« がんばれ!オムライス党 | トップページ | あとは能登なれハマとなれ »

2008.01.06

室内サバイバル

今さらだけど、あたしのお部屋は、とてつもなく寒い。一応、エアコンはあるんだけど、古くて、音ばっかうるさいワリには温かくなんないから、もうずっと使ってない。だから、あたしの基本的な暖房器具は、電気毛布、焼酎、猫の3点だ。ようするに、寒さに耐えなれなくなったら、まずは電気毛布にくるまって、それでもダメな場合は、焼酎のお湯割りを飲んで、それでもダメな場合は、マックスかペペロンチーノを連れて来てダッコするっていう、あたしの必殺ワザ、「猫暖房」ってワケだ。だけど、今は、いただきものの湯たんぽがあるから、最近は、「猫暖房」はやってない。

でも、今年の冬は、地球温暖化の影響なのか、あんまり寒くない。夜も、電気毛布も湯たんぽも使わずに寝られるし、何よりも意外なのが、息が白くならない。以前は、お部屋の中でも吐く息が真っ白で、まるでタバコの煙を吐いてるみたいだったし、洗濯物を部屋干しすれば、タオルなんか凶器に使えそうなくらいガチガチに凍ってたのに、今年の冬は普通に乾く。数年前なんか、お部屋でもコートを着てたし、マフラーや手袋もしてたのに、今年は、そこそこ普通のカッコでいられる。

それでも、暖房なしの生活だから、それなりに着膨れてるワケで、一般的な部屋着よりは、遥かにたくさん着てる。ちなみに、今は、ババシャツの上に薄手のニットを2枚着て、その上にカーデを羽織ってて、下は、昔で言うとこのスパッツ、今で言うとこのレギンスの上に、内側がモコモコになってる迷彩カラーのパンツを履いて、靴下は、普通の靴下とルーズソックスの2枚重ねをしてる。これで、あとは、ヒザ掛けをしてるから、ファッション性はゼロで、防寒のみを考えたチョイスって感じの今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


Y874
‥‥そんなワケで、あたしは、暖房がなくてもワリと快適な生活を送ってるんだけど、それでも、「やっぱ寒いんだな」って思ったことがあった。それは、3日の日のことなんだけど、お正月なのに何もお正月っぽいことをしてなかったから、せめてオヤツでもいっぱい買おうと思って、「お正月だから特別に500円までは使ってもいい」って決めて、コンビニに行ったのだ。そしたら、そこで、チロルチョコの福袋を発見しちゃった。チロルチョコって、1個10円だけど、これは福袋だから、2個オマケになってて、12個入りで105円だった。その上、「幻のレアチロル」なんて書いてあるから、きっと、今は製造してない昔の味のが入ってるんだと思って、あたしは、迷わずにカゴに入れた。

それから、大好きな「さくさくぱんだ」とか、100円シリーズの「サラダせんべい」とかをカゴに入れたんだけど、ふと、「熱いお風呂に入りながらアイスを食べたら美味しいかも?」って思って、アイスも買うことにした。それで、アイスのコーナーを見に行ったんだけど、お風呂に入りながら食べるつもりだったから、カップのじゃなくて、片手で持って食べられるほうがいいってことで、久しぶりに、アイスモナカを買うことにした。そしたら、デカいアイスモナカを発見しちゃった。

Y871
フタバの「超厚」っていうアイスモナカで、「容量1.5倍」って書いてあった。それで、値段が100円なら言うことないんだけど、残念ながら値段も1.5倍で、150円だった。だから、普通の大きさの100円のほうにしようか、しばらく考えたんだけど、「やっぱ、お正月だし」ってことで、あたしにしては珍しく、買っちゃったのだ。それで、お家に戻ったんだけど、玄関のドアを開けたら、電話が鳴ってたから、コンビニの袋をキッチンのテーブルに置いて、電話に出た。それが、去年1年会ってなかったお友達からのお年賀電話だったから、ついつい長電話をしちゃって、電話を切るころには、アイスのことなんか完全に忘れちゃったのだ。

あたしは、それから、日記を書いたり、ちょっと用事をしたりして、2時間くらいしてから、お風呂に入った。それで、お風呂で温まってる時に、ふと、「そういえば、お風呂で何かしようと思ってたんだけど、なんだっけ?」って思って、一拍おいてから、「あっ!アイス!」って気づいたのだ。それで、もう2時間半くらい経ってんだから、今さら、5秒や10秒急いでもおんなじなんだけど、大慌てで、体も拭かずにバスルームから跳び出て、キッチンのテーブルに置きっぱなしにしてたコンビニ袋の中を見た。

この時、あたしの脳裏には、ドロドロに溶けたアイスモナカの絵が浮かんでたんだけど、コンビニ袋に手を入れて取り出してみたら、ナナナナナント! まだ普通に固かったのだ! 念のために指で押してみたら、いくらかはやわらかくなってたけど、それでも、ぜんぜん「溶けてる」なんてレベルじゃなくて、逆に、食べやすい感じのやわらかさだった。いくら冬とは言え、コンビニを出た時からだと、3時間近くも経ってるのに、それでもアイスが溶けてないなんて‥‥って言うか、3時間、コンビニの袋をさげて外に立ってたんだとしたら、アイスは絶対に溶けてただろう。つまり、外よりも寒い、あたしのお部屋の中だったからこそ、溶けなかったってワケだ。

‥‥そんなワケで、この時は、もう、アイスな気分じゃなくなっちゃったから、すぐにフリーザーに入れて、今も、まだ食べてない。それから、チロルチョコの福袋も、まだ、チロルな気分にならなくて、袋も開けてない。だから、いつもなら、どんな味だったのか、簡単にレポって点数もつけるとこなんだけど、申し訳ないけど今日はオアズケだ。

で、そんなこんなもありつつ、ゆうべ、今年になって初めて、お酒を飲んだ。いただきものの黒糖焼酎があったので、東京タクアンをオツマミにして、最初は、お湯割りにして梅干しを入れて飲んでた。だけど、5杯も飲んだら体がポカポカして来たから、それからは、ロックで飲むことにした。それで、何度もキッチンに行くのがメンドクサかったから、一番大きなグラスに、大きな氷を1個入れて、そこに焼酎をドバドバッと入れて、それをチビチビと飲んでた。

それでも、すぐに飲み終わっちゃって、また焼酎を入れにキッチンに行くことになったんだけど、ここで気づいたのが、「ほとんど氷が溶けてない」ってことだった。だから、氷は足さずに、焼酎だけを入れたんだけど、焼酎を冷蔵庫で冷やしてたんならともかく、普通にキッチンに置いてあるんだから、つまり、焼酎は室温てワケだ。そして、氷を入れたグラスに、室温の焼酎をタップリと注いだのに、氷がほとんど溶けなかったってことは、室温なのにキンキンに冷えてたってことだ。

結局、ロックの3杯目で眠くなって来ちゃったので、半分くらい入ってるグラスを持ったままベッドに入って、本を読みながら残りを飲んだんだけど、何よりも驚いたのは、朝、目が覚めたら、まだ、グラスの氷が半分くらい残ってたのだ。あたしが寝てたのは5時間くらいなんだけど、5時間経っても氷が溶けないほどのお部屋なんだから、そりゃあ、アイスも溶けないワケだ。

‥‥そんなワケで、アイスも氷も溶けないほど寒いお部屋なのに、それでも、以前と比べる、明らかに温かい。2年前、3年前は、マジで凍死するんじゃないかってくらい寒くて、手足の指先は感覚がなくなるし、鼻や耳も冷えすぎて痛くなるから、ニット帽を耳までかぶって、顔は目だけ出してマフラーでグルグル巻きにしてたほどだ。温まろうと思ってコーヒーをいれても、わずか5分でアイスコーヒーになっちゃうし、洗濯物も凍るほどだったんだから、そう考えると、以前は0度以下だったワケで、「アイスや氷が溶けにくい」ってレベルの今は、少なくとも0度以上はあるんだから、これは大きな違いだ。もちろん、体感的な違いが大きいんだけど、さらに、「0度以上なら寝てる間に体が凍って死んじゃうこともないだろう」っていう安心感が得られて、グッスリと眠ることができる。だからだと思うんだけど、今回の冬は、まだ一度も、首にブランデーの入った小型のタルをつけたセントバーナード犬が救助に来てくれる夢を見てない今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしくお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ いよいよ発売日が近づいてきた新刊「きっこの日記 R」のご予約は、こちらからどうぞ♪
   ↓   ↓
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/12/post_5738.html

|

« がんばれ!オムライス党 | トップページ | あとは能登なれハマとなれ »