« 緊急ニュースです! | トップページ | 辺野古の続報です! »

2008.01.09

3人殺しても懲役7年

2006年8月に福岡で起きた交通死亡事故は、3人もの幼い子供の命を奪ってしまったこと、加害者の今林大(23)が市の職員だったこと、事故後に逃走を図ったり、友人に電話してペットボトルの水を持って来させて、大量の水を飲んで体内アルコール度を下げようと画策したことなどから、あまりにも悪質だとして、全国の注目を浴びることになった。そして、この裁判は、量刑の重い「危険運転致死傷罪」を主張する被害者側と、あくまでも「過失」だったと主張する加害者側との争いに発展した。

そして、今日、8日、福岡地裁で判決公判があったんだけど、「危険運転致死傷罪」で「懲役25年」の求刑に対して、川口宰護(しょうご)裁判長は、「危険運転致死傷罪は成立しない」って言って、単なる交通事故だったってことにして、「業務上過失致死傷罪」で「懲役7年6月」だって言い渡した。で、この「危険運転致死傷罪は成立しない」って判断した理由として、「事故当時の被告の体内アルコール度数は酒気帯び運転のレベルであり、酒の影響で正常な運転が困難な状態だったとは言えない」ってノタマッたのだ。

公務員が酔っぱらって車を運転して、こんな大事故を起こした上に、事故後には逃走や証拠隠滅まで図ろうとしたのに、それで「酒の影響で正常な運転が困難な状態だったとは言えない」って、アホか?あたしの感覚だと、何の罪もない子供を3人も殺したんだから、懲役25年どころか、完全に死刑にすべきだと思うんだけど、この国の裁判て、やっぱ、加害者を救済するための茶番劇だと思った今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、前にも取り上げたことがあるけど、生活苦から、不二家の店頭のペコちゃん人形を盗み、それをフリーマーケットで売ろうとした無職の男、長浩之(当時39)は、2005年9月7日の判決公判で、「懲役7年」の実刑判決を言い渡されて、刑務所に収監された。いくら生活苦だったとは言え、もちろんドロボーは犯罪なんだから、あたしは、この人を擁護するつもりはまったくない。ただ、ペコちゃん人形を盗んだ男が懲役7年で、何の罪もない子供を3人も殺した凶悪犯が懲役7年6月ってことが、あたしには理解できないのだ。

そして、今回の今林大は、まだ23才なんだから、マジメに刑に服してれば、20代のうちに仮釈放で出てこられる。そして、残りの自分の人生をタップリと謳歌できる。だけど、一方の殺された子供たちのほうは、ホントなら、これから、小学校、中学校、高校と進み、たくさんの友達といろんな経験をして、大人になって、結婚して、子供を作り‥‥って、限りない夢があった人生をすべて剥奪されたのだ。それも、どうしようもない天災とかならともかく、理性のカケラもない犯罪者の「酒を飲んで車を運転する」っていう殺人行為によってだ。こんな理不尽なことってあるのだろうか?

今回の川口裁判長の判断は、検出されたアルコールの量が、「酒酔い運転」よりも低い「酒気帯び運転」のレベルだったから「危険運転致死傷罪」にはならないってものだった。だけど、お酒の強さは人それぞれだ。ものすごい酒豪で、一升瓶をラッパ飲みしても普段と変わらない人もいれば、ウイスキーボンボンや奈良漬を食べただけでもフラフラになって歩けなくなる人もいる。だから、検出されたアルコールの量だけで、一律に線を引くほどおかしなことはない。

今林大は、お酒を飲んで車を運転して、普通の状態なら起こすハズがないような大事故を起こしたんだから、当然、「安全な運転ができないほど酔っていた」ってことは、紛れもない事実なのだ。その上、事故後には、友人に電話して、ペットボトルの水を持って来させて、それを飲んでアルコールを薄めようとまでしてるんだから、本人自身が「酔っている」ってことを自覚してたワケだ。それなのにも関わらず、これほど悪質な犯罪を「過失」だって言うんなら、世の中の凶悪犯罪のほとんどが「過失」になっちゃうよ。

‥‥そんなワケで、あたしは、飲んだお酒の量の多い少ないに関係なく、とにかく、お酒を飲んで死亡事故を起こしたら、有無を言わさずにすべて「危険運転致死傷罪」にすべきだと思う。そうじゃなかったら、こんな法律を作った意味がないし、何の抑止効果にもなりゃしない。そして、飲酒運転自体の罰則も、もっともっと厳しくすべきだと思う。「酒気帯び」だろうと「酒酔い」だろうと、飲酒の検問で捕まえたら、全員、その場で逮捕して免許取り消しで罰金100万円。物損事故を起こしたら懲役10年。人身事故を起こしたら無期懲役。死亡事故を起こしたら死刑。これが、あたしの感覚だ。だって、お酒を飲んで車の運転をするってことは、その行為が、すでに「殺人未遂」なんだから。

だけど、現実には、せっかく「危険運転致死傷罪」って法律ができたのにも関わらず、今回の腰抜け裁判長の大アマな判決によって、逆に、悪質な酔っぱらい運転の常習者たちに免罪符を与えることになっちゃった。これほどの大事故を起こしても「過失」で済んじゃうんだから、普段から酔っぱらい運転を繰り返してるような常習者は、「酒飲んで運転して3人殺しても、酒気帯びレベルなら大した罪にはならないのか」って思って、これからも酔っぱらい運転を続けるだろう。そして、こうした常習者の中には、事故を起こした時のために、車の中に水のペットボトルを常備するような人も出て来るだろう。

飲酒運転をする人たちってのは、絶対に「自分だけは大丈夫」って思ってる。この「大丈夫」ってのは、「事故を起こさない」って意味と、「警察に捕まらない」って意味の両方だ。つまり、「事故も起こさずに、警察にも捕まらずに、無事に自宅まで帰れる」って思ってるワケだ。だからこそハンドルを握るワケで、だからこそ検問で捕まると「ついてなかった」って思うのだ。

去年の12月7日の夜に行なわれた、飲酒運転の全国一斉取締りでは、594人が検挙され、そのうちの15人は悪質だったために逮捕された。だけど、いくら全国一斉取締りって言っても、ニポン中を走ってるすべての車を調べられるワケもなく、こんなのは氷山の一角にすぎない。実際には、この日に酔っぱらい運転をしてても捕まらなかったヤツラが、この何倍、何十倍っていたハズだ。そして、捕まらなかった人たちは、次の日のニュースで全国一斉取締りが行なわれてたことを知り、「オレってラッキー♪」って思い、また、酔っぱらい運転を繰り返すのだ。

だけど、良く考えてみて欲しい。検問で捕まったからこそ、事故を起こさずに済んだのかもしれないのだ。そして、捕まらなかった人は、それに味をしめて、「このくらいまでは飲んでも運転できる」っていう「俺様ルール」を作っちゃって、だんだんに常習化して行き、いつか、大事故を起こすのだ。だから、検問で捕まったことは、「ついてなかった」じゃなくて、「ラッキーだった」ってことになる。今回の今林大にしたって、事故を起こす手前に飲酒の検問があったら、そこで捕まってたワケで、3人の子供は死なずに済み、本人も刑務所に行かずに済んだのだ。

この今林大の事故のあと、福岡市の吉田宏市長は、市の職員がこんな事故を起こしたことを謝罪して、「二度とこのようなことが起こらないように、組織をあげて飲酒運転の撲滅に取り組む」って発言した。だけど、この事故から1年後の2007年8月23日、またまた福岡市役所の職員による飲酒運転事故が起こったのだ。今度は、福岡市の早良区役所入部出張所の職員、糸川琢磨(42)が、大量の酒を飲んでミニバイクを運転して、乗用車と接触事故を起こしたのだ。

それも、プライベートで飲んでたワケじゃなくて、市役所の職員たちとの懇親会で飲んでたのだ。会議が終わったあとに、居酒屋で行なわれた懇親会で3時間近くも飲み続け、それで、ミニバイクを運転したんだから、半分は市の責任だろう。ちなみに、駆けつけた警察官がアルコールを計ったら、基準の3倍以上もの多量のアルコールが検出されたそうだ。この事実を見れば、吉田宏市長の「組織をあげて飲酒運転の撲滅に取り組む」って発言が単なる形だけのものだったってことも、職員1人1人がまったく自覚してないってことも、一目瞭然だろう。

‥‥そんなワケで、1999年11月28日、東名高速の東京インターで、料金所を通過するために減速してた会社員の乗用車に、泥酔して運転してたトラックが突っ込んで、車が炎上した。後ろの座席にいた子供2人が亡くなり、会社員も全身をヤケドする重傷を負った。このトラックの運転手は、途中のフェリーやサービスエリアなどで、ウイスキーをボトル1本も飲んだ他に、チューハイとかも飲んでて、事故当時は、マトモに歩くこともできないほど泥酔してた。

どこかのお店で飲んで、その帰りに車を運転したって犯罪なのに、この運転手の場合は、運転の合間に飲んでたんだから、遥かに悪質だ。だけど、この事故の時には、まだ交通事故として裁くことしかできなかったから、人を2人も殺したのに、「懲役4年」なんていう信じられないほど軽い判決で、今はもう出所して、シャバで生活してるのだ。

そして、これじゃあ、あまりにも被害者が浮かばれないってことで、「危険運転致死傷罪」が作られたってワケだ。つまり、今後、このようなケースの事故が起こった場合には、通常の「業務上過失致死罪」じゃ軽すぎるから、新設した「危険運転致死傷罪」を適用しようってことだったハズだ。そして、「後ろから来た飲酒運転の車にぶつけられて、愛する子供たちを殺された」って状況はまったくおんなじなのに、今回の今林大のケースでは、「危険運転致死傷罪」が適用されなかった。何の罪もない子供を3人も殺しても適用されないのなら、いったい、どんな事故に対して適用するって言うの?

‥‥そんなワケで、自分のとこの職員が、悪質極まりない飲酒運転で、3人ものかけがいのない命を奪ったっていうのに、それでも何の反省もなく、平然と飲酒運転や事故を繰り返すような市役所の職員に対しては、あたしは、情けをかけることも、擁護する必要も、ミジンもないと思う。今林大に対しては、最初に書いたように、懲役25年どころか、死刑でも足りないくらいだと思ってる。そして、警察は、検問で飲酒運転を捕まえたら、カタッパシから刑務所にぶち込むべきだと思う。だって、そうでもしてくれないと、マトモなドライバーや歩行者は、いつ自分が轢き殺されるか分からなくて、恐くてたまらないからだ。そして、自分や自分の家族が轢き殺されても、今回の判決みたいに、単なる「過失」で済まされちゃったら、死んでも死にきれない。これじゃあ、被害者はみんな泣き寝入りだし、まるで、飲酒運転を励行するために税金を使って裁判をやってるとしか思えない。だから、あたしの本心を言えば、飲酒運転は一律「殺人未遂」で逮捕して欲しいと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう!
★ 1日1回、応援のクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ 発売間近の新刊「きっこの日記 R」のご予約は、こちらからどうぞ♪
   ↓   ↓
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/12/post_5738.html

|

« 緊急ニュースです! | トップページ | 辺野古の続報です! »