« 活字という責任 | トップページ | 虔十の心 »

2008.03.13

海に空に放射能を捨てないで!

316_in_sendai2
3月16日(日)に、宮城県仙台市で、猛毒のプルトニウム生産工場の本格稼働に反対するイベントがあります。

ライブ、映画の上映、パネルトーク、ビデオレターの紹介など、盛りだくさんの内容のイベントです。

お近くの人も、そうでない人も、1人でも多くの人に参加していただき、政府が大嘘をついて強引に推し進める地球破壊活動の実態を知って欲しいと思います。

すべては、真実を知るところからスタートします。


「海に空に放射能を捨てないで!―STOP!再処理本格稼働―」

■とき
2008年3月16日(日)

■ところ
メイン会場:
仙台市情報・産業プラザ 多目的ホール(アエル5F/仙台駅西口徒歩3分)

ライブ会場:
勾当台公園市民広場(雨天時は勾当台公園野外音楽堂)

■参加費
無料(上映会のみ500円)

■当日スケジュール(予定)

●上映会(11:30-12:30/メイン会場)
『六ヶ所村ラプソディー』公開後、何が起こったか?全国各地で動き始めた人たちの姿を鎌仲監督が追いました。

上映作品:『六ヶ所村通信 No.4』(鎌仲ひとみ監督 2008年)

*前日イベントとして15日には『六ヶ所村ラプソディー』上映会が石巻市と仙台市泉区であります。
詳細は→http://lmswkm.net/event_315

●ライブ(11:00-12:30/ライブ会場)

〈本集会〉(13:00-16:00)

●基調対談
今、わたしたちにできることは?再処理の問題に精力的に取り組んできたお二人に語っていただきます。

ゲスト:永田文夫さん(三陸の海を放射能から守る岩手の会 世話人)、鈴木真奈美さん(ジャーナリスト)

●パネルトーク
思いは同じでも立場によって伝え方や表現は違うもの。それぞれの心の声を聞いてください。

●ビデオレター
SUGIZOさん(アーティスト)、川田龍平さん(参議院議員)、サンプラザ中野さん(アーティスト)、ピーター・バラカンさん(ブロードキャスター)、加藤登紀子さん(歌手)他

ブログでも紹介しています→http://lmswkm.net/video_message


〈ウォーク&ライブ〉

●ウォーク(16:30-18:00)
ジャンベのリズムに合わせ、きれいな海と空とを願い、みんなの思いがこもった布メッセージを手に市内を歩きます。

●キャンドル・アコースティックライブ(18:00-20:00)
歌のチカラでみんなの思いを共有しよう!

ライブ出演:
さっちゃん、花&フェノミナン、ムビラトロン、YAM、苫米地サトロ、奈良大介、halko(桑名晴子)

協力:
冨田貴史さん、木下デヴィッドさん(プロサーファー)


●イベントの詳細は→http://lmswkm.net/316_in_sendai


★ 告知のために応援のクリックもよろしくお願いします!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

« 活字という責任 | トップページ | 虔十の心 »