« 「ピースヒロシマ」のお知らせです。 | トップページ | クシャミが出そうで出ない話 »

2009.08.06

平和の力

今日、8月6日は、64回目の「原爆の日」だ。もちろん、これは、広島に原爆が落とされた日で、長崎に落とされたのは3日後の9日だ。だから、8月6日は広島で、9日は長崎で、それぞれ「平和祈念式典」が行なわれる。だけど、呆れ果てたことに、あのフロッピー麻生が、両方の式典への出席を表明したのだ。皆さん、ご存知の通り、フロッピー麻生は、昔から「日本も核武装すべき」って発言し続けて来た真性のオッペケペーで、経歴詐称のアベシンゾーやアル中の中川昭一と3人で、自民党内の「核武装推進トリオ」って呼ばれてる。

フロッピー麻生は、コイズミ内閣で外務大臣をやってた2003年にも、新聞のアンケートに「日本も核武装を検討すべき」って回答してるし、2006年にも、「核兵器というものの保有について検討すべきか、だんだんだんだん隣りがみんな持って行くときに、日本だけ何の検討もされていないというのはいかがなものか」って発言してる。これは、ニポン語もマトモにしゃべれないフロッピー麻生の発言をその通りに書き写したものだから、何を言ってんだか理解しにくいと思うけど、この「だんだんだんだん隣りがみんな持って行くときに」っていうバカ語を正しいニポン語に直訳すると、「中国が核兵器を保有し、北朝鮮も核開発を始めたと言うのに」って意味になる。

フロッピー麻生は、その後のアベ内閣時代にも、「日本は核兵器を作る能力を持っていることは確かだ」とした上で「日本も核武装を検討すべき」って発言を繰り返して来た。これら一連の時代錯誤な発言は、「核廃絶を求めた過去の国会決議に背き国是を否定する」「北朝鮮の核放棄に向けた国際社会の努力に水をさす」って理由で、社民党、民主党、共産党、国民新党の4野党が、2007年11月9日付で、当時の首相のアベシンゾーに対して、フロッピー麻生の罷免を要求したのだ。外務大臣時代に、核開発を推進する発言を繰り返し、そのために4野党から罷免を要求されたほどの「核武装推進派」のフロッピー麻生なんかが、平和のために核廃絶を訴え続けて来た広島や長崎の「平和祈念式典」に出席するなんて、まるで、阪神ファンだけが集まってる大阪の居酒屋に、巨人のユニフォームを着て飲みに行くほどのKYだと思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、フロッピー麻生は、「日本も核武装を検討すべき」って意見を持ってるだけじゃなくて、昔から「憲法改正」も訴え続けて来た戦争マニアだ。8月30日の衆院選に向けての自民党のマニフェストにも、ハッキリと「憲法の改正を実現させます」って明記してある。そりゃそうだろう。いくら核兵器を開発したって、平和憲法がある限り、それを使用することができないからだ。

それにしても、「日本も核武装を検討すべき」って言い続けて来た上に、その核兵器を使えるように「憲法の改正を実現させます」とまでマニフェストに明記しちゃってる政党のトップが、世界に向けて「核廃絶」と「平和憲法」の大切さを訴え続けて来た広島や長崎の「平和祈念式典」に出席するなんて、いったいぜんたいどのツラをさげてくつもりなんだろう? どうせ、豪雨の被災地を視察に行ったのとおんなじで、単なる「衆院選の票集め」の一環なんだろうけど、あまりにもKYすぎる。

そう言えば、どっかの頭のおかしいナントカ幕僚長も、わざわざ8月6日の日を選んで、わざわざ広島の「平和祈念式典」の目と鼻の先まで出掛けて行き、そこで「日本も核武装を!」って訴えるキチガイ演説会をするそうだけど、こういうヤカラって、どうしてこうもKYなんだろう?‥‥つーか、どうしてこうも人の痛みが分からないんだろう? いくらニポンに「言論の自由」があるからって、こんなの暴力団や総会屋の嫌がらせと何も変わらないじゃん。

‥‥そんなワケで、フロッピー麻生は、北朝鮮の拉致問題や核開発問題を自分の支持率のために利用してるだけじゃ飽き足らずに、広島や長崎の「平和祈念式典」までをも選挙の票集めに利用する気がマンマンだ。だって、今まで何年間もずっとホッタラカシにして来た「原爆症認定集団訴訟」に対して、「平和祈念式典」のギリギリの前日に「306人の原告全員を救済する」とかって言い出して、これを「平和祈念式典」への手土産にしたからだ。これはこれですごいイイコトには違いないけど、それならそれで、どうして今までずっとホッタラカシにして来たの?‥‥って思う。もしも選挙がなかったら、ぜったいに今でもホッタラカシにしてたに決まってる。

総理大臣就任以来、毎日のように高級レストランに通い、毎晩のように高級ホテルのバーに通い、毎週発売される十数冊のマンガ雑誌をぜんぶ読めるほどヒマを持て余してたのに、それでもぜんぜん手をつけなかった拉致問題にしたって、選挙の日程が決まったトタンに、突然、新潟の拉致現場を視察に行ったよね。これほど分かりやすい選挙対策は他にないだろう。ホントに拉致被害者やご家族のことを思ってるんなら、クリントンみたいに直接行って連れ戻して来いよ。

結局、フロッピー麻生なんて、アベシンゾーとおんなじで、拉致問題を支持率や選挙に利用してるだけなんだよね。アベシンゾーも、総理大臣に就任した時の所信表明で、「すべての拉致被害者が帰国し、家族をしっかりと抱きしめる日が来るまで、ワタクチは鉄の意志を持って立ち向かいまつ!」ってオチョボってたけど、何ひとつ手をつけなかったどころか、北朝鮮との関係を悪化させたまま、ぜんぶ丸投げしちゃったもんね。こんなペテン師どもの言うことなんて、1ピコグラムも信用できないよ、まったく。

‥‥そんなワケで、拉致被害者や豪雨の被災者に続いて、今度は広島や長崎の原爆症の人たちまでをも選挙の票集めに利用するっていう、もう、本気でなりふりかまってらんない状態のフロッピー麻生だけど、人間て、一度手に入れた権力を手放したくないと思ったら、ここまで非人道的なことが平然とできちゃうもんなんだね。あたしには理解できない感覚だけど、そこまでして政権を死守したいんだったら、拉致問題にしても原爆症の問題にしても、どうして今まで何年間もホッタラカシにして来たの?‥‥って思う。霞が関のほうばかり見て政治をしないで、ちゃんと国民のほうを見て政治をしてたら、こうした問題なんか、トックの昔に解決してたハズだ。

それが、今まで何年間もずっとホッタラカシにして来たクセに、惨敗が濃厚な選挙の日程が決まったトタンに、大慌てでチョコチョコと手をつけ始めたんだから、あまりにも国民のことを軽く見てると思う。あたしは、自民党が、こんな茶番劇で国民を騙せると未だに思ってる感覚に腹が立つ。定額給付金のバラマキにしても、エコカー減税や家電のエコポイントにしても、こんなバラマキで有権者を騙せると思ってる感覚に腹が立つ。そして、あたしが、何よりも腹が立ったのが、「核武装推進派」で「改憲派」のフロッピー麻生が、いくら票集めのためとは言え、当たり前のように広島や長崎の「平和祈念式典」に出席するっていうKYぶりに対してだ。

百歩ゆずって、「この国の総理大臣として、自分の主張とは別に、立場上、出席する」ってことだとしても、数日前に「憲法の改正を実現させます」って明記したマニフェストを発表したんだから、マトモな感覚なら出席はできないだろう。おんなじ「改憲派」でも、民主党の鳩山由紀夫は、オムライス党(社民党)の顔色をうかがって、自民党みたいにハッキリとは書かなかった。民主党のマニフェストは、「国民の自由闊達な憲法論議を」ってタイトルで、「この国の主権は、政府ではなく国民なんだから、積極的に全国で憲法論議をして、もしも改正を求める声が多ければ、そのように考えてく」って感じの書き方をしてる。ホントは、自民党とおんなじに、ハッキリと「憲法改正」を明記したかった鳩山由紀夫だろうけど、そんなこと書いたらオムライス党の協力が得られなくなっちゃうから、こんなにも奥歯にモノのはさまった言い方しかできなかったってワケだ。

あたしは、前から言ってるように、民主党なんて、所詮は自民党の一派閥に過ぎないと思ってる。だけど、今の腐りきった官僚政治をストップさせて、「国民のための政治」をやってもらうには、とにかく、まずは、自公政権に退場してもらうしかない。その第一歩が政権交代なんだから、こないだの都議選みたいに、民主党のひとり勝ちじゃ意味がない。改憲をもくろむ民主党に「平和のためのブレーキ」を掛けるのも、財源が捻出できなくて増税に手をつけそうになった民主党に「庶民の生活のためのブレーキ」を掛けるのも、オムライス党しかいない。だから、今度の衆院選は、民主党のひとり勝ちじゃなくて、1人でも多くオムライス党の候補者を当選させた上での政権交代じゃないと意味がないのだ。

「天下り製造機」の官僚どもも、経団連の守銭奴どもも、今は必死に「民主党詣で」を続けてるけど、これは、政権交代を見越しての根回しだ。今までは自民党と癒着して美味しい思いをして来たけど、今度の選挙は完全に民主党が勝つってことが分かってるから、今のうちから民主党に根回しをしといて、自分たちの利権を守ろうとしてるってワケだ。だから、民主党のひとり勝ちになっちゃったら、誰もブレーキを掛けることができないから、今までの自民党とおんなじような図式に流れてく可能性もある。だけど、選挙後の議席数が、「民主党だけだと過半数に足りないけど、オムライス党を足すと過半数を超える」とか、「オムライス党を足すと3分の2を超える」とかって形になれば、民主党がどんなにふざけた法案を出そうとも、オムライス党の賛成がなかったら可決されない。

鳩山由紀夫は、「新憲法制定議員同盟」の顧問をやってるほどの改憲派で、自分の作った新憲法の試案を自分のホームページで公開してるほど「憲法改正」を推進してる。こんな人間が代表をつとめてる民主党なのに、そのマニフェストに「憲法改正」の4文字を明記できなかったのは、もちろん、党内に護憲派がいることも事実だけど、何よりのブレーキになったのが、オムライス党の存在だった。だから、「政権交代」を望んでても、憲法を変えて「戦争のできる国」にしたいと思ってる人は、民主党に投票するしかないけど、「政権交代」と「平和」を望んでる人たちは、オムライス党の候補者に投票しないと、自分の理想の政治は行なわれない。

あたしの大好きなオムライス党のみずほたんが、去年の8月15日の「敗戦の日」に、千鳥が淵戦没者墓苑での式典で読みあげた「平和の誓い」がある。あたしは、これを読んで、一字一句、あたしの思い、あたしの願いとピッタリだと思った。こういう考えの人こそが、世界唯一の被爆国の総理大臣にふさわしい人だと思った。人殺しの道具を持たなきゃ手に入らない平和や、戦争をしなきゃ手に入らない平和なんて、ホントの平和じゃない。相手が武器を手にしたから、こっちも武器を手にする。相手が刀を振りかざしたから、こっちはピストルを構える‥‥ってのは、フロッピー麻生やアベシンゾーみたいな単細胞の考え方だ。

こっちがピストルを構えれば、相手はライフルを手にするだろう。そして、こっちはマシンガン、相手はバズーカ砲、こっちは戦車、相手は爆撃機、こっちは長距離ミサイル、相手は核弾頭ミサイル‥‥って、世界の国々にホンのひと握りずついる単細胞どもがやって来たイタチゴッコが、今の世界をこんなにもメチャクチャにしたって言うのに、そして、ようやく気づいた人たちが、少しずつ少しずつ軍縮の方向に進み始めたとこだって言うのに、こんな時代に「平和憲法」を捨てて「核武装」だなんて、時代錯誤もハナハダしい。みずほたんが言ってるように、「平和憲法」を守り、「非核三原則」を守ることこそが、世界平和への第一歩なのだ。

「憲法9条」は、ニポンが世界に誇れる唯一の「武器」だ。相手が刀を振りかざしたら、こっちはピストルを手にするんじゃなくて、こっちは刀のサヤを手に取ればいい。そして、相手の振りかざした刀をサヤに収めてやる。これが「憲法9条」の力だ。そして、政権交代が実現したあとも、この「憲法9条」の力で平和を守るためには、1人でも多くオムライス党の候補者を当選させて、オムライス党には、民主党が暴走しそうになった時のブレーキになってもらう。これしか方法はない。

‥‥そんなワケで、いつもはシンミリとしたことを書く8月6日の日記だけど、今回は、この国の将来を決定づける史上最大の選挙を前にした年なので、リトル違った方向で書かせてもらった。だけど、あたしたちニポンを愛するニポン人が、8月6日に考えなきゃならないことは、原爆の犠牲になった人たちのことや、未だに原爆で苦しみ続けてる人たちのこと、そして、2度と戦争なんかしちゃいけない、戦争のできる国なんかにしちゃいけないってことだ。だから、もう恒例になったけど、今年も、皆さん、「戦争を語り継ぐ60年目の証言」を読んで、原爆の悲惨さ、戦争の悲惨さを心に刻みつけて欲しい。去年、読んだ人も、新しく「日米開戦と同時に敵国人として差別された在米日系二世たちの証言集」ができてるから、ぜひ、読んでみて欲しい。最近、「きっこの日記」を読み始めて、「戦争を語り継ぐ60年目の証言」のことも初めて知ったって人は、「市民の証言集」の中の寺田修一さんの「枯れない涙」っていう長崎での被曝体験記だけでも読んでみて欲しい。それから、たくさんの人から「涙が止まらなかった」って感想のメールをいただいた2006年8月6日の日記、「原爆の日」もリンクしておくので、まだ読んでない人は、ぜひ、読んで欲しいと思う今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
★ 平和のためのクリックをお願いします!
   ↓
人気ブログランキングへ


「戦争を語り継ぐ60年目の証言」
http://www.geocities.jp/shougen60/

「原爆の日」
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20060806

|

« 「ピースヒロシマ」のお知らせです。 | トップページ | クシャミが出そうで出ない話 »