« 1食75円の自炊生活 | トップページ | 生理的に無理~! »

2016.09.11

きっこの携帯電話ライフ

あたしが初めて携帯電話を持ったのは、今から17年ほど前、26歳の時だった。それ以前にも、世の中に携帯電話はあったけど、レンタル式が主流で、保証金と新規加入料で15万円、毎月のレンタル料と回線使用料が1万7000円、これにバカ高い通話料が上乗せされてたから、普通の人が持てるシロモノじゃなかった。

だけど、あたしが26歳で事務所から独立した年、ドコモから「iモード」がリリースされたのだ。それまでと比べたら、遥かに安い金額で加入できたし、電話だけでなくメールの送受信もできるし、インターネットにまでつながるというので、あたしは、仕事で必要だと考えて加入した。携帯電話の本体は、主に、2つ折りになる「N」と、2つ折りにならない「P」に分かれてて、あたしが最初に持ったのは、たしか「P501i」だったと思う。そして、あたしが唯一、携帯電話の本体を買ったのは、この時だけだった。

それ以来、あたしは、今日まで17年間、ずっと携帯電話を使って来たし、同時に2つの携帯電話を使ってた時もあったけど、お金を払って携帯電話の本体を買ったことは一度もない。当時は、ドコモの天下だったから、後から出てきたメーカーは、ユーザーを増やすために、新規加入者には好きな機種をタダでくれてたからだ。中には、ものすごい最新式の機種だけ、特別に3500円とか5000円とかの追加料金を取る場合もあったけど、あたしはタダでくれる機種ばかりを渡り歩いてきた。

そして、他のメーカーに乗り換えなくても、1カ所のものをずっと使ってると、「そろそろ電池の持ちが悪くなってきたな~」と感じ始めたころ、「無料で新機種に交換できますよ」というDMが届く。中には、最新機種のカタログが入ってて、ここからここまでの機種なら無料、これとこれは追加料金が何千円かかります、なんて書いてあるけど、同封の通知に、「お客様は1万3000ポイントがたまっていますので、ポイントをご利用になれば追加料金の必要な機種でも無料で交換できます」なんて書いてある。

あたしは、こうしたシステムを利用して、一度もお金を払わずに、数年おきに新機種に交換してきたので、最後には、ワンセグでテレビまで観られる最高級の携帯電話を手に入れることができた。これって、ナニゲに「わらしべ長者みたいだな~」なんて思った今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


Kt5


‥‥そんなワケで、このテレビまで観られる携帯電話は、機能や使い勝手、色やデザインもそれなりに満足してたんだけど、突然、通常の何倍もの料金を請求されたのだ。あたしは、一番安くてお得なプランを選んでるので、毎月の請求額は、安い時で2000円台、高くても3000円台なのに、突然、9000円もの請求が来たのだ。驚いたあたしは、すぐに料金センターに電話をして、文句を言った。


「あの~、毎月同じような使い方をしてて、毎月同じくらいの請求額なのに、どうして今回だけ、こんなに高いんですか?」

「お客様の履歴を見ますと、この月はインターネットをたくさんご利用になっていますね」

「はぁ?私は携帯電話でインターネットに接続したことなど一度もありませんし、それ以前に、接続の仕方も知りませんけど。私が使っている機能は通話とメールだけです」

「それでは、こちらで詳しく調査してみますが、とりあえず、料金だけは期日までにお支払いください。料金をお支払いいただかないと、電話をお止めすることになりますし、そのままでは契約解除になってしまいます」

「はぁ?使ってもいない料金を払えと言うんですか?」

「何かの間違いだったと分かれば、その時点でご返金いたしますが、とりあえずはお支払いいただきませんと‥‥」


‥‥そんなワケで、あたしは仕方なく9000円を支払ったんだけど、これが携帯電話会社のほうのミスだったと分かったのは、3カ月も後だった。その上、多く徴収されたぶんの約6000円は、現金で返してくれるんじゃなくて、「次回からの料金から差し引かせていただきます」と来たもんだ。結局、翌月と翌々月の料金が無料になり、3カ月目も200円だか300円だかが引かれてたけど、あたしは、なんか納得が行かなかった。

だって、こうしてブログに書いたものだけを読めば、大したことないように感じるかもしれないけど、実際には、料金センターやサポートセンターに電話するたびに延々と待たされ、やっと出たと思ったら、前回とは別の人だから、またイチから説明しなきゃならないし、マジで頭から湯気が出そうなくらい、何度も何度もイライラさせられたからだ。

それなのに、あたしには何のメリットもなかった。たとえば、「ご迷惑をお掛けしましたので、これから半年間、基本料金を無料にさせていただきます」とか、「ご迷惑をお掛けしましたので、3000円分の商品券を送らせていただきます」とか、こうした「何か」があれば、あたしの気分も違ってたと思うけど、あたしは、本来は支払うスジアイのないお金を支払わされて、苦労してそれを取り戻しただけなのだ。


‥‥そんなワケで、どうしても納得できなかったあたしは、この携帯電話を解約することにした。この時、あたしは携帯電話を2台使ってて、これはプライベート用だったから、仕事用と違って、解約しても特に問題はない。そして、その携帯電話会社のショップが駅ビルの中にあると分かったので、ソッコーで向かった。思い立ったら、即、行動だ。

ショップに入り、受付に行くと、最初は笑顔だったお姉さんも、あたしが「解約したいんです」と言ったとたん、笑顔が消え、「他社にお乗り換えですか?」と聞いて来た。あたしが、「いいえ、こちらのサービスでとても不愉快なことがあったので、解約したいだけです」と切り出したら、悪質なクレーマーだと思われたのか、「少々お待ちください!」と言いながら早足で奥へ行き、上司らしき男性を連れて来た。

その男性は、「こちらへどうぞ」と言って、あたしを奥のカウンターに案内した。隣りとの間に仕切りがある、クレーマー用のカウンターみたいだった。そこで、あたしは、今回の顛末をすべて話し、「今すぐに解約したい」と告げたら、その男性は、「それは大変申し訳ありませんでした。お客様がお腹立ちになるのもごもっともです。それでは、すぐに解約の手続きをいたします」と言って、横にあるパソコンに向かって作業を始めた。

「な~んだ、少しは話の分かる人もいるんじゃん」なんて思いつつ、ボーッと待ってたら、しばらくキーボードを叩いてたその男性が、「お客様は1万5000ポイントも溜まっていますが、解約されますと、このポイントがすべて無駄になってしまいますよ」と言って来た。ポイントなんか、新機種に変える時にしか使ったことがなかったあたしは、イマイチ意味が分からずに「はぁ~」と答えると、その男性は、「この店内にある商品でしたら、ポイントで交換できますよ」と言って、カウンターの外に出て来た。

案内されるまま着いて行くと、ショップの一角に携帯電話の周辺機器の販売コーナーがあって、色とりどりのスマホのカバーが並んでた。その男性は、「お客様は1万5000ポイント溜まっていますので、1万5000円ぶんのお買い物ができます。この中で欲しいものがあれば、お選びください」と言ってくれた。

でも、あたしはスマホなんか持ってないし、何か使えるものはないかな~と見て行ったら、チョー高級イヤホンがあった。イヤホンなのに、ヤタラと立派な箱に入ってて、ナナナナナント!1万3000円もする!箱に書いてある説明を読むと、「高性能インイヤー型ヘッドフォン」と書いてある。どう見たってイヤホンなのに、「インイヤー型ヘッドフォン」とは、言い得て妙だ。

ま、そんなことは置いといて、あたしとしては、このイヤホンを選ぶしかないので、レッドとブルーの2色のうち、どっちにするか決めるだけだ‥‥ってワケで、あたしは、ブルーのほうを選んだ。「これで1万3000円だから、あと2000円だな」と思いながら、2000円のものを探してたら、なんだか今の自分の状況が、どこかで見たことがあるように思えて来た。

そうだ!あたしがすごくちっちゃかったころ、母さんが好きで良く観てたテレビ番組「がっちり買いまショウ」だ!3組の夫婦が出て来て、最初に5万円コース、7万円コース、10万円コースをクジ引きで決めて、スタジオ中に並んでる家電や家具やいろいろなものの中から、この金額になるように欲しいものを選んで行く。たしか、マイナス何千円以内ならOKで、1円でもオーバーするとダメだったように記憶してる。

で、あたしが初めてチャレンジした「がっちり買いまショウ」は、1万3000円のチョー高級イヤホンの他に、反対側の棚で、2000円の値札のついたiPod用のデータケーブルを見つけて、何とか成功することができた。でも、考えてみたら、どの商品にも値札がついてるんだから、成功して当たり前だよね(笑)

とにかく、あたしは、溜まってたポイントを無駄にすることなく、無事に解約できたワケだけど、これであたしの携帯電話は、テレビが観られない普通の携帯電話1台になった。こっちは、もう5年は使ってるけど、仕事用だから、最低限の機能しか使ってない。インターネットには接続できるけど、接続したことは一度もないし、やり方も知らない。他にもいろんな機能が付いてるみたいだけど、まったく触ったことがない。あたしが使えるのは、通話とメールと写メだけだ。何しろ、ずっと「通話の声が小さいなあ」と思いながら使い続けて来たあたしは、先月、ようやく通話の音量調節が付いてたことに気づいたくらいだからだ(笑)


‥‥そんなワケで、シンプルすぎるあたしの携帯電話ライフだけど、この携帯電話に、最近、携帯電話会社から、鬱陶しいメールが何度も届くようになった。それは、「お客様の携帯電話を無料でiPhone6に交換できます」という宣伝メールだ。5年前の携帯電話ですら、ぜんぜん使い方が分からないあたしが、iPhoneなんて使えるワケないだろが!‥‥つーか、あたしはスマホが大嫌いなので、タダどころか、お金をくれても使いたくない。それに、何よりも、料金が高くなるのがバカバカしい。携帯電話の料金は、最大で月3000円台まで、これだけは絶対に変えられない今日この頃なのだ。


★ 今日も最後まで読んでくれてありがとう!
★ よかったら応援のクリックをポチッとお願いします!
  ↓



|

« 1食75円の自炊生活 | トップページ | 生理的に無理~! »