« 漢字が読めない政治家たち | トップページ | センタクゲリオン弐号機、活動限界 »

2009.02.26

武部氏、麻生首相に退陣を促す

「武部氏、麻生首相に退陣を促す」(世田谷通信)

自民党の武部勤元幹事長は、26日、時事通信社のインタビューに対して、麻生太郎首相への自発的な退陣を促す発言をした。武部氏は現在の自民党政権を「国民の信頼なくして政権運営はできない。非常に容易ならざる水域にある」と指摘した上で、麻生首相の出処進退について「自分や党よりも国家(が大事)だと考えてくれるだろう。麻生さん本人が賢明な判断をすると確信する」と、周りから言われて退陣する前に、自発的に退陣することが望ましいと明言した。これまでも自民党内部からは麻生首相に対する早期の退陣論が噴出していたが、武部氏のような党の要職を務めた古参議員が退陣論に言及したのは初めてである。これで自民党内は完全に「麻生おろし」のムードが高まってしまったが、半年前に派手な総裁選を演出して自らが担ぎ上げた総裁であることを忘れてしまったのであろうか。(2009年2月26日)


★ このニュースに報道価値があると思った人は、クリックの協力をお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

|

« 漢字が読めない政治家たち | トップページ | センタクゲリオン弐号機、活動限界 »