« 自民党という錆びた軍国主義 | トップページ | うちの嫁 »

2009.08.17

麻生首相、誤読を謝罪後にまた誤読

「麻生首相、誤読を謝罪後にまた誤読」(世田谷通信)

麻生太郎首相は、17日に行なわれた各党党首参加の討論会で、「踏襲」を「ふしゅう」、「未曾有」を「みぞうゆう」、「頻繁」を「はんざつ」、「順風満帆」を「じゅんぽうまんぽ」、「怪我」を「かいが」などと読んでしまった一連の誤読について、「単なる読み間違いや眼鏡をかけずに読んで間違えた。一言で言えば軽率だった。不必要な政治不信、政党に対する不信を招いた。大いに反省している」と謝罪した。しかし「大いに反省している」と言ったすぐあとにも、「水面(みなも)」を「みずも」と読み間違え、反省の言葉が口だけだということを自らが証明してしまった。「日本を守る責任力」という造語を衆院選のキャッチフレーズに掲げた自民党だが、このような簡単な漢字も読めない首相に、果たして日本を守ることができるのであろうか。また討論会では、すでに政権交代後のことを見据えたような質問が相次ぎ、麻生首相ではなく民主党の鳩山由紀夫代表に質問が集中した。(2009年8月17日)


★ クリックにご協力を!
   ↓
人気ブログランキングへ

|

« 自民党という錆びた軍国主義 | トップページ | うちの嫁 »