« きっこさんのつぶやき オヤジ編 | トップページ | あたしのポポンが招いた悲劇 »

2012.11.07

原子力規制委員会は原子力推進委員会なのか?

11月4日付で各紙が報じたけど、大飯原発の敷地内を通ってる破砕帯について、原子力規制委員会が調査を依頼した調査団5人の中で意見が分かれてる。詳しくは、こちらの毎日新聞の記事を読んでもらうとして、読むのがメンドクサイヤ人のためにザックリ説明しとくと、11月2日に現地調査をした調査団の中で、以前から「大飯原発の敷地内を通っている破砕帯は活断層である可能性が極めて高い。すぐに調査すべきだ」って言い続けてきた東洋大学の変動地形学者の渡辺満久教授が、今回の調査結果として「破砕帯はやはり活断層だった」と結論づけたのに対して、立命館大学の岡田篤正教授は「活断層ではなく地すべりである可能性は否定できない」って言ってるのだ。

で、渡辺満久教授が言うように、この破砕帯が「活断層」だった場合には、日本では「活断層のある場所に原発を建設してはいけない」っていう決まりがあるから、大飯原発の運転を即時停止しなきゃならないのはもちろん、すぐに施設を閉鎖して廃炉に向けての計画を進めなきゃならない。だから、原子力ムラの息の掛かった人たちは是が非でも「活断層ではない」っていう結論に導きたいみたいだけど、これがアッチョンブリケのポッポコピーだった。

調査団に選出された学者2人が「活断層だ!」「地すべりだ!」「活断層だ!」「地すべりだ!」って言い合ってるけど、この2人を含む5人の専門家に調査を依頼した原子力規制委員会のホームページには、原発を立地できる場所として次のように明記してある。


「地震、風、津波、地滑りなどにより大きな事故が発生しないと考えられるところ。」


Gk1
http://www.nsr.go.jp/activity/regulation/sekkei/sekkei1.html


つまり、大飯原発の敷地内を通ってる破砕帯が「活断層」だろうが「地すべり」だろうが、どっちにしても「原発を立地するには不適格な場所」ってワケだ。何よりも、今回の調査を依頼した原子力規制委員会自身がそう明言してるんだから、渡辺満久教授と岡田篤正教授が議論を戦わせる必要はない。調査団の全員一致した結論として「大飯原発は不適格な場所に建設されているので即時停止して廃炉にすべし」ってことでオッケーな今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、久しぶりに重たいテーマを取り上げて書き始めたワケだけど、今回は諸悪の根源である「原子力規制委員会」にスポットを当ててツッコミを入れてこうと思う。福島第一原発であれほどの事故が起こったと言うのに、その事故を未だに収束できずに全国に放射能汚染を拡大し続けてるって言うのに、事故の始末にあと10兆円は必要だからそのぶんも国に援助してもらおうだなんて東電が言い出してるのに、それでも官僚と経団連とアメリカの言いなりになって、停止中の原発を次々と再稼働させようと目論むばかりか、新しい原発まで建設しようという野田政権が放った原発推進の切り札、それが「原子力規制委員会」ってワケだ。

9月19日、「原子力利用における事故の発生を常に想定し、その防止に最善かつ最大の努力をする」組織として、また「委員長および委員が専門的知見に基づき中立公正な立場で独立して職権を行使できる」機関である「原子力規制委員会」が発足した。このカギカッコの中の文言は、今年6月に国会で可決された「原子力規制委員会設置法」の概要に明記されてるものだ。

だけど、フタを開けてみたら、委員長の田中俊一は「元日本原子力研究所副理事長」で「高度情報科学技術研究機構顧問」という原子力ムラの村長で、他の委員も「日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究部門副部門長」の更田豊志をはじめ、5人のうち4人が原子力ムラの住人たちで固められた「原発推進のための人事」だった。事実、5人のうち4人が、電力会社や原発関連企業から直近3~4年間だけでも1人300万円~2714万円もの原発マネーを受け取ってたことが発覚してる。

こんな原発マネーに首までドップリと浸かった原子力ムラの住人たちに原発を監視させるなんて、まるで泥棒に金庫番をさせるようなもんだ。この人事案が分かったとたん、全国から「ふざけんな!」の声が巻き起こり、毎週金曜日の首相官邸前の抗議行動でも、いつもの「再稼働反対!」のシュプレヒコールが「人事案反対!」に変わった。

国際環境NGO「グリーンピース」では、この人事案に反対する5万筆を超える一般市民の署名を集め、計5回、トータルで30万筆近くもの反対の署名を政府に提出したんだけど、野田内閣はこの30万人の声を無視したまま、こんなトンデモ人事案を強行した。それも、本来は国会での承認が必要な人事なのに、野田首相は「国会の閉会中は首相権限で決めることができる」っていう特例を使って独断で決めた。百歩ゆずって、ホントに国会の閉会中に人事を決めなきゃならない状況だったのなら仕方ない。だけど、この人事案が出たのは7月で、それから9月までに通常国会は開いてたのに、野田首相は国会での承認を避けて採決を先送りして、国会が閉会してから独断で決めたのだ。これって、ものすごいインチキじゃん!

で、この特例を使って首相権限で人事を決めた場合は、あくまでも「緊急時の人事」ってことになるから、次の国会で正式に承認されなきゃならない。だから、あたしは、今の臨時国会で原子力規制委員会の人事についての採決を行なうもんだと思ってた。野党の多くがこの人事には反対してるから、ここで潰せる可能性もあると思ってた。

そしたら、ナナナナナント! 野田首相は今回の臨時国会でも原子力規制委員会の人事についての採決を先送りしたのだ! そして、そのイイワケがシビレちゃう!藤村官房長官は「現在は原子力緊急事態宣言が発令中であり、このような状況の時に人事案が不承認になるリスクがある採決は行なえない。採決を見送ることでリスクを回避したい」って趣旨のことをノタマッたのだ!つまり、もしも人事案が不承認になったら、またイチから他のメンバーを選ばなきゃならないので、そんなことになったら現在の緊急事態に対応できなくなる‥‥って抜かしたのだ!

溶け落ちた核燃料がどこにあるのかも分からないのに「原発の事故そのものは収束した」だの、「国民の皆さまの生活を守るために消費税を増税します」だの、これまで何度も意味不明な説明やイイワケを繰り返してきた野田首相だけど、今回の詭弁には久しぶりに開いた口からエクトプラズムが飛び出して幽体離脱しちゃった上に、深夜に2階の窓から「恐怖新聞」が届いちゃったよ、まったく!


‥‥そんなワケで、7月に経産省の官僚たちが人事案を決め、9月に野田首相がその人事案を強行し、それから2ヶ月も経つのに、未だに国会の承認も受けないまま、こんなトンデモ人事によって国民の生命財産に関わる原発の運用が決められていく。まだ正式に決まったワケでもないのに、委員長に抜擢された原子力ムラの村長、田中俊一は、就任早々、原発推進活動に余念がない。

10月18日、ロイターのインタビューに応じた田中俊一は、再稼働中の大飯原発3、4号機について、「差し迫った危険性がある場合は止めろと言えるが、いまそうした判断はしていない」、つまり、「大飯原発には差し迫った危険がないので止める必要はない」って趣旨の回答をしてる。もちろん、何もない状況でこのように回答したのなら、これも「ひとつの見解」として認めざるを得ない。だけど、この時は、大飯原発の敷地内に新たな破砕帯が見つかり、活断層の可能性が高いから早急に調査が必要だとして、専門家による調査が行なわれようとしていた時なのだ。

ここで、話はクルリンパと最初に戻り、11月2日に専門家5人による調査団が現地調査をして、渡辺満久教授は「活断層だ」、岡田篤正教授は「地すべりの可能性もある」って意見が対立したワケだけど、田中俊一が委員長をつとめる原子力規制委員会のホームページには「地すべりの場所もNG」ってことが明記してあるんだから、どっちにしても大飯原発は「本来ならば原発を建設してはいけない危険な場所に建てられたもの」ってことが全国津々浦々に知れ渡ったってワケだ。実際、田中俊一も、ロイターのインタビューの中で、次のように述べてる。


「焦眉の課題は(大飯原発の)敷地に活断層があるかどうかだと思うので、そのことについては早急に調べて判断していきたい」


そして、調査の結果、活断層の存在の疑いが濃い場合には、大飯3、4号機の稼働停止を求める考えを示した上で、「大飯原発を止めて活断層を調べるべきなのでは?」との質問に対しては、「一般論としては非常によくわかるが、規制委員会、原子力規制庁は法律的に止めることはできない。活断層が見つかった、怪しいという場合は行政指導になるのではと考えているが、実際に調べていないのに予断をもって答えることはできない」と回答してる。

これらの発言だけを見れば、いかにも「原子力規制委員会」の委員長って感じの優等生の回答だ。だけど、田中俊一は、最初に「差し迫った危険性がある場合は止めろと言えるが、いまそうした判断はしていない」って言ってるのだ。まだ調査もしてないのに、これから調査をするとこなのに、何で「差し迫った危険性」がないと言えるのか? 第一、「活断層の可能性が高い破砕帯」が見つかったから調査をするワケで、この時点ですでに「大地震が起こるかもしれない」という「差し迫った危険性」の可能性があるから調査するんじゃないの?

ようするに、「調査の結果、活断層の存在の疑いが濃い場合には、大飯3、4号機の稼働停止を求める考えを示した」だなんて調子のいい顔を見せてるけど、田中俊一の頭の中にあるのは、「調査の結果、活断層ではなかった」→「大飯原発はこのまま稼動」→「泊原発も再稼働」→「伊方原発も再稼働」っていう経産省の作ったシナリオだけなのだ。


‥‥そんなワケで、田中俊一が「私は原子力ムラの村長じゃない」「私は経産省の犬じゃない」って言うのなら、このロイターのインタビューで自分が明言した通り、今すぐに関西電力に対して大飯原発3、4号機の稼働停止を行政指導しろ!仮に「活断層」じゃなくて「地すべり」だったとしても、自分が委員長をつとめる原子力規制委員会のホームページに「原発の立地に不適格な場所」として明記してあるんだから、「原子力利用における事故の発生を常に想定し、その防止に最善かつ最大の努力をする」組織のトップなら、それが当然の行動だろう。そして、今回の調査結果を受けても関電に大飯原発の稼働停止を行政指導しなかった場合は、「原子力安全・保安院」が実際は「原子力危険・不安院」だったのと同様に、「原子力規制委員会」も実際は「原子力推進委員会」だったってことが白日の下に晒されちゃう今日この頃なのだ!


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう!
★ よかったら応援のクリックをポチッとお願いしま~す♪
  ↓



|

« きっこさんのつぶやき オヤジ編 | トップページ | あたしのポポンが招いた悲劇 »