« もんじゃの好きなもの | トップページ | お年玉で~す♪ »

2008.01.01

明けましておめでとうございまっくす♪

皆さま、明けましておめでとうございまっくす♪‥‥ってアイサツするのも、もう6年目か7年目くらいになるけど、念のために過去ログを見てみたら、最初のころは、「明けましておめでとうございMAX♪」って書いてた。それで、なんで平仮名に変えたのかはサダカじゃないけど、たぶん、お正月っぽい感じにするために、英語を使うのをやめたんだと思う。

ま、そんなことは置いといて、とにかく、全国的に新年を迎えたワケだけど、ゆうべのあたしは、お家に着いたら0時半だったワケで、予想通りに、新年は車の運転中に迎えちゃったってワケだ。それで、お腹がペコペコだったから、いただきもののお蕎麦を茹でて、「年越しそば」ならぬ「年越しちゃったそば」を食べてから、お風呂で温まったら、もう3時。ホントなら、去年のうちに「年越しそば」を食べて、お風呂に浸かりながら新年を迎えたかったから、あたしの2008年は、3時間遅れで進んでるってことになる。

だから、今、この日記を書き始めたのは、今年最初の「今年のこと」ってワケで、ようやく、新年のオゴソカな気持ちになって来た。でも、いくらオゴソカな気持ちでも、昨日は、朝の9時から夜の11時すぎまでお仕事してたので、もうクタクタだし、眠いし、日記を書きながら寝ちゃいそうな気もする今日この頃、皆さん、今年も「きっこの日記」をよろしくお願いいたします♪


‥‥そんなワケで、前もって書いてたワケじゃなくて、ちゃんとお元日になってから書いてる日記だから、今日は、新年の抱負でも書いてみようと思う。今年は、2月14日に新刊の「きっこの日記 R」も発売されるし、まだお知らせできないけど、ある媒体で週刊の連載もスタートする。他にも、句集を出す話も進んでるし、年女のあたしとしては、いろんな活動にチャレンジしてみようと思ってる。

もちろん、何よりも大切なのは本業だけど、本業のほうも、本来のメインのお仕事である広告媒体でのスチールのお仕事に復帰できそうだから、今からワクワクしてる。食べてくためのユルユルのお仕事でも、それなりに全力でがんばって来たけど、やっぱり、優秀なプロたちと、緊張した現場で、クールなお仕事ができることは、お金に変えられない喜びがある。

でも、こんなマジメなことだけじゃなくて、お正月なんだから、現実的にはムリでも、「今年はこんなことをやってみたい」っていう、あたしの夢も発表したい。それは、2つあるんだけど、1つは中型バイクの免許を取ることで、もう1つは三味線を習うことだ。中型バイクの免許が欲しいのは、もちろん、中型バイクに乗ってみたいからで、それは、映画の「トゥームレイダー」で、室内でバイクに乗るアンジェリーナ・ジョリーにシビレちゃってるからだ。だから、あたしが乗りたいのは、オフロードバイクで、だけど、デコボコのタイヤのモトクロスバイクとかトライアルバイクとかじゃなくて、太いオンロードタイヤを履いてるヤツだ。

バイクのことは詳しくないので、あんまり良くは分かんないんだけど、たとえば、ヤマハの「TW225」とか、ホンダの「FTR」とかみたいな感じのバイクをベースにして、カッコ悪いガンダムみたいなタンクとかシートとかハンドルとかはぜんぶ外しちゃって、ティアドロップ型のクラシカルなタンクにして、薄くて細いシートにして、もっと幅の狭い絞り気味のハンドルにして、カッコ悪いヘッドライトとかウインカーとかもぜんぶ小さいのに変えて、あとは、ハワイの砂漠地帯で坂を上るレースをやってるバイクみたく、後輪の位置をずっと後ろにして、後輪だけはもっと太いドーナツみたいなスリックタイヤにして、逆に前輪は細くして、なんて言うか、「オフロードバイクをベースにして作ったアメリカンなドラッグレーサー」って感じにしたいと思ってる。

それから、三味線は、何よりも津軽三味線の太棹(ふとざお)がカッコイイなって思ってるんだけど、最近は、普通の三味線の豊かな表現力にも魅せられちゃってるから、普通の三味線も習いたいし、できることなら、両方を習ってみたい。だけど、これって、きっと、俳句と短歌を両方いっぺんに勉強するみたいなことで、片方だけでも生涯を懸けて勉強しないと本物になれないほど深い世界なのに、両方をやろうとしたら、どっちも中途半端で終わっちゃうと思う。だから、もしも三味線を習うんなら、どっちか1つに決めるべきなんだけど、それ以前の問題として、三味線て猫の皮を使ってるから、その点が、猫を愛するあたしとしては、どうしても許せない。だから、この点に気持ち的な折り合いをつけなかったら、習うとか習わないとかいうスタートラインにも立てないと思う。

もちろん、三味線には、猫の皮を使ってないタイプもあるけど、「もともとは猫の皮を使ってた」ってだけでも、そんな残酷な楽器なんか弾けるかっ!って気持ちがしちゃうので、あたしとしては、ものすごく複雑だ。だから、あたしは、沖縄のサンシンにすれば、ヘビの皮だから気分的にはラクだし、値段も三味線よりも安そうだし、弾くのも簡単そうだし、「ま、いっか!」って感じもする。ただ、あたしが習いたいのは、ビミョ~な音の表情で喜怒哀楽を表現できる三味線なので、サンシンだと大幅に違って来ちゃう。

で、中型バイクと三味線ていう、この2つのことは、現実味がゼロの単なる「夢」だと思ってたんだけど、買えるワケがない何百万円もする宝石でも、一応は見てみたくなるみたいな感じで、あたしは、中型バイクの免許を取るのにどれくらいお金が掛かるのか調べてみたら、教習所を卒業するまでで12万円くらいだった。だから、勝手に「20~30万円は掛かりそうだ」って思い込んでたあたしとしては、意外と安いんだなって思った。それから、カンジンのバイクは、中古で探せば15万円くらいだったし、改造するのはジョジョに奇妙にやってくとして、まずはノーマルで乗ることにすれば、免許と中古バイクとで30万円くらいあれば夢が叶う。三味線のほうも、習いに行くお稽古代を考えなければ、三味線自体は20万円から30万円でそれなりのレベルのものが買えるから、バイクとおんなじくらいだ。

そう考えると、「どんなにがんばっても死ぬまでに絶対に叶えられない夢」ってほどハードルが高いワケでもなく、今はムリでも、10年後か20年後には、どっちか片方くらいは叶ってるかもしんない‥‥って思えて来る。そうなって来ると、ガゼン、現実的に考え始めちゃって、「バイクにしよっかな~?それとも三味線にしよっかな~?」なんて、今から、遠足の前の日の夜の小学生みたいに、ワクワクドキドキして来ちゃう。それで、さらに現実的に考えてみると、今ならともかく、10年後、20年後に、40代、50代になってからのバイクの免許は体力的に厳しそうだから、やっぱ、三味線かな~?‥‥なんて思えて来るし、三味線を選ぶんなら、バイクをあきらめたぶん、三味線にバイクのワイルドさも求めるとして、やっぱ、津軽三味線かな~?‥‥なんて思えて来る。

‥‥そんなワケで、空想や妄想が大好きなあたしは、絶対に不可能なことや絶対にアリエナイザーなこと、たとえば、「もしも1日だけ男性になれるとしたら何をする?」とか、「もしも1日だけお姫様になれるとしたら何をする?」とかってことでも、ワリと本格的に考えちゃうタイプだ。だから、たとえすぐにはムリなことでも、10年後か20年後には実現できそうなことなら、あたし的には、限りなくリアリティーのある夢ってワケで、こうして日記に書いて発表すると、さらに実現できそうな気がしてきちゃう。でも、こんなことばっか考えてると、妄想してるだけで2008年が終わっちゃいそうだから、今年の抱負は、「妄想癖を治す」ってことにでもしといたほうが良さそうな気もする今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 今年の「初クリック」も、よろしくお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ 新刊「きっこの日記 R」のご予約は、こちらからどうぞ♪
   ↓   ↓
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/12/post_5738.html

|

« もんじゃの好きなもの | トップページ | お年玉で~す♪ »