応、「冨」の一字だけが名前についてたからだろう(笑)‥‥って、そんなことは置いといて、とにかく、今回のニポンGPは、アベシンゾーもクチボソと一緒にエラ呼吸を始めちゃいそうなくらいの無責任ぶりが全開で、何万人もの人たちが「金返せ!」って激怒してるワケだけど、「5時間もバスを待った」とか「何kmも歩かされた」とかってのは、言うなれば、開催者側の不手際だ。だから、責められるのは当然だし、準備不足とか認識が欠落してたとか考え方が非常識だったとか、いろんな原因が考えられるけど、1つだけ言えることは、「ワザと混乱させようとしたワケじゃない」ってことだけは言えるだろう。ようするに、いくら売国奴企業のトヨタだって、ワザと自分の顔に泥を塗るようなマネはしないだろうってことだ。

だけど、そうした不手際とは別に、今回、多くのF1ファンが激怒したのが、開催日が近づいてから急に発表になった「横断幕や旗を持っての応援の禁止」っていう、呆れ返るトヨタの「俺様ルール」だ。F1の応援て言えば、どこの国で開催されるレースでも、それぞれのファンが、自分の応援してるチームや選手の横断幕や旗を持って大騒ぎするのがミドコロの1つでもあるのに、それを全面禁止にするなんて、お話になんない。そして、これにしたって、「すべてのスタンドで全面禁止」ってのなら、まだ、みんなも納得しただろうけど、そうじゃなくて、「トヨタ以外の横断幕と旗が禁止」ってんだから大爆笑だ。こんな「俺様ルール」、見たことも聞いたこともない。そして、これに対してのトヨタ側のコメントってのが、「トヨタの横断幕や旗は、トヨタの関係者だけが座るスタンド内でしか使いませんので、他のお客様の迷惑にはならないのです」と来たもんだ。こんなバカな話、ヨーロッパだったら、即、暴動が起こっちゃうよ。

それで、去年までの鈴鹿のように、自分の応援してるチームや選手の横断幕や旗を持って観戦することを楽しみにしてた、あるファンが、何万円もするチケットを手に入れて、ずっと楽しみにしてたら、レースが開催される直前になって、突然、「横断幕や旗は禁止」ってことを聞かされた。それで、開催者側に電話して、何でダメになったのかを聞いても、「決まったことですから」「規則ですから」の一点張りで、ぜんぜんお話にならなかったそうだ。そして、「私は旗を持って応援したいために何万円もするチケットを買ったのですから、それが禁止になったというのなら、もう観戦する楽しみがなくなりましたので、チケットを払い戻ししてください」って、極めてマットウなことを言ったら、「それはできません」と言う。それで、「最初から横断幕や旗は禁止と言っていたのなら、私はチケットを買いませんでした。何も知らせずにチケットを販売しておいて、直前になって言い出したのはそちらなのですから、払い戻ししてください」って言っても、やっぱり「それはできません」と言う。何なの?これ。

それにしても、ここまで酷い「トヨタのトヨタによるトヨタのためのニポンGP」なんかのために、5万円も7万円もするチケットを買って、サーキットから何kmも離れた駐車場に車を停めさせられて、その駐車場だって1日1万円から5万円もボッタクられて、そこからの送迎のシャトルバスは4時間も5時間も雨の中で待たされて、何人もの人が具合が悪くなって倒れたりして、びしょ濡れになって風邪まで引いて、何百人も、何千人もの人たちが、「お金と時間を返してくれ!」って言ってるのも、当然のことだろう。

‥‥そんなワケで、実は、今、中国GPを観ながら、この日記を書いてるワケなんだけど、その前に、この日記を書くために、「AUTO SPORT WEB」や「F1速報」を見ちゃったから、ポールのハミルトンがリタイアして、ライコネンが逆転優勝して、チャンプ争いは最終戦のブラジルGPに持ち越されたっていう、あたしにとってサイコーの結果を知っちゃってるから、何とも言えない‥‥って、おおっ!今、テレビは、ちょうど半分の28周目なんだけど、ライコネンがトップのハミルトンをオーバーテイクしたどぉ~! ヒュ~ヒュ~♪

あ~良かった♪ あたしは、結果しか知らなかったから、ただ単にハミルトンがリタイアして、ライコネンがタナボタで勝ったんなら、リトル情けないなって思ってたから、何はともあれ、オーバーテイクできて良かった! で、今、ハミルトンのリアタイヤがヘタレちゃって、交換するためにピットに入ろうとしたら、グリップがないのにオーバースピードで進入したもんだから、直角を曲がれなくて、グラベル(未舗装部分)にハマっちゃって、動けなくなっちゃった。そうか、ココでリタイアしたんだね‥‥ってことは、あたしは、あとはノンビリとライコネンが勝つとこを観ながら、この日記を書いてりゃいいってことか。

で、ライコネンが優勝で10ポイントなのに対して、トップを走ってるハミルトンがリタイアで0ポイントっていうサイコーの結果になったもんだから、現在トップのハミルトンが107ポイント、2位のアロンソが103ポイント、3位のライコネンが100ポイントってことになって、今年のワールドチャンプは、あまりにも美味しすぎる「最終戦での三つ巴戦」てことになった。うう~~~、今からコーフンして来たかも?

‥‥そんなワケで、2週間後に最終戦、ブラジルGPで、ハミルトンが勝てば史上最年少のワールドチャンプ誕生ってワケだし、アロンソが勝てば3連覇ってワケだし、ライコネンが勝てば念願の初ワールドチャンプってワケだし、お味噌汁にブラジャーを入れて、これがホントの「ブラ汁」ってくらい、ワンダホーなブラジルGPじゃん♪ とにかく、3人がビミョ~な差で並んでるから、最終戦は、たとえばライコネンが優勝しても、ハミルトンが5位までに入れば、ハミルトンがワールドチャンプになっちゃうってワケだし、ライコネンが優勝して、ハミルトンが6位以下になっても、アロンソが2位につけたらアロンソがワールドチャンプになっちゃうってワケだから、ライコネン的には、自分ががんばるだけじゃなくて、ハミルトンとアロンソの順位を下げなきゃなんない。この状況が何を表わしてるのかって言うと、ここで登場するのがマッサってワケで、フェラーリとしては、マッサをできるだけ上位に食い込ませることで、ハミルトンとアロンソの順位を下げて、もう優勝が決まってるコンストラクターズポイントの他に、ドライバーズポイントもいただいちゃおうって作戦に出て来ることウケアイだから、こりゃあ、フェラーリの作戦から目が離せない今日この頃なのだ♪


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ タイトルに釣られてアクセスしてきたネットウヨクの皆さんも、たまにはクリックをお願いしま~す!(笑)
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.07

「国際貢献」という大ウソ

あたしは、9月17日の日記、「お年寄りは国の宝」の中で、テーマからは外れちゃうから、ちょこっと触れるだけに留めたけど、こんなことを書いた。

「インド洋での自衛隊の給油活動だって、コイズミが作ったアメリカへのテイのいい上納金システムだ。あの給油で使われてる膨大な燃料は、実は、アメリカから買って、アメリカの船に給油してるんだけど、その単価は、ニポン国内の通常単価の3倍にも上る。だから、ニポンで用意した燃料を給油すれば、予算は3分の1になる。それなのに、この国の政府は、ワザワザ3倍もの値段の燃料をアメリカから買い、それをアメリカの船に給油し続けてる。だから、あたしたち納税者から見たらバカ丸出しなのに、アメリカに頭の上がらない自民党の売国奴どもは、平然と「国際貢献」なんて言葉で国民を騙して、こんなにバカバカしい上納金システムを正当化しようとしてる。」

‥‥で、このアメリカへの上納金システムを守るために、粘土のカタマリみたいな顔をした防衛大臣の石破ちゃんが、ネバネバした例のしゃべり方で、思いっきりムリのある大ウソをつき続けてるワケだけど、知能が低くてマトモなニポン語も話せない自民党議員どもの中じゃ、考え方が偏り過ぎてんのはジンジャエールとして、一応はスジミチを立ててモノゴトを言うことができる数少ない議員の1人である石破ちゃんだから、分かっててウソをつくのが辛そうに見える。石破ちゃんの場合は、ウソをつき慣れてないから、お魚の「アオブダイ」にソックリな離れた目が、オドオドと泳ぎまくっちゃってるしね(笑)

まあ、どうでもいい小者叩きばっかして、必死になって国民にアピールしてるマスゾエみたいな役立たずと比べたら、まだ石破ちゃんのほうが多少は仕事してんだとは思うけど、誰もいない議員室で、棚の中にズラーッと並べてある大好きな戦闘機を両手に持って、「ヒューン!ヒューン!ダダダダダダーッ!」ってやって遊んでるとこを想像すると、「おいおいおいおい‥‥」って気持ちがして来ちゃう今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、年金問題からテロ特措法から何から何まで、この期に及んで、まだ数々の情報をインペイし続けてる自民党だけど、何でかって言えば、そりゃあ、自分たちのやってる悪事の数々が国民に知れたら、いよいよ「自・エンド」になっちゃうからだ。特に、あたしたちから巻き上げた税金を「国際貢献」なんていう大ウソの大義名分を使って、湯水のごとくアメリカに上納し続けて来たインド洋での給油活動に関しては、どんなことがあっても、ホントのことを国民に知らせるワケには行かないだろう。

だけど、あたしたちの税金を200億円も使った「国際貢献」てのは、結局は何の罪もないイラクの人たちを無差別に殺すために使われてたワケで、それだけでもシャレになんないのに、この200億円のうちの6割以上がアメリカへの上納金になってたなんて、ふざけんのもタイガー・ジェット・シンて感じだ。だいたいからして、防衛省は、この200億円ぶんの燃料に関して、「どこから仕入れてるのか」ってことを始めとして、正確な量や仕入れの時期などに関しても、すべての情報を絶対に公表しようとはしないけど、これほどおかしいことはない。あたしたちの税金を使ってんだし、誰にも後ろめたくない「国際貢献」をしてるんなら、包み隠さずにすべての情報を公開すりゃあいいのに‥‥。それなのに、なんで防衛省が必死になって情報をインペイし続けてんのかって言うと、もちろん、いつもの自民党のパターンてワケで、国民に知られたくないことがマウンテンだからだ。

実は、この200億円ぶんの燃料ってのは、バーレーンの国営精製所から仕入れてたんだけど、これには、自民党とベッタリ癒着してるニポンの大手商社が2社、間に入ってて、「売り手側の言い値で燃料を買う」っていう随意契約をしてる。それで、ニポン国内で調達する場合の、2倍から3倍の値段を提示されてんだけど、その値段でホイホイと買い続けて来た。たとえば、ニポンで用意すれば、1リットル100円で用意できる燃料だとしたら、それをワザワザ別の国の精製所から、1リットル200円とか300円で仕入れて、タダでアメリカ軍の戦艦とかに給油してあげてたってワケなのだ。それも、バーレーンは産油国なんだから、ホントだったら、ニポンで用意するよりも遥かに安くなるのが普通ってワケで、ここに、コイズミとブッシュが結んだ上納金システムのカギがあるってワケだ。

そして、何よりもビックル一気飲みなのは、このバーレーンの国営精製所からニポンが法外な値段で買い続けてたアメリカ用の船舶燃料ってのは、バーレーンにあるアメリカの「シェブロン社」の精油プラントのものなのだ。パパ・ブッシュが始めた湾岸戦争は、中東の原油をアメリカが独り占めするための戦争だったけど、それは、中東各国にあるアメリカ企業の精油企業の利権を守るための戦争だった。1940年代に、バーレーンに精油プラントや貯蔵タンクを増設し続けて来たアメリカは、バーレーン海峡を経てサウジアラビアまでの地下パイプラインを建設したりと、60年以上も前から、バーレーンの石油を独り占めして来た。

つまり、バーレーンの国営精製所から燃料を買うってことは、アメリカの「シェブロン社」から買ってるのとおんなじことで、それが、ニポン国内で買うよりも遥かに高い金額なんだから、サルだってこのカラクリは分かるだろう。そして、何よりもワンダホーなのが、この「シェブロン社」ってのは、自衛隊のインド洋での給油活動を必死に継続させようと根回ししまくってるライスおばちゃんが、かつて役員を勤めてた企業なのだ。だから、ここまで分かりやすい話はないだろう。とにかく、買えば買うほどアメリカが儲かるってシステムなんだし、そのミカエリとして、ニポンの売国奴商社や、その商社と癒着してる自民党議員どもが右派右派‥‥じゃなくて、ウハウハになるってスンポーなのだ。

その上、さらに呆れ返るのは、ニポンの防衛省は、この燃料のことを「一般的な船舶用の燃料」って言ってたけど、これが大ウソだったのだ。ニポンがバーレーンで買い続けてた来た燃料は、「一般的な船舶用の燃料」なんかじゃなくて、「F76」って呼ばれてる特殊な燃料だったのだ。そして、この「F76」って燃料がどんなものなのかって言うと、これは、アメリカ軍の戦艦や空母用に、特別に精製されてる「戦争用燃料」だったのだ。だから、ニポンの防衛省は、この点でも大ウソをついてたってことになる。

‥‥そんなワケで、簡単にマトメてみると、ニポンの政府は、自民党とベッタリ癒着した大手商社2社を使って、ライスおばちゃんと癒着してるアメリカの「シェブロン社」から、ニポンで用意するよりも遥かに高い金額で、戦争用の特別燃料を買い続けてたってことになる。ちなみに、この売国商社2社ってのは、バーレーンに進出してるニポンの大手商社って3社しかないから、調べればすぐに分かるだろう‥‥なんてヒントも出してみつつ、これほど完璧な上納金システムなんだから、アメリカが手放したくないのも当然だろうし、大手商社と癒着してフトコロを肥やしてる自民党の売国奴議員どもが、必死になって延長しようとしてんのも宇奈月温泉てワケだ。何しろ、この「国際貢献」が続く限り、あたしたちから巻き上げた血税をアメリカに上納して、そのミカエリとして、自分たちもタップリと潤っちゃうんだからね。

だから、アメリカ政府の戦争バカ議員どもが、手を変え品を変え「給油を継続して欲しい」なんて訴えてるけど、自分の国の企業から、通常の2倍、3倍もの値段で膨大な燃料を買ってくれる上に、それをタダでプレゼントしてくれるニポンに対して、そんなこと言うのはアタリマエダーってことなのだ。でも、この「アタリマエダー」ってのは、思いつきで書いてみたけど、イマイチだってことに気づいたから、もう二度と使うことはアリエナイザーだと思う(笑)

それにしても、未だに「沖縄での集団自決に軍の関与はなかった」とかノタマッてる「新しい教科書をつくる会」のクルクルパーどもとか、未だに「自衛隊の給油した燃料はイラク戦には使われてない」とかノタマッてる自民党の大バカどもとか、頭蓋骨をパカッと開けて、オツムの中身を見てみたいもんだよね。きっと、自分にとって都合の悪いことは絶対に受け付けない特殊な脳みそが入ってんだと思うけど、どっちにしても、クルミくらいの大きさしかないんだろうね。じゃなかったら、言ってることに、あまりにもムリがあり過ぎるからね。

だけど、ニポンがどこかの国と戦争でもしてんなら、政府がいろんなことを「国家機密」としてインペイしたっていいけど、年金問題だの国際貢献だのまでインペイに次ぐインペイって、この国の政府って、いったいどうなってんだろう? まあ、長い長い一党独裁が続いてたんだから、いろんな大企業や官僚との癒着の構図が出来上がっちゃって、政府の仕事ってのは、「国民を騙して巻き上げた税金を自分たちだけで山分けする」ってことになっちゃったのも、仕方ないっちゃ仕方ないんだろうけど、ここまでアカラサマにやられちゃうと、「あんまり国民をナメんなよ!」って気持ちになって来る。

そう言えば、1972年の沖縄返還後に、当時の佐藤栄作首相とニクソン大統領の間で取り交わされた「密約」の公文書が発見されたそうだけど、そこには、「有事の際にはアメリカがニポンに核兵器を持ちこんでもいい」っていうことがハッキリと書かれてたそうだ。コレって、京都産業大学の故・若泉敬教授が、1994年に出版した著書、「他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス」(文芸春秋社)の中で指摘してたことなのに、これまたニポン政府は、「そんな事実はない」って、ずっと否定し続けてたんだよね。ようするに、自民党の売国奴どもは、知ってたクセにウソをつき続けてたってことで、アメリカ軍が、40万発もの劣化ウラン弾を沖縄の普天間基地に持ち込んでたことがバレた時に、当時の官房長官だったアベシンゾーが、涼しい顔をしてスットボケてたのも、35年前に、こんな密約が取り交わされてたことを知ってたからこそのオチョボリだったってワケだ。

‥‥そんなワケで、自分たちにとって都合の悪いことは、何から何までインペイし続けてる自民党の売国奴どもの頭の中には、次の選挙で自分が生き残ることと、私利私欲を満たすことしか入ってない。そして、あたしたち国民なんてのは、「どんどん働かせて税金を巻き上げるためのアリンコ」ってふうにしか思ってないんだろう。そうじゃなかったら、障害者を切り捨てて、お年寄りを切り捨てて、重病で働くことのできない人の生活保護を打ち切って、消費税を何倍にも引き上げてまで、アメリカなんかに何百億円も上納しないだろう‥‥なんて思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.06

お知らせです♪

Moe62
アマゾンで開催中の「DVD・ゲーム激安セール」ですが、あたしのオススメは、何と言っても「萌えよ剣」のプレミアムDVD-BOXです♪

なんせ、定価が49,980円のところ、72%OFFで、13,994円になってるので、通常版を単品で揃えるよりも遥かにお得なのです。
何よりもビックル一気飲みなのは、出品されてるユーズド品よりも、新品のほうが安くなってるということです。
でも、アマゾンで新品を買って、封を開けないでおいて、アマゾンの在庫が無くなってから、2倍、3倍の値段でアマゾンに出品する‥‥なんてことはやめてくださいね(笑)

内容は、テレビ版のアニメ、全13話が、6枚のスペシャルピクチャーDVDに収められてる他に、オマケのDVDとCDが各1枚ついてるのですが、CDには、落語の「芝浜」を萌剣バージョンにしたラジオドラマ風の長編作品が、声優陣によって録り下ろしで収められてて、これがサイコーです♪
アニメじゃあんまりしゃべらなかった、つばめ組の右近と左近も、奇跡の長ゼリフで笑わせてくれます♪

また、絵コンテ集の特製ブックレットは、マニアにはお宝ですし、猫丸の可愛いヌイグルミと、妖力封印の木札もついてます。

在庫ぶんだけの特別セールなので、欲しい人はお早めにどうぞ♪

※セール中なので、他のDVDやゲームソフト、ゲーム関連グッズも割引になってますので、興味のある人はこちらからどうぞ♪
  ↓


あっ! 「ライオン丸G」を忘れてた!

大根監督、ごめんなさい(笑)

通常版
  ↓
 

豪華フィギュア付きの特装版
  ↓

|

2007.10.05

秋の風邪

今回、あたしは、もともと体調を崩して体力が落ちてたとこに、さらに風邪を引いちゃったもんだから、その相乗効果で、ものすごいダメージを受けちゃった。「体調を崩して体力が落ちてた」を5ポイントだとして、「風邪を引いちゃった」も5ポイントだとすると、「5+5=10」ってことじゃなくて、「5×5=25」って感じだったワケだ。「だった」って言うか、今もだけど(笑)

それにしても、「風邪」って言えば「冬」ってワケで、俳句でも冬の季語になってる。そして、春に引く風邪は「春の風邪」だし、夏に引く風邪は「夏風邪」だし、この2つもそれぞれの季節の季語になってる。例をあげると、こんな句がある。


【冬】 風邪の身の大和に深く入りにけり  波多野爽波

【春】 どんよりとまんばうのゐる春の風邪  奥坂まや

【夏】 がき大将のふぐり小さし夏の風邪  坂本みどり


ちなみに、最初の波多野爽波の句は、大和(やまと)、つまり、かつての都だった奈良県の中心へと風邪気味の体で向かって行ったってことだ。そして、2番目の奥坂まやの句は、「まんばう」ってのはお魚の「マンボウ」のことで、実際に水族館で巨大なマンボウの泳ぐ姿をボーッと見てたと解釈してもいいし、風邪を引いてベッドで横になってたら、目の前にマンボウが浮かんでるような気がして来たって解釈してもいい。ようするに、本格的な冬の風邪とは違う、頭がボーッとするだけの春の風邪のドンヨリ感を表現してるってワケだ。そして、最後の坂本みどりの句は、「ふぐり」ってのはオチンチンの下についてるオイナリサンのことで、いつもは威張ってるガキ大将のクセに、あんがい可愛らしいオイナリサンなんだな~って感じの今日この頃、皆さん、やっぱオイナリサンは2個で1セットだと思いますか?(笑)

‥‥そんなワケで、競馬好きのシーモネーターで始まっちゃったけど、「風邪」って言えば「冬」で、他にも「春の風邪」と「夏風邪」があって、ちゃんと季語にもなってるのに、「秋の風邪」だけはない。歳時記を見ても、どこにも載ってないし、一般的にも、「秋の風邪」とか「秋風邪」なんて言葉は耳にしない。つまり、「風邪」ってのは、引く人が一番多いのが「冬」で、他に「春」と「夏」にもそれなりに引く人はいるけど、とにかく「秋」は一番少ないってワケだ。それなのに、その「秋」に風邪を引いちゃったあたしって、有袋類みたいな珍獣なのかな?‥‥なんて思ってたら、意外なことに、今、あたしの周りでは、風邪を引いてる人が多い。それも、ほとんどの人が、なかなか治らなくて、1週間も2週間もズルズルと長引いてる。

あたしとおんなじくらいのタイミングで風邪を引いて、あたしとおんなじようにゲホゲホとセキが止まんない症状が続いてて、今もそれが続いてんのが、児島玲子ちゃんだ。玲子ちゃんのオフィシャルサイトの「ダイアリー」にも、風邪なのにムリして釣りのお仕事に行ってるお話が連続してるけど、ついに、玲子ちゃんのお父さんも風邪を引いちゃったみたいだ。玲子ちゃんも玲子パパも風邪引いてたら、プードルのプリンくんは大丈夫だろうか?‥‥なんてことも言ってみつつ、玲子ちゃんの場合は、あたしとは比べ物になんないほど基礎体力があると思うけど、それでも、風邪を引いた状態で、長時間の運転をしたり、船に乗って沖に出たりしてるのは、すごく心配だ。

それで、数日前の玲子ちゃんからのメールには、最後に、「風邪ひいちまってダルダルダルメシアンです( ̄○ ̄;)」って書いてあったから、あたしも何とかおんなじパターンで返そうと思って、必死に考えたんだけど、風邪でボーッとしてる脳みそじゃ、「ダル」で始まる言葉は、巨大な「ふぐり」の持ち主、「ダルビッシュ」しか思いつかなかった。それで、「あたしも風邪でダルダルダルビッシュです」ってのもナンダカナ~?って思ったので、やっぱ、犬には犬で返さなきゃって思って、「あたしも風邪ひいちゃって、ダルダルダックスだよ(T~T)」ってしてみたんだけど、送信してから、「ダメだ、こりゃ!」って思って後悔した。それも、激しく(笑)

‥‥そんなワケで、玲子ちゃんの他にも、あたしの周りの何人かの人たちが風邪を引いてて、みんなセキがひどくて、ゲホゲホやってて、その上、なかなか治らない。だから、あたしだけが特別なんじゃなくて、今、世の中には、風邪が流行ってんのかもしんない。でも、もしもそうだとすると、俳句的にも、一般的にも、四季の中で一番「風邪発生率」が低いハズの秋だってのに、今年は例外なんだろうか?

だけど、「昔っから秋に風邪を引く人は1人もいない」ってことじゃなくて、何人もいたワケだ。「何人も」って言うか、全国的に見れば、きっと、何万人とか何十万人とかいるワケで、単に「他の季節よりは少ない」ってだけのことだと思う。玲子ちゃんの場合も、春から夏の終わりにかけて、ほとんどお休みなしでアチコチを飛び回ってるから、毎年、今ころの時季になると、夏の疲れがドッと出て、風邪を引いちゃったりすることが多いみたいだ。それで、あたしは、「秋の風邪」って季語がない俳句の世界の人たちは、秋に風邪を引いたらどうするんだろう?って思って、ちょっと調べてみたら、こんな句を発見した。


 立秋や納戸に捜る葛根湯  寺田寅彦


まあ、この句の場合は「立秋」って言ってんだから、「8月8日ころ」ってワケで、どっちかって言ったら「夏風邪」のハンチューっぽいけど、細かいとこに目をつぶれば、一応は「秋の風邪」ってことになる。で、どこにも「風邪」なんて書いてないのに、何でこの句が風邪の句なのかって言えば、そりゃあ風邪薬の代名詞みたいな「葛根湯」を探してるからで、カタカナで「カッコントー」って書くと、なんか「オッパッピー」みたくなっちゃうけど、ちゃんと漢字で書いてあるから、いかにも風邪に効きそうな雰囲気がマンマンだ。

‥‥そんなワケで、この葛根湯ってのは、「葛(くず)の根の湯」って書いてあるから、「葛の根っこを粉にしたもので、それをお湯に溶かして飲む」って思ってる人もいると思うけど、葛根湯には、葛の根っこを粉にした「葛根(かっこん)」だけじゃなくて、全部で7種類の生薬が入ってる。それは、マオウっていう草を粉末にした「麻黄(まおう)」、肉桂(にっけい)の木の皮を粉末にした「桂皮(けいひ)」、シャクヤクの根っこを粉末にした「芍薬(しゃくやく)」、カンゾウの根っこを粉末にした「甘草(かんぞう)」、ショウガを粉末にした「生姜(しょうきょう)」、ナツメの実を粉末にした「大棗(たいそう)」だ。それで、葛根を6、麻黄を4、桂皮を4、芍薬を3、甘草を2、生姜を1、大棗を3の割合で混ぜたものが「葛根湯」ってワケだ。だから、厳密に言うと、葛根湯の中に「葛根」は、23分の6、つまり、約4分の1しか入ってないワケで、残りの約4分の3は、「その他モロモロ」ってワケだ。

ちなみに、肉桂ってのはニッキのことだから、ニッキ味の飴とかを舐めても効果があると思うし、ショウガはスーパーに売ってるし、甘草はお砂糖の代わりにいろんな食品の甘味料として使われてるし、シャクヤクやナツメも簡単に手に入るから、自分で7種類の材料を集めて、自家製の葛根湯を作ることもできそうだ。メインの葛は多摩川の河原とかにも生えてるし、スーパーとかに行かないで、全種類を山や河原で探して集めたら、なんか、ドラゴンボールを集めるみたいで楽しいかもしんない。

で、この葛根湯は、約1800年前の中国の後漢の時代の医学書、「傷寒論(しょうかんろん)」や「金匱要略(きんきようりゃく)」に、すでに紹介されてる。だから、少なくとも、2000年くらいの歴史があるんだと思う。そして、そんなお薬が、科学の進歩した現代でも日常的に使われてるんだから、古代の人たちの知恵って、ものすごかったんだと思う。それで、この葛根湯ってのは、今じゃ風邪薬の代名詞みたいに言われてるけど、ホントは、もっといろんな病気に効果がある。たとえば、メインの成分の「葛根」は、解熱作用や発汗作用の他に、専門用語で書かれたものを丸写しすると、「内臓平滑筋の収縮・緊張を緩解し、それによる痙攣(けいれん)性疼痛を除く作用」ってのがあって、チョー簡単に言うと、肩こりとかにも効くみたいだ。

そして、他の6種類の生薬にも、それぞれ、風邪以外にも効く作用がある。だから、葛根湯は、風邪以外のいろんな病気にも効果があるし、どこも悪くない人でも、定期的に葛根湯を飲んでれば、グッスリと眠れたり、疲れが溜まらなくなったり、いつもより体調が良くなったりすることもあるワケだ。落語の有名な枕噺(まくらばなし)で、「葛根湯医者」ってのがあって、頭が痛い患者さんにも、お腹が痛い患者さんにも、目が痛い患者さんも、どんな病気の患者さんにも葛根湯を出しちゃう。それで、しまいには、付き添いで来た人にまで葛根湯を薦めちゃうってオチで、この枕噺のお医者さんは、「誰にでも葛根湯しか処方しないヤブ医者」ってことになってる。

だけど、これは、「葛根湯がいろんな病気に効く薬」っていう前提のもとに作られた枕噺なんだから、そう考えれば、「葛根湯は風邪薬」っていう一般的な認識のほうが間違ってるってことになる。これは、ちゃんと、医学的にも効果が証明されてるんだけど、葛根湯は、風邪の他にも、肩こり、神経痛、リウマチ、五十肩などから、鼻炎や蓄膿症、そして、じんま疹や湿疹、帯状疱疹(たいじょうほうしん)などにも良く効くそうだ。だから、ワキ腹に帯状疱疹ができて難儀してた柳家小袁冶師匠も、もう全快したそうだから今んとこ必要はないと思うけど、師匠のブログ、「日刊マックニュース」を読むと、ジャイアンツのリーグ優勝で飲みまくってるみたいだから、体調を崩して、またまた帯状疱疹ができちゃうかもしんない。その時には、ぜひ葛根湯を飲んで治してもらって、臨場感あふれるニューバージョンの「葛根湯医者」を披露していただきたい(笑)

‥‥そんなワケで、話はクルリンパと戻って、葛根湯は7種類の生薬で作られてるってことだけど、この「7種類の生薬」って部分で思い出すのが、七味唐辛子だ。実は、この七味唐辛子も、もともとは風邪薬として調合されたもので、江戸時代、寛永2年(1625年)に、江戸は両国の薬研堀(やげんぼり)で、初代の「からしや徳右衛門」が売り出した。この薬研堀の「薬研」てのは、漢方薬の原材料を細かく挽くのに使う器具のことで、この名前からも分かるように、薬研堀ってのは、お医者さまとか生薬の問屋さんとか薬屋さんとかが集まってる町だった。だから、日夜、いろんな薬屋さんが、いろんな生薬を調合して、新しいお薬を開発してた。

それで、発汗作用のある唐辛子をメインにして、そこに、黒ゴマとか、マリファナのタネとか、ケシのタネとか、ニポン人が古来から大切に守って来たニポンの文化を6種類ほどブレンドして出来上がった風邪薬が、七味唐辛子ってワケだ。ちなみに、今でも、七味唐辛子を売る時の口上の中に、「陳皮(ミカンの皮)は江戸時代の風邪薬」ってフレーズが出て来るけど、詳しくは、2004年11月18日の日記、「七味唐辛子売り」に書いてあるので、興味のある人は読んでみてちゃぶだい。あたしの考えた口上もあるし。

で、風邪のことを「カゼ」って呼ぶようになったのも江戸時代あたりからで、それまでは、「シワブキヤミ」って呼ばれてた。「シワブキ」ってのは咳のことで、ゲホゲホと咳が出る病気だから、「咳病」と書いて「シワブキヤミ」って呼ばれてた。「源氏物語」の中にも、咳の出る病気として「しはぶきやみ」って書かれてるし、「風邪」って言葉はまだ出て来ない。だけど、平安時代の歴史書、「増鏡(ますかがみ)」の中には、862年に「しはぶきやみはやりて人多く失せたまふ」って書かれてるから、これは風邪じゃなくてインフルエンザのことだと思う。風邪もインフルエンザも、咳が出たり熱が出たりっていう症状が似てるから、昔は、インフルエンザは「風邪の強力なヤツ」って思われてたんだろう。

風邪のことを「カゼ」って呼ぶようになった江戸時代にも、強力なインフルエンザが大流行して多くの人が亡くなったことが何度かあって、当時は、その病気のことをその時に流行ってたものの名前で呼んだりしてた。たとえば、享保12年(1727年)に、江戸の新材木町の材木商、白子屋庄三郎の養子、又四郎の奥さんの「お熊」が、「忠七」っていう使用人とデキちゃって、ジャマになった自分のダンナの又四郎を2人で殺そうとした事件があった。で、2人は逮捕されて、大岡越前守の裁きを受けて、「町内引き回しの上、獄門」ていう、時代劇そのまんまの結果になっちゃったんだけど、この出来事が、50年後の安永4年(1775年)に、「恋娘昔八丈」っていう浄瑠璃の演目として蘇り、大ヒットしちゃった。もちろん、そのまんまの名前じゃマズイから、「お熊」は「お駒」、「忠七」は「才三」って名前に変えて演じられたので、この演目のことを別名「お駒才三」とも呼んでる。

とにかく、自分のとこの使用人とデキちゃった奥さんが、2人でダンナさんを殺そうと企むなんて、愛欲の果てのドロドロストーリーってワケで、今で言えば、平日の午後1時半からやってるフジテレビの昼ドラみたいなノリで、何度も繰り返して上演されるほど大ヒットした。そして、翌年には狂言にもなって、中村座で上演されて、さらに大ヒットしちゃった。当時の中村座の看板女形、瀬川菊之丞がお駒を演じたため、江戸中が「お駒ブーム」になっちゃったんだけど、この年の2月に、ものすごく強力なインフルエンザが大流行して、多くの人が亡くなった。それで、町の人たちは、この年のインフルエンザのことを「お駒風邪」って呼ぶようになった。

‥‥そんなワケで、安永5年(1776年)の「お駒風邪」から12年後の天明4年(1784年)にも、またまた強力なインフルエンザが大流行して、多くの人が亡くなったんだけど、この時のインフルエンザのことは、「谷風邪」って呼ばれてる。これは、当時の最強の横綱、二代目「谷風」が、「土俵上でワシを倒すことなどできぬ。ワシが横になっているところを見たければ、ワシが風邪を引いた時に見に来い」って言ったことから、この名ゼリフを言った年に大流行したインフルエンザのことを「谷風邪」って呼ぶようになって、それからしばらくは、どんな「風邪」のことでも「谷風邪」って呼ぶようになった。

二代目「谷風」は、身長189cm、体重169kgで、現代でも巨漢だけど、現代より国民の平均身長が10cm以上も低かった江戸時代なんだから、庶民からは大巨人だと思われてただろう。そして、連戦連勝の無敵の強さを誇ってるのに、病気の母親を持つ力士と戦う時には、ワザと負けて相手に懸賞金を与えるっていう心やさしい一面もあったそうだ。もちろん、これだって八百長には変わりないけど、当時の人たちは、今の人たちよりも遥かに義理人情に厚かったから、こうした八百長は、ブーイングどころか、美談として賞賛されたのだ。そして、ただ単に強い横綱ってことじゃなくて、こんな心やさしい一面も持ってたから、多くの人たちから愛され、尊敬されてた。

だから、インフルエンザが大流行してた時に、「ワシを倒せるのは風邪くらいだ」的なことを言ったもんだから、そのセリフも大流行しちゃって、挙句の果てには、風邪のことを「谷風邪」って呼ぶほどになっちゃったのだ。ちなみに、この谷風は、この名ゼリフを言ってから11年後の寛政7年(1795年)、45才で亡くなったんだけど、皮肉なことに、死因は、その年に大流行したインフルエンザ、「御猪狩風邪」だった。

江戸時代には、他にも、「八百屋お七」の小唄が流行した年のインフルエンザのことを「お七風邪」って呼んだり、当時は外国だった沖縄(琉球王国)の使いの人たちが来朝した年のインフルエンザのことを「琉球風邪」って呼んだり、いろんな名前がつけられて来た。だから、普通は風邪なんか引かないハズの「秋」なのに、こんな時季に風邪で具合が悪くなってるあたしとか、玲子ちゃんとか、他にも、今、風邪を引いてる情けない人たちのために、「谷風邪」にあやかって、今の風邪に「時津風邪」って名前をつけようと思うんだけど、どうだろう?(笑)

‥‥そんなワケで、人類の歴史上、最大のインフルエンザって言うと、大正7年(1918年)から翌年にかけて、世界中で大流行した「スペイン風邪」だ。当時の世界の人口は、約10億人だったんだけど、全世界で6億人が感染した。つまり、地球上の人類の半分以上が感染したってワケで、そのうちの約5000万人が死亡した。ニポンは、人口が約5500万人だったうち、約40万人が亡くなったから、人口が2倍以上になった今で言えば、100万人くらいの人が亡くなったことになる。それで、この「スペイン風邪」は、発生したのはアメリカのシカゴなんだけど、武器を売るために世界中で戦争を起こして、世界中に迷惑をかけまくってるアメリカ人のセイで、こんな大惨事になっちゃったのだ。なんでかっていうと、当時のアメリカ軍がヨーロッパ戦線に参加するために大部隊でヨーロッパに遠征して、それをキッカケにして、アメリカ国内だけの病気だったものが、全世界へと拡散しちゃったからだ。サスガ、先住民族のインディオたちからアメリカ大陸を略奪したほどのアングロサクソンは、やることがデッカイ。戦争に行ったついでに、強力な生物兵器まで持ち出して、全世界で5000万人も殺しちゃったんだからね。だけど、今や、このニポンも、そんなアメリカの殺戮行為に、莫大な税金を使って「給油」なんかして加担しちゃってんだから、風邪じゃなくても熱が出て来ちゃいそうな今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.04

利恵さんのお母さまからのメッセージ

あたしは、9月23日の日記、「あたしは絶対に許さない!」で、3人組の鬼畜に惨殺された磯谷利恵さんの事件を取り上げた。そして、利恵さんの無念を晴らすためにも、これほど凶悪で残忍な事件を二度と起こさないためにも、この鬼畜どもを絶対に死刑にすべきだと思い、利恵さんのお母さまが行なっている「極刑を望むための署名」を紹介した。もちろん、これは、あたしが勝手にしたことじゃなくて、ちゃんと、利恵さんのお母さまに「ぜひ協力させて欲しい」と連絡して、許可をいただいた上での掲載だった。それで、その時にもお知らせしたけど、第1回の署名のしめきりが10月1日だったので、利恵さんのお母さまから、その報告と、協力してくださった皆さんへのお礼のメッセージが届いてるので、ここに紹介する。


「きっこの日記」の読者の皆様へ

この度はご協力有難うございました。10/1現在で102,422名という私共の予想をはるかに超える署名が集まりました。

見ず知らずの私共の為に、署名をして切手を張り郵送するという行動を取って頂く事は、大変なことだと思います。また、メールや署名に同封していただいた激励、いたわり、ご支援等のお言葉で、どれほど勇気づけられ元気をいただけたことか。ただただ感謝いたしております。亡き娘利恵も、きっと皆様にお礼を申し上げていると思います。

娘は、物心ついた時から父親の居ない生活でした。「お母さんの持っている望遠鏡で覗くと、お父さんが何をしているか見えるよ。」と言っていたので、よく「今お父さん何しているのか見て!」とせがまれたものです。その度に、「きれいなお姉さんに囲まれて、お酒飲んでるよ。」と笑いながら望遠鏡を覗く真似をしたり、「あっ!今くしゃみした!」などと馬鹿なことを言っては、大笑いをしていたものです。

その反面、片親だからといって指をさされるような子供に育ってはいけないと、厳しく育ててきました。今から思うと、可哀想なくらい、聞き分けのよい子供でした。でも、自分が納得しないと「御免なさい」が出てこない頑固な面もありました。そんな時は、私の感情が収まった後、何がいけなかったのか諭してあげると、素直に「御免なさい」と謝ってくれました。

そんな利恵も、ここ2、3年前から一緒に買い物に行くと、重い荷物を持ってくれる様になりました。私が老いてきたように感じ出したのでしょう。亡くなった後、利恵のブログをコピーしたものを、利恵のお友達から頂きました。「母よ誕生日おめでとう」という書き出しで始まった日記のコメント・・・祝うこと自体がすごいです・・・のお返事に「近年になって祝うようになりました。母も歳をとりましたので…できるだけ一緒の時間を作ってあげたいなと(あくまで願望…行動伴わず)」と書いてありました。利恵はこの日から2週間後に、鬼畜によって尊い命を奪われました。

私は、こんな優しい娘の命を奪った三人の犯人を絶対に許すことが出来ません。極刑は当然だと思います。娘の死が世論の大きな渦を作り、司法を動かし、二度とこのような事件が起こらないように、前例を作ってくれることを祈っています。

そのためにも、署名活動を継続し裁判官に訴えていきたいと思います。長い戦いになりますが、今後とも、ご支援ご協力お願いいたします。

平成19年10月3日  
磯谷富美子


‥‥そんなワケで、あたしは、このメッセージを読んで、また、涙が止まらなくなった。手を輪にしただけの「父さんの見える望遠鏡」を覗いて、お父さんがクシャミをした様子を伝えたお母さま、そして、ウソだと分かっていても、お母さまと一緒になって、はしゃいだり笑いあったりした利恵さん。そんな子供時代を過ごして、やっと、やっと、やっとこれから親孝行ができると思っていたのに‥‥。

利恵さんに、お母さまに、いったい何の非があると言うんだろう? あたしは、この鬼畜どもを絶対に許さない! あたしは、この鬼畜どもを死刑にしなかったら、この国の法律は、凶悪犯をのさばらせるための法律であり、凶悪犯罪を蔓延させるための法律であり、つつましやかに生活している何の非もない善良な母子を苦しみのどん底に突き落とすための法律でしかないと思った。だから、あたし個人としても、「きっこの日記」としても、利恵さんのお母さまの行動を今後も全面的に支持し、最大限の協力をして行くつもりだ。

今回、署名に協力してくださった皆さん、本当にありがとうございました。そして、今後も署名は続行して行きますので、協力してくださる人は、下記のサイトでよろしくお願いいたします。10万人の署名を集めても死刑にならないのなら、50万人でも100万人でも、死刑が確定されるまで署名を集め続けます。


「磯谷利恵さん」
http://www2.odn.ne.jp/rie_isogai/


「愛知女性殺害 死刑求める署名10万人 名地裁へ提出へ」(毎日新聞)

名古屋市千種区で今年8月、派遣社員、磯谷利恵さん(31)が携帯電話のサイトで互いを知り合った男3人に拉致され、殺害された事件で、強盗殺人などの疑いで逮捕された男3人への死刑を求める署名が10万人を超えたことが3日、分かった。遺族はさらに協力を呼び掛けた上、署名簿を名古屋地裁に提出する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071003-00000054-mai-soci


★ 1人でも多くの署名を集めて、利恵さんとお母さまの無念を晴らしたいので、どうか応援のクリックもよろしくお願いします!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.03

今月のオススメPV♪

Shy1
ビューティホーでセクシーなSHY(麗子たん)が、PRINCEのヒット曲をカヴァーしたアルバム、「INSPIRE~a tribute 2 PRINCE~」の中から、「alphabet street」 のPVをご紹介します。

とにかく、セクシーでキュートでカッコ良くて、もうサイコーです♪

10月21日までの無料配信なので、ぜひご覧ください。

「alphabet street」SHY
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0039687/


※このアルバムには、あの「Let’s Go Crazy」やら「Kiss」やら「Girls and Boys」やらも収められてて、どれもSHYのマジックでサイコーに仕上がってます。
右のサイドバーの「オススメCD」のとこにリンクしてあるので、どうぞご利用ください。


【オマケ】
こちらでSHYの「Let’s Go Crazy」を試聴できます♪
http://www.myspace.com/shyofficial

|

きっこ活動限界テンマツ記・後編

Sakura6
あたしが初めてパチンコの「エヴァンゲリオン」を打った時には、このパチンコの原作がアニメだってことは知ってたけど、アニメは一度も観たことがなかったから、どんなストーリーなのかぜんぜん知らなかった。とにかく、パチンコの画面に映る情報だけがすべてだから、あたしは、碇シンジの「碇(いかり)」を「掟(おきて)」だと思い込んだり、顔立ちと泣きボクロだけで赤木リツコを好きになったりって、あまりにもトンチンカンだった。そして、あとからアニメを観てみたら、外見だけで好きになってた赤木リツコが、女のイヤな部分を「これでもかっ!」ってくらい網羅した、あたしの大っ嫌いなタイプだったってことが分かって、「これじゃ、まだ、空気の読めない葛城ミサトのほうがマシじゃん!」って思ったりもした。

で、これまたパチンコから入った「機動新撰組 萌えよ剣」は、原作がゲームだってことすら知らなくて、あたしとしては、原作は「あたしの観たことがない高橋留美子のアニメ」だと思ってた。それで、こっちは、「エヴァンゲリオン」と違って、アニメにもゲームにも夢中になっちゃって、今や「萌剣カルトQ」にも全問正解できるほどの熱心なファンになっちゃった。挙句の果てには、あまりにも土方歳絵ちゃんが好きすぎて、知り合いのアクセサリー職人に、歳絵ちゃんとおんなじピアスまで作ってもらったほどだ。

そして、ナニゴトもパチンコから入るあたしが、次に第一種接近遭遇しちゃったのは、ここでやっと昨日の日記からの続きになるけど、「サクラ大戦」だった。これも、「機動新撰組 萌えよ剣」とおんなじで、あたしは、名前も何もまったく知らなかったから、原作は「あたしの観たことがない誰かのアニメ」だと思って打ち始めた。「機動新撰組 萌えよ剣」の場合は、特徴のある絵から、すぐに高橋留美子って分かったけど、こっちの「サクラ大戦」のほうは、どこにでもあるような特徴のない絵だったから、作者を推測することもできなかった。だけど、すぐに停留玉ランプが満タンになって、コマメに止め打ちしなきゃなんないほど良く回ったので、等価のお店にしちゃ出血サービスじゃん‥‥なんて思いつつ、時々、フッと意識が遠のきそうになりながら、とにかく打ち続けた今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、ハッキリ言って、とてもパチンコどころじゃない状態で打ってたから、細かい部分は記憶が曖昧だけど、何でがんばって打ち続けることができたのかって言うと、メンバーの1人の神崎すみれちゃんていう女の子が、あたしの好きなタイプだったからだ。それで、原作のアニメはまったく観てなくて、あくまでもパチンコから得た情報だけで説明すると、ルーレットの数字は漢字で、「一」が神崎すみれ、「二」がマリア・タチバナ、「三」がアイリス、「四」が桐島カンナ、「五」が李紅蘭(り・こうらん)、「六」が大神一郎、「七」が真宮寺さくらってなってる。

そして、唯一の男性の大神一郎ってのが隊長で、残りの女の子6人がメンバーで、ふだんは帝国歌劇団の花組の団員としてミュージカルをやってて、敵が現れた時だけ「帝国華撃団」ていう名前になって、釜飯の容器みたいなブカッコーなロボットを操縦して、敵と戦う。敵は、変なバアサンとか、宮本武蔵みたいなのとか、オイランみたいなのとか、巨大なアリみたいな化け物とか、ナントカ伯爵みたいなのとか、いろいろと出て来るけど、あたしには誰が何なんだかぜんぜん分かんない。

ま、そんな感じなんだけど、あたしの好きな神崎すみれちゃんは、泣きボクロはあるし、鎖骨のラインはサイコーだし、「萌剣」のつばめ組の早乙女美姫みたいに「オーッホッホッホッホッ!」って高笑いするし、言葉づかいが上品だし、使ってる武器が歳絵ちゃんとおんなじでナギナタだし、立ち居振る舞いが美しいし、どこを取ってもあたしの好きなタイプだった。だけど、他のメンバーがどれも最悪で、マリア・タチバナってのは、どう見てもIKKOさんにしか見えなくて、一度「IKKOさんに似てるな」って思っちゃったら、それからは何度見てもIKKOさんにしか見えなくなった。

他は、ロリコン野郎のために作ったキャラみたいなアイリス、ドラゴンボールの悟空を女にしたみたいな桐島カンナ、「萌剣」の新聞記者の女と「ときめきメモリアル3」のピンクの髪のウザイ女を合体させたみたいな李紅蘭、ヤサ男で頼りなくてとても隊長とは思えない大神一郎‥‥って感じで、神崎すみれちゃん以外だと、唯一、マシなのが、名前からしてたぶん主役なんだと思う真宮寺さくらなんだけど、これも、「ときめきメモリアル3」の合気道部の橘えみにソックリだ。そう言えば、あたしの好きな神崎すみれちゃんも、どことなく「ときめきメモリアル3」の神条芹華と雰囲気が似てるし、名前も、苗字に「神」の字が入ってるとこと、名前がお花の名前だってとこまでおんなじだ。

それから、「ときめきメモリアル3」には、インチキ関西弁をしゃべる緑色の髪の女が出て来たけど、この「サクラ大戦」の李紅蘭も、中国人なのにインチキ関西弁をしゃべる。とにかく、パチンコだけから判断すると、この「サクラ大戦」てのは、「萌剣」と「ときめきメモリアル3」を合体させて作ったみたいな感じがした。ストーリーは「萌剣」、キャラクターは「ときめきメモリアル3」ってことだ。だって、「萌剣」が明治時代なのに対して、「サクラ大戦」は大正時代ってとこと、「萌剣」の主役が女の子3人なのに対して、「サクラ大戦」は女の子6人てとこが違うくらいで、あとは、それぞれのメンバーが使う武器とか、甲冑(かっちゅう)とか、敵とか、あまりにも共通点が多すぎるからだ。

でも、もしかしたら、この「サクラ大戦」のほうが先に作られて、「萌剣」と「ときめきメモリアル3」のほうが「サクラ大戦」をパクッたのかもしんない。ま、そんなこたーどうでもいいんだけど、とにかく、あたしは、頭が割れそうに痛くて、目も開けてらんないほど痛くて、体中の関節がメキメキと音を立てるくらい痛いのに、「何とか今日中にお金を作るぞ!」って気合いだけで、ハンドルを握り続けた。そして、6000円ほど突っ込んだ150回転目くらいに、数字の札がビヨヨーンて大きくなって、メンバー全員が整列するんじゃなくて、真宮寺さくらが単体で出動するアニメからスーパーリーチに発展して、どれが敵なんだか味方なんだか分かんないロボットだらけの戦いで、最後にボスっぽいのをやっつけてノーマルがそろった。だけど、ラウンド前の昇格チャンスもダメで、ラウンド中の「いなくなったアイリスを探せ」っていう昇格チャンスもダメで、時短もダメだった。

それで、この1箱がアッサリと飲まれた上に、追加投資を1万円もしたとこで、ようやく、次の大当たりが来た。これもノーマルだったんだけど、ラウンド中の「いなくなったアイリスを探せ」で、隊長がクローゼットを開けたら、中でアイリスが居眠りしてるのを発見して、確変に昇格した。そしたら、ここからが怒涛の連チャンで、ほとんどがノーマル当たりなのに、ラウンド前に昇格するか、ラウンド中に昇格するか、昇格しなくても時短で引き戻した。ラウンド中の「いなくなったアイリスを探せ」は、クローゼットを開けてもアイリスはいなくて、「ダメか‥‥」って思ったら、隊長の上着の裾を可愛い手が引っぱって、それがアイリスだった‥‥っていう二段オチみたいな昇格もあった。

もっとすごいのは、良く分かんないけど、敵の秘密基地みたいな島だか山だかみたいなとこをキャプテン・ハーロックのアルカディア号みたいなので攻撃して破壊すれば昇格‥‥ってのもあって、これはカッコ良かった。乗組員の女の子たちも1人を除いて可愛かったし、ナントカ砲を撃つメガネのジイサンも松本零士のキャラのパクリみたいでそれなりだったし、ラウンド後に乗組員の女の子3人で「確率変動突入よ!」って言ったのも可愛かったし、なかなかワンダホーだった。

他にも、「エヴァンゲリオン」だとウザイ「ミッションモード」が、この「サクラ対戦」は、5分とか3分とかの時間じゃなくて、「10回以内にホニャララでリーチをかけろ」だから、玉も減らないし、すぐに終わってくれる。あとは、せっかく「予告」が出ても、ぜんぜん熱くないのと、ロボットが出て来る複数のスーパーリーチの他は、真宮寺さくらが宮本武蔵みたいな敵と磯で戦うリーチがソコソコなくらいで、それ以外のリーチはまったく当たらない。隊長が巨大なアリだかクモだかみたいな化け物と戦うリーチも、確変中じゃなければぜんぜん当たんないし、数字が桜吹雪で消えてくリーチなんか、通常とは違って、花びらが黄色くなって、画面の上の「サクラ大戦」のロゴがシャンシャン揺れてんのに、それでも当たんなかった。ましてや、それぞれのキャラのリーチなんて、100万回に1回も当たんないと思う。

‥‥そんなワケで、あたしは、16000円も投資しちゃったけど、最終的には15箱積むことができて、23000発ちょいで、等価のお店だったから9万円を超えて、7万5000円は勝つことができた。これで、何とかすべての支払いを済ませることができるので、帰り道はホントに倒れそうなくらいフラフラだったけど、精神的にはホッとすることができた。それで、いくらフラフラだって言っても、この日は、まだ日記を書く元気も残ってたし、金ちゃんラーメンも食べられたから、あたし的には、体調が回復しつつあるって思ってた。ずっと食欲がなくて、飲み物しか受け付けないような日が続いてたのに、久しぶりに金ちゃんラーメンを残さずに食べることができて、夜もグッスリと眠れたし、次の日の朝は、頭痛も目の痛みも軽くなって、まだ熱っぽいのと全身の関節が痛いのは残ってたけど、自分では、ずいぶん良くなったって思った。

だけど、この考えがアサハカだった。3日間の必死のパチンコで、何とか月末の支払いは済んだけど、このまま、何の収入もないまま、すぐに月の頭の支払日が来て、月の半ばの支払日が来て‥‥って思ったら、あたしは、じっとしてらんなくなっちゃったのだ。それで、もう体調も回復して来たっぽいし、稼げる時に稼いどこうって思って、この日も、またまたパチンコに行くことにした。それで、この日は、原チャリで10分の隣り駅のパチンコ屋さんに行ったんだけど、前日の連チャンが忘れられなくて、また「サクラ大戦」を打つことにした。それで、この日は、11000円の投資で260回くらい回したとこで、最初のノーマル当たりを引いたんだけど、そこからずっとサクサクとつながって、一度も途切れずに11連チャンした。

それで、この日は、大当たりラウンド中に、何度も、数秒か数十秒か意識が飛んでて、ハッと気づいて、「あっそうだ! 今、パチンコ打ってるんだ!」ってなった。だから、ホントなら、ここで自分の異変に気がつかなくちゃおかしかったんだけど、あたしは、「体調は回復してるんだから、もうちょっとすれば元気になる」って思って、この次の日、つまり、9月27日も別のお店に打ちに行った。もう、収入がないことに対する恐怖に精神を支配されちゃってて、頭がボーッとした状態なのに、無意識のままパチンコ屋さんに向かう‥‥って感じだったんだと思う。それで、この日も「サクラ大戦」を打ち始めて、5000円くらいで初当たりを引いて、7箱くらい出してたんだと思うけど、これは、あとから分かったことだ。

正直に言うと、この日のパチンコのことは、「サクラ大戦」を打ってたってことと、たしか「ナントカ激熱」っていう大きな文字の予告がカットインしたことだけが記憶にあるだけで、あとは何も覚えてない。あたしは、パチンコを打ちながら気を失ったみたいで、ハンドルを握ったまま、台に前のめりになってるあたしを見た隣りの人が、店員さんを呼んでくれたそうだ。それで、あたしは、最初はお店の事務所に運ばれて、まったく意識が戻る気配がなかったから、すぐに救急車を呼んで、そのまま運ばれてったそうだ。ちなみに、あとからそのお店にお礼を言いに行ったら、5000円残ってるパッキーと10500発の出玉をキープしといてくれた。だから、あたしは、「5000円くらいで初当たりを引いて、7箱くらい出してたんだと思う」って推測したんだけど、もしも死んでたら、こんなこと言ってらんないよね。パチンコのハンドルを握ったまま、真っ白に燃え尽きた女‥‥って、あたしゃ「パチンコ放浪記」かっ!(笑)

で、救急車で病院に運ばれたあたしは、血圧とナントカ値が異常に低くなってたそうで、昏睡状態みたくなってたそうで、あくまでも「どんな状態になってもすぐに対応できるようにしとくため」ってことらしいけど、生命維持装置がいろいろと完備されてるICUに入れられた。だけど、あたしが意識を失ってたのは、1時間弱くらいで、病院に着いてナンダカンダしてるうちに、すぐに意識は戻った。あとから聞いたら、点滴に血圧を上げる薬だか何だかを注射したみたいなんだけど、あたしとしては、酸素マスクみたいなのもつけられてるし、手首には何かを測定するコードみたいなのもつけられてるし、いろんな機械もあるし、意識がボーッとしてたから、テッキリ、「UFOにさらわれて宇宙人に実験されてる夢を見てるあたし」なんだと思った。

実は、あたしは、子供のころから、何度もUFOを目撃してる。一番すごかったのは、小学4年生の時なんだけど、巨大なハマキ型の母船から、ちっちゃいUFOが何機も出て来て、あちこちを飛び回ってから、また母船の中に戻って、その母船が眩しいくらいのオレンジ色の光を出して、グニャグニャと曲がり始めてから、パッと消えるまで、だいたい30分くらいだったと思うけど、それを5~6人のクラスメートとみんなでハッキリと見たことがある。だから、あたしは、子供のころから、「UFOにさらわれて宇宙人に実験されて体内に金属チップを埋め込まれる夢」を数え切れないほど見てて、今でも見る。それで、ICUで意識が戻ったあたしは、その光景があまりにもその夢の中の状況に似てたもんだから、サスガに「ホントにUFOにさらわれた」とは思わなかったけど、「自分はまだ寝てて、UFOにさらわれた夢を見てる」って思っちゃったのだ。

‥‥そんなワケで、あたしは、「栄養失調と過労で体力が落ちてた上に風邪をこじらせた」っていうトホホな状態だったんだけど、あんまりシャレになんないほどダメージが大きくて、お医者さんからは、「最低でも1週間は入院」て言われた。だけど、あたしにそんな余裕があるワケないので、「自宅でおとなしく寝てるから」って言って、1日で帰って来たってワケだ。そして、倒れた前日に、必死で打った11連チャンぶんのお金は、キレイサッパリ、たった1泊のICU代で消えてなくなっちゃったのだ。こんなことなら、イッソのこと、宇宙人にさらわれて記憶でも消されたほうがマシだったかもしんないけど、まあ、「命あっての物種」のことを大人になるまで「命あってのものだね?」って思い込んでたあたしとしては、ホントに、「命あってのものだよね?」なんて思っちゃった今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


|

2007.10.02

きっこ活動限界テンマツ記・前編

記者 「今回、日記の更新がストップしたことによって、とても多くの人たちに心配をかけたと思うのですが、きっこさんはどのようにお考えですか?」

きっこ 「特に‥‥」

記者 「これだけ多くの読者がいる日記なのですから、事前に何らかの対応を取ろうとは思わなかったのですか?」

きっこ 「別に‥‥」

記者 「きっこさんは日記を書籍化までしているのに、何かあるたびに『個人の日記なんだから何を書こうがあたしの自由』と、まるで開き直りとも取れるような発言を繰り返していますが、ご自身では無責任だと思わないんですか?」

きっこ 「特に‥‥」

記者 「読者数が多く、影響力のある日記を運営しているのですから、発言の内容に責任を持つことは当然として、運営の方法にももっと責任を持つべきなのではないでしょうか?」

きっこ 「別に‥‥」

記者 「あなたはいったい何様のつもりなんですか!?」

きっこ 「まわりからチヤホヤされてテングになってる女王様よ!」


‥‥ってなワケで、一応、タイムリーなネタも織り込みつつ、あたしは、沢尻ナントカと違って、人として最低限の常識くらいは持ち合わせてるので、まずは、心配のメールやお見舞いのメールをくださった人たちに、感謝の気持ちを伝えたいと思う。すべては書ききれないけど、♯9の2913、晴子さん、光一さん、憂国士さん、かおちゃん、眞鬼さん、DONDON2003さん、竜彦さん、仏の金さん、由起さん、uさん、Rawanさん、まみさん、champagneさん、章子さん、愼一郎さん、わかをさん、みんみさん、雅昭さん、肥川さん、美代子さん、SAKIさん、恵子さん、Cozyさん、眞一さん、茂憲さん、ひめちゃん、やまもっちゃん、マキさん、能成さん、shihoさん、ももこさん、maさん、邦彦さん、征夫さん、かのままさん、直樹さん、カムイさん、好さん、ゴローさん、星羅さん、ふにゃさん、わたぼうしさん、わかまっちゃん、ぶたのピンバッジさん、hanakoさん、Iori Perkinsさん、さくらさん、yoshioさん、nakkyさん、ふっちーさん、SAYさん、ぽんさん、ともうみさん、一江さん、宍戸さん、和之さん、INOさん、スパンキーさん、たけさん、健介さん、誠彦さん、末美さん、かつさん、kokoaさん、しふさん、千恵さん、きみえさん、忠親さん、そして他にもたくさんの皆さん、どうもありがとうございました。


‥‥そんなワケで、あたしは、とりあえず、どんなふうに具合が悪くなって、どんなふうに救急車で運ばれて、どんなふうにICUに入って、どんなふうに脱走して来たのかってことを書こうと思うんだけど、何も考えずに、頭に浮かんだ通りに文字を打ってく「きっこ方式」だと、書く前から、ものすごく長くなりそうな予感がマンマンだ。だけど、まだ自力で起き上がることもできないフラフラ状態なので、キーボードを打つだけで精一杯で、とても短くマトメるなんてムリだから、いつも以上にダラダラと書いてって、書ききれなくなったら続きは明日、さらに書ききれなくなったら続きはアサッテ‥‥って感じにするっきゃない。

それで、最初に断っとくけど、今回のテンマツ記は、パチンコの打ち過ぎで活動限界に達しちゃったみたいなもんだから、前半はパチンコの話がメインってワケで、パチンコが嫌いな人は、前半は飛ばしてちゃぶだい‥‥って、読みたくない人は読まなきゃいいんだから、こんなことまで書く必要もないんだけど、どんな時も絶対にお休みしないで書き続けて来た「きっこの日記」なのに、数日間、穴を開けちゃったことに対する後ろめたさから、ナニゲに親切なことを書いてみたってワケだ。

で、佐世保バーガーが好きそうな村上龍テイストで言ってみると、あたしの収入が、限りなくゼロに近いブルーな日々に突入してから、クチボソ3ヶ月‥‥じゃなくて、ヤマベ3ヶ月‥‥じゃなくて、ハヤ3ヶ月ってワケで、馬刺しが好きそうな財津一郎テイストで言ってみると、あたしの生活も「ヒジョーにキビシー!」ってワケになっちゃったから、ホントはマンゴーが嫌いなのにムリしてるっぽいそのまんま東テイストで言ってみると、「どげんかせんといかん!」ってワケで、今のあたしにどげんかできる手段は、もちろん、パチンコしかなかった。

それで、ここんとこ、ずっと体調が悪くて、立ち上がるとフラフラするし、目も良く見えなくなってたので、パチンコどころか、足のリハビリのお散歩もお休みしてたんだけど、いよいよ家賃の支払日も迫って来たので、重い腰を上げることにした。で、フランク・ザッパに計算してみたら、家賃と光熱費の他に、母さんの病院代と医療ヘルパー代の支払いも迫ってて、ぜんぶで25万円以上も必要だってことが分かった。サスガのあたしも、1日で25万円なんて稼げないから、支払日の25日からサカノボルこと3日、23日から打ちに行くことにした。

原因不明の貧血と、原因不明の全身のダルさがつらくて、朝イチで並ぶのはきつかったけど、朝イチで並んで潜伏確変の台を拾うことが、マジメそうに見えて意外と女遊びが好きな西川きよしテイストで言ってみると、「小さなことからコツコツと」ってワケで、セッパ詰まった今のあたしには、たとえ1箱でも、確実に出る台を拾うことが重要なポイントだったのだ。

‥‥そんなワケで、いくら朝イチで行ったからって、必ず潜伏確変の台があるってワケじゃないから、所詮は「あったらラッキー」ってレベルなんだけど、それでも、せっかく朝から並んだのに、わき目もふらずに自分の打ちたい機種のコーナーへ突進するのは、目の前に落ちてる1万円札を拾わないようなもんだ。まずは、潜伏確変が判別できる機種のコーナーをサクサクッと見て、ランプがついてる台があったら、すぐに打つ。潜伏確変てのは、表向きは変わらなくても、内部は確変状態に入ってるワケだから、ラッキーなら1回転で大当たりするし、多少、投資したとしても、たいていは1000円くらいまでには大当たりを引く。

ちょっと前の機種で、今でもホールによっては残ってるものなら、「テレサテン」「Gメン75」「ゴジラ」「五右衛門」「新・影の軍団」「大江戸日記」「ダイナマイトキング」「ダイナマイトクィーン」「所さんのすんごいパチンコ台」「華舞鬼ノ國」「超神の剣」「プロゴルファー猿」‥‥って感じで、他にもいろいろあるんだけど、これらの台で、前日のラストに潜伏確変に突入したとこで終わってて、そのお店がロムをクリアしてなければ、次の日の朝イチは潜伏確変のまんまで、ランプもついてる。だから、「この機種はココのランプがついてれば潜伏確変」てのさえ知ってれば、朝イチでパチンコ屋さんに行って、こうした台を見て回って、ランプがついてるのを打てば、100%勝てるってワケだ。

だけど、ここでカン違いしちゃ困るのは、あくまでも「1回の大当たり」が約束されてるってだけで、それが続くかどうかは、大当たりを引いてみるまでは分からないってことだ。まあ、これは、通常の大当たりでもおんなじことだから、たった1回でも「確実に当たる」ってことが分かってる上に、うまく行けば2回、3回と連チャンしてくんだから、潜伏確変の台を発見した時には、誰だって「ラッキー♪」って思うだろう。中には、「潜伏確変なんか探して回ってるのはナンタラカンタラ」なんて言ってる人もいるみたいだけど、そんなこと言ってる人だって、目の前に「あと何回転かで大当たりする台」があれば絶対に打つワケで、お金が欲しくてパチンコ打ってるクセに、こんな時ばっかヘンテコな正義感みたいなこと言ったって、単なる負け惜しみにしか聞こえない。

で、あたしの場合は、いくらお金のために打ってるとは言え、できれば好きな台で勝ちたいって思ってるから、朝イチで潜伏確変を探すのは、当然、「ピンクレディー・セカンドツアー」だ。そして、あたしの場合は、ふだんの行ないがいいからなのか、ギャンブルの神様に好かれてるからなのか、23日と24日の2日続けて、潜伏確変の「ピンクレディー」を発見して、2日とも500円で大当たりした上に、2日ともUFOモードになって、23日は4連チャン、24日は3連チャンした。ちなみに、23日は、「ピンクレディー」のあとは、「海」の「沖縄」を3台で5箱、3箱、2箱と、「エヴァンゲリオン~奇跡の価値は」の綾波台で5箱、甘デジの「嘉門達夫」で2箱で、合計で33000発ちょい出たけど、そのぶん投資額が多かったから、純粋な勝ちは7万円弱だった。

それから、24日は、「ピンクレディー」のあとに座った「必殺仕事人」が調子良くて、連チャンが途絶えても時短で引き戻しの連発で、ヒサビサの大爆発で、ザックリと21箱積むことができた。「ピンクレディー」と合わせて38000発を超えて、投資も少なかったので、10万円以上も勝つことができた。だけど、この2日間、目は痛くて開けてらんないし、イスから立ち上がると貧血で気が遠くなるし、パンを買って食べたら、胃が受け付けなくて吐いちゃったし、あたしの体力は限界っぽかった。それで、24日は、「必殺仕事人」を終わりにした時点で、まだまだ時間はタップリとあったんだけど、もう体のほうが限界だったから、そのまま帰って来て、すぐに横になった。

‥‥そんなワケで、あたしは、24日の夜になったら、それまでも体調が悪かったのに、風邪を引いたのか、セキが止まらなくなって、熱まで出て来ちゃった。セキをするたびに、頭は割れそうに痛いし、目をつぶってても、目玉の裏側のほうまでズキズキして、何か食べようとしても何も受け付けなかった。それで、このままだと、すぐに「キッコゲリオン、完全に沈黙!」って感じになりそうだったんだけど、用意しなきゃなんないお金はまだ足りなかったから、あたしは、短期決戦に出るために、25日は等価交換のお店に行くことにした。

でも、23日と24日に行ったパチンコ屋さんは、原チャリで10分ほどの近場だったんだけど、等価交換のお店は、倍以上の距離がある。元気な時なら何でもない距離だけど、この時の状態だと、普通に歩くだけでもフラフラだったから、とても原チャリは運転できないと思った。ムリして運転したら、絶対に事故を起こしそうだし、事故を起こさなくても、秋の交通安全週間中だったから、つまんないことでパクられそうだと思った。二交機の白バイ警官のノルマのために、重箱の隅をつつくような揚げ足取り検挙なんか食らうのなんてマッピラだから、あたしは、電車に乗ってくことにした。だけど、ハッキリ言って、パチンコに行くために電車に乗ることになるとは、これじゃあホントに「出勤」って感じで、何だか悲しくなって来た。

それで、あたしは、慣れた杖サバキを駆使して、ようやく川崎のパチンコ屋さんに到着したんだけど、とても朝イチには間に合わなかったから、まずは大好きな「機動新撰組 萌えよ剣」のコーナーを見に行った。そしたら、まだ1台しか座ってなかったから、一番良さそうな台を打ってみたんだけど、1000円で10回くらいしか回んないから、2000円でやめにして、他の台を見て回った。だけど、5m歩くごとにイスに座らないと倒れそうなほど足腰はフラフラだし、セキは止まらないし、頭は割れそうに痛いし、目も痛いし、オマケに、全身の関節まで痛くなって来た。

だから、いつもなら、なるべく甘くない缶コーヒーを買うんだけど、この日は、ちょっとでも栄養がありそうな飲み物ってことで、リアルゴールドを買ってみた。それで、空いてるコーナーのイスに座って、リアルゴールドを飲んだら、なんか、点滴の液に良く似た感じの匂いがして、気分的なことだとは思うけど、少し持ち直した。それで、シャキーンってなったあたしは、トットとお金を作って帰ろうと思って、テットリ早い「海」か「わんわん」か、それなりに楽しめる「エヴァンゲリオン」のアスカ台か、台数が多くて好きなだけ選べる「仕事人」か‥‥なんて思ってたら、荒木師匠がCMに出てる「アンルイスと魔法の王国」を発見したんだけど、5台しかなくて空いてなかった。それで、もうちょっと見て回ったら、打ちたかった「サクラ大戦」を発見した上に、2台も空いてた。

‥‥そんなワケで、あたしは、「は~し~れ~~コ~ソクの~~テイコ~ク華撃団~~♪」ていう主題歌が流れる中、パチンコ台のハンドルを握ったまま活動限界を迎えちゃって、物語は第2章へと突入するんだけど、ベッドから片手だけ伸ばしてキーボードを打ってたら、もうヘトヘトになっちゃったので、今日はここまでにして、続きは明日にしようと思う。ま、先の見えてるテンマツ記なので、「サクラ大戦」の初打ちレビューを網羅してみたり、タイムリーなネタを織り込んでみたり、関係ないとこへダッフンしてみたりしつつ、あと1日か2日、お付き合いの保土ヶ谷バイパスをお願いしちゃう今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2007.10.01

お知らせです。

皆さん、日記の更新がストップしていて、ご心配をおかけしています。

過労と栄養失調で動けなくなっているところに風邪をこじらせてしまい、生まれて初めてICUに入りました。

まだ体が動かないので、明日か明後日、テンマツ記を書きます。

しばし、お待ちを。

|

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »