« 崖の上のポニョ | トップページ | 濡れ衣を着せられた人たち »

2009.06.22

海上自衛官がまた強姦で逮捕

「海上自衛官がまた強姦で逮捕」(世田谷通信)

兵庫県警兵庫署は、22日、強姦致傷などの容疑で、海上自衛隊舞鶴地方総監部(京都府舞鶴市)の海士長、金口隆史容疑者(26、舞鶴市余部下)を逮捕した。金口容疑者は、21日午前5時すぎから約30分間、神戸市兵庫区の開店準備中の風俗店に押し入り、31才と33才の2名の女性従業員に次々と襲いかかり怪我をさせた疑い。その後、金口容疑者は、店内で全裸になり、店にあった女性物の花柄のワンピースを着て、意味不明な言葉を叫びながら表に飛び出し逃走した。約1時間後の午前7時、同市中央区のホテルに全裸で侵入し、ここでも意味不明の言葉を叫び続けていたため、通報で駆けつけた生田署の警察官に保護されていた。取り調べの結果、風俗店での強姦、暴行が判明したため逮捕された。金口容疑者は容疑を認め「死んだ自分がやったことです」などと供述しているという。金口容疑者は護衛艦「すずなみ」の乗組員で、この日は休暇を取っていた。11日には護衛艦「あさゆき」の乗組員で海上自衛隊の3等海曹、堀 憲一郎容疑者(23)が寄港中の沖縄県沖縄市で女性に暴行し、強姦未遂の容疑で沖縄県警うるま署に現行犯逮捕されたばかりである。麻生太郎首相は世論を無視して「海上自衛隊の護衛艦を派遣し海賊対策で国際貢献を進める」と繰り返しているが、その前に乗組員らの再教育をすべきではないのか。 (2009年6月22日)


★ この記事に報道価値があると思った人はクリックにご協力を!
   ↓
人気ブログランキングへ

|

« 崖の上のポニョ | トップページ | 濡れ衣を着せられた人たち »