« 本当の加害者と本当の被害者 | トップページ | 活字という責任 »

2008.03.12

ゴールデンカノン

あたしは、「サクラ大戦」の神崎すみれちゃんのことが、好きで好きでノイローゼになりそうなほど大好きなんだけど、これほど大好きなすみれちゃんなのに、どうしても許せないことが1つだけある。これは、すみれちゃんのセイってよりも、すみれちゃんのキャラを作った広井王子さんのセイだと思うんだけど、それが何なのかって言うと、すみれちゃんの体重だ。すみれちゃんの公式プロフィールを見ると、ナナナナナント! こう書いてあるのだ!


帝国華劇団 花組 

1907年1月8日生まれ

身長161cm

体重50kg

B型

神奈川県出身


おいおいおいおいおーーーーい!
あんなにキャシャで、強く抱きしめたら肋骨がパキパキと折れちゃいそうなすみれちゃんが、なんで50kgもあるんだよ! つーか、身長があたしとおんなじなのに、あたしよりも10kgも重いなんて、どう考えてもアリエナイザーだ!

だいたいからして、おんなじ広井王子さんが作った「機動新撰組 萌えよ剣」の土方歳絵ちゃんが、あんなにビックル一気飲みなほどの巨乳で、「167cm」で「45kg」なのに、それよりも遥かにオッパイが小さくて、他の部分も全体的に細いすみれちゃんが、「161cm」で「50kg」だなんて、フクダ内閣が来年まで続くことよりもアリエナイザーだよ。

あたしは、背が高くてナイスパディで男っぷりのいい女性か、キャシャで折れちゃいそうな女性が好きで、すみれちゃんの場合は完全に後者だってのに、そのすみれちゃんが「50kg」もあるなんて、ファンの気持ちを踏みにじるようなキャラ設定は、お願いだからやめて欲しいと思う今日この頃、皆さん、あたしってアホみたいですか?(笑)


‥‥そんなワケで、あたしの感覚では、どう考えても、すみれちゃんの体重は40kgから43kgの間だと思うんだけど、何で50kgなんていうおかしな数値になっちゃったんだろう? 顔がちっちゃくて、首が細くて、肩も細くて、鎖骨がセクシーで、オッパイもほどほどの大きさで、ウエストも細くて、脚も細いすみれちゃんなんだから、それでも体重が50kgもあるんだとしたら、ハッキリ言って、「チョー下半身デブ」ってことじゃん!

ワケ分かんないキャラがデブなのは構わないけど、あたしの愛するすみれちゃんがデブだなんて、これだけは許せない。もちろん、見た目は細いんだから、この体重を設定した人がおかしな感覚をしてたってだけなんだけど、だからこそ、あたしは、ヨケイに許せなくなる。たとえば、見た目もそれなりの体格で、その上で50kgって書いてあれば、あたし的には納得できる。だけど、見た目が歳絵ちゃんよりも遥かに細くて、さらに、身長も歳絵ちゃんよりも6cmも低いのに、それで体重が5kgも重いなんて、どう考えたって理解できない。

そして、身長が167cmもある上に、GカップかHカップはあると思われる歳絵ちゃんが45kgってのも無理がある。歳絵ちゃんのほうが50kgで、すみれちゃんのほうが45kgなら分かるけど、この設定はあまりにもアンビリーバボーだと思う。ちなみに、歳絵ちゃんは、身長が167cmで、体重が45kgで、スリーサイズは85・58・85だけど、これだって無理がありすぎる。この身長でこの体重だったら、よくて80・56・80で、普通なら78・54・80ってとこだ。

あたしは、正確に言うと身長が161.5cmなんだけど、フランク・ザッパに言えばすみれちゃんとおんなじだ。そして、体重は、ベストは44kgだけど、なかなかそこまでは戻らなくて、今は40kgから42kgを行ったり来たりしてる。スリーサイズは、ちょっと言えないけど、ウエストはずっと55cmで、これだけは高校時代から変わらない。だから、あたしと身長の変わらないすみれちゃんが、あたしよりも10kgも重いってことは、バスト、ウエスト、ヒップのすべてがあたしよりも大きいのなら、全体的にヒトマワリ大きいってことで、それほどヘンテコな体型にはならない。だけど、アニメを観る限りでは、首や肩や鎖骨まわりはあたしよりも細いくらいだし、脚だってあたしよりも細い。つまり、あたしよりも重い10kgの肉は、すべて腰からお尻にかけてまつわりついてるってことになる。そしたら、恋心が吹き飛んじゃうほどの「チョー下半身デブ」ってことになる。

‥‥そんなワケで、もちろん、この「体重」ってものは、単なるマヤカシでしかない。だって、あたしたちの体重ってのは、この地球上にいるからこその数字であって、地球の引力によって表わされてる数字だからだ。基地夕よりも引力の少ない月面とかに行けば、誰でも体重が軽くなる。そして、地球よりも引力の大きな惑星に行けば、みんな重くなる。だから、「50kgだからデブ」だとか、「44kgだからベスト」とかって言ってるのは、あくまでも「地球上」でのことなのだ。つまり、こんな数字に踊らされて一喜一憂するのは、ナンセンスってことになる。

だけど、いくら理屈じゃ分かってても、50kgを超えちゃったら一気に気分が落ち込むのが乙女心ってワケで、49kgと50kgの違いは、29才と30才の違いと同様に、他人には分からない深くて暗い川がある~誰も渡れぬ川なれど~エンヤコラ今夜も舟を出す~ローエンドロー~ローエンドロー~振り返るなローロー~♪‥‥てなワケで、野坂昭如じゃないけど、たとえば男はアホウ鳥だし、たとえば女はワスレ貝だし、真っ赤な潮が満ちる時には、失くしたものを思い出すってことで、美女が大好物のあたしとしては、自分のことはサテオキ、自分の好きな美女だけには、常に美しくいてもらいたい。

で、女性の場合、どんな体が美しいのかって言うと、下着メーカーのワコールの研究所が算出した「ゴールデンカノン」っていう黄金比率がある。これは、1000人以上の女性の体を計測して、それらのデータから算出したもので、もっとも美しいニポン人女性のスリーサイズの比率のことだ。この「ゴールデンカノン(黄金比率)」によると、その人の身長に、バストは「0.54」をかけた数字、ウエストは「0.38」をかけた数字、ヒップは「0.54」をかけた数字、太モモは「0.31」をかけた数字ってことになってる。ようするに、バストとウエストは同サイズがいいってことなんだけど、あたしの身長、「161.5cm」で計算してみると、あたしのベスト・プロポーションは、バストが87cm、ウエストが61cm、ヒップが87cm、太モモが50cmってことになる。

本日2度目のおいおいおいおいおーーーーい!‥‥って感じなんだけど、バストが87cmって、どんだけ巨乳なんだよ! あたしは、アンダーが63cmなんだから、トップが87cmてことは、その差が24cmもあるワケで、カップで言えば、A、B、C、D、E、Fカップじゃん! 今までに何度も「ホッとFカップの胸をなでおろした」ってギャグをかまして来たけど、マジでFカップにならないと理想のプロポーションじゃないなんて、あまりにもハードルが高すぎるよ。「ローマは1日にして成らず」ってコトワザがあるように、Fカップだってオイソレとは完成しない‥‥っていうか、現実問題として、豊胸手術する以外に方法がないじゃん。

ホンの一部のマイミクさんだけが知ってる秘密だけど、しばらく前に、あたしは、Eカップの補正ブラをもらった。それで、そのまま着けてみたらカポカポだったんだけど、初期のヌーブラをした上から着けてみたら、それなりに収まったので、突然巨乳になっちゃって、あまりにも嬉しくて、1日半ほどその形で過ごしてみた。そしたら、あまりにも長時間ヌーブラをしてたもんだから、アンダーのとこがカブレラになっちゃったのだ。で、その時は、カットソーのカシュクールのトップスを着てたんだけど、カシュクールの左右の重なってる部分が両側に広がっちゃうほどバストが大きくて、その上、歩くとヌーブラの重さでユサユサして、「巨乳の人ってこんな感じなのか~」って感慨深かった。

右手で左にあるものを取ろうとしたり、左手で右にあるものを取ろうとすると、自分の腕が大きなバストに当たって、そのたびに「おおっ!」って感動したし、電車の中や街でヤタラと見られてるような自意識過剰にもなれたし、翌日のカブレラだけは大変だったけど、激しく新鮮な感覚を楽しむことができた。それなのに、その時よりも、さらに1サイズ大きなバストが「ゴールデンカノン」だなんて、そんなに大きかったら、自分の胸を見て自分でコーフンしちゃうだろうし、何よりも、生活に支障をきたしちゃう。

‥‥そんなワケで、あたしの場合は、ウエストの55cmだけは変えられないし、太モモの45cmも変わらないと思うから、このウエストと太モモのほうを基準にすると、バストとヒップは、理想の「ゴールデンカノン」よりも「マイナス5cm」くらいでもバランス的には許容されるハズだ。だから、バストとヒップは81~82cmでいいワケで、これならすでにクリアしてるから、ある意味、「全体的に貧弱なゴールデンカノン」って呼ぶこともできる。つまり、あたしの場合は、理想的な「ゴールデンカノン」にはホド遠いけど、バランスだけを見た場合には、ひとまわり小ぶりなカノンてワケで、名づけて「プチカノン」てワケだ。だから、新鮮な生乳をベースに、いろんな栄養素をバランスよく黄金比率で配合してある「プチダノン」でも食べ続ければ、少しずつ理想の体型へと変化してくかもしんないと思う今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~!
★ 1日1回、応援のクリックをよろしくお願いしま~す♪
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ 新刊「きっこの日記 R」もヨロピクです♪
   ↓   ↓
 

|

« 本当の加害者と本当の被害者 | トップページ | 活字という責任 »