« 梅と桜 | トップページ | 袖振りあうも他生の縁 »

2008.04.11

時代に逆行した原発推進派

世界中の先進国が「脱原発」へと進んでて、あの核大国のアメリカでさえも、プルサーマル(核リサイクル)は危険すぎるからって及び腰なのに、このニポンの政府と来たら、一部の癒着企業の守銭奴どもの言いなりになって、国民の声を無視して、セッセと原発事業を推し進めてる。そんな中、4月10日付で、またまたシャレにもなんない大ニュースが飛び込んで来た。


「日立が17基の原発配管強度で計算ミス、28年間気づかず」(読売新聞)

原子力発電所の配管の耐震強度計算を、日立製作所が1980年から28年間にわたって間違え続け、地震の影響を過小評価していたことがわかった。安全性に深刻な影響はないとみられるが、経済産業省原子力安全・保安院は10日、電力各社に対し、正しい計算結果と再発防止策の報告を求めた。保安院によると、計算ミスがあった原発は7社の10原発17基。うち8基について各社が再計算したところ、原子炉につながる再循環ポンプなどの配管にかかる力が最大で4倍以上大きくなるケースもあった。先月27日、新潟県中越沖地震で東京電力柏崎刈羽原発の配管にかかった力について、東電と独立行政法人原子力安全基盤機構の計算結果が食い違っていることから判明。東電の計算を担当した日立の計算プログラムにミスがあり、配管にかかる力を求める際に、配管自体の重さを考慮していないことがわかった。このプログラムは、1980年以降の原発建設や改造工事で、耐震強度の計算に使われていた。

保安院が再計算を指示した原発は以下の通り。

東北電力 女川3号
東京電力 福島第1の1、4号、同第2の2、4号、柏崎刈羽4、5、7号
中部電力 浜岡5号
北陸電力 志賀1、2号
中国電力 島根1、2、3号
日本原子力発電 敦賀1号、東海第2
日本原子力研究開発機構 もんじゅ

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/yomiuri-20080410-00640/1.htm


おいおいおいおいおーーーーい! ただでさえ活断層の真上の地盤の弱いとこに建てられてて、いつ第二のチェルノブイリになるか分かんないって言われてる数々の原発が、こんな状況で28年間も運転してただなんて、デタラメもタイガイにしろーーーー!‥‥って、マクラからブチ切れてみた今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、ちょうど1年前、六ヶ所村のプルトニウム製造工場が、耐震強度の不足を11年間もインペイし続けて来たってことが発覚して、その時も「日立」だったけど、今度も「日立」ってことは、「気づかず」じゃなくて「インペイ」じゃないの? せっかくだから、日立のデタラメぶりを知らない人のために、1年前の記事も再掲載しとこうと思う。


「六ヶ所村再処理工場で耐震計算ミス、日立エ社11年隠ぺい」(読売新聞)

日本原燃は18日、試運転中の再処理工場(青森県六ヶ所村)で耐震設計の計算ミスがあったと発表した。設計を担当したのは、日立製作所の子会社「日立エンジニアリング・アンド・サービス」で、11年前に計算ミスに気付きながら、隠ぺいしていた。計算ミスが見つかったのは、使用済み核燃料を収める金属容器の切断装置(高さ約12メートル、重さ約3・5トン)など。設計上想定する大地震が起きた場合、土台部分の強度不足で切断装置が転倒し、使用済み燃料などを傷つける恐れがある。原燃は今後、切断装置の土台部分などを補強する方針だが、11月予定の営業運転開始が遅れる可能性が出てきた。日立エ社が1993年に耐震計算を行った際、切断装置の固有振動数などのデータを誤入力したことが原因だった。同社の担当者は、切断装置が実際に据え付けられた96年時点で誤入力に気付いたが、再計算などを十分に行わず放置した。日立製作所は、日立エ社からミスの連絡はなかったとしており、隠ぺいの経緯は調査中という。計算ミスと隠ぺいは、国の新しい耐震設計審査指針に基づいて安全性の再確認作業を行う中で発覚した。(2007年4月18日)


それにしても、去年の7月16日に起こった新潟の大地震の時、柏崎刈羽原発は、アチコチのパイプからものすごい水蒸気が立ち上って、施設内では放射能を含んだ冷却水があふれまくって、放射能廃棄物の入ったドラム缶が100本も倒れまくって、施設内の3000箇所もの場所が壊れて、もうメチャクチャの状態になったっていうのに、東京電力のオッサンは、地震後の記者会見で、「放射能はまったく漏れていないので安全です」って平然と大ウソをついてたよね。そして、そのあと、大量の冷却水が漏れてたことがバレたら、「冷却水は漏れましたが放射能は検出されなかったので安全です」って大ウソをついて、専門家から「冷却水に放射能が含まれてないなんてことはありえない」ってツッコミを入れられたら、今度は「冷却水から放射能は検出されましたが、人体や環境には影響のない微量なものです」って、またまた大ウソをついてたよね。

それから、最初は「ドラム缶は1本も倒れていません」て言ってたクセに、たくさんのドラム缶が倒れてる写真を突きつけられたら、仕方なく、ドラム缶が倒れた上に、フタが開いて中身が出ちゃったことも認めたよね。そして、ずっとトボケてたのに、最後の最後には、7号機の排気筒から放射能を検出したことも認めたよね。とにかく、大ウソつきだらけの原発業界だけど、この時に、ものすごい勢いで放射能まみれの水蒸気を噴射してたのが「7号機の排気筒」ってことを頭に入れつつ、ズズーッと前に戻って、今回のニュースを見てみると、ミゴトに「柏崎刈羽4、5、7号」って書いてある。

てことは、去年の放射能漏れの大事故は、地震のセイじゃなくて、日立製作所の耐震強度計算のミスによる事故ってことじゃん。日立がキチンと計算して、それに見合っただけの配管を造ってたら、あんな事故は起こらなかったってことじゃん。だいたいからして、「先月27日、新潟県中越沖地震で東京電力柏崎刈羽原発の配管にかかった力について、東電と独立行政法人原子力安全基盤機構の計算結果が食い違っていることから判明。」ってナニゴトだよ? あれほどの大事故を起こしておいて、それから9ヶ月も経って「判明」って、東京電力って、地域住民たちの命を何だと思ってんだろう? 普通、あんな大事故を起こしたら、ソッコーで調査するもんなんじゃないの?

あたしは、何から何までインペイしまくりの原発業界のことだから、今回の計算ミスにしたって、どうせ、何ヶ月も前に判明してたんだと思ってる。だけど、事故後にすぐに発表すると、いろいろと風あたりも強くなるし、何よりも1日も早く再稼働したい守銭奴どもからの圧力もあるし、結局、ホトボリがさめるのを待ってたんだと思う。そして、あんまり時間が経っちゃうと、今年から本格稼働したい六ヶ所村のプルトニウム製造工場の足を引っぱっちゃうから、ちょうどいいコロアイを見計らって、今、発表したんだと思ってる。

‥‥そんなワケで、何であたしがこんなに怒ってるのかって言うと、この欠陥だらけの柏崎刈羽原発は、東京電力の原発だってことからも分かるように、あたしの住んでる東京のための電気を作ってる原発だからだ。つまり、この世界最大級の原発で、もしも大事故が起こり、この地域の人たちに被害を与えてしまったとしたら、それは、あたしたち東京都民にも責任があるってことになるからだ。

去年の大事故を受けて、柏崎刈羽の住民たちは、去年の11月に、「東京の皆さんへ」っていう公式メッセージを発表した。あたしは、このメッセージを読んで、ホントに胸が痛くなった。この東京の繁華街では、ネオンサインや電光看板など、真夜中もガンガンに電気を使いまくり、昼間は昼間で、ビルの巨大なモニターにくだらない宣伝を流しまくり、まったく無意味に膨大な電力が消費され続けてる。そして、そんなことのために、離れた地域に住む人たちが、夜も眠れないほどの不安の中で暮らしているのだ。


「柏崎刈羽から東京の皆さんへ」(PDF)
http://www.kisnet.or.jp/net/jishin/071124.pdf


このメッセージを読めば分かるように、もしも今年の夏がすごく暑くなって、東京中でガンガンにエアコンを使うようになったら、今までずっと地元住民にウソをつき続けて来た東京電力が、また大ウソをついて、この欠陥だらけの原発を再稼働させるんじゃないかと、柏崎刈羽の人たちは、みんな不安でたまらないのだ。もちろん、これは、東京のための電気を作ってる福島原発の周りに住んでる人たちもおんなじ気持ちだろうし、どこの原発の周りに住んでる人たちも、みんなおんなじだ。

そして、どこよりも恐ろしい思いをしてるのが、六ヶ所村の人たちだろう。六ヶ所村のプルトニウム製造工場は、ガラス固化溶融炉にトラブルが起こったため、去年の暮から試験運転を中止してた。だけど、3月末に、トラブルの原因を取り出すことに成功したとかで、5月から運転しようとしてる。だけど、今回のトラブルの欠陥は直さないで、そのまま運転を始めるそうだから、専門家は、「現時点で技術上の欠陥が分かっているのに、そのままの本格稼働は取り返しのつかないことになる」って断言してる。

その上、何の事故もなく正常に稼働したとしても、この工場から海へと排出される莫大な放射能によって、大規模な環境破壊が起こってしまう。通常の原発には、海へ排出する放射能の濃度に規制があるんだけど、再処理施設には何の規制もないから、好きなだけ垂れ流せるからだ。そして、今までの試験運転でも、通常の原発の数百倍の濃度の放射能が垂れ流されて来たけど、本格稼働を始めたら、原発で規制されてる濃度の約2700倍もの放射能が垂れ流され続けることになるそうだ。そして、この状態で40年間稼働を続けたら、チェルノブイリの原発事故の半分もの量のトリチウム、炭素14、クリプトン85、ヨウ素129などが海流に乗って全世界へと拡散して、推定で1万5000人以上もの人がガンで死ぬことになるそうだ。

さらには、六ヶ所村の工場でのプルサーマルによって作られる燃料、使用済燃料から取り出したMOX燃料は、これを使用した場合、その残りの放射能廃棄物は、500年以上も燃え続けるのだ。こうした放射能廃棄物は、表面温度が100度以下にならないと処理できないんだけど、500年以上も燃え続けるってことは、今年使用したMOX燃料を安全に処理できるのは、少なくとも500年以上は先ってことなのだ。

‥‥そんなワケで、東京の人間が使いまくってる電気のツケを地方の人たちに押しつけ、今の人間が使いまくってる電気のツケを500年後の人たちに押しつけ、自分さえ良けりゃいいってのが今の政府の方針らしい。何しろ、この、時代に逆行した異常なまでのプルサーマル推進は、「アベシンゾーと癒着な仲間たち」が推し進めて来た、メイド・イン・ニポンの核兵器開発っていう大事業の一環なんだからね。石油があと40年で枯渇して、ウランがあと60年で枯渇するって分かってるからこそ、世界中の先進国は、石油にもウランにも頼らない「自然エネルギー」へと転換したってのに、未だに前時代のウランにしがみついて、莫大な予算を使って、欠陥だらけの工場を稼働させ続けて、500年後の人たちにアリガタ迷惑な遺産を遺してまでプルサーマルを推進してるってことは、「核兵器の開発を視野に入れてるから」って以外には、まったく理由が見当たらないと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしくお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ 「ロッカショ/2万4000年後の地球へのメッセージ」は、写真や図解なども豊富で、SUGIZOさんや坂本龍一さんをはじめ、多くの著名人による素晴らしい1冊です。六ヶ所村で暮らしている人たちの声も収録されているので、ぜひ読んで欲しいと思います。また、この本の印税は、地球環境を守るために使われます。

オムライス党のみずほたんもオススメしています♪
http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-date-20080410.html


|

« 梅と桜 | トップページ | 袖振りあうも他生の縁 »