« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.31

マナ板の誓い

あたしのマナ板は、キッチンのシンクの上にぶら下げてある。何でかっていうと、マナ板って、使い終わったあとにしばらくホッタラカシにしとくと、ナニゲにバイ菌とかが繁殖しちゃいそうな気がするから、使ったらソッコーで洗うようにしてるからだ。マナ板を使い終わったってことは、これから作ったものを食べるワケで、食べ終わるまで、使ったマナ板をそのまま放置しとくのがイヤなのだ。だから、あたしは、マナ板と包丁だけは、お料理が終わった瞬間に洗うようにしてる。包丁は、洗ったらすぐに拭いて仕舞うんだけど、マナ板は大きいから、拭くとフキンがビショビショになって、今度はそのフキンをお洗濯しなきゃなんなくなるので、永遠のループに巻き込まれそうな気がしちゃう。あたしって、汚れたものをそのままにしとくのが大っ嫌いなので、もうお料理はできてるのに、とりあえずフキンを洗濯機に入れて、スタートさせてからご飯を食べようと思っちゃう。そして、フキン1枚だけを洗うワケには行かないから、ちょっと着ただけで、見た目はぜんぜん汚れてなくて、洗おうか、もう1回着ようか悩んで、保留のカゴに入れといたブラウスとかを持って来て、一緒に洗うことになる。そうなると今度は、柔軟剤も入れなきゃってことになるんだけど、そんな時に限って、柔軟剤が切れてたりする。で、今からスーパーに行くワケにも行かないし、でも、洗濯機にはお水を入れ始めちゃってるし、あ゛ーーーーどうしよう!‥‥って思ってるうちに、せっかく作ったお料理は中途半端に冷めちゃうし、洗濯機は中途半端な量のお水と中途半端な量の洗濯物が入ったまま一時停止にしてる中途半端な状況になってるし、あたしのストレスは頂点に達しちゃって、耳の穴から煙が出てきちゃう今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?(笑)


‥‥そんなワケで、ヒサビサにマクラの一気書きをしてみたワケだけど、この調子で書いてると、ホントに耳の穴から煙が出てきちゃいそうだから、ここからは普通に書くことにする。で、マナ板をどんなふうにぶら下げてるのかっていうと、シンクの上にある収納棚のフチに、U字型のフックがいくつか並んでるので、そこに、マナ板のハシッコに開いてる穴を引っかけるってワケだ。シンクの上の収納棚は、イスに乗らないと出し入れできないほど高いし、フックの位置にも手は届かないんだけど、マナ板の長さが45cmくらいあるから、マナ板の穴とは反対側を持ってヒョイっとやると、ちょうどフックに引っかけることができるってワケだ。

それで、あたしは、このぶら下がってるマナ板を取ったり、使ったあとに洗ってからフックに引っかけたりって動作を10年以上も続けて来た。それも、一度のお料理中に、何度も取ったり引っかけたりすることもある。たとえば、最初にお魚をさばいたりする場合、いつもは、ワインや焼酎の2リットルの紙パックを展開図にひらいたやつをマナ板の上に広げて、マナ板が汚れないようにしてるんだけど、紙パックの展開図よりも大きなお魚だったり、さばき方をリトル失敗しちゃったりすると、お魚の血が、紙のまわりに流れ出て、マナ板の面に直接ついちゃうことがある。そんな時には、お魚をさばき終わってから、まずはマナ板を洗って、パッとフックに引っかける。

そして、お魚を焼いたり煮たりしてるうちに、ぶら下げたマナ板の水分がポタポタと落ちて、ある程度は乾くから、そしたら、またマナ板をパッと取って、今度はお野菜を切ったりする。ようするに、生臭いままのマナ板で、お野菜を切るのがイヤだってワケだ。だから、一度のお料理でも、2~3回くらい、マナ板をフックから取ったり引っかけたりすることがある。そして、これを10年以上も続けて来たんだから、あたしは、もうフックの位置を見なくても、パッとマナ板を引っかけることができちゃうのだ。体が、フックの位置とか距離感とかを覚えてるから、いちいち目で確認する必要がないってことだ。

‥‥そんなワケで、俳句仲間からお野菜を送っていただいたことをキッカケにして、ゼイタクなものを食べ続けてる最近のあたしだから、必然的に、マナ板を使う回数が増えて来た。メザシや納豆やお漬物だけでご飯を食べてた時は、マナ板を使うこともなかったけど、ここ1ヶ月くらいは、ほぼ毎日、マナ板を使ってる。それで、オトトイのことなんだけど、おんなじマンションの猫仲間の1人で、実家が北海道の奥さんが、ホタテを分けてくださった。ホタテって言っても、貝殻ごとのアレじゃなくて、中身だけがボイルしてあって、それが冷凍されてるやつが、ビニール袋に20個くらい入ってるのをくださったのだ。

貝殻ごとのアレは、そのまま焼いて、お醤油を垂らせば美味しいけど、貝殻がゴミになるし、早く食べないとダメになっちゃうから、なかなか大変だ。だけど、中身だけがボイルしてあって、さらに冷凍されてると、長持ちするし、使いたいぶんだけ解凍して使えばいいし、さらにはゴミも出ないから、すごく助かる。それで、あたしは、どんなお料理にしたら美味しそうか、脳内のスクリーンにスライドショーしてみたんだけど、お家にあるのはジャガイモとタマネギだけだったから、「ホタテとジャガイモとタマネギを煮る」ってのと、「ホタテとジャガイモとタマネギを炒める」ってのしか思い浮かばなかった。

だから、あたしは、せっかくのホタテを生かすために、スーパーへと欽ちゃん走りした。そしたら、中くらいのゴーヤが100円になってたから、群馬県産てとこが気になったけど、1本買うことにした。なんとなく、ホタテとゴーヤを塩コショウで炒めたら美味しそうな気がしたからだ。そう考えたら、すぐにイメージが固まって来て、あと、お豆腐も入れてみようと思った。ホタテとゴーヤとお豆腐を炒めて、塩コショウで味つけして、仕上げにレモンを軽く搾ったら、サッパリして美味しそうな感じになりそうだって思った。

だけど、お豆腐が安い日じゃなくて、1丁110円もしたから、レモンを買うのは諦めた。それなのに、ナニゲにお酒のコーナーを覗いてみたら、宝酒造の「焼酎ハイボール」がセールになってて、普段は1本115円なのに、この日は1本100円になってたのだ。缶チューハイって、ジュースみたいに甘いのがあるから、新製品を買うのは恐いんだけど、「焼酎ハイボール」なら、何度も飲んでるから味を知ってるし、ドライとレモンとシークァーサーがあるんだけど、どれも甘くなくてすごく美味しい。サスガ、焼酎のメーカーだけのことはある。

それで、あたしは、「ゴーヤのお料理にはシークァーサーだよな」‥‥って思った時には、すでにカゴの中にシークァーサーを入れ始めてた。そして、シークァーサー4本と、途中で飽きた時のことを考えて、レモンを2本入れた。お料理に使うレモンは、150円もしたからケチって買わなかったのに、缶チューハイのレモンの場合は、一瞬の躊躇もなく、「シークァーサーに飽きた時のために」なんて理由でサクサクとカゴに入れちゃうんだから、あたしの金銭感覚って、やっぱおかしいよね。

A24
‥‥そんなワケで、結局、800円ちょいの散財をしちゃったあたしは、それでも、「ホタテとゴーヤとお豆腐の炒め物をタップリと作って、それをオツマミにして缶チューハイを6本も飲んで、それで800円ちょいなら、絶対にお得だよな~」なんて、自分に都合よく考え始めてた。このあとに起こる、想像を絶する大惨事のことなどツユ知らずに‥‥‥‥ってワケで、この続きは明日!お楽しみに!‥‥ってワケにも行かないだろうから、ちゃんと続きも書くけど、「ホタテとゴーヤとお豆腐の塩味炒め」は、あたしの想像を遥かに超える美味しさだった。北海道のホタテから出た旨味と、沖縄のゴーヤから出た苦味とが、その中間に位置する東京のお豆腐と石川のお塩とで結びついて、バツグンのハーモニーを醸し出してくれた。

正確に言えば、今回のゴーヤは群馬県産て書いてあったけど、一応、沖縄の名産てことで、あたし的には、一皿の中で、ニポンの北端と南端とが手をつないでひとつになったって感じだった。大きなホタテ6個と、ゴーヤを1本と、お豆腐を1丁使ったから、ものすごい量で、大切にしてるシンガポールの大皿に盛りつけて、1人なのに豪快に食べた。あとは、ジャガイモを細い千切りにして、お水に晒してから、叩いた梅干しで和えた「ジャガイモの梅サラダ」も美味しかったし、缶チューハイを6本飲んだら、お腹が妊娠6ヶ月くらいにパンパンになった。もちろん、お料理は半分くらいしか食べきれなかったから、残りはタッパーに入れて、冷蔵庫に入れた。

それで、あまりにもお腹がいっぱいで苦しいのと、ホロ酔い気分になってたので、いつもなら食べ終わった食器はその場で洗うんだけど、この時だけは、「ちょっと休んでからにしよう」って思ったのだ。そして、「ジャガイモの梅サラダ」に使った深鉢にお水を入れてからシンクの中に置き、その上に炒め物に使った大皿を乗せて、そこにもお水を入れた。それで、「あとで洗おう」って思って、いったんコマーシャル‥‥じゃなくて、いったんお部屋に戻って来た。で、ソファーにドテッて横になったら、皆さんのご想像通りに、あたしは爆睡しちゃったのだ。

お腹がパンパンになるまで食べて、お酒もガブガブと飲んで、そのまま寝ちゃうなんて、体にもお肌にも悪そうな気もするけど、食べたものは健康的なものだから、プラマイ0ってことにしてみつつ、あたしの目が覚めたのは、次の日の朝だった。これだけ飲んで寝ると、いつもなら夜中におトイレで目が覚めて、それをキッカケにしてちゃんとベッドで寝直すのに、この日は本気で爆睡してて、朝までソファーで寝ちゃってた。そして、目が覚めたあたしは、おトイレに行ったり、シャワーを浴びたりして、ジョジョに奇妙にお仕事モードへと切り替えて行った。そして、キッチンへ行って、朝ご飯の支度をするために、マナ板をパッと取った瞬間、ナゼか手が滑った。


ガシャーーーーン!


A21
マナ板が垂直に落ちたシンクの中には、ミゴトなまでに真っ二つに割れた大皿があった。あたしは、目の前で起こった現実を受け止めることができなくて、約10秒くらいボーゼンとしてた。そして、ハッと我に返ってから、あまりのショックで泣きそうになった。これ、シンガポールのお土産にいただいた大皿で、たった1枚しかなくて、ものすごく気に入ってて、もう15年くらい大切にしてたんだよね‥‥。

だけど、その下にあった深鉢は無事だったから、その点だけはロマンスの神様と広瀬香美に感謝した。この深鉢は、内側に桜の花びらが舞ってる柄で、10年くらい前に、ある俳句の全国大会で1位になった時に、いろいろといただいた副賞の中のひとつで、ボーイ・ミーツ・ガール、桜の深鉢~何よりステキな宝物~♪ フォーリン・ラブ、ロマ~ンスの神様どうもありがと~♪ よく割れる皿の下で~そう言えば守ら~れ~て~た~♪ これからも使い続けるよ~今週も来週も再来週もずうっと~~~オ~イエ~♪‥‥って、調子に乗って朝から歌いまくってたのもトコノマ、桜の深鉢を手にとってジックリと点検したら、オーーーーマイガーーーーー! フチが欠けてたーーーー!

A22
‥‥そんなワケで、あたしは、ものすごく大切にしてたお皿が真っ二つに割れちゃった上に、これまた大切にしてた宝物の深鉢も欠けちゃったワケで、何とも言えないドンヨリした気分になっちゃった。深鉢のほうは、5mmくらい欠けただけだから、一応、食器として使うことはできるけど、それでも、どこを探しても破片が見つからなかったから、アロンアルファでくっつけることもできない。たぶん、乾くと硬化する粘土みたいな陶器用の補修材がありそうな気がするから、東急ハンズで探してみるつもりだけど、あたしは自分のウッカリぶりに情けなくなって、これからは、再放送の「水戸黄門」で八兵衛を見ても、決して笑わないようにしようと、頭上のマナ板に誓った今日この頃なのだ!なのだったらなのなのだ!(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしく願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.30

お知らせです!

7月25日の日記、「桜の花が泣いている」の中でお知らせした、柏崎刈羽原発の付近の桜の花に大異常が発生してる件についての会見に、あたしたち庶民の代表、オムライス党のみずほたんが出席して来ました。
  ↓
「福島みずほのどきどき日記」

|

幼稚な殺害予告が大流行(笑)

久しぶりに本気でビックル一気飲みした~! あたしんとこに警察から連絡が来た~!‥‥ってワケで、今、一部の知能の低い人たちの間で、ネットの掲示板とかに「殺害予告」を書き込むのが流行ってるみたいだけど、警察はカタッパシから逮捕してる。最初は、各地域の警察や、警視庁のサイバー犯罪対策の部署の中の何人かで対応してたそうなんだけど、あまりにも数が多いから、専門の部署を作って、人員を何倍にもしたんだって。それで、最初のころは、新しく書き込まれた殺害予告から優先的に対応してたんだけど、人員を増やしてからは、少しずつ過去の書き込みにもさかのぼって、その中でも悪質と思われるものを摘発し始めたんだって。

で、某所の掲示板の過去ログの中に、あたしに対する殺害予告の書き込みが見つかったってことで、警察から連絡が来たんだけど、それがどんなことなのかっていうと、「被害届けを出して欲しい」ってことだった。何でかっていうと、あたしの名前を挙げての殺害予告だから、あたしが被害届けを出さないことには、警察は動けないからだそうだ。警察の説明によると、「脅迫罪」は親告罪じゃないから、あたしが被害届けを出さなくても捜査や逮捕はできるそうなんだけど、「脅迫罪」を成立させるためには、「その書き込みをあたしが読んだ」ってことを立証する必要があるそうだ。つまり、あたしの被害届けが、その書き込みを本人が読んだこと、あたしが脅迫を受けたってことの証拠になるんだそうだ。

「明日、○○駅で大量殺人をします」とか「これから○○小学校を襲います」とかって書き込みの場合は、おんなじ殺害予告でも、相手を特定してないから、書き込んだ時点では被害者はいない。だけど、何で警察が捜査して犯人を逮捕できるのかって言えば、こうした書き込みによって、警察は何十人もの警察官が現場へ配備しなきゃなんなくなる。それで、「ウソの書き込みをしたことによって警察の業務を妨害した」って理由によって、「偽計業務妨害」の罪で、捜査、逮捕ができる。だけど、個人の名前を挙げての殺害予告の場合は、名指しされた本人からの被害届けがなければ、警察は動くことができない今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、毎日のように何人も何人も捕まってるのに、それでもまったく収まらないネット掲示板への殺害予告の書き込みだけど、不特定多数に対する殺害予告と、個人に対する殺害予告では、大きく違う。先月の橋下徹大阪府知事に対する殺害予告の場合も、こないだの爆笑問題の太田光に対する殺害予告の場合も、「掲示板で殺害予告を見た誰かが警察へ通報した」→「警察が掲示板を確認して、悪質だと判断したので、本人に連絡をして被害届けを出すかどうかを聞いた」→「本人が被害届けを出したので、その時点で初めて捜査を開始した」っていう流れだった。

だけど、「明日、○○駅で大量殺人をします」とか「これから○○小学校を襲います」とかって書き込みの場合は、警察は通報を受けた時点で、すぐに捜査を開始する。で、前者の場合は「脅迫罪」で、後者の場合は「偽計業務妨害」になる。そして、前者の場合は、書き込み方の具体性によって、他の罪もプラスされたり、損害賠償の対象にもなったりする。

ずいぶん前に、フリーアナウンサーの杉崎美香に対する殺害予告を書き込んだ男がいたけど、この時は、明確な日時や場所までを書き込んでたから、危険を感じた事務所が、そのイベント自体を取りやめにして、莫大な損害が生じた。この損害を犯人に請求したかどうかは、民事の問題なのであたしは分からないけど、法律的に言えば、間違いなく請求できるものだし、民事訴訟を起こせば100%勝てるケースだろう。

これまたずいぶん前に、評論家の池内ひろ美が、トヨタの工員のことをバカにしたような内容を自身のブログに書き、それが問題になり、ブログが炎上させられた上に、掲示板に殺害予告まで書き込まれたことがあった。この時も、「講演会場にガソリンをまいて火をつける」というような具体的な内容が書かれてたので、池内ひろ美は講演を中止した。だから、書き込んだ犯人は、「脅迫罪」っていう刑事事件で裁かれる上に、講演を中止したぶんの損害賠償や精神的慰謝料なんかも、民事で請求される可能性もあったってことだ。どうなったのかは知らないけど。

杉崎美香の場合は、何ひとつ問題になるようなことはしてないのに、杉崎美香に一方的に思いを寄せてたファンが、暴走しちゃったみたいなケースだった。だから、一般的に見れば、杉崎美香は完全なる被害者で、1%も悪くない。だけど、池内ひろ美の場合は、もともとの原因は自分の発言だから、多少は本人にも責任があるようにも思える。でも、そんな理屈は通用しないのが現実だ。

ハッキリ言って、あたしから見ても、杉崎美香のケースと池内ひろ美のケースでは、とてもおんなじとは思えない。だけど、こうした犯罪者を逮捕したり裁いたりする警察や検察や裁判官には、こんな理屈は通用しないのが現実だってことだ。たとえば、池内ひろ美の殺害予告を書き込んだのが、バカにされたトヨタの工員本人だったとする。それなら、多少は情状面で違って来るかもしれないけど、このレベルの犯罪では、処罰の大きさにはほとんど影響しない。

‥‥そんなワケで、池内ひろ美の殺害予告を書き込んだのは、トヨタとはぜんぜん関係ない人だったワケだし、橋下徹の殺害予告を書き込んだのは、大阪府民じゃなくて、東京都民だったワケだ。ま、この人の場合は、「以前、大阪に住んでたことがある」って言ってるそうだけど、それにしても、今は東京に住んでるんだから、ホントに橋下徹の政策に不満があって書き込みをしたのかどうかは疑問が残る。だって、いくら以前は大阪に住んでたとしたって、今、東京に住んでて東京都に納税してんのなら、誰よりも憎むべきは、都民税を好き放題に使いまくってる石原慎太郎ってことになるハズだからだ。

こうした例を見と、個人を名指ししての殺害予告の多くは、ホントに心の底からその相手を憎くて書き込みをしてるってよりも、面白がって書き込みをしてるのがほとんどで、たまたま目についた「ちょっと気に食わない相手」の名前を使ってるだけのように感じる。中には、ホントにその相手を憎んでるケースもあるんだろうけど、それにしたって、そこにホントの殺意はない。ホントに殺意があるんなら、こんなバカバカしいことなんかしてないで、実際に殺しに行くだろう。

ようするに、実際には殺人どころか、面と向かって相手に文句を言う度胸も根性もないような腰抜けが、「ちょっと目立ちたい」「ストレス発散したい」「自分の書き込みを見てみんなが騒ぐところを見てみたい」なんていう幼稚な発想で、短絡的に行なってるのが現状なんだと思う。そして、こうした精神年齢の低い人たちが次々と逮捕されてく現状を見て、99%以上の人たちは「ニポンにこんなにもバカが多かったのか」って思ってるだろうし、残りのわずかの人たちは、それでも自分だけは捕まらないと思って、おんなじことを繰り返すんだろう。

こうした書き込みをするヤツラって、救いようがないほど知能が低いと思うし、性格も激しく歪んでると思うし、生きてる価値もないような生ゴミみたいなヤツラだと思う。だから、警察に逮捕されるのは当然だし、警察もカタッパシから逮捕して欲しいと思うし、類犯を抑止するためにも、もっと厳罰に処すようにして欲しいと思う‥‥って、これを結論としちゃったら、この国の支配者たちの思うツボなのだ。個人の名前を出しての殺害予告に関しては、どんな理由があろうとも、極めて悪質なんだから、厳重に取り締まるべきだと思う。だけど、それと一緒に、不特定多数に対する殺害予告までを考えちゃったら、この国の支配者たちの思うツボになっちゃうのだ。

殺害予告をマトメてるサイトでも、新聞やテレビの報道でも、文化人やコメンテーターの発言でも、すべてこの2つをイッショクタにして扱ってる。だけど、個人を名指しした殺害予告と、不特定多数に対する殺害予告とでは、まったくルパンの違う‥‥じゃなくて、まったく五右衛門の違う‥‥じゃなくて、まったく次元の違う問題なのだ。ナゼなら、最初にも書いたように、前者が本人の被害届けが必要な「脅迫罪」なのに対して、後者は警察の判断だけで捜査や逮捕ができる「偽計業務妨害」だからなのだ。

これは、「反戦な家づくり」の明月さんも、7月11日のエントリー「ネット書き込みでの逮捕は、ダイモンダイ!」で指摘してるけど、国民の言論を封殺するために準備されてる「共謀罪」と変わらないほど、恐ろしいことなのだ。秋葉原の事件を受けての今だからこそ、警察は「無差別の大量殺人の予告」に限定して取り締まってるけど、これがエスカレートしてったら、誰が見たってジョークと分かるような書き込み、たわいない書き込みであっても、警察の判断ひとつで自由に取り締まられるようになってく可能性もあるからだ。

「共謀罪」が恐れられてるのは、何よりも「別件逮捕」に悪用される可能性が高いからだ。これとおんなじで、今回、多発してる「偽計業務妨害」による逮捕だって、今はちゃんと「犯罪の抑止」のために正常に行われてるけど、これが当たり前の世の中になっちゃったら、そのうち「別件逮捕」のために悪用されてくようになる可能性も十分にあるのだ。たとえば、ネット上の反政府的なブログをピックアップして、過去ログをすべてチェキして、1年前の「与党の政治家なんか皆殺しにしちゃえ」って記述を「偽計業務妨害」にしたり、2年前の「こんなに酷い政府なんか国会議事堂ごと爆破しちゃいたくなるよ」って記述を「威力業務妨害」にしたりして、簡単に逮捕することが可能になる。

もちろん、これらの記述が、ホントの「犯行予告」なんかじゃなくて、日常会話の中でも使われてる一般的な「言い回し」であることは誰にでも分かってることだし、警察だってそう思ってる。政府の命令によって、目障りなブログを潰すことが目的であって、これらの罪状は単なる「別件逮捕」でしかない。ようするに、掲示板にしろブログにしろ、ネット上で何らかの発言をしてる人たちの運命は、警察の胸三寸になっちゃうってことだ。

‥‥そんなワケで、知能の低い人たちが、捕まっても捕まってもおんなじイタズラを繰り返してるけど、そうした幼稚な行為が、国家権力にヨケイな権限を与えることにつながってるってことを知って欲しい。そして、それが、いつかは自分の首を絞めることにもつながるんだから‥‥なんてことを知能の低い人たちに言ったところで、ガソリンがこんなに値上がりしてる時に新しい道路を造るのとおんなじくらいムダなことだけどね。それにしても、ネットを活用してる人たちが、自ら自分たちの発言を規制させる方向へと向かうような幼稚なイタズラを繰り返してるなんて、あたしにはどうしても理解できない。だから、きっと、あたしの脳みそは、あたしが「知能の低い人たち」って思ってる人たちよりも、さらに知能が低いのかもしれないと思う今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしく願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.29

銃刀法違反のワナ

あたしは、東京生まれで東京育ちだけど、秋葉原にはまったく興味もないし、生まれてこのかた行ったことがない‥‥っていうか、今みたいな「ヲタクの聖地」になっちゃう前に、電気街には行ったことがあるし、車で上野方面に行く時には、秋葉原を何度も通ってる。だから、「生まれてこのかた行ったことがない」っていうのは大ゲサだけど、ようするに、現在の「アキバ」って名詞が差してる場所、メイド喫茶があったり、ホコ天でコスプレした人たちが躍ってたり、おでんの缶詰を自販機で売ってたり、頭のおかしい女がガードレールに乗ってパンツを丸出しにしてたり、それを撮影するために変質者が群がってたり‥‥って場所には、行ったこともないし、今後も行く気はない。

でも、いくら自分が興味がなくっても、だからって全否定するつもりはない。あたしも、土方歳絵ちゃんや神崎すみれちゃんのフィギュアを眺めながら「萌え~♪」ってしてるから、ヲタクの気持ちも少しは分かるようになったつもりでいる。以前は、「現実の女性には相手にもされない情けない童貞クンたちが、アニメやゲームの美少女を見ながらオナオナしてる薄気味悪い代償行為」って決めつけてたけど、今は、「そういう人もいるだろうけど、そうじゃない人もいるだろう」って思ってる。これは、あたし的には、ものすごい進歩だ。

もちろん、あのダサすぎるファッションセンスやヘアスタイルには閉口しちゃうけど、それだって「自分の恋人や友達にするんなら」って前提での話であって、あたしと無関係の世界で勝手にやってるだけなんだから、あたしがトヤカク言うことじゃない。ただ、あたしが声を大にして言いたいのは、「コスプレするのは自由だけど、似ても似つかないキャラをやるな!」ってことだ。自分の部屋の中だけで楽しんでるんなら構わないけど、人に見せるためにオオヤケの場でやったり、その写真をネット上に公開する場合には、少しは考えて欲しい。

だって、あたしの愛する神崎すみれちゃんのコスプレをしてる女の子たちって、99%が、似ても似つかない顔や体型の子ばっかりで、目にするたびに激しい怒りがこみ上げて来るからだ。自分の愛するキャラが、似ても似つかない人にコスプレされてるのを見ると、なんか、自分の大切なものを冒涜されたような、汚されたような気持ちになって来る今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、秋葉原で起こった前代未聞の無差別殺傷事件は、今日28日で「四十九日」が過ぎたので、事件現場の交差点に設置されてた献花台が撤去されたそうだ。あたしは一度も行ったことがない場所だから、テレビで献花台の様子とかを見ても「ああ、あそこか!」ってふうにはピンと来ないけど、お供えされた大量のお花や飲み物、タバコなんかを見ると、改めて事件の悲惨さを感じるとともに、人の温かい心も感じることができた。だって、「これまでに約8000本の花束と1万1000本以上の飲み物など供えられた」ってことは、被害者の知り合いだけじゃなくて、何千人ていう見ず知らずの人たちも、お供えをして冥福を祈ったってことだからだ。

だから、これは、あたしの想像になっちゃうけど、被害者を直接には知らない人たちでも、秋葉原が好きで、毎週のように遊びに来てた人たちの多くが、自分の好きな場所で起こった凄惨な事件てことで、手を合わせに来たんだと思う。こういうふうに考えると、あたしは足が向かない「特殊な地域」だけど、そこが好きで集まってる人たちの中にも、心のやさしい人たちがいっぱいいるんだなって思えて来るし、似あわないコスプレをしてても、頭ごなしに文句を言うのは悪い気もしてきちゃう。

だけど、こうした心のやさしい人たちも多いと思う反面、あたしには、すごく気になったニュースがあった。それは、今回の事件が起こってから、警察が秋葉原で重点的に「職務質問」や「持ち物検査」を続けて来たところ、事件後1ヶ月で、300件を超える「銃刀法違反」での検挙があったっていうニュースだ。1ヶ月で300件てことは、単純に割り算すれば「1日10件」てことになるけど、普通に考えれば、平日は少なくて、日曜祭日にドバッと増えるって感じだと思う。だから、これもあたしの想像になっちゃうけど、平日は1人とか2人とかで、日曜日になって人出が多くなると、20人とか30人とかドバッと捕まってるって感じなんだと思う。

で、そう考えると、日曜日に秋葉原に遊びに行った場合、見ず知らずの被害者のために献花台でお祈りをするような心のやさしい人たちもいっぱいいる反面、ポケットやバッグの中にナイフを隠し持ってるような危険な人たちが何十人も、人ゴミにまぎれてウロウロしてるってことになる。そして、警察官は、すべての人たちを職務質問してるワケじゃなくて、「怪しい」って感じた相手だけをピックアップして調べてるんだろうから、検挙されたのは300人でも、実際には、この何倍もの人たちがナイフを持って歩いてるとも考えられる。

‥‥そんなワケで、こんなニュースを耳にすると、ますます秋葉原って場所の特殊性を感じちゃうんだけど、テレビや新聞の報道を鵜呑みにしないのが「きっこの日記」の方向性なので、あたしなりに、いろいろと調べてみた。そして、秋葉原に詳しいヲタク系のライターの知り合いにも、現状を聞いてみた。そしたら、とんでもないことが分かったのだ。それは、この300人のうち、ホントに「銃刀法違反」で検挙されたのは1割にも満たなくて、ほとんどが「軽犯罪法」での検挙だったってことだ。

「銃刀法違反」での検挙の場合には、その多くが、銃刀法22条の「正当な理由がないのに、刃体6センチを超える刃物を携帯していた」っていう法令の違反になる。だから、刃渡り20センチだろうと30センチだろうと、板前さんがバッグの中に包丁を入れて、お店に向かって歩いてるぶんには違反にはならない。そして、ナイフを販売してるお店のほうも、この銃刀法のことを十分に理解して販売してるから、一般に売られてるナイフの多くは、刃渡りが6センチ以下のものだそうだ。

じゃあ、この「銃刀法違反」には触れなかったのに、検挙されちゃった9割以上の人たちが、いったい何の罪だったのかって言うと、それは、「軽犯罪法」の1条の2項、「正当な理由がないのに、刃物、鉄棒、その他、人の生命を害し、または人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者は、拘留または科料に処する」ってものだ。この場合の「正当な理由」ってのは、もちろん、職務質問をした警察官の胸三寸なワケだし、「刃物、鉄棒、その他」の「その他」にしたって、やっぱり警察官の胸三寸なワケだ。

だから、カッターやハサミやアイスピックなんかは当然として、トンカチや折りたたみ式のノコギリなどの大工道具だって、スパナやレンチなどの工具だって、野球のバットだって、ゴルフのクラブだって、みんな「人の生命を害し、または人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具」にされちゃう。ようするに、すべては警察官の気分次第ってワケだ。ちなみに、秋葉原を所轄する万世橋署では、去年までの銃刀法違反での検挙数は、年間に30件から100件の間だった。それなのに、突然、たった1ヶ月で300件だなんて、どう考えたっておかしいだろう。それも、こんな大きな事件があった後で、警察官が重点的に職務質問をしてるような状況なんだから、いつもはナイフを持ち歩いてた人だって、今の時期だけは持ち歩かなくなるのが普通だ。

‥‥そんなワケで、あたしは、ナイフを持ち歩く人にも問題があると思うけど、それを取り締まる警察官のほうにも問題があると思ってる。たとえば、事件から2週間ちょっと後の6月26日に、事件現場の近くで、ナイフを持った男と警察官がもみ合いになり、警察官が手を切られるっていう事件が起こった。もちろん、この男は現行犯逮捕されたけど、この時のことを順を追って書いてみると、こんな感じだ。

無差別殺傷事件を受けて、秋葉原を重点的にパトロールしてた2人の警察官が、20代と見られる2人の男に職務質問をした。そして、持ち物検査に応じた2人のバッグの中を調べたら、片方の男のバッグの中に、1本のツールナイフを発見した。ツールナイフってのは、十徳ナイフとか十二徳ナイフとかってヤツで、栓抜きとか、小型のドライバーとか、ヤスリとか、釣りの針外しとか、ワインオープナーとか、いろんな道具がひとつに収まってるアウトドアグッズで、キャンプとか釣りとかが趣味の人なら、たいていは持ってるだろう。

だけど、警察官が、そのツールナイフの刃渡りを計ってみたら、7.4センチあったのだ。つまり、6センチ以上あったってワケだ。で、その警察官が、銃刀法違反の容疑で任意同行を求めてパトカーに乗せようとしたところ、その男が走って逃げ出したので、それを追ってもみ合いになり、ナイフをつかんだ警察官が、指をチョコっと切ったってワケだ。そして、この男は、遥かに重い「公務執行妨害」と「傷害」の現行犯で逮捕されちゃったってワケだ。

あたしは、その場で見てたワケじゃないから、最初の職務質問の時に、どんなヤリトリがあったのかは分からない。だけど、この状況だけを客観的に見れば、この男が、誰かに危害を加えるつもりでナイフを携帯してたとは、とうてい思えない。刃渡りが20センチ以上もあるサバイバルナイフだの、板前さんでもないのに剥き出しの包丁だのを持ってたのなら分かるけど、いろんな道具の収まったツールナイフなんて、普通は、単なる「便利な道具」として持ち歩くもんだからだ。第一、ナイフを使って犯罪を企ててる人間が、わざわざ、これほど「犯罪に不向きなナイフ」なんかを選択するだろうか?

だから、この男にしてみれば、マサカ、こんな物を持ってたくらいで、パトカーに乗せられて警察に連れてかれるなんて思ってなかっただろう。それなのに、警察官から一方的に犯罪者扱いされちゃったもんだから、気が動転して、思わず逃げようとしちゃったんじゃないかって思う。そして、もみ合いになり、確実に2+10+10=22日は勾留される上に、地検が混んでたら拘置所送りにまでなっちゃう大きな罪を犯すことになっちゃったのだ。

‥‥そんなワケで、ここで、もう一度、銃刀法22条を繰り返すけど、「正当な理由がないのに、刃体6センチを超える刃物を携帯していた」ってことなんだから、この男は、おんなじナイフを持ってても、キャンプ場でキャンプをしてたり、海や川で魚釣りをしてれば、「正当な理由」があるんだから、何も問題はなかったのだ。そして、この男が持ってたのは、危険なナイフじゃなくてツールナイフだったんだから、おとなしく警察へ行ってキチンと説明すれば、悪くても書類送検、良ければナイフの没収(任意提出)と注意だけで帰してもらえてたハズで、これほどの大ゴトにはならなかっただろう。

この2人組の警察官が、ヨケイな職務質問なんかしなければ、この男は、買い物を済ませて何事もなく自宅に帰ってただろう。そして、仮に職務質問をしたとしても、最初っから相手を犯罪者扱いした態度だとか、相手を怖がらせるような言動だとかがなく、相手に安心感を与えるようなマトモな対応をしてれば、この男も逃げ出すようなことはなかっただろう。つまり、悪い言い方をすれば、「警察官が犯罪を作り出した」ってことになる。年間に数十件だった検挙数が、突然、1ヶ月で300件なんていう数字に跳ね上がったのは、このうちの9割以上が、警察官によって作りだされた犯罪だったんじゃないかって思う。

あたしのお仕事のバッグの中には、いつも数本のシザーが入った布ケースが入ってる。いつも使うワケじゃないけど、やっぱり必要な道具だからだ。だけど、これだって十分に人を殺すことができるし、さらには、小型のカッターナイフも持ち歩いてる。これは、アイブロウペンシルを削るためで、プロの多くは、ペンシルを自分の使いやすいように削るから、一般的なシャープナーは使わない。だから、これらの道具には、お仕事に必要だっていう「正当な理由」があるワケだけど、タマタマ職務質問された警察官の虫の居所が悪ければ、あたしはパトカーに乗せられちゃうってワケだ。

‥‥そんなワケで、前に秋葉原の事件を取り上げた時にも書いたけど、こうした事件が起こるたびに、やれ「ナイフを規制しろ」だの、やれ「歩行者天国を廃止しろ」だのって言い出すアホって、ホントにモノゴトの本質が分かってないって言うか、何も見えてないって言うか、たまんないほど脱力しちゃう。今回の事件は、1人のキチガイが悪いワケで、決してナイフが悪いワケでもなければ、ホコ天が悪いワケでもない。昔っから「キチガイに刃物」って言葉があるように、悪いのは道具じゃなくて、それを使う側の人間の問題だ。それなのに、ダレカレ構わず職務質問して、キャンプに使う十徳ナイフを持ってた人まで犯罪者に仕立て上げちゃうなんて、警察もやってることが本末転倒だ。こんな男を捕まえてるヒマがあるんなら、20本以上ものナイフをコレクションしてて、奥さんだった片山さつきにサバイバルナイフを突き付けて脅したって言われてるマスゾエちゃんを任意同行するほうが、遥かに世の中のためだと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしく願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■


★ こちらもどうぞ♪
   ↓   ↓
■Nファイター■

|

緊急アンケートです!

ライブドア堀江被告に実刑判決、どう思う?

1.実刑は当然
2.実刑は重い


★ アンケートの正確性を高めたいので、こちらもポチッとよろしく!
  ↓
■Ranking■


★ こちらもどうぞ♪
  ↓
■ノートンファイター■

|

2008.07.28

たむけんの焼肉屋、食中毒で営業禁止

「たむけんの焼肉屋、食中毒で営業禁止」(世田谷通信)

吉本興業のお笑いタレント、たむらけんじ氏(35)の経営する焼肉店「炭火焼肉たむら名古屋店」(名古屋市中区錦)で、7月14日に飲食をした男性客4人が食中毒になったとして、名古屋市は食品衛生法に基づき、28日、同店を営業禁止処分にした。名古屋市食品衛生課によると、4人は同店で飲食後、下痢や発熱、腹痛などの症状を訴え、もっとも症状の重かった1人は入院した。診察の結果、食中毒の原因であるカンピロバクター菌が検出された。市では再発防止策が確認されるまで営業禁止を続けるという。同店は6月6日に複合商業施設「サンシャイン栄」内にオープンしたが、たむら氏のネームバリューなどにより当初から行列ができるほどの人気だったという。(2008年7月28日)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20080728


★ こちらもよろしく!
  ↓
■Ranking■

|

パチンコ界の福田康夫

皆さん、ご存知の通り、エヴァンゲリオンの「碇(いかり)シンジ」のことをしばらく「掟(おきて)シンジ」だと思い込んでたあたしだけど、どうしてこんな思い込みをしてたのかって言えば、それは、アニメを放送してた時にはまったく興味がなくて、パチンコで初めてエヴァンゲリオンを知ったからだ。アニメを観てたなら、何回も「碇くん」て言葉が出て来ただろうから、こんな間違いをすることはなかった。パチンコでも、冬月がゲンドウに「碇くん」て言うシーンがプレミアであるけど、やかましいパチンコ屋さんの中だと、セリフなんてほとんど聞こえないし、こっちも出玉しか気にしてないから気づかない。

で、これとおんなじパターンが、ヒサビサに炸裂しちゃった。あたしは、「鋼(はがね)の錬金術師」っていうアニメ、まったく興味もないし、一度も観たことがなかった。だけど、そこそこ人気のあるアニメみたいで、ネットをやってると、このタイトルをチョコチョコと目にする。それで、あたしは、こういうタイトルのアニメがあるってことだけは認識してたんだけど、これをずっと、「銅(どう)の錬金術師」だと思い込んでたのだ。そして、今から1時間くらい前に、初めて「銅」じゃなくて「鋼」だったってことに気づいたのだ。まあ、銅でもいいことだけど(笑)

マンガやアニメって、あまりにも数がたくさんあるから、自分の興味のないものまで、わざわざ調べてまで覚えてるヒマなんかない。それに、マンガやアニメの知識が豊富になっても、普通の人は、人生にはほとんど役立たない。だから、あたしは、自分が興味を持ったいくつかの作品に関しては、読んだり観たりしたことによる最低限の知識はあるけど、興味のない作品に関しては、世の中でどれほど大ヒットしてようと、ほとんど何も知らない。たとえば、「ワンピース」っていうアニメがあるけど、あたしは、主人公をはじめ、登場人物の名前を1人も知らないし、どんな内容なのかもぜんぜん知らない。再放送か何かをチラッと観たことはあるけど、絵にまったく魅力を感じなかったから、未だにちゃんと観たことがない今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、テレビ東京の「TVチャンピオン」の「アニメ王選手権」みたいなのに出場するんなら、マンガやアニメの知識も役立つだろうし、中野の「まんだらけ」みたいなお店で働きたいんなら、必要な知識になるだろう。だけど、マンガやアニメとは無関係な一般の職業の人間にとっては、まったく必要のない知識であって、人生に何のプラスにもならない。もちろん、これは、あくまでも「自分の興味のないマンガやアニメの知識までを得る」ってことに対してであって、自分の好きな作品に関してなら、いろいろとムダな知識を仕入れることも、心の満足にもつながるし、精神的な面でのメリットがあると思う。

人間が生きて行く上で必要なのは、何よりも「衣食住」であって、この3つさえ確保できれば、とりあえず生きて行ける。そして、この次に来るのは、病気になったりケガをした時に必要な「医療」で、その次が、より良い人生を送るために必要な「学問」だ。だけど、この5つの「必要なもの」にしたって、人間には欲望や向上心があるから、狭くてボロボロのアパートに住んでる人なら、「もっと広くてキレイなマンションに引っ越したい」って思うだろうし、お金がなくてインスタントラーメンばかり食べてる人なら、「タマには焼き肉でも食べたい」って思うだろう。医療にしたって、学問にしたって、現在の状況に満足してる人はマレで、多くの人たちは「今よりも良いもの」を望んでるハズだ。

だけど、こうした衣食住や医療や学問の現状に満足してないニポン人の多くは、必要以上の高級車に乗ってたり、ゴルフをしてたり、高いペットを飼ってたりする。これは、マンガやアニメが好きな人にも言えることで、狭いアパートに住み、カップ麺ばかり食べてるのに、コミックスやDVDは山ほど買い集めてたり、何千円もする美少女フィギュアを何体も持ってたりする。ナニゲに、子供の給食費は払わないクセにベンツに乗ってる人の感覚とオーバーラップしちゃうけど、これは根本的に違うことだと思う。これらは、優先順位が違うんじゃなくて、現実の生活で満たされない部分を「趣味を充実させる」ってことによってフォローしてるんだと思う。ようするに、代償行為だ。

東京で生まれた人なら、もしも自分の家を持つとしたら、やっぱり東京に持ちたいと思うだろう。東京で生まれて育ったのに、千葉や埼玉に家を建てるのなんて、やっぱり納得が行かないと思う。だけど、現実的には、通勤に2時間もかかるような他県の一戸建てを買うか、都内の狭いマンションを買うしかない。そして、それでもムリして買う人もいるだろうけど、若い夫婦の多くは、こんなご時世だから、すでに自分の家を持つことは諦めて、生涯、賃貸住宅で暮らす決意をしてる。そして、「せめて車くらいは満足したものに乗りたい」って思って、何百万円もする高級ワンボックスとかを新車で買ったりする。だから、都内の賃貸アパートやマンションの駐車場には、その住宅の家賃とは不似合いな高級車が並んでるのだ。これは、衣食住の「住」を満足させられないことの代償行為ってことになる。

家が買えないからセルシオを買う。恋人ができないからチワワを買う。この感覚の延長線上にあるのが、「どうせボクなんか、どんなに努力したって大した人生なんか送れないんだから、せめて趣味のマンガやアニメに関してだけは、食費をきりつめても欲しいものは買う」って感覚なのだ。そして、こういう人たちにとっては、マンガやアニメこそが、衣食住よりも上位に位置するほどの「必要なもの」になっちゃってるのだ。

もちろん、これは、マンガやアニメを趣味としてる人だけが特別なワケじゃない。釣りが好きな人でも、食費をきりつめてまで欲しかった釣り竿を買う人も多いだろうし、どんな趣味にも共通した感覚だ。特に、アイドルの追っかけをしてる人たちなんて、衣食住どころか、自分の人生そのものよりもアイドルのほうが重要なんだから、サスガのあたしも頭が上がらない。もちろん、「バカバカしい」って意味でだけど。

‥‥そんなワケで、衣食住や医療こそが重要で、趣味なんかにムダなお金をかけられないあたしとしては、パチンコが趣味だったりする。それは、他の趣味と違って、実益も兼ねてるからだ。あたしにとってのパチンコは、8割から9割は「生活の糧」であって、趣味の部分は1~2割程度だ。だから、たいていの場合は、「打ちたい台」じゃなくて「勝てる台」を打つ。だけど、あたしは、パチンコ自体が好きだから、この選択の部分で、ものすごい葛藤がある。

100%趣味でパチンコを打ってる人なら、いつでも「打ちたい台」を打つだけだし、勝とうが負けようが関係ない。もちろん、負けるよりは勝ったほうが遥かにいいけど、あたしみたく「明日までに家賃を作らなきゃ!」って思って打ってる人とは状況が違うから、趣味を趣味として楽しむことができる。これは、レストランに入って、自分の食べたいものを注文するのとおんなじで、食べることを職業にしてるギャル曽根ちゃんの場合には、こうは行かない。どんなに苦手なものでも、どんなに嫌いなものでも、ガマンして食べなきゃなんない。それも、大量に。

そして、あたしの場合には、パチンコに関しては、ギャル曽根ちゃんほどのプロ意識がないから、時として葛藤が生まれる。だけど、結果的には、背に腹は代えられないから、勝てる確率の低い「打ちたい台」よりも、勝てる確率の高い「打ちたくない台」を選択しちゃうワケだけど、その台を打ちながらも、気持ちは常に「打ちたい台」のことを考えてるワケで、どんなに勝ってもあんまり楽しくない。だから、あたしのパチンコは、趣味の部分は1~2割程度なのだ。

だけど、あたしの場合は、ここからが問題なのだ。「エヴァンゲリオン」の時は、最初にパチンコで「エヴァンゲリオン」てものを知って、それから無料動画サイトでアニメをぜんぶ観て、だいたいのストーリーも分かったけど、絵もあんまり好きなタイプじゃなかったし、内容も別に興味を持たなかったから、ほとんどハマらなかった。ただ、「セカンドインパクト」「奇跡の価値は」「使徒、再び」って、次々と登場する新作のパチンコを打ってたこともあって、多少は興味も持ってたから、お金に余裕のある時には、100円のカード入りのお菓子を買ったりもしてた。

今、あたしのとこには、2体のアスカのフィギュアをはじめとして、いくつかのエヴァンゲリオンのグッズがあるんだけど、ほとんどが誰かからもらったもので、自分でエヴァンゲリオンのために使ったお金は、お菓子代の1000円かそこらだと思う。だから、トータルで軽く200万円以上は勝たせてもらってるエヴァンゲリオンに関しては、まったく問題はない。でも、これが、パチンコから入って、そのアニメにハマっちゃうと、「生活の糧」から「趣味」へと比重が移動し始めちゃう。それが、「機動新撰組 萌えよ剣」だった。

最初にこの台を見た瞬間に、「あっ!高橋留美子の絵だ!」って思ったんだけど、あたしは、こんなアニメがあったことを知らなかった。それで、この台に‥‥っていうか、土方歳絵ちゃんのカッコ良さに夢中になっちゃったあたしは、エヴァンゲリオンの時とおんなじに、無料動画サイトでアニメを観てみようとしたんだけど、見つからなかった。それで、ぜんぶ書いてると長くなっちゃうから、サクッとハショルけど、最終的には、中古のゲームソフトも買ったし、OVA版アニメにフィギュアのついた限定バージョンも買ったし、テレビ版アニメに猫丸のぬいぐるみがついたDVDボックスも買っちゃった。ゲームソフトは1000円くらいだったし、OVA版の限定バージョンも定価が7~8000円のものが2000円くらいで、それが全4巻だから、1巻ぶんの値段で全巻をそろえることができた。そして、テレビ版のDVDボックスも、定価が4万円くらいするものが、アマゾンで7割引になってて、1万3000円くらいで買えた。

だから、すべてを定価で買うことに比べたら、遥かに安く手に入れることができたんだけど、衣食住と医療を最優先して、不必要なものにはできるだけお金を使わないようにしてるあたし的には、アニメのDVDに2万円以上も使うなんて、歴史的な散財だった。もちろん、すべて、パチンコの「機動新撰組 萌えよ剣」で勝たせてもらったお金の中から支払ってるから、別に何も問題はないんだけど、この時のあたしは、足のケガで本職をお休みしてる時だったから、本来なら、こんなことにお金を使ってるような状況じゃなかったのだ。

今、考えてみると、いつまで経っても足が治らなくて、お仕事に復帰できる見通しが立たない不安が強かったから、土方歳絵ちゃんに夢中になることで、現実逃避しようとしたんだと思う。これが、冷静になったあたしの自己分析だ。だけど、アニメはサイコーだし、フィギュアやぬいぐるみもサイコーだし、買ったことはぜんぜん後悔してない。だいたいからして、OVA版アニメの限定バージョンなんか、今はほとんど手に入らなくて、タマに出品されてるのを見ると、中古なのに定価よりも高くなってるのだ。だから、新品を75%OFFで買うことができたあたしは、すごくラッキーだったと思ってる。テレビ版のDVDボックスにしても、あたしが1万3000円くらいで買ったすぐあとに、倍以上の値段になっちゃった。

‥‥そんなワケで、刀を使う美女が好きだったあたしは、「機動新撰組 萌えよ剣」の土方歳絵ちゃんによって、長刀(なぎなた)を使う美女のほうが好きになったワケで、それが、「サクラ大戦」の神崎すみれちゃんにラブラブっていう現在の流れにつながってるんだけど、「サクラ大戦」に関しては、無料動画サイトですべてのアニメを観ることができるから、DVDを買う必要はない。それに、エヴァンゲリオンとおなじく、世の中で流行ってた時期には、あたしはその存在すら知らずに、10年以上も経ってからパチンコで知ったワケだから、もう世の中では完全に廃れちゃってて、関連グッズとかもほとんどない。コンビニとかで「サクラ大戦」のカード入りのお菓子とかが売られてたら、すみれちゃんのカード欲しさに買っちゃうかもしれないけど、10年前とか5年前とかにはあったみたいだけど、今はない。

そして、ゲームソフトの「サクラ大戦~熱き血潮に~」と、「神崎すみれ引退記念 す・み・れ」と、ニンテンドーDSの「ドラマチック・ダンジョン」は、俳句仲間がプレゼントしてくれたから、どんなにすみれちゃんのことを好きになっても、もう、お金を使うとこがない‥‥とか言いつつ、実際には、入手困難な高価なフィギュアの新品が、これまたすごく割引になってるのを発見しちゃって、それを買うのに2000円だけは使ったけど、これ以外には1円も使ってない。だって、どんなに好きだとしても、所詮は「不必要なもの」だからだ。

で、ここまでダラダラと書いて来たあたしが、次に気になってるパチンコ台が、現在、某メーカーが開発中の「攻殻機動隊」だ。これも、「エヴァンゲリオン」や「サクラ大戦」とおんなじで、タイトルくらいは耳にしたことがあるけど、まったく興味がなかったから、今まで一度も観たこともないし、どんなストーリーなのか、誰が描いてるのか、何も知らない。だけど、「サクラ大戦」で光武とかの霊子甲冑を知ったあたしとしては、このタイトルから、「カニとかエビみたいな甲殻類をモデルにした人型兵器に隊員が乗り込んで、悪いヤツラと戦うアニメ」ってふうに想像してる。つまり、「燃えよ剣」を「萌えよ剣」にしたみたいに、甲殻類の「甲殻」を「攻殻」ってアテにしたんじゃないかって推測してる。だから、もしもそうだとしたら、パチンコになれば、なかなか面白そうだと思った。

‥‥そんなワケで、あたしは、「エヴァンゲリオン」にしても「機動新撰組 萌えよ剣」にしても「サクラ大戦」にしても、すべて最初はパチンコで知って、それからアニメを観た。だから、パチンコを打ち始めた最初のころは、何も分からないまま打ってたので、イマイチ楽しめなかったし、アニメを観てからのほうが、何倍も楽しめるようになった。だけど、いつまでも後手後手じゃあ「パチンコ界の福田康夫」って呼ばれちゃいそうだから、ここらで内閣改造が必要だと思い、今度の「攻殻機動隊」に関しては、先にアニメを観とこうと思った。でも、興味のないものをわざわざ無料動画サイトで探して観るのもメンドクサイし‥‥って思ってたら、ものすごくタイムリーなことに、明日、28日の深夜に、日本テレビで、劇場版の「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」ってのをやるって、テレビブロスに書いてあるのを発見しちゃった。だから、これを観れば、何話もあるテレビ版のアニメをダラダラと観なくても済むし、この運の良さは、すでに打つ前から勝ったも同然だと思った今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしく願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.27

幽霊の日

毎日毎日ぼくらは鉄板の上で焼かれてイヤになっちゃうよ~って、麻布十番の鯛焼き屋さんの鯛焼き君たちが歌い出しちゃいそうなほど暑い日が続いてるけど、朝から晩までこれほど暑いと、サスガのあたしも体がもたなくなって来る。その上、灼熱地獄のような外と、冷蔵庫の中のようにエアコンが効いた仕事場と、外よりも暑い自分のお部屋とを行ったり来たりしてるから、ホントに体がダルビッシュになってきちゃう。

で、こんな時は誰だって、冷たいものをガブガブと飲んじゃうし、かき氷とかアイスとかを食べちゃうし、水風呂に入ったりしちゃう。だけど、これがまた体に悪かったりする場合もある。暑いからこそ、熱いお茶を飲んだり、熱いおうどんを食べたり、熱いシャワーを浴びたりしたほうが、体のためにもいいし、意外と気持ち良かったりもする。だから、この方式を利用して、暑くてたまんない時だからこそ、福山雅治のように爽やかさを感じる芸能人じゃなくて、その反対に、顔を見ただけで暑苦しくなって来る芸能人の名前を羅列してみると、意外と、読み終わったあとに、まるで打ち水をしたあとみたいに、スーッと涼しくなって来るかもしんない。

松崎しげる、松岡修造、石原良純、アニマル浜口、みのもんた、ルー大柴、IKKO、大仁田厚、山下真司、カンニング竹山、照英、パッション屋良、ますだおかだの岡田、松村雄基、久本雅美、川平慈英、インパルスの堤下、ケビン・クローン、田中義剛、高田純二、泰葉、関根勤の娘、品川庄司の品川、ベッキー、伊集院光、山川恵里佳、キャイーンの天野、松本人志、マイケル富岡、織田裕二、桜井和寿、森公美子、出川哲郎、大沢あかね、ゾマホン、松平健、村上里佳子、山崎邦正、さかなクン、太川陽介、キングコングの梶原、安田大サーカス、はるな愛‥‥って、やっぱ暑苦しいだけじゃん!‥‥なんて後悔してる今日この頃、皆さん、暑苦しかったですか?(笑)


‥‥そんなワケで、暑い中、わざわざ読みに来てくれた人に対して、こんなに暑苦しい人たちの名前を羅列しちゃうなんて、オモテナシの心のカケラもないってワケで、あまりにも失礼なことだと思う。で、この「オモテナシ」ってのは、「持て成し」に「お」をつけた「お持て成し」であって、間違っても、「表」が「無し」の「表無し」ってことじゃない。これは、「うらめしや」が、「裏」と「飯屋」で「裏飯屋」のワケがなく、「恨めしや」or「怨めしや」ってことなのと同様に一般常識だろう。

そして、「うらめしや」って言えば、これが幽霊のセリフだってこともオナジミだと思うし、ほとんどの人が想像するのが、白装束を着てて、オデコに白い三角の布をつけてて、髪が長くて、両手をピグモンみたいにしてて、足がなくて、柳の木の下にボンヤリと浮かんでる例の掛け軸に描いてあるみたいな幽霊だろう。夜道を歩いてて、こんなのがホントに出たら、それこそまさしく「絵に描いたような幽霊」ってワケで、あまりにもベタすぎちゃって、怖がる前にシゲシゲと見ちゃったり、ケータイで写メを撮っちゃいそうな気がする。だけど、どんなにベタだって、仮にも幽霊なんだから、暑苦しさの極みの石原良純や大仁田厚を見るよりは、遥かに涼しくなるだろう。

そして、あんまり知られてないけど、今日、7月26日は、全国的に「幽霊の日」なのだ‥‥ってワケで、マクラ+αで、ようやくここまで持って来たワケだけど、何で今日が「幽霊の日」なのかっていうと、今から180年ちょい前の文政8年(1825年)の今日、江戸の中村座で、「東海道四谷怪談」が初演されたからだ。それにしても、「四谷怪談」が初演されたってことなら、「四谷怪談の日」とか、せめて「怪談の日」とかにすればいいのに、「幽霊の日」だなんて、あまりにもアバウトすぎる。コレって、ミッキーマウスの誕生日を「ネズミの日」にしちゃうみたいなもんで、ちょっとムリがありすぎると思う。

‥‥そんなワケで、「四谷怪談」が初めて上演された日だから「幽霊の日」ってのは、ナニゲにムリヤリ感が強い気もするんだけど、まあ、そんなことは置いといて、このあまりにも有名な「四谷怪談」のストーリーをちゃんと知ってる人は意外に少ないみたいだ。もちろん、これは、「あたしの周りでは」ってことなんだけど、小説だけじゃなくて、歌舞伎などのお芝居から、映画や落語にまでなってる怪談の王道だから、あたし的には、「みんな知ってて当然」て思ってた。

だから、あたしは、お仕事の休憩時間に、サントリーのお茶の「伊右衛門」を飲んでた人が「ボクは、おーいお茶よりも、この伊右衛門のほうがスッキリしてて好きなんですよ」って言った時に、「伊右衛門が好きだなんて、恋人が死んで化けて出ますよ」ってジョークを言ったことがある。だけど、その人だけじゃなくて、その場にいた全員から「はあ?」って顔をされちゃって、すごくバツの悪い思いをしたことがある。だから、あたしの周りだと、あんまりちゃんと知ってる人は少ないみたいだ。

で、知ってる人には申し訳ないけど、知らない人のために簡単に説明させてもらうと、この「四谷怪談」には、たくさんの人が出て来て、どんどん殺されて行く。私利私欲のために殺されたり、恨みで殺されたり、人違いで殺されたりって、いろんなシチュエーションでの殺人なんだけど、短絡的な理由から、通りがかりの人を包丁で刺し殺すシーンなど、殺伐とした現代をホーフツとさせる。

そして、それだけじゃなくて、プライベートの売春宿みたいなとこで遊女として働いてる奥さんのとこへ、そのダンナが遊びに来ちゃって、薄暗いから最初はお互いの顔が分からずに会話をしてるんだけど、行燈(あんどん)に掛けてた風呂敷がハラリと落ちて明るくなった瞬間に、お互いが誰だか分かっちゃうなんていう、今じゃ「よくあるパターン」の元祖みたいなシーンまで織り込まれてる。ランキンタクシーさんが、実の娘をナンパしちゃった話は歌にもなってるけど、古今東西、怪談からレゲエの世界まで、この手のパターンは、多くの人たちの野次馬心を刺激してやまない。

‥‥そんなワケで、「四谷怪談」には、いろんな登場人物がいるんだけど、ポイントになるのは、「お岩」と「お袖」の姉妹と、お岩のダンナの「伊右衛門」、お袖のダンナの「与茂七」、この4人だ。そして、ものすごくフランク・ザッパに言っちゃえば、最低最悪の人間のクズをの伊右衛門が、オノレの私利私欲のために悪事の数々を重ねて、最後に殺されちゃうっていう自業自得の物語だ。とにかく、この伊右衛門がどれほど最悪かって言うと、まず、お話が始まった最初の時点で、すでに自分の主家の金を横領して、奥さんのお岩のお父さんが激怒して、別居させられてる。そして、お岩は妊娠中でつらい思いをしてるのに、伊右衛門は別居中なのを幸いに、他の女に手を出そうとしてるのだ。

そして、これが単なる浮気で終わるんならいいんだけど、その女と一緒になるために、お岩のお父さんを殺し、お岩にも顔面が崩れちゃう猛毒を飲ませて殺しちゃった上に、その罪を他人になすりつけちゃうってんだから、あまりにも劇的だ。そして、お岩が化けて出て、この伊右衛門に復讐するってのが大スジだけど、原典をちゃんと読むと、山盛りの伏線がものすごい。愛欲に狂った人間たちだけじゃなくて、猫やネズミまでが入り乱れての大騒動だし、最後の復讐のシーンなんか、CGを駆使した最近の妖怪映画みたく、ド派手に繰り広げられちゃってる。

だから、テレビも映画もなかった江戸時代に、こんな演目が上演されたら、そりゃあ町の人たちは夢中になっちゃうだろうけど、さらに人々のハートをワシ掴みにしたのは、この「四谷怪談」がまったくの創作じゃなくて、実際の事件をヒントにして書かれたものだったからだ。今でこそ、ジャイアンツの二岡が山本モナと不倫しても、「バットで返せばいい」なんていう大アマな世の中になっちゃったけど、当時、不倫は大罪だった。そして、不義密通をはたらいた男と女が、「戸板返し」の罰を受けて、神田川に流されたって事件があった。

「戸板返し」ってのは、雨戸の両面に1人ずつ縛りつけて、これを川に浮かべる拷問だ。下になってるほうは、川の中なんだから、息ができない。それで、長い竹竿で戸板の端をドン!って押すと、戸板はクルリンパって向きを変えて、上下が逆になる。これを2人が死ぬまで繰り返して、2人とも死んだら、そのまま川に流しちゃう。これは、「自分が息をしてる間は、自分の愛した相手が息をできずに苦しんでる」っていう精神的な拷問の意味もあるから、不倫をした男女にはピッタリの刑だったんだろう。二岡、良かったね。江戸時代に生まれなくて。

で、実際にこんな事件があり、それを元にして「鶴屋南北」が書いたのが、この「四谷怪談」だったのだ。だから、ホントのクライマックスは、殺されたお岩が化けて出て、伊右衛門に復讐するラストのシーンなんだけど、物語の中盤で、毒殺されたお岩と、お岩殺しの罪を着せられた男とが、戸板に縛りつけられて川に流される「隠亡堀(おんぼうぼり)」のクダリこそが、最重要なポイントになってる。

‥‥そんなワケで、文政8年の今日、「四谷怪談初めて上演されたから7月26日は幽霊記念日」ってワケなんだけど、この日は、「四谷怪談」だけが上演されたワケじゃない。実際には、「仮名手本忠臣蔵」との2本立てだったのだ‥‥っていうか、メインのストーリーは「忠臣蔵」のほうで、「四谷怪談」は「忠臣蔵」の中に織り込まれるような形で上演されたのだ。

まず、「忠臣蔵」が始まって、ストーリーがどんどん進んでって、真ん中の6段目まで行ったとこで、いったんコマーシャル‥‥じゃなくて、いったん幕になる。そして、ここから、まったく別の演目の「四谷怪談」が始まる。そして、「四谷怪談」も真ん中くらいまで進み、前半のクライマックスである「隠亡堀」のシーンで、初日の上演が終わる。つまり、初日を観た人たちは、「忠臣蔵」と「四谷怪談」というまったく別のお話をそれぞれ半分まで観せられたってワケだ。

そして、2日目は、「四谷怪談」の続きからスタートして、途中で「忠臣蔵」へと場面転換するんだけど、この時点で、双方のストーリーは、クライマックスの一歩手前まで進んでる。そして、「四谷怪談」の最後の部分が始まり、化けて出たお岩によって発狂寸前まで追い詰められた伊右衛門が、ダレカレかまわずに刀で斬りつけて大暴れして、駆けつけた与茂七によって殺される‥‥ってのが「四谷怪談」なんだけど、この与茂七が、実は赤穂浪士の47士の1人で、このあと、他の赤穂浪士とともに、討ち入りへと出発する。つまり、ここから「忠臣蔵」のクライマックスへと突入しちゃうってワケだ。

‥‥そんなワケで、もともとも別々のストーリーだったし、今も別々のストーリーの「忠臣蔵」と「四谷怪談」なんだけど、183年前の今日、江戸で初めて上演された時には、別々の2つのストーリーが、エンディングで1つになる‥‥っていうか、「忠臣蔵」の中に伏線として「四谷怪談」が織り込まれてた‥‥っていうか、とにかく、この日の「四谷怪談」は、「忠臣蔵」の一部だったってワケだ。だから、この上演をもってして、7月26日を「幽霊の日」って呼ぶのは、あたし的には、激しく違和感がある。「お岩」だけに(笑)‥‥なんてのも散りばめつつ、実際にあった「忠臣蔵」と、創作である「四谷怪談」とを1つにして、「虚」と「実」とを交差させながら展開してった2日間の上演は、現代の最高水準の演出家にも負けず劣らずのワンダホーな作品だったと思う。もちろん、当時のままの舞台を観ることはできないけど、原典を読むことはできるから、テレビで暑苦しい低能芸能人の顔なんかを見てるくらいなら、ぜひ、この「四谷怪談」を読んで、少しでも涼しくなって欲しいと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ ポチッとしてくれないと、化けて出ちゃうわよ~!(笑)
   ↓   ↓
■人気blogランキング■


「四谷怪談」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000154/files/42277_16633.html

|

ウイルスをやっつけろ!

ジュンコ、マモル、北嶋博士という顔ぶれと言い、テーマソングと言い、激しく「ダイバスター」をホーフツとさせちゃう面白いゲームです♪

レッツ・トライ♪
  ↓

|

2008.07.26

桜の花が泣いている

新聞やテレビなど、売国政府の宣伝機関に成り下がっちゃったマスコミは絶対に報道しないことだけど、原発の放射性物質の漏えいによって、ニポンの環境は、ジョジョに奇妙に汚染され続けてる。まあ、今どき、「新聞に書いてあることがすべてだ」「テレビのニュースで報じてることが真実だ」なんて思い込んでるオッペケペーなんて、福田内閣の支持率とおんなじで100人のうちの3~4人だと思うけど、それでも、残りの97人のうち、いったいどれだけの人が正しい情報を得てるのかって言うと、その半数にも遠く及ばないのが現状だ。

沖縄でアメリカ兵が凶悪犯罪を犯しても、ほとんど報じない中央の新聞やテレビ。たとえば、今年の2月10日に、14才の少女がアメリカ兵にレイプされた事件は大きな問題になったけど、それは、被害者である少女に対して責任を問うような人間のクズどもが大騒ぎしたからだ。その証拠に、この1週間後の2月18日に、沖縄で働いていたフィリピン人の女性がアメリカ兵にレイプされた事件など、ほとんどの人が知らないだろう。辺野古の問題にしたって、防衛局に雇われた作業員たちがサンゴを破壊してることや、ジュゴンのエサ場を荒らしまくってることなど、沖縄の中だけでしか報じられない。

これは、これらの問題が、中央で報道するだけのニュースバリューがないって判断されたからじゃない。だって、誰がどう考えたって、山本モナのラブホテルや朝青龍の仮病なんかよりも、遥かに大きな問題だからだ。だけど、中央の新聞やテレビは、まるで報道にまで「日米地位協定」があるかのごとく、これらの問題を報じない。そして、こうした在日アメリカ兵の犯罪や基地問題だけじゃなく、原発の問題もおんなじだ。ほとんどの新聞やテレビが、政府とスポンサーにオベンチャラすることしか考えてないテイタラクだから、原発のホントの状況を報じるような骨のある報道機関なんてアリエナイザーな今日この頃、皆さん、原発を廃止にしても困らないように節電してますか?


‥‥そんなワケで、昨日に引き続き、今日も原発の話題でモーシワケナイザーなんだけど、原発利権に絡んだアベシンゾーを始めとする自民党議員と大手企業が、甘い汁を吸い続けるために、必死に根回しして、必死に捏造データを積み上げて、何とか運転再開しようとしてる悪魔の施設、柏崎刈羽原子力発電所について、今日は取り上げてみようと思う。

今までに何度も書いて来たけど、柏崎刈羽原発ってのは、地球上で最大の原発だ。1号機から7号機までの総出力は820万キロワットを超えるんだけど、これは、1986年の事故で歴史的大惨事を引き起こしたチェルノブイリの原発4号機の8倍以上なのだ。そして、こんなにも危険なシロモノが、複数の活断層が交差する地震多発地区の真上に鎮座してる上に、複数の施設の耐震強度不足も明らかになってる。

だから、いつ大事故が起こってもおかしくないような状態だし、もしもチェルノブイリと同様の事故が起こったとしたら、このニポンがすべて廃墟になるだけじゃなく、韓国、中国、ロシアを始めとした周辺国にも大被害を及ぼすことは間違いない。チェルノブイリの事故の時には、3000km以上も離れたニポンにまで放射能を含んだ塵が飛んで来たんだから、その8倍以上の規模の事故が起これば、この国が滅びるのは当然として、柏崎刈羽から飛び散った放射性物質は、北半球すべてを覆い尽くして、何百万年、何千万年も消えないかもしれない。

じゃあ、事故さえ起こらなければ安全なのか。大地震さえ起こらなければ安全なのかって言うと、まったくそんなことはない。柏崎刈羽原発付近の海では、漁をすると奇形の魚がたくさん混じるので、地元の人たちはほとんど口にしないことは周知の事実だけど、今度は、付近の植物にも異常が見られるようになったのだ。以下、各地の「桜の木」を調査して来た「サクラ調査ネットワーク」の報告書からの抜粋だ。


私たちは「サクラと環境汚染・放射能汚染」を調べ発表している市民団体です。5年間、全国各地で「サクラと環境、原発」を調査してきましたところ、今年、新潟柏崎刈羽原発周辺で「サクラの大異常」が発見されました。サクラの正常形は花ビラ5枚、ガク5枚ですが、そうでないものが多数みつかったのです。それは、花ビラの変形、重なり、矮小化、花ビラ4枚や6枚、ガクの異常などなど・・・。変形の数量は、昨年は5本の木、4609花を調べて異常は143、異常花率は3.1%でしたが、今年は4本の木、4000花を調べて、異常は912、異常花率は22.8%とグーンとはね上がりました。全国平均は2.89%です。5年間、全国を調べて、今年、新潟柏崎刈羽のみが異常に高い異変サクラを検出した原因は何でしょうか。サクラの芽が育つといわれている昨年の6月~8月頃のできごととしては、新潟県中越沖地震と柏崎刈羽原発の重大事故(火災、放射能放出)があります。東京電力の発表でも通常時を上まわる、かなり大量の放射能(ヨウ素など)を出しました。サクラの大異変と原発事故との関連を考えざるをえません。


‥‥そんなワケで、1979年に、アメリカのスリーマイル島で起こった原発事故の後、付近の植物に様々な異常が見られたんだけど、今回の調査で分かった桜の異常には、多くの共通点が見られるそうだ。「サクラ調査ネットワーク」では、7月29日に、参議院議員会館で調査報告の記者会見を行なうんだけど、報道機関の記者だけでなく、一般の人も参加できるので、興味のある人は、下記のサイトで詳細を確認して欲しい。


「サクラの異常についての会見のお知らせ」
http://chikyuza.net/modules/news4/article.php?storyid=1273


去年の7月下旬、みずほたんや保坂展人さんたちのオムライス調査団は、事故後1週間ほどの柏崎刈羽原発を視察に行った。この時、みずほたんは、「今、新潟に着きました。これから柏崎に向かいます」「原発の中は酷い状況です」って、チョコチョコとあたしにメールで状況を知らせてくださったんだけど、何よりも呆れ果てたのが、原発側の対応だった。何日も前から視察の申し入れをしてた管理区域内には、誰も一歩も入れてもらえず、やっと視察することができたのは、原発側が許可した限られた場所だけだったのだ。

その視察を許された場所でも、数多くの工事関係者たちが、アチコチを大慌てで補修してたそうだ。つまり、IAEA(国際原子力機関)の調査が入る前に、表面上だけでもテキトーに直しちゃって、少しでも被害を少なく見せるように必死にインペイ工作をしてたってワケだ。だって、IAEAが調査に来て、アチコチがボロポロに壊れてる様子を見たら、絶対に「運転再開」を許すハズがないもんね。サスガ、インペイ工作が大好きなアベシンゾーだけのことはある。コレって、酔っ払い運転で人を轢き殺したヤツが、警察が来るまでにペットボトルのお水をガブ飲みするのとおんなじことだよね。この時の報告は、保坂展人さんの「どこどこ日記」に詳しく書かれてるので、ぜひ読んで欲しいと思う。

‥‥そんなワケで、原発の事故が起こるたびに、政府や電力会社は、まずは被害をインペイしようとウソをつき、隠しきれなくなると、最小限のことだけを認めた上で、いつもおんなじセリフを言う。それが、「漏れた放射性物質は微量だから環境や健康に影響はない」っていう聞き飽きたセリフだ。柏崎刈羽原発の大事故の時にもこのセリフを言ってたし、昨日の日記に書いた23日のフランス、トリカスタン原発の被ばく事故でも、おんなじセリフ言ってる。だけど、現実問題として、事故を起こした原発の周りで、奇形の魚や奇形の植物が増え続けてるのだ。そして、そこには、たくさんの人たちが住み、毎日を原発に怯えながら暮らしてるのだ。それでもまだ「原発は安全だ」って言い続けるのなら、柏崎刈羽原発を東京のど真ん中に移設すればいいと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしく願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.25

村岡氏次男のパーティに自民党の大物ら

「村岡氏次男のパーティに自民党の大物ら」(世田谷通信)

自民党旧橋本派「平成研究会」の1億円ヤミ献金事件で、政治資金規正法違反(政治資金収支報告書の不記載)の罪で、今月14日に有罪が確定した元官房長官、村岡兼造被告(76)の次男、敏英氏(48)が、自身の誕生日である7月25日に開いた政治資金パーティに、中川秀直元幹事長、青木幹雄前参院議員会長、額賀福志郎財務相ら、自民党の大物議員が何名も首席していたことが明らかになった。村岡氏の地元である秋田3区では、前回総選挙の公認争いで村岡氏を破った御法川信英衆院議員が出馬の意向を固めているため、その根回しの意味も大きいのだろうが、有罪確定からわずか10日あまりで政治資金パーティを開き、そこにこうした顔ぶれが揃うということは、党の運営そのものの真意を問われることにもつながるであろう。福田内閣誕生の折に、政治とカネの問題を重要課題のひとつに挙げていたのは、年金問題と同様に単なるポーズだったのだろうか。(2008年7月25日)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20080725


★ こちらをポチッとお願いします!
  ↓
■Ranking■

|

脱・原子力は国民の願い

夜中の0時半ころ、喉が乾いたから、キッチンに行って、まずはグラスに氷を入れて、それから冷蔵庫を開けて、麦茶とアイスコーヒーのどっちを飲もうか考えた瞬間、グラグラと揺れ始めた。ホントなら、すぐに冷蔵庫のドアを閉めて、次の行動に移るべきだったんだろうけど、突然のことだったから、あたしは、右手は冷蔵庫のドアを持ったまま、左手は氷の入ったグラスを持ったまま、その場で中腰になったまま、揺れが収まるのを待った。

あとから考えると、あまりにもダメダメな対応だと思うけど、激しい揺れじゃなくて、揺れてるのか揺れてないのかハッキリしないような感じだったから、あたしは本能的に「そのままの体勢で様子を見る」って判断をしちゃったみたいだ。だけど、ホントにそうだったのか?って自問自答してみると、「突然のことで、どうしていいのか分かんなかった」とも言える。

で、揺れが収まって、グラスにアイスコーヒーを入れてお部屋に戻って来たら、カンニング竹山が、おんなじサンミュージック所属の後輩芸人、ロックンロール・コメディショーの2人に対して、激しくダメ出しをしてたんだけど、これからオイシイ部分に入るってとこで、パッと画面が変わって、報道フロアから、急ごしらえの女性キャスターが、今の地震について報道を始めた。急にお呼びが掛かって、何の準備もできてなかったから仕方ないとは思うけど、あまりにもカミカミだし、果てしなくシドロモドロだし、何を言いたいのかぜんぜん分かんない。

でも、大した地震じゃなかったし、すぐに元の番組に戻るだろうと思ったあたしは、チャンネルを替えずに、そのままボーッと観てた。そしたら、東京近辺に弱い地震が起こったんじゃなくて、岩手が震源の大きな地震だってことが分かった。何百キロも離れた岩手が震源なのに、あたしのいる東京でも揺れたってことは、すごい地震なんだって思った。そして、10分経っても20分経っても報道は終わらなくて、相変わらずのカミカミで要点をえない女性キャスターが、画面の真ん中でオロオロとしたまま、結局、すべての番組がキャンセルになって、「朝まで生報道」になっちゃった今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、徹夜でお仕事をしてたので、地震のニュースもずっと流してたんだけど、何よりも呆れ返ったのが、深夜の3時ころにあった町村信孝内閣官房長官のコメントだった。町村信孝って、ミツユビナマケモノみたいな顔して、口をひらけばズレまくりのKY発言を連発しちゃう無能閣僚だけど、あまりにもクルクルパーな伊吹文明ばかりが目立っちゃってるから、イマイチ国民に浸透してないジミな存在だ。だけど、アベシンゾーに負けず劣らずのボンボン育ちで、何の苦労もせずに権力者の座を手に入れちゃったもんだから、空気の読めなさは自民党で1、2を争ってる。

何よりもダッフンしちゃったのは、年金問題や格差問題で多くの国民が苦しんでる時に、「私はUFOの存在を信じてます」ってノタマッたことだ。この能天気な発言ひとつを見ても、コイツの耳には国民の声などまったく届いていないってことが一目瞭然だけど、それが具体化しちゃったのが、薬害肝炎問題で、長年苦しみ続けて来た被害者たちの代表である原告団に対して、氷のように冷たい批判を繰り返したことだ。

他にも、秋葉原の通り魔事件に対しての「タガーナイフを規制しろ」とか、温室ガスの削減に対しての「コンビニの深夜営業をやめろ」とか、こうした「1+1=2」的な発言の数々を見ると、あまりにも幼稚な思考回路しか持ち合わせてないってことが明白だろう。ま、コイツのおバカ発言は、数え出したらキリがないけど、そんな町村信孝が、今回の地震の2時間半後に、内閣官房長官として、「政府からの正式コメント」としてノタマッたのが、これだ。


「地震による負傷者の数は23名で、原発に関してはまったく問題なく正常に運転されています」


そして、この1時間後のコメントが、これだ。


「女川原発は正常稼働しており、青森の再処理施設にもまったく問題はありません。火力発電所は1ヶ所止まっているようですが」


文章だけで伝えるのは難しいけど、この「火力発電所は1ヶ所止まっているようですが」って部分では、町村信孝はニヤッと笑いながらしゃべってた。つまり、このアホが国民に何を伝えたかったのかって言えば、「火力発電所はダメだねえ。それに比べて原発は素晴らしい」ってことなのだ。深夜に起こった大地震で、まだ正確な被害状況すら分かってない状況なんだから、被災地の人たちはもちろんのこと、被災地にご家族や知り合いがいる人たちだって、何よりも知りたいのは、少しでも正確な被害状況だろう。それなのに、こんな緊急事態を利用して、よりによって原発の宣伝を始めちゃうとは、武部ブタもチャーシューになっちゃうほどのイエスマンだ。

‥‥そんなワケで、百歩譲って、このコメントが真実であれば、まだ容認することはできる。それは、原発の近くに住んでる人たちにとっては、「原発に問題なし」ってのは重要な情報だからだ。だけど、あたしが調べてみたら、これは大ウソだったのだ。

賢明なる「きっこの日記」の愛読者諸兄なら、町村信孝の最初のコメントを見て、疑問に思った点があるだろう。それは、負傷者の人数だ。今回の地震での負傷者の数は、時間を追うごとにどんどん増えて行き、明け方には80名を超え、朝には100名を超えた。これほどの被害が出てるのに、それがまだ「23名」しか確認されてなかった初期の段階で、どうして「原発にはまったく問題ない」って断言できたのかってことだ。で、チョコっと調べてみたら、地震発生後の第一報として、東北電力から政府に伝えられた報告の概略は、次の内容だったってことが分かった。


「現時点では設備への被害や水漏れ等は確認されていない」


小学生レベルの国語力があれば、これが、「何の問題もない」って言ってんじゃなくて、「今のところは、まだ被害を確認してない」って意味だってことは分かるだろう。事実、町村信孝は「まったく問題なく正常に運転されています」って言ってたけど、あとから、女川原発の使用済み燃料プールのポンプと焼却炉の排熱機が、地震によって一部停止してたことが確認されたのだ。つまり、町村信孝は、東北電力からの報告の内容を自分たちの都合のいいように改ざんして、国民を騙すためにウソのコメントをしたってことだ。

柏崎刈羽原発に大きな被害が出た新潟県中越沖地震の時にも、東京電力と政府はミゴトな連携プレーを見せて、被害状況のインペイに尽力した。そして、最初は「ほとんど被害はない」とかノタマッてたけど、黒煙を上げる施設や多量の水蒸気を噴き出す配管、そして、倒れて水浸しになった100本以上のドラム缶など、次々と露呈した事実によって、悪質極まりない政府のヤリクチが白日のもとに晒されたことは記憶に新しい。

そんな柏崎刈羽原発で、オトトイ、火災が起こってたことを知る者は少ない。7月22日の午前10時50分ころ、1号機と2号機の放射線監視用設備の電源から火が出て、駆けつけた消防によって鎮火されるまでに、30分も掛かってるのだ。そして、何よりも恐ろしいのが、この施設は、当時は停止中だったってことだ。運転中の施設から発火するんなら分かるけど、停止中の施設からも火災が起こるなんて、これじゃあ、地元の人たちが、「運転再開」どころか「完全廃炉」を求めてるのも当然だろう。

‥‥そんなワケで、世界のほとんどの先進国が「脱原発」へと舵をきってる現代において、原発利権に絡んだ一部の政治家どもによるあまりにもムリがある原発推進は、時代に逆行してるだけじゃなくて、世界の有識者たちから笑い者にされてるのが現状だ。そして、それは、こうした事故が起こるたびに、子供騙しの情報操作や幼稚なインペイ工作が繰り返されてることにもよる。

たとえば、ニポンの原発利権のオコボレをちょうだいしてるエセ文化人とかが、まるで伝家の宝刀のように口にしてる「フランスの原発事情」だけど、そのフランスにしたって、昨日の7月23日、トリカスタン原発で大規模な被ばく事故が起こってる。フランス電力公社の社員たちが、トリカスタン原発の第4号原子炉を停止させて保守作業をしてたら、配管部分から放射性物質が漏れ出してて、合計で100人を超える社員が被ばくしたって言うのだ。

この事故について、トリカスタン原発の広報部は、「漏れた放射性物質は極めて微量で、健康や環境への被害はない」ってノタマッてるけど、100人以上もの人たちが被ばくしたことは事実であり、こんなコメントを鵜呑みにするほどのバカはいないだろう。だいたいからして、このトリカスタン原発では、今月の頭にも、関連する核廃棄物処理施設で大量のウラン溶液が漏出する事故が起こってるのだ。そして、18日にも、別の核燃料工場で、核廃棄物の漏出事故が起こってる。1ヶ月のうちに、2度も3度もおんなじような事故を起こし、数多くの被ばく者を出してるのに、それでも「健康や環境への被害はない」って言い続けてる電力会社なんか、いったい誰が信用するってんだろう?

‥‥そんなワケで、フランスの100倍以上も地震が起こる地震大国のニポンには、こんなに狭い国土の中に、55基もの原発が林立してる。そして今度は、東京のすぐ近くに、危険極まりない欠陥品の原発がやって来る。それが、アメリカのポンコツ原子力空母、ジョージ・ワシントンだ。6月18日の「世田谷通信」でも報じたように、ジョージ・ワシントンは、5月に「鎮火までに4時間も要した大火災」を起こしていながら、「単なるボヤだった」っていう大ウソの過少報告をしてたイワクつきのガラクタ原子力空母だ。

こんなもんが、横須賀を「母港」にして、あたしたちの目と鼻の先に居座り続けるってんだから、もうキチガイ沙汰としか言いようがない。もちろん、ここにも防衛利権に絡んだ自民党議員どもがワサワサと群がってることは周知の事実だけど、一部の権力者の利権を優先するために、市民の生活を脅かすことが当たり前になってるなんて、この国の政治そのものが正常に機能してないことの証拠だろう。沖縄や岩国の基地問題にしても、横須賀の問題にしても、ニポン各地の原発の問題にしても、得をするのは遠く離れた安全な場所に住んでる一部の権力者たちで、犠牲になってるのが地元に住んでる数えきれないほどの市民たちなのだ。

7月19日(土)に行われた「横須賀の原子力空母母港化反対」の集会とデモには、地元の人たちを中心に、1万5000人もの人たちが参加したそうだ。集会に参加したオムライス党のみずほたんからも、「多くの人たちの切実な声を聞いて、あらためてがんばろうと思いました」っていうメールをいただいた。

‥‥そんなワケで、原発にしても原子力空母にしても、事故を起こすたびにインペイに次ぐインペイを繰り返し、もはや幼稚園児すらも騙せないほどの大ウソ大行進になっちゃってるけど、それでも、原発利権や防衛利権の甘い汁を吸い続けてる寄生虫どもは、手を変え品を変え洗脳活動を続けてる。それが、今回の地震における町村信孝の幼稚な捏造コメントであり、タニマチに自民党議員がいるのかどうか知らないけど、「笑点」の大喜利で平然と「原子力アレルギーを原子力エネルギーに変えましょう」とかノタマッちゃう三遊亭楽太郎だろう。どっちにしても、原発の宣伝のために噺家まで引っ張り出すようになっちゃったら、自民党ももう終わりだと思う今日この頃なのだ。


「横須賀の原子力空母母港化反対」の電子署名にご協力を!
http://cvn.jpn.org/cvn/


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしく願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.24

当たった~♪

K119
こないだの日記に、「子供のころからガリガリ君を食べてるのに一度も当たったことがない。ホントに当たりって入ってんの?」的なことを書きましたが、今日、ガリガリ君の「梨」を食べたら、生まれて初めて当たりました~!

ひゃっほ~♪

赤城乳業の関係者の皆さま、疑っちゃってごめんなさい(笑)


★ こちらをポチッとヨロピク♪
  ↓
■Ranking■

|

お野菜パラダイス

連日、猛署が続いてるけど、あたしは元気マンマンだ。それは、あまりにもワンダホーな食生活が続いてるからで、それはもちろん、俳句仲間が送ってくださったお米とお野菜のオカゲだ。たとえば、すごく立派なズッキーニが2本も入ってたんだけど、ニポン人で、ズッキーニを目にして、パッと「どんなお料理にしようか」って思い浮かぶ人は少ないと思う。和風なあたし的には、スライスしてパスタに入れるくらいしか思い浮かばなかった。

だけど、お料理に大切なのは、何よりも「想像力」であって、30年前の「AUTO SPORT」は読んでないけど、自民党なんかに投票しちゃうような人よりは遥かに「想像力」のあるあたしとしては、少ない情報から、的確なお料理を思いつく。この場合は、「ズッキーニはスライスして炒めてパスタに入れる」っていう知識しかなかったんだけど、ここから「炒める」ってことに目を向けて、この暑さへの対策として「辛いもの」って考えて、お家にある調味料を見渡して辿り着いたのが、「マーボーズッキーニ」だった。

そう、マーボーナスのナスをズッキーニに変えるってワケで、ナスほどは柔らかくならないだろうけど、すごく美味しそうな感じがした。それで、輪切りだと大きすぎるから、タテ半分に切ってから1cmくらいの厚さに切って、半月型にして、フライパンで最初はしばらく炒めて、7割くらい火が通った感じになったら、ヒタヒタになるくらいお水を入れて、テンメンジャンとかトウバンジャンとかラー油とかタカノツメとかお醤油とか山椒とかをテキトーに入れて、それらしい味にして、最後に、火を止めてから水溶き片栗粉を入れて、よく混ぜてからもうひと煮立ちさせたら、バツグンに美味しい「マーボーズッキーニ」が完成しちゃった今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしの想像力から誕生した「マーボーズッキーニ」があまりにも美味しかったので、今度は、さらにパワーアップするために、これにナスとお豆腐も入れてみることにした。ナスは、もう1人の人が送ってくださったお野菜の中に、可愛らしいナスがいくつか入ってたので、それを5本ほど使うことにして、お豆腐は、木綿を一丁買って来た。それで、前回はズッキーニだけだったから、1本丸ごとを使っちゃったけど、今回はナスやお豆腐も入れるから、ズッキーニは半分にした。

で、まずはズッキーニを炒めて、しばらくしてからナスを加えて、前回とおんなじにテキトーに味つけをしたら、テキトーに切って一度湯通ししてザルに上げておいたお豆腐を加える。そして、水溶き片栗粉でトロミをつけたら完成だ。今回は、前回よりも辛くして、半分はご飯のオカズにして、半分はキンキンに冷やした「のどごし生」のオツマミにした。どっちもサイコーで、ご飯は2杯も食べちゃったし、「のどごし生」は6本も飲んじゃった。

あたしはヘナチョコベジタリアンだから、お肉は入れなかったけど、動物を食べることに抵抗のない人は、これに豚の挽肉でも入れれば、もっとコクのある味になると思う。そして、あたしみたくイチから作るのがメンドクサイと思ってるメンドクサイヤ人の皆さんは、クックドゥとかの「麻婆茄子の素」や「麻婆豆腐の素」を使って手抜き料理にすれば、5分でできちゃう。

とにかく、マーボードウフにしてもマーボーナスにしても、味は辛くてパンチがあるのに、すべてが柔らかい具材だけの集合体だから、食感だけでいうと病院食みたいで、歯応えの点でパンチがない。そこを改善したのが、この「マーボーズッキーニ」ってワケで、味にクセがなくて、どんな味つけにも順応してくれるズッキーニだからこそ成功したんだと思う。これがゴ―ヤだったら、イマイチかイマニになってただろう。

‥‥そんなワケで、あたしは、この他にも、「夏野菜のカレー」も作った。カレーのルーが1個あったから、タマネギだけのカレーを作って、大きく切ったピーマン、ズッキーニ、ナス、ニンジンを炒めて、カレーの上に乗せたのだ。これもすごく美味しくて、見た目にもゴージャスで、大満足だった。他にも、硬めに茹でたジャガイモを粗く潰して、お塩と粗挽きコショーだけで味つけして、キュウリの薄切りと和えて、冷蔵庫で冷やした「健康ポテトサラダ」とか、細く切ったジャガイモをカリカリになるまでフライパンで炒めて、仕上げに塩コショーとカレー粉で味つけした「カレー風味のカリカリポテト」も美味しかった。

あとは、6つに切ったトマトと、薄くスライスしたアーリーレッド(紫のタマネギ)をオリーブオイルで和えて、お塩で味を整えて、バジルをいっぱいかけて、冷蔵庫で冷やした「トマトのバジルサラダ」とか、オニオンスライスに、タップリのオカカを乗せて、酢醤油をかけていただく「猫も喜ぶオニオンスライス」とか、薄く輪切りにしたキュウリとナスに粗塩を振ってモミモミするだけの「30秒の浅漬け」とか、夏らしく「涼」を感じるものもいろいろと作って食べた。そして、その中でもバツグンに美味しかったのが、時間をかけて作った「きっこ特製の冷汁(ひやじる)」だった。

「冷汁」は、フランク・ザッパに言っちゃえば、冷たいお味噌汁だ。だけど、普通のお味噌汁を作って、それを冷やしたのとはワケが違って、ちゃんと作るとホントに美味しい。もともとは宮崎県の郷土料理なので、宮崎県には本家本元の作り方があると思うんだけど、あたしの作り方は、あたしが勝手にアレンジ&簡略化したものだから、本場のものとは違う。だから、おんなじ名前で呼んじゃ悪いと思って、宮崎県では「ひやしる」って呼んでるんだけど、あたしのは「ひやじる」って呼んでる。

用意する材料は、2人ぶんなら、中くらいのアジのヒラキを1枚、キュウリを1本、ミョウガを2個、大葉を5~6枚で、あとは、お味噌とか白ゴマとかダシをとるためのオカカとかだ。あたしは、普通のお味噌汁はニボシのダシが好きなんだけど、冷汁の場合は生臭くなっちゃうとダメだから、オカカを使ってる。

で、思ったよりも手間が掛かるんだけど、まずは、火を使うことから始める。アジのヒラキを焼くことと、お鍋でダシをとることだ。これは、ガスコンロが2クチあれば、同時進行でできるだろう。干物は、焦がすと美味しくないので、火が通って身が白くなったらOKって感じで、絶対に焼き過ぎないこと。それから、ダシは濃いめにとること。干物が焼けたら、身をほぐして、骨もとって、冷ましておく。ダシも、冷ましておく。

次に、人数ぶんに必要だと思う量のお味噌をアルミホイルに塗りつけて、オーブントースターで焼く。表面にうっすらと焼き色がついたらOKなので、これも冷ましておく。それから、キュウリを薄い輪切りにして、軽くお塩をふって、余分な水分を抜いておく。ここまでが下ごしらえで、あとはスリバチで混ぜてくだけだ。

まず、白ゴマを大さじ2杯ほど入れて、ゴリゴリと粗めに摺るんだけど、買って来てから何ヶ月も経ってるような白ゴマの場合は、摺る前に一度、空煎りしてから摺ったほうが、香りが出て美味しくなる。メンドクサイけど、これは手抜きをしないほうがいい。そして、白ゴマを摺り終わったら、ここにアジのヒラキの身を入れて、ゴリゴリと摺って行く。これも白ゴマと一緒で、あんまり摺り過ぎないように気をつける。粘りが出るまで摺っちゃうと、カマボコ作りに車線変更しなきゃならなくなるから、身が細かいポロポロした状態になったらOKだ。

そして、ここに焼いたお味噌を加えて、お味噌が全体に混ざるまでゴリゴリしたら、これで冷汁のベースの完成だ。あとは、チョコチョコと味見をしながら、冷ましたダシを少しずつ加えながら混ぜて行き、リトル「濃い」と思ったとこでストップする。何でかって言うと、最後に氷を入れて冷やすから、ちょっと薄くなっちゃうからだ。そして、しんなりしたキュウリを両手でギュッと搾ってから入れて、サイの目に切ったお豆腐を入れて、細く切ったミョウガと大葉を散らしたら、スリバチのままでもいいし、別の容器に移してからでもいいから、冷蔵庫で冷やす。よく冷えたら、ここに氷をドバッと入れて、「きっこ特製の冷汁」の完成だ。

‥‥そんなワケで、アジのヒラキの代わりに、他のお魚の干物でもいいし、普通の塩焼きを使ってもいい。ただ、サバやイワシみたいにお魚臭さの強いものは向いてないので、アジ以外なら、カマスとかタイとかの上品な白身魚のほうが向いてる。あとは、キュウリだけは外せないけど、ミョウガの代わりにニラのミジン切りを入れてもいいし、オクラの輪切りを入れてもいいし、セロリのスライスなんかも良さそうだ。つまり、「想像力」さえあれば、誰でも自分好みの美味しい冷汁を作ることができるってワケで、産地偽装のうなぎなんかを食べるよりも、よっぽど健康的だと思う。それに、土用の丑の日には、「う」のついたものを食べなきゃなんないと思ってるんなら、「うまい冷汁」って呼べばいいと思う今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしく願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.23

想像力の欠落した社会

昨日の日記のタイトル、「豚の耳にエキゾーストノート」が、「馬の耳に念仏」のパロディだってことは説明の必要もないと思うけど、このタイトルは、ニキ・ラウダへの、あたしなりのリスペクトをこめてつけてものだ。昨日は書かなかったけど、ニキ・ラウダって、ものすごい大富豪のおぼっちゃまだった。だけど、自分の事業を継がせたかったお父さまは、レーサーを志してたラウダに対して、「レーサーになるならこの家を出て行け!」って言って、ほとんど一文無しの状態で叩き出したのだ。つまり、ラウダのレース人生は、文字通り「裸一貫」からのスタートだった‥‥って言っても、ちゃんと下着をつけてたと思うし、洋服も着てたと思うけど(笑)

細かいことを言うと、最初のころは、名門のラウダ家の名前を使ってマシンを手に入れたり、それなりの小ワザも使ったみたいだ。でも、実力がすべてのレースの世界で、頂点まで上りつめたのは、紛れもなくラウダ自身の努力によるものだ。そして、お金や名声を手に入れた今でもレースに関わり続けてて、後輩たちに温かい目を向けてるってとこが、ホントに素晴らしいと思ったのだ。

ラウダは、失った右耳よりも、遥かに大きな人生を手に入れたワケで、それは、彼の努力と人柄と不屈の精神によるものだと思う。そして、レースというスポーツに、ラウダがここまで熱くなってるのは、用意されてた家業を継いで、敷かれたレールの上を走るような人生でなく、すべてを自分の力で切り拓いて来た人生だったからだと思う。ラウダにとって、お金や名声は「目的」じゃなくて、単なる「結果」でしかなかった。大切なのは、何よりも「過程」だったんだろう。だから、ラクして金儲けすることばかり考えてる人たちの目には、映画や小説の中の話のようにしか映らないだろうけど、ラウダのような人生こそが、あたしは「男の人生」だと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、昨日とおんなじ話題が続いちゃうけど、30年以上も前のラウダの時代を知ってる人たちからメールをいただいたので、今日は、その中から2通を紹介しようと思う。自分の知らなかった時代のことを先輩方から教えていただけるってのは、ホントにアリガタイザーなことだ。あたしとおんなじように、テレビでのF1観戦から入ったファンたちには、こうした話が聞けるのって、とっても貴重なことだ。


お名前:オカチ
コメント:こんばんは。いつも楽しく拝見しております。今日の日記「豚の耳にエキゾーストノート」を拝見し、ラウダが全盛だったころの懐かしい話が書かれていたので、思わずメールをさせていただきました。
私がモータースポーツに興味をもったのは30年以上も前のことですが、その頃のF-1といえば、NHKのお昼の海外ニュースで数十秒流されるか、オートスポーツ誌で2ヶ月くらい前のレース結果を見るか、年数回TBSで放送されるダイジェストの番組を見るかしかありませんでした。それが1976年、初めて富士でF-1が開催されることになり、楽しみに放送を待ちました。
当時はレースといえばTBSで、確か午後3時からの録画放送(スタートは午後1時)でした。しかしTVをつけてみると、まだレースが始まっていません。ちょうど昨年の日本GPのような天候の中、たくさんの観客がスタートを待っている画面が映りました。急遽生放送になったのです。
そんな中レースがスタートしましたが、ラウダはわずか数周であまりに危険ということでリタイア。アンドレッティが優勝し、ハントが自分が何位かもわからない混乱の中チャンピオンになったのでした。アンドレッティがゴールした頃は辺りが薄暗くなり、幻想的なゴールの光景でした。
そのラウダですが、きっこさんのお話のように、ドイツGPで大クラッシュをしたので、まさか日本GP(当時はF-1選手権インジャパンといっていましたが)に出てくるとは思っていませんでした。ラウダのクラッシュの映像は映画「ポールポジション」(最近DVDを購入して30年ぶりに見ました)で見ましたが、炎に包まれるラウダを仲間のレーサーが助け出すシーンは本当に胸が熱くなります。
当時私はメルツァリオが好きで応援していました。彼はF-1では特に速くはなかったのですが、小柄な体でマシンからヘルメットの頭だけが見えるようなドライビングスタイルと、F-2やスポーツカーレースに出るとすごく速いというギャップが面白く、いつもマルボロの帽子をかぶった渋い表情も好きでした。
そういった懐かしい名前が見られたのでとりとめもなく思いついたままのメールをしてしましました。当時はレースの情報は今の100分の1もなかったと思いますが、それだけ少ない情報に夢中になったものでした。本当に懐かしい話をありがとうございました。


お名前:まむ
コメント:こんにちはきっこさん。ラウダが出てきたので懐かしくてメールしています。
私がF1を観はじめたのは1976年の春でした。正確には記事と写真を読み始めた、ということですが。
なにげに雑誌を立ち読みしていて出会ってしまったのです。なんじゃこりゃという衝撃的な車のバックショット。アンバランスなぐらい大きい後輪とミョーに小さい前輪。これが車かと思わず購入したのが「AUTO SPORT」で、その車がF1マシンでした。
当時は月2回の発行で、その時から82年まで約6年間、毎号買い続けました。やめたきっかけはラウダのカムバック優勝とジルの事故でした。ラウダも1度引退したし、1番のファンだったジョディも引退、そして当時からチームメイトだったジルの事故。ひとつの時代が確実に過ぎ、私も引退を決意しました(なんじゃそら)。
その後は、ぱらぱらと立ち読みする程度で2年弱が過ぎ、84年セナのデビューで私もカムバックを決意。セナの事を初めて知ったのは79年で(その年日本にも来て亜久里とカートで対戦してる)、将来F1に来ると思ったものです(当時はA.S.ダ.シルバを名乗っていました)。
86年までは「AUTO SPORT」を購入。そして87年からは、テレビ観戦です。セナの事故の後はふたたび引退も考えましたが、なんとなく見て、走るのはやめて(76年から94年までは私はドライバー気分)、シューがチャンピオンになってからは(私より年下の初のチャンプ)オブザーバー気分で観戦しつづける決心をしました。
長々申し訳ありません。おわかりかと思いますが、1986年まではF1がテレビ放送されたのは1976年と77年の日本の2回だけなのです(TBS系だったので私の地方はネット局も無く見れませんでした)。よって当時の日本のF1ファンはたぶん100%「AUTO SPORT」が毎号出るのを楽しみにしていたとおもいます。私のF1は毎月1日と15日のどちらかに開催されていました。
レースは映像ではなく、頭の中で開催されていたのです。ただし毎周回のかなり詳細な記述で写真もピンポイントを押さえてあるので、その臨場感は今テレビで見ているのとあまり変わらないと思いますし、記憶として鮮明に残っています。
70年代当時のビデオやLDやDVDは、何本ももっていて時々みていますが、今でも視覚と知覚が一瞬でリンクします。最後に、今でも好きなF1マシンは79年のフェラーリ、77年のウオルターウルフ、78年のロータス、75年のフェラーリなどです。今のF1のほうが格段に速く壊れず綺麗ですが、当時のマシンの美しさは別格です。タイヤのアンバランスさが異次元の世界へ連れて行ってくれます。
ちなみに好きなドライバーはジョディ、ラウダ、セナです。フジテレビが毎回王者の子ニコと言ってますが、私の中での史上最悪のチャンピオンが82年のケケなので、毎回なにが王者だと突っ込みいれています。では、お元気で。


‥‥そんなワケで、オカチさん、まむさん、メールをありがとうございました♪‥‥ってことで、この2通のメールを読めば分かるように、あたしは、昨日の日記に、「ラウダの時代からF1を観て来た人たちって、ホントに、歴史的な名レースの数々をリアルタイムでタップリと観てたんだよね。あーうらやましい。」って書いたけど、当時はテレビでの中継がなかったんだね。あたしは、エンターテインメントが少なくて、プロ野球やお相撲の他に、バカバカしいプロレスまでをゴールデンに放送してた時代なんだから、いくら何でも世界最高峰のモータースポーツを放送してないワケはないと思い込んでた。あたしは、あとから当時のいろんなレースをVで観たから、「映像が残ってるってことは放送してたんだろう」って思い込んでた。

でも、オカチさんとまむさんのメールを読んで、あたしは、正しい情報を知ることができただけじゃなくて、古き良き「昭和」を感じることができた。今みたく、テレビやインターネットで情報が飛び交ってて、地球の裏側で起こったこともリアルタイムに知ることができちゃうと、情報の価値は「内容」よりも「速さ」になってきちゃう。芸能人がどうしたとかいうようなアホらしいゴシップでも、どこよりも速く報道すれば、数えきれないほどの野次馬が押し寄せる。そして、どんなに素晴らしい情報でも、1週間どころか、2~3日が過ぎただけで色褪せて来て、誰からも見向きもされなくなる。

つまり、現代は「情報の使い捨ての時代」って感じで、便利になった反面、モノゴトの表面しか見ないで理解したつもりになってる人たちを増産するようになったんだと思う。毎号の「AUTO SPORT」を発売日に買いに走り、食い入るように記事を読み、頭の中でレースを再現して楽しむような情熱や想像力こそが、あたしは、今の時代にもっとも欠落してるものなんだと感じた。もちろん、苦労しないと手に入らなかった情報が、誰でも簡単に手に入るようになったんだから、自分が欲しい情報を得るために努力する人が少なくなったのは、極めて自然な流れだと思う。そして、多くの人たちが、自分の知りたい情報をインターネットで検索して、いくつかのサイトをナナメ読みしただけで、もうすべてを理解したような気分になっちゃってることも仕方ないと思う。「広く浅く」の時代を巧く泳いで行くためには、それでいいのかもしれない。

だけど、あたしは、こうした「どんな情報でもラクに手に入る」って生活は、便利なだけじゃなくて、両刃の剣だと思ってる。パソコンのキーを押すだけで、どんな情報でも入って来る生活によって、人は自分の頭で考えることが少なくなって来る。自分の頭で想像することが少なくなって来る。そして、いろいろなサイトやブログに書かれてる文章をそのまま丸写しして出版するような厚顔無恥の盗作作家も出て来るし、さらには、幼稚園児にでも分かるようなことすら想像できなくなってくるケースもある。ナイフや包丁で見ず知らずの人を刺したらどうなるのか。こんなことすら想像できないバカが次から次に出てきちゃうなんて、盗作作家と一緒にパソコンのない無人島にでも島流しにして、小学校からやり直しさせたほうがいいと思う。

‥‥そんなワケで、誰よりも大切なお年寄りたちにまで重い負担を押しつけ、誰よりも守るべき障害者たちを社会から切り捨て、何よりも大切な自国の自然をアメリカの人殺しのために破壊して‥‥って、この国の政府のやってることはメチャクチャだから、若い人たちが将来に夢や希望を持たなくなるのも分からないワケじゃない。だけど、こんな世の中にしちゃったのも、利権まみれの自民党の議員なんかに投票したらどうなるのかってことが想像できない人たちが原因なのだ。大悪党のコイズミや小池百合子なんかに笑顔で手を振るような、自分の頭で考えることを放棄しちゃった人たちが原因なのだ。国民の多くが、30年前に「AUTO SPORT」の記事を読み頭の中でレースを楽しんだ人たちの100分の1でも「想像力」ってものを持ってたら、もうちょっとマシな世の中になってたと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしく願いしマクラーレン!(笑)
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

愛のまなざし

全世界の「支配者」の皆さん、兵庫のおじさんの新作ですよん♪


まずはポチッと夜露死苦!(笑)
  ↓
■Ranking■



兵庫のおじさんのブログはこちら♪
  ↓
■愛のブランデー日記■

|

2008.07.22

豚の耳にエキゾーストノート

メンドクサイ理由は抜きにして、結論だけ書くけど、F1のドイツGPは、去年から1年おきになった‥‥って言っても、ドイツでのF1は毎年ちゃんと開催されてる。ただ、ここ20年以上は、ずっとホッケンハイムで開催されて来たドイツGPが、去年からはニュルブルクリンクとホッケンハイムとで交互に開催されることになったのだ。だけど、ドイツGPの開催権を持ってるのはホッケンハイムだから、ニュルブルクリンクで開催されるレースを「ドイツGP」と呼ぶことができない。それで、便宜上、ホッケンハイムでのレースを「ドイツGP」、ニュルブルクリンクでのレースを「ヨーロッパGP」として、これを毎年交互に開催することになったってワケだ。正確には、「1国1レース」とかいろいろあって、もっといろんなことを説明しないといけないんだけど、とりあえずこんなとこだ。あーメンドクサイ。

それにしても、「ホッケンハイム」って言うと、なんか耐震偽装でオナジミの住宅メーカーの名前みたいだし、「ニュルブルクリンク」に至っては、「ニュルブルクリンク、ニュルブルクリンク、ニュルブルクリンク」って早口で3回続けて言うことができないほどニュルニュルしてるし、どっちも一筋縄じゃ行かない感じがする‥‥なんてのも織り込みつつ、あたし的には、ドイツGPはともかくとして、ニポンGPこそを「富士」と「鈴鹿」の完全交互開催にして欲しいって思ってる。これは、あたしだけじゃなくて、ニポン中、世界中のF1ファンが望んでることだろう。来年の「鈴鹿」だけは担保されてるけど、そのあとなんか分かんないもんね。

だいたいからして、富士なんて、毎年お正月になると、時代遅れの田舎の暴走族がワラワラと湧いて来て、1分の1スケールのプラモデルみたいな爆笑カーで、ゾロゾロと初詣に行くような場所じゃん。どうせ途中で、ナムコのマッピーに捕まって辿り着けないけど。それに比べて、鈴鹿は、なんたって世界有数のテクニカルコースで、1、2コーナーを抜けてからデグナーまでの上りなんて、もうサイコーじゃん。その上、世界唯一の立体交差もあるし、さらには、サーキット内にブラックバスやブルーギルが釣れる池もあるし(笑)‥‥つーか、もっと基本的なこととして、好きなドライバーやチームを応援するための旗や横断幕も使えるし、あれもダメこれもダメでまるで北朝鮮みたいな富士と比べたら、天と地ほどの差があると思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、ニポンを牛耳る経団連の元会長、奥田ちゃんの政治的圧力と根回しを持ってすれば、F1を開催するサーキットまでをもチョチョイのチョイって変更できちゃうワケで、そこには、多くのモータースポーツ・ファンの存在も、この国のモータースポーツの発展も、まったく視野にない。あるのは、その利権によってフトコロに転がり込む薄汚い銭だけだ。サスガ、ニポンを代表する売国奴&守銭奴だけのことはある。どっちにしても、「富士」で開催される最低最悪なニポンGPが、「フジテレビ」による最低最悪の編集でOAされた上に、川井ちゃんの元女房で「富士額」がトレードマークだった鈴木保奈美が再婚したのが、とんねるずのブリジストン君てワケなんだから、あまりにも「富士づくし」だと思う。

昨日の日記が「眞鍋づくし」で、今日の日記が「富士づくし」ってことは、明日の日記は何づくしになるんだろう?‥‥なんてことも心配しつつ、フジテレビって、どうしてくだらないインタビューとかに大切な放送時間を割いて、カンジンのレースをカットしちゃうんだろう? たとえば、タップリと時間があって、レースを最初から最後までキチンと放送して、その上で余った時間をインタビューとかで埋めるんなら分かるけど、何よりも重要なレースをカットしてまで、どうして不必要なインタビューなんかをねじ込むんだろう?

ようやく「タクマ祭り」が終わって静かになったと思ったのもトコノマ、すかさずウキョーとタクマのくだらない対談を延々と流して、カンジンのレースを30分近くもカットしてみたり、フジテレビって、どうしてモノゴトの優先順位がまったく分かってないんだろう? そして今は、去年までの「タクマ祭り」に変わって、「カズキ祭り」が開催中だ。こないだなんて、中嶋悟をピットへ行かせて、レースの前に親子の感動の御対面‥‥。あたしは、この時ほどフジテレビのアホさかげんに脱力しちゃったことはない。フジテレビって、中嶋一貴を応援してるフリをして、実は妨害してんじゃないのかって思っちゃったよ。それにしても、毎回毎回、レース前とレース後に中嶋一貴のインタビューを見せられ続けて来たら、なんか最近、中嶋一貴と金子貴俊の区別がつかなくなって来たし(笑)

‥‥そんなワケで、こんなことばっか書いてると、いつになっても昨日のドイツGPの話がスタートしないんだけど、今回のホッケンハイムと言えば、何と言っても、2000年にバリチェロが初優勝して、大感動の男泣きをした思い出のサーキットだ。あたしは、思いっきりもらい泣きしちゃって、この時から、一青窈のファンになった‥‥じゃなくて、バリチェロのファンになったんだよね。

そして、もうひとつのニュルブルクリンクと言えば、あたしよりも10才くらい上のF1ファンの人たちにとっては、何と言っても、1976年のニキ・ラウダの大クラッシュ&炎上だろう。あたしは、セナとプロストの時代の後半くらいからしかF1を観てないので、ラウダが現役の時のレースは、リアルタイムでは観てない。だけど、大好きなプロストの師匠みたいな存在だったってことを知ってから、いろんなVを観て、リスペクトするようになった。

それまでも、F1を観てると、タマに歩いてるラウダが映ったりしてたんだけど、顔のヤケドを隠すようにキャップを深くかぶってたから、顔よりも、半分くらい溶けてる右耳が印象的だった。その時には、「現役時代に大クラッシュで大ヤケドした」ってことくらいは知ってたけど、その走りは観たことがなかったから、単に「大変だったんだな」って思ってる程度だった。

だけど、ニポンのF1ファンの7~8割くらいがセナのファンだった当時、熱くて荒くて感情的なセナのドライブよりも、クールで正確で計算的なプロストのドライブのほうに夢中だったあたしは、プロストがラウダから多くのことを学んだって話を聞いて、ものすごく興味を持った。それで、ラウダの現役時代のVを何本か観て、「おお~!」って思ったのだ。

‥‥そんなワケで、今から30年以上も前の1976年8月、ニュルブルクリンクでのドイツGPで、ラウダのドライブするフェラーリは、タイヤのアクシデントからコントロールを失い、「ベルクベルク」っていうコーナーで大クラッシュして炎上した。ラウダは、激しく炎を上げるマシンの中に閉じ込められてしまった。当時は、今みたくレスキューとかが充実してなかったからなのか、後続のドライバーたちは次々とマシンを停め、ニキ・ラウダの救出にあたった。アルトゥーロ・メルツァリオ、ブレット・ランガー、ハラルド・エルトゥル、ガイ・エドワーズたちだ。

そして、仲間のドライバーたちによって助け出されたラウダは、マンハイムの病院へと空輸されたんだけど、顔面に重度のヤケドを負った他にも、多量の熱気を吸いこんでいたため、肺もやられていて、一時は生死の境をさまよった。実際に、医師からは、助かる見込みが少ないと判断されて、亡くなった時のために、病室に牧師を呼ばれちゃったほどだった。だけど、ラウダは、スーパーサイヤ人みたいな回復力で復活して、たった2レースお休みしただけで、1ヶ月半後のイタリアGPには出場して、4位に入賞しちゃったのだ。

これがもしも、あたしだったら‥‥って想像したら、ヤケドで顔の半分がケロイド状になった上に、肺の中まで焼けて死ぬとこだったのに、わずか1ヶ月半後には、またレースに出場して、ガンガン攻めまくって、4位に入賞するなんて、果たしてできるだろうか?って思った。普通の人だったら、しばらくは恐怖でステアリングなんか握れないと思うし、この事故で引退を考える人だって多いと思う。それなのに、ラウダは、まるでナニゴトもなかったかのように、レースに復帰して、高成績を出し続けたのだ。

そして、何よりもスゴイと思ったのが、この事故が原因で、翌年からのドイツGPはニュルブルクリンクからホッケンハイムへとサーキットが変更になったんだけど、そのホッケンハイムでの翌年のドイツGPで、ラウダは優勝しちゃったのだ。そして、それどころか、この年、ラウダは、ワールドチャンプになっちゃったのだ。なんてカッコイイの!

‥‥そんなワケで、ラウダは、セナがデビューした翌年の1985年に引退しちゃうんだけど、そのキッカケになったのが、プロストだって言われてる。フェラーリからブラバムを経て、1982年にマクラーレンに移籍したラウダは、84年にルノーからマクラーレンに戻って来たプロストとチームメイトになった。そして、この年からマクラーレンは、他チームのマシンを圧倒するTAGポルシェのエンジンを積めることになったため、他チームとの戦いというよりも、マクラーレンの中での2人の戦いって感じになった。

ベテランのラウダと、若手のホープのプロスト、この2人がチームメイトだったのは、84年と85年の2シーズンだけだけど、84年にはラウダがワールドチャンプに輝き、85年にはプロストがワールドチャンプに輝いてる。これこそが、新旧交代のバトンタッチだろう。この2シーズンで、プロストは、ルノー時代の荒いドライブから180度変わった「冷静にポイントを重ねて行く走り」をラウダから伝授され、ラウダはと言えば、プロストがワールドチャンプになったことで、F1における自分の役割は終わったって確信して、現役引退を決意したのだ。そして、このあとに、84年にデビューしたセナとプロストとの時代が到来するワケだけど、ラウダの時代からF1を観て来た人たちって、ホントに、歴史的な名レースの数々をリアルタイムでタップリと観てたんだよね。あーうらやましい。

で、少しダッフンさせてもらうと、今から2年前の2006年5月、ニュルブルクリンクの「ベルクベルク」、つまり、ラウダが大クラッシュをしたコーナーに立つ男たちがいた。ラウダ本人と、炎上するフェラーリの中からラウダを助け出した1人、アルトゥーロ・メルツァリオ、そして、F1の総帥バーニー・エクレストン。他にも、ラウダの息子のマサイアスや、バーニー・エクレストンの馴染みの料理人のカール・ツィマーマンなどが集まっていた。そして、こんなとこで何をしたのかって言えば、ラウダが大クラッシュを起こしてからちょうど30年目ってことで、その現場で乾杯したのだ。事故現場に集まり、大きなワイングラスを持って、「ルネッサ~ンス!」って言ったかどうかは知らないけど、みんなで乾杯して、記念写真を撮ったりした。

そして、この時のこと、料理人のツィマーマンは、食材の「豚の耳」を持って来てて、それを事故現場のコース脇の草むらの中に隠したのだ。これが何かって言えば、ラウダが事故で失った右耳ってワケだ。30年も経ってから、なくした耳を草むらで見つける‥‥っていうジョークで、ラウダは、大喜びでその「豚の耳」を拾ったそうだ。あたしは、この記事を読んで、何だかすごく心が温かくなった。そして、女同士じゃ、こうは行かないだろうな‥‥って思った。

‥‥そんなワケで、ラウダがもしも沖縄県民だったとしたら、草むらで「豚の耳」を見つけた瞬間に、「あっ!オレのミミガーあった!」って言ってたと思うけど、残念ながら、ラウダはオーストラア人だった‥‥なんてのも織り込みつつ、いったい、いつになったら昨日のドイツGPの話がスタートするのか、書いてるあたし自身も分かんなくなって来たワケで、ダッフンついでに、もひとつダッフンしとくと、去年の12月、ラウダは、スイスの「ブリック紙」から、2008年のルーキーについて質問されてる。去年の12月の時点で、今シーズンにフル参戦するって言われてたルーキーは、ルノーのネルソン・ピケJr、トヨタのティモ・グロック、トロロッソのセバスチャン・ボーデ、ウィリアムズの中嶋一貴だったんだけど、この4人について質問されたラウダは、こんなふうに答えてる。


「この4人の中で、一番期待できるのは、やっぱりピケJrだね。彼は今年(2007年)、ルノーのテストドライバーとして走り込んで来たし、チームの一員として世界を回って来たから、いろいろな意味でF1というものを理解しただろうし、チームに溶け込むことにも成功したと思う。これは、F1を戦う上で、とても重要なことなんだ。グロックは、マシンがトヨタだから苦労するだろう。ボーデは、F1まで上りつめて来るまでの過去の栄光を頭からリセットしないと、次元の違うF1で戦うことは難しいね。中嶋は、今年(2007年)のデビュー戦のブラジルGPで、ある程度は走れてたけど、あのピットでの軽率な事故を見ると、まだまだF1で走るには早いと思うよ」


で、ようやく昨日のドイツGPの話へと結びつくんだけど、昨日の決勝の結果は、まさしく、8ヶ月前にラウダが予測した通りになったのだ。


1位 ハミルトン(マクラーレン)
2位 ピケJr(ルノー)
3位 マッサ(フェラーリ)
4位 ハイドフェルド(ザウバー)
5位 コバライネン(マクラーレン)
6位 ライコネン(フェラーリ)
7位 クビサ(ザウバー)
8位 ベッテル(トロロッソ)
9位 トゥルーリ(トヨタ)
10位 ロズベルグ(ウィリアムズ)
11位 アロンソ(ルノー)
12位 ボーデ(トロロッソ)
13位 クルサード(レッドブル)
14位 フィジケラ(フォースインディア)
15位 中嶋(ウィリアムズ)
16位 スーティル(フォースインディア)
17位 バトン(ホンダ)
R バリチェロ(ホンダ)
R ウェバー(レッドブル)
R グロック(トヨタ)


‥‥そんなワケで、ラウダが「一番期待できる」って言ってたピケJrが、あまりにもスゴイ成績を出しちゃったワケだ。ドイツGPと言えば、ラウダが大クラッシュした翌年の1977年に優勝したってことは書いたけど、その4年後の1981年に優勝したのが、ピケJrのお父さんのネルソン・ピケだったのだ。ネルソン・ピケは、86年と87年にもドイツGPで優勝してる。そして、それから20年が過ぎた今、その息子のピケJrが表彰台でシャンパンファイトしてるんだから、この光景を見てたお父さんがどんな思いかって想像すると、胸がジーンとしてきちゃう。そして、もうひとつ、8年前に、このコースで、初優勝して男泣きしたバリチェロが、F1からフェードアウトしそうな今シーズンは、ナニゲにリタイアしちゃってることとかも、別の意味で、胸がジーンとしちゃう今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしく願いしマクラーレン!(笑)
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.21

ラブラブ♪だと?(笑)

あたしは、基本的にはタバコは買わない。体に悪いものにお金を払うのは不愉快だし、それ以前に、中毒になるようなものに高い税金を課して、国民からお金を巻き上げるっていう政府のやり方が、まるでホニャララ団が覚醒剤で荒稼ぎしてるのとおんなじみたいに感じるからだ。タバコに限らず、中毒になるアルコールに高い税金を課したり、中毒になるギャンブルから25%ものテラ銭を巻き上げたりって、政府のやってることを見てると、ほとんどホニャララ団と変わらない。逆に、10%のテラ銭で闇カジノをひらいてるホニャララ団のほうが、まだ良心的だと思うほどだ。

だから、あたしの場合は、タバコがなくなりそうになると、パチンコに行く。そして、出玉を交換する時に、タバコ10個と、残りを現金にする。そうすれば、タバコはタダで手に入るし、政府にテラ銭も取られないから、すべては丸く収まる。それに、あたしは、1日に5本くらいしか吸わないので、10個あれば1ヶ月は持つ。タマに10本くらい吸う日もあるけど、逆に2本くらいの日もあるから、だいたい3~4日で1箱って感じなのだ。だから、月に1回パチンコに行けば、それから1ヶ月ぶんのタバコが確保できるので、月に2回以上パチンコに行った時は、2回目以降はすべて現金に交換してる。

だけど、去年は、足をケガして、最初の2ヶ月くらいはほとんど動けなかったから、パチンコにも行けなくて、仕方なく300円払ってタバコを買った。最初の1ヶ月くらいは、パチンコで取ったタバコがあったんだけど、それがなくなってからは、お金を払って買った。でも、いつもタダで手に入れてたものに、300円も払うなんて考えられなかったから、1日に2本とか3本とかしか吸わないようにして、できるだけ持たせた。1日に2本だなんて、まるで留置所に入れられてる時の「運動の時間」みたいだけど、収入も途切れてたから仕方なかった。そして、生活費を稼ぐために、何とかムリして松葉杖でパチンコに行けるようになるまで、4個のタバコを買った。だから、ここ数年で、あたしがタバコのために使ったお金は、1200円だけな今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、前回パチンコで取って来たタバコが、あと1個になっちゃったから、オトトイ、チョコっと打ちに行って来た。お昼すぎにお仕事が終わって、あとは自宅でのお仕事があるだけだったし、ガソリンが高すぎるから、最近は電車でお仕事に行くことが多くて、この日も電車だった。だから、お仕事の帰りに、チョコっと寄ろうって思ったワケだ。それで、午後2時ころにホールに入ったら、1つめのシマはガラガラ、2つめのシマもガラガラ、3つめのシマの片側だけ満席、4つめのシマはガラガラ、5つめのシマもガラガラ‥‥っていう、ものすごく分かりやすい図式が展開されてた。

そう、3つめのシマの片側に、新台の「アバンギャルド」が入ってたのだ。たぶん、月曜日に導入したみたいで、全員が5箱以上は積んでて、一番積んでる人は20箱くらい積んでた。だけど、「アバンギャルド」なんて、あたしはぜんぜん興味ないし、あたしはタバコを10個欲しかっただけだから、2000円以内なら単発でもいいし、5000円使っても確変を引けば良かったから、テキトーな台でサクッと当てて、タバコをもらって帰ろうと思ってた。それで、ガラガラな「エヴァンゲリオン~使徒、再び~」を打つことにした。

で、あたしは、台は選び放題だし、勝手知ったるホームグラウンドだから、小1時間もあればタバコをもらって帰れると思ってたのもトコノマ、まったく回らない上に、ほとんど予告が出ない。やっと出てもステップ1止まりだし、背景すら変わらない。こりゃあ、新台を出血してるぶん、他の台で回収してやがる。だから、常連さんがぜんぜんいないんだ。だけど、久しぶりに「使徒、再び」を打って楽しかったから、ダメだと分かっててもケッコー粘っちゃって、あたしは5000円も使っちゃった。それなのに、わずか80回転しか回せなかった上に、エヴァンゲリオンが発進したのは、たった1回で、それも零号機‥‥。ヒサビサに敗北感を味わった。

それで、仕方ないから「アバンギャルド」を見に行ったら、あたしに神が降りたのだ! あたしが見に行った瞬間に、あたしの目の前の人が、あまりにもバッチリのタイミングで、やめちゃったのだ! 6箱出してた人なんだけど、時短後50回ちょいで、ココのパターンを何も知らないのか、それとも用事があったんだか分かんないけど、まだまだ出るのに、店員さんを呼んでやめちゃったのだ! それで、あたしは、ソッコーでその台をGET MY LOVE!

‥‥そんなワケで、あたしは、あまりにもバカバカしい台だけど、すでに5000円も貯金しちゃってるから、トットと返してもらおうと思って、「アバンギャルド」を打ち始めた。この出玉状況なら、完全に出血モードだから、時短後は100回くらいで引き直すハズだ。だから、最高でも50回くらい回せば、とりあえず当たる。そして、それが単発なら、その先で中ハマリするから長期戦になっちゃうけど、確変なら連チャンする。それが、ココの導入後数日のパターンだ。

そしたら、あたしの予想はビンゴだった。2000円で45回くらい回した197回転(時短後97回転)で、ワケの分かんない予告がいっぱい重なって、トドメには紫色の髪の女の子たちがドバーッと走って来て、ノーマルが当たって確変に昇格した。最初から確変図柄だと、ヘタすると1セットってこともあるんだけど、ノーマルからの昇格の場合は、少なくとも3回以上は連チャンするハズだから、これでもう貯金したぶんは返してもらえる上に、タバコもお小遣いも確定だ。

それで、とりあえずホッとしたあたしは、ゆうこりんの歌を聴きたいのに、周りがうるさくてほとんど聴こえない。だから、画面に流れる歌詞を見てたんだけど、なんか「すきすきすきーむりむりむりー」とかいう歌で、サスガ、ゆうこりん。歌の歌詞でもバカのフリをしてるんだから、筋金入りのプロのアイドルだ。

それにしても、1から9までの9人の女の子の中で、あたしが知ってるのって、ゆうこりん、眞鍋かをり、浜田翔子、山川恵里佳だけで、残りの5人はまったく知らない子だ。ぜんぜん似合ってないオッサンみたいなメガネをかけた子とか、とてもアイドルとは思えない、そこらを歩いてそうな子ばっかりで、あまりにも水準の低い9人だ。この手の台だと、かつての「イエローキャブ」を思い出すけど、顔ぶれが顔ぶれだから、「イエローキャブ」のような華やかさもない。

だいたいからして、ギリギリで眞鍋かをりまではアイドルって呼んでもいいけど、いくらなんでも山川恵里佳はないだろう。あまりにもムリがありすぎるし、山川恵里佳なんかと恋愛ゴッコをしたいなんて思うオッペケペーなんて、全世界を探したって1人もいないだろう。だけど、背景の中に、「伊藤園のおーいお茶」のパロディで、「佐藤園のどすこいお茶」って看板がヤタラと出て来ることから、あたしは、ハッと気づいたのだ。山川恵里佳と言えば、バリバリのナンミョー信者で、ダンナもナンミョー信者のモンキッキーだし、双方の家族も親戚も全員がナンミョーだ。そして、「伊藤園」と言えば、ナンミョー系の企業としてオナジミだ。つまり、この台の開発には、ナンミョーの息が掛かってるかもしれないってことだ。

それなら、あたしは、やる気マンマンだ。タバコ10箱どころか、テッテー的に勝たせてもらって、ナンミョーを退治してやろう‥‥ってなワケで、一応は、やる気を出してみたんだけど、確変は「デートモード」っていって、女の子ひとりずつとデートして行くのが、あまりにもつらすぎる。ぜんぜん好みじゃない変な子に、あたしのほうから告白して、OKなら確変、NGならノーマルかハズレなんだけど、この流れがあまりにも恥ずかしいし不愉快になるのだ。

こっちからの告白の言葉は、「好きです。付き合ってください」 →「大好きです。付き合ってください」 →「愛してます。付き合ってください」 って熱さが上がってくんだけど、どのセリフが出ようとも、「そんなこと急に言われても~」的なリアクションをされて、大っ嫌いな「冬のソナタ」の心臓のドクドク音みたいなのが流れたあとに、返事をされる。それで、OKなら確変だから、その点に関しては嬉しいんだけど、とにかく顔が赤くなるほど恥ずかしい気持ちになる。そして、「ごめんね~」って言われてNGだと、相手を絞め殺したいほどムカつく。だって、ナンミョーの上に、実験で覚醒剤を注射したハツカネズミみたいに落ち着きのない山川恵里佳なんかに、どうして告白しなきゃなんないワケ? さらには、それで断られてみ? だれだって絞め殺したくなるでしょ?

‥‥そんなワケで、文句ばっか言っててもジンジャエールだから、このタグイマレなるアホ台のことをリトル説明すると、一番熱いのが「ラブラブ4連発」だ。どの図柄でもいいから、2つが並んで、1つだけが半分ズレて止まると、図柄の中の女の子が両手でハートを作って、「ラブラブ♪」って言う。これが疑似連で、3回までだとダメで、4回続けば高確率で当たる。3回でも当たることもあるのかもしれないけど、あたしの場合は、3回はぜんぶハズレた。ハートの役物が出て、フラッシュが点いて、ゆうこりんの実写がカットインしても、3回の時はハズレた。

それから、4回の時は、1回だけ、ゆうこりんモードの時にハズレた。 ゆうこりんが「ケーキが食べたい」って言ってたのに、疑似連の4回目であたしが引いたのが、ケーキじゃない物だったからなのかもしれないし、よく分かんない。だけど、ノーマルモードの時は、疑似連の4回はぜんぶ当たった。画面の右から、トヨタの「bB」みたいな車が走って来るんだけど、白だと普通で、赤だと熱くて、ゼブラだと激熱になる。それで、疑似連の1回目から3回目までは赤い車で、4回目にゼブラってパターンが何度かあったんだけど、このパターンは、ぜんぶ当たった。

あとは、最初に出た紫色の髪の女の子の群れは「ノーマルの群れ」みたいで、これは2回出たんだけど、その他に1回だけ、おんなじ紫色の髪だけど、メイドのコスプレをしてる群れも出て、これはプレミアっぽかった。もちろん、ぜんぶ当たった。他には、ノーマル当たりからの昇格だけど、ラウンド前の昇格チャンスはほとんど当たらなくて、ラウンド中にはケータイが掛かって来るとチャンスなんだけど、そのチャンス自体が発生しないことのほうが多かった。つまり、ラウンド前に昇格しなかったら、あんまり期待できないってことだ。

だけど、1回だけ、ものすごいことが起こったのだ。ラウンド前にも昇格しなくて、ラウンド中にはチャンスすら発生しなかったから、そのまま諦めて打ってたら、ラウンドが終わって時短の「バカンスモード」の背景が出た瞬間に、突然、「ごめ~ん!遅れちゃった~!」とか抜かしながら山川恵里佳が走って来て、確変の「デートモード」に昇格しちゃったのだ。ようするに、エヴァンゲリオンの警報昇格みたいなもんだけど、あたしは、山川恵里佳なんかに助けられたってのがムカついて、確変になったのにイライラしちゃった。

その上、この確変では、山川恵里佳とデートさせられた上に、山川恵里佳に対して告白させられて、それも「愛してます」っていう一番熱い告白で、「仕事人」みたくハンドルが光っちゃって、OKになっちゃった。そしたら、ノーマルの数字がピコッて確変数字に変わって、普通ならこれほど嬉しいことはないのに、それでもあたしはイライラしてた。とにかく、この女は死ぬほどムカつく。だいたいからして、山川恵里佳とデートさせられただけでも不愉快なのに、誰も何も聞いてないのに、勝手に「子供のころ自転車にひかれた」だの、「車をこすった」だの、「左きき」だの、「チーズが好き」だのって、ぜんぜん知りたくもない「山川恵里佳情報」が流れ続けてるのだ。これほど不愉快なことはない。

まあ、これは、他の女の子とのデートでもおんなじなんだけど、このメンバーの中じゃマトモな部類の眞鍋かをりにしたって、噴水の前から、笑いながら両手を大きく振ってスキップでこっちに近づいて来るのが、ものすごく怖かった。なんか、食われちゃいそうな感じがするのだ。だけど、リーチになると、眞鍋のリーチが一番信頼度が高いみたいで、特に、眞鍋が吸血鬼になって、ムチで数字を引っ張るリーチは、5回のうち4回も当たった。だけど、眞鍋がシスターになって、ドラゴンに火を吹かれて服がボロボロになっちゃうリーチは、何度か出たけど1回しか当たらなかった。あと、ゆうこりんのリーチはぜんぜんダメで、浜田翔子がウエイトレスになるリーチもぜんぜんダメで、浜田翔子が魔女になってホウキで空を飛ぶリーチが、3回のうち1回当たった。だけど、このリーチ、空を飛ぶ前に、浜田翔子が「ハマショー、ナントカカントカ~」って言うんだけど、普通「ハマショー」って言ったら「浜田省吾」のことだよね? どうでもいいけど(笑)

‥‥そんなワケで、他にも、「ニャンニャンスロット」のこととか、いろいろと書かなきゃなんないことはあるんだけど、たぶん二度と打たないから、もう、メンドクサクなってきちゃった。どうせ、2週間もしたら出なくなるだろうし、何よりも、これほど「打ってる自分が情けなくなって来る台」は珍しい。まあ、勝たせてもらったのに、あんまりボロクソに言ってると悪いから、数少ない「良い部分」をあげるとすると、「最近の機種にしちゃそこそこ出玉がいい」ってことと、「時短中の引き戻しが高確率」ってことくらいかな。これにしたって、平沢勝栄とベッタリ癒着してる例のチェーン店とかなら、ソッコーで遠隔操作しそうだし、何とも言えないけどね。ちなみに、あたしは、途中で2回途切れたけど、100回以内に引き戻して、ぜんぶで14回の大当たり。19500発で、タバコ10個と5万5500円になった。あと、個人的に楽しかったのは、眞鍋かをりとデートしてる時に、横のテレビにも眞鍋かをりのニキビの薬のCMが映ってて、あたしの視界が「眞鍋づくし」になったってことだ。で、最後に、今の正直な気持ちを言わせてもらうと、「あ゛ーーーー良く回る上にイジられてないサクラ大戦を打ちたーーーーい!」って感じの今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしく願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.20

思いやりの心

今日、駅まで向かってたら、道の脇から「ニャーニャー」とあたしを呼びとめる声がしたので、誰かと思ったら、もんじゃだった。あたしは、こんなこともあろうかと、カリカリを持って歩いてたので、アルミホイルでお皿を作って、カリカリを出してあげた。もんじゃは、すごいイキオイで食べ始めた。それで、もんじゃがカリカリを食べてる間に、もうひとつお皿を作って、ペットボトルのお水をあげた。あたしは、しゃがんで眺めてたんだけど、何が可愛いって、猫って、ご飯を食べる時もお水を飲む時も、必ず目をつぶるよね。目をつぶって無心に食べてる顔が、可愛くていじらしくてたまんない。

だけど、10分くらいその場所にしゃがんでたら、あたしは具合が悪くなって来た。もんじゃのいる場所は日陰になってたんだけど、あたしのいる場所は直射日光の当たってる場所だったから、気温や太陽だけじゃなくて、焼けたアスファルトから立ち上る熱もあって、ものすごい体感温度だったのだ。それで、頭がクラクラして来たから、このままじゃ熱中症で倒れちゃうと思って、あたしもペットボトルのお水を飲んだ。そしたら、飲みながら気づいたんだけど、あたしもお水を飲む時に、自然に目をつぶってた‥‥ってことは、あたしって、可愛くていじらしいのかな?(笑)

それにしても、おんなじ場所なのに、立ってるのとしゃがんでるので、こんなにも気温が違うなんて‥‥。小さな子供を連れた親は、気をつけないといけないよね。自分は大丈夫でも、焼けたアスファルトに近い場所を歩いてる子供は、親よりもずっと暑い思いをしてるってことだもんね。だから、あたしが言うのはヨケイなお世話かもしれないけど、小さな子供のいるお母さんやお父さんは、子供を連れてアスファルトの上を歩く時には、タマにしゃがんでみて、子供がどれくらい暑い思いをしてるのか、自分も体感してみて欲しいと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、ここ数日、シャレになんないくらいの暑さが続いてる東京だけど、もちろん東京だけが暑いワケじゃなくて、全国的に暑さが続いてる。連日、熱中症で倒れて救急車で運ばれる人が続出してて、今日も全国で453人が病院へ搬送されたそうだ。愛知県で44人、神奈川県と福岡県で36人ずつ、大阪府で25人と、東京より西側を中心に、全国で熱中症で倒れる人が出てるけど、長崎県では、82才のおばあちゃんが、自宅の近所をお散歩中に、熱中症で倒れて亡くなってしまった。

やっぱり、自分は大丈夫だと思ってても、自分より小さな子供や、自分よりずっと上のお年寄りは、「自分とは違う」「自分よりも弱い」ってことを常に考えてないとダメだと思う。ま、世界でも類を見ない「後期高齢者医療制度」なんていうお年寄りイジメを炸裂させちゃった上に、来年以降も、お年寄りから自己負担額を搾取し続けることを宣言しちゃってるような政党が政府与党なんだから、せめてあたしたちだけでも、小さな子供やお年寄りたちのことを考えて生活してかないと、この国はホントにジ・エンドになっちゃうと思う。

ここ数年で、ようやく「バリアフリー」って言葉が知られるようになって来て、公共施設にもそうした対応がチラホラと見えるようになって来たけど、駅前の点字ブロックの歩道の上に、ズラーッと自転車を停めてるのは、あたしたちだ。もちろん、あたしは絶対に停めないけど、点字ブロックが利用できなくて迷惑してる人たちから見れば、あたしも「自転車を停めてる側の人間」てことになる。こういうことって、すべての人がみんなで考えて、みんなで実行しなかったら、結局はおんなじなのだ。

たとえば、ブラックバス釣り界の大御所、吉田幸二さんは、釣り仲間たちに呼びかけて、12年も前から各地の釣り場のゴミ拾いを続けて来た。そして、10年目を迎えた2005年には、「水辺基盤協会」を立ち上げて、さらに大きな規模で釣り場の清掃を続けてる。これは、とても素晴らしい活動だけど、吉田さんたちがどんなに努力をしても、たった1人でも釣り場にゴミを捨てるようなバサー(バス釣りをする人)がいれば、釣りをしない人たちからは、「釣りをするやつらって最低だよな」って思われちゃうのだ。

ちなみに、吉田さんは、ニポンのブラックバス釣りの歴史を創世記から支えて来た人で、だからこそ、長い年月における環境の変化を実際に現場で見て来た貴重な存在だ。ニポンの在来種のお魚や水生生物が減少して来たのは、外来種であるブラックバスによるものではなく、人間による水質汚染などが主な原因だってことを自分の目で見て知っている。だから、ブラックバスに着せられた冤罪を晴らす意味でも、コツコツと釣り場の清掃活動を続けてるんだと思う。

‥‥そんなワケで、あたしは、ずっと前から言い続けて来たけど、今の「ブラックバス害魚説」なんてのは、あまりにも矛盾だらけの机上の空論でしかない。「ブラックバスが食べてるから霞ヶ浦のタナゴが激減した」なんて言ってる人がいるけど、霞ヶ浦で釣ったブラックバスの胃の内容物を調べても、アメリカザリガニしか出て来ない。できるだけ少ない運動量で、高カロリーのものを捕食したいブラックバスは、素早く泳ぐタナゴよりも、水底をゆっくり動いてるアメリカザリガニをメインに捕食してるのだ。つまり、特定の湖や池のブラックバスをすべて駆除したら、そこはアメリカザリガニとオオカナダ藻の天国になっちゃって、その先にあるのは、湖自体の死滅でしかない。

2005年5月12日の日記、「ザリガニの日」でも取り上げたけど、生物学者で早稲田大学の教授、池田清彦博士の著書「底抜けブラックバス大騒動」では、「ブラックバス問題は科学じゃなくて政治の問題だ。それを科学の問題だと嘘を言っていることこそが大問題なんだ。」と指摘してる。池田博士は、生物学者の視点から、ブラックバスが在来種の生態系に被害を及ぼしていないことや、ブラックバスを排除することによって利権を得ようとしている人間たちが「生態系」だ何だとキレイゴトを掲げて、金儲けのために政治を悪用してる実態を暴いてる。

ようするに、「ブラックバス害魚説」なんてのは、小池百合子を始めとした漁業利権に絡んだ政治家どもが音頭をとって、ブラックバスに濡れ衣を着せて、裏でタップリと甘い汁を吸ってるってだけの話なのだ。だからこそ、小池百合子は、沖縄のジュゴンを天然記念物にしなかったクセに、ブラックバスはパブリックコメントを無視して特定外来生物に指定したってワケだ。ホント、あのオバちゃん、最低だよね。サスガ、「後期高齢者医療制度」を作ったコイズミのお気に入りのバカ女だけのことはある。

‥‥そんなワケで、吉田さんたちがどんなに努力しても、釣り場にゴミを捨てる釣り人が1人でもいれば、釣りをしない人たちからは、「釣りをするやつらって最低だよな」って思われちゃうワケだけど、さらには、おんなじ釣り人の中にも、似たような場所で釣りをするヘラ師(ヘラブナを釣る人)とバサーとの関係もある。釣りをしない人たちから見れば、釣りに関連したゴミが捨ててあれば、どんなゴミでも一緒に見えるだろうけど、釣りをする人たちにとっては、もっと細かい内分けがあるのだ。バサーには、ヘラ師たちが捨てて行くヘラブナのエサの袋やカップ酒の空瓶が目につくし、ヘラ師には、バサーが捨てて行くグチャグチャになったラインやちぎれたワームが目につく。そしてお互いに、「ヘラ師って最低だな」「バス釣りのガキは迷惑だ」って思い合ってる人たちもいるのだ。

あたしは、こうした感覚が、ニポン人の民族性なのか、それとも、人間はみんなこんな感じなのかは分かんない。だけど、以前、タバコの愛煙家と嫌煙者との両者の言いぶんを募った時にも書いたけど、すべてこうした「ジャんル分け」だけで決めつけるってのは、やっぱり間違ってると思う。タバコを吸う人の中にだって、キチンとマナーを守って、誰にも迷惑をかけないようにしてる人もたくさんいれば、タバコを吸わない人の中にも、他の部分で周りに迷惑をかけまくってる人もいる。だから、タバコの問題の時にあたしが出した結論は、「タバコを吸う吸わないに関係なく、他人のことを思いやる気持ちを持ってる人たちと、自分のことしか考えてない人たちとに分けて考えるべきだ」ってことだった。

だから、釣りの問題にしても、「バサーはマナーが悪い」とか「ヘラ師はマナーが悪い」って決めつけるんじゃなくて、「釣りのジャンルに関わらず、一部のマナーの悪い釣り人によって、多数のマナーを守ってる釣り人や一般の人たちが迷惑してる」って考えるべきなんだと思う。たとえば、ゴルフにしたって、紳士のスポーツだなんて言われてるけど、河川敷の禁止場所でゴルフの練習をしてて、注意されると逆ギレするオッサンだっている。だからって、ゴルフをしてる人たちがみんな非常識ってことにはならないだろう。

‥‥そんなワケで、自分の好きな趣味や嗜好に対しては、誰でも特別の思いがあるワケで、同好の人たちに悪い人はいないって思いたいのも人情だ。だからこそ、バサーVSヘラ師とか、愛煙家VS嫌煙者とかの図式になっちゃうんだと思うんだけど、こうした短絡的な思考の延長線上にあるのが、お年寄りから医療費を巻き上げたり、障害者を社会から切り捨てたりしてる今の政治の姿のような気がする。今の政治は、多くの人たちが「酷すぎる」って思ってるだろうけど、これは、点字ブロックの上に平気で自転車を停めるような人たち、釣り場に平気でゴミを捨てる釣り人たちの「自分さえ良ければいい」って意識が作り出したものとも言える。だから、少しでもマシな世の中にしたいと思ったら、「自分さえ当選すればいい」って思ってる自民党やナンミョー党の政治家じゃなくて、自分よりも小さな子供の背丈までしゃがんで、その子がどれほど暑い思いをしてるのかを体感してくれるような、「他人のことを思いやる気持ち」を持った野党の政治家に投票すべきだと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしく願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.19

あたしがオバさんになったら

人間の記憶って、衝撃的だったことは何年も覚えてて、何でもない日常のことは自動的に忘れてくもんだと思ってたんだけど、最近、そうでもないってことに気づいた。その時はケッコー衝撃的だったことでも、数年したら忘れちゃってることもあるし、何でもないようなことなのに、定期的に思い出したりしつつ、いつまでも忘れないでいることもある。そんな中で、あたしがヤタラと思い出す「どうでもいいこと」がある。どう考えても、何よりも先に忘れてよさそうなことなのに、いつまで経っても、ナゼか忘れないのだ。

専門学校を卒業した年だから、もう15年も前のことなんだけど、渋谷の居酒屋さんで、お友達のお誕生日パーティをひらいた時のことだ。ナンダカンダで十数人が集まって、奥の小さなお座敷を2つ合わせて大きなお部屋にしてもらって、そこでやったんだけど、お料理がオマカセで、飲み物が飲み放題の安めのコースだったから、1人1人に出て来たお料理は「お通し」くらいで、あとはみんな、3人にひと皿とか5人にひと皿とかの盛り合わせのお料理だった。

最初、あたしは、しゃべるのと飲むのに忙しくて、あんまりお料理には手をつけてなかったんだけど、途中で出て来た揚げ物の盛り合わせのお皿を見たら、鶏の唐揚げやポテトフライの他に、あたしの大好物のイカリングフライがあった。それで、あたしは、そのお皿の前の席の子に取り皿を渡して、イカリングだけを3個取ってもらった。そして、おソースをかけてパクッと食べたトタンに、何とも言えないイヤ~な食感が口の中に広がり、「ギョッ!」としたあたしは、反射的にお皿の上に吐き出しちゃったのだ。あたしが、イカリングフライだと思って口に入れたものは、ナナナナナント!‥‥なんて、もったいぶるほどじゃないんだけど、オニオンリングフライだった今日この頃、皆さん、イカがお好きですか?(笑)


‥‥そんなワケで、昨日に引き続き、今日もまたまた「イカがお好きですか?」を使っちゃったワケだけど、どうしてあたしが反射的に吐き出しちゃったのかって言うと、イカリングだと信じて口に入れたから、いつものイカの歯応えを予想して、それに合わせた力で噛んだのに、予想に反した「グニュ」っていう歯応えだったからだ。味からオニオンリングだってことを判断する前に、「なんか分かんないけど変なもんを食べちゃった!」って思ったからだ。だから、「吐き出した」って言っても、何度も噛んでグチャグチャになったものを吐き出したワケじゃなくて、たった一度だけ噛んだ状態だったから、ビジュアル的にはそんなに汚くない。実際、オニオンリングだってことが分かったから、出したのをまた食べたし‥‥って、こっちのほうが汚いか(笑)

あたしは、タマネギも大好きだから、当然、オニオンリングフライも大好きだ。だから、最初からオニオンリングだって知ってれば、絶対に吐き出したりなんかしなかった。だけど、イカリングだって思い込んでて、歯も舌もすべての神経が「イカ」だと思い込んでる状態だったから、あまりの食感の違いに驚いちゃって、思考するよりも先に反射神経が反応しちゃったってワケだ。たとえば、階段を上ってて、あと1段あると思って足を出したら、すでに最後の段だったりした時って、思いっきりガクッてなっちゃうけど、そんな感じだった。

あたしは、この日のことは、ボーッとしか覚えてない。参加してたメンバーにしても、全員がお友達だったのに、確実に覚えてるのは半数くらいで、残りの顔ぶれは記憶がアヤフヤだ。それに、誰とどんなことを話したのかも、ほとんど覚えてない。そして、食べたものや飲んだものも、ほとんど覚えてないし、このあと何人かでカラオケに行ったことは覚えてるけど、何を歌ったのか、どんなふうだったか、ほとんど覚えてない。それなのに、イカリングと間違えてオニオンリングを食べたことだけは、何よりも鮮明に覚えてて、さらには、このことを思い出すたびに、あの「グニュ」っとした食感もリアルに思い出しちゃう。

普通なら、何よりも「お友達のお誕生日をした」ってことがメインの記憶で、そこから、「誰がいた」とか「何を話した」とか「何を食べた」とかっていう小さな記憶が枝分かれしてくもんだろう。だけど、あたしの場合は、とにかく何よりも「イカリングだと思って食べたものがオニオンリングだった」ってことだけがメインの記憶になっちゃってて、他のことはすべてオマケみたくなっちゃってる。だから、このまま80才とか90才とかまで生きたとしたら、いつどこでのことなのか、みんな忘れちゃっても、「イカリングだと思って食べたものがオニオンリングだった」ってことだけを覚えてそうな気もする。あたしがおばあちゃんになったら、「あたしゃ、うんと昔の若いころに、イカリングだと思って食べたものがオニオンリングだったってことがあったんだよ。どこでのことなのか、誰と一緒だったのかは何も覚えてないんだけどねぇ」なんてことになりそうなのだ。

たしは、これほど「どうでもいいこと」なのに、2~3年したら自動的に忘れるどころか、この15年間、何度も何度も思い出して、そのたびに「グニュ」っとした食感まで思い出して、時には夢にも出て来て、いつまで経っても忘れることができない。たとえば、どこかでイカリングを食べたり、オニオンリングを食べたりした時に、「そう言えば、ずっと前にこんなことがあったな~」って思い出すんなら分かる。もちろん、イカリングやオニオンリングを食べたり見たりすれば、間違いなく思い出すけど、あたしの場合はそれだけじゃなくて、電車に揺られてボーッとしてる時とか、お仕事の待ち時間にメーク道具の整理をしてる時とか、お風呂で温まってる時とか、そういう時に、何の脈絡もなく、このイカリングのことがパッと浮かんできちゃうのだ。

ちなみに、今日の日記に書いてるのは、何でもないのにパッと浮かんだってワケじゃなくて、昨日の日記にイカのことを書いてる最中に、イカつながりとして思い出したからだ。だから、今日は、ちゃんと脈略があって思い出して、それで書いてるワケだけど、いつもは、何でもない時に思い出しちゃう。つまり、「どうでもいいこと」を「何でもない時」に思い出しちゃうってワケで、あまりにも平和な感じがするんだけど‥‥って、さっき、ナニゲに「あたしがおばあちゃんになったら」って書いたことで、今、ハッと思い出した!そのお誕生日パーティの2次会でカラオケに行って、あたしは、当時流行ってた森高千里の「私がオバさんになっても」を歌って踊ったんだった!

‥‥そんなワケで、あたしは、今日の日記にイカリングの話を書いたことで、15年間も忘れてたことを思い出したワケだけど、それもまた、「カラオケで何を歌ったのか」なんていう、やっぱ「どうでもいいこと」だった。そして、あたしは、これから「イカリングだと思って食べたものがオニオンリングだった」ってことを思い出すたびに、「そのあとのカラオケで歌ったのは森高千里の『私がオバさんになっても』だった」ってことまで思い出すようになっちゃったのだ。ま、これだけなら別にどおってことないんだけど、ひとつだけムナシーのは、15年前には「私がオバさんになっても」を普通に歌えてたあたしも、もう、この歌が歌いにくい年齢に差し掛かってるってことだ。つまり、これからは、「イカリングのことを思い出す」→「『私がオバさんになっても』を歌ったことを思い出す」→「その時点での自分の年齢を考える」→「もう、この歌は歌えない年齢になっちゃったんだなって実感する」→「それまでの人生を振り返ってみたりもする」→「若いころは良かった、なんて思ったりもする」→「じっと手を見る」‥‥なんてことになりそうな予感がマンマンな今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックを願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.18

基地反対案が可決!

「辺野古の基地建設に反対する決議案が可決」(世田谷通信)

18日に開催された沖縄県議会(高嶺善伸議長)6月定例会、最終本会議において、野党が議員提案した「名護市辺野古沿岸域への新基地建設に反対する意見書案・決議案」が賛成多数で可決された。可決された瞬間、基地建設に反対し続けて来た地元住民たちで埋まった傍聴席からは大きな拍手が巻き起こり、しばらくは鳴りやまなかった。ほとんどの住民が基地建設に反対している辺野古では、すでに1500日を超える平和のための座り込み運動が継続中だが、こうした地元の声を無視したまま推し進められて来た政府による基地建設計画に対して、住民だけでなく、住民の代表である県議会で「反対」の姿勢が明確に提示されたということは、とても大きな意義があるだろう。「国民の声を無視した国益などありえない」ということを政府が学ばなければ、この国の成長は止まったままだろう。(2008年7月18日)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20080718


★ 応援のクリックもよろしくです!
   ↓ 
■Ranking■

|

駄菓子のブルース

今日は、まずは昨日のこんなニュースをご紹介する。


「よっちゃんイカに100円硬貨が混入」(読売新聞)

食品メーカー「よっちゃん食品工業」(山梨県中央市)が製造・出荷したイカの加工菓子1袋に、腐食した100円硬貨1枚が混入していたことが14日、わかった。都内の少年が6月24日に購入して食べたが、健康被害は確認されていないという。同社によると、100円硬貨が混入していたのは5月26日製造の「Bigカットよっちゃんしろ」(30グラム)。少年が食べた際、袋内にさびた硬貨を見つけた。菓子にもさびが付着していた。25日に母親から連絡を受け、社員が自宅を訪問して謝罪した。生産ラインに金属探知機を設置しているが、問題の菓子の製造日に探知した記録がなかったといい、硬貨がどこで混入したかは特定できていないという。同社は読売新聞の取材に対し、「原因を解明するとともに再発防止に努めたい」としている。(2008年7月15日)

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20080715-567-OYT1T00044.html


‥‥ってなワケで、駄菓子マニアのあたしが解説しちゃうけど、普通の「よっちゃんイカ」は13グラム入ってて30円なんだけど、この「Bigカット」は30グラム入ってて60円だから、リトルお得になってる。それから、この「よっちゃんしろ」ってのは、「よっちゃんをしろ!」って意味不明な命令をしてるワケじゃなくて、普通の「よっちゃんイカ」が食紅か何かで赤く着色してあるの対して、こっちは無着色で色が白いって意味で、「白」って漢字で書けば分かりやすいのに、きっと、ちっちゃな子供のことも考えて平仮名にしたのかもしれない。

ちなみに、味は、赤いのも白いのもまったくおんなじ「三杯酢」の味だ。それから、もひとつちなみに、「よっちゃんイカ」って「イカそのもの」だと思ってる人が多いけど、アレって、イカだけじゃなくて、イカのスリ身とタラのスリ身を混ぜて作ってるんだよね。正確には、イカだけを使ってるシリーズもあるんだけど、一般的に「よっちゃんイカ」って呼ばれてる酢っぱい味のヤツは、みんな「イカそのもの」じゃないのだ。だから、「よっちゃんイカ」ってのは、あくまでも「通称」で、袋には「カットよっちゃん」とかって書いてあるだけで、「イカ」とは書かれてない今日この頃、皆さん、イカがお好きですか?(笑)


‥‥そんなワケで、あたしは、この「いかがお過ごしですか?」のとこを「イカがお好きですか?」って言いたいがために、こんなマクラを書いたワケじゃない。あたしが言いたかったことは、「60円の駄菓子を買って、その中に100円入ってたんなら、すごく得したじゃん!」てことだ。「よっちゃんイカ」って、当たりが出るともう1個もらえるって袋には書いてあるけど、ガリガリ君とおんなじで、子供のころから数えきれないほど買い続けて来てんのに、未だかつて一度も当たりなんか出たことのないあたし的には、「ホントに当たりなんか入ってんの?」って疑ってるワケだ。それなのに、「もう1個」どころか「100円」が出て来たなんて、これこそが「大当たり」って感じだと思う。

「よっちゃんイカ」と言えば、子供だけじゃなくて、大人にも隠れファンは多い。それは、お酒のオツマミにも適してるからだ。そして、さらには、ブラックバス釣りをする人たちにも人気がある。何でかって言うと、活性が低くてブラックバスがなかなか釣れない時には、この「よっちゃんイカ」が威力を発揮するからだ。この場合は、赤く着色してあるノーマルのほうがいいんだけど、軽めのラバージグのフックに、ワームとかポークとかのトレーラーをセットしたあと、「よっちゃんイカ」を5~6枚刺す。

そして、このリグをアシ際に落として、「よっちゃんイカ」の三杯酢の匂いが漂うようにスローにピックアップして来ると、ブラックバスが近くにいれば、ガボッと一発で食って来る。ひとつだけ気をつけなきゃなんないのは、あんまりスローすぎると、ブラックバスじゃなくて、アメリカザリガニが釣れちゃうってことだ(笑)‥‥で、ブラックバスがガボッと食ったら、くじらさん仕込みのイキオイで「菊元俊文の電撃鬼合わせ~!」って叫びながらガッツリと合わせれば、間違いなく大物をキャッチ&リリ~ス!キャッチ&リリ~ス!キャッチ&リリ~ス!‥‥なんて騒いでみたりしつつ、鳥居みゆきって、「サクラ大戦」のテレビ版アニメの17話で、サタンが呪文で復活させたミロクにソックリだよね。

‥‥そんなワケで、せっかく魚釣りのことを書いてるから、ついでに書いとくけど、ゆうべのテレビ朝日の「アドレなガレッジ」で、川ちゃんが変なこと言ってたのを思い出した。ゴリさんチームと川ちゃんチームとに分かれて、お買い物をする対決ゲームで、渋谷の「上州屋」に行った釣り好きの川ちゃんが、釣りに興味のないバナナマンの2人に、売り物の釣り竿の先を目いっぱい曲げながら、こんなことを言ってたのだ。


「今の釣り竿は、グラスファイバーっていう素材で出来てるから、こんなに曲げても折れないんだよ」


このセリフを聞いて、あたしは、「はぁ?」って思った。だって、いくら何でも、今どき「グラスファイバー」はないよね。あたしのクチボソ用の釣り竿だってカーボンロッドなのに‥‥。だから、コレって「カーボン」の間違いだよね? だいたいからして、グラスロッドをあんなに曲げたら、絶対に折れちゃうじゃん。でも、訂正のテロップも何もないまま進行してたから、番組のスタッフも魚釣りのことは無知な人ばかりだったんだろう‥‥ってことで、話はクルリンパと戻るけど、「よっちゃんイカ」を作ってる「よっちゃん食品工業」と言えば、過激なネーミングの駄菓子が、あたしのハートを掴んで離さない。

その代表格なのが、この「きっこの日記」にも何度か登場してる「タラタラしてんじゃね~よ」だけど、紫の髪を逆立てた「エックスジャパン」みたな兄ちゃんが、水色のギターを振りかざし、モニターに片足を乗せて、客席に向かって怒鳴ってるパッケージでオナジミの駄菓子だ。これはちゃんと「タラ」って言ってるし、ビミョーにピリ辛な味と歯応えがビールに合うし、酢っぱい味が苦手で「よっちゃんイカ」がNGな人でも、これなら食べられると思う。ちなみに、数年前までは20円だったけど、今は30円で、コンビニとかだと消費税が四捨五入で多めに取られるから、32円になる。

それから、最近では、何と言っても「らあめんババア」だ。これも名前から分かるように、「ベビースター」みたいなラーメンスナックなんだけど、昔は子供の味方だった「ベビースター」が、最近は高級志向に路線を変更したのか、平然と100円以上もする商品を連発するようになって、もはや子供たちの手の届かない雲の上の存在になっちゃった。だから、21円で買える「らあめんババア」は、子供たちプラスあたしにとって、すごく貴重な存在なのだ。

そして、これまた、そのパッケージにインパクトがある。「天才バカボン」に出て来るピストルを撃ちまくってるお巡りさんにソックリな顔の目玉のつながったおばあさんが、死ぬほどのイキオイでラーメンを食べてるのだ。そして、この「らあめんババア」に次いで発売されたのが、辛口の「らあめんジジイ」だ。こっちも、目玉のつながったおじいさんが、ものすごい形相でラーメンを食べてる絵が描いてあるんだけど、中身はずいぶん違う、「らあめんババア」が細麺のチキン味なのに対して、「らあめんジジイ」は太麺のチキン味の辛口なので、単に味付けだけが変わってるだけじゃなくて、麺の歯応えも違ってるのだ。

そして、これらが「ベビースター」と大きく違うとこは、コーヒーカップとかに入れて、熱湯を注いでしばらく待つと、カップ麺として食べられるってことだ。「ベビースター」でこれをやると、味が薄くなって美味しくない。食べられないことはないけど、「ベビースター」の場合は、やっぱ、そのままポリポリと食べるのが一番美味しい。だけど、この2つ、特に「らあめんババア」のほうは、チキンラーメンの味を濃くした感じで、そのままポリポリと食べると味が濃すぎちゃうのだ。あたしは、辛いものとかはワリと平気なんだけど、味が濃いのは苦手で、すぐに喉がカラカラになっちゃうのだ。

でも、太麺の「らあめんジジイ」のほうは、そんなに味は濃くない。これは、あたしの推測なんだけど、おんなじように味つけをした、おんなじ量の麺でも、太麺のほうが、1袋の中に入ってる麺のトータルの表面積が少なくて、そのぶん、味の粉が付着してる量が少ないんじゃないかって思ってる。そして、袋には「激辛」って書いてあるけど、どう考えても「ピリ辛」ってレベルだから、味の濃さとしても、辛さとしても、ビールのオツマミにするんなら、「らあめんジジイ」のほうをオススメする。そして、イザって時の非常食にするんなら、ラーメンとして食べられる「らあめんババア」のほうをオススメする。

たとえば、ガスを止められてても、コーヒーカップに「らあめんババア」を入れて、ヒタヒタになるくらいのお水を入れて、それを電子レンジで1分半くらいチンすれば、ミニラーメンの出来上がりだ。庶民の生活に密着したものが軒並み大幅に値上がりしてる今、わずか21円で非常食をキープしておけるんだから、こんなにワンダホーなことはない。

それにしても、世の中、いったいどうなっちゃったのか、こないだ、大好きなロッテの「パイの実」の期間限定品が出てたから、久しぶりにゼイタクして買おうかなって思ったら、「168円」なんていう法外な値段になってたから、とてもじゃないけど買えなかった。つい、こないだまで、90円とか100円で買えてた「かっぱえびせん」とか「サッポロポテト」とかも、みんな「124円」とかになってるし、カルビーや小池屋のポテトチップスも、ナニゲに内容量が少なくなってるみたいな気がする。しばらく前に、スーパーのお菓子の在庫処分セールで、カルビーのポテトチップスが78円になってたから、ものすごく久しぶりに1袋買って来たんだけど、食べようと思って袋を開けたら、底のほうに3分の1くらいしか入ってなくて、まだ1枚も食べてないのに、すでに誰かの食べ残しみたいな状態になってて、あたしはガクゼンとしちゃった。

‥‥そんなワケで、「きっこの日記」の名物でもある「期間限定お菓子レポ」も、ずいぶな長いことお休みしてるワケだけど、このままお菓子の値上がりが続いてくと、今後もレポはできないと思う。何しろ、最近のあたしがメインで食べてるのは、「株式会社 菓道(かどう)」の「蒲焼さん太郎」と「焼肉さん太郎」と「酢だこさん太郎」っていう1個10円の駄菓子だからだ。どれもタラのスリ身を平たくしたものだけど、それぞれがウナギの蒲焼き味、ピリ辛の焼肉味、酢だこ味になってて、経済的にウナギは食べられず、ヘナチョコベジタリアン的に焼肉が食べられないあたしとしては、すごく助けられてる。だから、自民ナンミョーの売国政権が終焉を迎えて、庶民が最低限の生活をできるような日が来るまで、子供たちが好きなお菓子を買えるような日が来るまで、あたしの「期間限定お菓子レポ」は、「庶民の味方 駄菓子レポ」に変更しようと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ マジでそろそろ自民ナンミョーには政権の座からお引き取り願わないと、この国の庶民は生活していけなくなる、と思った人は、応援のクリックを願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.17

大阪の有名ニューハーフ逮捕

「大阪の有名ニューハーフ逮捕」(世田谷通信)

17日までに大阪府警南署は、大阪ミナミのニューハーフパブ「ベティのマヨネーズ」を風営法違反(無許可営業)の疑いで摘発し、経営者の中塚勉容疑者(62)=同府和泉市桑原町=と、店のママでベティこと春山学容疑者(52)=大阪市中央区谷町=ら6人を逮捕した。南署の調べによると「ベティのマヨネーズ」では客の隣りに座って接待するために必要な風俗営業の許可を受けず、約2年半前に現在の店舗に移転してから、ずっと無許可営業を続けていたとみられている。中塚容疑者、春山容疑者ともに容疑を認めているという。春山容疑者は数多くのテレビ番組などにも出演したことがあり、大阪では有名なニューハーフである。(2008年7月17日)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20080717


★ こちらもポチッとよろしく!
   ↓
■Ranking■

|

この顔にピンと来たら110番!

こいつが、千葉県で繰り返されている悪質極まりない振り込め詐欺グループの犯人の1人です。
(BLACK REBELのTシャツのほうは昨年7月、長袖のほうは昨年10月に撮影された同一人物です)



ただでさえ自民党から徹底的にいじめられているお年寄りたちなのに、その上、若者までもがお年寄りたちを騙してお金を巻き上げてるだなんて、あたしは絶対に許せません!

この人間のクズのアホヅラに見覚えのある人、名前を知っている人は、すぐに下記の千葉県警に連絡してください。


千葉県警察本部刑事部捜査第二課
043-227-9131(内線4227)


また、この画像とメッセージを多くのブログや掲示板など、ありとあらゆる場所に貼りまくりたいので、お時間のある人はご協力ください。

写真と文章を貼りまくってもいいし、このエントリーをリンクしてもいいし、皆さんのできる形でご協力をお願いします。


★ このクズ野郎のツラを1人でも多くの人に晒したいので、こちらのクリックにもご協力をお願いします!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

崖の上のモナ

ついつい、「ポ~ニョポ~ニョポニョさかなの子~青い海から~やってきた~♪」って歌を口ずさんじゃってる人もいると思うけど、あたしの場合は、「モ~ナモ~ナモナおんなの子~安いラブホに~やってきた~♪」っていう替え歌を口ずさんじゃってる。その上、「崖の上のモナ」っていうタイトルまでつけちゃったもんだから、あたしの脳内では、ただいま大ヒット中だ。すごく面白い歌だから、ここに歌詞をぜんぶ書きたいんだけど、ビックル一気飲みなことに、自分が作った替え歌の歌詞をブログに書いても「著作権の侵害」になって、例のオッペケペーな守銭奴団体から料金請求のメールが来るらしい。あたしの感覚だと、あたしの作った替え歌の作者は「あたし」であって、その著作権も「あたし」にあると思うんだけど、法律的にはそうじゃないらしい。

たとえば、自分が作った替え歌を自分で歌って録音して、その音源をブログ上で流したりすれば、歌詞の部分はともかくとして、作曲者に対しては著作権侵害になると思う。これは、あたしにも分かる理屈だ。そして、替え歌にしても、「ポ~ニョポ~ニョポニョさかなの子~広い海から~やってきた~♪」ってふうに、「青い海」を「広い海」に替えただけで、それ以外がほとんどおんなじなら、著作権侵害だって言われても納得できる。

だけど、あたしの作った替え歌は、「やってきた」の部分がおんなじだけで、他はぜんぶあたしのオリジナルだ。あたしが考えて、あたしが作った歌詞なのに、どうして「モト歌の作詞者の著作」ってことにされちゃうんだろう? どうして、その歌詞を作った本人が、自分のブログに書いちゃいけないんだろう? 頭をひねって、いろいろと工夫して、苦労して作った作品なのに、どうして苦労して作った本人の著作として認められないのか、あたしの高卒の脳みそじゃ理解できない今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、世の中には、あたしの脳みそじゃ理解できないこと、納得できないことがマウンテンなんだけど、その中のひとつに、今回の不倫問題における「二岡智宏と山本モナの処分の差」がある。山本モナのほうは、テレビやラジオのすべての番組の出演を自粛させられた上の「無期限謹慎」という、タレントとしては最大級の処分を受け、さらには、事務所に許可をとらなければ外出もできないってんだから、まるで保護観察処分を受けた少年犯罪者のような扱いだ。

それなのに、二岡智宏のほうは、クビにも自宅謹慎にもならず、平然と2軍の試合に出場してる。表向きには、1軍への復帰が延期されたことと、スポーツ刈りとボウズの中間みたいな中途半端な頭にしたことくらいで、他にはコレといって何の処罰も受けてない。そして、あたしが何よりも意外だったのは、各ワイドショーのコメンテーターたちの多くが、二岡に対して、おんなじセリフを言ったことだ。それは、こんなセリフだった。


「これからバットで返して行くしかありませんね」


ようするに、球団にもファンにも迷惑をかけたんだから、これからは1本でも多くヒットを打ち、チームが優勝できるように貢献して行くことで、罪を償って行くしかない‥‥って意味なんだろうけど、あたしは、「えっ?」って思った。もちろん、人の考え方は人それぞれだから、何人ものコメンテーターがいれば、その中の1人か2人くらいは、こういう考えの人がいてもおかしくないし、別にかまわないと思う。だけど、今回の場合は、あたしが見たすべてのワイドショーで、何人ものコメンテーターが、このセリフを繰り返してたのだ。まるでこれが「世論」のように。

‥‥そんなワケで、この問題が起こってから行なった「二岡智宏と山本モナ、悪いのはどっち?」っていうアンケートでは、7月15日23時の時点で、「二岡智宏が悪い」が4010票、「山本モナが悪い」が1397票、「どっちもどっち」が11068票だった。つまり、7割近くの人たちは「どっちもどっち」って思ってるワケだけど、それ以外の3割以上の「どっちかのほうが悪い」って考えた人の多くは、二岡のほうが悪いって思ってるワケだ。「二岡智宏が悪い」って思ってる人は、「山本モナが悪い」って思ってる人の3倍近くもいる。

そして、これはあたしの推測だけど、「どっちもどっち」に1票いれた人の中でも、「両方とも悪いのはその通りだけど、でも、どっちの責任が重いかって言ったら?」ってもう一度聞けば、「二岡」って答える人のほうが多いと思ってる。何でかって言えば、二岡は妻帯者だからだ。だから、もしも、山本モナのほうも結婚してたとすれば、責任の重さは五分五分になるから、たぶん、9割以上の人たちが「どっちもどっち」に票をいれたと思う。そして、残りの1割も、「二岡が悪い」と「モナが悪い」は同率になってたと思う。

このアンケートの結果を見れば分かるように、二岡は、少なくとも山本モナとおんなじか、それ以上に悪いってことになるし、あたしもそう思う。だから、2人の処分の差にあまりにもヒラキがあることを意外に思ってるし、「これからはバットで返して行くしかありませんね」なんてノタマッてる多くのコメンテーターたちに、激しい違和感を覚えたのだ。だって、こんなユルユルなことが通用するんなら、山本モナにも「これからはマイクで返して行くしかありませんね」って言ってやればいいじゃん。そして、次の週の「サキヨミ」から、ナニゴトもなかったかのように出演させて、ナニゴトもなかったかのようにニュースでも読ませりゃ良かったじゃん。

二岡は2軍の試合に出て、「モナ岡~!」とか「五反田~!」とか「9800円~!」とかってヤジを浴びて、7打席で0安打っていうサッパリの成績だったそうだけど、こんなことは「社会的制裁」とは言えない。ナゼなら、今の二岡が、どこよりも「居たくない場所」はと言えば、当然、奥さんのいる「自宅」だからだ。こんなに恥ずかしい浮気の一部始終をニポン中に報じられた二岡としては、奥さんと顔を合わせなくて済むんなら、たとえヤジを浴びようとも、野球をしてたほうが気がラクに決まってる。つまり、今の二岡にとって、本当の意味での処分ていうのは、紛れもなく「自宅謹慎」であって、試合に出させるなんてのはモッテノホカなのだ。

‥‥そんなワケで、あたしは、別に山本モナのことが好きなワケでもないし、二岡のことが嫌いなワケでもない。ただ、今回の2人の処分に、あまりにも大きな差があることが納得できなかったから、こんなどうでもいいことを二度にも渡って取り上げてみたってワケだ。しつこく言い寄られたほうの独身の山本モナを「無期限謹慎」にするのなら、しつこく言い寄ったほうの妻帯者の二岡は、最低でもそれ以上の処分にするのが当然であって、問題を起こした次の試合から普通に出場させるだなんて、どう考えたっておかしな話だろう。今回に限らず、妻帯者の男性と独身の女性の不倫の場合って、過去のいろんな例を見ても、いっつも女性のほうばかりが損をしてるように感じる。処分にしても社会的制裁にしても、女性のほうばかりが重くて、先に言い寄って来た妻帯者の政治家やスポーツ選手のほうは、ナニゴトもなかったかのように、それまでのポストに居座り続けてるケースが多い。だから、あたしは、せめて脳内でだけでも山本モナにエールを送ってあげようと思って、「モ~ナモ~ナモナおんなの子~安いラブホに~やってきた~♪」って歌い続けてる今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 「崖の上のモナ」を口ずさみながら、ポチッとお願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.16

親方日の丸

深夜から明け方にかけて、しつこすぎるほど流れてる眞鍋かをりのニキビの薬のCMだけど‥‥って、医薬部外品だそうだから正確には薬じゃないど、あたしは吹き出物のできるような年じゃないから、今までちゃんと見たことはなかった。で、ゆうべ初めてちゃんと見たら、「2ヶ月間は返品ができる」ってことと、「すべて使いきっても全額を返金する」って言ってた。つまり、最初にお金を払って買って、2ヶ月間、毎日使って、ぜんぶ使いきって、ニキビが治ってから容器だけ送り返して、「納得の行くほどの効果がなかった」って言えば、払ったお金を全額返してくれるってことだ。消費者側としてはアリガタイザーなシステムだけど、あたしは、こんなこと約束して、このシステムを悪用する人も出て来るんじゃないかって思った。

それから、リトル前に、悪質な闇金に対して、「元本も返済する必要はない」っていう判決が下った。たとえば、闇金から10万円を借りると、それに100万円だ200万円だって法外な金利を要求して来るワケだけど、この金利に関しては最初から違法なワケで、払う必要なんかなかった。だけど、最初に借りた元本の10万円に関しては、ホントに借りたお金なんだから、これだけはちゃんと返さないとダメって雰囲気があった。でも、裁判所は、この元本に関して、最初から利用者を騙すために使った「道具」にあたるものなので返済する必要はないっていう判断を下したのだ。

で、これを聞いたあたしは、「それなら、あちこちの闇金からお金を借りまくっても、1円も返さなくていいってこと?」って思ったワケで、それなら、これからは、悪質な闇金を騙してお金を借り逃げしちゃう、もっと悪質な一般人が増殖して来そうな気がした。もちろん、普通にお仕事をしてて、自分の収入だけで何とか生活できてる人なら、ワザワザこんなことしないと思うけど、ギャンブル中毒で借金だらけの人とか、人生ヤケクソになってる多重債務者とか、弱者切り捨てのコイズミ改革によって一家離散させられた中小企業の元経営者とかなら、やっちゃいそうな気がする今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、昔から、「騙すよりも騙されるほうがいい」なんてセリフをよく聞く。山本モナも、前回の民主党の細野豪志との不倫騒動のあとに、このセリフを言ってた。だけど、あたしは、このセリフって、騙されたことがない人だから言えるセリフか、もしくは、騙された人が自分を慰めるために使ったり、周りの人がその人を慰めるために使うセリフなんだと思ってる。オレオレ詐欺に引っかかって、トラの子の貯金をぜんぶ盗られちゃって、落胆してるおばあちゃんに対して、「でもさ、騙すよりも騙されるほうがいいじゃない」なんて言うのは、単なる社交辞令の慰めでしかない。誰だって、ホントは騙されることなんか望んでないし、場合によっては、「騙されるくらいなら騙したほうがマシ」って思ってるかもしれない。

あたしは、世の中に、わざわざ「騙されたい」なんて思ってる人なんかいないと思ってる。もちろん、これは、「詐欺とかで財産を騙し盗られる」ってことに関しての話であって、「セクシーな悪女に騙されたい」なんてのは別の話だ。つまり、世の中のすべての人たちは、お金や財産に関しては「騙されたくない」って思って暮らしてるんだと思ってる。そして、実際に詐欺とかの被害に遭ったことのない多くの人たちは、テレビや新聞で連日報道されてる「振り込め詐欺」のニュースを聞いても、対岸の火事であり他人ゴトであり自分には関係ないって思ってる人たちも多いだろう。

だけど、今の世の中、誰からも騙されてないつもりでも、知らないうちに騙されてることがいっぱいある。まあ、「騙されてる」っていうと語弊があるけど、ようするに、ズルいことや悪いことをしてるヤツラがいるセイで、知らず知らずのうちに、マジメに正しく生きてる者が損をしてることがいっぱいあるってことだ。だって、悪いことをしてお金を儲けてるヤツラがアチコチにいるのに、それでも社会が破綻せずに流れてるってことは、そのぶんを他の人たちが無意識のうちに補填してるからだ。

たとえば、コンビニにしてもスーパーにしても他のお店にしても、全国の店舗で毎日のように万引きが繰り返されてて、その被害総額は莫大だ。全国のすべての店舗での万引き被害額は、年間に数兆円だって言われてる。それなのに、これほどの被害があってもお店が潰れないのは、ちゃんとお金を払って買い物してるあたしたちが、万引き野郎のぶんのお金も、みんなで少しずつ払ってるからなのだ。

ある程度の規模の店舗になると、月間の万引きによる被害額を「支出」として計算してて、それを踏まえた上で商品の価格を設定してる。つまり、月に100万円の万引き被害があるお店なら、その100万円ぶんがすべての商品に5円とか10円とか上乗せされてるってワケで、それを払ってるのは、あたしたちマトモなお客たちなのだ。逆に言えば、万引きなんかする人間のクズが1人もいなくなれば、あたしたちは、75円のお豆腐は70円に、100円のお菓子は90円にって、いろんな物を少しずつ安く買えることになるってワケだ。

だけど、店舗側だって、何の努力もしてないワケじゃない。よく、スーパーの万引きGメンの映像を夕方のニュースとかでやってるけど、あれにしたって、人件費をかけても、それ以上の抑止効果が期待できるからやってるワケで、そのぶんは消費者に還元されてる。たとえば、お店側が、1人の万引きGメンを雇うために20万円使ったとしても、月に100万円あった被害を半分の50万円に抑えられれば、トータルでは30万円は得をするワケで、こうした努力が、毎週火曜日の「お豆腐2丁で100円セール」とか、毎週木曜日の「キャベツ1玉100円セール」の足しになってるってワケだ。

‥‥そんなワケで、店舗側だって努力はしてるけど、煎じ詰めて言えば、この万引きGメンを雇う人件費にしたって、あたしたちがお買い物したお金の中から支払われてるワケで、万引きなんかする人間のクズが1人もいなくなれば、あたしたちは「本来の正規の価格」でお買い物ができるようになるってワケだ。そして、これは、万引きなんて犯罪だけじゃなくて、他のことにも言える。

コンビニで売られてるお弁当やサンドイッチは、規定の時間になったら下げられて、まだ食べられるのにすべて廃棄されてる。そのまま生ゴミとして捨てられる場合もあれば、家畜のエサとしてリサイクルされる場合もあるけど、とにかく売り物じゃなくなる。で、それらの代金は、お弁当を買った人たちが、上乗せされて払ってるってワケだ。たとえば、1軒のコンビニに、1日に50個のお弁当が納品されて、そのうちの5個が売れ残って捨てられてるとする。そしたら、すべてのお弁当の値段が、1割ほど高く設定されてるのだ。つまり、45個のお弁当が売れれば、実際には50個のお弁当が売れたのとおんなじだけの利益が得られるから、5個を廃棄しても利益を確保できるってスンポ―なのだ。

これも、理屈としては、万引きされるぶんを他のマトモなお客が、みんなで少しずつ分担して払ってることとおんなじで、違うのは、犯罪か犯罪じゃないかってことだけだ。どっちにしても、あたしたちマトモな消費者には関係ない「店舗側の理由」によって、本来は90円のお菓子を100円で買わされたり、本来は500円のお弁当を550円で買わされたりしてるってワケだ。つまり、これは、「正直者がバカを見る」ってことで、ほんの一部の悪党や企業側の利益を担保するために、あたしたちが利用されてるってことなのだ。そして、ひとつひとつの商品に付加されてる金額は小さくても、これが年間になると、何万円、何十万円でいう金額になるのだ。

‥‥そんなワケで、万引き野郎なんていう人間のクズがいるセイで、企業側が「多く作って売れ残りを捨てる」なんていう時代に逆行した経営姿勢をとってるセイで、あたしたちマトモな消費者は、何かを買うたびに「本来は払う必要のないお金」を余分に巻き上げられてるってワケだ。そして、それが積もり積もって、年間に何万円、何十万円ていう金額になってるのに、ほとんどの人たちは、まったく気づかずに生活してるってワケだ。そして、これが、もっともっと巨大になったものが、今のニポンそのものなのだ。そう、自民ナンミョーの売国政権が、今までに数の暴力で強行採決して来た数々の「増税案」による「過剰搾取」だ。

莫大な予算を垂れ流しにして造り続けて来た箱モノの数々や、多くの赤字運営のそれらを維持するために、ドブに捨てられ続けてる莫大な予算。こうした大きなものから、職員の温泉旅行やゴルフ代、マッサージチェアから居酒屋タクシー代に至るまで、あたしたちの税金がどれだけムダに使われてるのかって言えば、それは天文学的な数字になる。

一度は期限切れになったのに、国交省の官僚や天下りや土建屋とベッタリ癒着してる自民党の道路族議員によって再採決されちゃったガソリン暫定税にしたって、支払ったドライバーに還元されるどころか、そのほとんどはムダなことに使われてる。だから、今、あたしたちが巻き上げられてる税金は、ものすごくフランク・ザッパに言えば、約3割はムダなこと、つまり、一部の悪党どもが私腹を肥やすために山分けされちゃってるってことなのだ。

たとえば、1万円の税金を納めたとしたら、そのうち、あたしたちのために使われてるのは7000円だけで、残りの3000円は、自民ナンミョーの売国議員どもや、天下りに余念がない官僚どもや、そこに癒着して企業の悪党どもが、みんなで山分けしてるってことなのだ。つまり、コイツラこそが「税金の万引き野郎」ってワケで、こんなクズどもがいるセイで、あたしたちは、本来なら7000円で済むハズの税金を3000円も余分に巻き上げられてるってワケなのだ。

そして、年間の納税額が1万円なんて人がいるワケはなく、普通に働いて普通に生活してる人なら、最低でも年間に30万円くらいは納税してるだろう。そして、買い物したものに掛かる消費税、ガソリンに掛かる税金、タバコやお酒に掛かる税金とかを足せば、平均的な生活をしてる国民のほとんどが、年間に50万円以上の税金を納めてることになる。だから、あたしたち平均的な納税者は、本来なら35万円で済むところを政府側の悪党どものゴルフ代や料亭代を支払うために、15万円も多く巻き上げられてるってことになる。

‥‥そんなワケで、オトトイのニュースで、厚生労働省のパソコンから、業務時間中に、チャットやゲーム、お笑いなどのホームページへアクセスしてたのが、1日に約12万2000件もあったってことが報じられた。これは、本省と全国8カ所の地方厚生局にある計5500台のパソコンについて調べた結果だそうだけど、職員の数で割り算すると、1人あたり22件になるそうだ。だけど、ちゃんとマジメに働いてる人だっているだろうから、全職員が業務中にゲームをやって遊んでるワケじゃなくて、一部のヤツラが、1人で100回も200回もゲームやチャットで遊んでるんだと思う。

で、座右の銘が「前言撤回」のDV男、マスゾエちゃんは、「これらのホーページにはアクセスできないようにします」とかって他人ゴトみたいに言ってたけど、あたし的には、まるで見当ハズレだと思った。だって、仕事中に100回も200回もゲームやチャットにアクセスして遊んでたってことは、朝から夕方までずっと遊んでたってことでしょ? つまり、まったく仕事なんかしてない職員たちに、お給料だのボーナスだのを払ってるってことなワケで、こんな職員が何人もいるのに、それでも何の支障もなく業務が遂行できてたってことは、コイツラ全員、必要ないってことじゃん。

1日に12万2000件ものアクセスがあったってことは、仮に1人が100回だとしたら、1220人の職員は、朝から夕方まで何もしないで、ずっと遊んでただけってことになる。そして、コイツラに支払われてたお給料やボーナスも、あたしたちの税金から出てるってことだ。それなのに、チャットやゲームのホームページにアクセスできなくしたって、何の意味もないじゃん。こんなヤツラ、パソコンで遊べなくなっても、マンガを読むとか、ラジオで落語を聞くとか、昼寝をするとか、どうせ他のことで時間を潰すだけだろう。だって、やる仕事がないんだから。

仮に年収800万円だとすると、1220人ぶんの人件費は、年間で約100億円になる。だけど、これは、「厚生労働省の本省と全国8カ所の地方厚生局」っていう氷山の一角の話であって、他の省庁や地方局もすべて調べれば、この何倍、何十倍っていう「不必要な職員」がいるんだろうし、その人件費の総額はトンデモナイ金額になるだろう。そして、これらの「本来は必要のない人件費」も、あたしたちの税金に上乗せされて搾取されてるってワケだ。

‥‥そんなワケで、あたしたちは、こうした各省庁に巣食う「税金の万引き野郎ども」のセイで、本来は7000円で済む税金が1万円になり、7万円で済む税金が10万円になり、70万円で済む税金が100万円になってるってワケだ。それなのに、今回のマスゾエちゃんの大アマな対応を見れば分かるように、「不必要な職員をクビにする」っていう民間企業なら極めて当たり前の考えが、選択肢にすら上がって来てない。最初から5個は捨てるつもりで50個のお弁当を作り、不必要な5個ぶんの代金を45個のほうに上乗せするがごとく、まったく仕事をせずに遊んでる1220人の職員のぶんの人件費が、ちゃんと仕事をしてる職員たちの人件費のほうに上乗せされて、あたしたちの税金から支払われてる。「不必要なお弁当は作らない」「不必要な職員は雇わない」ってことにしなきゃ、あたしたちは、これからもずっと、「本来は払う必要のないお金」を払い続けてかなきゃならないってのに、サスガ、「親方日の丸」とはよく言ったもんだと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 仕事しないで遊んでる公務員は1人残らずクビにしろ!って思った人は、賛同のクリックお願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.15

ベタベタ民族大行列

「iPhoneを買うために表参道のソフトバンクショップに並んだ長い行列は、実は7割以上がソフトバンクの雇ったサクラだった。これは、行列を見れば並びたくなるという主体性の欠落した日本人の民族性に目をつけた策略で、多くのニュース番組やワイドショーで取り上げられたことを考えると十分な費用対効果が得られたであろう。」‥‥なんていう都市伝説を耳にしたあたしは、これがジョークだってことが分かっていつつも、「あんなもん買うために並ぶ人たちって一体‥‥」って思ってたから、あんまり笑えなかった。

だって、あたしは、「画面にタッチする」ってことが大っ嫌いだからだ‥‥っていうか、画面に指紋がつくことが大っ嫌いなのだ。今のケータイは、画面にタッチすることはないけど、それでも普通に使ってると、電話をかける時に画面の部分にホッペが触ったり、開いたり閉じたりする時にナニゲに画面の部分に触っちゃったりして、気づくと画面が汚れてる。待ち受け画面が表示されてる時には分からないけど、電源をOFFにして画面が暗くなると、身に覚えのない指紋とかファンデとかがついてて汚れてる。だから、あたしは、1日に何度もケータイの画面を拭いてる。

あたしがニンテンドーDSに馴染めないのも、画面にタッチしなきゃなんないからだ。付属のちっちゃいペンみたいなのでタッチするのもタメラッちゃうくらい、画面に触れることが嫌いなのに、自分の指で直接タッチしなきゃなんないゲームも多くて、そりゃあゲーム中だから仕方なくタッチはするけど、そのたびにあたしは、「ゲームが終わったら画面を拭かなきゃ‥‥」って思って、ドンヨリとした気分になっちゃう。画面をタッチするタイプのカーナビが指紋だらけになってるのを見てもゲゲーッて思うし、銀行とかのATMの画面が指紋だらけなのもゲゲーッて思う。

他にも、あたしは、こうした画面をタッチするものだけじゃなくて、窓ガラスはもちろんとして、メガネやサングラスのレンズとか、コンパクトの鏡とか、カメラのレンズとか、こうしたガラスや鏡やレンズ類が汚れてるのがガマンできない。特に「指紋がついてる」ってのに耐えられないから、小さな子供の手の跡がベタベタついた車や電車の窓ガラスを見ると、もう、拭きたくて拭きたくてたまんなくなっちゃう今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、決して「病的な潔癖症」ってワケじゃない。電車の吊り革にも普通につかまるし、朝からいろんな人が握ってたであろう夕方のパチンコ台のハンドルも平気で握る。もちろん、ベトベトしてたりすれば、紙オシボリをもらっ来て拭いたりするけど、乾いてれば気にならない。つまり、「ベトベトする」っていう実害がない限り、自分の手のほうが汚れることに関しては、そんなに気にしてない。あとで手を洗えばいいと思ってる。でも、どうしてなのか分かんないんだけど、昔っから、「相手側」であるガラスとか鏡とかに、自分の指紋がつくのがガマンできないのだ。

自宅でお化粧する時は専用のドレッサーを使うし、出先ならメーク室の鏡やおトイレの鏡を使ったりするし、それ以外でも化粧用の手鏡を使うから、ファンデやアイシャドウとかのコンパクトについてる鏡なんて、ふだんはメッタに使うことはない。だけど、パカッと開けた時に、ちょっとでも指紋がついてると気になっちゃって、化粧直しをするよりも先に、まずはコンパクトの鏡を磨いちゃう。場合によっては、鏡を磨いただけで、カンジンの化粧直しを忘れてコンパクトをポーチに仕舞っちゃうこともあるくらいだ。

ファンデやアイシャドウのコンパクトって、中に粉が散ってて、鏡にも粉がついてることが多いけど、それはガマンできる。もちろん、気づけば拭くけど、粉がついてるだけならガマンできる。あたしがガマンできないのは、鏡に指紋がついてて、その指紋に粉がついてるっていう例のパターンだ。「例のパターン」って言っても、女性にしか分かんないことだけど、男性でも、お化粧するのが好きな一部の人たちには分かるハズだ‥‥ってのも織り込みつつ、とにかく、例の「事件現場の指紋をとってる警察のナントカ捜査官」みたいな状態になってることが耐えられないのだ。

‥‥そんなワケで、あたしは、ふだんほとんど使うことのない、ファンデやアイシャドウのコンパクトの中の鏡でさえも、指紋がついてることがガマンできないほどだから、毎日、何度も使うケータイの画面に指紋がついてるなんて、激しくガマンできない。だから、MAXのファンクラブで会員継続の手続きをした時にくれる年1回のプレゼントで、何年か前にもらった「MAXのロゴ入りケータイ画面クリーナー」をストラップにつけてて、ヒマさえあれば画面をキュッキュッと磨いてる。

そして、あたしのこの感覚は、自分のケータイだけにとどまらない。最近は、ほとんどが赤外線でアドレス交換するけど、その時に相手のケータイの画面が汚れてるのに気づいたりすると、もう、拭きたくて拭きたくてガマンできなくなっちゃう。それで、仲良しのお友達とかなら、「ちょっと貸して!」って言って拭いちゃったりするんだけど、お仕事上の相手とか、その日に初めて会った人とかだと、そんなことできっこない。だから、相手のケータイの画面の指の形のギラギラがヤタラと気になるのに、それを見て見ぬフリして、その場ではナニゴトもなかったかのように振る舞ってるけど、その人と別れたあとに、小一時間くらい、「あ゛~~~拭きたかった!」って思っちゃうのだ。

つまり、あたしは、自分のケータイは当然として、見ず知らずの人のケータイでも、画面が指紋で汚れてることがガマンできないワケで、さらには、画面が指紋で汚れてることを何とも思わずに、拭かないでそのままにしてられるその人の神経にも耐えられないのだ。もちろん、こんなのヨケイなお世話に決まってるけど、あたしにとって、画面に指紋のついたケータイをそのままにしてられる人たちってのは、鼻毛を出したまま歩いてるどころか、その鼻毛の先に鼻クソまでついてるのに、それでも平然と街を歩いてるような人と変わらないのだ。

だから、こんなあたしなのに、こともあろうに「画面を指でタッチして操作するケータイ」だなんて、ふざけるのもタイガイにしろ!って思った。 あたしは死んでも買わないけど、あたしとしては、何千人、何万人、何十万人もの人たちが、みんなでいっせいにケータイの画面を指でタッチして、場合によっちゃ指の腹でこすったりして、さらにはこれからクソ暑い真夏になるってのに、汗をかいた手とかで、ベタベタベタベタと指紋をつけ続けてるって状況を想像しただけで、もう、発狂しちゃいそうなほど気持ちが悪くなって来る。想像しただけで、全身で小さい鳥肌実が演説を始めちゃって、言葉じゃ表現できないほど気持ちが悪くなって来る。

あえて表現するなら、板チョコを食べた時に、間違って周りのアルミ箔まで口に入れちゃって、それが奥歯の隙間にキィ~って詰まりながら、さらに、両方の耳元で発泡スチロールをキュ~ってこすり合わされてる上に、目の前の黒板を先生が黒板消しで消してる時に、黒板消しのモフモフしてる部分が壊れてめくれちゃって、プラスティックのワクの部分で黒板をキィ~って引っ掻いちゃってるみたいな感じなのだ。

‥‥そんなワケで、あたしは、画面を指でタッチするケータイが発売されても、本来なら何とも思わなかった。タマタマそれを買ったお友達と会って、あたしの目の前で操作されたら嫌だけど、ただ「発売された」ってだけなら、「あたしとは関係ない世界のことだから」ってふうに、割り切って考えることができた。だけど、今回のiPhoneの場合は、よっぽどテレビもネタがなかったのか、それとも何らかの裏があったのか知らないけど、早朝のワイドショーでも表参道のソフトバンクショップに並んだ長い行列を生中継してて、こんなどうでもいいような出来事を繰り返し繰り返し流しまくる始末。挙句の果てには、朝7時の開店に合わせて、カウントダウンまでしちゃう大バカっぷりを炸裂させちゃうもんだから、あたしは、こんなにたくさんの人たちがケータイの画面にベタベタと指紋をつけまくるのか‥‥って、ものすごくリアルに想像しちゃって、たまんないほど気持ち悪くなっちゃった今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをポチッとお願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■

|

2008.07.13

緊急アンケートです♪

【二岡智宏と山本モナ、悪いのはどっち?】

1.二岡智宏
2.山本モナ
3.どっちもどっち


★ こちらもポチッとヨロピク♪
   ↓   ↓
■Ranking■

|

舌の記憶

こないだ、お米がなくなりかけてることとか、お野菜が高くて手が出ないってことを書いたら、いつもお野菜を送って来てくださる俳句仲間の女性から、お米とお野菜が送られて来た。もちろん、その時の日記を読んでのことなんだと思うけど、何だか日記で催促したみたいな感じで、あたしは、感謝するとともに、申し訳なく思った。とは言え、急に気が大きくなったあたしは、残しておいた古古米を3合、ぜんぶ豪快に炊いて、1個でガマンしてたお昼のおにぎりも2個に戻したし、半分でガマンしてた朝と晩のご飯もお茶碗1杯に戻した。そしたら、その次の日に、また別のいつもお野菜を送ってくださる俳句仲間の女性から、お野菜の詰め合わせが送られて来た。これまた日記で催促しちゃったみたいな感じで、申し訳なく思いつつ、心から感謝した。

それで、2人から届いた2つのダンボールを開けて、冷蔵庫に入れるもの、すぐ茹でてからフリーザーに入れるもの、そのまま置いておけるもの‥‥って分けてたら、あとから届いたほうに、枝豆が入ってた。どのお野菜も手作りなので、形がそろってなかったり、土がついてたり、虫が食ったりして、ホントに美味しそうなんだけど、この枝豆も、スーパーで見かける農薬だらけのヤツみたいに、4粒も5粒も入ったのがワサワサと成ってるんじゃなくて、1粒とか2粒のも多くて、あっちに2つ、こっちに3つって感じで、絶対量は少ないけど、健康的で、作った人の愛情も感じられて、とっても美味しそうだった。

それで、「枝豆って言ったら、やっぱビールだよな~」って思いながらお野菜の分別を続けてたら、玄関のチャイムが鳴ったので、出てみると、宅配便だった。前に、「きっこの日記R」をブログで紹介してくださった、老舗のハードロックバンド「アースシェイカー」のギタリストのSharaさんからで、3月にリリースされたニューアルバムを送ってくださるって話は聞いてたんだけど、小包はCDよりも大きいし重かった。それで、開けてみたら、ニューアルバムと一緒に、ナナナナナント! アサヒのスーパードライが6本入ってた今日この頃、皆さん、心より感謝いたします。


‥‥そんなワケで、あたしは、何よりも必要な「お米」をいただき、次に必要な「お野菜」をいただき、この時点でサバイバルモードからノーマルモードに復帰できたんだけど、そのあとに「枝豆」、そして「ビール」という、まるで絵に描いたようなアメリカンドリームが炸裂しちゃったもんだから、一気にハイソサエティモードへと突入しちゃった。それで、セレブ気分になったあたしは、MAXのツアーTシャツと短パンだったんだけど、すぐにシルクのキャミワンピに着替えて、さらにはフリフリのエプロンをして、セレブとしての外観を確保しつつ、お鍋にお湯を沸かした。もちろん、枝豆を茹でるためだ。

そして、冷蔵庫の上のCDラジカセに、Sharaさんからいただいたニューアルバム、「Quarter」をセットして、缶ビールをフリーザーに入れて急速冷蔵しつつ、忙しい作業が始まった。とにかく、お野菜に飢えてたあたしは、ゴチャゴチャと調理したり味付けしたりしたお料理じゃなくて、「冷したトマトにお塩をつけて丸かじり」とか、「冷したキュウリにお味噌をつけて丸かじり」とか、「茹でたブロッコリーにお塩をかけて丸かじり」とか、そういう食べ方をしたかった。それで、トマトやキュウリは冷蔵庫に入れて、カリフラワーが1つ入ってたから、それを茹でるために、もう1つお鍋を火にかけた。

とにかく、あまりにも食糧が少なかった状態から、一気に有り余るほどの状態にジャンプアップしちゃったもんだから、あたしはプチパニックで、アタフタ感もありつつ、そのアタフタ感を楽しんでるもう1人の自分がいたりもしつつ、思いついたことから作業を進めて行った。それで、あたしがやったことと言えば、枝豆を茹でて、カリフラワーを茹でて、そのカリフラワーを茹でたお湯で今度はインゲンを茹でたんだけど、他のお野菜の分別もしながら、コロアイを見てフリーザーの缶ビールを冷蔵庫のほうに移動したりもしながらだったから、これが活動限界だった。プシュー!

‥‥そんなワケで、CDのほうはと言えば、同封されてたSharaさんのからのお手紙には、「ジャンルで言うとジャパメタなんで、きっこさんにはピンと来ないかも」って書いてあったんだけど、あたしの愛用のCDラジカセから流れて来たのは、「ヘヴィメタ」じゃなくて、紛れもない「ハードロック」だった。オマケに、2曲目に入ってた「欠片」って曲は、テレビ朝日の「ワールドプロレスリング」のファイティングテーマになってる曲だそうだけど、ナニゲに、KISSの「LOVE GUN」ぽい感じのアレンジが施されてた。それで、あたしは、トマトやキュウリや茹でたお野菜たちが冷蔵庫で冷えるまで、Sharaさんにお礼のメールを書いたんだけど、その中に、こんなことを書いてみた。


CD、カッコイイですね!
まだスタジオ録音のほうしか聴いていませんが、メタルというよりも正統派ハードロックだと感じました。
「欠片」は、アレンジがKISSの「LOVE GUN」ぽくて、ピーター・クリスが好きなあたし的にもツボでした。
ピーターのタイコも好きなのですが、「Hard Luck Women」とか「Beth」とか、ピーターのハスキーなバラードが好きなのです。


‥‥ちなみに、「まだスタジオ録音のほうしか聴いていませんが」ってのは、スタジオ録音のニューアルバムの他に、去年の武道館ライブのDVDが付いてるスペシャルエディションだったからだ。で、プロのミュージシャンに対して、ドシロートのあたしが、こんなにもチャレンジャーで身のほど知らずのメールを送っちゃったワケだけど、Sharaさんから返って来たメールには、こんなことが書いてあった。


きっこさん、CD気に入ってもらえたようで良かった~。
きっこさんの言うように僕らはハードロックなんです。
後になってメタルという言葉が出て来て、その中に無理矢理放り込まれてしまったんです。
最初は「メタルじゃない、ハードロックだ」といちいち言ってたのですが、あまりに何度も言われ、途中で面倒臭くなり、「メタルでいいや~」に変わってしまいました。
バンドの肝心な部分ですよね、今日からハードロック復活です。

あっそうだ、「欠片」のあの部分はKISSへのリスペクトで、聴いてる人があそこで「ニヤッ」としてくれる事を想像しながら、ニヤニヤしながらアレンジしてたんですよ(笑)
わかってもらえて、うれしいな~。


‥‥そんなワケで、感じたことをそのまま書いたら、運よく当たってたみたいだ(笑)‥‥って言うか、あたしは、ハードロックは好きだけど、何でニポンのハードロックを聴かなくなったのかって言うと、ほとんどのバンドがヘヴィメタになっちゃって、あたしの好きな横のグルーヴがなくなっちゃったからだ。横のグルーヴのないロックなんて、ロックじゃなくて「やかましい歌謡曲」でしかない。だけど、Sharaさんたちの作ってる音楽は、ちゃんとロックンロールしてる横のグルーヴがマンマンで、ワクワクして来るような疾走感があった。だから、あたしは、1曲目を聴いただけで、すぐに「あっ!ハードロックだ!」って思ったのだ。

ちなみに、2丁目の牧原ナントカに逆ギレされちゃった松本零士大先生と言えば「キャプテン・ハーロック」だけど、「ハードロック」と「ハーロック」の違いって、「レオパード」と「レパード」の違いに似てる感じがする‥‥ってのも織り込みつつ、あたしは、我が家で一番大きなお皿を用意して、冷蔵庫からカリフラワーとインゲンを取り出して、豪快に盛りつけた。カリフラワーは1個ぶんをぜんぶ、インゲンは20本くらいだ。そして、次に、冷蔵庫からトマト2個とキュウリ2本を取り出して、トマトは6つに切って、キュウリはスティック状に切って、カリフラワーとインゲンの周りを囲むように盛りつけた。

で、文章で読んでると、なかなかビジュアル的にステキな感じがすると思うけど、実際には、ナニゲに、動物園の草食動物用の「エサ」みたいな感じになっちゃった。だって、あまりにもお皿がデカかったことと、こんなにデカいお皿なのに、お野菜の種類が4種類だけだったからだ。大きなお皿でも、8種類とか10種類とかのお野菜が盛り合わせになってて、そこにオシャレなドレッシングでも掛けてあれば「パーティ用のサラダ」って感じになるんだろうけど、種類の少ないものが大量に盛り合わせになってる上に、能登半島のお塩をパラパラと掛けただけで、唯一のアクセントが、キュウリに添えてあるお味噌だけなのだ。

だから、なんて言うか、全体的にジミー・ペイジな感じで、せっかくシルクのキャミワンピに着替えたのに、イマイチ、派手さが感じられなかった。だけど、このお皿が置かれてるのは、パリス・ヒルトンのテーブルじゃなくて、お野菜に飢えてた草食動物、きっこのテーブルなのだ。だから、あたしにとっては、どんなゴチソウよりも美味しそうに見えた。

そして、ちょうどいい具合に冷えたスーパードライを持って来て、プシュッと開けて、ゴキュゴキュッと飲んでから、まずはトマトを口に入れたら、これがもう、究極の美味しさと至高の美味しさとがクロスオーバーしちゃったほどの美味しさで、あまりの美味しさに、思わず、海原雄山と山岡士郎が仲直りしちゃったほどだ。そして、次に、お味噌をつけたキュウリをかじってから、スーパードライをゴキュゴキュッと飲んだら、これまた素晴らしい美味しさの合体で、あまりの美味しさに、思わず、ハマちゃんとミチコさんが合体して、鯉太郎くんの弟を製造しちゃいそうになったほどだ。

それで、あたしは、カリフラワーも美味しかったし、インゲンも美味しかったし、大満足できたんだけど、久しぶりに「本物のビール」を飲んだら、ひとつの発見があった。それは、「ビールは苦い」ってことだ。そんなの当たり前じゃん!‥‥って言われそうだけど、長いこと第3のビールの「のどごし生」ばっか飲んで来て、その「のどごし生」でさえ、ここ1ヶ月くらいガマンしてたあたしとしては、ものすごく久しぶりのスーパードライだったワケで、ものすごく久しぶりに「本物のビール」を飲んだら、その「苦さ」が新鮮に感じられたのだ。そして、「そう言えば、のどごし生は第3のビールの中じゃ一番ビールっぽい味だけど、何かが足りないと思ってたら、この苦さが足りなかったんだな」ってことにも気づいた。

‥‥そんなワケで、あたしは、愛情をそそいで作られた本物のお野菜を食べたり、第3のビールや発泡酒じゃない本物のビールを飲んだら、トマトはトマトの味がする、キュウリはキュウリの味がする、ビールは苦い‥‥っていう、ものすごく当たり前のことなのに、理屈じゃ分かっててもカンジンの舌が忘れかけてたことをハッキリと思い出すことができたのだ。そして、ヘヴィメタバンドを名乗っててもハードロックバンドを名乗ってても、そんなジャンル分けなんか関係なくて、ちゃんとロックンロールしてるゴキゲンなバンドが「本物のビール」で、やかましい歌謡曲になっちゃってるバンドが「第3のビール」なんじゃないかって思えて来た今日この頃なのだ。


※Sharaさんが「きっこの日記R」のことを取り上げてくださったエントリーです♪
「House of the ankh」


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをポチッとお願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■



|

2008.07.12

夜の三振王、二岡智宏

男と女が2人で「ラブホ」に入るってのは、99%は「セックス」するのが目的だ。まあ、男と男とか、女と女とか、男とニューハーフとか、ニューハーフとオナベとか、教師と生徒とか、部長とOLとか、スーパーの店長とパートの女性とか、中居正広と倖田來未とか、他にもいろんなパターンがあるだろうけど、どんな組み合わせの2人でも、一緒にラブホに入れば、それはセックスするのが目的であって、それ以外の目的でラブホに入るカップルなんているワケない。もちろん、「隠し撮りの違法AVを作ってるヤツが隠し撮りのビデオカメラを設置するためにカップルを装ってラブホに入る」とか、「やばいブツの取り引きのためにラブホを使う」とか、「シャブを打つためにラブホを使う」とか、「指名手配犯が警察から逃げるためにラブホを渡り歩く」とかっていう特殊なケースもあるだろうけど、こんなのはマレで、一般の男女がラブホに入って出て来れば、それは「セックスしました」ってことだ。

それなのに、いくら何でも「お酒を飲むためにラブホへ入った」なんて言われて、どこの誰が「ああ、そうだったんですか」って信じると思う? そう、ジャイアンツの二岡智宏とラブホに入った山本モナのセリフだ。それも、ラブホへと向かうタクシーの中では、二岡と抱き合って熱いキスまで交わしてるのに、その流れで入ったラブホが「お酒を飲むため」って、古今東西いろんなイイワケがあるけど、これほどムリがあるイイワケも珍しい。

それにしても、「7月6日の夜10時過ぎ、フジテレビの女性スタッフと一緒に新宿2丁目のゲイバーへと繰り出した山本モナは、オリエンタルラジオの藤森慎吾をはじめとした若手芸人たちや、あとからやって来たジャイアンツの二岡智宏や矢野謙次たちと合流してカラオケなどで盛り上がり‥‥」って、二岡と矢野って2軍で調整中じゃないの? それも、あまりのヘタレぶりでチームの自力Vが消滅したって時期に、主力選手たちがこれじゃあ、ジャイアンツに明日はないよね。つーか、ジャイアンツの1軍選手にとっての「ファーム落ち」って、「夏休み」とか「バカンス」とかって意味なのかね?‥‥なんて思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、子供のころからずっとジャイアンツのファンだったけど、度重なるナベツネのゴーマンさに嫌気がさして、数年前にとうとうジャイアンツのファンを辞めた。そしたら、日常的にイライラすることが少なくなった。ようするに、あれほどお金をバラまいて、アチコチから強い選手を引き抜いて来てんのに、それでも弱いジャイアンツに、心底イライラしてたってワケだ。原の采配ミスで、勝てたゲームを負けた時なんか、次の日の夕方くらいまでイライラしてた。だから、ジャイアンツのファンを辞めたトタンに、原の采配ミスを見るたびに「あ゛ーーーーっ!」って頭を抱えなくてもよくなったし、プロ野球自体をリラックスして楽しめるようになったし、極めて健康的になれた。

ま、そんなことは置いといて、今回の二岡智宏と山本モナの不倫問題だけど、何で「しつこく誘われた側」で「女性」の山本モナばかりが弁明をしてて、「しつこく誘った側」で「男性」である二岡はダンマリを決めこんでんだろう? ホントにサイテーな男だよね。それに、「五反田の1泊9800円のラブホテル」って、あまりにもセコくない? 仮にも、天下のジャイアンツの選手会長が、有名タレントを相手に不倫するんなら、もうちょっと高級なラブホを使えよ! このラブホの値段を聞いただけでも、「セックスさえできればどこでもいい」って気持ちが丸出しじゃん。その上、さっきまで飲んでたゲイバーでは、自分の年俸が2億1000万円だって、みんなに自慢してたんだよ。それなのに、年俸を自慢した足で入ったラブホが9800円って、恥ずかしくないの?‥‥つーか、女房子供がいるのに、ガツガツと女アサリをしてる時点で、二岡の辞書には「恥」って言葉がないんだろうね。

で、この日の状況をもうちょっと詳しく説明すると‥‥って言っても、あたしは見てたワケじゃなくて、週刊誌とかスポ―ツ紙に書いてあることをそのまま書くだけだけど、ゲイバーで酔っ払った二岡は、最初は別の女性に目をつけて、しつこくしつこく言い寄ってた。で、その女性から相手にされなかったので、今度はターゲットを山本モナに変更して、言い寄り始めた。二岡と山本モナは、この日、初めて顔を合わせたんだけど、「32才」で同い年だったことと、2人とも「広島県出身」てことで話が盛り上がり、明け方の4時にゲイバーを出るころには、乗ったタクシーの中でチューチューとタコみたいにキスをしまくるほどの仲になってた。

そして、2人だけで「もう1軒、飲みに行こう!」って思ったけど、お店が見つからなかったから、お酒を飲むためにラブホに入った‥‥ってのが表向きのイイワケなんだけど、皆さん、どう思う? 確かに、明け方の4時にやってる飲み屋さんは少ないだろうから、「お店が見つからなかった」って部分はホントかもしれない。だけど、ゲイバーを出た時点から「もう1軒、飲みに行こう!」って思ってたんなら、何も時間をかけて五反田まで行かなくても、そのまま新宿でお店を探したほうが、この時間でもやってるお店は遥かに多かっただろう。それに、2人を乗せたタクシーが向かった先は「五反田のラブホ街」だってんだから、その目的は見え見えだ。でも、山本モナの言ってることも、それなりにスジが通ってるようには見える。


「タクシーの中で二岡さんから何度もホテルで飲み直そうと言われ、お断りしましたが、路上でもめると目立つと思い、やむなく入りました」


この「タクシーの中で二岡さんから何度もホテルで飲み直そうと言われ」って部分はホントだろう。ただ、この「ホテルで飲み直そう」ってのは、「コーヒーでもいれるから、ボクの部屋にちょっと寄ってかない?」ってのとおんなじで、マサカ、ホントに「お酒を飲む」ことや「コーヒーを飲む」ことが目的だなんて思う大人はいないだろう。こんなセリフに騙されるのは、ウブな少女くらいで、百戦錬磨で二岡よりも打率がいい山本モナが、このセリフのホントの意味を分からなかったハズがない。

つまり、山本モナは、二岡が自分とセックスしたがってるってことを分かってたワケで、それなのに「路上でもめると目立つと思い、やむなく入りました」ってのは、どう考えてもアリエナイザーだ。自分とセックスしたがってる相手、それも、いくら酔ってたとは言え、体の大きなプロ野球選手なんだから、襲われたら逃げることはできない。そんな相手とラブホに入るってことは、山本モナのほうにも、その気があったってことだ。だけど、山本モナは、こんなイイワケをしてる。


「二岡さんを残してホテルを出たのだから、関係はありませんでした」


いくら何でも、これは苦しすぎる。2人で一緒に出て来ようが、バラバラに出て来ようが、そんなことがセックスをしたかしなかったかの証明にはならない。それに、世間に顔が知られてるタレントやスポーツ選手の場合には、時間差でホテルをチェックアウトするなんて日常茶碗蒸しで、逆に、仲良く手をつないで出て来るほうが珍しい。

‥‥そんなワケで、昔から「イイワケ」って言えば、学校や会社に遅刻した時のイイワケがオナジミだけど、ふだん遅刻なんかしない人の場合は、ホントに「電車が事故で遅れた」とか、「子供が熱を出した」とかなんだから、これは「イイワケ」じゃない。実際に起こった出来事であり、正当な「遅刻の理由」だ。そして、ホントは寝坊したのに、ナンダカンダと作り話をしてゴマかそうとするのが「イイワケ」ってことで、この違いは、常習犯かどうかってことだ。怒られても怒られても遅刻を繰り返す常習犯の場合には、たとえ正当な理由での遅刻であっても、ホントのことを言ったって信じてもらえない。

で、山本モナの場合は、残念なことに、不倫の常習犯だ。今じゃ、まるでナニゴトもなかったかのようにテレビに出まくってる民主党の細野豪志との路上キスの写真は、あまりにも無防備で、それが不倫だってことを忘れさせるほどの傑作だった。そして、今回の二岡とのキスの写真も、どう見ても「熱愛カップル」って感じで、とても不倫には見えない大胆さが炸裂してる‥‥ってなワケで、どこからカメラが狙ってようと、まったく気にせずに、妻帯者とのキスを繰り返す山本モナは、「学習能力が欠落してる」ってよりも、「不倫を悪いことだとは思ってない」って感じがする。

あたしは、山本モナって、ワリと頭のいい女性だと思ってる。まだ、今みたくメジャーになる前に、ラジオとかに多く出てたんだけど、あの子猫殺しの作家の問題が起こった時にも、TBSラジオの番組で、何人かの出演者たちの中で、誰よりもマットーな意見を述べてたし、反論に対してもキチンと論破してた。だから、モノゴトの基本くらい分かってる女性なんだと思うんだけど、こと「男」に関してだけは、あまりにも動物的すぎると思う。

ただ、山本モナの男性観や恋愛観、セックス観がどうであろうと、社会的に見たら、妻帯者である細野豪志や二岡智宏と、独身でフリーの山本モナなんだから、ホントなら男性のほうが責められるべき話だ。それなのに、前回も今回も、山本モナばかりが俎上に上げられて、男のほうは逃げまくりだなんて、あまりにも気の毒だ。それに、今回の場合なんて、しつこくラブホに誘われた山本モナは、どっちかって言ったら「被害者」だろう。それなのに、山本モナばかりが責められてるのは、イイワケの中に嘘があるからだと思う。

あたしは、今さら苦しいイイワケなんかしないで、ホントのことを言っちゃえばいいと思う。前回の不倫発覚後に、激しく方向転換した今の山本モナのキャラなら、何を言ったってイメージダウンにはならないし、それ以前に、ここまで汚れちゃったんだから、もう失うもんなんかないだろう。だから、ヘタに二岡なんか庇わないで、ぜんぶ言っちゃえばいいのだ。ちなみに、あたしの想像では、ホントのとこは、こんな感じだ。


「タクシーの中で二岡さんから何度もホテルで飲み直そう、つまり、セックスしようと誘われたのですが、あまり安い女だと思われたくなかったので、最初はお断りしました。でも、何度もキスして盛り上がって来たので、そのままの流れで五反田のラブホへ入りました。それなのに二岡さんたら、飲み過ぎてたのか、カンジンの時に勃たないんですよ。だから私、頭に来て先に出てきちゃいました。二岡さんは、野球だけでなく、夜のバットのほうも2軍落ちですね。あっはっはっはっは~!」


こんなふうに想像すると、すべてのツジツマが合う。逆に、山本モナのイイワケをそのまま信じようとすると、あまりにもスジが通らない。何よりも、自分とセックスしたがってる男性とラブホに入ったことを「路上でもめると目立つと思い、やむなく入りました」なんてのは、本末転倒もいいとこだ。自分もセックスするつもりだったからラブホに入ったワケで、二岡が役立たずだったから先に出て来た。これがホントのとこだろう。

‥‥そんなワケで、あたしは、バッターボックスではサッパリでも、夜のバットはぶんぶん振り回してる「夜のホームラン王」の清原をはじめとして、夜のほうばかり活躍してる選手だけを集めて、シャレで新しい球団を作ったらどうかと思う。プロ野球選手には、ニューハーフ好きな人が多いけど、特にニューハーフ好きが揃ってるのが、何を隠そうジャイアンツだ。清原も、ジャイアンツ時代には、ドラゴンズとの試合で名古屋に行くたびに、名古屋のニューハーフクラブに入り浸りで、お気に入りの●●ちゃんとチョメチョメをしてたし‥‥って、今どき「チョメチョメ」なんて言うと、「そう言えば、山城新伍って何してんだろう?」なんてことも気になり出してきちゃう今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ あたしの想像が当たってそうだと思った人は、応援のクリックをポチッとお願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■


|

2008.07.11

サイキッコ降臨?

しばらくぶりにこの話題を書くけど、あたしは、去年の秋くらいから、変な予知能力みたいなのが芽生えたか、もしくは、疲れ過ぎてて頭がリトルおかしくなったか、どっちかの状態が続いてる。ハッキリと認識したのは去年の12月からなんだけど、有馬記念が当たったり、パチンコで大当たりする台が分かったりもしてるから、単なる気のせいとか幻聴とかノイローゼとかってことで片づけらんない部分もあったし、「シンクロニシティじゃないか?」っていう助言とかもいただいたので、なるべく冷静に、自分に起こってる不思議な出来事を分析してた。

それで、複数の人たちから、「人に言うと能力が消えてしまうことが多いから、日記には書かないほうがいい」ってアドバイスされたので、ここには書かないようにしてた。で、今日は久しぶりに書いてるワケだけど、今日までにどんなことがあったのかって言うと、たとえば、車を運転してると、突然、頭の中に4ケタの数字が浮かんだりした。何か目に入った建物とか歩道橋とかに、その数字が書いてあったとかじゃなくて、何の前ぶれもなく、全然違うことを考えてたのに、突如として「3188」って数字が浮かんだのだ。それで、「3188‥‥3188‥‥3188‥‥」って思いながら運転してると、あたしの車の前に割り込んで来た車のナンバーが「3188」なのだ。

他にも、朝から何度も「215」っていう3ケタの数字が頭に浮かんでて、「何だろう?」「何だろう?」って思いながら1日のお仕事を終えて、「何でもなかった。気のせいだった」って思いつつ、帰りにガソリンを入れたら、「21.5リッター」だったこともあった。だから、競馬とかパチンコとかの「お金が儲かること」よりも、当たっても何のメリットもないことのほうが多いみたいで、もしもこれがホントに超能力だったとしても、エスパー伊藤とおんなじくらいしか役に立たないと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、久しぶりにこの話題を取り上げたのは、オトトイから何通もの同様のメールが届いてるからだ。で、まずは、そのうちの何通かをご紹介する。


お名前:たかし
コメント:きっこさん、詳しい日にちは忘れたけど、前に”5070”が当たるみたいに日記に書いてたので、これはナンバーズ4だと確信して、その次の日より一口200円を毎日(週5日)買い続けました。それが、7月7日の日に”5070”が出ました。ストレートで80,2500円でした。ありがとうございます。これからも頑張って書き続けてくださいね!


お名前:●●●子
コメント:きっこさんお早うございます!二度目のメールになります町田の●●です。きっこさんが1月後半の日記で「5070」の数字の予知夢を見たと書いてたので、これってナンバーズ4かもと思いまして、それからちょくちょくと「5070」を買ってました。でもなかなか当たらないので、4月頃からは時々しか買わなくなりました。でも7月7日の日に「七夕だしラッキー7の日だから久々に買ってみよう!」と思って「5070」を買ったところ、ナナナナント、ストレートで大アタリです!200円が80万2500円ですよ!自分の目を疑いました!きっこさん本当に感謝×100です!(後略)


お名前:とし
コメント:きっこさんの夢の数字5070がナンバーズ4でストレートきましたあ!ありがとうございましたm(__)m


お名前:覚醒を忘れた中年
コメント:きっこさん、お久しぶりです。以前「5070」で日記を書かれていましたよね。ナンバーズ4で昨日5070が出現しました。恐らく夢をみられてから百何回目かの抽選での出目です。私はきっこさんの夢を信じて先週金曜まで5070でほぼ毎抽選分を購入していましたが、悲しいことに、たまたま昨日購入し忘れてしまい、折角の5070を逃してしまいました。相当ショックを受けて落ち込んでいます。つまらない報告になってしまい申し訳ありません。


‥‥そんなワケで、あたしはナンバーズは買ったことないので、もちろん今回も買ってないけど、一口200円で週に5日なら、1週間で1000円、1ヶ月で4000円の投資ってワケで、約5ヶ月だから、合計で2万円の投資で、それが80万円になったんだから、大儲けだよね! 当たった皆さん、おめでとう♪ そして、覚醒を忘れた中年さん、残念でしたね。ずっと買ってなかったのならジンジャエールだけど、直前まで買ってたのに、たまたま買い忘れた日に出ちゃうなんて、ホントに残念です。

で、他にも10人以上の人からメールが届いてるんだけど、それらはみんな、「ナンバーズ4で5070が出ましたよ」っていうお知らせで、ご自分は買ってもないし買おうともしてなかったものだ。だから、一応、当たったって人が3人、残念だった人が1人ってワケだけど、ナンバーズ4のホームページを見てみたら、ストレートで当てたのは全国で44口だけだったから、そのうちの3人が「きっこの日記」を読んでの当たりってことは、なかなかスゴイ確率だと思った。もしも、覚醒を忘れた中年さんも買い忘れてなければ、全国の大当たりの1割は「きっこ風味」ってことで、あたしってば、ナニゲにサイババみたいな感じになってたかもしんない(笑)

ちなみに、あたしが「5070」って数字について書いたのは、1月22日の日記、謎のナンバー「5070」なので、興味のある人は過去ログを読んでもらうとして、この時も、夢で「5070」を見たあとに、お買い物した合計金額が「5070円」だったり、掛かって来た電話番号の下4ケタが「5070」だったりって、この数字が続いたんだよね。そして、何よりも気になるのが、その中に、前の車のナンバーが「5070」だったってのがあったことだ。

だから、マクラのとこで書いた、しばらく前に浮かんだ「3188」って数字も、今んとこは前の車のナンバーだけしか一致してないけど、レシートとか電話番号とか、他のことでも連発するようになったら、もしかすると?‥‥って気がして来た。

あっ! 今、気づいたけど、あたしさっき「ナニゲにサイババみたいな感じになってたかもしんない」って書いたけど、「3188」って、「サイババ」って読めるじゃん! ぜんぜん何も考えずに、頭に思いついたことをテケテケと打ち込んでただけだから、さっきはぜんぜん気づかなかったけど、「サイババ」なんて、もう何年も忘れてたような名前なのに、突如として頭に浮かんだから、そのまま書いたんだよね。

で、「ナニゲにサイババみたいな感じに」って書いたとこで、一瞬、「今どきサイババなんて古いよな。今はジョセフィーヌとかジョセフィーノとかいう預言者のほうが流行ってるみたいだから、そっちを使おうかな?」って思ったのだ。だけど、こういうのにまったく興味のないあたしは、その人の正しい名前を知らないワケで、ここに書くためには、ネットで検索したりして調べなきゃなんない。それで、それがメンドクサかったから、重要な部分じゃないし、「ま、いっか!」って思って、「サイババ」のまんまで書き進めたってワケだ。

‥‥そんなワケで、まだ、前の車のナンバーと、たまたま頭に浮かんだ「サイババ」だけだから、前回の「5070」と比べたらまだまだ弱いけど、これから「3188」がいろんなとこに出て来るようだったら、あたしもナンバーズ4を買ってみようと思う。とにかく、4ケタの数字の組み合わせって言えば、10×10×10×10=10000種類もあるワケで、それが100回ちょいで当たったってことは、単なる偶然とは思えないような気がするからだ。だけど、「人に言うとダメ」って言われてたのに、こんなに書きまくっちゃったから、当たるものも当たらなくなっちゃったかな?‥‥って気持ちも半分あるし、どうしたらいいのか分かんなくなって来た。だから、インドにでも行って、サイババに聞いてみようかな?‥‥って思って、今、シャレでサイババのことを検索して調べてみたら、サイババって「11月23日生まれ」って書いてあった! あたしのお誕生日の次の日じゃん! なんなの? この偶然の連鎖って?‥‥って感じで、不思議な気分がマンマンな今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ あなたにも幸運が訪れるように、1日1回、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
■人気blogランキング■


★ こちらもぜひお読みくださいね♪
   ↓   ↓
■月へ続く道■

|

2008.07.10

食品偽装は日常チャーハン

「今度は鶏肉の産地偽装が発覚!」ってテレビや新聞で騒いでるから、「またかよ?」って思ったら、不思議なことに、2年も前の「2006年7月」の事件が、今になってニュースになってんだから、あたしはニワトリみたいに首をひねっちゃったよ。で、今回の産地偽装は、食肉会社「山形屋」(東京都江戸川区下篠崎町4-7)の社長、奥山芳雄(65)が、ブラジル産の鶏肉を岩手産の国産品に偽装して、学校給食用に納入してたってものだ。

犯行が行われたのは、2006年7月3日から19日にかけてで、奥山芳雄は、千葉県の浦安市東野給食センターなど市内3カ所の給食センターに、計14回に渡って、「岩手県産」と表示したニセモノの証明書を添付して、ブラジル産の鶏肉を計1235キロ納入した。この偽装鶏肉は、市内の25校の小中学校の給食で、生徒たちが食べたそうだ。そして、このうちの680キロぶんを立件した千葉県警浦安署は、9日付けで「不正競争防止法違反容疑」で書類送検したそうだ。

つまり、犯行が行われたのは2年前だけど、ようやく立件して書類送検したから、今回、テレビや新聞で騒いでるってワケだけど、このオヤジ、この2年間、何のオトガメもなしに平然と肉屋を経営してたんだよね。そして、これからも、ナニゴトもなかったかのように肉屋を経営してくんだよね。つまり、ツッコミどころは2つあるってことだ。何でこんな事件を立件するのに2年もかかったのかってことと、何でこれほどの犯罪を犯しても営業取り消しや懲役刑にならないのかってことだ。

だけど、何のオトガメもなしって言っても、今回のケースは「不正競争防止法違反容疑」で書類送検されたんだから、他の同様のケースよりは遥かに重い処罰を受けてるのだ。食品の産地偽装なんて、たいていの場合は、自治体などによる文書や口頭での「改善命令」だけで、警察沙汰にもならずに終わっちゃう今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、次から次へと発覚してる食品の産地偽装だけど、いつもあたしが「氷山の一角」って言ってるように、摘発されてるのは「運の悪かった業者」だけなのだ。今回の「山形屋」の奥山芳雄にしたって、テレビのニュース番組のインタビューに対して、まったく悪びれる様子もなく、こんなセリフをノタマッてた。


「大なり小なり、みんなやってることだからね」

「(産地偽装なんて)どこでもやってることだよ」

「うちはたまたま刺されて捕まっちゃったけどね」


この「刺されて」ってのは、「密告されて」って意味だ。今回、「山形屋」が摘発されたのは、内部事情に詳しい者が、市に密告したことから発覚した。だから、もともと「山形屋」で働いてて、この社長に恨みを持ってる者なのか、それとも、商売ガタキなのかは分からないけど、とにかく、内情を知る誰かが密告したことによって発覚したってワケで、それに対してこの社長は、「うちはたまたま刺されて」って言ってるのだ。

ちなみに、内情を知る者が市に情報提供して、市が詐欺容疑で浦安署に告発したのは、2006年11月だ。つまり、犯行の4ヶ月後ってワケで、翌月の12月には新聞にも掲載されてる。それなのに、何で立件に2年近くもかかったんだろうか? 浦安署でこの事件を扱った担当者って、本気で仕事をしてんだろうか? それとも、自分が食べたワケじゃないから、どうでもいいと思ってんだろうか?

‥‥そんなワケで、この厚顔無恥な奥山芳雄ってオヤジが、まったく悪びれる様子もなく、平然とした顔でノタマッてる「うちはたまたま刺されて捕まっちゃったけどね」ってセリフは、スピード違反の取り締まりで捕まったヤツの「みんな120キロで走ってんのに、たまたまオレだけ捕まっちゃったよ。あ~あ、ついてねえな‥‥」って感覚とおんなじなんだろう。そして、実際に、他の多くの食品業者も、平気でスピード違反をしてんだろう。

で、このオヤジのスットボケた顔とセリフで思い出したのが、こないだも書いたけど、産地偽装食品のメッカの「宮崎県」で、台湾産のウナギを宮崎産として、そのまんま東のシールまで貼って売りさばいてて、去年の9月に摘発された「石橋淡水」の取締役、石橋政男だ。石橋政男も、テレビカメラに向かって、平然とこうノタマッてた。


「うちだけが産地偽装をしてるわけじゃない」

「全国の業者を調べたら日本中が大変なことになる」


‥‥そんなワケで、一連の耐震偽装事件が騒ぎになってた時に、「全国のマンションの耐震強度を再計測すべきだ」っていう野党議員からの声に対して、当時のコイズミ政権下で自らを「偉大なるイエスマン」だって言ってハバカラなかった武部ブタは、「そんなことをしたら日本中が大変なことになる!」って言ってたよね。そして、政府と国交省が手を組んで、必死に火消しをして、末端の数人だけに罪を押しつけて、99%の悪人たちを守ったんだよね。それも、莫大な税金を使って。

もう全国の人たちがウスウスと感じてるように、今や衣食住のすべてが偽装だらけのニポンなんだから、ホントにすべてを調べたら大変なことになるワケで、そんなことがバレちゃったら国の責任も問われちゃうワケで、フクダちゃんの引責くらいじゃ済まなくて、与党はジ・エンドになっちゃう。だからこそ、どんな偽装も見て見ぬフリを続けて来たんだし、場合によっちゃ火消しに走って来たってワケだ。それにしても、政府が、税金を使って、消費者を騙してる悪党どもを守り続けてるだなんて、今どき原宿のホコテンで竹の子族が輪になって踊り出しそうなほどシビレちゃうよね。

今回の奥山芳雄のニュースを耳にした時、あたしは、「また山形屋かよ」って思ったんだけど、それは、普通のブロイラーの肉を加工した商品に、そのまんま東の似顔絵を使って、「宮崎県産」の地鶏として販売してたのが、宮崎県の「山形屋」ってデパートだったからだ。でも、チョコっと確認してみたら、これは、たまたま名前が一緒なだけで、何の関係もなかった。宮崎県のデパートのほうは、濁点がつかなくて「やまかたや」って読む。今回の「山形屋」のほうは、濁点がついて「やまがたや」って読む。そして、まったく関係ない。

だけど、まったく関係ないのに、名前も一緒ならやってることも一緒なんだから、マジで奥山芳雄の言ってる通りに「どこでもやってることだよ」ってことなんだろう。それにしても、正規の国産の鶏肉の半額にあたる1キロ310円でブラジル産の鶏肉を大量に仕入れて、それを国産の鶏肉に偽装して、国産の鶏肉の値段で売ってたんだから、市が告発した内容の通り、どう見ても「詐欺罪」だと思うんだけど、どうして警察は「不正競争防止法違反容疑」なんかで立件したんだろう?‥‥って思ったら、市はお金を払う前に「山形屋」の偽装を知ったために、お金を払ってなかったんだって。それで、お金を払ってなければ「詐欺罪」は適用されないってことで、この「不正競争防止法違反容疑」で立件するしかなかったんだって。

ようするに、振り込め詐欺に引っかかって、ATMからお金を振り込んじゃったら相手は「詐欺罪」になるけど、振り込む寸前に気づけば、相手は「詐欺罪」にはならない‥‥てのとおんなじで、あたしは、コレッて、なんだかな~って思う。だって、私利私欲のために他人を騙してお金を巻き上げるなんて、人間として最低最悪の非道であり、成功しようが失敗しようが、こうした行為を行なった時点で、一律「無期懲役」にすべきだと思うからだ。

‥‥そんなワケで、あたしは何度も書いて来たけど、とにかくニポンの法律は、罪に対する罰がユルすぎる。何しろ、家族を3人も殺した凶悪犯が、精神ナントカで無罪になっちゃうなんて、とてもマトモとは思えない。この凶悪犯を死刑にするだけじゃなくて、こんなトンチンカンな判決をくだした裁判官も、一緒に死刑にして欲しいくらいだ。とにかく、この国の司法は、どう考えてもおかしい。食品の偽装をしたら懲役20年、官僚が居酒屋タクシーに乗ったら無期懲役、政治家がワイロをもらったら死刑、都知事が税金を私物化したらその場で射殺‥‥って、これくらいは普通だと思う。だから、あたしは、早く裁判員制度が始まって、早くあたしんとこに連絡が来て欲しいと思ってる。あたしが裁判員になったら、情状などいっさい認めずに、カタッパシから死刑にしてやるつもりの今日この頃だからだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 政治家と官僚が犯罪を犯した時の処罰は、一般市民よりも重くすべきだ!って思う人は、応援のクリックをお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ こちらもどうぞ♪
  ↓
■クワバタ大作戦■

|

2008.07.09

織姫ちゃんの下心

七夕が過ぎちゃってから七夕について書くのもアレだけど、8年も日記を書き続けてると、毎年7月7日には七夕について書いてるから、もう書き尽くしちゃった感もある。特に、夜空の星を観察するのが好きなあたしとしては、織姫と彦星のお話だけじゃなくて、星座のお話も過去にタップリと書いたし、もうコレと言って書くことがない‥‥って思ってたんだけど、何もウンチクを傾けなくても、普通の人の日記みたく、自分が何をしてたのかを書けばいいか‥‥ってことで、七夕の夜に、あたしが何をしてたのかって言えば、F1のイギリスGPを観てた。夜の11時過ぎから放送が始まって、コーフンしながら観戦してたら、すぐにレース結果がメールで届いたから、今すぐに開封して結果を知りたい気持ちを横四方固めで抑えつつ、次々に雨でクルクルとスピンするマシンたちを眺めてた。

で、「それって日曜日の夜、つまり、6日の夜のことだろ?」ってツッコミを入れようとした老若男女に犬猫クチボソ黒メダカの皆さん、残念でした。多くの人たちは、「7月7日の夜が七夕」って思い込んでるけど、それは間違いで、正しくは、「7月6日の夜から7日の明け方にかけてが七夕」なのだ。だから、7月7日の夜に、願い事を書いた短冊を笹に吊るしたって、1日過ぎちゃってるから、もう時間切れで叶わないのだ。もちろん、あたしは、F1を観終わったあとに、「世界中の野良猫たちが幸せになりますように」って書いた短冊を50cmくらいのクマザサに吊るして、お祈りをした。この辺、あたしは、抜け目がないと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、もっと細かいことを言えば、ホントの七夕は「旧暦の7月6日の夜から7日の明け方にかけて」なんだから、現代の新暦で言えば、8月に入ってからってワケで、新暦の7月6日の夜にやろうが7月7日の夜にやろうが大差ない。どっちにしたって、1ヶ月以上もズレてんだから。でも、そこまで細かいことは言いっこなしにして、だけどもリトル細かいことを言っちゃうのが、ナニゴトもフランク・ザッパだったり、フランク・ザッパの娘のムーン・ザッパだったりする「きっこの日記」ってワケだ。

だから、いつものように、パンツのゴムをゆるくして読んでもらうとして、柳田國男の高弟としてオナジミの民俗学者で詩人の折口信夫が、昭和4年(1929年)に発表した「たなばたと盆祭りと」っていう論文系のエッセイの中に、次のような記述がある。


「たなばたは、七月七日の夜と、一般に考へられてゐる様であるが、此は、七月六日の夜から、翌朝へかけての行事であるのが、本式であつた。此点、今井武志さんの報告にある、信州上水内の八月六日の夜を以てするのが、古形を存するものゝ様である。沖縄に保存してゐるたなばた祭りも、やはり七月六日の夜からで、翌朝になるとすんでゐた。」


ここには、「七月六日の夜から、翌朝へかけての行事であるのが、本式であつた」って書かれてて、沖縄の七夕に関しても、「七月六日の夜からで、翌朝になるとすんでゐた」って書かれてる。あたしは、これは、昔の人たちの「1日の感覚」によるものなんだと思う。今は、時計の針が深夜0時を過ぎた瞬間からを「翌日」って見る人が多いと思うし、実際、それが「翌日」になる。だけど、今みたく、朝までずってテレビやラジオをやってて、繁華街は昼間のように明るい「炭素社会」じゃなかった古き良き時代には、どの家の人たちも夜は寝て、朝起きて、お天道さまが上ってる間に仕事や用事を済ませてた。

だから、1日の始まりは「日の出」であって、深夜0時じゃなかったのだ。つまり、現代的に言えば、七夕は「7月6日の夜から7日の明け方にかけて」ってことになるけど、当時の人たちの感覚で言えば、7日の「日の出」までは「6日の夜」ってワケだから、ようするに、七夕は「7月6日の夜にやる行事」だったってワケだ。だから、大きなことにはフランク・ザッパなのに、小さなことにはコダワリまくるあたしとしては、昔の本式の七夕のエッセンスを現代風にアレンジして、「7月6日の深夜0時までにやる」ってのがホントのとこだった。

そうすれば、「7月6日の夜」っていうアバウトな昔の把握の中にも、分刻みで生活してる現代人としてのコダワリがキラリと光ってて、旧暦と新暦の違いっていうカンジンの部分を無視しつつも、ナニゲに短冊に書いた願いが叶いそうな雰囲気がして来るからだ。だけど、あたしの場合は、時計の針が深夜0時を過ぎてからだったから、ものすごくビミョ~なとこで、自分でも何が言いたいのか怪しくなって来る。

‥‥そんなワケで、とにかく、昔の本式の七夕は、7月6日の夜だったってワケだけど、それなら、何で「七夕」って書くのかって疑問が湧いてきちゃう。だいたいからして、「七」の「夕」なんて書いて「タナバタ」なんて読ませてるから、みんな「7日の夜」って思っちゃうワケで、こんなのどうせ当て字なんだから、それなら「六夕」って書いて「タナバタ」って読ませりゃ誰も間違えないハズだ。

「タナバタ」は、もともとは「棚機」って書いてた。この字を見れば、誰でもすぐに機織りをする「織姫」のことが頭に浮かんだと思うけど、もちろん、この「機」は、機織りの「機」だ。で、この「棚機」ってのが何かっていうと、大きな棚を造って、その上で女の子が機織りをして、神様をお迎えするっていう儀式みたいなもんなのだ。「日本書記」の巻第ニのニの「天孫降臨(てんそんこうりん)」のとこに、こんな記述がある。


吾田の笠狹之御碕に到る。遂に長屋の竹嶋に登る。乃ち其の地を巡り覽れば、彼に人有り。名を事勝國勝長狹と曰う。天孫因りて問いて曰く、「此は誰が國ぞ」。對えて曰く、「是長狹が住める所の國也。然れども、今、天孫に奉上らん」。天孫、又問いて曰く、「其の秀起つる浪穗の上に八尋殿を起てて、手玉も玲瓏に織經る少女は、是誰が子女ぞ」。答えて曰く、「大山祇神が女等、大を磐長姫と號す。少を木花開耶姫と號し、亦は豐吾田津姫と號す」。


‥‥って、マニアじゃなきゃチンプンカンプンだと思うから、マニアのあたしが簡単に訳すと、こんな感じになる。


天から降りて来た、アマテラスの孫のニニギノミコトって神様が、吾田(あた)の笠狹之御碕(かささのみさき)ってとこに到着したので、ついでに見晴らしのいい高台に登って、辺りをグルリと見渡してみたら、誰か分かんないけど人がいた。それで、その人に声をかけてみたら、事勝國勝長狹(ことかつくにかつながさ)って名前の人で、ハッキリ言って、どこまでが名字でどこからが名前なのかも分かんないほどヘンテコな名前のオッサンだったんだけど、そのオッサンに「この国は誰の国なの?」って聞いてみたら、「私の治めている国ですが、あなたに差し上げます」と来たもんだからビックル一気飲みしちゃったよ。で、「あの海に張り出した御殿で、手につけた玉をリンリン鳴らしながら機織りをしてる可愛い女の子は、いったい誰の子なの?」って聞いてみたら、「あれは大山祇神(オオヤマツミノミコト)の娘で、木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)です」って教えてくれた。


‥‥って、「簡単に訳す」とか言いながら、ついついヨケイなことまで書き足しちゃったけど、ようするに、天から降りて来た神様のニニギノミコトは、海に突き出した御殿で機織りをしてたコノハナサクヤヒメにひと目惚れしちゃうんだけど、この御殿ていうのが、「八尋殿(やひろでん)」だ。釣りをする人なら知ってると思うけど、大人が両手をいっぱいに広げた長さを「一尋(ひとひろ)」っていって、約1.8mになる。つまり、その8倍だから、幅が15mくらいある御殿てワケで、それが海に突き出て建ててあるんだから、当然、海の中からも柱が立ってて、床の前のほうを支えてる。

この建築様式を頭の中に浮かべてもらうと、いかにも「棚」って感じでしょ? 普通に地面の上に建ててある御殿なら「棚」とは呼ばないだろうけど、こんな風変わりな様式だから、大きな「棚」に見立てて、さらには中で機織りをしてんだから、これぞ「棚機」ってワケだ。

で、ニニギノミコトは、バッチリとコノハナサクヤヒメをナンパしちゃって、この八尋殿の中でラブラブの生活を始めちゃう。だから、余談になるけど、全国各地にある結婚式場には、「八尋殿」ていう名前をつけてる式場や会場がいくつもあるのだ‥‥なんて業務上の知識もちりばめつつ進んでくんだけど、この話だけを聞くと、ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの出会いは偶然みたいな感じがしたと思う。だけど、これは、偶然じゃないのだ。

だって、機織りをするだけなら、何もワザワザ海に突き出した御殿なんかを建てて、そんなとこでやる必要はないし、手に音の出る玉をつけて、機織りしながらリンリンと音を出す必要もない。じゃあ、これは何なのかって言うと、「神様を呼ぶ儀式」なのだ。古い農村の民間信仰に、「棚機女(たなばたつめ)」っていう巫女が、水辺で機織りをして、神様が降臨するのを待つっていう五穀豊穣の儀式がある。そして、その民間信仰と、中国から伝来して来た「七夕伝説」と結びついて、「七夕」を「タナバタ」って読むようになったのだ。

‥‥そんなワケで、これが起源なんだから、織姫ちゃんは、ホントは機織りすることが仕事じゃなくて、機織りしてるフリをして、男を誘うことが目的だったのだ。それも、「神様狙い」ってことは、ようするに「玉の輿狙い」ってことで、なかなかのやり手だったんだと思う。現代なら、「男性が一生懸命に働いてる姿にグッときちゃう」って女性も多いだろうけど、古代のニポンでは、女性がセクシーに機織りをして、それで神様をGET MY LOVE!してたってワケだ。だから、機織りも編み物もできないあたしだけど、ここはひとつ、夜な夜なベランダでリリアンでもしてみるか‥‥なんて思った今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしくお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ こちらもどうぞ♪
  ↓
■クワバタ大作戦■



|

お知らせです♪

6月7日に放送した「あさパラ!」(読売テレビ)と、6月15日に放送した「ピカハピカハイヒール」(毎日放送)で、それぞれ「きっこの日記R/好き?好き?嫌い?編」をプレゼントさせていただきましたが、両番組とも、ものすごい反響で、とてもたくさんのご応募をいただきました。

応募してくださった皆さん、本当にどうもありがとうございました♪


ハイヒール・リンゴさんから、「厳正な抽選の上、当選された方への発送が完了いたしました」と連絡がありましたので、ここにご報告させていただきます。

当選した方は、数日中に届くと思いますので、お楽しみに♪

当選しなかった方は、買って読んでくださるとアリガタイザーですm(u_u)m ペコリ


それから、すでに買って読んでくださった方は、巻末にある読者プレゼントの締切が「8月末日」ですので、お忘れないようにご応募くださいね。


「きっこの日記R/好き?好き?嫌い?編」のご紹介♪
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2008/02/post_889f.html

|

2008.07.08

「洞爺湖サミット」という茶番劇

世界のバカが集まって、それぞれの立場だけしか考えてない幼稚なパフォーマンスを繰り広げてる学芸会、「洞爺湖サミット」だけど、出席してる主要8カ国の首脳たちの、それぞれの国での現在の支持率が発表になったので、支持率の低い順にご紹介する。


【ニポン】 福田康夫 22%
【アメリカ】 ジョージ・W・ブッシュ 23%
【イギリス】 ゴードン・ブラウン 25%
【カナダ】 スティーブン・ハーパー 32%
【ドイツ】 アンゲラ・メルケル 36%
【フランス】 ニコラ・サルコジ 38%
【イタリア】 シルビオ・ベルルスコーニ 59%
【ロシア】 ドミトリー・メドベージェフ 73%

「洞爺湖サミットに出席している各国首脳の支持率」より
http://www.afpbb.com/article/politics/2415153/3108460


もちろん、これは、それぞれの国の政府の宣伝機関であるマスコミが発表した数字なので、実際には、さらに低いだろう。フクダちゃんにしても、あれほど無能な操り人形なんかを未だに2割もの国民が支持してるワケがない。ニポン国民のほとんどが解散総選挙を望んでて、自民ナンミョーの売国政権は、国民の審判を受けることを恐れて逃げまくってるだけなのに、支持率がこんなにあるワケがないと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、実際、「きっこのブログ」で行なってるアンケートでも、7月7日の時点で、フクダちゃんを「支持する」が709票なのに対して、「支持しない」は17922票で、支持率にすると「3.9%」しかない。これは、ニポンの歴代の総理大臣の中で、あまりにも知能が低くて全国民からサジを投げられたバカ猿、竹下登が打ち立てた前代未聞の「4.4%」っていう低支持率の記録をも塗り替えるもので、今すぐにギネスに申請したいと思っちゃうほどだ。

まあ、フクダちゃんの場合は、あれほど無能で無策で無責任なんだから、「3.9%」でも多いくらいだと思うけど、それにしても、莫大な税金を投入して鳴り物入りで開催したサミットだってのに、集まった主要8カ国のうちの6カ国もの首脳が、過半数にも満たない低い支持率。それも、2割台から3割台っていう情けないものばかりなんだから、見てるほうが恥ずかしくなって来る。さらには、開催国であるニポンのフクダちゃんの支持率が、殺人鬼ブッシュよりも低いだなんて、あたしはニポン人として、鍾乳洞があったら入りたいほど恥ずかしい。

でも、モノは考えようってことで、どんなことでも世界一になるのは素晴らしいことだ‥‥って思えば、中途半端な低支持率で2位とか3位にランキングされるよりも、「あのブッシュよりも低い世界一の低支持率」ってのは、ある意味、ワンダホーなことだと思う。だって、親子で悪の限りを尽くして来て、数えきれないほどの人たちを殺し続けて来た鬼畜、ブッシュよりも、就任以来、コレと言って何ひとつしないで、ノラリクラリと鼻ちょうちんを膨らませて昼寝をしてただけのフクダちゃんのほうが支持率が低いだなんて、「労せずにして結果を得たり」って感じがするからだ。

ま、冗談はさておき、この「ブッシュよりも低いフクダちゃんの支持率」って現実から分かることは、「ものすごく悪いことをした首脳」よりも、さらに悪いのが、「何もしない首脳」ってことなのだ。こないだ、フクダちゃんが544万円ものボーナスをもらったことについてのアンケートを実施したけど、7月7日の時点で、「妥当な金額だと思う」が958票、「少なすぎると思う」が446票なのに対して、「ふざけるな!国庫に返還しろ!」は9680票だった。つまり、86%の人たちは、「お前にボーナスなんかもらう権利はない!」って思ってるワケで、これは、フクダちゃんが、「何もしてない」からなのだ。

‥‥そんなワケで、前任のアベシンゾーが公約として掲げた「年金問題の全面解決」について、無責任大王のアベシンゾーが何ひとつ手もつけずにホッポリ投げちゃったあと、全国民の代弁者として「公約違反だ!」って詰め寄った野党に対して、フクダちゃんはこう言い放った。


「公約違反と言うほど大ゲサなものかな?」


そして、「選挙の時に党首のアベ氏が連呼した上に、自民党のマニフェストにも明記してあったんだから、それを破れば公約違反じゃないか!」って野党がツッコミを入れたら、フクダちゃん、ニヤニヤと笑いながら、こう言ったんだよね。


「(公約だと言ったのは安部さんや舛添さんであって)私が言ったわけじゃありませんから」


そりゃそうだ。「最後の1人まで、最後の1円まで、絶対に解決することを国民の皆様にお約束いたちまつ!」って連呼してたのは、フクダちゃんじゃなくて、アベシンゾーやマスゾエちゃんだ。だけど、それを引き継いで、仮にも党首に就任したんなら、仮にも総理大臣になったんなら、すべてを引き継いで公約を守るのが仕事だろが! 言うにことかいて、「私が言ったわけじゃありませんから」とはナニゴトだ!‥‥なんて言ったとこで、「ヒトゴトです」って答えが返ってきそうだけど(笑)

それにしても、フクダちゃんて、自民党の中での立ち位置が、ものすごく分かりやすいよね。アベシンゾーやマスゾエちゃんが、選挙で票を集めるために口先だけで約束した「年金問題の全面解決」に関しては、「私が言ったわけじゃありませんから」ってミゴトなまでの責任転嫁を披露したってのに、「後期高齢者医療制度」に関しては、決して「それはコイズミさんが勝手に作ったもので、私が作った制度じゃありませんから」とは、口が裂けても言わないよね。ポーズだけでも、一応は対策を練ってるようなフリをして、税金をドブに捨てながら、まったく意味のない「年金ナントカ便」とかいう手紙を無差別に送り続けて、必死に時間稼ぎをしてるよね。

ようするに、アベシンゾーやマスゾエちゃんは踏み台にしてもいいけど、コイズミやモリヨシローには逆らえないってワケで、これほど分かりやすい操り人形も珍しいもんだ。ま、顔からして人形劇みたいなフクダちゃんなんだから、オツムの中にも丸めた古新聞くらいしか詰まってないんだと思うけど、こんなデク人形の支持率が、未だに「3.9%」もあるってことは、ニポン人の100人に4人は「救いようのないバカ」ってことになる。

‥‥そんなワケで、コイズミの親友のセコムの飯田亮の「ザ・ウィンザーホテル洞爺」に、支持率低迷にあえぐ世界のバカが集結して何をやってんのかって言えば、表向きは「世界のための話し合い」だけど、実際には、そんなこと考えてるヤツなんか1人もいない。20%台、30%台の支持率って言えば、すでにケツに火がついた状態で、いつ解散を迫られてもおかしくない数字だ。そんな時に、世界のことなんか本気で考えてるヤツなんかいるワケない。だいたいからして、自国のお年寄りたちを平然と切り捨てたフクダちゃんや、数えきれないほどの他国民や自国民を殺し続けて来た殺人鬼のブッシュや、国民のことよりも自分のセックスのほうが大事なサルコジみたいな恥知らずどもが、「世界のこと」なんて考えてるワケないじゃん。つまりは、ほとんどの参加者が、それぞれの自国民へ向けた幼稚なパフォーマンスをしてるってだけの話で、ヤツラの頭の中にあるのは、自分の支持率回復のことだけなのだ。だから、「救いようのないバカ」じゃない100人のうちの96人のニポン国民の皆さんは、こんな茶番劇に騙されずに、それぞれの首脳のオモワクをキチンと見定めて欲しいと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ これ以上くだらないパフォーマンスのために血税をドブに捨てるな!と思った人は、賛同のクリックをよろしくお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ ついでにこちらもどうぞ♪
  ↓
■クワバタ大作戦■

|

2008.07.07

F1下剋上

ブラジャ~♪‥‥じゃなくて、ブラボ~♪‥‥ってことで、レオタード姿の小さいきっこたちが、全員そろってヌーブラヤッホ~♪‥‥ってことになっちゃってるから、まず初めにアテンションプリーズしとくけど、まだ録画したイギリスGPを観てない人は、このあとソッコーでネタバレになっちゃうので、今すぐ読むのをやめてちゃぶだい。


‥‥ってなワケで、バリチェロ、おめでとう! たとえタナボタだっていいじゃないか。3位だっていいじゃないか。素晴らしい実力と誰よりも熱いハートを持ってるのに、マシンと運と毛根に見放され続けて、長いこと表彰台から遠ざかってたバリチェロが、吉兆の女将から引退を囁かれ始めたナニゲのラストシーズンに、雨のオカゲで表彰台に立てたなんて、あたしゃチェッカーで感激して号泣しちゃったぞ! そして、そのあとの冷めたコメントで、複雑な胸の内が伝わって来て、嬉しさと寂しさがスクランブル交差点しちゃって、勝手にバリチェロのF1人生を頭の中で早送りしちゃったぞ!

とにかく、今は、細かいことはナシにして、心からおめでとう! ついでに、ホンダにもリトルおめでとう! これは、こないだのフランスGPで、トヨタに対しておめでとうって思ったのとおんなじレベルの「プチおめでとう」だ。だって、こないだのトゥルーリにしたって、今回のバリチェロにしたって、結果に対するチームの貢献度はほとんどない。運が70%、ドライバーの判断が30%の3位入賞だからだ。だから、ホントの意味でのタナボタは、ホンダでありトヨタだと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、F1の場合は、チームスポーツであって、ドライバーだけが戦ってるワケじゃない。ドライバーだけの能力を競うんなら、おんなじスペックのおんなじ車種だけで走るワンメイクレースに出ればいいワケで、F1の場合は、マシンの開発もレースの一部だ。だから、多くの資金を持ってる巨大なチームのほうが、速いマシンを開発できるし、腕のいいドライバーと契約することができる。そのため、上位チームと下位チームとの間には、計算上は絶対に超えることのできない大きな壁がある。

だけど、それは、あくまでも「計算上」のことであって、実際のレースでは何が起こるか分からない。極端な話、もっとも速いマシンに、もっとも速いドライバーが乗ってて、ポールからスタートしたとしたって、レースの途中で誰かのクラッシュに巻き込まれてリタイアする可能性だってある。だから、多くの資金を持ってる巨大なチームのほうが「勝てる確率が高い」ってだけで、「絶対に勝てる」ってワケじゃないし、だからこそ数々のドラマが生まれて来たのだ‥‥ってことで、ここで、これまで9戦の表彰台を見てみよう。


第1戦 オーストラリアGP
優勝 ハミルトン(マクラーレン)
2位 ハイドフェルド(ザウバー)
3位 ロズベルグ(ウィリムズ)

第2戦 マレーシアGP
優勝 ライコネン(フェラーリ)
2位 クビサ(ザウバー)
3位 コバライネン(マクラーレン)

第3戦 バーレーンGP
優勝 マッサ(フェラーリ)
2位 ライコネン(フェラーリ)
3位 クビサ(ザウバー)

第4戦 スペインGP
優勝 ライコネン(フェラーリ)
2位 マッサ(フェラーリ)
3位 ハミルトン(マクラーレン)

第5戦 トルコGP
優勝 マッサ(フェラーリ)
2位 ハミルトン(マクラーレン)
3位 ライコネン(フェラーリ)

第6戦 モナコGP
優勝 ハミルトン(マクラーレン)
2位 クビサ(ザウバー)
3位 マッサ(フェラーリ)

第7戦 カナダGP
優勝 クビサ(ザウバー)
2位 ハイドフェルド(ザウバー)
3位 クルサード(レッドブル)

第8戦 フランスGP
優勝 マッサ(フェラーリ)
2位 ライコネン(フェラーリ)
3位 トゥルーリ(トヨタ)

第9戦 イギリスGP
優勝 ハミルトン(マクラーレン)
2位 ハイドフェルド(ザウバー)
3位 バリチェロ(ホンダ)


‥‥そんなワケで、今季の特徴は、前半こそ「フェラーリとマクラーレンの2強にザウバーが食い込む」ってことと、「ルノーがサッパリ」っていう、いわゆる「開幕前から誰にでも読めてた結果」なワケだけど、第7戦のカナダGPから、ヘンテコな流れに変わって来た。ザウバーのワンツーって部分ばかりにスポットが当たったカナダGPだったけど、古くからF1を観て来たファンの多くは、クルサードの3位入賞を喜んだとともに、この表彰台がクルサードの引退のヒキガネにならなきゃいいけど‥‥って思ったハズだ。結局、今回の引退宣言になっちゃったけど、あたし的には、桂文楽師匠と一緒に「もう一季、行くぅ~?」って言いたい気分だ。

で、次のフランスGPでのトゥルーリ、今回のイギリスGPでのバリチェロと、とうてい表彰台なんか狙えないハズのマシンに乗ってるドライバーたちが、3戦連続で3位に入賞してる。そして、その裏にあるのは、各チームのセカンドドライバーたちの活躍なのだ。たとえば、今季ヤタラと熱い走りをしてるマクラーレンのコバライネンを見てると、あのセナを思い出す。

プッシーキャットドールズの彼女のこと以外には、常に沈着冷静なハミルトンがプロストなら、コバライネンはセナだ。イギリスGPでも、最後の最後まで3位のトゥルーリに襲い掛かり、燃え上がるようなデッドヒートを繰り広げたコバライネンに、あたしは胸が熱くなった。トゥルーリは、マシンの差だけじゃなくて、その迫力にも押されっぱなしで、最後は防戦一方だった。何とか表彰台を死守したけど、あと1周あったら入れ替わってただろう。

そして、今回のイギリスGPの予選では、コバライネンがポールを取り、フロントローにつけたのがレッドブルのウェバーだった。ベテランのウェバーをセカンドドライバーって呼ぶのは失礼だけど、さらにベテランのクルサードと並べば、やっぱウェバーのほうがセカンドドライバーだろう。だけど、そのウェバーが、クルサードどころか、ライコネンよりもマッサよりもハミルトンよりも速いタイムを叩き出したのだ。これって、ある意味、新時代の幕開けを予感させる出来事だと思った。

‥‥そんなワケで、あたしが感じてるのは、もはや明確にファーストドライバーとセカンドドライバーの区別があるような時代じゃなくなったってことだ。フェラーリなら、今はライコネンがファーストドライバーだろうけど、ライコネンが移籍して来る前からフェラーリにいたマッサとしては、それまでもシューマッハ兄を勝たせるために、2番手としての仕事をして来たワケだから、あとから来たライコネンが自分の上に座るのは、面白いワケがない。そして、今季のマッサの成績を見れば分かるように、去年までの「遠慮」が感じられない。

他のチームもおんなじだ。マクラーレンにしたって、箱入り息子として大切に育てられて来て、鳴り物入りでデビューしたハミルトンは、何となくファーストドライバーっぽい感じになっちゃってるけど、同期デビューのコバライネンにしてみたら、何ひとつ引け目なんか感じてないだろう。それどころか、デビューイヤーの2007年に、ルノーで大先輩のフィジケラ以上のドライバーズポイントをあげて、それを手土産にマクラーレン入りしたんだから、叩き上げの自分のほうがハミルトンよりも上だと思ってるかもしれない。コバライネンは、ジャイアンツのピッチャーで言えば、上原みたいなもんだ。だから、これはあたしの個人的な感想だけど、コバライネンのアグレッシブな走りを見てると、その視野にあるのは、フェラーリやザウバーのマシンじゃなくて、チームメイトのハミルトンのように感じる。

ホンダにしても、ずっとチームに尽力して来たバトンよりも、あとから来たバリチェロのほうが、何となくファーストドライバーっぽい位置づけになっちゃってる。まあ、この辺は、チームがうまく立ち回って、両者を立てるようにしてんだろうけど、バトンもバリチェロも待遇にまったく不満がないとは、とうてい言い切れないだろう。もちろん、悪いことばかりじゃなくて、ザウバーみたく、ハイドフェルドに対してぜんぜん遠慮してないクビサと、そのクビサに負けてなるものかと燃え出した感のあるハイドフェルドとが、結果的にチームをいい方向へと導いてるようなケースもある。

‥‥そんなワケで、いいか悪いかは一概には言えないけど、あたしは、かつてのいやらしいほどのチームプレイが炸裂してた一時代から、今やF1は「チーム内の核家族化」の時代へと突入したんじゃないかって感じてる。今まで、ファーストドライバーを勝たせるために悔し涙を飲んで来たセカンドドライバーたちが、自己主張し始めたように感じる。「自己主張」なんて生ぬるいものじゃなくて、これは「下剋上」かもしれない。そして、クルサードが去り、もしもバリチェロまでもが去ることになれば、完全にF1新時代の到来だ。さらには、変態ウヨクのモズレーのセイで、F1そのものが二分される恐れだってあるんだから、そんなことにでもなったら、モズレー側につくであろうフェラーリ勢が「全日本プロレス」、バーニー・エクレストン側につくであろうその他のチームが「新日本プロレス」みたくなっちゃって、収拾がつかなくなっちゃう。だから、とりあえずは、モータースポーツ界のアベシンゾー、モズレーだけは、早いとこ追放しといたほうがいいと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしくお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ こちらもどうぞ♪
  ↓
■クワバタ大作戦■

|

2008.07.06

カンフーパンダとパクリ文化

今月、映画「カンフーパンダ」が公開される。「シュレック」や、あたしの好きな「マダガスカル」を制作したドリームワークスの作品だし、何よりも、東京都知事をパンダに代えて欲しいと思ってるほどパンダが好きなあたしとしては、すごく気になる作品だ。オマケに、声優陣が、ジャッキー・チェンだアンジェリーナ・ジョリーだダスティン・ホフマンだと、ものすごく豪華なラインナップで、これも気になって仕方ない。

だけど、公開が近づいて来て、いろんな媒体で「カンフーパンダ」の映像を断片的に目にするようになって来たら、あたし的に、一番カンジンな点が欠けてることに気づいたのだ。それは、「パンダがぜんぜん可愛くない!」ってことだ。どうしたら、こんなにも可愛くなく描けるんだろう?って思えるほど、激しく可愛くない。それも、可愛くないだけじゃなくて、ビミョ~に気持ち悪い。なんか、「パンダ」ってよりも、「顔をパンダみたいにペイントしたオッサン」にしか見えないのだ。

ドリームワークスのアニメって、動物に人間みたいな様々な表情をさせたいがために、「逆ディフォルメ」とでも言うのか、単純な動物の顔を人間ぽく描くことが多い。今回の「カンフーパンダ」もそうみたいで、パンダらしいパンダの顔だと、オーバーな喜怒哀楽を表現できないと思ったのか、ずいぶんと人間ぽく描かれてる。だけど、それが、何よりも重要な「パンダの可愛さ」をなくしちゃった上に、実際のパンダとはカケ離れた「人間のような動き」をするもんだから、なんか、忘年会の隠し芸でパンダの扮装をしたオッサンが、酔っ払ったイキオイで、そのままのカッコで街へ出て、暴れてるみたいにしか見えない今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、最初に「カンフーパンダ」が発表になった時には、観に行くレベルが80から90だったあたしだけど、公開が近づいて内容が分かるようになるにつれ、どんどんレベルが下がってきちゃって、今じゃぜんぜん観る気がしなくなった。もちろん、1年半後にテレビでやれば観るけど、劇場まで行く気はなくなった。それは、お金がもったいないって言うよりも、あの気持ち悪いパンダを大きなスクリーンで観たくないってほうが強い。

それにしても、今回の「カンフーパンダ」は、キャラの気持ち悪さだけじゃなくて、ニポンでの宣伝の仕方にも問題がありすぎる。一時的に売れてるお笑い芸人だとかに宣伝させるのは、まあ、今のバカブームを考えたらジンジャエールだとしても、宣伝を担当してる人のセンスの無さや知識の無さやが垣間見えることだらけで、広告のお仕事をしてるあたしとしては、「おいおいおいおい!」ってツッコミを入れたくなることが満載だ。たとえば、しばらく前に「カンフーパンダ」のオフィシャルサイトを見たら、カンフーのポーズをとったパンダの横に、キャッチフレーズみたいにこんなセリフが書いてあった。


「ここらで白黒つけようぜ!」


パンダだから「白黒」なワケで、あまりにもヒザカックンだ。酔っ払ったオッサンみたいなパンダの横に、オヤジギャグみたいなことを書かれたら、もうお腹いっぱいだ。だいたいからして、このセリフって、映画「ゼブラーマン」の時に、哀川翔がいろんなバラエティー番組に出て連発してたセリフじゃん。寒い上に二番煎じだなんて、あまりにもユルすぎる。まあ、今は「自分を信じろ」とかってセリフに変えられてるから、きっと誰かから「変えたほうがいい」って助言されたんだろうけど。

でも、こんなどうでもいいことじゃなくて、あたしが何よりも呆れたのは、2ヶ月くらい前にいただいたフライヤーに書かれてた宣伝文だった。告知文の冒頭に、こんな一節があったのだ。


「今年はカンフーに世界的に注目が集まるなか、パンダとカンフーというありえないコラボレーションが誕生したのである。」


今年、「カンフー」が注目されてるってのも初耳だけど、それよりも、パンダとカンフーって、おんなじ中国つながりなんだから、「ありえない」どころが、誰でもカンタンに思いつく組み合わせじゃん。キリンが盆踊りを踊るとか、猫がバタフライで泳ぐとか、そういうのなら「ありえないコラボレーション」だけど、パンダとカンフーだなんて、逆に言えば「今さら」って組み合わせじゃん。

あたしの大好きな「機動新撰組 萌えよ剣」のテレビ版アニメにも、カンフーを使うパンダのカンカンが登場するけど、これにしたって、「中国のパンダだからカンフーをやってて当然」ていう大前提で描かれてるし、3年も前の作品だ。機動新撰組のおりょうさんの息子、竜之介が、中国に勉強に行ってたんだけど、中国の妖怪のボスの娘、ランランに惚れられちゃう。でも、竜之介は、ランランを置いてニポンに帰ってきちゃったので、ランランが飛行船でニポンまでやって来る。そのランランのボディガードが、パンダのカンカンだ。

とにかく、ものすごく可愛い。丸くて、ちゃんとパンダで、だけど顔に傷があって、とてもパンダとは思えないような険しい目つきをするんだけど、それがまた可愛い。そして、カッコイイし、頼りになる。何しろ、普通のカンフーだけじゃなくて、ドラゴンボールみたく、かめはめ波みたいな波動攻撃を繰り出したり、敵からの攻撃を精神エネルギーのバリアで防いだりしちゃうんだから、ものすごいパンダだ。やっぱ、高橋留美子の描く動物キャラは、あたしのツボだ。

‥‥そんなワケで、「カンフーパンダ」のキャラを見て、「アングロサクソンには東洋の美的感覚は分かんないのかな?」って思ったあたしだけど、そんなあたしでさえも脱力しちゃったのが、カンジンの中国側の対応だった。ニポンよりも、ひと足先に、6月20日から「カンフーパンダ」の公開が始まった中国では、四川省在住の趙半狄(ジャオ・バンディー)さんていう芸術家が、この映画にクレームをつけたことによって、四川省のすべての映画館で、上映を見送ることになったのだ。で、その内容がシビレちゃうんだけど、趙さんの主張は次の2点だ。


「この映画は、大震災はチベット弾圧の報いだと発言したシャロン・ストーンと同じハリウッド映画である」

「この映画は、パンダという我が国の国宝と、カンフーという伝統文化をアメリカが盗み、それを組み合わせて中国で金儲けをしようとしている」


こんなトンチンカンなことを言い出すなんて、この人、芸術家じゃなくて、「政府の報道を鵜呑みにして大騒ぎする知能の低いナショナリスト」って感じがするけど、この人のクレームで、実際に四川省のすべての映画館が上映を見送ることになったんだから、きっと、それなりに著名な人なんだろうね。

それにしても、自国のことはタナに上げて、平然とこんなセリフが言えるなんて、あたしには理解できない感覚だ。ディズニーランドの完全パクリでオナジミ、北京の「石景山遊楽園」で金儲けし続けて来たことは「犯罪」だけど、「カンフーパンダ」は誰の著作権も侵害してないじゃん。

ま、中国政府は、北京オリンピックを成功させたいために、「石景山遊楽園」のパクリキャラの数々をすべて撤去したけど、この遊園地には、ディズニーのキャラだけじゃなくて、ニポンの「ドラえもん」や「キティちゃん」や「ウルトラマン」なんかもパクられてた。だから、ディズニーのキャラについては、ニポン人のあたしが口出しすることじゃないけど、「ドラえもん」をはじめとしたニポンのキャラについては、あたしだって文句のひとつくらい言ってもいいと思う。で、趙さんのセリフをパクらせてもらうと、こんな感じだ。


「この遊園地は、ドラえもんという我が国の国宝と、ジャイアンがのび太をいじめるという伝統文化を中国が盗み、それを組み合わせて中国で金儲けをしている」


‥‥そんなワケで、中国のパクリは今に始まったことじゃないし、パクリも中国の現代文化のひとつだと思ってるから、あたしはあんまりツッコミは入れたくないのが本音だ。たとえば、あたしは、何年か前に、中国へ行って来たお友達から、お土産にミッキーマウスのTシャツをいただいた。あたしは、ディズニーのキャラが嫌いなんだけど、特にミッキーマウスが大嫌いで、あの、誰にでも媚びてるようなヘラヘラしたツラや、おどけた動きを見るたびにぶん殴りたくなる。だから、今まで一度も東京ディズニーランドに行ったことはないし、今後も行く気はない。

で、そのお友達も、あたしがミッキーマウスを大嫌いなことをよく知ってた。それなのに、ミッキーマウスのTシャツをお土産に買って来たのだ。コレッて嫌がらせ?って感じだけど、実はそうじゃない。それは、あたしでも喜ぶ‥‥っていうか、ミッキーマウスのことが嫌いなあたしだからこそ喜ぶTシャツだったのだ。大きなタムからドレッドを垂らしたミッキーマウスは、ラスタカラーのタンクトップを着てて、太いジョイントを吸ってヘロヘロになって腰を抜かしてた。周りには、ガンジャの葉っぱがワサワサしてて、あたしの大嫌いな「優等生のミッキーマウス」じゃなくて、思いっきりルードボーイなミッキーマウスだったのだ。

著作権にうるさいディズニーだけど、そんなディズニーが何よりも目クジラを立ててるのが、子供たちに夢を与えるキャラを「悪いこと」に使われることだ。だから、マリファナを吸ってヘロヘロになってるミッキーマウスだなんて、ディズニー的には激しくNGだろう。だけど、マリファナは、麻薬じゃないし、タバコみたいな害もないし、アメリカだって州によっては解禁されてる「平和の草」だ。だから、ミッキーマウスがシャブを打ってたり、ピストルで誰かを撃ち殺してるようなTシャツとはワケが違う。あたし的には、サイコーのお土産だった。

‥‥そんなワケで、こんなTシャツを作っちゃうのも、中国のパクリ文化のひとつだし、こうした文化を認めてたあたしとしては、今回の趙さんの主張は、あまりにも本末転倒だと思った。全世界から中指を立てられてる中国の酷すぎるパクリに対して、こんなにも好意的な見方をしてあげてたあたしとしては、自国のことをタナに上げて、まったく著作権を侵害してない「カンフーパンダ」を泥棒呼ばわりした発言は、とても良識のある社会人のものとは思えなかった。だけど、やっぱり、「カンフーパンダ」は気持ち悪いから、あたしは、「パンダフルライフ」のほうを観に行くつもりだけど‥‥なんて思ってる今日この頃なのだ(笑)


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 可愛くなくちゃパンダじゃない!と思う人は、賛同のクリックをよろしくお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ こちらもどうぞ♪
  ↓
■クワバタ大作戦■

|

2008.07.05

北京五輪と地球の格差

あたしは、2年近く前から書いて来たように、北京オリンピックには反対してる。そして、ニポンは、北京オリンピックをボイコットすべきだって主張して来た。過去ログも読まずに、その日の日記の中の一部分だけから意見や反論をメールして来るメンドクサイ人のために書いとくけど、あたしが北京オリンピックに反対してるのは、中国という国が、現時点では、とても「平和の祭典」を開催するにあたいしない国だと思ってるからだけど、それは、チベット問題とは関係ない。

あたしは、北京オリンピックには反対してるけど、何かにつけて中国を批判してる偏向的で視野の狭い人たちとはぜんぜんスタンスが違う。あたしは、中国の歴史や文化をリスペクトしてるし、中華料理も好きだし、マージャンもパンダも好きだし、中国人のお友達もいるし、中国は大好きな国のひとつだ。第一、このニポンの文化の多くは、中国から入って来たものが変化して出来上がったものなんだから、中国の文化がなければ、ニポンの文化も現在には至らなかったからだ。

だから、あたしは、歴史的事実をねじ曲げてまで、ヤミクモに中国を批判してる頭のおかしい人たちのことを「ニポンの恥」だと思ってる。多くのマトモな中国人たちが、何かにつけてニポンを批判する一部の中国人のことを「中国の恥」と思ってるように。

で、中国政府によるチベット弾圧なんて、別に今に始まったことじゃないのに、突然、雨後のタケノコのようにニョキニョキと顔を出して来た自称チベット支持者たちを見てると、あたしは、ふだんはサッカーなんかに興味ないクセに、ワールドカップが始まったトタンにブルーのユニフォームを着て大騒ぎを始める恥知らずどもとおんなじ匂いを感じる。

今から60年も前、1949年から始まった中国共産党によるチベット弾圧。そして、1966年からの「文化大革命」という名のジェノサイド。こうした大問題をすべてスルーして来た人たちが、どうして今になって急に騒ぎ始めたのかって言えば、それは、ニポンがネット社会になったからで、これは、ブログの炎上の実写版だと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、ふだんは興味もないことなのに、その時だけ大騒ぎする人たちは、別にキチンとした考えや思想なんて持ってないと思ってる。今回、急に「チベット支持者」になった人たちにしても、最初は、もともと中国のことを嫌いだった人たちが、中国を批判する材料としてチベット問題を利用してるだけだと思ってた。だけど、それなら、まだマシだった。偏向的だし、あたしとは正反対の考えだけど、それでも一応は政治的な思想に基づいた大騒ぎなワケで、幼稚だとは思うけど、方向性にブレはないから、「まあいいんじゃない」って感じで見てた。

だけど、実際には、ぜんぜん違ってた。政治的な思想もなければ、自分自身の考えすらもってない人たち。どこかに火ダネがあれば、ソッコーで押し掛けて、燃料を投下して火事を大きくしたいだけの人たち。見ず知らずのアカの他人のブログのコメント欄に押し寄せて、誰かが作った低能なAAをコピペし続け、相手が迷惑してる姿を想像して、パソコンの前でニヤニヤしてる人たち。ようするに、誰かに嫌がらせをしてストレス発散したい人たちや、それに便乗して大騒ぎしたいだけの人たち。急に湧いて来た自称チベット支持者たちって、ほとんどがこんな人たちだ。

そして、こうした急に湧いて来た自称チベット支持者たちに誰よりも迷惑してるのが、ずっと前からチベット問題に目を向けて来た本物のチベット支持者たちだ。あたしは、4月29日の日記、「長野聖火リレーの真実」で、長野の聖火リレーの現場に行って、ヤタラと中国寄りの警護をしてた警察官たちから酷いことをされた1人のチベット支持者の日記を転載させていただいたけど、この人にしても、何年も前に実際にチベットに行き、自分の目でチベットの現実を見て、そして、このままじゃいけないと感じて、中国政府によるチベット弾圧に対して声をあげるようになった人だ。こうした本物の支持者たちは、ホントに迷惑してるのだ。

‥‥そんなワケで、話はクルリンパと戻るけど、あたしが、チベット問題とは関係なく北京オリンピックに反対してるのは、今までに何度も書いて来たように、中国政府が北京オリンピックを誘致、開催するために、何万匹もの野良犬や、何十万匹もの野良猫を殺し続けて来たからだ。あたしは、最初は、2008年のオリンピックが中国に決まり、中国政府がこの「平和の祭典」を開催することを契機にして、それに見合っただけの国になれるように努力して行くってのなら、応援するつもりでいた。

でも、フタをあけてみたら、やっぱり「外ヅラばかり気にする中国政府」っていう、いつものパターンが炸裂した。オリンピックの会場の周りだけ「整備の行き届いた先進国」っぽく見せるために、何万匹もの野良犬を殺し始めた。世界各地の動物愛護団体が抗議したけど、中国政府はシカトして、野良犬の駆除が終わったら、今度は何十万匹もの野良猫を殺し始めた。世界中の声を無視して、何の罪もない犬や猫たちを殺し続けた。だから、あたしは、そんなことまでして開催して「平和の祭典」などと言えるのか!って思って、ニポンは北京オリンピックをボイコットすべきだって結論に達したのだ。

あたしは、これほど酷いことをしてまでムリに開催する「人間だけの平和の祭典」なんか、とてもじゃないけど支持できない。こんな最低なイベントに関わってる人間どもなんか、みんな、犠牲になった数えきれないほどの犬や猫たちに呪われてしまえばいいと思ってる。だけど、多くの先進国の代表者たちが、次々と開会式への出席を辞退してるってのに、このニポンの政府は、中国政府に負けず劣らずの「外ヅラ重視」みたいで、チベット問題はまるで腫れ物扱いだし、ダライラマが来日したって平然とスルー。挙句の果てには、政府の宣伝部隊であるマスコミを総動員して、あまりにもわざとらしいオリンピックムードの演出に余念がない。

カエル並みの知能しかない恥知らずの水泳選手に至っては、長年サポートして来てくれたスポンサーの水着を脱ぎ捨てて、バカのひとつ覚えのスピード社の水着を着るとか言い出す始末。犬や猫でさえ3日飼ったら恩を忘れないってのに、こんな犬や猫にも劣るようなヤツは、トップアスリートどころか、人間として最低だ。本物のトップアスリートなら、長年自分をサポートし続けて来てくれたメーカーに、今こそ恩返しする時じゃないか。スピード社の水着を着た各国の選手たちに、ニポンの水着で勝ってやるチャンスじゃないか。

あたしは、こういう男が大っ嫌いだ。バンドが売れたトタンに、それまでずっと支え続けて来てくれた彼女をまるでガスの切れた百円ライターのようにポイッと捨てて、売れてからすり寄って来た美人でセクシーな女を彼女にしちゃうような男。やっと売れたのは、自分の努力もあっただろうけど、精神面でも経済面でも支え続けて来てくれた彼女のオカゲなのに、ようやく恩返しできる時になったと思ったら、恩返しどころか正反対の酷い裏切り。こんなことまでして金メダルが欲しいなんて、どんなに悪いことをしてもお金さえ儲かればいいっていう六本木ヒルズの守銭奴どもと何も変わらない。

有名メーカーのシューズを履いた各国の選手たちに、ぶっちぎりの大差をつけて優勝したマラソンのアベベは、裸足だったんだぞ! 自分をサポートし続けて来てくれたメーカーの水着を着ないってんなら、フルチンで泳いで優勝してみろってんだ! それが男だろ! それでこそホントの「金メダル」だろ!‥‥って、寒い上に下ネタっていう最悪のパターンも織り込みつつ、あたしは、これほどアホなことはないと思ってる。

風邪薬を飲んでもドーピング違反になるほど厳しいスポーツの世界なのに、なんで「着用するとタイムが1秒速くなる水着」が認められてんの? その水着を着たか着ないかで1秒もタイムが変わるんなら、全員におんなじ水着を着せるか、もしくはその水着を禁止にしなかったら、公平な競技にならないじゃん。一部のお金持ちの国の選手だけが「着用するとタイムが1秒速くなる水着」で出場できるなんて、こんなの、どう見ても反則じゃん。それなら、空気抵抗を最小限にしてタイムが1秒速くなるフェイスガードとか空力ヘルメットとかを開発したら、それを装着して100m走に出場してもいいの? ジャンプ力が20%アップする、ものすごい反発力を持ってる新素材のソールのシューズが開発されたら、それを履いて走り高跳びや走り幅跳びに出場してもいいの?

‥‥そんなワケで、あたしは、温室効果ガスの「排出量取引制度」って、スピード社の水着と似たようなもんだと思ってる。世界の国々で話し合い、歩調を合わせて温室効果ガスの排出量を減らしてかなきゃなんないのに、お金のある先進国は、お金のない発展途上国から、排出枠を買うことができるだなんて、これほどアホなことはない。ようするに、ものすごくお金のある国なら、今よりもっと温室効果ガスを排出したって、お金にモノを言わせて発展途上国から排出枠を買い集めれば、自分の国のノルマを果たしたってことになるのだ。こんなの、9万円もするスピード社の水着を買うことのできない国の選手と、予備の水着まで何着も買えるような国の選手とが競争するようなもんで、国同士の格差を広げることにしかつながらない。

私たちは、すでに、大量の温室効果ガスを排出しなかったら生活できないような社会を形成しちゃった。水道の蛇口からいつでも飲めるお水が出て、テレビやエアコン、冷蔵庫や洗濯機、自家用車やパソコンのない生活なんて考えられない。一度、便利な生活を手に入れちゃったんだから、もうそれを手放すことなんかできない。だけどあなたたちの国は、まだ発展途上で、私たちのような家電にあふれた生活どころか、お水も井戸まで汲みに行かなきゃならない。病院や小学校の数も足りない。自家用車なんか持ってる人もいないから、温室効果ガスなんてほとんど排出してない。だから、そのぶんの枠を売ってくれよ‥‥ってワケだ。

そして、そうした発展途上国にしてみれば、自分たちは何もしてないのに、雲の上のような生活をしてる国の人たちが、勝手に地球の環境をメチャクチャにしてくれたオカゲで、目に見えない「空気を汚さない権利」なんてものが莫大な金額で売れることになった。何も生産せず、何も輸出せず、これまで通りの生活をしてるだけで、大金が転がり込んで来るってスンポ―だ。こりゃあ願ってもない話だ‥‥ってワケだ。

ようするに、需要と供給との相互利益が生じてるんだから、一見、良さそうな話みたいに見えるんだけど、果たして、ホントにこれでいいのだろうか? ひと昔前に、「金で買えないものはない!」って豪語して、今や刑務所に片足をつっこんでる金の亡者がいたけど、各国で話し合って決めた温室効果ガスの排出量の枠までもが、売買の対象になってもいいんだろうか? こんなことしたら、せっかく決めた排出量の枠の意味がなくなっちゃうし、極端な言い方をすれば、「お金を持ってる国は環境破壊をしてもいい」ってことになっちゃって、本末転倒だと思うんだけど。

‥‥そんなワケで、あたしは、この国の中で「お金持ち」の部類に入る与党の政治家たちだけで決める法案て、自分たちお金持ちだけが得をするような法案ばかりだと思う。そして、先進国だけが集まって決めてる世界に関する決まりごとも、自分たち先進国だけが得をするようなことばかりだと思う。そうじゃなかったら、温室効果ガスの「排出量取引制度」なんてアホな制度、考えつくハズがないと思うからだ。そして、こんなアホな制度を実施した場合に、行きつく先は、先進国と発展途上国との格差の拡大でしかない。一部のお金持ちだけが得する政策を推進したコイズミ改革によって、この国の中が格差だらけになったように‥‥なんて思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ スポーツにしても環境問題にしても、ヒキョ~な水着やヒキョ~な制度なんか廃止にして、すべての国が公平に競争すべきだ!と思う人は、賛同のクリックをよろしくお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ こちらもどうぞ♪
  ↓
■クワバタ大作戦■

|

2008.07.04

また産地偽装うなぎが摘発

「また産地偽装うなぎが摘発」(世田谷通信)

「魚秀」に続いて、また「うなぎ」の産地偽装が発覚した。今回摘発されたのはインターネット通販の「サンシロフーズ」(茨城県神栖市)で、中国産のうなぎの蒲焼きを「四万十川産特上うなぎ」と偽装して販売していた他、牛肉やイカも産地偽装しており、1年間で6000万円以上の売り上げを上げていた。茨城県は日本農林規格(JAS)法と景品表示法に基づき改善を指示した。サンシロフーズはインターネット通販サイト「楽天市場」の食品部門で常に上位にランキングしており「グルメ大賞2007」の水産物部門にも選ばれている。サンシロフーズ側は「当所は四万十川産を販売していたが手に入りにくくなったため仕方なく中国産を使うようになった」と弁明しているが、当局が仕入伝票等を調べたところ創業当時より四万十川産を仕入れた形跡はなかったという。また今回の摘発は、1年以上前から「インターネット通販の四万十川産うなぎは9割以上が中国産」と警告していた人気ブログ「きっこの日記」の著者きっこ氏が農林水産省の食品表示Gメンに情報提供したことによって発覚したものと見られている。きっこ氏は「商品が届くまで現物を見ることのできないインターネット通販は産地偽装食品の温床になっている。うなぎに限らず牛肉やカニや松茸をはじめとした高級食材の多くが輸入品を国産に偽装している」と語っている。今回きっこ氏は、偽装の疑いが強い十数社の情報を提供したと見られ、今後も次々と摘発される業者が出るものと思われる。(2008年7月4日)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20080704


★ こちらをポチッとお願いします。
  ↓
人気blogランキング

|

明日に向かってキャベツ!

もう、何から何まで激しく値上げしてて、このままじゃ広末涼子もマジで生活できなくなる5秒前って感じだから‥‥って、今、「古!」って言ったそこの君! あとで職員室に来なさい!‥‥なんてのも織り込みつつ、あたしは、「できるだけ買い物をしない」ってことにした。それで、ある物だけでどこまで生活できるかチャレンジしてたんだけど、ずいぶん前に買った古古米が、あと5合くらいになっちゃったから、数日前から、朝と夜にお茶碗1杯ずつ食べてたご飯を「朝と夜で1杯」にして、あと、お昼のおにぎりを2個から1個にした。

あとは、「金ちゃんラーメン」が2個と、「緑のたぬき」が1個と、パスタが100グラムくらいと、ちょうしたのサンマの蒲焼きの缶詰が1個あったから、これらには手をつけないでおいて、ホントにヤバくなった時のためのサバイバル食品に認定して、黒猫のマークのシールを貼った。それで、毎日、お茶碗に半分のご飯と、オカカのフリカケと、お麩を2個入れたお味噌汁を朝と夜、お昼は梅干しのおにぎり1個を食べてたら、3日が過ぎた今日、メマイがして来た。

それで、「4日目にして早くもサバイバル食品の出番か?」って思ったんだけど、どうも感じが違う。あたしの体内から聞こえて来る声は、「お野菜~~お野菜~~」って言う声だった。そう、あたしの体は、お野菜を欲してたのだ。そう言えば、今のパターンの食事になる前も、お野菜なんて高くてとても買えないから、お味噌汁の具はお麩ばっかだったし、オカズもメザシと納豆を交互に食べてただけだった。だから、あたしの体は、とにかく何でもいいから、お野菜を求めてるんだと思った今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、あたしは、買うか買わないかは別にして、久しぶりにスーパーに行ってみることにした。それで、お野菜のコーナーを見てみたら、一時期よりはマシになってたけど、それでも、小さめのダイコンが1本250円、細い長ネギが1本120円、ブロッコリーが1つ200円、キュウリが3本で190円、小さめのニンジンが2本で180円、ホウレン草が1把200円、小さなトマトが5個で350円‥‥て感じで、とてもじゃないけど手も足も出ない。それで、「やっぱムリか‥‥」って思って帰ろうとしたら、別のワゴンにキャベツが山積みになってて、セールをやってた。ワリと大きめのキャベツが、1個150円、半分のが80円で、ドバッと積まれてた。

だから、あたしは、「キャベツは1個100円以下じゃなきゃ買わない」っていう「あたしルール」を破って、1個買おうと思ったんだけど、一番大きそうなのを手にしてみたら、思ったよりも軽かった。それで、半分になってるほうのキャベツの断面を見てみたら、この時季だから「巻き」がゆるいのは当たり前なんだけど、それにしてもスカスカすぎるほどの「巻き」のゆるさだった。千切りにしたら、普通のキャベツの半分くらいしかできそうもない。

でも、ずっと質素な食事を続けて来て、もう体が限界みたいな雰囲気だったし、タマにはゼイタクしたってバチは当たらないだろうと思って、あたしは、その「納得の行かないキャベツ」を1個買うことにした。だけど、あたしの場合、ここからが長いんだよね。こんなふうに「巻き」のゆるいキャベツの場合は、外から見て大きいものが得ってワケじゃなくて、何よりのポイントは「重さ」になる。見た目が小ぶりでも、「巻き」がきついものは重たくて、実際にはたくさんの千切りができる。

それで、あたしは、大きさは無視して、カタッパシから2個のキャベツを取り、両手に1個ずつ乗せて、どっちが重いかを計ってった。AのキャベツとBのキャベツを比べてみて、Aのほうが重いと感じたらAが勝ち抜く。そして、今度は、そのAのキャベツと新しいCのキャベツとで重さを比べて、Cが勝ち残る‥‥ってふうに、総あたり戦じゃなくて、トーナメント方式にした。

だけど、どれも似たような感じで、明確に「こっちのほうが重い」ってことが分かんない。それどころか、明らかに見た目の大きさに差があるキャベツの場合には、どうしても視覚的な先入観から、大きなほうが重いような気がしちゃう。実際に大きなほうが重いのか、先入観によるものなのか、それが分かんない。それで、あたしは、視覚的なイメージに左右されずに、精神を集中して真実の重さを感じ取るために、目をつぶってキャベツの重さを計り始めた。目をつぶると、ヨケイな雑音が消えて、両手のどちらが重いかを判断するだけだから、ワリと正確に感じられる。

‥‥そんなワケで、あたしは、キャベツのワゴンの前に立ったまま、両手にキャベツを乗せて、目をつぶって、静かに上下させながら、「右!」「右!」「左!」って感じで買うキャベツを選んでたんだけど、ハッと気づいたら、あたししかいなかったワゴンの周りに、4~5人のおばさんたちが集まって来てて、そのうちの1人は、あたしのことをガン見してた今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?‥‥って、これはもうやったか(笑)

とにかく、それ以上はマズイと思ったので、あたしは、その時点でのベスト1のキャベツをカゴに入れて、ソソクサとその場をあとにした。つまり、あたしは、「納得の行かないキャベツ」を納得の行くとこまで吟味できずにカゴに入れたワケで、後ろ髪を引かれるような思いがしたんだけど、人生、妥協することも大切だ。だけど、あたしは、どう考えても75円くらいの価値しかないと思うキャベツに、倍の150円も払うことが悔しくてたまんなかったから、せめて目の保養だけでもしとこうと思って、お魚のコーナーに行くことにした。

一番安いメザシすら買わないでガマンしてるあたしが、メザシ以外のお魚なんか見てもジンジャエールなんだけど、この際、いろんなお魚をジーーーーーーッと見て脳裏に焼きつけといて、それを脳内で塩焼きにして、そのイメージをオカズにするっていう、まるで落語の世界みたいなことにチャレンジしてみようと思ったってワケだ。それで、ものすごく久しぶりに、スーパーのお魚売り場に行ってみたら、あたしは、ものすごい大爆笑な事実を目撃しちゃったのだ!

それは、今をときめくウナギの蒲焼きだ。2週間か3週間くらい前に見た時には、それまでと変わらずに「静岡産」とか「愛知産」とかのシールを貼って売られてたウナギの蒲焼きが、軒並み「中国産」のシールに貼り替えられてやんの! もっと正確に言うと、それまでは、メーカーから出荷された時点から貼られてる、ちゃんとデザインされた大きなシールで、凝ったロゴで「うなぎ」って書いてあって、「静岡産」とか「愛知産」とか書かれてたワケで、さらにその上に、スーパーでもう一枚のラップをして、スーパーの「国産」てシールと値段やバーコードのシールが貼られてた。それが、メーカーの大きなシールがなくなって、スーパーのラップとシールだけになってて、急きょ作ったみたいな無地で安っぽい「中国産」てシールが貼られてたのだ。

だけど、その蒲焼きが乗ってる長細いスチロールのトレイのデザインはまったくおんなじで、中に入ってるウナギのタレと山椒が一体化した銀色のパックもおんなじで、挙句の果てには、「1000円」ていう値段までがおんなじだった。その上、その蒲焼きが並んでる棚の位置までもが、おんなじ場所だった。

で、「国産」のウナギはどこに行っちゃったのかと思って周りをみたら、半身で680円だった国産の蒲焼きも「中国産」のシールが貼られてるし、1000円のよりも大きかった1280円の国産の蒲焼きも「中国産」のシールが貼られてるし、こないだまで国産だったいろんな蒲焼きたちが、トレイもタレも値段も置いてある場所も見た目もすべておんなじまんまなのに、カタッパシからメーカー出荷時のシールがはがされて、「中国産」のシールを貼られて、大量に並んでたのだ。

こないだ見た時っていうか、今まで何年もずっと、ウナギのコーナーの9割は「国産」て表示されてて、「中国産」なんて1割くらいしか並んでなかったのに、「魚秀」の偽装が発覚して大騒ぎになったトタンに、おんなじことをしてた他のメーカーが、いっせいに偽装をやめたってワケだ。そして、唯一「国産」の表示だったのは、「中国産」の3分の2くらいの大きさしかないのに、ヤタラと豪華なトレイに乗ってて、1580円もする蒲焼きだけだった。そして、それは、たった3個しかなかった。

‥‥そんなワケで、あたしは、1年も前から、ニポン中に流通してる国産表示のウナギの8割は「産地偽装」だって書いてたけど、今になって、ようやく正しい表示をするようになって来たってワケだ。だけど、当然のことながら、これはウナギだけの話じゃない。全国に流通してる「四万十産の青海苔」の9割以上は韓国産だし、全国のスーパーに並んでる「国産のアサリ」のほとんどは北朝鮮産だ。もちろん、魚介類だけじゃなく、お野菜だって中国産を国産に偽装したものだらけだ。特に、九州のどこかが産地になってるお野菜は、中国産の偽装モノが多い。

ま、ウナギの蒲焼きはもちろんとして、アサリだってお野菜だってあたしには手が出ないんだから、別にどうでもいいんだけど、あまりにも酷い世の中になっちゃったもんだよね。ようするに、政治音痴のコイズミが「見かけだけの景気の良さ」を演出するために、竹中へーゾーの口車に乗って推し進めた規制緩和が原因てワケで、あの売国奴コンビのセイで、衣食住すべてが偽装だらけのこんな世の中になっちゃったってワケだ。

コイズミの推し進めた規制緩和によって、「良い物を作っても適正価格で売れない世の中」、つまり、「質が悪くても安い物が売れる世の中」になっちゃったワケで、企業側は、「どれだけ他よりも安く売るか」→「どれだけ元手をかけずに物を作るか」→「原材料の質の低下&人件費のカット」って流れになり、「原材料の質の低下」は「耐震偽装マンションの林立&産地偽装食品の蔓延」を生み出し、「人件費のカット」は「失業者の増加&自殺者の増加」を生み出したってワケだ。なんて分かりやすい流れなんだろう。そして、こんなメチャクチャな世の中にした元凶のコイズミは、今じゃ涼しい顔をして隠居気どりで‥‥って、ま、いっか。

‥‥そんなワケで、話はクルリンパと戻って、あたしは、ものすごく久しぶりに、キャベツを食べた。今は「1食50円以内」って決めてるから、150円のキャベツなら3分の2しか食べられないし、そしたら、ご飯とかお味噌汁とかが食べられなくなっちゃうんだけど、今日は特別ってことで、キャベツを半分、1cmくらいの幅のザクザク切りにして、粗塩をパラパラと振りかけて、フランク・ザッパに和えて、そのまましばし放置。そして、お水が出て来てしんなりしたら、お水を切ってから、マヨネーズと一味唐辛子で和えて、冷蔵庫で寝かせて、キャベツのコールスローを作った。そして、ご飯とお麩のお味噌汁と一緒に食べたら、全身からパワーがみなぎって、元気マンマンになれた今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしくお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング

|

2008.07.03

ごめんね、もんじゃ

ちょっと悲しいことがあった。「悲しい」っていうか、「ショック」って感じなのかな? その時のあたしの感情をうまく表現できる言葉が見つからないんだけど、朝早く駅まで行く用事があって、テレテレと歩いてたら、あたしのマンションから50メートルくらいのとこの曲がり角のゴミ集積場で、ゴミ袋を破いて残飯をあさってる猫がいた。それで、5メートルくらいに近づいたとこで、その猫が顔を上げて目が合ったんだけど、それが、もんじゃだったのだ。

あたしは、「もんじゃ!」って呼びながら近づいてったんだけど、もんじゃは、カラス避けのネットの隙間から1つのゴミ袋を引きずり出して、それを破いて、中からロールパンを見つけて食べてるとこだった。それを見た瞬間、あたしは、胸が締めつけられるような思いがした。もんじゃが残飯をあさってたこともショックだったけど、それがパンだってこともショックだった。本来、肉食動物の猫が、パンを食べるってことは、ホントに飢えてるからだ。

あたしは、もんじゃに「待っててね!」って言って、走ってマンションに戻った。そして、カップ麺の容器にカリカリを入れて、急いで階段を下りた。そしたら、マンションの入口を出たとこで、ゆうべの雨で濡れてた床で足を滑らせて、「あっ!」っと思った時にはシリモチをついて、そこら中にカリカリをぶちまけちゃった。お尻と腕が痛かったけど、必死にカリカリを拾い集めて、またお部屋に戻った。スカートのお尻もブラウスも汚れてたけど、着替えなんかしてる時間はないから、そのままのカッコで、新しいカリカリを容器に入れて、今度は足元に気をつけてマンションを出た。

もんじゃは、待っててくれた‥‥っていうか、ロールパンを半分くらい食べたとこだった。それで、あたしがカリカリを置くと、狂ったように食べ始めた。やっぱり、パンなんかよりも、カリカリのほうが美味しいよね。もんじゃ、いっぱい食べてね‥‥。あたしは、もんじゃが食べ終わるまでしゃがんで見てて、食べ終わってから抱き上げようとしたら、もんじゃは少し怖がって体を硬くした。仕方ないから、そのままで頭や背中を撫でてたら、だんだんに緊張がほぐれて来て、あたしの足に頭をグリグリと押しつけて来た今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、10日くらい前に、この辺で見かけたことのない猫が来た。一番大きなマイケルとおんなじ茶トラなんだけど、痩せてて小さいから、あたしは「マイケル」に「小」をつけて「コマイケル」って呼んだ。コマイケルは、男の子で成猫なんだけど、よほど酷い状況で育ったのか、発育が悪かったみたいで体は小さいし、痩せててアバラも浮き出てるし、毛も部分的に抜けてるし、目ヤニもすごかった。見た感じだと、猫エイズか猫白血病に感染してる確率が高そうだった。

それで、何とかしてあげたいと思ったんだけど、これりばかりはあたしの一存じゃ決められない。猫社会のことは猫たちが決めることなので、あたしは口を出すことができない。そして、ナリユキを見てたら、どうやらみんなは仲間に入れてやることにしたみたいで、誰も威嚇をしなかった。それで、あたしは、コマイケルに、消化のいいカンヅメと、タップリのお水をあげ始めた。コマイケルは、どこかで誰かからご飯をもらってたことがあるみたいで、すぐにあたしになついて、足に頭をグリグリするようになった。だから、とりあえず、獣医さんから分けていただいてる猫用の抗生物質を飲ませて、しばらく様子を見ることにした。

だけど、これが良くなかった。あたしが、コマイケルのことばかり構ってたら、5日目くらいから、もんじゃが顔を出さなくなっちゃったのだ。これは、ヤキモチなんていう低レベルのことじゃない。もんじゃは、なんとかみんなと馴染んだんだけど、それでもどうしても一定の距離を置いてた。たぶん、性格的な問題なんだと思うけど、もんじゃは、あたしにはベッタリとなついてたのに、他の子たちと直接のコミュニケーションをとろうとはしなかった。なんていうか、転校して来た子が、なかなかクラスに馴染めないでいるような感じだったのだ。

それで、あたしは、このクラスの担任の先生みたいな位置づけだった。転校生のもんじゃ君は、とっても恥ずかしがり屋さんで、あたしには何でも話すことができたのに、クラスの子たちと話すのは苦手だった。だから、あたしがいる時に、あたしを介してクラスの子たちとコミュニケーションをとることはできたけど、あたしがいなくなると、ポツンとひとりぼっちになっちゃってた。

‥‥そんなワケで、あたしが猫たちと一緒に過ごしてる時間は、1日に長くても1時間ほどだし、遅くまでお仕事があって他の人にご飯を頼んでる日は、丸1日、猫たちと会わない日もある。それでも、ほとんどの子は、猫同士でコミュニケーションをして、猫社会で生きてるから、猫たちから見れば、あたしは単なる給食のおばさんみたいなもんだ。「あそこに行けばご飯が食べられる」って思われてるだけだ。

もちろん、あたしは、マックスにしても、ジジにしても、ぺぺロンチーノにしても、それぞれとあたしとの個別のコミュニケーションがあると思ってる。だけど、それは、あたしが勝手に思ってるだけで、猫のほうにしてみたら、やっぱり1日の大半を過ごす猫社会のほうが「自分の世界」なワケだ。あたしの存在なんか、猫たちにしてみたら、すごくチッポケなものなのだ。

だけど、もんじゃだけは違ってた。夜のご飯の時間になると、アチコチから猫たちが集まって来るけど、どの子も「ご飯が目当て」なのに対して、もんじゃだけは、あたしが目当てみたいなとこがあった。きっとお腹が空いてるハズなのに、ガツガツと食べ始める他の子たちと違って、もんじゃだけは、まずはあたしの足に頭をグリグリして、ひとしきりあたしに撫でてもらってからじゃないと、ご飯を食べ始めなかった。だから、あたしは、転校して来て、まだクラスの子たちと馴染めない子が、担任の先生だけには笑顔を見せてくれてるみたいに感じてた。

それなのに、あたしは、新しく来たコマイケルのことばかり構ってた。あたしとしては、コマイケルの貧相な顔やガリガリの体を見てられなくて、とにかくシッカリと食べさせて、体力をつけてもらって、少しでも元気になってもらおうと思ってたから、どうしても、元気な子よりも優先しちゃってた。そして、コマイケルのことを「コマ」って呼ぶようになった5日目くらいから、もんじゃは顔を出さなくなった。

それでも、最初の2日くらいは、「たまたま今日は来ないんだろう」とか、「お腹が空けば顔を出すだろう」なんて思ってた。だけど、もんじゃの顔を見なくなってから3日目に、ちょっと心配になって、あたしは、いつももんじゃがいる空地を見に行ってみた。でも、そこにはいなかった。そして、4日目、5日目と過ぎて、あたしの不安はどんどん大きくなり、「本格的に探さなきゃ」って思い始めてた時に、ゴミ袋を破って残飯をあさってるもんじゃを見つけたってワケだ。だから、これまでの流れを知ってから、今日の日記のマクラの部分を読んでもらうと、あたしの感じた胸が締めつけられるような悲しさを分かってもらえると思う。

‥‥そんなワケで、あたしは、まだクラスに馴染めなくて、あたししか話し相手がいなくて、毎日あたしに会いに来てくれてたもんじゃのことを後回しにして、コマイケルばかりを構ってたってワケだ。そして、唯一の居場所がなくなったもんじゃは、静かに去って行って、ゴミをあさってたのだ。あたしは、パンなんかを食べてたもんじゃの顔が、頭から離れない。狂ったようにカリカリを食べてたもんじゃが、どれほどお腹を空かせてたのかって想像したら、たまらないほど胸が痛くなった。もんじゃのことがいじらしくて、やりきれなくて、申し訳なくて、言葉じゃ説明できない感情に包まれて、あたしは、涙が止まらなくなった今日この頃なのだ。

ごめんね、もんじゃ‥‥。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう!
★ 1日1回、応援のクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ こちらも、ぜひお読みくださいね。
  ↓
■me too■

|

2008.07.02

平和の思想

大人気、兵庫のおじさんの最新作が完成しました♪



★ ポチッとお願いしま~す!
  ↓
Ranking


★ こちらは、きっこマニア専用のお部屋なので、あたしのプライベートに興味のない一般の人は絶対に覗かないでくださいね。
  ↓
秘密のお部屋

|

行間と余白

多くのパチンコ雑誌のタイトルには、「必勝ガイド」だとか「必勝本」だとか、「必勝」って言葉がついてる。「必勝」ってのは、読んで字のごとく「必ず勝つ」って意味で、「勝率100%」ってことだ。だけど、ギャンブルで必ず勝つためには、イカサマをするしかないし、イカサマの方法を教えるワケにも行かないだろうから、パチンコ雑誌のタイトルの「必勝」ってのは、「この雑誌を読めば必ず勝つ」ってことを担保してるものじゃない。これは、受験生が「必勝」って書いてあるハチマキをするのとおんなじで、「必ず勝つぞ!」っていう意気込みを表わしたものだと思う。

だからって、何の意味もない記事を羅列してあるワケじゃなくて、貴重な実戦データや各予告の期待度、潜伏確変の見分け方や昇格セグの一覧など、実戦に役立つ内容が満載だ。今のパチンコはすごく複雑だから、事前に少しでも多くの情報を得てないと、すごくもったいないことになる。特に新台の場合は、予備知識があるとないとじゃ雲泥の差で、ホントにもったいないことになる。たとえば、予備知識のない人は、自分の打ってる台が潜伏確変に突入してて、そのまま打ってればすぐに大当たりするのに、それが分からずに、やめて他の台に移動しちゃったりする人も多い。

そして、そうしたデータを自分で収集しようとすると、ものすごく大変だし、ものすごくお金と時間が掛かる。あたしは、数人のパチンコ仲間と分担して、データ取りや情報交換をしてるけど、あたしたちが何日もかかってやっと集めたデータとおんなじものが、コンビニに並んでる500円もしないパチンコ雑誌に掲載されてたりすることもある。だから、パチンコの雑誌ってなかなかスゴイと思うんだけど、どの雑誌も似たような名前だし、どの雑誌も表紙やレイアウトが似てるから、パチンコが好きな人でも、どれがどれだか分かんないとこがある。それに、毎号いろんな色の文字が躍ってる表紙だから、コンビニでパッと表紙を見ても、その号を読んだのか読んでないのかもハッキリとは分かんなかったりする。だから、世の中には、おんなじ号を2回買っちゃった人も多そうな気がする今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、いろいろと出てるパチンコ雑誌は、こうした情報だけじゃなくて、それぞれにいろんな企画があったり、連載エッセイやマンガがあったりするワケだけど、隅から隅まで読んでみると、わずか数行の読者投稿に爆笑されられたり、単発の企画がツボだったりと、なかなか楽しめる面もある。で、あたしは、前にもチョコっと書いたことがあるけど、「パチンコ必勝本 DREAMS」に連載してる「ハマりん」の大ファンで、いつも真っ先に読んでる。

「ハマりん」は、主婦パチンカーのミカポンさんの1ページの連載で、毎回、1000回転以上の大ハマリ台を探して、それを打つ実戦リポートなんだけど、「リポート」に当たるのは全体の半分くらいで、それまでの導入部分やマクラの部分、シメなどにウエイトを置いた内容になってる。とにかく文体がサイコーだし、ツッコミ方もあたしのツボだし、あまりにも面白すぎる。女性目線だけじゃなくて、主婦目線もプラスされてるから、とにかく話題の切り込み方が多彩で、思わず感心しちゃうことも多い。

何ヶ月か前の号で、息子さんが初めて彼女を自宅に連れて来た時のことが書いてあったんだけど、息子さんの彼女をひと目見ようと、お父さんが玄関の横で1時間も「屈伸」をしてた‥‥ってのがツボで、久しぶりにサザエさん的なホノボノ感をタンノーさせてもらった。それから、主婦目線てことで言えば、1日に赤マルを何箱も吸うほどのヘビースモーカーのミカポンさんは、どんな空気清浄機を並べるよりも、「室内用置き型ファブリーズ」のほうが圧倒的に効果があるってことも教えてくれた。

で、あたしの場合は、マクラから「‥‥そんなワケで」って形で本題へと切り替わるけど、ミカポンさんの場合は、マクラから「そんなこんなで○月○日~」ってふうに本題へと切り替わる。この、毎回変わらないパターンも、読みやすさと愛着感につながってて、全体にリズムを生み出してる。これが、すでに70回を超える長期連載を続けてる秘訣なんだと思うけど、ひとつだけ残念なのは、あたしみたいに何を書いてもいい個人の日記とは違って、「パチンコ雑誌」だってことだ。つまり、どんなに嫌いな台があっても、決して悪口は書けないってことだ。

それでも、編集部に所属してる社員のライターさんたちとは違って、ある程度は自由な部分もあるみたいだけど、やっぱりNGワードは多い。だから、あるメーカーのある機種を名指しで取り上げる場合に、ホメるのはいくらでもOKだけど、絶対にケナすことはできない。そのため、「あっ!ここは奥歯にモノがはさまってるな!」って感じる部分も多々ある。たぶん、ミカポンさんも、その辺のバランスを考えて、「分かる人だけ分かってくれればいいや」ってスタンスで書いてるんだと思う。

たとえば、ミカポンさんは、あたしの大好きな「サクラ大戦」が大嫌いみたいなんだけど、でもそんなことハッキリとは絶対に書けない。だから、「サクラ大戦」の大ハマリ台があったのに別の機種を打ったっていう日なんか、打った機種の名前じゃなくて、「サクラ大戦が好きな方、本当にゴメンナサイ」っていうタイトルになってて、文中でも「サクラ大戦とか、ゴメン私には無理」「サクラ大戦をと一瞬思いましたが、本当にゴメン。どうしても無理(笑)」って繰り返してた。これだけ繰り返されれば、よほど鈍感な人でも真意を理解できたと思うけど、ここまでしても「嫌い」とは書けないんだから、なかなか大変な世界だと思う。

‥‥そんなワケで、雑誌ってもんは、売り上げの他に、広告収入で成り立ってる。つまり、その雑誌に掲載されてる広告主たちは、テレビで言えばスポンサーってワケで、すごく気を使わなくちゃなんない。たとえば、サントリーがスポンサーについてるドラマで、アサヒビールを飲むシーンなんかが出て来たら大変なことになる。だから、そのスポンサーの悪口を言うなんてモッテノホカってことで、雑誌もおんなじだ。

パチンコ雑誌に掲載されてる広告って言えば、各パチンコメーカーは当然として、あとは、サラ金と出会い系サイトがほとんどだ。だから、どこかのメーカーの機種を悪く言うのは絶対にダメだし、それ以外でも、パチンコにハマッてサラ金で借金して自殺した人の話なんか書いたら絶対に掲載されないし、出会い系サイトで騙された話も当然NGだ。歯に衣着せぬ執筆陣でオナジミの「テレビブロス」だって、どのコラムにもマンガにも絶対に登場しないのが、「このブレスレットをすると大金持ちになれる」っていうアレのネタだ。「テレビブロス」には、この手の広告がいっぱい掲載されてるから、どんなにインチキ臭いと思ってても、絶対にネタにはできない。

ま、こんなことは、あたしが言わなくても、ほとんどの人は分かってると思うけど‥‥って、あたし的にもヤバイので、これ以上、深くツッコミを入れるのはやめにして、フランク・ザッパにまとめると、「真実を知りたければ行間を読め」ってことだ。パチンコ雑誌のコラムひとつを見たって、数々の規制の中で書いてるワケで、そこに書かれてる文面だけを読んで笑ったり感心したりするのもいいけど、もう一歩踏み込んで、行間を読むようにすると、そのライターがホントに伝えたかったものが見えて来る場合がある‥‥ってことだ。

‥‥そんなワケで、何でも言いたいことを言いたいだけ言いきっちゃう欧米の文化とは反対に、「言わずに伝える」ってのがニポン古来からの伝統的な文化なんだから、あたしは、1人でも多くの人たちが、「そこに書かれてないことこそを読み取る力」ってものをもっと身につけて欲しいと思ってる。たとえば、西洋の絵画である油絵は、人物や静物を描いたら、その背景もすべて絵の具を塗る。完成した油絵には、キャンバスの地が出てる部分はない。だけど、ニポンの水墨画は、たくさんの余白がある。墨を置いた部分のほうが少なくて、余白のほうが多い名画もたくさんある。木の枝の先だけを描き、周りの余白から、その木が大木であることを感じさせる。これが「余白を読む」ってことで、文章で言えば「行間を読む」ってことだ。数多くの優秀なライターやコラムニストたちが、いろんな規制に縛られた中で、それでも真実を伝えようと奮闘してるんだから、文章の表面だけを読んで揚げ足を取るんじゃなくて、もっと行間を読みとって欲しいと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしくお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ こちらもお願いします♪
  ↓
me too campaign

|

2008.07.01

落書きに激怒するKYたち

イタリアのフィレンツェにある「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」に、アホな落書きしたをニポン人が次々と発覚して、学生の場合は停学処分になったりしてるけど、これは、自分のフルネームや学校名を書いて来たことによって本人を特定されたものだ。そして、今度は、水戸の常磐大高の野球部の監督、須田武志(30)の落書きが発覚して、監督を解任されちゃった。ちなみに、この監督の落書きは、奥さんと自分の名前を書いて、それをハートで囲んだものだそうだ。

で、ここまでの内容を聞けば、「とんでもないアホどもだ」と思うし、「おんなじニポン人として恥ずかしい」と思うし、「海外でニポンの恥をさらすな!」って思う人が多いと思う。だけど、もうちょっと状況を知ると、リトル変わって来る。実は、この大聖堂は、落書きのメッカで、柱や壁が落書きだらけなのだ。そして、そのほとんどが、恋人同士や夫婦など、カップルの名前が書いてあるものなのだ。何でかって言うと、この大聖堂の入口付近には、何人もの「油性マジック売り」がいて、カップルの観光客を見つけるやいなや、ソッコーって近づいて来る。そして、こう言うのだ。


「この大聖堂の最上階の展望台まで上って、そこの柱や壁に自分たち2人の名前を書いて来ると、永遠の幸せが約束されるんですよ」


そして、バッグの中にたくさん持ってる太い油性マジックを現地の定価の5倍、10倍の値段で売りつけるのだ。それで、アホな観光客は、言われた通りの値段でマジックを買わされ、そのまま中へと入り、展望台まで上ってく。そうすると、柱という柱が、英語やイタリア語やフランス語やニポン語のサインだらけなのだ。そして、2人は、何とか空いてるスペースを探して、言われた通りにサインをして、「これで幸せになれるね♪」なんて言ったりしてる今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、この展望台には、一応、英語とイタリア語で「落書き禁止」って書いてあるんだけど、ほとんど意味をなしてない状態だ。そして、わざわざ自分の身元がバレちゃうような、学校名だの本名だのをシッカリと書いてるニポン人が多いことから推測すると、コイツラは、「悪いことをしてる」って意識のないまま書いてたとしか思えない。さらに言えば、よく「2人の名前を書いた南京錠を金網に掛けるとナンタラ」みたいのがあるけど、それとおんなじような感覚でやったとしか思えない。

ニポンには、願をかける「絵馬」ってものもあるし、引いたオミクジを木の枝に結ぶって習慣もある。こうした習慣に馴染んで来たニポン人が、初めて訪れた異国の観光スポットで、現地の人から「2人の名前を書くと幸せになれる」って説明されて、ゴテイネイに油性マジックまで買わされて、そして指示された場所まで行ってみたら、そこはカップルの名前の落書きの嵐だった。そしたら、たとえどこかに英語とイタリア語で「落書き禁止」って書かれてたとしても、そんなものは目に入らずに、とにかく空いてるスペースを探して、自分たちの名前を書こうとするのが普通じゃない?

もちろん、世界遺産だろうが三丁目の変態オヤジの家の塀だろうが、どんな場所でも落書きをするなんてサイテーだし、あたしは落書きした人たちを擁護する気なんてモートーない。だけど、これらの状況を知れば、今、怒って、モットモらしいことを言ってる人たちだって、自分が逆の立場になったら、何人かは落書きをしてただろう‥‥ってことを言いたいワケだ、あたしは。

現地のイタリア人の話を鵜呑みにして、高い値段でマジックまで買わされて、説明された通りに名前を書いたら、あとからそれが大問題になっちゃった。これが、今回、名前が出た人たちの本音だろう。だけど、それぞれにそれぞれの立場や状況があるから、みんな火消しにヤッキになってる。大学の名前に傷がつくことを恐れた校長は、女子大生に「自費でイタリアまで落書きを消しに行け!」とかノタマッてたし、常磐大高に至っては、野球部が夏の大会に出られなくなったら一大事だからって、何年も貢献して来た監督のことを秒殺しちゃった。

ま、やったことは悪いことだから、あたしは、これらの処分を「重すぎる」とは思ってない。当然っちゃ当然だろう。だけど、こうした「ソッコーでの火消し」が、本人たちのためでも、迷惑をかけたイタリアの大聖堂のためでもなく、すべてが「自分たちの立場を守るため」っていう保守的な考えから発してることだから、あたしは、なんだかなぁ~って思っちゃうワケだ。個人と違って、組織が保守的になるのは仕方ないことだけど、自分のとこの学生がレイプや殺人を犯したんならともかく、こんなレベルのことで、さらには相手側が「別にかまわない」とまで言ってるのに、あまりにも異常すぎる対応だと思った。

‥‥そんなワケで、あたしは、今回の各大学や高校の対応の「スピーディーさ」と「内容」を見て、こりゃあどう考えても、「洞爺湖サミット」までに、この手の問題をできるだけ起こしたくないオッペケペー内閣の指示なんだろうって思った。今のフクダちゃんて、繁華街で包丁を振り回すキチガイが出現することよりも、世界遺産だのに傷をつけるアホの出現のほうを恐れてるってワケだ。国内で起こる殺人事件よりも、ニポン人の観光客が世界各地の世界遺産だの文化遺産だのに落書きしたり、絶滅危惧種の動植物に危害を加えたりすることのほうを恐れてるってワケだ。だって、そうでも思わなきゃ、今回の「右へならえ」の対応の謎が解けないもんね。

どっちにしても、セコムの飯田亮の持ち物の「ザ・ウィンザーホテル洞爺」が潰れかかってて、それを盛り返して大儲けさせるために、飯田亮とベッタリ癒着してるコイズミやアベシンゾーが必死に根回しして、今回のサミットの会場がこのホテルに決まったんだから、これほどのデキレースは前代未聞だろう。最初から最後までシナリオ通りの学芸会、一部の企業を儲けさせて自分たちはその見返りをもらうための三文芝居、こんなバカバカしい茶番劇のために、莫大な税金を投入して、そこに群がる利権企業どもに甘い汁を吸わせる。そして、こんなアホらしいことのために、イタリアで落書きした学生にまで厳罰を下すように圧力をかけるなんて、もはや、トンチンカンを通り越してチントンシャンて感じだよ、まったく。

あたし的には、イタリアの世界遺産に落書きしたアホを叱ることも必要だとは思うけど、こんなことに目クジラを立てるんなら、その前に、沖縄の辺野古の海のサンゴやジュゴンの餌場を破壊するのをやめろよ! 政府自体が、人殺しの手伝いをするために自国のかけがえのない自然を破壊し続けてんのに、それをタナに上げちゃって、学生の落書きなんかを叱るとはナニゴトだ!

‥‥そんなワケで、今から20年近くも前のことだけど、朝日新聞のサンゴ事件てのがあった。覚えてる人も多いと思うけど、1989年4月20日、朝日新聞の夕刊に、西表島の海中のサンゴを削ってイニシャルを落書きした写真と、ダイバーのモラルの低さを訴えた記事が掲載された。でも、あとから、その落書きは、撮影したダイバーが自分で彫った「自作自演」だったってことがバレちゃって、大問題へと発展したのだ。

この時、書かれてたイニシャルってのが、「K・Y」っていうものだった。そして、それから18年も過ぎてから、天下御免のKY男、アベシンゾーが総理大臣になったんだから、この落書きは、ある意味、未来を予言してたのかもしれない‥‥なんてことも言ってみつつ、20年前に、サンゴに落書きの自作自演をした記者は、関係者とともに重い処分を受け、この問題自体は、未だに朝日新聞を攻撃する時のネタに使われてる。

で、20年経った今は、防衛局の「サンゴの着床具」が、辺野古のサンゴを破壊してる。サンゴを調査するって名目で、現地の人たちの反対を押し切って強引に設置した「サンゴの着床具」が、そのサンゴ自体に鉄の杭を打ちつけて設置されてるのだ。こんなバカな話ってある? この様子は、沖縄QABのカメラマンが撮影して、悲惨に破壊されたサンゴの姿を報じたけど、沖縄以外じゃほとんど報じられなかった。もちろん、政府が各報道機関に圧力をかけて、報道させなかったのだ。

20年前はサンゴを傷つけたらダメだったけど、今はサンゴを傷つけても良くなったんだろうか? それとも、西表島のサンゴは傷つけたらダメだけど、辺野古のサンゴなら傷つけてもいいんだろうか? はたまた、民間人はサンゴを傷つけたらダメだけど、政府の人間ならサンゴを傷つけてもいいんだろうか?

あたしには、この違いが理解できない。たとえば、このサンゴが人間だったとしたら、これは傷害事件てことになる。そしたら、民間人が誰かをケガさせた場合と、警察官が誰かをケガさせた場合に、本来なら国民を守るべき立場にある警察官が事件を起こしたほうが、より重く処罰されるハズだ。そう考えれば、政府が税金を使ってサンゴを破壊したことのほうが、朝日新聞の問題よりも遥かに罪が重いワケで、それがほとんど報道されないこの国って、もしかしたら北朝鮮?って思っちゃう。

‥‥そんなワケで、あたしは、カン違いされたくないから何度も繰り返すけど、決してイタリアの大聖堂に落書きしたアホどもを擁護する気なんかサラサラない。だけど、そんなことに文句を言うのなら、16億6000万円もの税金を使って、沖縄のサンゴを破壊してる政府に対して、もっともっと声を上げるべきなんじゃないのかってことだ。百歩譲って、「沖縄のサンゴを破壊してアメリカ軍の基地を造る」って目的のために16億6000万円もの税金を投入してんなら、目的通りに使われてるんだからスジだけは通ってる。でも、この16億6000万円は、「サンゴを保護する」って名目で投入されてる税金なのだ。それなのに、そのサンゴを保護するための器具が、サンゴ自体に鉄の杭を打ち込んで設置されてるなんて、こんなアホなことがあるか! 結局は、アメリカ軍の殺人基地を造るための、見せかけだけのインチキ調査だからこそ、こんなデタラメをやってるってことなのだ。だから、あたしは、こんな腐りきった政府なんかに、「洞爺湖サミット」なんか主催する権利なんかないと思ってる今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがと~♪
★ 1日1回、応援のクリックをよろしくお願いしま~す!
   ↓   ↓
人気blogランキング


★ こちらもお願いします♪
  ↓
me too campaign


QAB「国の機材がサンゴ破壊」(2007年05月21日)
http://www.qab.co.jp/01nw/07-05-21/index3.html

沖縄タイムス「社説/本末転倒の破壊行為だ」(2007年05月23)
http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20070523.html#no_2

QAB「検証 辺野古の環境調査」(2007年06月06日)
http://www.qab.co.jp/01nw/07-06-06/index6.html

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »