« 動物を殺して食べるということ | トップページ | ジャニスとジョン »

2008.04.06

ネコの妥協とヒトの葛藤

あたしは、もう15年もパチンコを打って来たから、今までには、打ち初めて2回転目で大当たりしたり、4回転目で大当たりしたりって感じで、10回転以内で大当たりしたことが何度もある。だけど、そのほとんどが「それまで誰かが打ってた台」だったワケで、ようするに、ハイエナみたいなもんだった。他には、朝イチの場合でも、リセットしないお店で、内部確変が残ってる台を見つけた時には、もちろんソッコーで打つけど、この場合には、10回転以内で大当たりしたことはあんまりない。

あたしの大好きだった「中森明菜・歌姫伝説」みたく、やっと内部確変を引いても、そこからが長くて、ひどい時は100回以上も回さなきゃなんないような台も多いからだ。確変を引いてるんだから、打つのをやめるワケには行かず、そのまま打ち続けてるワケだけど、チューリップがパカパカしてるワケじゃないから、玉は減り続けてくワケで、500円、1000円、1500円‥‥って減り続けてく残高表示を見てるうちに、何のために打ってんだか、ワケが分かんなくなって来る。そして、そんな時に限って、ようやく当たったと思ったらノーマルで、時短もダメで、5000円使って5000円にしかなんないアホみたいな結果だったりする。

だから、そんなにラッキーなことはメッタに起こらないのがギャンブルの世界なんだけど、あたしは、数日前のこと、午後3時からお仕事で、それまでは予定がなかったので、久しぶりに気分転換しようと思って、朝イチから「エヴァンゲリオン~使徒、再び~」を打ちに行った。それで、平日だったし、もう釘もシメシメだし、数十台ある「使徒、再び」のコーナーには、お客さんが4~5人しかいなかった。満席なのは、「冬のソナタ」の2匹目のドジョウの「春のワルツ」のコーナーだけで、あとはガラガラ状態だった。

あたしは、ひと通り「使徒、再び」のデータを見て回ったんだけど、どれも似たような波で、コレといった琴線に触れる波の台がなかった。それで、こんな時には、いつもなら先頭台から打ち始めるところなんだけど、この日は、ガラガラだったし、気分をリフレッシュしたかったから、ど真ん中の台で打ってみようと思った今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、この日までに2回パチンコに行ってて、5000円負けと3000円負けで、トータルで8000円も負けてた。だから、この日は、0からのスタートじゃなくて、マイナス8000円からのスタートってワケで、逆境になればなるほど燃え上がるあたしとしては、いつも以上に気合いが入ってた。それで、今日こそはアスカに活躍してもらおうと思って、気合いの赤いブラウスを着て来たし、気合いの1万円札を挿入して、お財布からマステマを取り出してハンドルを固定したんだけど、良い子はマネしないように(笑)

で、釘も見ずに、データも無視して、ナニゲに座った「ど真ん中の台」だったんだけど、このアバウトな選択が、長いことパチンコを打って来たあたしに、生まれて初めての大ラッキーをもたらしたのだ。打ち始めて、ハンドルの位置を決めてたら、最初の1回転目で、ドドーッとアニメが始まって、地球の上を覆ってるドミノみたいなのがカタカタと倒れてって、「新生モード」に突入しちゃったのだ! 上を見ると、回転数はまだ「0」だ! 朝イチに、0回転の台を打ち始めて、最初の一発で大当たりだなんて、こんなの初めてだ!それも、何十台も空いてるガラガラのコーナーで、何も考えずに座った真ん中の台なんだから、あまりにもワンダホーな確率だ!

そして、「新生モード」に突入して2回転目で、「3」でリーチが掛かって、初号機が画面を引き裂いて出て来る「突然当たり」で、なんと「4」が揃っちゃった。それで、あたしは、「3でリーチなのに何で4で当たるんだよ!」って思ったら、画面がバシッとなって「3」になった。よしよし!‥‥つーか、普通か(笑)

正確に言えば、「朝イチの1回転目で大当たりした」じゃなくて、「朝イチの1回転目で2R確変を引いた」ってことなんだけど、それでも、長いことパチンコを打って来て、こんなの初めてだったから、あたしは、桑田真澄のように小さくガッツポーズをした。で、ホントは、朝イチの大当たりラウンドは、やっぱ「残酷な天使のテーゼ」を聴きたかったんだけど、そんなゼイタクは言ってらんないし、「新生モード」からのラウンドは、パチンコでしか聴けない劇場版アニメの歌が流れるから、あたしはタップリと楽しませてもらった。流れる絵も、ホータイのレイとか、なかなかマニア好みだし、お店がガラガラだから静かで良く聴こえるし、確変が決定してるから、ゆっくりと楽しむことができた。

それで、そのまま「新生モード」が続いたんだけど、次はノーマルだし、時短もダメだし、あたしは「新生モードで1セットかよ?」って思ったのもトコノマ、時短後の1回転でミサト部屋になって、2~3回転後に警報が鳴った。ミサト部屋での警報だから、「おおっ!」って思ったら、「パターン青」じゃなくて「ゼーレの3分ミッション」だったから、「あれ?」って思った瞬間、ミッション画面の真ん中に「大当たり」の文字がカットイン! そして、ダブルリーチが掛かって、ミッション完遂!

「使徒、再び」でのミッション完遂は、今までに2回あったけど、この「大当たり」の文字のプレミアは初体験だったから、すごく嬉しかった。そして、ここからは、ロンギヌスの槍からの初号機のF装備もあり~の、風船みたく膨らむプラグスーツのアスカからのマステマ攻撃もあり~ので、途中で少しもたついたけど、楽しみつつ、何とか10連チャンして、1万4000発ちょい、4万2500円になった。

‥‥そんなワケで、未だに「四号機リーチ」を見れてないあたしだけど、とりあえず、前回と前々回の負けぶんを取り戻すことができたし、何とか生活費を作ることができた。それで、お仕事に行くまでにまだ余裕があったから、車で、猫たちのご飯と、自分のお米を買いに行くことにした。そろそろカリカリがなくなりかけてたし、あたしのお米は1週間くらい前になくなってたからだ。

あたしは、ずっと、いただきもののお米を食べてたんだけど、1週間くらい前に、ついになくなった。それで、いつもの古米か古古米でも買おうかと思ったんだけど、ここが、リトル悩むとこだった。以前は、5kgで1000円から1100円の古米か古古米を買ってたんだけど、ある人から、「古米は1kgあたり5gもの防腐剤が入ってるから、なるべく食べないようにしたほうがいいよ」って言われたからだ。それから、「コンビニのおにぎりは、ほとんどが業務用の古米を使ってるんだけど、新米と同じように美味しく感じさせるために、いろんな化学物質を添加して炊いてるから、絶対に食べないほうがいいよ」とも言われてた。

ま、お米を買うお金にも悩んでるあたしが、コンビニのおにぎりなんか買えるワケないから、こっちの件については関係ないんだけど、問題なのは「古米の防腐剤」の件だった。高いお金を払って新米を買ったところで、市販のお米のほとんどは古米が混ぜてあるんだし、中には、3割も4割も古米が混ぜてあるのに、ウソの表示をして売られてるお米も多い。だから、そんなもんを買わされるくらいなら、最初っから古米や古古米を買って、ものすごいイキオイで洗ってから炊いたほうが良さそうな気もする。だけど、何年も保管してるうちに、防腐剤がお米の中まで染み込んでて、どんなに洗っても無意味なのかもしんないし、それだと困る。

そんなことを考えてたら、あたしは、どうすればいいんだか分かんなくなって来た。それで、しばらくはお米なしで生活してみようと思ったんだけど、何よりも困ったのが、お昼ご飯だった。朝や夜は自宅で食べるので、おそばを作ったり、焼きうどんを作ったり、お菓子を食べてごまかしたりしてたんだけど、今まで、おにぎりを作って持ってってたお昼ご飯が、どうしようもなくなったのだ。だって、いくらなんでも、焼きうどんをタッパーに入れて持ってくワケには行かないし、ましてや、おそばを茹でて、オカモチに入れて、担いでくワケにも行かないからだ。それで、ここ数日は、仕方なく、街の安全そうなパン屋さんでパンを買って食べたりしてたんだけど、いくら安全そうとは言え、1個200円も250円もするパンをお昼ご飯にするなんて、あまりにもバカバカしいし、何のためにふだん節約してんだか分かんなくなっちゃう。

‥‥そんなワケで、あたしは、いつまでもお昼ご飯にこんなお金を使い続けることはできないから、早急なる決断を迫られてた。防腐剤がタップリと入ってる古米を5kg1000円で買うか、怪しさマンマンの自称新米を1600円くらいで買うか、それとも、比較的ちゃんとしてそうな新米を2000円くらいで買うか‥‥って決断だ。もちろん、農薬会社と癒着してるJAを通ってないお米なら安心だから、そうしたお米をちゃんとした農家から直接買えばいいんだけど、あまりにも高くてとても手が出ない。減農薬の有機栽培のお米でも、最低で5kg3500円以上はするし、無農薬になると5000円以上はしちゃう。

自分の国の主食なのに、普通に働いてる人には、安全なお米は高嶺の花だ。仕方なく、体に悪いことが分かってても、農薬まみれで作られて、銘柄や産地を偽装されて、発ガン性の疑いもある防腐剤をタップリとふりかけられた、スーパーに並んでるお米を買うしかない。それだって、買えるだけまだいいほうで、お米は高くて買えないって人もいっぱいいる。そして、お米が高くて十分に買えないからって、月の半分はパスタかお好み焼きで過ごしてた家族が、今や、そのパスタや小麦粉までが値上がりしちゃって買えなくなったって言ってる。

ま、人間、いろんな部分で妥協して生きてかなきゃなんないワケだけど、あたしの場合は、自分のことよりも猫たちのことを優先してるから、自分のことは妥協しても、猫たちのご飯だけは「高くても安全なもの」って決めてる。外国産のものや、ビーフやマグロなどの危険な原料を使ってるものは避けるようにしてる。今は、国産のカツオを原料にしてるカリカリやカンヅメをメインにしてるから、安売りの量販店に行っても、ケッコー高い。だけど、自分で選択することのできない猫たちに、危険なものを食べさせるワケには行かないから、どんなに高くても、あたしは1秒も迷わないで、即決で買ってる。

自分のものに関しては、90円のお豆腐と100円のお豆腐のどっちにするかを何分間も悩んじゃうあたしなのに、猫たちのご飯に関しては、まったく悩まない。3kgで580円のアメリカ産のカリカリや、1.5kgで398円のマグロのカリカリの袋が山積みになってても、そんなものには目もくれずに、1.2kgで700円以上もする安全なカリカリを5袋とか10袋、ドカッとカゴに入れてレジへと向かう。

‥‥そんなワケで、この日は、お仕事の前で体力もあったし、何度も買いに来るのは大変だから、1.2kgのカリカリを10袋買った。それで、レジで8000円近いお金を払っても、ぜんぜん「もったいない」とは思わないし、それどころか、猫たちの喜ぶ顔が浮かんで来て、重たい荷物もヘッチャラになった。だけど、そのあとに、いつものお米屋さんに寄ったあたしは、例の「ものすごい葛藤」のドツボにハマッちゃって、お米屋さんも呆れるほど、さんざん悩み抜いた挙句に、結局、5kgで1050円の古米を買っちゃった今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~!
★ 1日1回、応援のクリックをよろしくお願いしま~す♪
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

« 動物を殺して食べるということ | トップページ | ジャニスとジョン »