« テレビが消える日 | トップページ | お知らせです♪ »

2008.01.04

新年早々‥‥

今日は、仕事始めで写真スタジオに行って来たんだけど、お家から3kmくらいだし、荷物もバッグ1つだったから、新年早々、ママチャリでエコ通勤してみた。あたしは、どんなに近い現場でも、電車やバスで行ったほうが早いような現場でも、荷物が25kgくらいある場合には、1人じゃ持ち運びできないから、車を使う。メインの15kgくらいのほうのバッグは、下にガラガラがついてるから、平らな場所なら引いて歩けるんだけど、エスカレーターのない駅の階段とかが、すごく大変なのだ。だから、そのぶん、荷物の少ない時は、できるだけエコ通勤を心がけることにしたってワケだ。

だけど、いくらバッグ1つって言っても、大きいし、重さも10kgくらいあるから、それを肩に掛けてチャリを漕ぐのは、フラフラしちゃって大変だった。ま、なんとか無事に行って帰ってこられたからいいんだけど、これで、もしも、どっかでひっくり返って大ケガでもしてたら、エコどころの騒ぎじゃなくなってた。何しろ、去年は、新年早々、包丁で指をザックリと切っちゃったのを皮切りにして、次々とケガが連鎖してって、トドメに歩道橋から落っこちちゃったんだから、気をつけるに越したことはない。

それで、あたしが考えのが、「自転車に荷台をつける」って作戦だった。肩に掛けてるから大変なワケで、チャリの荷台にシッカリと固定してれば、10kgどころか、25kgのフルセットでも、安定して漕ぐことができるようになると思う。で、あたしのママチャリは、ママチャリって呼んでるのは便宜上のことで、実際には、よくある普通のチャリだから、荷台がついてない。だから、これに、ホントのママチャリについてるような荷台をつけることができたら、重たい荷物を積んでお仕事に行けるようになると思った今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、以前はマウンテンバイクも持ってたんだけど、ぜんぜん乗る機会もないし、両方のタイヤがパンクしたまま自転車置き場に放置してたから、地元のお友達にあげちゃった。もともと、あたしもタダでもらったものだったから、タダであげるって言ったんだけど、お礼にビール券を2枚もらったから、約1300円で買ってもらったようなもんだ。それで、今は、「フェラーリ F2004」て名づけたママチャリしかないんだけど、これもタダでもらったものだから、あんまりお金は掛けたくない。

それで、他の人のママチャリを見てみたら、サドルの下から荷台のステーが伸びてる他に、後ろのタイヤの真ん中のネジからもステーが伸びてて、4点で固定してあった。だから、この荷台さえ手に入れば、あたしのチャリにもつけられそうな感じだった。それで、新年早々、とりあえずネットで調べてみたら、マウンテンバイク用の立派な荷台は、高いのだと7000円とか8000円とかしてたけど、普通のチャリ用のは、だいたい2000円前後で、一番安いのは1260円だった。これくらいなら、あたしでも買える。

ホントなら、そこらに捨ててあるチャリの荷台を外してきちゃえばいいと思うんだけど、いくら捨ててあるチャリでも、もしもそれが「誰かが盗んでそこに捨てたチャリ」だったとしたら、あたしもドロボーの仲間になっちゃう。それに、誰かが盗んだチャリじゃなかったとしても、もしかしたら、猫を轢いたチャリで、猫の呪いが掛かってるかもしんないし、もしかしたら、自民党の鳩山邦夫が「ニポン中をウロウロしてる」って断言してるアルカイダが、そのチャリに爆弾でも仕掛けてるかもしんないし、もしかしたら、自民党のノンキな大臣たちが大好きなUFOがやって来て、そのチャリに地球人誘拐装置でも仕掛けてるかもしんないし、もしかしたら‥‥って、新年早々、あたしのお得意の妄想モードに突入しちゃったよ(笑)

ま、アルカイダやUFOはないとしても、猫の呪いはありそうだから、やっぱ、ちゃんとお金を払って買ったほうが安心できる。なんたって、あたしの場合はネズミ年だから、猫の呪いに狙われる確率も高そうだし、そんな心配をするくらいなら、1260円で買ったほうが、遥かに気がラクだ。ただ、ひとつだけ問題なのは、「荷台をつけるとカッコ悪くなる」ってことで、できることなら、「必要な時だけワンタッチで装着できる荷台」があれば理想的ってことだ。もしも、そんなワンダホーな荷台があれば、倍の2500円くらいまでなら出す気マンマンなんだけど、あるワケないよね?

でも、以前、「折りたたみ式の松葉杖があったらいいのに」って思った時、探したら売ってたから、「必要な時だけワンタッチで装着できる荷台」も、もしかしたら、売ってるかもしんない。だけど、もしも売ってたとしたら、サスガに2500円じゃ買えないと思う。松葉杖の時は、普通の松葉杖が4500円だったのに対して、折りたたみ式のは15600円だったから、3倍以上もした。だから、今回も、最低でも3倍はするだろうし、マウンテンバイク用のシッカリした作りの荷台が8000円もすることを考えると、ヘタしたら5~6000円はしちゃうかもしんない。

だけど、あたしのチャリって、もらいもんだから定価は分かんないけど、ドンキホーテとかで1万円前後で売ってるヤツと変わんないから、そんなチャリに5~6000円もする荷台をつけるってことは、ものすごい散財だ。言うなれば、10万円で買って来たポンコツの中古車に、6万円もする新品のアルミホイールとタイヤをおごっちゃうみたいな話で、あまりにももったいない。やっぱ、10万円で買って来たポンコツの中古車の場合は、もしもタイヤがツルツルだったとしたら、車の解体屋さんに行って、そこそこ溝のあるホイール付きのタイヤを4本1万円くらいで譲ってもらうのが妥当だと思う。だから、あたしのチャリに荷台をつけるんなら、ワンタッチで取り外しができなくても、1260円のが妥当だってことだ。

つまり、あたしとしては、唯一のマイナス点である「荷台をつけるとカッコ悪くなる」って部分について、自分の中で、気持ち的な折り合いをつければいいってことになる。そのためには、「荷台をつけると便利になる」っていうモトモトの利点の他に、もう1つ、プラスアルファの利点を見つければ、スタイルがカッコ悪くなっちゃうマイナス点が、相殺されるってことだ。

それで、あたしは、お仕事の重たいバッグを載せられるようになるって利点の他に、いろいろと考えてみたんだけど、「遠くの安売り店までキャットフードをマトメ買いしに行ける」とか、「遠くの安売り店までミネラルウォーターを箱買いしに行ける」とか、どれも「重たいものを載せられる」ってことで、これじゃ、プラスアルファの利点とは言えない。もちろん、モトモトの利点とは違うけど、モトモトの利点に準じた利点だから、新たなる利点とは言えないワケで、スタイルのカッコ悪さを帳消しにできるほどの威力はない。

‥‥そんなワケで、あたしは、いろいろと考えてみたんだけど、なかなか新たなる利点を思いつかなかった。で、何で「荷物を載せることしか思いつかないのか」って考えたあたしは、「荷台」って名前が原因なんだと思った。こんな名前だから、荷物を載せることしか思いつかないのだ。それで、荷台の値段を調べた時に、荷台のことを「キャリア」って書いてあったことを思い出したから、今度は、「荷台をつける利点」じゃなくて、「キャリアをつける利点」で考えてみた。そしたら、すぐに、新たなる利点を思いついちゃった。それは、自分のチャリにキャリアをつければ、そのチャリを漕いでるあたしは「キャリアウーマン」てワケで、これは、みんなに自慢できるし、十分にスタイルのカッコ悪さと相殺されるだけの発見だ‥‥って、新年早々、こんなにも寒いオヤジギャグがオチだなんて、最後まで読んでくれた皆さんに申し訳ないと思う今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしくお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ いよいよ発売日が近づいてきた新刊「きっこの日記 R」のご予約は、こちらからどうぞ♪
   ↓   ↓
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/12/post_5738.html

|

« テレビが消える日 | トップページ | お知らせです♪ »