« 北京オリンピックはボイコットすべきだ! | トップページ | ウソつきだらけのニポン »

2008.04.08

「平和の祭典」のために殺される猫たち

オリンピックのために、野良犬を殺し尽くした北京では、今は、野良猫狩りが行われています。


「オリンピックのための中国式クリーンナップ作戦」
http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/news/worldnews.html?in_article_id=528694&in_page_id=1811


50万匹もの猫を皆殺しにしてまで開催する「平和の祭典」とは、いったい何なのでしょうか?

オリンピック開催のための「クリーンナップ作戦」として、中国で行なわれている野良犬と野良猫の大量虐殺ですが、捕獲された犬や猫の大半は、毛皮の工場へと運ばれて行きます。

現在、世界各国に流通している毛皮製品の多くは、中国の工場で犬や猫の毛皮を染め直して、ミンクやキツネなどに偽装したものなのです。

以下の映像は、2005年のものですが、これと同じことが、「オリンピック開催のため」という大義名分のもと、現在も行われています。

※心臓の悪い人は絶対に観ないでください。


「北京の猫虐殺に反対する署名フォーム」
http://www.shomei.tv/project-10.html


★ 「北京オリンピックはボイコットすべきだ!」と思った人は、賛同のクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓
人気blogランキング


|

« 北京オリンピックはボイコットすべきだ! | トップページ | ウソつきだらけのニポン »