« 海上自衛隊員を強姦未遂で逮捕 | トップページ | 千葉市長選で民主推薦の新人が圧勝 »

2009.06.14

最後の最後までチキンなフロッピー麻生

オツムの中はカラッポで、自分でモノゴトを判断する能力はミジンもなく、何から何まで官僚や経団連の言いなりにしか動けない操り人形、フロッピー麻生は、最後の最後に国民からちょっとだけ見直される大チャンスを目の前にしながら、それを棒に振っちゃった。そう、日本郵政の社長、西川善文の進退に関する問題でだ。ま、トットと自民党には消えてもらいたいあたしとしては、最高の結果になったワケだけど、もしもあたしが自民党の支持者だったとしたら、まさに「あちゃ~!」って感じだった。

だって、もうこれ以上は下がりようがないほど支持率が下がりまくってて、すでに数多くの雑誌が政権交代後の特集を組んじゃってるほど終わってる自民党としては、選挙を前にして最後にマイナスを挽回できたチャンスが、今回の西川善文の進退問題だったのだ。ここで、フロッピー麻生が、コイズミと竹中平蔵の売国奴コンビや、この国の寄生虫、経団連の圧力なんかに負けずに、バシッと西川善文をクビにしてたら、自民党支持者たちから絶賛されることは当然として、あたしたち野党の支持者だって「おおっ!」って見直してたよ。

全世界に大恥を晒した中川昭一の泥酔会見の時だって、フロッピー麻生は、全国民からのブーイングをシカトして、お友達の中川を擁護した。そして、とうとう支持率は10%以下にまで急落し、自民党内からも「このままじゃ選挙なんかできない!」って声が出て、ここで初めて仕方なく中川昭一をクビにした。こんな腑抜け野郎だから、今回も、お友達の鳩山邦夫を擁護して、西川善文のクビを切るって思ってた人も多かっただろう。

実際、フロッピー麻生は、6月の株主総会で西川のクビを切って、取締役も一新するつもりで、今年の2月の時点で、「早急に日本郵政の新人事を決めておくように」って、鳩山邦夫に指示を出してたんだよね。この時、フロッピー麻生は、西川のアトガマ候補として、「元日本郵政公社総裁の生田正治」「NTT会長の和田紀夫」「東京証券取引所会長の西室泰三」なんかの名前を列挙したリストも手渡してるんだよね。だから、フロッピー麻生からこんな指示を受けてた鳩山邦夫としては、当然、フロッピー麻生がビシッと決めてくれると思ってたから、あれほど強いことを言い続けて来たワケだし、だからこそ、「麻生首相は必ず正しい判断をしてくれると信じている」って言ってた今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、今月の5日の夜に、フロッピー麻生と密会した鳩山邦夫は、自分に「早急に日本郵政の新人事を決めておくように」って指示して候補者のリストまで手渡したフロッピー麻生の口から、驚くべき言葉を聞かされた。それが「西川の続投」だった。これは、2月から水面下で動いてた「日本郵政の新人事」の話を耳にした郵政民営化の仕掛け人、竹中平蔵が、「そんなことされたらオレの立てた売国計画が台無しだ!」とばかりに、すぐにコイズミに連絡を取り、2人であちこちに根回しをして、フロッピー麻生に圧力を掛けたことによる。

戦後最悪の売国奴、竹中平蔵が立てた計画は、ニポン国民の最後の財産である郵貯と簡保の350兆円をアメリカ様へ上納するって作戦だった。そして、そのために、頭は悪いけど国民には人気のあったお調子者のコイズミに吹き込んで、郵政民営化を解散総選挙の旗印にしたってワケだ。そして、バカな国民はマンマと騙されて、コイズミ自民党は大勝し、竹中平蔵の描いた絵図の通りに、郵政事業は民営化へと進んで行った。

だけど、今の時点では、日本郵政の株式は国が100%持ってるワケだから、まだ完全に民営化されたとは言えない。9日の参議院総務委員会に招致された西川は、辞任を求めて激しく攻撃する鳩山邦夫に対して、平然とした顔で、「反省すべき点は反省するが、引き受けた以上は、途中で投げ出して辞めることではなく、民営化の土台を築くまでしっかりとやり遂げることが私の責務だと思っている」とかって抜かしてた。ようするに、国が株式を持ってるうちは、まだ完全に民営化されたとは言えないから、ちゃんとすべての株式を売却して、国民の350兆円をキレイサッパリとアメリカのハゲタカどもにくれてやるまで、オレは絶対に辞めるつもりはない!‥‥って宣言したんだよね。

で、鳩山邦夫としては、5日の夜の段階で、すでにフロッピー麻生のとこにまで竹中平蔵やコイズミの圧力が掛かってることを知ってたし、この9日の西川の自信マンマンの答弁を聞いても、自分のほうが遥かに不利な状況だってことは分かってた。だからこそ、自分の進退を懸けてまで、フロッピー麻生に、「圧力なんかに負けずに正しい判断をしてくれ!」ってアピールしたんだよね。

‥‥そんなワケで、巨大なアメリカの利権を相手に、孤軍奮闘してた鳩山邦夫の唯一の勝算は、世論調査とパブリックコメントだった。フロッピー麻生は、「最終的な判断は、世論調査の結果やパブリックコメントも参考にして、私が決める」って公言してたからだ。フロッピー麻生は、世論調査やパブリックコメンが大好きで、自分に都合の悪い調査結果に関しては「詳しく知らないのでお答えできかねる」とかって逃げちゃうけど、実のとこ、ものすごく気にしてる。10日に行なった温室効果ガスの中間目標に関する記者会見の時だって、世論調査の結果とパブリックコメントとを立派なパネルにして、それをモトにして大演説をして、「国民の声は」「国民の声が」「国民の声によると」って、何度も連呼してた。

つまり、フロッピー麻生は、世論調査の結果やパブリックコメントをベースにして自分が意見を述べて、あたかも自分が全国民を背負ってるってふうに演出することが大好きなのだ。だいたいからして、このパブリックコメントって制度自体、フロッピー麻生が総務大臣をやってた2004年に、自分の諮問機関の「行政手続法検討会」から提出された法案なんだよね。ようするに、フロッピー麻生が、このパブリックコメントの生みの親みたいなもんなのだ。

だから、竹中平蔵に薄汚い手を回されて八方ふさがりになっちゃった鳩山邦夫としては、「フロッピー麻生が総理になれるように尽力して来た」っていう恩と、「フロッピー麻生が世論調査の結果やパブリックコメントをヤタラと気にするカッコツケ屋」っていう性質、この2点だけが、自分が勝てるわずかな希望だったのだ。そして、実際に、7日の夜に生放送されたフジテレビの「サキヨミ」で発表された世論調査の結果では、「西川氏の続投に反対」が全体の8割にも上ったのだ。世論調査を実施すれば、どんなにイカサマをしたって結果を捏造できないほど「続投に反対」の声が大きいのは各メディアが分かってたことで、だからこそ、世論調査が大好きな読売も産経も朝日も、どの新聞もあえて世論調査をやらなかったのだ。

小沢一郎の秘書が国策捜査で不当逮捕された時なんて、毎週のように世論調査をやってたのに、その何百万倍もの大問題が起こっても、スポンサーに不利な結果が出ることが分かってる世論調査は、絶対にやろうとしないマスコミ。あまりにも分かりやすいよね。ま、そんな当たり前のことにいちいちツッコミを入れてるヒマもないから、トットと先へ進むけど、今日の日記を書くために、今日の朝から始めた【麻生太郎と鳩山邦夫、どちらを支持する?】ってアンケートでも、現時点(13日24時)で、8460人のうち、「麻生太郎を支持する」が389票でわずか4%なのに対して、「鳩山邦夫を支持する」は6693票で80%と、「サキヨミ」の世論調査の結果とほとんど変わらない。他にも、「goo」でやってた世論調査を見てみたけど、麻生支持が20%台なのに対して、鳩山支持は70%台と、これも明確な差が表われてた。

‥‥そんなワケで、負ける勝負だとは分かってたけど、それでも、今までずっとフロッピー麻生を支え続けて来たっていう恩と、こうした世論調査の結果に懸けてた鳩山邦夫としては、そんなわずかな希望もアッサリと裏切られちゃったってワケだ。コイズミを総理にするために誰よりも尽力して来た田中真紀子が、コイズミにアッサリと切り捨てられたように、今度は、これとおんなじことをフロッピー麻生がやったってワケだ。ま、1日も早い政権交代を望んでるあたしとしては、最後の最後まで情けない腰抜けぶりを全国に晒してくれたフロッピー麻生には心から感謝してるし、こんな何ひとつ自分の判断で決められないようなチキン野郎だからこそ、最低最悪の自民党政権に終止符が打たれる「最後の総裁」として適任だと再確認した今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてサンキューベリマッチ!
★ 「たかが1人の社長もクビにできないような腰抜けは1日も早く政権を去れ!」って思った人は、アジサイのクリックをポチッとお願いしま~す♪
   ↓
人気ブログランキングへ


★ 竹中平蔵やコイズミは、もう国民が忘れてると思って調子に乗っているので、西川善文を始めとした郵政売国奴のことをオサライしておきたい人は、2005年11月11日の日記「米国郵政誕生」もお読みください。
 ↓
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20051111

|

« 海上自衛隊員を強姦未遂で逮捕 | トップページ | 千葉市長選で民主推薦の新人が圧勝 »