« 米国務長官への声明文 | トップページ | お知らせです♪ »

2009.02.19

オレンジ色の憎いヤツ

ニポンが全世界に誇る天下無敵のアル中オヤジ、中川昭一の泥酔映像を何度か見てるうちに、「中川って誰かに似てるな‥‥」って思ったんだけど、どうしても分からなくて、あたしは2日間もモヤモヤしてた。で、今日の昼間、車の運転中に、突如、頭の上の100ワットの電球が「パッ!」っとついて、答えがひらめいた。それは、プロレスラーの藤波辰爾だ。どう?中川昭一と藤波辰爾って、似てると思わない?

それから、あたしの大好きな瀬戸内寂聴さんも、テレビや雑誌で顔を見るたびに「誰かに似てるな‥‥」って思ってたんだけど、それが誰だか分からなかった。でも、こっちも、ついに分かった。それは、ウド鈴木だ。どう?瀬戸内寂聴さんとウド鈴木って、似てると思わない?

あと、詐欺で逮捕されたL&Gの会長の波和二(なみ かずつぎ)っていうペテン師オヤジ、コイツは、見た瞬間に分かったんだけど、同類の竹中平蔵にソックリだよね‥‥ってワケで、ここでクルリンパして、最初の「中川昭一と藤波辰爾」の似た顔のグループと、この「波和二と竹中平蔵」の似た顔のグループが、ナニゲにおんなじグループって気がして来た。ちょっと離れてるけど、それでも、この4人て、おんなじジャンルの顔だと思う。

たとえば、スターウォーズのヨーダと安室奈美恵は、おんなじジャンルの顔だ。だけど、おんなじジャンルの中でも離れた位置にいるから、一見、おんなじジャンルだとは気づかない。でも、この2人の間に、ゴジラの息子のミニラを入れると、おんなじジャンルだったんだってことが分かるようになる。これは、ヨーダとミニラが似てて、ミニラと安室奈美恵が似てるから、両者の触媒の役割を果たしてくれるミニラを真ん中に置くことによって、この三者がおんなじジャンルだってことが明確になる今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、リトル分かりにくいと思うので、分かりやすい例で説明するけど、黄色と赤は別々の色だ。黄色の折り紙を左に置いて、赤い折り紙を右に置けば、黄色は黄色だし、赤は赤だし、ぜんぜん違う色だ。だけど、ここに、オレンジ色の折り紙を持って来て、真ん中に置いたとする。そうすると、黄色とオレンジ色は近いし、オレンジ色と赤も近いから、この三色がグラデーションになって、おんなじ傾向の色のグループになる。つまり、黄色がヨーダで、赤が安室奈美恵で、このままだとおんなじグループとは思えないけど、ここにオレンジ色のミニラを持ってくれば、三者がおんなじグループだったってことに気づくってワケだ。

で、ヨーダと安室奈美恵をつなぐ触媒がミニラなら、「中川昭一と藤波辰爾」のグループと「波和二と竹中平蔵」のグループとをつなぐ触媒を考えなきゃなんない。それで、あたしは、久しぶりに脳みそをフル稼働させて考えてみたら、耳の穴からモクモクと煙が出てきちゃったので、シーブリーズで湿らせた綿棒で消火しつつ、耳の中もスッキリしつつ、ついでに「コアラのマーチ」の「バナナクレープ味」もつまみつつ、ずーーーーーーっと考えてたら、またまた頭の上の100ワットの電球が「パッ!」っとついて、答えがひらめいた。それは、「バカボンのパパ」なのだ!なのだったらなのなのだ!

並び方としては、一番左端にプロレスラーの藤波辰爾がいて、その隣りにアル中の中川昭一がいて、そこから3人ぶんくらい離れたとこにバカボンのパパがいて、次に1人ぶん置いたとこに売国奴の竹中平蔵がいて、また1人置いた右端にペテン師の波和二がいるって感じだ。図で表わすと、こんな感じになる。


「藤 中 ● ● ● バ ● 竹 ● 波」


つまり、「中川昭一と藤波辰爾」のグループと「波和二と竹中平蔵」のグループとの間は、5人ぶんくらい離れてたワケで、この距離が、黄色と赤とをおんなじグループとは感じさせない隔たりになってたってワケだ。だけど、あたしがオレンジ色として持って来たバカボンのパパも、この図を見れば分かるように、2つのグループの真ん中じゃない。竹中グループのほうに寄ってるために、ある程度は触媒としての役割を果たしつつも、まだ中川グループとの間に距離がある。だから、ホントは、もう1人ぶん中川グループ寄りの人選をしなきゃなんなかったんだけど、思いつかなかったのだ。

それで、あたしは、もう一度、中川昭一とバカボンのパパの間に入るメンバーを探すことにした。そして、頭の中のスクリーンに、この2人の顔を並べて想像して、ジョジョに奇妙に合成してった。そしたら、そこに浮かび上がった顔は、ナナナナナント! 「朝まで生タマゴ」の司会でオナジミの田原総一朗だった。そして、こんな図ができ上がった。


「藤 中 ● ● 田 バ ● 竹 ● 波」


できれば、もう1人ぶん中川寄りの人が見つかれば完璧だったんだけど、なかなか珍しいタイプの顔のジャンルだから、そうそう都合よくは見つからない。それでも、3人ぶんもの空白を回避することができたんだから、このメンバーによって生み出された「顔面グラデーション」を想像すれば、この6人がおんなじジャンルの顔だってことが誰にでも簡単に理解できるようになったと思う。

‥‥そんなワケで、人さまのことばかり書いてるのは失礼だから、自分のことも書いてみるけど、あたしの場合は、プロフィールの「似ている芸能人」の欄に、「プリンセス・テンコー」って書いてる。以前は、「自分で思うのは、稲森いずみ、とよた真帆、中島史恵、でも人から言われるのはプリンセス・テンコー」って書いてたんだけど、フクダちゃんとは違って自分を客観的に見ることができるあたしとしては、オソレ多いから、「自分で思うのは、稲森いずみ、とよた真帆、中島史恵」の部分をカットしたってワケだ。

だけど、別にイイワケするわけじゃないけど、あたしは、稲森いずみに似てるって言われたことが1回、とよた真帆と中島史恵に似てるって言われたことが2~3回ずつくらいあるのは事実だ。だけど、プリンセス・テンコーに似てるって言われたのは、数十回じゃ済まないくらい、ホントに数えきれないほどあるし、あと、浜崎あゆみに似てるって言われたのもケッコー多い。それで、浜崎あゆみは嫌いだから書きたくないし、大多数の人が「似てる」って言ってるプリンセス・テンコーだけをプロフィールに書くことにしたって流れなのだ。だから、この辺のことを踏まえて図にすると、あたしの場合は、きっとこんな感じなんだと思う。


「浜 ● プ き ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● と 中 ● 稲」


ナニゲに、前から読むと「浜辺のプリキュア」みたいだし、後ろから読むと「稲中卓球部」みたいな気もするけど、「ま、いっか!」ってことで、とにかく、あたしの場合は、少しでも「と」とか「中」とか「稲」とかのほうへ近づけるように、日々努力してるってワケだ。荒木師匠も言ってるように、「ローマは1日にして成らず」ってワケで、何よりも大切なのが、日比野克彦のダンボールアート‥‥じゃなくて、日々の努力ってワケなのだ。

だけど、「き」から「と」までの黒丸の数はハンパじゃないから、いくらコツコツと努力しても気が遠くなりそうだ。そこで、さっきの図をもう一度見てみよう。


「藤 中 ● ● 田 バ ● 竹 ● 波」


この図だけで見ると、このグループの中では、藤波辰爾と波和二が一番離れてる。つまり、似た顔のグループでありながら、この2人が一番似てないってことになる。だから、あたしが「藤」だとしたら、稲森いずみが「波」ってことになる。

でも、ここで、もう1つの考え方があるのだ。それは、図を1本の帯として考えるんじゃなくて、最初と最後をつなげて「輪」として考える方式だ。このグループの中で、藤波辰爾と波和二が一番似てないのは、中央にいるバカボンのパパとか田原総一朗とかのテイストで判断した場合なのだ。だから、藤波辰爾と波和二とに共通する別のテイストを見つけ出せば、1本の帯が「輪」になるってワケだ。

それで、またまたあたしが耳の穴から煙を出しながら考えて、ようやく思いついたのが、仮面ライダー1号の藤岡弘だ。藤波辰爾と波和二との間に藤岡弘を置くと、こっちはこっちで、さっきとは別のテイストのグラデーションが完成して、藤波辰爾と波和二との距離がグッと近くなる。そして、藤岡弘を配したことによって、1本の帯が「輪」になり、すべては丸く収まったってワケだ。そして、この「輪」には、バカボンのパパや田原総一朗を中心としたAグループと、藤岡弘を中心としたBグループっていう2つの似た顔のグループが存在し、藤波辰爾と波和二は、その両方のグループに属してる「ベン図の斜線の部分」てことになるのだ。

‥‥そんなワケで、この考え方で行けば、あたしが「藤」で、稲森いずみが「波」なんだから、この2人の間に入る別のテイストの人を見つければ、あたしのほうの図も「輪」になるワケで、あたしと稲森いずみの距離はグッと近くなる。そうすれば、副産物的に、とよた真帆や中島史恵との距離も近くなれるワケで、ちょっと違うかもしれないけど「渡りに舟」とはこのことだ。そして、「ローマは1日にして成らず」どころか、2~3日くらいでオッケーになっちゃうかもしんない。だから、美しくなるためには日々の努力もいとわないとか言いつつも、できれば最小限の努力で最大限の結果を得たいと思ってるあたし的には、コツコツと努力をしながらも、あたしと稲森いずみとの触媒になってくれるオレンジ色の憎いヤツを探そうと思ってる今日この頃なのだ。


★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★よかったら応援のクリックをお願いしま~す!
  ↓
人気ブログランキングへ

|

« 米国務長官への声明文 | トップページ | お知らせです♪ »