« あとは能登なれハマとなれ | トップページ | やったぜ! »

2008.01.08

世界一のネズミ女

オムライス党のみずほたんの「どきどき日記」に、「ライラの冒険」のことが書いてあって、その中に、次の1文があった。


お正月、インターネットで、ライラのホームページに「あなたの守護神は何か」という占いのようなものがあり、わたしの守護神は、あらい熊だった。ふーん。


「ハリーポッター」すら知らないあたしとしては、当然、「ライラの冒険」のこともまったく知らないんだけど、この「あなたの守護神は何か」ってのだけは気になったので、あたしもやってみることにした。それで、「ライラの冒険」のオフィシャルサイトを探して、すべてのコンテンツを見てみたんだけど、どこにも守護神の占いがない。だから、「別のサイトなのかな?」って思ったんだけど、念のために、コンテンツを1つずつ開けてったら、その中の「ダイモン」て書かれてたとこがコレだった。

ようするに、この物語では、守護神みたいなののことを「ダイモン」て呼んでるみたいで、ジョジョにおける「スタンド」みたいなもんだった。それで、さっそくやってみたんだけど、名前を記入するだけじゃなくて、20もの設問に答えなきゃなんないから、ワリとメンドクサかった。で、あたしのダイモンは、「Rasthmus(ラストマス)」っていうチョウチョだった。みずほたんはアライグマで可愛いのに、あたしは昆虫かよ! あたしも哺乳類が良かったのに‥‥。でも、苦手な昆虫の中でも、唯一、キレイだと思えるチョウチョだったからガマンするか‥‥っていうか、あたしのダイモンが、時代遅れのサングラスを掛けてライフルをかまえた渡哲也じゃなくて良かった‥‥って、それはダイモンが違うだろ!って、ノリツッコミをしてみた今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、みずほたん的に言えば、「あたしの守護神は、チョウチョだった。ふーん。」ってことになるんだけど、この「あなたのダイモンは?」は、20もの設問に答えるから、ダイモンの種類が分かるだけじゃなくて、性格判断みたいなのもついてる。あたしの場合は、「リーダー格」で「自発的」で「柔らかい口調」で「気まぐれ」で「孤独」だそうだ。「リーダー格」なのに「孤独」って、誰からも相手にされてない「お山の大将」みたいだし、その原因が「気まぐれ」ってことだとしたら、まるで、誰からも相手にされなくて政権をホッポリ投げちゃったアベシンゾーみたいじゃん!(笑)

で、人間とダイモンの性別は反対なんだそうで、あたしに付いてるラストマスは、オスのチョウチョだそうだ。だけど、それ以外には、このラストマスにどんな能力があるのか、どんな必殺ワザがあるのか、何も書かれてなかった。たとえば、ポケモンのバタフリーなら、「どくのこな」「しびれごな」「ねむりごな」など、羽のリンプンを使ったワザが使えるし、「ふきとばし」みたいな羽ばたくワザも使える。普通に考えたら、チョウチョなんてソッコーでやられちゃうから、ラストマスもダイモンのひとつになってる以上は、こうしたチョウチョならではのワザを持ってるハズなのだ。だけど、どこを見ても書いてないし、「あなたのダイモンを送ります」ってとこにメールアドレスを入れてみたら、送られて来たメールには、こんな意味不明なことが書いてあった。


にあいさつする きっこ
あなたのダイモン”ラストマス”の最終的な形が決まり、あなたの仮想世界に連れて行ってもらうために、あき ?たを待っています。
あなたのダイモンを楽しんで下さい。


‥‥そんなワケで、文字化けしてる「あき ?た」は「あなた」だと思うんだけど、とにかく、最初の「20の設問」にしても、このメールの文面にしても、もともと英語で書かれてたものを自動翻訳したのがバレバレだ。たとえば、「にあいさつする きっこ」は、「Dear ○○」の自動翻訳なんだと思う。だから、付き合うこっちも、「ニセ外国人」みたいな雰囲気で対応しないとダメってワケで、多少のことにはツッコミを入れないでスルーしてくことがポイントになる。

それで、あたしは、「あなたのダイモンを楽しんで下さい」って書いてあるんだから、どんなふうに楽しめるのか、その下に書かれてたURLにアクセスしてみた。そしたら、さっきの「あなたのダイモン」のページが出ただけで、ナニゴトも起こらなかった。だから、「あなたの仮想世界に連れて行ってもらうために、あなたを待っています」ってのは、何かゲームみたいなことができるワケじゃなくて、「勝手に妄想して自分の脳内で楽しんでください」って意味みたいだ。それなら、あたしの得意分野じゃん(笑)

だから、あたしは、脳内で楽しむために、まずは「ラストマス」って名前を「ラスタマン」に変えて、それから、バタフリーの「どくのこな」「しびれごな」「ねむりごな」に匹敵するワザ、「こかいんのこな」「へろいんのこな」「かくせいざいのこな」を授けた。これで、どんな強敵が出て来ても、アッと言う間に骨までボロボロにできる。そして、ついでだから、バタフリーの「ふきとばし」の代わりに、「すいまくり」ってワザも授けた。これは、敵に向かって繰り出すワザじゃなくて、あたし用のワザだ。このワザを発動させると、カンナビスカップで優勝した最高級のマリファナを好きなだけ吸いまくることができて、どんなにHPがなくなってても、一気に回復しちゃうのだ。

‥‥そんなワケで、いろんな妄想をして、あたしの脳内麻薬もタップリと出て来たとこで、最近ハマッてるゲームを紹介する。今年はネズミ年なので、ネズミのゲームを探してて見つけたんだけど、「Rat Shot」って言って、ネズミを飛ばすゲームだ。ヘルメットをかぶったネズミが、コーラの瓶みたいなのに入って、ハンマーを振り下ろしてその瓶を叩くと、ネズミが飛び出る。それで、どれだけ遠くに飛ばせたかを競うんだけど、ハンマーを振り下ろすのは、ネズミだけに、当然、マウスを使う。で、飛んでるネズミのパワーがなくなって来て、落下しそうになったら、左クリックでネズミの両手をパタパタさせて、少しフォローすることができる。発射に失敗して、「ダメだ、こりゃ!」って思った時は、画面の右上の赤いドクロマークをクリックすれば、ネズミが爆発して最初からやり直せる。

そんなネズミ飛ばしゲームだけど、操作は単純なのにヤタラと奥が深くて、ものすごく面白いのだ。ホノボノとした音楽もいいし、アメリカの古いアニメみたいな絵もいいし、やり始めると何度でもやっちゃう。最初はちょっとしか飛ばなくて、5000点出れば喜んでたんだけど、だんだんにコツをつかんで来て、1万点を超えてからは、すぐに4万点くらい出せるようになった。そして、最初の壁が5万点だったんだけど、仲間内でいろんな裏ワザとかが発明されてからは、最低でも5万点以上は出せるようになった。あたしは、世界ランキングで100位以内に入ることを目標にしてたんだけど、今は、75791点で、世界ランキング60位になれた。

だけど、あたしの成績なんかは序の口で、一緒に遊んでる怪人社のIKKANさんは、なんと、128723点も叩き出して27位だし、俳句仲間のマサハンさんも、96562点で43位だ。だから、あたしの当面の目標は、何とか10万点を超えることなんだけど、今の7万点台もラッキーが重なって出せた点数なので、まだまだ先は長い。それに、世界一の人なんか、300万点なんていう天文学的な得点を出してるから、こんな点数、絶対に普通じゃ出せないと思う。だから、きっと、まだ他にも裏ワザがあるハズで、何度もチャレンジするだけじゃなくて、裏ワザの発見や開発にも取り組んで行こうと思う。

‥‥そんなワケで、今までは、マサハンさんが開発してくれた「ハンマー最速タイミング打法」か「ハンマー振り被りMAX打法」のどっちかを使って、あとは、「ローソク火渡りの術」とか「連続ネズミバサミ」とかの小ワザを駆使して記録を伸ばして来た。だけど、これだと限界があるし、運が左右する部分も大きいから、もっと着実に飛距離を確保できるような裏ワザが必要なのだ。とにかく、あたしのダイモンは空を飛べるチョウチョなんだし、あたしはネズミ年なんだから、この2つを合体させたような「ネズミ飛ばしゲーム」ってことは、きっと、近い将来、10万点どころか500万点くらい出しちゃって、世界一のネズミ女になれそうな気がする今日この頃なんだチュ~!(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがチュ~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしくお願いしまチュ~!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ 発売間近の新刊「きっこの日記 R」のご予約は、こちらからどうぞ♪
   ↓   ↓
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/12/post_5738.html

|

« あとは能登なれハマとなれ | トップページ | やったぜ! »